中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)

新着中出し体験談

コンカフェ嬢より愛をこめて  いいね!83件 
掲示板で(1)  いいね!94件 
だまされちゃいました  いいね!55件
中だし  いいね!77件
元カノ  いいね!108件
» 中出し体験談一覧へ

いいね!ベスト5

フルーチェ  いいね!5928件
RG500Γ  いいね!4273件
素人人妻みきえ  いいね!4112件
繁殖専用の孕み肉便器  いいね!3521件
性奴隷和子2  いいね!3512件
» いいね!一覧へ
投稿No.8070
投稿者 紗苗 (19歳 女)
掲載日 2021年11月11日
前回(投稿No.8057)の(3)を読んでくださった方、ありがとうございます。
こんなエロ好きの娘の日記読んでくれてる方が多くて嬉しいです。
あらためてありがとうございます。

危ない方との依頼ですが、受けることはほぼ確定というところまで進みました。
概要等を現在は話を詰めていますが、かなりハード目に希望や要望を言われていて、全て飲むと多分、破滅に近い形になるまでされるかもしれません。
ここまでスリリングだとやっぱりドキドキします。
ヤバいって分かってても興奮するのは自分でもバカだなー、と思いますが。

今回はその依頼のために訓練もかねた募集をしてきました。
今回募集に答えてくれたのは男性3人(以降、Fさん、Gさん、Hさん)です。
Fさんは34歳の普通体型、Gさんは35歳で割りと筋肉質、Hさんは37歳でやや肥満気味の大柄という方々。
打ち合わせで希望されたのは『中出し、複数の輪姦、フェラ、肉便器扱い』とのことでしたが、今回は昼にあって翌日の夜までと少し長めです。

何より、依頼を受けるに辺り必須になりそうな3人以上の複数が初体験。
そして、なんと、私にとっての一番のポイント初アナル、初2穴ということです。
ほんとにドキドキで、ついにアナルヴァージンを奪われてきました。

今回の方々もなるべくハードそうな人に募集を受けてもらってきたので依頼に近い形でできていればと思っています。

というわけで、出発前ですが初めての浣腸から。
精液はかけられても胎内に出されてもドキドキしますが、糞尿などの不潔系は違うと思いますので。
実際に自分でやってみましたが、結構キツイです。
1本分と決められた量でも全部はかなり苦しいし、お腹は下したみたいに音が鳴るしと、本当にこれであってるのかな?と思いながら苦戦してましたが、なんとか洗浄できました。

そしてお昼過ぎにHさんの自宅へ。
今回はHさんがちょっと裕福でプレイの出来る広さのご自宅ということなので、場所はHさんの自宅です。

玄関に入ると既に3人とも待っていてくれて
「待ってたよ、紗苗だね。実際見ると、いいね」
「よろしく、紗苗。俺がG」
「Fです。よろしくね。楽しみにしてたから」
「はい、紗苗です。肉便器、よろしくお願いします」

と軽く挨拶して家の中へ。
広めの居間に集めのマットがひかれていて、どうやらそこが私が肉便器にされる場所みたいで
「じゃあ全部脱いで。肉便器なら服要らないからね」
「一応言っとくと、全部脱いでから肉便器開始な。脱いだらもう後戻り無しだから」
と言われましたが勿論躊躇うことなく脱ぎました。
3人の視線が体に集めるのが嫌でも分かりました。
そのまま胸とかお尻を触り出して
「いやぁ、スタイルすごいね。写真は見たけど、やっぱ目で見て、触らないと」
「見てきた中では一番かも。いいな、勃ってきた」
「胸、しゃぶるから、動かないで」
と言われて両胸に1人ずつしゃぶりつかれて、もう1人はおまんこに指を入れたり抜いたり。

この3人の男性に体を貪られている感じがたまらなく興奮します。
何分かずっとそのまま体を貪られていて、満足したHさんから
「そろそろ、フェラいい?」
「Hさんからで、俺らは手な」
「後でしっかりしゃぶってよ」
とのことでご自宅を貸してくれてるHさんが優先のようでした。
ちなみにおちんぽの大きさはFさんが平均ちょい大きめ、Gさんは太さ普通で長め、Hさんが太くて長い、という感じ。

Hさんの前に膝立ちでフェラを始めて、両側に立っているFさん、Gさんのおちんぽを手で握ります。
「お、お、慣れてるね、フェラ。いい感じ、しっかり、舌もっと使って。あー、そうそう」
「もっと手、動かせ。汁(先走り)手のひらに塗って音立てて動かせ」
「こっちは先に指立てて、カリもなぞって」
という感じで、フェラに集中してると手でしているおちんぽの意識が薄くなるというのが、わりと難しくてAV女優さんが複数で同時にしているのはすごいな、とこのとき思いました。
そこから顔を左右に向けて、Fさんのおちんぽ、Gさんのおちんぽと、代わる代わる口に入れて舐めて、しゃぶってを繰り返します。
忙しいです。

Hさんがフェラをやめさせたのは10分くらい経ってからで、射精近かったみたいですが
「折角、中出しし放題の肉便器だしね。ザーメンはとにかく中で。ここからは本当に止めないけど、いいか?AVみたいに、浅いところじゃない、奥で思い切り中出しだけど」
「まぁ肉便器なら妊娠とか関係ないしな」
「ワンチャン孕ませるのもおけ?」
と言われて、多分本当に容赦なく中出しするから引き返すなら今だ、と言ってくれてるんだと思います。
でも、妊娠、孕ませる、って言葉が頭にずっと響いてました。

周期は気にしてますけど、ピル止めてるので中に出されれば当然危険です。
肉便器にされて妊娠させられる、肉便器として女性を使う男性に孕まされるって考えるとどんどんドキドキしてきてしまって、喉が乾いてひりつくくらいゾクゾクしてしまって
「関係ない、です。肉便器の中に、ザーメン捨てるのって、変ですか?どれだけ奥にザーメン流し込んでも、肉便器って当たり前、ですよ?」
って、気づいたら言ってました。
完全に自分を危険に追い込む台詞です。
分かってました、でも言ってしまいました。

そこから3人の空気が変わったのが分かりました。
Hさんが私の体を転がしてうつ伏せのままお尻を掴んで引き上げてバックの体勢のまま無言で挿入してきました。
乱暴に、一気に根本までです。
「ほんと、いい覚悟してるね。分かってるね、肉便器のこと」
Hさんも人が変わった感じがしました。
多分、「肉便器扱い希望の娘」から「ヌくための肉便器」に扱いが変わったんだと思います。

「ほら、出すから締めて、出るよ、ザーメン、ほら、ほら」
もともとフェラで射精間近にいってただけあってかなり早めにスパートをかけるHさん。
ぐりぐり腰を私のお尻に押し付けたまま呻き声をだして最初の中出し。
お腹の奥でぶちゅ、ぶちゅ、と熱い物が弾ける感覚と音が伝わってきて(出されてる…中で、奥の方だこれ)と思いながら私もイってしまいました。
「出るー、まともな肉便器久しぶりだから、かなり出た。ほら、2人も」
「じゃあ次俺で」
「その間口でしてね」
ということでそこから一周中出しされました。
はじめからかなりとばしてきてて使われてる感が強いのが好感触です。

あとここからが本番です。
Gさんに騎乗位で挿入されたまま体を前に倒し、後ろにHさんという体勢で
「じゃあアナル使うよ。あ、ローションは使うから、洗浄は?」
「は、い。綺麗にしてあります。あの、初めてなので、ゆっくりだと」
ローションをおちんぽに塗りつける音が後ろでする度にもうこの時点でドキドキがマックスです。
アナルにおちんぽ押し当てられるだけで心臓跳ね上がりました。
「キツいなー。押し込むから、力抜いて。ほら、入る、おら」
「ぐっ、う。う、ふぅ、ふぅ」
字にすると変だけどこんな感じで呼吸が詰まりました。
慣らすための玩具とは比べられない程の異物感と圧迫感がメリメリお腹の奥に入り込んでくる感覚です。
「おお、キツキツ、すごいね。ほんとに初めてなんだ。アナルヴァージン、僕が奪ったの、覚えておいてね」
「はっ、い。ちょっと、苦しいかも」
「大丈夫、大丈夫、動くから締めすぎないで。力抜いて」
「こっちも動かすわ。てか、ケツ入れられてよく締めるよな。ドMかよ」
激しくはありませんがおまんことアナルのおちんぽが別々にピストンされ始めました。
衝撃が強くて頭がバチバチしたのを覚えてます。

アナルを犯されてるのは気持ちいいというより異物感や圧迫感、排泄感にゾワゾワとする感じですが、何よりおまんこを犯すGさんのおちんぽと壁越しにゴリゴリ擦れるのが強烈でした。
「あっあ、待ってっ。すご、これ、やぁっ、なんか変っ、あっ、んーっ」
「うわうわ、締まる締まる。感じすぎ、落ち着きなって」
「アナルきっつ、気に入った2穴?」
「これ、口入れてもいい?3穴どう?」
「あ、咥えさせようか。3穴、肉便器似合いすぎ」
ということでFさんが目の前でおちんぽ出してきて、正直息が乱れてて少し苦しかったけれど、やや無理矢理気味に咥えさせられました。
初3穴です。
今、お尻もおまんこも口も、全部おちんぽに犯されてるって思ったらそれだけでいきなりイってしまいました。
ちょっと想像力暴走してたかも。

「あ、イった?」
「ぶるぶる震えてるけど。大丈夫かこれ」
「まぁ、気持ち良さそうだし、続けよか」
そんな状態でも3人揃って構わず動かれるとイっ勅語ということもありすごい刺激でした。
フェラをしてるFさんはともかく、GさんとHさんは射精のタイミング合わせようとしてて、Fさんが先に中に射精。
その後に何回かピストンしてHさんもアナルの中に射精されました。

「2穴いいな、やっぱ。出来る女殆どいないけど。締め付けだんち(段違い)だし」
「アナルもキツキツだから、次やってごらん。肉便器自称するだけあるよ、この娘」
おちんぽがおまんことアナルから抜かれると太ももに思い切り精液が伝う感覚が、両穴に中出しされた実感をさらに感じさせてきました。

そこからは休憩を挟みながらハメたくなった方が、次から次に体を好きなタイミングで使う、という感じに。
夜ごはんも椅子の上でGさんからの背面座位で食べさせられて、上下じゃなくて前後から挟まれて2穴もされました。

翌日も起きたのは昼頃でしたがそこから夜まで通しで犯されて、解放されたのは午後7時頃でした。
散々セックスして流石に3人とも結構疲れたと思いますが、かなり満足して貰えたみたいで、この3人とも連絡先を交換しました。
使いたい時か使われたい時に、連絡してとのことで。

今回はこんな感じでしたが、とにかくアナル、2穴、3穴が強烈の一言で、私みたいなドMには本当に堪らないプレイです。
あと、今回は3人とも肉便器扱いのプレイが素敵だったのが印象的。
今回は終わってからアフターピルを飲んだのでこの肉便器での妊娠はほぼありません。

次の肉便器がおそらく依頼の方との肉便器になると思います。
書いてて分かると思いますが一応、先方の方からの要望と決まった内容ですが
『肉便器、中出し、複数、肉便器扱い、中期間』というのがまずはあります。

多分一番ヤバいのはこの先で
『孕ませ、ハメ撮り、複数(現時点で11人集めてる)、期間が排卵日7日前~10日間、目的は孕ませること』ということです。
言われてるのは『誰の種か知らないけど間違いなく孕ませるから。覚悟しておいて』ということで間違いなく、破滅が決まっています。
それはどうなのか、と意見のある方もいると思いますし、私もあんまりな内容の依頼と思っています。
でも、それでも、ドキドキしてるし、興奮してるし、そういうレベルのドMなので。
なのでこれからは過去のお話なら書けますが暫くは身動きがとれなくなるかもです。

今回はここまでです。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー みんなの風俗体験談多数掲載!
投稿No.8069
投稿者 浩二郎 (22歳 男)
掲載日 2021年11月09日
9月の出来事。
母親の知り合いでもあるシングルマザーの典子さん宅で息子くんと遊んでたときの事。

汚れて汗まみれだったんで息子くんと一緒にお風呂入ったら突然風呂場のドアが開いて、典子さんにがっつり裸を見られてしまいました。
それで典子さんがムラムラ発情したのか風呂から上がった後、息子くんからは見えないところで触られてトランクスがぼっこり膨らんでしまい、台所でこっそりとフェラチオ。
そしてトイレに鍵をかけて典子さんから跨ってきてセックスしました。
典子さんのアソコは濡れる一方でグチュグチュ音も出てきて俺も自然と腰が動いてきて先っぽが典子さんの奥に当たってる感覚がして下から突いていたらぐんぐん膣が締まって
小声で「イキそう」って言ったら
典子さんは「いいよ、出して」と答えて
ずっぽり根元まで嵌った状態で俺のチンポが中で爆発、勢いよく射精。
少しして典子さんが立ち上がると精液がボタボタこぼれてトイレットペーパーで軽く押さえて拭いたあと典子さんはささっとトイレから出ていきました。
幸い息子くんはゲームに夢中でした。

息子くん、来年にはお兄ちゃんになるかもしれんよ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:友達・知人・同僚
タグ:
投稿No.8068
投稿者 べに (25歳 女)
掲載日 2021年11月08日
以前お付き合いしていた彼とのセックスがとても気持ち良かったので共有させて下さい。

彼と出会ったのはお互い大学2年生の頃。
違う大学だったのですが、お互い共通の友人がいたことからTwitterは繋がっていて、DMでLINEを交換して会うようになりました。
彼は私のタイプではなかったのですが、色んなところに連れて行ってくれるし話が面白くて段々と惹かれていきました。

何度か遊びに行って帰り際に告白されてから付き合い始めたのですが、盛んな時期でしたので付き合ってから最初のデートで遊んだ後ホテルに行きました。
お互い興奮していて、部屋に入ってすぐベッドに向かいました。
キスをしながらお互い服を脱がせ合って、私の下を触られた時にはもうぐちょぐちょで彼も興奮していました。
フェラを少ししたところで彼が我慢できなくなってゴムを付けて挿入。
彼のものは大きくて、私の気持ちいいところに当たるので相性がいいなと初めてのHで感じました。

正常位、対面座位、騎乗位と体位を変えながらセックスしていたのですが、私も気持ちよくて腰が止まらず騎乗位で激しく動いていたら彼が「出るっ…」と言ってそのまま射精しました。
すごく気持ちよくて、2人ともはぁはぁと興奮しながら抜きました。
そこで気付いたのですが、彼の下の毛とベッドがびしゃびしゃに濡れていたのです。
激しかったのと興奮しすぎて気付かなかったのですが、騎乗位で潮吹きしていました。
これが私の初めての潮吹きでした。

彼とは会う度にセックスをしていました。
彼の家かホテルに行ってしていたのですが、ホテルに行った時は潮吹きが見たいと部屋に置いてある電マで攻められました。

これは付き合って半年くらい経った頃です。
お互いの家が少し離れていたので私の家に送ってもらう途中、毎回どこかの駐車場に車を停めて少し話してから帰っていたのですが、その日はお互いムラムラしてしまって後部座席でキスをしてお互いのを触り合っていました。
周りに他の車が停まっていたので「見られちゃうよ?」と言うと、「移動しようか」と彼が言うのでそういうことだろうなと思い、それでまた興奮してしまいました。

彼は誰もいない暗い駐車場に車を移動させて、端の方に停めました。
また後部座席に座るとズボンのボタンを外しまだ勃ったままのものを出しました。
私がフェラをすると我慢汁がすごくて、彼もいつも以上に興奮しているのがよく分かりました。
私の下もすごく濡れていたのですが、興奮した彼はいつもより激しめに手マンをしてきて、わたしも潮吹きをしてしまいました。
彼が我慢できなくなって挿入しようとしたのですが、車にゴムは置いていなかったのでどうしよう…となりましたが、今から買いに行くのもなぁとなり、生で挿入することにしました。
お互い初めて生で入れたのですが、興奮から生挿入への不安の気持ちが掻き消されていました。
入れた途端に感じるお互いの熱が気持ち良すぎて車が揺れるくらい激しいセックスをしました。
正常位でしかできなかったのですが、彼も気持ち良さそうでいつもより早くいきそうになってました。
生だったのでお腹に射精して終わったのですが、初めての生挿入とカーセックスはすごく興奮して気持ちよかったです。

それから彼は家でもホテルでも生挿入をするようになったのですが、私も彼もお互いを好きだったし他に相手がいる訳でもなかったので許してました。

彼とは家、ホテル、車でのセックスが日常になりました。
たまたま遊びに行ったダーツ付きのネットカフェに行った日。
ダーツで遊び尽くして休憩しようと2人で入れるフラットルームに移動しました。
2人でお互い好きな漫画を読みながら飲み物を飲んで休んでいたのですが、私が彼にキスをしたら彼が止まらなくなってしまい、私の下を触ってきました。
「ここじゃ周りに聞こえちゃうからダメだよ」と言ったのですが、「こうさせたのそっちでしょ?」と言われなにも言い返せずされるがままでした。
彼のも大きくなっているのが服の上からでも分かったのでズボンを下ろしてフェラをしました。
口に出してもらおうと思っていたのですが、彼が入れたいと言ってきたので正常位ですることにしました。
この時もゴムがなかったので生でしたのですが、私達の個室の隣にも人がいたのでバレないようにゆっくり静かにセックスをしました。
私が濡れやすいせいで段々とピストンするたびにピチャピチャといやらしい音が鳴っていました。
この状況とその音に興奮した彼がいきそうになった時に、私が無意識に彼の足に私の足を絡めてしまい、いつも抜くタイミングで抜けず「おいっ、ダメだって!」と彼が小声で言ったのですがもうこのまま出してほしい気持ちになっていたので絡めた足を離しませんでした。
彼はそのまま止められず初めて中出しをされました。
彼は焦っていたのですが、抜いた途端私の穴から溢れる白い精子に興奮していました。
フラットルームの黒いマットに私の穴から垂れて広がっていく彼の精子に私も興奮してしまいました。

お互い学生だったのでこれはまずいとアフターピルを貰いに行ったのですが、これは忘れられないはじめての中出しの経験でした。

他のセックスや2度目の中出しのエピソードはまた機会があれば投稿します。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
投稿No.8067
投稿者 万菜 (22歳 女)
掲載日 2021年11月07日
はじめまして、万菜といいます。
若いと思いますが結婚して2年になりました。
旦那は29なので7つ歳上ですが、本人の仕事も安定してて、なおかつ双方の親も「孫大歓迎!」みたいな雰囲気で、なによりも旦那が子供欲しいし、私も旦那との子なら嫌なはずはない、という感じなのでほぼ満場一致で子作り開始しました。

と言っても私はまだ大学生なのでこの話が持ち上がったのは去年のことです。
「大学は卒業する!」と声を大にしたのでこの時期まで待ってもらいました。
それまではゴム着けてもらってたので旦那にはかなり我慢してもらったかも。
その頃から「子作りもそうだけど、生でしたい!」と旦那の声がすごくて、「あとちょっと!年末近づいたらいいから!」と頑張って抑え込み…

まず病院で病気とか異常はないかをチェックです。
幸いですが双方特に無しで気負いなく子作り開始です。

とはいえ知識も無しなので一先ず普段のセックスを中出しにすることにしました。
急いでもいいこと無いし、授かり物だからと思ってのことです。

多分他と少し違うのは私と旦那の体の差。
私が139cm 82/56/74と結構な小児体型。
対して旦那が184cmでジムでの体作りが趣味のひとつで筋肉結構着いてる。
なによりも相当大きくて長くて絶倫です。
今でも最初に挿入する時は頑張らないといけないくらいだし、根本まで入れられると腰がガクガクに砕けて体が痙攣するくらい奥まで届きます。
ヤバイです。
一晩で最大で16回されたこともあって、それでもわたしが「もうヤバイ!寝よ!ね!?」と押して寝かせたので。
男性って普通そんなに出来ないと聞いてますが旦那はちょっと特別かもですね。

そんな旦那が病院で検査結果を聞いた日の夜です。
もうほんとに我慢ならないって感じで夜ご飯が終わるなりベッドに引きずり込まれて

「いいよな?約束通り、子作りだし、生で中出しだからな?」
「分かってるってば。…あんまがっつかれると明日立てないんだけど」
「今夜は無理、マジで。全部世話するから全力でする」
「…えー」

という感じで始まりました。
すぐに全裸でまずは肉棒(って書くのかな)を手で触りながら舐めたり、咥えたり…って言ってもそんな口の奥まで入らないです、私だと。
それでも「気持ちいい」って言ってくれるから嬉しいけど。
いつもだと何度もするのを私が阻止するために口でヌくんですが、今回は旦那からストップが。

「出すのは万菜の中。だろ?」
「う…はーい」

この時点で私が明日は立てなくなるのが決まりました…
ということで、次は旦那から。
膣に指1本入れられて中で動かされて、解れてきたら指2本という感じ。

「もういいっ。もういいからっ」
「イっとかなくていい?」
「今からイってたら頭おかしくなりそうだし…」

イかされる前にこちらも阻止。
まずはバックでお尻向けたら旦那も息遣いあらくてよっぽど楽しみにしてたみたい。
そのままお尻掴まれて割れ目に当てて半分くらいまで一気に挿入。

「うっ…ぐっ…これ、半分くらい?」
「今半分。というか生ヤバイな。マジで万菜の中めっちゃ気持ちい。ごめん、これ止まらんかも。奥まで、一気にいくよ」
「えっ、ちょっと早いんじゃない…?」
「いや、マジで気持ちい。これブレーキ効かないかも」

初の生セックスに旦那のブレーキが壊れました。
私のお尻を思いっきり引き寄せながら腰を押し付けてきて、かなりキツかった筈なのに半ば強引に根本まで挿入。

「ぐぅっ…ほんとに奥まで入れたっ!?待って、動かれたら私がヤバイって、」
「ヤバっ、出る!」
「はいっ!?」

旦那が生への耐性が無かったようでがっつり奥まで挿入された状態でまさかの初中出し。
ゴムの時だとあんまり実感とか感覚も薄かったけど、生で中出しされると分かりますね。
射精された瞬間に「熱っ」て思うくらい。
その後膣の奥に何かが置き去りにされてる感覚がはっきり分かって

「っほんとに出てるっ。うわっうわっ、なんか、出てるの分かるよっ」
「だろっ?これめっちゃ出る!うおっ」

旦那の反応も面白くて初めての中出しに興奮しまくりで、そういう私も何だかんだでドキドキしちゃってました。
ここで書くのは恥ずかしいですが中出し中、ずっと、こう…「好き」的な声が聞こえてて何より恥ずかしかったです…嬉しいけど。

旦那曰く私の中は狭くてキツいらしく、射精を始めたらしばらく「絞られてたみたいでいい」なんて言われて、なんか私が旦那から搾ったみたいに言ってきてたり。
私が小さいのと旦那のが大きいのが原因な気がしますが。

射精終わってから肉棒を抜いて、わざわざ膣に指入れて確認とかされたときは恥ずかしくて爆発しそうでした。

「わっちょっとっ!やっ、ん、見なくていいってば!」
「いやでも、AVみたいに出てこないし、ちゃんと中に入ってるか分からないし、な」
「バカ!出てたってば!奥に出しすぎたんじゃないのっ?」

と膣に指を入れたまま少しの間ぐぽぐぽと掻き回されて、少ししてから中出しされた精液が溢れてきてお尻に伝うくすぐったさに変な声が出たり。

「お、出てきた。ほんとに万菜に中出ししたんだ、俺…」
「…恥ずかしいからしみじみ言わないでよ」
「…写真とかダメ?」
「いいわけないでしょ!?バカ言ってないでよ!」

とか言いながら、次は騎乗位でした。
多分全部書くとすごい量になるのでここからは略しますけど、この騎乗位から私は腰が抜けてました。

初の生と中出しにブレーキが壊れた旦那を舐めていたというか…
喉がかれるまで啼かされたし、立てなくなるまでハメられるし、本当に朝までしました。

数えてたのは8回までで、それ以降はされるがままに。
旦那に聞いたら一時間休憩した後も含めたら17くらい、とのこと。
確かに昼に起きて寝返りをうったらすごい量の精液が動いた瞬間に膣口から溢れてきて変な悲鳴が出ました。

「うわっ!なんか、すごい出てきてるっ!どんだけ出したのっ!」
「あ、起きたか。いやぁ、めっちゃ出た、マジで。最っ高だったー。…今からはダメ?」
「ダメ!というか、立てないよ、腰抜けて!シャワー連れてってよ!?あとお昼ごはん!」
「分かってるって」

といいつつ、お風呂場で4回も中出しされましたが…
という感じでこの日は旦那にお世話をされながら過ごしましたが、旦那はこの時のために連休を取っているらしく、強烈な連休になりました。

私もエッチは好きだけど流石に回数とか、激しさとか大きさとか、色々あって凄いスタミナを使ってしまいます。

一先ずは中出し解禁でしたが、目標は子作り
これから試行錯誤を…と思います
と旦那に伝えたところ

「妊娠分かるまで中に出せばいいんだろ?いくらでも出来るって」
「…それだと私、自分の足で歩けるのは妊娠してからにならない?」

という感じなのでこれから大変かもです。

こんな感じでしたがどうでしょうか?
セリフとかは覚えてて概ね合ってるくらいに簡略化してますけど、分かりやすければいいですが。

こんな感じでよさそうならまた投稿したいです。
よろしくお願いします。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
投稿No.8066
投稿者 マリコ (33歳 女)
掲載日 2021年11月06日
まるで磁石だ。彼を見た時にそう思った。
別に好みのタイプとか一目惚れとかそういうんじゃなかった。
でも、いつの間にか視界の端に彼がいた。
笑顔を見て可愛いなって思ったり、他の女の子と話す彼を見て妙にイラついたりした。
ヤバいヤバい、だっておじさんだし、見た目がいいわけでもない。
もちろんこんなルックスの人が好みだっていう奇跡的な人もいるかもしれないが、私がこんな人を好きになるわけがない、そう思っていた。
彼にはもう何年も付き合っている彼女がいることは知っていたし、その時、私にも彼氏とは言えないけど、月に一度は食事をし、二月に一度はセックスをする相手がいた。
その人からは「好きだよ」とか「付き合おう」とか言われたりしたけれど、なんとなくそんな気になれなかった。

ツイチのシングルマザー。潤っているか枯れているかで言えば、枯れている。
もちろん潤っていたいとは思うけれど……。
なんだか、重いんだよなぁ、彼氏彼女のポジションって。そう思っていたのに。
いつの間にか引かれていた。引かれあっていた、という方が正しいのかもしれない。
なんと言っても磁石だ。S極とN極。引かれあってこその磁石なのだ。

最初は無視をしよう、そう思って無視をしたこともあった。
彼の挨拶に気がつかないふりをして通り過ぎてみる。
わざと嫌われる態度をとってみたりもした。
悲しそうな顔をする彼を視界の端に捉えるとしめしめと思ったりもした。
彼も彼で私を露骨に避けていたりもした。
ハイハイ、そうきますか。わかってますよ、私にだけ話しかけないなんて子供じゃないんだから、逆に好きバレしちゃうのに、と余裕ぶって、私も同じように彼の前では彼に話しかけずに他の人にだけ話しかけるようにした。
目には目を、歯には歯を。そしたら私の心が騒ついた。想像以上にだ。

月に一度の食事を何度か断り、二月に一度のセックスも何度か断るとあっさりとその男は去っていった。
見た目もいいし、収入も安定している。君には私なんかじゃない、もっといい女がいるよ。なんの慰めにもならない言葉が思い浮かんで、ちょっとだけ泣いた。
後悔はない、純粋にごめんと思ったからだ。
今までどうしても開けることができなかったビンの蓋が少しだけ開いた気がした。
気がついたら仕事中なのに彼を押し倒していた。
押し倒したはずなのにひょいと持ち上げられ座らされた。
「どういう状況?」そういう彼に「あれれ」と答える。
「最初から好きでした」
彼が言った。
「私も最初から好きでした」
そう言うと目があった。そして彼と最初のセックスをした。

あれから一年が経った。私たちは磁石だと思う。
お互いに引かれあいつながるのだ。
彼とのセックスに激しさはない。肌合いが心地良いそう言った感覚。お互いがお互いを包みあっている。繋がっていることを実感することの行為だ。
そんな中、彼が時折、苦しそうな顔をすることがある。
多分それはどうにもしようのないことだ。少なくとも今の私には。
彼が、彼だけが感じることのできる苦しみだ。
「どうしたの?」
彼の顔を両手で挟み聞いた。私はここにいるよ、と伝えるために。
「ごめん、痛かった?」
彼の手が私のクリトリスを優しく触りながら、乳首を口に含んだ。
「あっ」と思わず声が漏れる。
しばらくクリトリスを触ると、彼が布団の中に潜り込もうとした。
硬くなった彼のペニスが私の太ももに触れた。
「硬くなってる」思わず笑顔になる。
布団に潜り込もうとする彼を止め、私が代わりに潜り込んで、彼のペニスを口に含んだ。彼の熱さが伝わってきた。
「今日は私の番」
そう言って彼の上に跨り、静かにペニスを私の中に挿れた。
ゆっくりと腰を動かすと、私の動きに合わせ彼がしたら動かしてくる。
あっという間に絶頂を迎えた。
そのまま後ろからもして、何度目がの絶頂を正常位で迎えそうになった時、彼のペニスが一回り硬く大きくなっているのに気がついた。
いきそうなんだな。そう思うと彼の全てを受け止めたくなった。
「いいよ、そのままきて」
私がいうと彼のピストンが激しくなる。
今日、最後の絶頂と同時に彼が私の中で射精した。
ペニスが脈打つ感じがわかる。

長い射精のあと、彼のペニスが私の中で解けていく。
「中で出しちゃったね」そう言いながら、冷静に自分の生理の日を計算するとドンピシャの危険日だと思うと満更でない気持ちになった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)