中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7981
投稿者 太客 (35歳 男)
掲載日 2021年7月31日
とあるソープ嬢と冗談で交わした約束が現実となりましたので。

北の歓楽街にてとあるソープ嬢とよく遊んでいました。
最初はオキニが引退したので次のオキニ探し、で入った子でしたが顔、スタイルほ私好みで、お口のテクも良く、次のオキニにしようかな、と思って事後の雑談タイムに入っているときに、当時はどういう流れか忘れましたが、100回指名したら生中OKという話になって足繁く通うことに。
その子も私が指名して遊びに行くたび「何回目だねー」とか「生中まであと何回だよー」と笑いながら言ってくれるのでとりあえずその子の引退が100回までは行ってみるか、と思って遊びは必ずその子にしていました。

先日ついに100回目を達成して
「冗談だと思ったけど本当に来てくれたねーw」
と笑いながら出迎えてくれて部屋までご案内。
「100回も来てくれたから流石にね」
といって部屋に入るなり本来はやらない即尺のサービス。
いつもと違う、いつも以上のサービスに興奮して出そうになったことを告げると
「じゃあ横になって」
と言われ従うとそのまま生で合体。
ゴム付きで100回以上(2回戦のときもあったので)味わった腟内も生だとまるで別物。
フェラで限界近くまで上げられていたこともあり、暴発気味に彼女の中に発射してしまうことに。

「すごい出たねーwじゃあ、お風呂入って休憩しよっか」
と言われ服を脱ぎ、身体も洗わずそのまま入浴。
一緒に入って潜望鏡等を味わいお風呂の中でそのまま二度目の合体に。

発射後、ベッドに移動して三回目の発射。

期待していたことも有ったので事前にバイアグラを飲んでいたので3発目のあとも半立ちを維持していたのでゆるゆる腰を動かしていたところで10分前のコールが。
「まだ出せそう?」
と聞かれて難しいかもと応えると手コキ+フェラでなんとか4発目。
しっかりとゴックンまでしてくれました。

「嬢も女の子だからね。100回も来て、スマートに遊んでくれる人ならそりゃ、特別扱いするよ。もう一個サービスでプライベートも一日だけ相手しちゃうね。一週間くらい前に連絡してね。出勤しないでおくから」
と最後にいただいてお別れに。
今週末早速お願いしちゃってます。

冗談とは言え、ルールを守り、女の子の嫌がることをしないで遊んでると良いことはあるものですね。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7980
投稿者 つぐむ (49歳 男)
掲載日 2021年7月30日
長文になりますのでご勘弁ください。

いつもは素人相手に中出しを楽しんでいますが、たま~に風俗で遊びたくなります。
大阪の風俗は北エリアの方が私はお勧めなのですが、私は南エリアに住んでいるのでミナミの風俗を利用しています。
ただミナミエリアはパねマジ店舗が8割なので、見極めが肝心です。
そこで私は前からあまりパネマジしていない店に電話をして、目をつけていた遥ちゃんを指名した。
92Gカップでバキュームフェラとパイズリが得意とプロフィールに書かれていた。
濃厚なプレイが得意とも書いてあった。
ゆっくりしたかったので180分をお願いし最後の枠18:00~で予約した。
この日は思いのほか競輪で50万近く儲けて余裕だったので、3時間5万というコースを選んだ。

18時前、今から向かわせますという電話が入り、お風呂を溜めて待っていると。5分もしないうち呼び鈴がなった。
ドアを開けると吉岡里帆激似の遥嬢がたっていた。
「遥です。ご指名有難うございます。今日は宜しくお願いしま~す」と軽く挨拶して入った。

遥嬢にお風呂先に入ろうか?は~いと可愛い声。
お互いに脱がし合いしてお風呂場にわ~広~い!!とここはつぐむさん、分譲?賃貸?と聞くのでどちらでもないよ~と答えると?遥嬢の頭には??ここはね私が管理してるウィークリーマンションだよ!つい最近叔父が私名義に書き換えてくれて、今は家賃収入と自営してると言うと、スゴ~イ!!っと言って抱き着いた。
遥嬢の巨乳がペタペタとくっついて気持ちよかった。
遥嬢は私の風呂場である物を見て大爆笑した。それはソープマット。なぜこんなのあるの~と聞くと私は正直に答えた。
ここのマンションは、実はコロナ禍で仕事と住む場所を失くした女性が住んでいるマンションなんだ~でもね最初の1年は家賃は取ってないんだ、その代わり女性には入居の時に僕の中出しセフレになる事と、二度と危ないことはしないこと、住民票を置いて仕事を見つけて安定させること。安定したら家賃を毎月5万支払ってくれたら、中出しセフレ契約の解除になると話した。
遥嬢はビックリした顔で凄い涙ぐんだ。
どうしたのかと聞くと、遥嬢も分にもれず首切りに合い家賃も払えなくなり追い出されて、寮がある風俗に仕方なく身を落したのだという。
遥嬢は元中堅会社の秘書だったらしくスタイルもよく笑顔も可愛い。
お風呂の中で遥嬢をバックハグしながら92Gの巨乳を揉みつつ話を聞いた。
少し気持ちが落ち着いたのか気を取り直して、綺麗に体を洗い合い、勃起した愚息を丹念に洗うと、口に含みながら上目使いに笑い、バキュームフェラをしてくれた。

その後はベットに移り、お互いに抱き合い、遥嬢の身の上話を聞いてあげた、地方から大阪にきた両親を幼少期に事故で無くした。でも勤めていた時はかなりの収入があったらしく、しかしコロナ禍で収入が激減し貯金を切り崩しながら生活していたという。
遥嬢はまだ勤めて1年も経っていないらしく、こんな話をしたのは初めてだと言う。
遥嬢の頭を撫でながら、抱きしめてあげた。

しかしここで無念の時間切れ。
遥嬢がラインを交換してほしいと言うので交換した。
すると10分後遥嬢からラインが来た。
原文搭載
【つぐむさんへ、先程は有難うございました。
そしてロクなサービスも出来ず、私の話を頭を撫でながら聞いてくれて、なぜか私の話を私はつぐむさんになら話せたのは不思議です。
もしよければ、きちんとサービスも出来なかったし、もう少しお話を聞いてもらいたいのと初めて会ったけど相談したいことがあるので、個人的にお伺いしてもいいですか?】
と私は大丈夫だよ~と返信すると、お泊りしてもいい?と言うのでOKの返信をだした。

遥嬢は30分後やってきた。
遥嬢は今回はプライベートで会いにきた。
会ってすぐに恋人と久しく会っていなかった様なディープキスをしてきた。
まずは遥嬢と遅い夕食を御馳走し、腹ペコ遥嬢を満たしてあげた。
遥嬢はこう切り出した。つぐむさん、もし良ければ部屋が空いていたら住ませて下さい。つぐむさんの条件は全部聞きますので。というので構わないよと答えてあげた。
遥嬢は風俗勤めが嫌らしく、私の話を聞いて、この人に頼ってみようと考えたらしい。
でも遥嬢に聞き返した。遥ちゃん私と中出しセフレ契約することになるよ。妊娠しないようにピルを飲んでもらうことになるけど、その代わりさっきの条件で住めるけどと再度聞き返した。
遥嬢はつぐむさんなら構わないという。
50前のおじさんになぜにこんなに若い女性に気に入られるのか?私は不思議である。
遥嬢はホッとしたのか緊張していた顔から笑顔がこぼれた。
つぐむさん、図々しいけど、明日店辞めて引っ越ししてきていい?というので、いいよと答えてあげた。
遥嬢は一層喜び抱き着いてきた。

遥嬢は素っ裸になり、私を素っ裸させた。
先程体験したバキュームフェラで私の愚息を勃起させ、自ら私が寝ている上から生で挿入してきた。
つぐむさん、大きくて太くて長い、当たってる~と自ら上下に動きだした。
遥嬢は相当気持ち良いらしく、動くたびに大きな喘ぎぎをだして、瞬く間に私を射精に導いた。
もちろん生挿入なので中出し。
遥嬢は勃起したままの愚息を抜き、つぐむさん一杯でたね~と言って、お掃除フェラをして綺麗にしてくれた。

遥嬢も相当気持ちよかったそうで、私の腕枕で2時間ほどお互い素っ裸のまま寝た。
その後風呂に2人で入り、お風呂でソープマットを使いたいというので、ソープ嬢になってもらいサービスしてもらった。
ヌルヌルした遥嬢のマッサージも気持ちよく、遥嬢を上向きにして、そのまま挿入するとアン!っと喘ぎ、つぐむさんまだ出来るの?とクスと笑い、お互いに気持ちが高まり一緒にイってしました。
ローションを洗い流して、湯船でパイズリを堪能し、またベットで3回戦をした。
遥嬢もH中はすごく幸せで気持ちいと何度も叫び、3回戦目では中にだして~いっぱいちょうだい~!!っと何回も叫んでいた。

そして朝、遥嬢のキスで起こされ朝食を作ってくれていた。
朝食を食べて遥嬢は、寮に戻り、昼頃スーツケースとバック2個を持って私のウィークリーマンションのやってきた。
私の横の部屋を貸してあげることにした。
入居してまもない女性は暫く衣食住が苦しいので、私が暫く面倒見るということで同じフロアに入ってもらっている。
遥嬢が入居して残り2室という状態だ。
遥嬢は部屋をみて驚いていた。

その日遥嬢を病院に連れていき健康状態とピルを処方してもらった。
いや遥はその日自室の荷物を片付け、私の部屋に、お泊りHしにきてくれた。もちろん生中出し。
遥のH中の姿は今までの女性より何倍もエロく、毎度ギンギンになる愚息をみて遥は愛しいそうに、丹念に舐めてくれます。
そして自ら腰を落して昇り詰めていきます。
しばらくは遥の逆レイプにはまりそうな予感です。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7974
投稿者 浅野 (39歳 男)
掲載日 2021年7月24日
投稿No.7967の続きです、まだ未読の方は先に投稿No.7967をお読み下さい。

超高級ソープにて生まれて初めて女性の膣内に精液を放出する事を経験した私はあまりの快感と虚脱感のため正常位の体勢でA嬢と結合したまま暫くの間A嬢の胸に顔を埋めグッタリとしていました。
数分後勃起していたおちんちんが萎えてきたので起き上がり嬢の身体から離れようとした時に驚きが待っていました、
?ーーーーー!?ーーーーー抜けない!
ビンビンに勃起している状態ならまだしも既に萎えてきている状態にも関わらず普通の力で抜こうとしても抜けないのです、フェラで吸われているというよりも掃除機で吸われている様な吸着力でした。
この時点の私は殆ど女性経験が無かったのでこれがどれほど凄い事なのか正直わかっていませんでしたが、今現在でもこのA嬢以上の女性器には巡り合っていませんし今後も出合わないのではと思っています。
ある程度強い力で腰を引くと強い摩擦(抵抗)力が私の股間を襲いあまりの感触に思わず腰を動かしてしまうと萎えかけていたおちんちんに再び力がみなぎってきました、もう男としての本能に従い抜かずに2回戦目スタートです。
A嬢は当然私の1回目の射精を認識しているので抜かずにそのまま2回戦目を挑んできた事に驚いていましたが直ぐに受け入れ体勢を整え私の挑戦に答えてくれました。
1回目は足をM字に開いた普通の正常位でしたが射精後の私が再び腰を振り始めると膝を伸ばして180°足を開脚する様な体勢から徐々にV字開脚の体勢に移行してくれました。
その体位の興奮度・エロさは半端無く締まり具合も更に増した様な気がしました。
射精をコントロールする術を知らない私は彼女の膣圧と視覚的な性的刺激に負けまたもや数分で2度目の絶頂を迎えてしまいました。

A嬢の膣内に多量の私の精液がある状態でのセックスそして再びの射精、大きな満足感と虚脱感、凄く長い時が流れた様な錯覚に襲われましたが実はここまで入室してから20分程度しか経過していなかったのです。
恐らく私の人生の中で1番濃密で忘れ難い20分だったと思います。

2回戦終了後はさすがに強力な膣圧から逃げる様に一気に強く引き抜きました。
引き抜いた時に私のおちんちんに薄いゴムが被さっていないのを改めて見て本当に自分は生でA嬢とセックスしたんだ女性の膣内に初めて射精したんだと実感と感激が込み上げてきました。

精液や嬢の体液でベチョベチョになっているおちんちんをティッシュやタオルで拭う事もせずそのままA嬢は自身の口を使ってキレイにしてくれました。
こんな美人にこんな事させるなんてこれだけでも数万円の価値があるんじゃないかと思いました。
遅くなりましたが一応ここでA嬢のスペックを記載しておくと身長159cm・B90・W58・H88で全体的にバランスの良い少し筋肉質な身体です。

その後暫く飲み物を飲みながらA嬢と色々と会話をしました。
今回が2回目のソープでセックスするのも2人目、スキンを使わないセックスは生まれて初めてと全て正直に話しました。
A嬢も「貴方の初めての生セックスの相手になれて良かった」と言ってくれ実年齢や色んなプライベートな事も話してくれました。
「見た目と違ってかなり激しいセックスだったから私も凄い興奮しちゃった」とも言われとても恥ずかしくて赤面してしまいました。
先程のV字開脚の様な正常位が凄いエロくて自分もめっちゃ興奮したと言うと身体の軟らかさには自信があるらしく「じゃあ特別に」と目の前で体操選手がやるようなI字バランスのポーズをやってくれました、
全裸でのI字開脚で私の目の前30cm位の所にA嬢のおまんこが惜し気も無く晒け出され今セックスしたばかりだというのに思わず興奮してしゃぶりついてしまいました。
「そんなに興奮したらまだ全然時間あるのに精子無くなっちゃうよw」とA嬢に言われて我に帰り顔を放しました。

その後洗い場に移動してスケベ椅子に座って身体を洗って貰い女体を駆使したボディ洗いを堪能しました。
そして嬢がマットの準備をしている間1人で湯船につかり歯磨きを済ませます、待っている間に頭をシャッキリさせる用の冷えた濡れタオルなんかも用意してくれ至れり尽くせりです。
マット全体にローションを塗る為に嬢がクルクルとマット上を滑る様子は日常生活では絶対に見る事の出来ない美しいショーの様でした。
この頃になると私の緊張も大分ほぐれ頭で色々考えながらプレイを楽しむ余裕が出てきたのでマットをやって貰いながら心身共にA嬢の柔らかい身体を楽しんで堪能する事が出来ました。
マットでもNSなので途中挿入の為にスキンを着けてプレイが途切れる様な事も無く色々な体勢でA嬢と結合したり離れたりを繰り返し正に夢心地でした。
マットでは本格的にセックスはせずに射精も無くその後は2人でバスタブに入りソープ特有の潜望鏡プレイ等をして貰ってベッドに戻りました、因みにここでも射精は無しでした。

ベッドに戻り最後にもう1回となった時に正直しんどい感じもあったのですが(マットでも浴槽でもビンビンに勃起はしなかったので)、こんな美人とセックス出来るチャンスなんて滅多にある事じゃ無いんだから絶対に最後もう1回ヤりたいと思いました。
嬢も「絶対あと1回私の中で射精させるよ」と意気込んでいました。
ただ私のそんな心配も全くの杞憂でした、激しいディープキスをしながら玉を揉まれたりおちんちんをシゴかれたりしている内に徐々に固く勃起してきました、そして彼女に押し倒される様に騎乗位で合体、いやらしく腰をグラウンドされると相変わらずの凄い締まり具合で1分位で射精しそうになってしまい慌てて嬢に動きを止めて貰いました。
後背位もやっておきたかったのと最後はやっぱり正常位で射精したいとの希望を嬢に伝えバックで性交再開、射精しない様に堪えながら懸命に腰を振り程良い所で正常位に移行、ここからフィニッシュまではもういつ射精しても良いと思い一心不乱に激しく腰をA嬢の股間に打ち付けました。
極上のおまんこを十分に堪能し最後は思いっきり彼女の膣内最奥に思いのたけを残らず吐き出しました。

激しく息を切らせた私は暫くの間嬢と繋がり抱き合ったまま至福の時間を過ごしました。
時間まで飲み物を貰って雑談をしシャワーで洗体して貰った後服を着て最後に入浴料を払い名刺を貰って終了です。
別れ際に舌を絡める濃厚なキスをして部屋を出て階下の待合室に戻りました。

この時以降現在まで何人かの女性との生殖行為を経験しましたがこれ以上の快楽に巡り合う事はありませんでした。
この思い出を本サイトに記録する事が出来て私としても本当に良かったと思っています。

前回から引き続き拙い長文にお付き合い頂きありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7967
投稿者 浅野 (39歳 男)
掲載日 2021年7月17日
昔の話になるのですが一生に一度くらいは吉原の最高級店という物を経験してみたくて清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで超高級店に予約を入れました。
お相手は引き締まったナイスボディのA嬢、HP等では口元を隠した写真でしたがそれでも十分にS級の美女だと判る嬢です。
予約日の前日から緊張と興奮が混ざりあった異様な感覚でA嬢の写真を見て「明日になったらこの美女とセックス出来るんだ」と思いドキドキ感が半端無かったです。
因みに自分にとっては人生で2回目のソープで前回が童貞喪失だったのでいまだ経験人数1人という初心者状態でした。

当日鶯谷駅から店に電話し送迎車に乗って店に到着。(気のせいなんだろうけど送迎車待つ間ってなんか周りの人達の視線が痛い)
さすが最高級店という店内(待合室)でしたがその時は周囲を見る余裕などほとんどなくガチガチに緊張しまくってました。
待合室で待っている間ガチガチな緊張を解く為に「あぁ、もうあと数10分後にはA嬢とセックスするんだ」とエロ心を煽りメッチャ気持ちを高ぶらせました。

そして予約時間を5分ほど過ぎた辺りでご案内、心臓バックバクで店員さんに促され嬢の待つ階段前に、修正無しで見るA嬢は想像以上の美人で身体全体からエロフェロモンが漂っている感じでクラクラしそうでした。
軽く挨拶したのち手を繋いで階上の個室へ、改めて見るA嬢は私なんかが普通に生活してたらまともに話す機会も無いだろうなと思う美女でましてやセックスするなんて夢のまた夢というレベルの女性です、本当にソープのある国に生まれて良かったと思います。

雑談しながら脱衣しタオル1枚の全裸になり次は嬢を脱がします、この時点で女性の服を全て脱がすという経験が1回しか無かったのとA嬢の裸のエロさ美しさも相まって恥ずかしながら緊張で手が震えてました。
高級店なので当然即即、腰のタオルを外されおちんちんの皮を剥かれいきなりフェラチオです、こんな美人に洗ってもいない包茎ちんちんをしゃぶって貰っていると思うと興奮度が半端なくもうビンビンです。
但し当方は経験人数1人の超初心者なので挿入前の暴発だけは絶対回避したいとの思いで程よい所でフェラは止めて貰いちょっと早いけどもうセックスしたいと嬢に伝えます。
嬢が体位はこのまま騎乗位で良いかと聞いてくれたので個人的に1番興奮する正常位にして貰う事にしました。

暫くの間A嬢に覆い被さりキスをしたりおっぱいを揉んだり吸ったりおまんこを開いたり舐めたり完全にサカリのついたオス状態で目の前の極上の女体を貪り続けました。
しかしこの時点まで私はとても大きな事実を知りませんでした、それについて誤った認識を持ったまま疑いもしませんでした。
それは何かというとソープランドでの挿入行為は100%必ずコンドームを使用しなければならない(NSは全ての店で厳禁)と思い込んでいたのです。
後で知ったのですがこのお店はS着とNSの混在店で圧倒的にS着嬢の方が多くたまたま今回知らずに指名したA嬢がNS嬢だったのです。
挿入直前になってオロオロと嬢にコンドームは?と聞くと「え?私NSだよ、着けなくて良いんだよ」と言われ一瞬頭の中が真っ白になりましたが暫くすると喜びの感情が頭を支配しました、当然病気の不安は頭をよぎりましたが目の前の美女とコンドーム無しでセックス出来るという興奮に敵う物ではありませんでした。

そしてついにその瞬間が訪れます、仰向けで開脚したA嬢の股間に身体を被せ初めての感触を待ちわび固く勃起するおちんちんを卑猥に開いた粘膜質のおまんこに挿入しました。

……!!!!★★★☆☆☆!!!!

そこから射精するまでの数分間は我を忘れてまさに獣の様に激しく腰を振りまくりました。
初めての生膣内の感触のあまりの気持ち良さに恥ずかしながら数分間しか男としての威厳を示す事が出来ませんでしたがその間も「あぁ今自分はこんな美女と生でセックスしてるんだ夢じゃないんだ生きてて良かった」と男として生まれた幸せを噛み締めてました。
世に言う名器とはこういう物なのかとも思いました。
そして痺れる様な間違いなく今迄で最高の絶頂感に襲われ可能な限り限界まで深く挿入して溜まりに溜まった精液をたっぷりとA嬢の膣内に注ぎ込みました。
いやマジで最高のセックスだった、今後の人生でもこんなセックスもう2度と経験出来ないんじゃないかと思う位のレベルでした。

だがしかし、A嬢の本当の凄さを思い知るのはこれからなのですが…

長文になりましたので今回はここで切ります、また続き書ければ書きに来たいと思います。
駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7955
掲載日 2021年7月03日
由美恵との出会いは10年前の都内デリヘルだった。
当時OLをしていた彼女は親の借金返済のために週末のみ風俗で働いていた。
年齢は20代半ばで服装はスーツ系の美人社員(中肉中背)風といった感じ。
適度な社交性もあってすぐに打ち解けて恋人感たっぷりに接してくれて、おまけにエッチ大好き。

本番はできてもスキン着用がルールなので由美恵に確認すると、付けてほしいとお願いされた。
フェラは生OKなのでシャワーを浴びてさっそくベッドへ。
しばらくは騎乗位での69で舐めさせていると、手技と口技の絶妙なバランスというか、竿から玉袋そして蟻の門渡りまでを満遍なく刺激されて『我慢汁』が溢れ出てくるのをハッキリと自覚するほど気持ち良かった。
由美恵の恥部は適度な黒い陰毛に覆われた熟したてのビラビラが充血していてじわじわと淫らなお汁が湧いてきてメスの香りをプンプンさせていた。
時々指を挿入してかき回すとクチュクチュと音をたて『菊穴』の皺を収縮させている様を見ていると、この後の想像を掻き立てずにはいられなかった。

久しぶりに『フェラ』で抜きたくなったので体位チェンジして仁王立ちになると、由美恵のテクニックが発揮された。
ローションを口に含んで緩急自在のディープスロートは圧巻で、10分ともたずに口内へ濃い目のザーメンを放出した。
すると舌で味わうようにして全部飲み干してくれた。

私は間髪入れずに『2回戦』へなだれ込んだ。
ザーメンの臭いは嫌いだが由美恵を押し倒しキスで口を塞ぎ、硬さの萎えない黒光りの分身を陰毛から覗くクリとビラビラに押し当て腰を激しくグラインドさせると、由美恵の口から『入れて!』の言葉が。
私がゴムをとろうとすると、『このままで・・いいの・』。
なんたるラッキーかと心躍らせて生でインサートすると由美恵の温もりが直に伝わってきた。
膣の肉ヒダがヌルヌルで亀頭や竿にまとわりついてピストンするたびに心地良い刺激で満たされた。

由美恵も感じているようで喘ぎも荒くなり奇声めいたものを発していた。
私が卑猥な言葉で責め立てると、由美恵も反応して私の脳みそを刺激する言葉で返してきた。
私たちはさらに欲情し、場所を移動しながら体位を変えて、私は夢中で由美恵を貫き続けた。

洗面台で立ちバックでしている時にその瞬間は訪れた。
ひときわ大きな声をあげ腰を揺らすと同時に、私は股間に生温かい飛沫を浴びせられた。
そして腰砕け状態となってしゃがみ込んだ由美恵を抱きかかえてバスルームへ。
そこでも由美恵は更に一回スプラッシュを見せた。

再びベッドに戻りバックからじっくりと攻め、最後は正常位で激しく深く腰をぶつけ合い、私は由美恵の腰を持ち上げて最深部に2回目の生汁を放出した。
由美恵はぐったりと股を広げたままでしばらく放心状態。
陰毛の隙間から白濁とした二人の淫汁が滴る光景は淫美で、私も満足感に包まれた。

その後、一度は再会したが由美恵は店を辞めたようだった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)