中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7632
投稿者 よっしー (42歳 男)
掲載日 2020年5月16日
デリヘルで18歳のお気に入りがいて、月3回ぐらい通ってたら生のお誘いが。
てっきり中出し大丈夫かと思い、逝くとき声をかけたら
「中は駄目!!外で!!」
と言われ、慌ててお腹で。

それからはいつも生で楽しんでいたのだが、あるとき初めてローターを使い、クリをいじりながら生を楽しんでいたらその娘は初めて絶頂してしまい。。。
私も絶頂する彼女が可愛いくて中出ししてしまいました。

彼女は絶頂に放心状態で中出しに気付いてないみたいで、慌ててローションを使い再侵入して誤魔化していたらまた興奮してきて再度中出し。
でも、彼女も再度絶頂して気付かず結局3回中出しを楽しんでしまいました。
4回目にお腹に出したら、中出しには気付かなかったみたいでお風呂でローションを洗い流して帰りました。

しばらくそのプレイにはまり、何度も中出しをしたらある時
「妊娠したから終わりにしたい」
と言われ、中絶費用を出し関係は終わりました。
ピル代と言って別途に一万円渡していたけど飲んでなかったみたいで、慰謝料とかはありませんでした。

10年ぐらい前の思い出です。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7629
投稿者 オンドレー (48歳 男)
掲載日 2020年5月13日
今って生活の為に風俗勤めてる女の人は当たり前にいるけど、今日はその風俗で生活してるお母さんのお話です。

当時は私は32歳でした。
童貞卒業してからも他に夢中な事あって、実は風俗などの女遊びってネタになるほどあんまり行ってなかったと思います、と言うか覚えてない。
ちなみにこの時はちょっときっかけがありました。
たまたまとあるコンビニで買い物してたら、お題の彼女がいて財布を落としました。
とりあえず店出てたので追いかけて財布を届けたら、凄い笑顔になって礼を言ってたきたのです。
でまあ理由が子供の3歳位の写真。まあ親バカってやつですね。でも今なら自分も分かります。一番大切にしてた写真だそうです。
そして、礼言って去って行きました。

でまあその週末の土曜日に今度は前のコンビニの近くのスーパーで彼女らしき人がいました。
声かけたらその彼女でお互いびっくり!とりあえずお互いに買い物済ませてから、ちょっとしゃべってたら、彼女シングルマザーだったそうです。
彼女は当時40歳で5歳の息子がいてアパートで二人暮らしですが、実家がそんなに遠くないから、仕事ある時とかは預かってもらってたそうです。
ちなみに実家にはスーパーで働いてるって言ってました。
けど私は他人って事あってか風俗で働いている事を正直に教えてくれました。
とりあえず自分が名刺ちょうだいって言って名刺はもらいましたが、ちゃんとプライベートで財布のお礼はしたいからって言って連絡先を交換しました。
けどまあ自分のタイプってのもあったので、夜に彼女のお店へGOしてしまいました。
そんなに気を使わなくてもいいのにって感じな事言われたけど、自分も正直にあなたとエッチしたいからって言ってしまいました。

あっ、名前言い忘れてましたが彼女の名前はさゆりさんです。
身長は150センチ位でEカップの見た目ちょいポチャでしたが、私の中ではストライクゾーンの範囲内でした。
と言うかあの心の底から笑った感じの笑顔でお店に足が行ったのです。

部屋に入るとまずは服を脱がせてくれました。
私もブラは取らせてもらいました。
この時点ですでに勃起状態。

まずはお風呂でいきなりマット登場。
お湯を少しかけてから、最初は髪の毛をシャンプーで洗ってくれました。
後にマットに寝て、手→足→上半身→下半身をさゆりさんの胸と下半身で洗い、最後のチン○を洗った後にフェラしてくれました。

そして、お風呂から上がってから飲み物リクエストを聞かれたので、とりあえずコーラいただきました。
でまあ雑談タイムで「何か財布拾ってもらった上にお店来てもらって気が引けるなあ。」って言ってたのですが、「まあ気にしないで下さい。」って言いながらあれこれ雑談してました。

でまあ雑談タイム終わったら、ベッドでディープキスの始まり。
さゆりさんがリードしたいって言ってきたから自分がうなずいたら、まずは耳をハグハグ。
息を吹き掛けてきたのがドキドキもんでした。

そこから、胸を攻められた後にフェラ開始。
でまあその後にタマタマをしゃぶられ、アナルまで攻めてきて、
「感じる?恥ずかしいならいいけど感じたら女の子と同じようにあえぎ声出して欲しいなぁ。ちなみにこんな事ここしかできないよ。」
恥ずかしいけど確かに。
でまあ自分が69をリクエスト。この時から理性捨てました。

でまあいよいよ挿入なんですが、基本はゴム着用のお店でしたが、生でもいいよって言ってきたので生で挿入。
お尻がたまらなかったので私がバックをリクエスト。
挿入すると期待通りの気持ち良さ!私もさゆりさんも雄と牝状態になってました。
もう出そうだったので私が好きなディープキスしながらの正常位にしてもらって、出る時に「逝く~」って言ったら、足を絡めてきて「全部中に出して~」って言ってきました。
逝った時は私のチン○の一番深く刺さってる位置で、さゆりさんの中に精子が入って行きました。
ゆっくり抜きましたが、結構出てきましたね。

「結構恥ずかしかったけどすごく良かったです。」って言った後にさゆりさんが、
「満足してくれたなら良かった。今度私の家に遊びに来てね。」ってお誘いが来ました!

でまあ最初はすごく嬉しかったのですが、そうは問屋がおろさない。
次会話した時に頭真っ白になる事を言われましたが、まあ詳しくは次回にでも。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7625
投稿者 つぐむ (48歳 男)
掲載日 2020年5月09日
前回(投稿No.7612)、風俗嬢歩美をセフレ化したのですが別れました。
原因は極度の我儘でした。
ですので今回新たなる野望で、違う風俗店の嬢をセフレ化する為、パネマジなしの評判店へHPみて連絡。
そこには恵美という巨乳好きの私好みの嬢が掲載されていました。

恵美はあの高橋しょうこの激似でバストも90のG大好物です。
早速店に電話するも1番最後の20時枠しかなく、そのかわり20時から120分のところ30分サービス付けますとの事で話がつき予約完了。
夜までは家の用事をして、退屈しのぎに競輪をみて、ネットで買った車券が高配当的中で驚き、即座に清算してATMに直行し引出し帰りに食材を買い、そうこうしてたらもう19時半。
すると早いですけど、今から向かわせますけど大丈夫ですか?と携帯に連絡が入り。OKと伝えるとでは向かわせますので嬢が到着したら店に電話させて下さい。とまぁ~分かってることを言われて電話を切りました。

15分後玄関のチャイムがピンポ~ンと鳴り玄関を開けると写真通り高橋しょうこ激似の恵美ちゃんが!!
早速部屋に上げると「今日はご指名頂き有難うございます。めぐみです。最後の枠ロングでご指名有難うございます。よろしくお願いいたします」
丁寧な挨拶に私は感心しました。
私は時間を無駄にしないため「風呂溜めてあるから入ろうか~?」というと「は~い!」と返事。
恵美ちゃんは私を素っ裸にすると「私も脱がしてぇ~」と甘えた声でおねだり。
これを聞くだけでも勃起もんです。
恵美ちゃんを素っ裸にすると90Gのおっぱいがプルンとプリンみたいに参上!
「綺麗なおっぱいだね~」というと「有難う。パイズリしてあげるネ」ともう聞くだけでヤバイ。
二人で大きな我が家のお風呂に入ると恵美ちゃんは「お風呂広いね~家賃いくらなの~ここのマンション」と聞くので「ここは賃貸じゃないの、分譲で海外にいる叔父さんの所有で私が住み込みで物件管理してるんだよ」と言うと「いいな~」と羨ましそうにしていました。
恵美ちゃんはこんな話をしている間でも私の愚息を手で扱いていて、勃起した愚息をその後パイズリフェラをしてくれ、発射してしまいました。

お互い風呂から出て、お互いの身体を拭き合い、ベッドイン。
恵美ちゃんは私を上に向けて、ジュボジュボといやらしい音を立てながら時折、こちらを上目使いでニコッとしながらフェラを続け、そして舐めあげるようにフェラをしたり様々なフェラをテクを駆使。
「私も気持ちよくして~と」
69の体勢にクパ~と開いた恵美ちゃんのアソコはいやらしくもう糸をひいてヒクヒクしていました。
アソコを丹念に舐め、時には指を入れて刺激したりクリを刺激したりして攻撃。
そしてギンギンに勃起した愚息を手に持ち素股をするのかと思いきや、そのまま自ら騎乗位で愚息をアソコに深く挿入しました。
私は喜びと驚きで恵美ちゃんに「生で入ってるよ~いいの?」と聞くと「私つぐむさんタイプだし気持ちよくしてくれたもん。このままHしたい。私が動くから」と言うので私は寝たまま動かずに恵美ちゃんに身を任せました。
あまりの激しい腰の動きに私は10分も持たず逝きそうになり恵美ちゃんに「恵美ちゃん、アカン逝きそうや!」と言ううと「いいよ!中につぐむさんのたっぷりだして!!頂戴。一杯愛して!!」と言うので遠慮なく中に特濃カルピスを注入しました。
恵美ちゃんが抜くとアソコからトロ~りとカルピスがあふれ出してきて恵美ちゃんがそれを手ですくい残らずゴックンして「つぐむさん凄く気持ちよかった~大好き~」と抱きついてきました。

恵美ちゃんは秋田出身に25歳で派遣で勤めていた百貨店を切られ寮から追い出され風俗なら寮があるからと仕方なく風俗勤めをするようになったそうです。
勤めてから初めて本番をしたらしく恵美ちゃんにはアフターピルを飲んでもらいました。
キス魔の恵美ちゃんはベロキス魔で本当の恋人のようで、あっという間に2時間半が過ぎ、恵美ちゃんが「ライン交換しようと」言うのでライン交換。
恵美ちゃんは満足そうに店に帰って行きました。

15分後恵美ちゃんかラインが(原文掲載)「つぐむさん。今日は有難う。つぐみさんの大きくて太くて凄く気持ちよかった!! もしつぐむさんがよかったら、もう1回Hしたいなぁ~お店終わってからお邪魔してもいい?ダメ?お返事ください!!」とこれはチャン~スと即OKの返信をすると30分後に行くね~と即返信。
恵美ちゃんは12時前に再び仕事ではなく個人的に私の元に来ました。
家にあげるなり「つぐむさ~ん。大好き!!」と抱きつきお仕事ではなくプライベートでベロキスをしてくれました。
恵美嬢に「そんなに気持ち良かったの~」と聞くと「付き合ってた彼氏別れたけど短小で早漏だったのだからいつも満足できなくてぇ~だからあんなに激しくても気持ち良くて優しいHしたことなかったの!」と頬を赤らめながら語ってくれました。

恵美嬢の本名は何と翔子。字はちがえどあの高橋しょうこのしょうこです。びっくりしました。
そこで本当は風俗を辞めたいけど住むところがないから仕方なくしてることを聞き恵美嬢に提案しました。

・風俗勤めをすぐに辞めること
・普通の仕事に戻ること
・私専用のセフレになること

を条件にこの隣の部屋を無料で貸すことを提案しました。
すると「本当に!?無料で貸してくれるの?お部屋見せて!というので隣の2号室に案内すると「すご~いつぐむさんの部屋と同じ。この部屋をタダ貸してくれるの~?私は願ったり叶ったり」と抱きついてベロキスをされました。

この夜私たちは中出しを3発。
翌朝恵美嬢は店に彼氏にバレたので辞めますと告げ、荷物を持って私の隣の部屋に無事入居。
その日からは食事の時は私の部屋にきて食事し一緒にお風呂に入ってそのまま私のベットで私に抱かれて幸せそうに寝ています。
いま彼女は私が紹介したスーパーで働いています。
そのけなげな姿を見て私は風俗遊びの引退を決意し、この高橋しょうこ激似の翔子と一緒になろうかと考えて今夜も中出しHに励みます。

また後日談書きますのでお楽しみに。
有難うございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7624
投稿者 ショウ (38歳 男)
掲載日 2020年5月08日
新規の店を開拓したいが、なかなかその勇気が出ず、結局通いなれた老舗に電話してしまうヘタレです。
ここ最近、人妻店に気を取られていますが、折角の楽しみならたまには若い子がいいな。と思い、久しぶりに体験入店明けすぐの女の子(19歳)を予約。
希望通りの黒髪で低身長。
第一印象は正直それほどでも無かったが、まあ最低限度の受け答え。
予約時は90分で頼んだが、出勤時間を聞いたら短いので、中途半端じゃ可哀想なので、120分のロングコースで帰れるようにしてあげました。

会計をし、お風呂の準備を始めようとするので、すでに準備済みと伝え、少しお風呂に浸かりながらゆっくりお話しようと。
他愛もない話をしながら、
「体験明けたばかりだって聞いたけど、慣れた?」と。
「いや、実はお客さんで4人目なんです。だから緊張してて…。」
と何となく雰囲気が暗い理由がわかりました。
となれば、紳士らしく振る舞いながら、ゆっくり時間をかけて楽しもうと。

「そーなんだ。じゃあ、まだあんまりどうしたらいいか分かんない感じ?」
サービスは期待出来ないかな?と思ったが、
「そうなんです。だから、どうして欲しいか言ってもらえた方が…」
というので、とりあえずシャワーで全身を洗って貰い、
「早速だけど、フェラして?」とお風呂場でフェラを希望すると、
「はい。」と、浴槽に腰掛けてカプっと包茎ペニスを咥えると、優しく舌を口の中で一生懸命動かし、余った皮を舌で剥いてくれました。
「あー。いい感じのテクニックだねー。彼氏仕込み?」と聞くと、
「うん。彼氏も包茎で、いつもこうやってます。」と、彼氏がいる事を認めちゃってます笑
なので、やっぱり男としては比較してもらわないと。ということで、色々聞いてみると、
「長さは?太さは?お客さん4人と彼と比べてどう?」
「うーん。お客さんの内、2人は結構年配で、そういうサービスよりイチャイチャして終わった感じでした。もう1人は60分のサービスだったので、手だけしかして無くて…」
おや?っと思いもう少し彼氏の話を聞いてみると、今の彼氏が初めての人で、一旦別れたけど、元鞘に戻ったこと。
男性経験は3人だけど、2人は1回ずつしかしてないとのこと。
おいおい。マジか?まあ、真面目そうな子だとは思ったけど、まさかこんな子がデリヘルやるとは…!?

「そうかー。じゃあ、ゆっくり年上のテクニックを見せつけてあげないとな。」などと言いつつ、ベットに移動。
時間もたっぷりあるし、ゆっくりいじめてあげることに。
まずはお風呂から上がり、部屋の涼しさで縮こまったペニスをもう一度フェラしてもらう事に。
「そーいえば、彼のと比べてどうかな?」
「うーん。ちょっと太いなぁ。長さもちょっと長いかな?」と、当たり障りない回答。
「彼氏はフェラで逝かせるの?」
と普段の性交位について情報収集を。
「会えばまあ毎回やってるんで、逝くときもありますよ。でも大体はエッチしちゃいますけどね。」
「彼氏さん、エッチするときどんな体位が好きなの?」
「やっぱり普通のです。正常位ってやつですかね?でもまあ普通です。期待される答えはないですよ笑」と笑顔で受け応えてくれるよなり。
「じゃあ、最後はやっぱりお腹?」と確信をつくと、
「そうですね。お腹も多いですけど、ゴム付けてる時はゴムですかね?」と避妊はゴム派も確認出来ました笑

「お客さん、フェラ気持ちいいですか?いけそうですか?」と真面目に聞いてくるので、
「気持ちいいよ。でも優しめのフェラだから、いくら早漏でももう少し掛かるかな?彼氏さんはこれで逝っちゃう感じ?」
「そうですね。大体は15分くらいやってると出ちゃいますね、、、」
若いっていいですね笑
早漏の私ですが、流石にこんなに優しいのでは、なかなかいけそうにありません。

「時間はあるから、こっちが責めてあげる。どう言うのがいい?」
「痛くしないなら、お任せします。」と恥ずかしそうに俯きながら、攻守交代。
まずは小ぶりなお胸からゆっくりとほぐしてあげると、
「あ、う、うん」と控えめに喘ぐので、ゆっくりゆっくりいじめてあげることに笑
体を起こし、れいちゃんの後ろから抱きしめるようにし、乳首を責めつつ、首筋や耳を責めると、ピクピクと全身で反応!!
これはかなりのMっ子だな。彼氏が若いからガツガツするだけで、ゆっくり責められなれてない感じが更に良い感じで。
乳首がコリコリに硬くなると、段々と太ももへ。固く閉ざす足を開かせ、中指でクリトリスを探っていると。
「あっ。」と腰が浮いてしまいそうになりつつ、ピンっ!と足を伸ばしてしまう、ウブなれいちゃん。
「あっ。ごめん。痛かった?」と紳士を心掛けながら、ゆっくりとクリトリスをコリコリいじめると、
「あっ!ごめんなさい。痛くないです。気持ち良すぎて、、、」
「なら良かった。クリいじってたら、割れ目が一気にヌルヌルだよ。触ってごらん?」と、右手つかみ一緒に割れ目を触らせると、
「本当ですね笑すごい濡れてます。」と照れ臭そうにこちらを見つめてきました。

キスと左手は左乳首をコリコリしながら、だんだんとクリトリスを集中的に責めると、
「あー、ダメ。やだ。。。」とまた足を閉じてしまいます。
「どうしたの?」と尋ねると、
「気持ち良すぎて、なんかやばいです。。。」と言うので、
「あんまりイッたことないのかな?指入れて大丈夫?痛かったら教えて止めるから。立て膝になって。」と起き上がらせると、ゆっくりと中指と薬指を挿入。
溢れ出す愛液のおかげですんなり挿入し、少しずつ手マンを始めると。
「あっ!あっ!あっ!」と、体を丸めながら手マンの快感が押し寄せている様子。
そのまま続いていると急に、
「あっ!ダメ。あっ!」と、ビチャッと潮を拭いて、私の右手を押さえて座り込んでしまいました。

「潮吹いちゃったね。気持ち良かった?」と聞くと、顔を紅く染めながら、
「こ、これが潮ですか?恥ずかしい。」と初潮吹きとのことでした。
「そうだよ。もっと責めれば、もっと吹けたのに。」
「無理です。ほんと急に漏れちゃってびっくりしました。」と大満足の様子。

「まあ、じゃあ、次は?」と、れいちゃんを寝かせて、覆いかぶさり、潮吹いてビチャビチャの割れ目を鑑賞。
「いっぱい吹いたねー。素股って出来る?」と聞くと、
「ごめんなさい。素股出来ないんです。」
まあ、そうだよな。と思いつつ、
とりあえず八分立ちのペニスをれいちゃんの太ももに押しつけながら、キスや乳首をペロペロしてあげ、
「れいちゃん。気持ち良い?」などと聞きながら、ペニスの根本を右手で支えつつ、
「ちょ、これ、気持ち良いでしょ?俺もこれ好きなんだ。これやるとすげー硬くなるんだよ。わかる?」と、クリトリスに生のペニスをグリグリやってあげると、
「あっ。はい。気持ちいいです。」と素直なれいちゃん笑
「これも素股の一種かな?本当はれいちゃんが擦りつけるんだけどね。今日はイキ過ぎて、自分で擦り付けるの辛いだろうから。」と、あくまでも素股の練習を。
時より根元からシゴくように我慢汁を絞り出し、割れ目に擦りつけていると、
「あっ?あの?」
「何?」やべえ。なんか嫌がるかな?と思ったが、
「時間、大丈夫ですか?まだ逝ってないから、、、」と時間の確認でした笑
「あっ!本当だ。シャワーまてあと20分くらいしかないや。」
と、少し慌てたフリをすると、
「私、どうしたらいいですか?」というので、
「そのままでいいよ。このまま擦り付けて射精するから。クリトリスが痛いなら言って。」
すると、「気持ち良いんで、大丈夫です笑」と素敵な笑顔。
こんな風俗慣れしてない子に、無理やり本番したら可哀想なので、事故装うしかないと。

足を上げさせ、正常位と同じようにペニスだけを擦るようにしていると、
「あっ!これ、大丈夫ですか?なんか、入っちゃいそうで。」流石に気づくよな。と。
でも押しの一手で。
「分かんない。でも、これが1番気持ち良くて好きだから。」と無理やりな回答をしながら腰を振っていると、
「は、入っちゃいそう。」と言いつつも逃げないので、クリトリスから割れ目に添わすようにペニスを押し付けると、やっぱり入口で先っぽが入りかけ、プルン!と抜けてクリトリスを刺激していると、れいちゃんが快感からか、腰を捻ったタイミングで、先っぽがインしました笑
折角インしたので、そのまま覆いかぶさり、一旦停止笑
「は、入っちゃった。」とあくまで事故で。
「私もごめんなさい。腰を動かしちゃったから。」
おいおい。抜いて下さいは?と思いつつ、ググッ!と根元まで挿入笑
「ごめん、ごめん。入っちゃったね。」などと、優しく語り掛けると、
「本当ですね。入っちゃいましたね。」と、まだ抜いてと言わないので、そのまま動いてみることに。
「えっ?あっ!あれ!?えっ?」と完全にテンパっているので、あー、この子は本当に風俗経験ないんだな。と興奮してしまいました笑

正常位で動き始めると、
「あっ!あっ!あっ!」と普通に感じてるので、
「れいちゃん、気持ち良いよ。」と、体位をどんどん激しく、深く刺せる屈曲位に。
屈曲位で両手でがっちり二の腕ホールドは、私が1番興奮するやり方で、しかも低身長の子だと犯してる感、征服感も倍増です!!
「れいちゃん、ヤバい。出そうっ!」
「ハッ!あっ!は、はい!」と、あまり会話が成り立たない感じ笑
「イクよ。いい?」と一応聞くと。
「あっ。はいっ!」と、完全に自分の喘ぎ声で良く聞いてない感じだな、、、と。
なので出る寸前にも一応、
「出るよ。そのままいい?」と聞きながら奥に押しつけてギュッと射精を我慢。
「あっ!」叫び、ピストンを止めたと同時に、ハアハアと呼吸を整え始めました。
そして、我慢の限界のペニスからビクン、ビクンと射精が始まった途端に、
「あっ!中、ダメ…お腹に出して下さい。」と。
「えっ!?」慌てて引き抜き、最後の一絞りの射精をお腹にビュッ!と出し終えると、
「良かった。間に合いましたね。」と満面の笑み?
いえ!?間に合ってませんけど?と思いましたが、
「すごいいっぱい出ましたね笑」と、なんかお腹に射精した最後の一絞りを見つめてました。

「彼氏より多い?」と聞いてみると、
「彼氏が溜め込んだときと同じくらいです。」というので、
「彼とはどのくらいのペースなの?」と、この2、3ヶ月は毎日です。とのこと。
逆流してバレるとヤバそうなので、手マンで少し泡だててから、シャワータイムへ。

シャワーをしながら毎日やってることを聞いてみると、19歳の年齢は本当で、3月に高校卒業したて。
高校は同じ高校だったから、毎日彼の部屋か自分の部屋、場合によっては学校とかでもフェラしてたって。
若いなぁ、そりゃ毎日のようにやってれば、いくら若くても薄くて量も減るわな笑

地元の専門学生になったけど、コロナの影響で学校も休校で、やる事ないし、自分のバイトは休みだし。お小遣いもないから、体験に来たらしい。
たまたま今日も彼のバイトがあったので出勤したとのこと。

良い子との一期一会の時間が取れました笑
結構、大量の中出しには気づかなかったので、指名料2,000円を更に上乗せして渡したら、喜んでくれました笑

彼氏に夜に抱かれたらバレちゃうだろうなぁ…

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7622
投稿者 中だし太郎 (48歳 男)
掲載日 2020年5月06日
昨夜のことです。
むらむらしてきたので風俗サイトを覗いていたら、好みのスレンダーな若い娘を発見。
使ったことのないお店だったけど、直感的に「本番できそう」と思ったので、早速電話して予約しました。
名前はA子としましょう。

A子は時間通りにラブホテルにやってきました。
初めましての印象は、「小柄(プロフでは身長148cm)で地味な娘だなぁ」という感じ。
しかしソファーに座ると、すかさず俺の股間を撫でてきます。
A子は「シャワーこれから?」と聞くので、俺は家で風呂に入ってから来たと言うと、おもむろにチャックを下げてきました。
慌ててズボンとパンツを下げると、早速フェラしてきます。
ジュボジュボとしゃぶってくれるので、俺はおっぱいを攻めていきます。

A子はフェラを一旦止めて「ブラを外して」と催促してきます。
ブラを取ると、形の良いBカップとご対面。
俺はフェラしてもらいながら、可愛いおっぱいを揉むと、A子は気持ちよさげに喘いでいます。
少しこんな感じで続けていたら、A子が「ベッドにいきましょうか?」というので、二人とも素っ裸になってベッドインしました。

ベッドに入ってもA子のフェラ攻撃は終わりません。
俺もおっぱい攻めしながら、途中途中でキスやハグ、指いれをして気分を盛り上げていきます。
そして、俺がクンニをしたらA子は「そんなこと、あ~ん」といって体をくねらせます。
そしたらA子が突然、俺の上に馬乗りになってきます。
俺は「いきなり素股か?」と思ったのですが、A子がちんちんを握りながら発した言葉は
「これ、入れてもいい?」
という、思ってもいなかった(いや、狙ってはいたけど)お誘いの言葉でした。
俺は「もちろん、でもゴム付けてないよ。」と言うと、A子は「生でいいよ」と言うので、騎乗位で一気にA子のマンコを貫きます。

A子のマンコは小さくてきつきつ。
チンポに快感が走ります。
A子も「あ~、いい!」と感じているようです。
暫く騎乗位でおっぱいも堪能したところで、A子は結合部を見ています。
「あ~、入ってる!」
そう言ってのけ反るので、俺は入れたまま正常位にチェンジします。
そして「パンパン」と音をたてながらピストンを繰り返します。
「あ~、いいよ!いいよ!」
A子はしっかり感じているようです。
そして俺はだんだん絶頂に近づいてきたので、ピストンを緩めると、A子はまたまたとんでもないことをいってきます。

「気持ち良くなったら、好きなところに出していいよ?」

俺は「中で出してもいいの?」と、さすがに無理だろうなと思いながら聞いてみると、
「うん、いいよ?」
と思いがけない言葉が。これだけで逝きそうになり、もう我慢ができずにガンガン、ピストンを繰り返します。
「あ~、気持ちいい!いいよ!」
と言うA子に俺は、
「もう逝きそう。本当に中で出すよ。いいの?」
「いいよ、そのまま中に出して!」
A子の足を抱え込んで、激ピストンで発射!
ドクドクと、凄い勢いで絶頂を迎えました。

A子が離れたいという様子もないので、合体したまま暫く二人で抱き合っていました。
俺は「とっても良かったよ」と言うと、A子も「私も気持ち良かった!」と言ってくれました。
そしてちんちんをマンコから抜くと、白濁液が大量に流れ出してきました。
俺は、征服感で大満足です。

そして最後にライン交換して、またの再会を約束して別れたのでした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
タグ:
1 2 3 4 5 6 72
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)