中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
ジュエルライブ
ジュエルライブ

新着中出し体験談

初中の人番外編 製菓学校に通う2...  いいね!60件 
真夏の白昼夢  いいね!66件
元教え子と 9  いいね!56件
57才の冒険  いいね!83件
初中の人7 最終回  いいね!84件
» 中出し体験談一覧へ

いいね!ベスト5

フルーチェ  いいね!4639件
RG500Γ  いいね!3722件
素人人妻みきえ  いいね!3508件
繁殖専用の孕み肉便器  いいね!2950件
まほ3  いいね!2773件
» いいね!一覧へ
投稿No.7730
投稿者 副店長 (41歳 男)
掲載日 2020年9月23日
初中の人番外編です。

とあるチェーン店の飲食店に勤めていた僕は、店長代理として各店舗の順店をしながら、美味しそうな女の子はいないかと物色していました。
ある日、うちの会社に今年入社した高卒の男の子がいたのですが、僕の住む街でも一番偏差値の低い高校出身で、その高校でも成績が下の方だったらしいです。
その新入社員の男の子が、

「副店長!俺、やべっす!やべっす!」
「どうしたの?アホ太郎くん?」
「○○店のすずちゃんと、ドライブ行った時に、ノリで中出ししちゃいました! 俺、結婚しなきゃですかね?!」
「えー!お前何やってるんだよー そのすずちゃんは、何か言ってきてるの?」
「その日から全く連絡も拒否られて、全然何も言われてないっす! やべっす!やべっす!」

数日後、その○○店に順店した時に、そのすずちゃんに何となく聞いてみました。
このすずちゃんは、高校出たばかりの19歳のフリーターで、昼の時間帯にも夜の時間帯にも働いてくれる、そのお店にとってありがたい存在でした。
見た目はAV女優の一之瀬すずさんにそっくりで、見た目は素朴なんですが、仕事態度も真面目な主力選手でした。

「ねぇ、すずちゃん アホ太郎は、この店で真面目に働いてる?」
「うーん、なんか仕事の要領悪くて、教えても素直に聞いてくれないのでやりづらいですねー」
「そうかー、あいつそう言う所あるもんなー 年も近いし、バイト生たちと一緒に遊びに行ったりはするのかな?」
「そう言うのは一切ないです」

ほうほう、すずちゃんは、アホ太郎とドライブに行った事実を隠そうとしてるなー もしかしたら、秘密ごとは隠すタイプなのかなー??

後日僕はすずちゃんの悩みを聞く、という体でご飯に誘いました。
彼女は、昼のオバちゃんパートたちと、夜の若いバイト生の時と、仕事のやり方が違うので順応するのが大変だとか、一人暮らしを始めてやらないといけない事が多くて大変だとか、そう言う話をしてくれました。
ですが、アホ太郎のことは一切話題に上がりません。
もしかしたら、押せばヤレるかも?と、彼女の家に上がらせて貰うように交渉しました。
悩みを聞いてくれたのでどうぞ、との事で上がらせて貰うことになりました。
そこではコーヒーを飲みながら、僕のトランプマジックなどを見せて、楽しい時を過ごしました。

「すずちゃん、彼氏はいるの? 最近エッチした?」
「彼氏はいないですねー だからエッチもずっとしてないです」

犯す確定です。アホ太郎との密事を言わないなら、僕と何かあっても誰にも言わないでしょう。
僕はすずちゃんの唇を奪っていました。かなりビックリした表情のすずちゃん、そのまま服の上から胸を触りました。サイズはAかな? かなり小さいですが、これはこれで楽しめそうです。

「うーん!うーん!」

細い体で抵抗しようとしますが、ここは男の腕力、力で押さえつけます。

「なんで、男の人って、こんなに力が強いの…」

僕は強く抱きしめつつ、服の上からブラのホックを外し、服をまくり上げました。
おお、、、 なんと美しい乳首! 元々かなりの色白だったすずちゃんは、乳首が綺麗なピンク色です。
日本人でこんな乳首の色の人もいるんですねー しかも陥没乳首なので、これは僕が吸い出してあげないといけないヤツです。

「あっ… あー… あーっ…」

乳首を吸うと、ピョコンと中から乳首が立ってきます。
何とも可愛らしい! しかも、乳首を吸ってるだけですが、なかなかいい鳴き声を上げてくれるのです。
本人も抱かれる覚悟が出来たのでしょう、抵抗する力も弱まったので、ゆっくり服を脱がせていきました。
そこには胸こそ大きさがありませんが、宝石のような色白の肌がありました。

美しい…

正直にそう思えました。
スレンダーですが、引き締まった筋肉があり、しかし女性らしい柔らかみのある皮膚に、僕の手の平は吸い込まれそうになりました。
僕は自分の服を脱ぎ、すずちゃんのズボンと下着も脱がせました。この間すずちゃんは終始無言です。
それもそうでしょう。ほとんどお互いを知らない者同士。ただ職場で週1顔を合わせるだけの関係。その相手に、望みもしないセックスを強要されようとしているのです。
僕はせめて、気持ちよくなってもらおうと、マンコを指でさすってあげました。
おや?意外にもしっとり濡れているぞ?? もしかして感じやすい体質なのか?

「ねえ、すずちゃん せっかくセックスするからさ 一緒に気持ちよくなろうね」

すずちゃんはずっと無言で、うっすらと涙を浮かべていました。
僕はすずちゃんのヒザを持ち上げ、生チンポをゆっくりと挿入していきました。

「んんんんんっっ!! んっあーーっ!」

とてつもなく大きな鳴き声を挙げてきました。やはり感じやすい体質なのかもしれません。

「んっ!あっ!んっ!あっ!んっ!あっ!」

僕の腰の振りに合わせて、リズム良く鳴き声を挙げてくれます。
それにしても、声が大きい… 時間は夜の12時を回っていたので、アパートの隣近所まで声が響いているんじゃないのか?

「すずちゃん、すごいいい声挙げてるね! そんなに気持ちいいの?」
「んっ!んっ!んっ!んっ!んっ!」

なるべく声を出すまいと我慢してる様子ですが、全然声を抑えられていません。
せっかくの半レイプなので、犯してる感じが欲しくて、バックに体位を変えました。

「んっ!!あーーんっっ!!」

バックで挿入するだけで、また大きな鳴き声を挙げてくれました。
バックで挿入すると、チンポの先に子宮口があたり、こちらもコリコリと気持ちいいです。

「あーんっ!あんっ!あーん!あんっ!あんっ!あんっ!」

すずちゃんは大声で鳴きながら、太ももにはおつゆが垂れてきました。
そして、さらに子宮口が下がってきた感覚がありました。
そろそろイクのかもしれません。
僕は側臥位の体位に変え、さらに子宮の奥深くを攻めるようにしました。

「やーんっ!やんっ!やんっ!やんっ!やんっ!あんっ!あんっ!あんっ!」
「すずちゃん、そろそろ僕イキそうだよ! すずちゃんはイク?イク?」

すずちゃんは感じすぎて、鼻頭は真っ赤に、涙も流れています。
よっぽど気持ちいいのでしょう。

「すずちゃん!イクよ!イクよ!」
「中に!中に!出して!」

えっ??中出し懇願パターン??
これは願ったり叶ったりです。
僕は奥深くに射精をしました。

ドックン!ドックン!ドックン!

かなり興奮するシチュエーションだったからか、チンポの脈動が激しいです。
ゆっくりとチンポを抜き、色白のすずちゃんの真っ赤なマンコからは、大量の精液がこぼれ落ちてきました。
すずちゃんは肩で息をし、僕は仰向けに寝転がりました。
しばらくこのままの体勢で2人、休んでいました。

「ねえ、すずちゃん 中出しが好きなの?」
「………私、初体験が中学2年の時で、男子バスケ部の先輩にレイプされたんです その時も中出しされたんですけど妊娠はしなくて それ以降、彼氏が出来て中出しされても妊娠した事ないんですよ」
「そうなんだ じゃあ今まで毎回中出しでエッチしてたの?」
「だって、外に出されたら、色々汚れるじゃないですか ティッシュで拭いたりとか 汚い感じがしてあまり触りたくないです」

ほうほう、すずちゃんは妊娠しにくい体質なのかな?? あのアホ太郎も、このノリで中出ししちゃったんだろーなー。
でも、ほとんどレイプくらいの感じでエッチした相手に、こんな話をしてこの子の頭は大丈夫なの??

この日以降、誰もセフレが捕まらない日は、すずちゃんの家に遊びに行って、半レイプでエッチをさせて貰うようになりました。
玄関で僕の顔を見ると、表情が曇るのですが、何故か家に入れてくれるのです。
関係を持った回数はさほど多くありませんでしたが、毎回中出しで、とてもいい体験になりました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ:
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7729
投稿者 (50歳 男)
掲載日 2020年9月22日
浩子は今でいうセフレだった。
でもその頃セフレなんで言葉はなかった。
やり万とか、やり友と言っていた。

その日はお通夜の帰りで、喪服を着たまま電話すると、浩子は普通にでたが、今日は女の子の日だから無理だという返事だった。
いつも浩子には、私たちはセックスだけの付き合いで、なんか嫌だなと言われていたので、その時はいいよ、顔見たいだけだからと言って、浩子のアパートに、喪服のまま出かけて行った。
浩子とは一度もコンドームを使ったセックスはしたことがなく、膣外射精ばかりだったが、その日は生理だと聞いていたので、今日こそ中出しできると、一人で計画していた。

今日の浩子はいつもと違って、セックスなしで僕と合うということで、部屋の中でも、短パンに、Tシャツという超ラフな格好でいた。
浩子は決して美人ではないが、出るとこは出て、Tシャツを着ると、おっぱいがやたら強調されて、もう僕の一物ははちきれそうになる。
これから中出しできると思うと、なおさらで、我慢汁でべとべとになっている自分が妙にいやらしい。
浩子はまさか生理中に抱かれるとは思っていないので、妙にリラックスして、僕の隣にくっついてくる。
おっぱいが腕に当たるのがいつになく多い感じがして、ますます僕の一物ははちきれそうになる。

ちょうどテレビではラブストーリー系のドラマをやっていて、浩子は熱中してみている。
その横顔あまりにセクシーなので、抱き寄せて、キスする。
浩子はキスが大好きだ。特にねっとりしたディープキスが大好きだ。唾液で唇がぬるぬるになるほど濃厚なキスをした。

そのまま、僕は浩子の胸を触り始めて、Tシャツの上から、乳首を円を描くように舐る。
浩子はたまらず声を上げ始める。
アーんだめだよ。ほしくなっちゃう、今日はだめだったらー。
と心にもない事を言う。
僕は知らんぷりして、Tシャツをたくし上げて、乳首をあまがみしながら、ショートパンツの上から、股の間をさすり上げる。

アーんだめだめ。いっぱい血が出ちゃう、生理なんだから。だめだってえー。
という浩子の声を無視して、短パンを脱がしていく。
何してるの? 今日はむりだよ!
という言葉を聞こえないふりをして、そのままショーツの中に手をさしこんでいく。
中はすでにドロドロだった。
血液と、愛液が混ざって、生臭いにおいがする。
普通ならここで、おえっときそうなのだが、欲望が先走り、そんなことはお構いなしに、血みどろの彼女の性器をかき回していく。

何するのー。ダメダメー。我慢できなくなるー!
我慢する必要ないだろう。早くしよう。
だって生理で血だらけだよ。
大丈夫、お風呂でやれば、平気だって。
もう本当にスケベなんだからあ。
だからやめられないんだろう。

そういって、二人で風呂場へふらふら歩いていく。
まず、浩子の性器をシャワーで洗い流した。
どんなに洗い流しても、血はきれいになるのだが、浩子のぬるぬるはとどまるところがない。
洗いながら我慢できなくなり、思わず自分の一物を浩子の中に、差し込む。
ひいゃーもう入れちゃったー!
という浩子の嬌声を無視して、僕は野生の本能の任せるまま、一物を猛烈な勢いで出し入れしていく。

よく見ると僕の一物は、血だらけで、そして浩子の愛液のクリーム状の白いものと混ざって、くちゃくちゃと音を出し、そして生臭いにおいを風呂場に充満させていた。
浩子とは何度も生でセックスしていたが、妊娠を恐れて、いつも外で出していた。
今夜こそ、思い切り中出しできると思うと、僕の一物はいつもより膨張して、それに合わせて、浩子も異常に感じている。
あーあ、気持ちいいい、なんでこんなに感じるの?
生理の時は特に女性器が充血しているからいつもより感じるんだってよ。
じゃあ、これからもっと生理の時にセックスしよ。
と浩子が言うので、僕は作戦成功と思いながら、今度は後ろから、思い切り打ちこんでいく。
パンパンパンという音が風呂場に響きわたり、浩子のよがり声も高くなって、隣に聞こえるのではないかという心配もあったが、自分が住んでいるわけでもないので、さらに力を入れて打ち込んで行く。

もうだめ、だめ、だめ、勘弁して。
と浩子が言うので、自分も限界を感じて、いよいよ初めて浩子の中で、出すことにする。
これ以上ないぐらいに膨張した一物は、火山の噴火のように、思い切り浩子の性器の中に、精子を爆発させた。
始めての中出しに、いつまでも続くマグマは、どく、どく、どくと脈打っている。

浩子は呆けたような顔でそれを見ている。
一物を抜き去ると、自分の精子と、浩子の愛液と、それに加えて生理の血が混ざって真っ赤になっていた。
まるで、阿部定のように、一物を切り取られたようだったが、この快感は何にも代えがたいものだった。

僕の初めての中出しは、血まみれだった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:セフレ・愛人
タグ:
投稿No.7728
投稿者 タカオ (36歳 男)
掲載日 2020年9月21日
投稿No.7706の続きです。

トモコの実家の挨拶を終えて翌日は昼前までのんびりして、それからトモの運転する軽四でドライブという事で。
「ドライブしてから送っていくね!」と出たわけですけど、まあ、ヤリたい盛りの二人がドライブなんて訳ないですよね。
ところが正月3ケ日なんてラブホも満員、今もそうなんでしょうね。
高速インター付近のいいところは見んな満員。次第に国道を田舎に向けて走るのですが、なかなか空いてません。
お昼もとうに過ぎて僕は我慢できなくなって運転するトモに右手を伸ばしてサワサワします。
「ちょっと、ちょっと、危ないから」なんていいながらもトモのまんざらでもなさそう。
とうとう川の支流に入る林道みたいな場所に入り込んで車を止めてしまいました。
車も人もいませんが、まあ、たまには通るかもってな場所ですね。
トモのスカートを開いて左手を股間に滑り込ませてショーツ上から割れ目を上下になでます。
右手はトモのトレーナーの下からブラの上から膨らみを揉みます。
そして僕の先端からは我慢汁があふれ出しジーンズが苦しくなってきます。
思わず手を離して自分のジーンズのボタンを外しファスナーを下ろし、ブリーフの上に開放します。
右手でトモの胸を触りながら、思わず自分の左手で自分をしごきます。
それを見たトモが「待って、やってあげる。誰か来たら教えてね。」というと運転席から体を捻って僕の股間に上体を伸ばします。
そして僕のサオを握ると口に冷たい刺激。トモの長い黒髪があって僕からあの部分は見えません。
以前の投稿で書いた事がありますが、トモがこれが上手で最初にヤッた時もこれから始まりました。
「ぐちゃぐちゃ、じゅるじゅる」という音が車内に響きます。遠くから国道を通る車の音が聞こえます。
僕は警戒の意味もあるので車の外をボーと見ながら、意識はあの部分にいっていました。
やがて股間の奥から爆発の兆候がし始めるとサオが限界に硬くなり、それを察知したトモが動きを強く早くします。
「トモ、あっ、だ、」と言うとトモは一瞬口を離して「いって!」というとまた咥えて動きを続けます。
僕は外を見るのも忘れてトモの頭をぐっと掴むと「ぐわっ」と声をあげ、股間が大爆発しました。
ドク!ドク!ドク!と数回の爆発がトモの口の中で起こり、トモは動きを止めるとそれを受け止めました。
カッと体が熱くなり力が抜けました。
このまましばらく何もしたくない感じですが、わき道とはいえいつ車が来たりするかも判りません。
また脱力している僕から頭を離したトモは、ダッシュボードにあったタオルを僕の股間に掛けると運転席に戻りました。
その時向こうのカーブから1台の車が現れます。僕はあわてて尻を上げてブリーフとジーンズを吐きました。
向こうの車も男女2名。こちらをチラっと見ながら通り過ぎました。あっちもなんかやってたかな?みたいな。
「あぶなかったね(笑)」と笑いながら顔を見合わせると、トモの口の中にはまだ白いものが。
だいたい飲み込んだみたいだけど少し残っていたようです。
僕は自分の放出物の残ったままブリーフとジーンズを履いたので股間が冷たくなっています。
「ちょっと口に残っちゃった」というとトモはバッグからペットボトルのお茶を出して飲みました。

「もう駅に行こうか」と僕が言ったのですが、トモが「えー、まだタカオの裸体見てないよー」と。
夕べは暗がりの中でトモの背中から繋がったので、トモがまだ物足りないようです。
その頃はまだ20代前半の二人ですから、まだまだ元気ですね。今にして思えば。(笑)
それで、そのまま県境を越えてもいいぐらいのつもりで国道を走り、東京に向かって隣の県に入ってからの川沿い通り。
ちょっと古めのホテルでしたが、ようやく空きが見つかりました。
1階の部屋はガレージに隣接して部屋があり、車を止めてボタンを押すとゲートが降りる仕組みは初めてでした。
入口には書いてありましたが、その部屋はちょっとマニアックな部屋でしたが、入ってみて「なるほど」でした。
いわゆるSとMな感じで。(笑)
僕は「えー」という感じですが、まあ空いてる部屋ですからなんでもいいでしょう。
トモは「へえー」と興味を持って見ていますので、こういう部屋の体験は初めてですが、まんざらでもなさそうです。
さっき抜いた所でお互いに汗が出てるし、僕は自分の分泌物であの周りがドロドロになってますので、とりあえずお風呂に。
お互いに洗い合っているうちにリフレッシュしてその気が出てきました。

部屋に行って、トモが手足を締めるベルトのようなものを取り出すと僕の前に。
「痛いのはヤだよね?」と聞くので「そりゃそうだね」というと「じゃ、このくらいに」と僕をベッドに寝かします。
いわゆる「されるの」は嫌いではないというかどちらかというと好きなので、言われたとおりに。
僕の手にベルトを掛けると反対側をベッドの頭のパイプに掛けます。足も同じようにベルトでベッドに掛けます。
そして、横に座って僕のサオに手を伸ばして握ると上下を始めました。
やや硬くなっていたサオはたちまち巨大化が起こり、さっきの車の中のような硬さに。
回復した僕を見ると僕に尻を向けて上に乗ると、その部分に屈みさっきの続き。あそこを咥えられ顔が動きます。
そして目の前にあったトモの尻が僕の顔の上に。ピンク色の割れ目が口に降りてきます。
電気は明るいままで、トモの茂みはあまり濃くないので、中の割れ目も良く見えます。
僕はトモの割れ目に舌を必死で伸ばして中に出し入れします。トモが「ううん」と声を出して少し尻を揺らします。
トモの割れ目から透明な粘液がじわじわと染み出してきました。
僕の先端からも透明な液が溢れ出すのが実感できます。
やがて僕の舌が疲れてきた頃、トモも尻の力が抜けて僕の顔の上にぎゅっと押し付けるようになりました。
そしてトモが体を上げると向き直り、僕を目線を合わせると「欲しい」と意地悪に微笑みます。
「うん」と言うと「さっきも出したのに?」と言うので「うん、下の口に入れてないよ」と答えます。
「じゃ」と言うので入れてくれるのかと思ったら、自分の腹で僕のサオを圧迫しながら、体の胸と胸を摺りつけます。
そして僕の胸を手で掴むと乳首を口に咥えて舌先で愛撫を始めました。
入れたいのに入れさせてもらえない僕はますます興奮して、トモに密着したサオを下から揺らしてなんとか快感を満たします。
手でトモの体を愛撫したいのですが、手を縛られているのでなにもできません。
トモは僕の上半身をあちこちを愛撫して堪能してから顔を上げて僕の口と自分の口を合わせます。長い髪がファサっと被ってきてちょっとくすぐったい。
舌と舌を絡めて愛を確かめ合います。この舌がさっき僕のアレにまとわり付いて……..なんて考えると、ますます興奮します。
僕が苦しくなってもがくと、トモは顔を離して起き上がります。
もう一度「入れたい?」と意地悪に聞くので「お願い! 入れさせて!」と言ってしまいます。
「じゃあ、仕方ないわね。」トモはそういうと僕の腰の上に膝たてになると、自分の右手で僕のサオを持って自分の目標にあわせます。
でもすぐに入れずに僕の目を見て、様子を見ています。トモの髪の毛がデコルテから胸の上にかかって、とっても色気があります。もう我慢も限界です。
「早くして!」と思わず言うと「うふふ」と笑い、僕の目を見ながら少しずつ体を下ろします。
先端が少し入った感じがします。トモの入口の襞と僕のサオの首の部分が合わさります。
その状態で止まると緩く前後に揺すって襞で首を刺激します。
僕は息が詰まりそうになって「はあはあ」と息が荒くなっているのがわかります。
「どう」と言われてももう。「はやくはやく」としか言えないでしょう。
するとトモはそこから少し下、サオの中間部分ぐらいまで体を沈めるとさっきのサオ首との間を上下に揺すります。
「ぐわー」と思わず声が出ます。「深く入れて!繋がりたい」と言いますがいう事を聞いてくれません。
可能な限りで自分の腰を持ち上げてなんとか深く入れようとして動かします。
ようやくトモは腰をドンと下ろして奥まで挿入。
ようやく二人で動きを止めてしばらく感触を堪能します。
「入ったね」とトモが言ってにっこり。
そのままじっとしていると、だんだん内部から快感が沸き起こるような気持ちになり、ジリジリと中が熱くなります。
そして、トモが自分の両手で自分のクリや胸を刺激し始めます。
腰を動かすしかできない僕は少し揺すって結合部に刺激を与えます。
トモの内部の筋肉が時々ギューっと締め付けたりグニューと歪むのがわかります。
そしてトモの中にギューっと強い締め付けが起き、トモが僕の上に倒れ掛かってきました。髪の毛が顔にかかります。
それからトモが自分の胸を僕の胸板に押し付けるようにグラインドをして自分と僕の胸を刺激します。
結合部はグルグルとかき回されています。
トモの中がギュっと狭くなり僕のサオが苦しいくらい。
トモがさっきのように僕の口に舌を入れて舌と舌を絡めます。トモの唾液が流れ込みます。
そのままじっとしていると僕を咥えたトモの入口の襞が狭くなって僕の根元をギュっと咥えます。
中の柔らかい所はやさしく締め付けてギュギュとリズムに乗って締め付けます。
僕の奥でスイッチが入り、サオが最大値まで硬く太くなった瞬間にドバーと中から爆発が起きました。
瞬間に頂点があるというよりも、放出がゆるく長く続くような変った発射でした。
トモは僕の頭を腕で抱え込み全身で抱きしめながらそれを受け止めていました。
さっき車の中で、さらには14時間ほど前にも出しているというのに、じりじりと長く続くような快感でした。

落ち着いてから二人で汗を流して触りあいましたが、さすがに復活しなかったですので、この日はそれで終わりにしました。
それなりの時間になったので車で駅に送ってもらって東京に帰りました。
この春からの就職先も決まっていましたが、それもトモのお父さんの取引先関係のコネで「数年社会で揉まれてから跡を継げ」という意味です。
なので、しばらくは遠距離なのでした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
投稿No.7727
投稿者 副店長 (41歳 男)
掲載日 2020年9月20日
店長代理として、飲食店のチェーン店を順店していた頃の話です。
当時僕は22歳で、若さも体力もあり、性欲も持て余すほど溢れていました。
ひとり、音色さんと呼ぶセフレ(投稿No.7678 参照)がいましたが、それだけでは飽き足らず、順店をするお店ごとに可愛い子はいないかと、物色をしていました。

とある順店先のお店にて、製菓専門学校に通う20歳のバイトの子がいました。
顔とスタイルは、AV女優の鈴木りりかさんにそっくりで、お客さまに対する接客も良く、そのお店の夜のバイトの主力の子でした。

ある日、仕事終わりに食事に誘うとあっさりOKを貰い、食事のあと家まで送ることになりました。
そのりりかさんの住む家はお店からごくごく近所にあり、バイトも学校も便利がいいとの事でした。

試しに、家に上がってもいい?と尋ねると、あっさりOK。
根っから本当に純粋で、人を疑うことを知らないガードが低い子のようです。
学生さんが住むアパートらしく、1DKのこじんまりとした部屋でしたが、掃除が行き届いて女の子の甘い香りがする部屋でした。

そこでは食事中に話した他愛も無い会話の続きをし、缶ビールを何本か開けたあと…

「りりかちゃんって彼氏いるんだっけ?」
「高2の彼氏がいるにはいるんですけど、別れるかビミョーなんですよねー」
「そうかー なら、僕と付き合わない? 前からりりかちゃんのこと好きだったんだよねー」
「えっ?ホントですか?私も副店長さんのこと、気になってました」

意外にも両想いだったので、このまま二人で見つめあったあと、甘いキスを交わしました。
りりかちゃんの甘い香りと、今飲んだビールの芳醇な香りが相まって、僕のチンポはギンギンになりました。
服の上からおっぱいを触ってみると、若いプリンっとした弾力と、Dカップあるサイズ感がちょうどよく、僕はしゃぶりつきたくなりました。

「りりかちゃん、いい…?」
「うん…」

ブラのホックを外し、上半身を裸にさせると、まるで処女のような小さな乳首がありました。
とても美味しそうだったので、舌で転がしてみると

「あっ、ふーん ふーんふーん」

鼻で呼吸をし、必死に声が出るのを抑えているようです。
反応がとても可愛かったので、オマンコも見たくなりました。
そのままマンぐり返しの体勢にし、ズボンとパンツを脱がせました。

「きゃっ!」

あまりの早技に、ビックリした様子のりりかちゃんは、マンぐり返しの割れ目ちゃんとお顔と同時に見れる体勢になっていました。

「副店長さん… ちょっと恥ずかしい…」
「大丈夫だよー すぐに気持ち良くなって恥ずかしくなくなるからねー」

僕はそのままマンコにしゃぶりつき、マンコの穴の中に舌をねじ込みました。

「あーんっ!! やーん!」

ちょっとおしっこの味がする、若いマンコの味です。
ヒダがちょっと色づいてますが、締まりがあって気持ち良さそうなマンコです。
マン汁も染み出し、中のマンコも綺麗な赤みを帯びてきました。
そこで僕は携帯を取り出し、このマンコの写真を撮り始めました。

「えっ? えっ??」
「りりかちゃんと僕との思い出のために、写真に残そうと思って」
「そんな所の写真って撮るものなんですか?」
「うん、仲のいいカップルとか、よくやるみたいだよー」

適当な事を言って、僕は20歳の素人マンコの写真を撮ることに成功しました。
ある程度写真を撮ると、再びキスを交わし、安心した様子のりりかちゃんは、とろ~んとした表情をしてきました。
僕はそのまま服を脱ぎ、コンドームの話などは一切せずに、生のままチンポを挿入しました。

「うっ!ふーん!」

りりかちゃんのマンコは独特の角度があり、膣圧もかなりのものがありました。

「りりかちゃんのここ、面白い感触だね」
「彼氏からも変わってる、って言われた こんな女の子は初めてだって」

あれ?彼氏って高2って言ってたよな? マンコの違いを語れるほど遊んでいる彼氏なのかー。
じゃあ、僕がりりかちゃんのこと遊んでもバチは当たらないよなー。
僕はこの膣圧マンコを正常位のままガンガン攻め立てました。

「うっ!ふーん! うっ!ふーん! あっ!ふーん!」

リズミカルに喘ぐのを抑えるりりかちゃん、とても可愛いです。
僕も普段から音色さんに鍛えられたチンポを持っているので、この膣圧マンコにも耐えることが出来ました。

「ね? 僕と付き合うと気持ちいいでしょ? このまま付き合っちゃおうよ」
「うんっ!うんっ!気持ちっいい! 副店長っさんっ、好きっ」

好きと言われたら、やる事は一つです ご褒美に中出しをしてやることに決めました。

「りりかちゃん!もうイクよ!イクよ!」
「副店長さんっ!私もっ!イク!イク!」

ビュルっビュルっビュルっ!

僕は挿入をしたまま、膣圧マンコの中に射精しました。
りりかちゃんは、恍惚とした表情のまま、激しく呼吸をしています。

僕はゆっくりとチンポを抜くと、マンコからは白濁の精液が… あれ?出てこない?
いつも、音色さんと中出しをすると、大量の精液が出てくるのですが、りりかちゃんの膣圧マンコからは出てきません。
僕は後戯のふりして、指マンをしてみましたが、精液が出てきません。
この独特の角度を持った膣圧マンコは、ブラックホールのように何でも吸い込むように出来ているのかもしれません。

僕はしばらくこの店に順店する日は、このりりかちゃんと会う事が出来る様になりました。
このりりかちゃんとのお話はまた今度。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ:
投稿No.7726
投稿者 ゆみ (44歳 女)
掲載日 2020年9月19日
投稿No.7669の続きです。

お久しぶりです。
小田君とは続いてます。
1回だけ私の自宅に来てもらってした時は物凄く興奮しましたけど、痕跡を残さないようにする後片付けが大変だったので、車の中とかラブホでしてます。
会えない日はほとんど毎日一人でしてますけど、やっぱり抱き締め合いながら、太くて長くて硬いので、熱いのをドクドク出して欲しいんです。
小田君ももう遠慮しないで最初から野獣のように襲いかかって来てくれるようになりましたが、彼に言わせると「先生に襲われる方が多い」そうです(笑)

日曜日、またカレを車で拾ってラブホに直行しました。
お部屋入ってドア閉めたところですぐにしちゃうこともありますけど、この日はまたベッドに押し倒されて無理矢理されたい、お洋服破いてもいいよってLINEでお願いしておきました。
部屋のドアを開けたら脱いだ靴も揃えないままベッドの前まで進みました。
小田君がすぐ後について来てました。
振り返った瞬間、ベッドに仰向けに押し倒されました。
「ダメ…やめて…」
無言で重なって来て唇を合わせてきたけど拒むフリをしました。
スカートの中に手が入ってきました。
もうオシッコ漏らしたみたいに濡れてます。
いつもみたいに「濡れてるね」なんて言わずに黙ったままショーツを引き下ろされました。
チノパンを脱いでる音が聞こえました。
「ね、やめて…」全く心にもないことを言ってる私…どんどん溢れてました。
笑わずにちょっと怖い表情のまま、両脚を抱えた小田君が一気に突っ込んできました。
「あぁぁっ…ダメだって…」
凄い。
今までで一番大っきく固く感じました。
カラダを重ねて後ろから回した両手で肩を強く引き下げるので、心臓の方まで届くんじゃないかと思うくらい奥まで入ってきた感じで、すぐイキそうでした。
小田くんはずっと一言も発しないまま、キスしたりオッパイにしゃぶりついたりもせずに物凄いスピードで一番浅いところから一番奥まで出し入れするんです。
これはもうダメでした。
「あぁぁぁっ…ダメダメダメっ…」
あっという間にイッちゃって腰が震えてるのに、小田君の動きは止まりません。
いつもだけどこれが凄いんです。
今までこんなのしたことないんです。
小田君が黙ったまま私が2回か3回イった後、膨らみが大っきくなってきました。
あ、出るんだ…
そう思ったら、それまでは犯されてる感じで抱きついてなかったのに、しがみついちゃいました。
意識したらクリにも物凄く当たってました。
お互いにキスもせず、上半身着たままなのも「犯されてる」感じで盛り上がって頂上が見えてきます。
「おぉぉっ…」
小田君がお部屋に入ってから初めて声を出したのと同時に私も一緒にイキました。
今日の1発目がドクドクドクドクずっと続いてるのを感じながら、唇を合わせて強く強く抱き締め合いました。
お部屋入っていきなりしちゃうのと、こういう無理矢理されちゃうのが好きになっちゃいました。

小田君の重さが心地良くてしばらくそのままふんわり抱きあってました。
横を向くと、ブラウスとスカートを着たまま大きく股を広げてるオバさんと、ポロシャツだけでお尻を出してその上に重なってる青年が鏡に映ってました。
カレの背中に回していた手をお尻に回して引き寄せました。
まだ固いままのチンポがクリに当たりました。
「ゆみちゃぁん……」
さっきまで無言で激しく突き続けてくれた小田君が甘えるような声で唇にむしゃぶりついてきます。
もう食べちゃいたいくらいかわいい。
オッパイを出そうとブラウスのボタンを外そうとして手間取ってました。
「いいよ」というと目線を合わせながら思いっきり左右に開いてボタンが飛びました。
私が大好きなのを知ってるので、ブラごと頬張って先っぽを甘噛みしてくれます。
もうそれだけでゾクゾクしてイッちゃいそうでした。
私もポロシャツの上から乳首を探り当てて摘んであげると、私に入ってるモノが動いてないけど大っきくなりました。
「ずっと黙ったまんましてくれたね。ありがとう」
「うん…あれで良かったんですか?」
「うん…すっごく良かった…」
「いつも抱き締めていろんなコト言いながらするから…緊張しちゃいました」
「なんかガマンしてくれてるのがわかって嬉しかったよ…」
「俺…笑ってなくて怖い顔してました?」
「うん…でもそれがゾクゾクしたよ(笑)」
「そうですか?ありがとうございます(笑)」
「ねぇ…もう大丈夫。いつもみたいにしよ」
「いつもみたいに?」
「うん…エッチなコトいっぱい言って」
「うん…先生もね…」
「ホントにこのチンポすごいよ…」
両脚をM字に立てて腰を持ち上げながらちょっと締めました。
「先生のオマンコだって握るみたいにキュンキュン締まるし…イク時だって激しいし」
ちょっと抜き差ししてくれる。
「そぉ?私だけじゃないと思うよ…」
「え~女性はみんなこうなんですか?」
「えぇ?わかんないけどね……ねぇ小田君がしたいコトもしてぇ…」
「じゃぁ…先生が上になって後ろに仰け反ってください…」
「う~ん…どんなんだろ?」
抱き合って繋がったまま転がって私が上になりました。
ブラウスも脱いで、スカートも頭の方から脱いで全裸になって、小田君も脱がせます。
乳首をいじったらまたムクムクしました。
言われた通り後ろに反って片手を後ろにつくと、繋がってるところが小田君からは良く見えてるはずです。
小田君のチンポが私のオマンコの中を削るようにゴリゴリ当たります。
さっき小田君が出した精液が溢れてきて、クチョクチョ音が立ってました。
「先生…自分でクリいじってイッてみて」
指示されるのもなんかいいんです。
自然に腰も上下させちゃってました。
「先生…超エロい…」
気づくと小田君がスマホを向けてます。
「やだ…撮っちゃ…」
「後で一緒に見よ。先生がイクとこ」
小田君が腰を突き上げてないのに私が自分で動いてイキそうでした。
「あぁぁ…ダメぇ…いっちゃうよ…」
「いいよ…エロい先生…自分でイッて…」
「あぁぁ…」
イッちゃってから仰け反ってた体を小田君に重ねてキスキスキス。
小田君は発射しなかったけど凄かったんです。
まだハァハァしちゃっててそのまましがみついてました。
「あぁぁ…」
スマホから流れる自分の声で気がつきました。
小田君が動画を見えるように向けてくれると、小田君の精液まみれの太いチンポがオマンコに刺さったままの私がいやらしく腰を上下に動かして、空いてる手で乳首やクリをいじってました。
「やだぁ…」
「ヤダって言ったって、これが先生だよ」
私がガクッてイッたところで終わってました。
恥ずかしいのと興奮が混じってました。

「ねぇ…私も撮る…小田君がイクとこ…」
「え~恥ずかしいですよ…」
「だって私のは撮ったじゃん…エッチなこといっぱい言って…撮るから…」
「先生も言って…」
「いいよ…」
上半身起きて片手でスマホを持って撮り始めて、反対の手でカレの乳首をつねりながら腰を動かしました。
「どぉ?気持ちいい?」
「はぁ…」
「おちんちんはどうなってるの?」
「ゆみちゃんのオマンコに入ってます…」
「今日は何発出したんだっけ?」
「まだ1回です…」
「まだって…まだ出すの?」
「はい…まだいっぱい出したいです」
「どこに?…どうやって出すの?」
「このまま…ゆみちゃんが上で…」
「上で?」
「ガンガン腰振ってイカされたいです」
「それから?」
「後ろからも…クチマンコにも…」
すっごく膨らんできてイキそうです。
「イクの?出るの?」
中を締めて前後に動きました。
「あぁぁ…先生…イックゥ…」
下から腰を突き上げてきて今日の2発目を受け止めました。
私はまだ大丈夫だったのでギュッと締めて腰を上下させました。
「あぁ…先生凄いよ…凄い…」
大声を上げたところでスマホを止めて、また上から覆い被さるように乗っかってギュッと抱き締めてキスキスキス。
(画像はお互い最後に消しました)

お互いに耳元に口を寄せてささやき合うとゾクゾクしました。
「またいっぱい出たね…すごいよ…」
「先生のも出てるからグチョグチョ…」
「小田君の凄いから壊れそうよ…(笑)」
「先生もキュンキュン締まってます」
「まだヤリたい?」
「先生だってしたいでしょ?バックからもしてないし…」
「うん…したい…違うの全然…」
「何が?」
「チンポが当たるところが…」
「アナルもクチマンコも?」
「後ろは今日はやめとく…オクチはしたいの」
「したいって…飲むの?」
「うん…熱いの飲みたい…小田君はしたいことないの?」
「また最後に帰る時に…しませんか?…」
「いいよ…小田君が出したのそのまんまで帰るの好きよ…」
またしばらくディープキスを続けて顔じゅう舐め合って二人ともヌルヌルです。
シャワーに行くことにしました。

(つづく)

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)