中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7887
投稿者 読売巨チン軍 (40歳 男)
掲載日 2021年3月27日
いつも利用する大衆ソープ。
若い子しかいないので重宝しています。
店員さんも丁寧です。
ただ、細い子とかかわいい子が多いのであまり巨乳が居ません。
たまたまHP見てたら新人でFカップの子が入ってました。目もぱっちりで派手な顔。
時間が合ったので入ってみました。

写真通り派手な顔で、エロい感じ。
20歳って書いてましたが、実際の年齢は20代半ばでしょう。
フェラは上手く、キスも舌が長く積極的で良いのですが、こちらが責めるとかなりマグロっぼい。
ローター好きらしいのですが、静かに集中して感じたいタイプらしく、静かに気を付けの姿勢で、目を閉じて小さな声で「気持ちいい。」と呟く感じ。
本当に気持ち良いのかも知れませんが、動かないのであまり燃えません。

なんか盛り上がらないのでとりあえず入れてサクッと済ますか、とゴム付けて挿入しようとすると「あの、お兄さんちょっと大きすぎるから、ゆっくり入れて。わたし、かなり狭いの。」と。また少し盛り下がります。
ゆっくり入れましたが、やはり浅く、こちらが気持ち良い感じに動くと「待って、ちょっと痛い。」との事。
「バックならもうちょい大丈夫。」と言うのでバックに切り替え。
少ししましたが、反応がイマイチ。
私、痛がられるとちょっとダメなタイプです。

「実はゴムも引っかかるから痛いの。特にお兄さんの太くてカリがかなり張ってるから引っかかる…。私、最近まで高級店に居たから、生に慣れてて、生なら痛いと思わないんだけど。生のが気持ちいいし。ピルも飲んでるし。」とか言い始め。
暫く突きましたが出ないので、まさかの生に変更。
ゴム外してからフェラで硬くしてもらい、バックで入れました。
「他の子に迷惑かかるから、生の事は言っちゃだめだよ?」との事。
急に嬢も反応が良くなり「生だと全然気持ちいい!痛くないよ!もっと突いて!」と言う感じになりました。
私もあまりの快感にすぐ出そうになりました。
狭いせいか、吸い取られる感じで今まででも別格。
一瞬断ってから中出しか外出しか決めようと思いましたが、聞いたら外出しになると思い、迷ってるうちに耐えられなくなったので、黙って思いっきり一番奥で出しました。
怒るかなと思いましたが明るい声で「凄いドクドクが長い!いっぱい出てるね。ピルは飲んでるから大丈夫だよ。」との事。
彼女がゆっくり四つん這いから起き上がると、あそこから一気にドロっと白いのが出てきて床に落ちました。

終わったあとは生談義。
その子「絶対生のが気持ちいいよね。全然違うよね。」「生、あんまりした事無いの?」とか終始ニコニコしてました。
生にこだわりが有る風でした。

私が大量にスッキリイッたのが嬉しかったらしく、終了後は急に機嫌よく甘えてきて抱きついてきて添い寝しました。
そんな事あるんだなあと、得した気分でした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7883
投稿者 ろろうに (35歳 男)
掲載日 2021年3月23日
ちょっと前の話になります。
遅い夏休みをとって実家に戻り、親子で旅行して少しばかりの親孝行を終え自宅に戻りました。
休暇を2日ほど残していたので、さてどうやって過ごそうかと考えて、しばらくエッチなことをしていないなあと思うと、息子さんが元気になってしまいました。
かといって、彼女やセフレ、ましてや嫁がいる訳でもないので、いつも利用しているデリのお店のホームページを覗いてみました。
平日ということもあり、女の子は出勤しているけど、割と待機の女の子がいました。
お気に入りの女の子は既に辞めてしまっていたので、新規で女の子を探そうとう、写メや動画で女の子の雰囲気をみてみたり、客の口コミを見たりして物色しました。
何人か見たあと、新人ぽい女の子の紹介文を読むと、ムラムラしているとか、ちょっと好き者っぱい内容が書かれていました。
このお店は女の子はみんな18から20代前半の学園系であんまりこんな紹介文はかかれないけどなあと思いつつ、まあおっぱいが大きそうで、ふんわりとした雰囲気、新人割も適用とされていたので、財布に料金分のお金が入っていることを確認し、お店に電話し、この女の子(仮名なおちゃんとします)を予約をお願いすると出勤の口開け(当日はまだ処女)からいけるとのことで、いつもの自宅でとお願いすると出勤の確認が取れているので、出勤時間の30分から40分後くらいでお届けできるといつもの馴染みの店員さん(ほぼ常連なんで)から案内されました。
それではということで、ちょっと部屋を掃除し、先にシャワーを浴びて加齢臭を落とし、きれいなシャツと短パンに着替え、歯を磨き、女の子到着をアマゾンプライムで動画を見ながら待ちました。

ほどなくおおよその到着時間にチャイムがなり、ドキドキしながら(初見はいつも緊張します)ドアをあけると予想よりもうすこしぽっちゃりだけど、可愛らしい女の子がたっていました。
にやけながら「どうぞぉ」を声をかけ、彼女のカバンを持ってあげると「優しいですね」と言われ。
「普通だよ?」というと彼女「ううん、すごく優しい」と顔がデレていました。
部屋に招き入れて座ってもらい、お店への到着連絡をしてもらい、お金を渡したら、コミュニケーションタイムでいろいろ話をききました。
フィリピン人がお母さんのハーフで、介護のお仕事しつつ、お小遣いのため時間があるときにデリで働いていることなどを話してくれました。
ホームページの紹介文でムラムラしてると書いてあったと教えると、笑いながらあれ店長が適当にかいているんだよといわれ、だよねえって二人で笑い合いました。

割と打ち解けたところでシャワータイムということで、彼女が服を脱ぐと、そこには立派なロケットおっぱいが!!でかい!!垂れるかなあ?ブラを外してあげると、あれま全く垂れないロケットのままで、薄ピンクのかわいい乳首が鎮座してました。
彼女いわくお客さんに本物?っていつも聞かれるとのことで、本物っていうとお客さんはみんな釘付けになるとのこと。
そりゃなるわ、自分も見ただけで息子さん元気になるもん。

お互い脱ぎ脱ぎしてシャワーで洗いっこし、洗っているうちに息子がギンギンになってきて、彼女は「うれしい」っていってくれて丁寧にあらってくれました。
シャワーの途中でディープキスをするとたまらなくなり、そのまま立ち素股で彼女のあそこに息子をこすりつけ腰を振ると、彼女も気持ちいいのかいい声で鳴いてくれます。
もうたまらなくなったので、ベッドに行こうとそそくさとシャワーを切り上げ、お互いに体を拭いて、ベッドへ直行です。

自分は攻めが好きなんでディープキスをしながら彼女を押し倒し、そのままディープを続けました、
もう息子はシャワーから立ちっぱなしなんで、ディープキスから彼女のロケットおっぱいを堪能しようとした際にアクシデント、彼女のあそこにスルッと息子が入ってしまいました。
既に彼女のあそこはぐちょぐちょで受け入れ準備万端だったらしいのです。
「あん」とかわいい声を出され、慌てて抜いて「ごめんねえ」と謝ると「大丈夫」っていってくれて、自分的にやばかったと思いながら、今度は入らないように彼女の体を愛撫していきました。
おっぱいを十分堪能し、そこから下へ舌を這わせていき、あそこをクンニすると彼女の息はだんだんと荒くなってきて、すごく可愛い声で鳴いてくれています。
クリを舐め回しながらの指で中をほじくり回すとビクンビクンと彼女は反応し、攻め好きの自分は大満足です。

そろそろ攻守交代ということで彼女に攻めてもらいます。
上になった彼女と再度ディープキスして、下から彼女のロケットおっぱいを揉みほぐし、彼女は気持ち良さそうにあえいでいてその顔はとっても淫靡でした。
段々と彼女の口が下半身に移っていき、息子をぱっくり口に含みいやらしくしゃぶってくれます。
優しくやらしくしゃぶられ、息子は虫の息で、そろそろフィニッシュへと思っていたところ、彼女がフェラを止め、騎乗位素股の体勢に。
素股フィニッシュかなと思っていたところ、彼女がするっと息子をあそこに挿入。
「えっ?いいの」と聞くと「いいのいっぱいして」と喘ぎながら行ってきます。
初見で初めて会ったのに、生挿入です。
ちょっとびっくりしましたが、やはり生、めちゃめちゃ気持ちいい。
彼女にガンガンに生挿入の騎乗位で攻められ、息子はもう喜び倒しています。
彼女の騎乗位が一段落したら今度は自分が上になり、正常位で合体、ディープキスしながら、一心不乱に腰を振り、あそこへ杭打ちピストンを繰り返します。
もう彼女の喘ぎ声はかなり大きくなっており、隣へ聞こえないかとちょっとドキドキしつ、最後はバックで彼女のきれいなお尻を叩きながら、さらにピストンを加速していきます。
もうそろそろ発射ということころで、彼女に「なおちゃん、どこに出してほしい?」と聞くと、「好きなところにだしていいよ」というお言葉。
「そんなこと言われたおじさん中にだしちゃうよ」っていうと、彼女は「出していいよ」って、「なおちゃん、いくよ、いくよ、中に出すよ」に対して彼女は、「いっぱい中に出して」と絶叫。お言葉に甘て1週間以上溜めた濃いザーメンを彼女の膣奥へ発射し、全部出切るまで発射後も自分のお尻をきゅっとしめて、残らず膣内へ格納。
最後は「妊娠するといいなあ」と彼女に言ったら、「ピル飲んでるからしないよお」っと笑われてしまいました。

息子を彼女の膣からゆっくり抜くと、膣奥にだしたためかあまりでてこないので、彼女に膣に力を入れてもらって中から精子をだしてもらい、AVみたいに膣から流れ落ちる精液をすくい取ってさらに彼女の中へ指で戻すと、「あん、気持ちいい」と彼女もまんざらではない様子でした。
そこからティッシュであそこをあてがい、休憩とばかりにそのまま布団をかけて、二人でいちゃいちゃタイムを堪能しました。
なぜ本番をしたのか知りたくて聞いてみると、「お客さん、優しいから」っていうので、「他のお客も、なおちゃんくらい可愛いと優しいでしょ?」いうと、「そんなことない、お金払ってるから、なにしたっていいだろ位なお客いっぱいいるの。電話受付の店員さんにもひどい言葉使ったりとかするし。でもお兄さんは店員さんが言ってたけど、予約の電話も丁寧で、優しいお客さんて言われてて、玄関でカバン持ってくれるし、話し方も丁寧で優しいから、なんか入れてほしくなっちゃったの」っていわれ、「確かに予約電話は間違いがないように丁寧に話すけど、女のにはこれが普通の対応で、別段優しいとおもっていないけどなあ」っていうと、「ううん、やさしい。あたし介護でおじいちゃん、おばあちゃんの世話するけど、年寄りだから優しいってわけじゃないし、セクハラでお金も払わないのにおっぱいさわってくるやつもいるもん」と、介護のしごとは大変だと思った次第です。

楽しいいちゃいちゃタイムを終わりに近づき、二人で仲良くシャワーいき、お互いを洗いっこ。
彼女には膣内洗浄が必要なので、先にあがり、用意してあったお菓子とか飲み物をセットして、彼女がでてくるのをまっていると、彼女がシャワーからでてきてびっくり。
「えっ?これって」というので、「これからまだ仕事あるし、ご飯食べてる時間もないから、これで軽く腹ごなししていきなよ」というと感激して用意したお菓子を堪能してくれました。
楽しい時間も終わりを告げるタイマーが鳴り、お店へ客先からでる電話をする彼女を見ながら、預かっていた上着を電話が終わった彼女に手が通せるよう後ろで広げて持ってあげると、「やっぱお兄さん。やさしい」と嬉しい笑顔をいただきました。

彼女が靴を履いて、ドアから出る前二人でギューッと抱き合いながらディープをキスをし、「また来てね」って自分がいうと、「うん、絶対」といって彼女は次のお客さんのところへ・・。

その後何回か彼女を指名しましたが、彼女の都合で2回ほどキャンセルになったり、呼べても自分の息子が途中でだだをこねて、挿入できなかったりして、結局彼女がお店に出勤しなくなるまで、生中出しセックスができたのは1回だけでした。
あれ以降、生でセックスできるこは1名位いました、中出しまではいけてません。
流石に20台前半しかいないデリのお店では難しいですね。
お小遣いありのお誘いはあるけど、そういうのはしないことにしているので、デリでの本番は偶然できただけで、無理に本番にもっていくことはしていません。
ギリギリは攻めますが、本番強要は後で痛い目見ること間違いないし、下手な子に当たると、和姦のはずが強姦になる可能性があるんで、気をつけています。

なおちゃんが、どこかで元気にしていればいいなあと思いつつ、自分は新たなお気入りを探す日々なのでした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
タグ: ,
投稿No.7871
投稿者 黒田 (30歳 男)
掲載日 2021年3月10日
外国人女性の膣に生のペニスを挿入し、本能のまま中出しをしたいと思った事はないだろうか。
私はある。
今日はそんな私が巡り会った外国人女性との中出し体験について話そうと思う。

当時20代前半だった私は性欲を持て余していた。
しかし、その性欲はソープや日本人が在籍するデリヘルでは満たされなかった。
何故なら当たり前のようにお客様として扱われるからだ。

セックスの生々しさが感じられない。

その為私はネット中を探し回り、とある東南アジア系出張マッサージを見つけ出した。
表向きはメンズエステだが、プロフィール画像は加工されたグラビア写真ばかりで実質指名など出来ない状態であった。実に胡散臭い。
コースは「特別」なマッサージが出来るVIPコースが2万5千円との事。胡散臭さは確信に変わる。
電話をするとガラガラ声の女性がカタコトの日本語で対応してくれたため私は簡潔にホテル名とコースを告げ電話を切った。
さて、どんな女性が来るのか。
私は期待に胸と股間を膨らませた。

しかし、待てど暮らせど女性は来ない。不安を感じ始めたその矢先に知らないPHSの番号から着信。
出ると先程対応してくれた女性からであった。
何故か息を切らしている。話を聞くとホテルに到着したが部屋に入れないとの事であった。

「お前が来るんかい」

私の股間はみるみる萎んだ。
しかしホテルのドアを開けてみるとそこには

年齢 25歳前後
髪型 金髪ロングヘア
身長 170センチ位
体型 細身だが引き締まった感じ
服装 白いワンピースにヒール
濃いメイクで色黒

の女性が申し訳なさそうな顔で立っていた。
電話の声からは想像もつかない綺麗な見た目に私と私の股間は硬直した。
イメージ出来ない方は「タイ ゴーゴーバー」と検索してみて欲しい。

「ゴメンネー。ホテル間違え遅れた。」
と謝る彼女からは電話した際の事務的な雰囲気は消えていた。
外国人でも同じ人なんだよな、と思うと何故か親近感が湧き、同時にこれから目の前の女性と性行為をする事に対して現実感が持てなくなった。

その後は二人でお茶を飲みながらカタコトの日本語で他愛無い話をして別々にシャワーへ入る。
そして私は説明された通り股間の上にのみタオルを被せた状態でベッドに横たわったのだが、マッサージとはなんだったのか女性は迷う事なく私のペニスを指先で握った。
「いいの?」と半ば形式的に尋ねる私に彼女は「VIPコース」と告げニヤニヤと笑みを浮かべていた。
性欲が異常に強いタイプの女性だと私は確信した。

その後亀頭や睾丸周辺(鼠蹊部)を念入りにマッサージされた私のペニスは痛いほど勃起し、彼女がペニスを口に含もうとした時はカウパーでベタベタに湿っていた。

ジュボジュボジュボ

強めのフェラチオが気持ちいい。時々歯が当たると私のペニスはビクンと跳ねた。
気づけば私のペニスにはいつの間にかコンドームが装着されており彼女は有無を言わさず私の上に跨りパイパンの女性器にペニスを挿入。
見上げる私の目には彼女の割れた腹筋とへそピアスが見えた。

それにしてもスタイルが良い。
細身で日本人と比べて尻も小さいが筋肉質で、それでいて乳房は綺麗なお椀型であった。
左手で乳首をつまむと「あっ」と掠れた声を発した。
そのまま彼女はしゃがみ込むような姿勢で乱暴に尻を私の腰に打ち付け「アー!アー!」と叫び続ける。
私が彼女の両掌に指を絡め突き上げると掌を中心に彼女の身体が熱を帯びていくのが分かった。

びゅびゅー!

コンドーム越しの射精。
私の射精に合わせて彼女の膣が締まり、結合部を中心に彼女は小刻みに痙攣し始めた。

まだ勃起が治らない。

私は乱暴に彼女を押し倒し、二つ目のコンドームを精液まみれのペニスに雑に装着した。
隙間から精液が漏れていたが気にならなかった。
そして痙攣している彼女に覆い被さり、髪の毛や首筋の匂いを嗅ぐと煙草とお香と香辛料が混ざったような独特の匂いがした。
彼女の肌は汗で湿り体臭が強い。日本人と比べると肌艶が良く弾力もあり、どこを触っても気持ちが良い。
マングリ返しの姿勢を取らせ無毛の性器とピンクでシワの少ないアナルを舐めると私のペニスは一層硬さを増した。
「どっちに挿れても気持ちよさそうだな」と思いつつマングリ返しのまま真下に向けてペニスを性器に挿入。
ブブ!っと空気の漏れる音がした。
そのまま腰を打ちつけるように何度もペニスを膣壁で擦るが一度射精しているためなかなか射精しない。

プルルルル!

ホテルの電話が鳴った。
終わりが近いようだ。
すると彼女はハッと我に返ったようで少し考える仕草をした後結合部に手を伸ばす。
パチンっ
私のペニスに装着されていたゴムを取ったらしく、ペニスにヌルヌルっという膣壁の感触と暖かさが伝わる。
セックス中にコンドームを外されたのは初めてで私が驚いていると尻の穴に違和感。
前立腺マッサージのように彼女が私の尻穴に指を挿入しグリグリと動かし始めたのだ。
不思議と痛みは無く寧ろ気持ちが良かったのだが妙な気持ちになった。胸がモヤモヤする。
そのまま私は生のペニスを彼女の膣の奥にある硬いところに擦り付け、彼女は私の尻穴をほじくり回すという状態が暫く続いたところ

ビュー!

私は膣内で射精した。
ホースの口を指で潰した時のような妙な射精の仕方だった。
子宮口に水鉄砲で直接精子を入れているようであった。

二人とも汗だくで息が切れている。疲労感が気持ちが良い。
私は彼女の性器に精液まみれのペニスを挿入したまま覆い被さりキスをした。
チロチロと舌先を擦り付け合いお互いに微笑み合うと何故か非常に満たされた気持ちになった。
このままあわよくば妊娠して欲しいとペニスを膣内でグリグリ動かしペニスが萎えるまで精液をかき混ぜる。
彼女は「お兄さんエッチねー」と微笑みながら下腹部を撫でていた。

その後、彼女は時間をオーバーしてしまっていたらしく電話で店に謝っていたり、私は尻に入ったコンドームが出てこなかったり、尻の違和感から真っ直ぐ歩けなくなったりトラブルはあったが、10年近く経った今でも思い出すと笑顔になる。良い経験が出来た。

外国人女性の膣に生のペニスを挿入し、本能のまま中出しをしたいと思った事はないだろうか。
私はある。
次は貴方の番だ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7869
投稿者 黒田 (30歳 男)
掲載日 2021年3月08日
今から5年くらい前の話だ。
私は当時韓デリにハマっていた。
何故ハマっていたのかと言うと、韓デリは暗黙のルールで追加料金を払うとセックス出来たからだ。
また日本人よりも若くてスタイルの良い嬢が多く打ち解けてくると個人的にセックスをしてくれる場合もある。
そんな韓デリ嬢とのセックスの中で一番印象に残っている話をしようと思う。

その嬢の名前はKと言う。
年齢は20代半ば位で当時の自分と同い年位だった。
少し明るめの肩までのストレートヘアで顔はAV女優の松本メイに似ている。
背丈は160センチくらいで身体つきはムッチリ。
しかし、太っている訳ではなく乳と尻が大きくウエストは締まった感じ。
肌は色白で弾力があり、乳首や淫部は薄いピンク色だった。乳首は先端が大きめ。淫部は毛が生えないらしくパイパンだった。

Kとのセックスはいつも同じパターンで、正常位で私が覆い被さり、ディープキスをしながらコンドームを付けていないペニスの先端をKの淫部の入り口に擦り付ける事から始まる。
避妊をしていない事でお互いに興奮し、カウパーと本気汁でお互いの性器が接しているところはぐちゃぐちゃになる。

その後私は自分でコンドームを付けてぐちゃぐちゃになったKの淫部にペニスを挿入するのだが、暫くするとKは急にスイッチが入り、私の腰を脚で挟み両手で私の尻を自分の淫部に押し付け始める。
鼻息が粗くなりフーフー、と動物の様に私にしがみつくのだ。

私も射精が近づくとKの大きくて柔らかい尻を両手で掴み自分の腰へ引き寄せ、恥骨がゴリゴリぶつかるまでペニスを深く挿入する。
セックスというより発情した動物の交尾のようだ。

そんな彼女との関係も1年以上続いたある日、いつものようにKを呼び、コンドームをせずペニスをKの淫部に擦り付けていたのだがその日のKは少し様子が違った。
何かあったのか私が尋ねるとKは
「お兄さん、今日は生でしない?」と私の耳元で囁く。
私は妊娠させたら大事になってしまうし少し躊躇ったがその日は何故かKに中出しがしたくてたまらなかった。
そのため私は
「生がいい」
とキスをしながらKに言うとKは
(これは仕事、これは仕事)
と緊張した様子でぶつぶつ独り言を言い始めた。
私の胸板はKの胸に密着していたのでKの心臓の鼓動が早まるのが分かった。
身体も熱くなり、じんわり汗をかいていた。

そして私は
「生でチンポ挿れるよ」
と言いKの淫部にペニスをゆっくり挿し込んだのだが、Kの膣内は熱く、既にマン汁でぐちゃぐちゃになっていた。
少し私が上体を起こして繋がっている所を見ると結合部はドロっとした感じの白い液体で泡だっていた。

その後は記憶が乏しい。
覚えているのは2人ともペニスが少しでも深く膣の奥に挿るよう力一杯腰を密着させ、前後にピストンをすると言うよりは繋がったまま腰をグニャグニャ上下左右に擦り合わせた感じのセックスをしたという事だ。
結合部を中心に身体が溶け合う感じがして気持ちがいい。
結合部からはぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ粘り気のある水っぽい音がしてシーツが濡れているのが分かった。

どれくらい時間が経ったのか、私は射精しそうになったためKに
「どこに出して欲しい?」
と尋ねるとKは鼻息荒く
「わかってるくせに」
とニヤついた顔をした。
エロい顔ってこんな感じなのかと思った。

そして射精感が我慢できなくなった私は
「いくよ。精液出すよ。マンコの中に出すからね」
と言うとKは
「オッパ(お兄さん)オッパ!!」
と叫び私の腰をガッチリ両脚で絡め取り、痙攣し始めた。
その瞬間膣がギュー!と収縮し、私は耐えられず元栓が壊れた水道のようにKの子宮めがけて静液を発射した。

中出しは気持ちいい。
何故か子供が出来ればいいな、と思った。

中出しした後も暫く私は腰を動かし続け、正気にかえったKに呼びとめらるまでKの膣内をペニスで撹拌し続けていた。
ペニスが萎えて膣から抜けるまで私はKの大きなおっぱいに顔を埋めたり、幼児のように乳首を吸ったりしていた。
ペニスが抜けた結合部の周りは文字通り水溜りのようになっており、精液と愛液が混ざって独特の臭いがした。

その後私は仕事で異動があり、Kとのセックスはそれっきりになってしまったが、彼女は今何をしているだろう。
もしかしたら私の子供を産んで韓国で暮らしているのかも知れないな、と思うと複雑な気持ちになる。
それ以来私はデリヘルというものを利用していないが、あの日から私は何か変わったのだろうか。

いずれにしてもKには幸せになっていて欲しい。
思い出をありがとう。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7865
投稿者 ゆうな (19歳 女)
掲載日 2021年2月28日
春から実習が本格的に再開し、リモートじゃなく普通の通学に戻るみたいなので本当に忙しくなります。だから、いつ書けなくなるか分かりません。
私なんかを心配して下さったり、気にかけてくださるおじさまがいてくださるので、この場を借りて改めてお礼を言いたいです。
コメントも沢山頂いて、混雑してしまったので、改めて近況報告がてらに書かせて頂こうと思いました。

なんだかんだ色々ありながら、私は元気です。
夜の仕事も一応辞められて学費も払えました。
お店からは「籍だけは残して!」と頼まれて一応籍だけは残していますが、しばらくはやりません。

今は普通の学生、普通の19歳の女の子に戻れました。
すごく身体も心も楽で、勉強に集中できています。
今年が一番大変で来年が本番なので、頑張らなきゃって思ってます。

って、これだけじゃダメですよね。エッチな話、中出しされた話をしなきゃですよね。
うーん、最近だとあんまりないなぁ…高校生の時の話はダメみたいだし、うーん、あ、デリの時に出会った印象的なお客様の話をちょっとだけします。短くまとめますね。

18歳なりたてくらいにデリしてた時期が一瞬あって、すんごいロングで予約してくれるおじさんがいて、360分が普通で、半日、一日貸切希望みたいに言われることも多かったんですが、それは私が無理なのでお断りするくらい愛されてましたw

その方は多分お金持ちの息子さんで、30代後半くらいかな?いわゆるアイドルオタクの方で、一人ぐらいの広いお部屋にはそういうグッズやフィギュアが沢山ありました。
なんか好きな地下アイドル?の方に私が似ているらしく、めちゃくちゃ愛されてましたw

すんごいシャイな方で、一緒にシャワーも入らないし、私に色んなコスプレを用意してくださるんだけど、着替えも見ないように背中向けてるし、エッチなこともほとんどしないんです。
ただ、お手を握りながらお話したり、ハグするくらい。
「好きにしてもいいんですよ…?」って言っても、恥ずかしがってしないんです。

沢山お金頂いてるのに申し訳ないなぁ。っていつも思っていました。
でも、私がお店辞めるってなって「もう今日でさよならだよ」って言ったら泣いちゃって、膝枕でヨシヨシって慰めてたら、少しずつ私の膝と膝の間に顔をうずめてきて、パンツの上からアソコを舐められました。
「え?キスからじゃなくて、いきなりクンニ?」って思ったけど、最後だししっかり受け入れたいって思って、身を任せました。

不器用だけど一生懸命にナメナメしてくれて、気持ちよかったし、可愛かった。
私が喘ぐと興奮して、いきなりのしかかってきて、強引に生で挿れようとしたから「ダメ。もっと優しくして」ってお願いしました。
身体が大きくて力も強かったからちょっと怖かったです。
デリは本番もしちゃダメなんですよ。って優しくお願いしました。
そしたら、すっごく反省して落ち込んじゃって、泣きそうで可哀想でした。

その人は多分、あんまり経験がなくて、やり方がわからなかったと思うんです。
だから、ちゃんと私が教えなきゃって、つい母性がでてしまい、キスから乳首舐めから、フェラして、逆に攻めて貰って、流れで挿入も教えることになったんだけど、ゴムが無いから仕方なく生でってなって、ゆっくり挿れて、優しく動いてねって言ってる瞬間2~3往復でいきなりすごい量が一気に中で出ちゃって…私も何事かと思いましたw
いつか私と結ばれたいって思ってずーっと溜めてたみたいで…まあ、じゃあ、良かったのかな…?
分からないけど、すごく慌てて謝ってました。「責任とる!結婚しよう!」って。
本当に優しくて純粋で可愛い人だなって思いました。

シャワーいかせて貰って、綺麗に洗ってからベッドに戻って、二人で時間ギリギリまでお話しました。
別れ際にLINE交換して、しばらくLINEもしてました。
でも、真剣に告白されて、私はそれをお受け出来なかったからそれきりになってしまいました。

あれからしばらく経ったけど、とても優しい人だから、素敵な人と幸せになってて欲しいな。
ふと、記憶を辿ると意外と身体を重ねたほぼ全ての人を思い出せるなぁってビックリしました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
タグ:
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)