中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7856
投稿者 聡史 (26歳 男)
掲載日 2021年2月19日
投稿No.7812の続編

由香さんの会社の顧問税理士からの要望も聞いてプログラムを改良してから問題がないか確認するため、土曜日の10時頃会社を訪問すると、三人が話合っていた。
真由美さんや税理士から今のところ問題が発生していないので大丈夫だとの回答を頂き安堵した。
昼食に出前の上握り寿司を頂き、税理士の方も帰られたので、「僕もこれで失礼します」と言うと由香さんが「開発費用を受けとっていただけないので、温泉付きの会社の寮で夕食をご馳走したいのだが、時間の方は大丈夫ですか」「そんな事しなくて良いですよ」「聡史さん、由香さんの気持ちだから受けてあげて、私も一緒に行きますので」と真由美さんがぼくに話かけると「真由美さんと相談して決めてたんだけど駄目かな」「そこまで計画されていたのなら行きます」
由香さんが「それでは寮に向かいましょう」
言われ車で1時間半位で温泉街の離れの小高い丘に佇む寮に到着した。

寮は社員や家族で週末に良く利用してるとの事だった。
浴室は6人位が同時に利用出来る大きさで驚いた。
「聡史さん、浴室は、これまで男湯、女湯、家族風呂とその時の利用状況で使用しましたが、混浴は有りません」と意味深な事を由香さんが話すので「寮のお風呂で混浴は出来ないでしょう」と僕が答えると「男女で来ても何時も別々だから無いよ」と真由美さん答えてくれた。
由香さんが「これから湯船に温泉水を入れるので暫く待っててね」
15分位で十分な湯量になり「聡史さん、お風呂に入って下さい、5時過ぎに食事が来ますのでゆっくりどうぞ」「有難うござい。時間が有りますので温泉を満喫させて頂きます」「どうぞ、私達はテーブルの準備をしてますので」と由香さんが言った。
洗髪を終えて湯船に入っていると、ドアー越しに、由香さんが「聡史さん、背中を洗いましょうか」「自分で洗いますので大丈夫です」「遠慮しないで下さい」「大丈夫ですので」「分からました」
暫くして、真由美さんが「聡史さん、私達も入るけど良い」「え・・・・」と声をだすと同時にドアー開き、前も隠さず二人が入って来た。
僕のシンボルは湯船の中で即応態勢になってしまい、湯船から出る事が出来なくなり、当惑してると、由香さんが「正常な男性なら恥ずかしくないから、湯船から出なさい」
湯船から出ると、真由美さんが「こんな大きい亀頭部を見た事がないわ」
すると、由香さんが「私も、経験人数は少ないがこんなに大きいのは初めてだわ」
この時二人共、お互いに僕に挿入された事を知らなかった様だ。
「二人共、大きいバストなのでビックリしました。サイズはどれ位なの」「由香は100Hだけど」「私は100Gです」「冗談ですが、お二人のマンコに入れてみたいです」
真由美さんが「私は人妻だから無理だよ、由香さんはご主人を亡くされているからどうなの」「時々、したいと思う時も有るが行動はしてないよ、でも、真由美さんはご主人とレスだと言ってけどどうなの」「そうなんだけど、無理よ」「経験人数は何人位」
二人共、お互いの顔を見合い「由香は亡くなった主人を含めて5人、真由美さんは」「私は独身の時今の主人を含めて6人だけど、結婚後はゼロよ」「二人共、無理な様なので、拒否されると思うが、バックから2~3回位ピストンさせて欲しいよ」
暫く考え込んで、由香さんが「真由美さんどうする、混浴で挑発したのは私達だから、バックからの3回位のピストンなら、私は我慢しても良いよ」「由香さんがそこまで思っているなら、誰にも言わないと約束して頂けるなら、私も我慢するよ」「聡史さん、秘密に出来るね」「はい、約束します」「お風呂に入って綺麗に洗ってからにしてね」と言って由香さんが湯船に入ると、真由美さんも後に続いた。僕が身体を洗い終わると、二人が湯船から上がり二人共壁に手を着き「由香から挿入して」由香さんのマンコ挿入して3回ピストンして抜くと「何だか物足りない、聡史さんはどうなの」「物足りないよ、でも約束だから、今度は真由美さんに挿入するよ」「はい、お願いします」
1回目をゆっくり根元まで挿入すると「太いのが子宮口に当たるのが分かる、強く突いて」
突く度に「気持ち良い」と言い抜くと放心状態だった。
由香さんが「真由美さん大丈夫」「もっと突いて欲しいの」
僕が「後は風呂から出てから相談しよう」と声をかけて浴室を出た。

風呂から出て来た真由美さんはバスタオルを巻いたまま「このまま挿入して欲しいの」
由香さんが脱衣場から「聡史さん、真由美さんのお願いを聞いてあげて」「分かりました、前戯も無しで良いの」「直ぐ挿入して下さい」
正常位で挿入する事になり「ゴムが無いが生で挿入しても良いの」「はい、生挿入で良いです」「最後は外に出せば良いの、それとも精飲する」「どちらでも良いです、中出ししたいのならそのまま射精して下さい」「生中出ししても良いのなら、遠慮なく子宮口にかけるよ」「分かりました、そのまま射精して下さい」
挿入してピストンを開始すると直ぐに大きな喘ぎ声を出し「気持ち良い、強く奥まで突いて」
気が付くと横で由香さんが見てて「真由美さん、気持ち良い」「由香さんに悪いが、とても気持ちが良いの」「それはよかった」「でも、こんな恥ずかし姿を見られるの嫌だけど、私逝きそう」「真夜美さん遠慮なく逝って良いよ」「私だけこんなに気持ち良くなって」「真由美さん、もう限界だよ、発射しそうだよ」「良いよ出して」と言って足を腰に固定して「真由美さん、膣内射精されても良いの」「由香さん、良いの、生中出しされても」「出すよ」「出して真由美のオマンコに沢山出して」
射精が始まると「トクドク出てる、聡史さんの分身が私のあそこに」

暫くして抜いても逆流して来ないので「真由美さん、本当に出されたの」「沢山射精されたよ」と言って立ち上がり、自分で膣内に指を入れてかき出して「こんなに沢山出されたよ」とポタポタと床に白濁液が落ちた。
シンボルが回復後、由香さんをバックから挿入する事になり「私も生中出しで良いので、遠慮なく出して」
すると、真由美さんが「由香さん、私が中出しされたからと言って無理しないで」「安全日だと思うし、OCを服用してるから大丈夫だよ」
由香さんに挿入しピストンを始めると「気持ち良いです、久し振りの男根ですので、私、逝きそうです」「僕はもう少し大丈夫だよ」「気持ち良い、中に出して」
膣の締まりが直なり「由香さん、膣の締まりが強くなって来たよ」「もう駄目、沢山出して」「逝くよ、中に出すよ」「はい、来て」
射精が始まると由香さんは身震いをしていた。

暫くして抜くと大量の白濁液が床に落ちた。
それを見た真由美さんが「私の時と同じ位出たみた、私もう一度中出しして欲しい」と言われ、寮で一泊して翌朝、由香さんはは正常位で、真由美さんはバックから中出しをした。
二人から安全日に中出しで抱いて欲しい懇願され了解した。
パイパンが好きだと話したので多分次回はパイパンで来ると思う。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7840
投稿者 ゆうな (19歳 女)
掲載日 2021年1月29日
こんばんは。今日は仲の良い友達とスタバ行って、駅前で遊んできました。
友達はすっごく可愛くて、一緒に歩いてるといつもめちゃくちゃナンパされます。
私はおじさん以外怖いから怯えながらそそくさと逃げました。
友達は私としっかり手を繋いで、しつこいナンパをサラリとかわしていました。

友達はすんごい清楚系に見えてかなり遊んでいます。
経験人数は私より多いかも。
なんかお酒飲むとすぐパンツ脱いじゃうの。って笑って言ってますが、危ないですよねw

私も見た目は黒髪ロングの清楚系ロリのくせにエロいからお互いピンときてすぐに仲良しになりました。
私はおじさん専門だけど、友達は若くてもおじさんでも別にチンコついてれば良いって感じみたいです。

私たちは学生でバイト先も閉めちゃったからお金がないので、色々見るだけにしようねって言って、スタバ飲みながら見るだけショッピングしました。
あー、色々欲しかったな。

友達と一緒に私の部屋に帰って約束のネバーランド見ました。
パスタ茹でて一緒に食べて、お酒を飲みながら色々悩みを話しました。
勉強、将来、彼氏、お金、就職、友達まわり。話はつきませんでした。

そうこうしてたら、すごく仲良しのおじさんから遊ぼうってLINEが来たので、友達に許可を取ってから部屋に来て良いよ。ってなんとなく返事しました。
おじさんは秒でゴムとエナドリ沢山買って飛んできましたw
めちゃ可愛い友達にビビって玄関で固まっちゃってオドオドしてました。

友達はすっかり酔っ払っていたので、おじさんの前でパンツを脱いで「挿れたい?」って誘ってました。
おじさんは私の方を見て「え?いいの?」みたいな顔をしたから、私は怒ってトイレに閉じこもりました。
私と言うものがありながら!浮気だ!とぷんぷんしてました。
付き合ってないんだけどねw

友達とおじさんが一緒に謝ってきたから許して、三人で続きを見ました。
おじさんがもう我慢の限界みたいで、私たちのふとももをさりげなく触ってきたので、二人でおちんちんを触り返しました。
その流れでみんなでシャワー浴びて、なんとなく3Pしました。
おじさんはめちゃくちゃ興奮して大喜びして、最初に友達とゴム着でエッチして出して、まだ硬いままだったからそのまま私にも挿れました。

おじさん大興奮で、エネドリ飲みまくって「もう一回いい?」と何度も聞いてきました。
私たちは沢山可愛がってあげました。
なんだかんだ楽しくエッチしてたら、ゴム着けるの忘れちゃって、友達はどうかな?私はちゃっかり生で中出しされました。
おじさんってみんなどさくさに紛れて中出しするの得意ですよね!あれは良くないと思います。

って感じの普通?の一日でした。
みんなが帰ってしばらくたって一人で寂しいから書きました。
明日は特に家から出ないつもりなので、何もないと思います。
ヒマだったらおじさんにお願いしてお風呂の電球を替えて欲しいな。
友達に電気屋さんのおじさんがいるんですよ。テレビとDVDつないでくれたり、色々助かってます。
御礼は身体で払ってるんだけど、結構疲れるから割にあってない気が最近してます。
明日来たらチューと手コキだけで許してもらおう!wおやすみなさい!

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7836
投稿者 ゆうな (19歳 女)
掲載日 2021年1月23日
私は今19歳で看護学校で勉強してます。
将来は看護師になります。
求人は沢山あるんですが、希望の病院にはなかなか就職できなくて、みんな地元のお給料が安くてキツい病院で頑張ってます。
学校の割と近くに新しく大きくて綺麗なクリニックが出来て、そこの条件がすごく良くて先輩たちがみんなそこに行きたがってるので、友達と一緒に見学に行かせてもらいました。

施設も設備も新しくてピカピカで、看護師の白衣も可愛くてすごかったです。
お休みもお給料も多くて、友達と2人でいいなー、いいなー。って見学してました。
先生もイケメンのおじさまだらけだし、ナースさんも美人ばかりで、眩しすぎてクラクラしました。
2人で係の人に案内されながら、へーへー。すごーい!ってビックリしっぱなしでした。
そしたら、院長先生が「君たち看護学校の子?」とお声をかけてくださって、院長室で色々ありがたいお話をして頂きました。

院長先生は60代で穏やかで優しくて、頭良くてすっごいカッコ良くて友達も私もポーってしちゃいました。
「この後、ご飯連れてってあげよう」って言ってくださって、何食べたい?って聞かれたので、ゆうなは焼き鳥っていいました。
そしたら、すごく美味しいお店に連れてって下さって、院長先生のご自宅に誘って頂きました。
有名な駅前の超高級マンションの高いお部屋で、めちゃくちゃ広くてビックリしました! ゆうなの部屋の10倍くらいありました。
夜景も超綺麗で友達と二人ど見とれてました。

院長先生は私たちはまだ未成年だからってお茶を出してくれました。
先生は疲れたからちょっとシャワー浴びるねって言って、シャワーしに行かれたので、私たちはお茶を飲みながら豪華な部屋でキョロキョロしてました。
しばらくしたら、先生が「着替え忘れた」と言って濡れたままの全裸で戻ってきて、ビックリしました。

おちんちんがすっごく大きくて、なぜかビンビンに立ってて、ついガン見しちゃいました。
友達は目を逸らして見ないふりしてました。
先生は裸のままでソファに座る私と友達の間に座り「二人とも可愛いね。卒業したらうちに来る?」って言いました。
私たちは「はい!お願いします!」ってとっさに大きな声で言ってしまいました。
「いいよ。二人でおいで。約束だよ」と先生は私たちを両手で抱き寄せました。
私はもうトロンとしちゃって、何されても良いって思ったけど、友達は経験が少ないから顔を真っ赤にしてうつむいてました。
先生は私にすごくエッチなキスをしてから、優しく頭を掴んで私の口を先生の下半身に近づけました。
私はそのままお口でご奉仕をして、その間、友達も優しくキスをされてました。
私が一生懸命咥えてると、あ、あん…いや、先生ダメです…と友達がゆっくり脱がされながら胸を舐められてました。

しばらくすると先生は私の頭をポンポンして、起こすとまた長いキスをしてくれました。
先生の長い舌がいやらしく私の舌と絡み合い、もうすごかったです。
友達は私の代わりにフェラをさせられてました。
私も服を脱がされて、優しく胸を揉まれ、乳首を舐めてもらいました。
その後は二人で先生の乳首を舐めて、おちんちんにご奉仕させて頂きました。

先生は「二人は彼氏いるの?」と聞き、私はいませんと答え、友達はいます。と言いました。
そしたら先生は友達に「今日のことは内緒にしようね。できる?」と聞いて、友達がうなずいたので、おちんちんを生で友達に挿入しました。
目の前で友達がゆっくりとおちんちんを挿れられていて、頭がパニックになりました。

先生は腰を動かしながら私を抱き寄せて、耳元で「次はゆうなちゃんの番だからね」と囁き、乳首を舐めてと言われました。
友達は先生の下で苦しそうに喘いでいました。
先生のは本当に大きいから、経験がない友達は痛いみたいでした。
早く終わらせてあげたくて、私は先生がイキやすいように乳首を一生懸命舐めました。
そしたら先生は興奮した様子で友達の足を大きく広げて腰を激しく振り出し、いくよ!いくよ!出るよ!と友達にいいながら、友達の中でイキました。
友達は半分失神状態で呆然としていて、中出しされたとか分からないくらいグッタリしてました。
先生は友達に挿れたままで私にキスをして「ゆうなは朝までだよ」と言いました。
ゆっくり友達のアソコから先生のおっきなのをヌルヌルと引き抜くと、トロトロ止めどない大量の精子が出てきました。

それから、すやすや眠る友達の横で私は朝まで何回も何回もイカされ、挿れられ、ご奉仕させられ、前から後ろから、いろんなカッコで中出しされました。
先生は本当に強くて、うまくて、優しくて…ただ、おちんちんが本当に大きいので、顎とアソコが壊れちゃうって思いました。
先生が満足するまでずっと気を失いそうになりながら頑張りました。
最後の射精が終わった時にはもう空が明るかったです。
先生は「ゆうなを一目見た時から、こうしたいって思ってた」と優しく囁きながらキスしてくれました。
私も先生に抱きついてずーっとキスをしました。

その後みんなで何時間か寝て、なんか下半身に違和感を感じて、ふと目を覚ましたら先生が私のアソコを舐めててビックリしました。
それからまたセックスして中出しされて、友達ももう一回挿入されて、中出しされて。先生は性欲オバケでしたw

その後3人でシャワー浴びて、みんなで洗いっこしました。
先生が「これもナースの仕事だぞ」とか言って二人でフェラさせられました。
激しかったけど、優しかったし、なんか楽しかったねって友達と照れながら話しました。
先生にソファで脱がされたから、ブラとパンツがあちこちに散乱してて、探すのが大変でしたw

服を着替えて先生が朝ごはん作ってくれて、みんなで食べました。
その後、友達にアフターピルを渡して、飲むように言ってました。
でも、私にはくれなかったので、あれ?って思ってたら、友達を先に帰した後で「ゆうなは可愛いからまだ帰さない」と言われてそのまま夕方まで何回も何回も犯されました。
終わった時には喉カラカラ、腰ズキズキ、口とアソコはヒリヒリで死にそうでした。
先生はまだまだ元気で、ホームジムで筋トレを始めましたw

友達は先生にメロメロになっちゃって、ずーっと先生の話しばかりしてました。
私は男の人を知ってるから「ただのおもちゃくらいにしか思われてないよ」って思ったけど、友達がかわいそうだから言いませんでした。
友達は彼氏と別れて先生に告白して何回かセックスはしましたが、最後は優しく「もっと大人になったらね」と振られたと号泣してました。

でも、先生はその後も毎週、毎週私を部屋に呼んで同じことをしました。
私は嫌じゃなかったけど、友達に内緒にしてるのが悪くて罪悪感がありました。
先生は私を本当に可愛がってくれて、私が風邪気味の時はセックスしないで、至れり尽くせりの看護をしてくれて、心強かったです。
先生は本当に本当に優しかったです。

ある日、先生から突然デートに誘われて、2人で花火を見に行きました。
そこで花火を見ながらキスされて「ゆうなちゃん、順番がめちゃくちゃだけど付き合ってください」と真顔で告白されました。
私は心臓が止まるかと思いました。
告白なんかされたことないし、私みたいなゴミくずなんかには手が届かないような偉い人だし、恐れ多すぎて全力で断りました。
私なんかみたいな汚れた便器女が先生の彼女なんて絶対に釣り合わない!と先生に説明しました。
先生は「いいじゃん」と言ってくれましたが、私には夢のような話すぎて、とても受け止められなくて何度も何度もお礼を言って泣きながら走って帰りました。

連絡は何回かきて、電話ではお話したけど、先生とはそれきりお会いしてません。
先生は最後に「ゆうな、卒業して患者さんの為に立派なナースになれよ」と言ってくれました。
先生、大好きでした。本当に夢のような時間をありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7754
投稿者 副店長 (41歳 男)
掲載日 2020年10月17日
僕の親友で、無料の出会い系サイトを教えてくれた優くんと言う同級生がいるのですが、彼も僕と同じくらいの女好き 笑
彼からのお誘いで、彼のセフレと3Pをする機会がありました。

僕は彼の住む街へと向かい、車に同席。そしてセフレちゃんを拾って3人でラブホへ。
3人とも緊張で言葉も少なめです 笑

セフレちゃんは、年は21歳。AV女優の園原みかさんをポッチャリにした感じで、Gカップの胸をお持ちでした。
やはりセフレは爆乳に限りますね!

3人でラブホに入り、3人でお風呂へ。
大きめの浴槽もキツキツです。
セフレちゃんは緊張の為か、僕とは目を合わさず後ろ向きで、ずっと優くんと喋ってます。
せっかくなので、後ろからGカップの爆乳ちゃんを揉んでみる事にしました。

「あんっ!」

おおっ、21歳の爆乳のハリ! なんとも美味しそうなデザートです。
乳首を指で爪弾いてみると

「あっ、あっ、あっ」

いい声と、適度な固みの乳首で返してくれます。
さすがセフレちゃん。セックスは好きなようです。
僕はそのまま乳首遊びを続け、優くんは、セフレちゃんのマンコをいじります。

「おー、みかちゃん もうヌルヌルじゃん 2人に攻められるから、興奮してるのかな?」
「そんなことないもん……」

優くんの言葉攻めです。
このセリフから、普段の主導権は優くんにあるんだ、と確信しました。

3人でお風呂から上がりベッドへ。
みかちゃんが横になり、優くんがクンニをします。
ピチャピチャジュルジュルと、マン汁を美味しそうに吸っています。
僕はその間みかちゃんにフェラをして貰います。
首だけ横向きにしてフェラをしてもらいますが、歯が全く当たらず、舌づかいも絶妙です。
これはかなり優くんに鍛えられてますねー。

優くんは、ホテルに備え付けのコンドームを装着し、みかちゃんに挿入します。
僕はその間もフェラされたままです。

「ふんっ、ふんっ、ふんっ、ふんっ」

みかちゃんはフェラの口は離さず、鼻呼吸で喘ぎ声を出しています。

「あー、みかちゃん 気持ちいいよ!」

優くんはゴム出しでフィニッシュしたようです。
フロントに電話をして、追加のコンドームを要求しましたが無視されました。
ここからは生でセックスすることになります。

次は僕がみかちゃんとセックスです。
人のセフレと生で出来るとは贅沢です。持つべきはスケベな友人ですね 笑
優くんに先に可愛がってもらったみかちゃんのマンコ、もうトロトロです。
生で挿入すると、チンポを柔らかく包んでくれる受け入れ型マンコでした。

「私、今日ホントは生理だから、会うかどうか迷ったの」

なんだって?今日は生理だと?優くんはめっちゃクンニしてたけど、経血は出てこなかったのか?
真実はどうあれ、生理中だと言う女には、中出ししかありません。
僕のテンションは上がりまくりです。

「みかちゃん、動くよー」

僕は少しずつ腰を動かし始めました ねっとりとチンポを包み込むマンコ 最高です

「あっ!あんっ!あん!あっ!」

喘ぎ声も可愛く、色白の肌は少しずつ紅潮していきます。
しかし、他人専用マンコは気持ちいいですねー。
僕はとりあえず、優くんに感謝の意を表し、再び優くんにマンコを譲りました。

「俺、みかちゃんと生エッチは初めてだわ」

優くんは、セフレを大事にするタイプのようで、普段は必ずゴムセックスをするそうです。
今回コンドームをが無くなったので、たまたま生セックスにありつけました。

「おおっ!みかちゃん!サイコーだよ!」

優くんも、みかちゃんの生マンコに感動している様子。
そのまま外出しでフィニッシュしていました。

さて、そろそろ僕が本気を出す番です。
他人マンコに中出し出来る絶好のチャンスです。
みかちゃんにはバックの体勢になってもらい、腰を掴みながらのワンワンスタイルです。
僕はおもむろにチンポを挿入しました。

「ああん!」

バックで挿入すると、包み込むマンコはさらに奥行きが広がり、チンポの根元まで咥え込んでくれます。
そのまま激しく犯します。

「あん!あん!やん!んん!はん!」

みかちゃんは激しく喘ぎ、気持ちよさのあまりか、お尻を突き上げたまま肘を折り曲げた状態になり、僕はますます犯してる感が出てきて楽しくなってきました。
僕はそのままアナルに指を入れてみました。
すると、意外とスンナリ入ります。

「んー!お尻ー!お尻ー!」
「おっ?僕くんもお尻好きなん?そこは俺が開発してるから、やってみてもいいぞ!」

さすが優くん、やっぱり僕と同じくらいのスケベです 笑
せっかくなので、僕はみかちゃんのアナルに挿入してみました。

「ああーん!!」

角度がつくので、僕は中腰のような体勢で挿入。
しかしこのアナルはよく開発されているようで、マンコと同じくらい柔らかく包み込んでくれます。

「なあ、優くん 同時にみかちゃんを犯さないかい?」

これぞ3Pの醍醐味です。
優くんには仰向けで寝てもらい、その上に騎乗位の体勢でみかちゃんが合体。
さらにその上から僕がみかちゃんのアナルを犯します。

「んんんんっっ!! こんなの初めてーっっ!!」

同時に二穴を攻められるみかちゃんは、ビクビク痙攣しながら2人から犯されます。
僕もアナル越しに、優くんのチンポの頑張りが感じられます。
悪人の僕は、このまま優くんに中出しさせてあげようと考えました。
優くんが射精するまで僕が上から離れないようにするのです。

「あんっ、あんっ、あんっ、ふんっ」
「おい、俺、そろそろイクぞ!イクぞ!」
「僕はもうちょい、もうちょっとだ!」
「んんん!ん、あーーっ!! イッちまったー!」
「みかちゃん、生理中って言ってたから、大丈夫だよね??」
「…うん、、たぶん、、、」

優くんは、ここまでで2回フィニッシュ。僕はまだ未発です。
優くんが、一旦休憩に入り、僕は1人でみかちゃんと戦います。
アナルチンポを洗い、再びみかちゃんのマンコに挿入です。

「ん、ん、んんんっ!」

何回犯されても、まだまだ感じることのできるみかちゃん。ホントにセックス好きのようです。
僕は自分のいつものペースでガンガン攻めたてました。

「あっ!あっ!激しい!激しいよっ!」
「みかちゃん、ホント可愛いよね!どこが気持ちいいのっ?!」
「奥っ!奥っ!」

僕はマンぐり返しの体勢から、膣奥を攻めました。

「はぁ!っあ!んあっ!んっあっ!」
「みかちゃん、先にイッていいからね!」
「うんっ!イク!イク!イク!」

みかちゃんはビクン!ビクン!と痙攣をし、イッてしまったようです。
僕もそろそろフィニッシュです。

「みかちゃん!僕もイクよ!中に出していい??」
「えっ?えっ?」
「大丈夫!さっき優くんが出してるから、1回も2回も一緒だよ!」
「あん!あんっ!あんっ!」
「みかちゃん!イクよ!!」

ドプン!ドプン!ドプン……

他人マンコに中出しです。
この悪行に僕は興奮しまくり、精液はかなりの量が出たようです。
ゆっくりとチンポを抜いてみると、半透明の白濁液がベッドに水たまりを作ります。
2人分の精液と、みかちゃんのマン汁がかなりの量が出ているようです。

この後優くんも復活し、どさくさで優くんも中出し。
結局2人で9発中出しをして、この日のパーティーは終わりました。

またこういう機会があれば、やってみたいものです。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7674
投稿者 しんぴ (27歳 男)
掲載日 2020年7月16日
投稿No.7516の続きです。

かなり久しぶりの投稿になってしまいました。
会社の後輩であり、ソープ嬢のまゆ(当時23歳)との結婚を決めた私(当時25歳)の私ですが、なっちゃん(当時45歳)も妻とすることを決めた後にあい(当時25歳)とも成人式以来の中出しセックスで3人目の妻となりました。
今回はそんな3人で住み始めて少し経った時の話です。

仕事柄平日休みが多い私なのですが、休みがよく合うのは看護師をしているあいです。
シフト制なので出来るだけ私に合わせているそうです。
なので平日休みで合うとあいと昼間から中出しセックスをしています。

まゆは土日休みで土日どっちかでソープ嬢として働くので、ソープ終わりに抱いて中出しセックスします。
あとは同じ会社という利点を使って仕事中にこっそりとすることも時々あります笑

なっちゃんは保育関連の仕事をしているので基本的に土日休みなので、早く帰った平日や土日の外出中にこっそり帰宅して中出しセックスをしています。

比率的には
あい:まゆ:なっちゃん=6:3:1
くらいの比率で中出しをしています。

今回はその中でついに念願が叶った体験談です。

その日は平日休みということもあり、部屋でのんびりとしていました。
久々の一人ということもあり、家のことを色々したり、身体を休めたりしていた。

夕方頃になっちゃんが帰ってきて早めのお風呂に入ります。
「しんちゃんも一緒に入ろ!!」とかわいい顔で誘ってきます。
一緒にお風呂に入って、イチャイチャしていると息子が…笑
それに気づいたなっちゃんが「こっちも綺麗にしてあげるね!!」とお風呂でフェラをしてきます。
「すごいおっきい!!もうここに入れて欲しい…」となっちゃんがお尻を突き出します。
既にびしゃびしゃのおまんこへ息子をお邪魔します。
「しんちゃんの入ってきた!!」と嬉しそうななっちゃんとお風呂で激しく腰を振ります。
「そんなに腰振ったら気持ち良くて逝っちゃうよ!!」とかわいい声をお風呂で響かせています。
少し溜まっていたのもあり、いきそうになっているとなっちゃんが「このまま中に出して////」といい、遠慮なく中に注ぎ込みます。
少しお風呂でイチャイチャしているとなっちゃんが「やっぱりしんちゃんとのエッチ気持ちいい!!ピルやめたら一段と気持ち良くなっちゃった!!」とエッチなことを言ってくれます。
お風呂を上がろうとするとキスをしてきて、「お風呂上がったらもう一回しよ…?」と誘ってきます。

その言葉の通りお風呂から上がるとベッドに直行です。
どうせまた服を脱ぐのでお互いタオルだけの状態でしたが、なっちゃんが腰回りのタオルを剥がして息子をフェラしてきます。
「またおっきい!! 私のおまんこで気持ち良くなってね!!」と息子に挨拶してきます。
なっちゃんの娘にも挨拶の愛撫をしてお互いに気持ちの高まったところで正常位で挿入です。
「また入ってきたよ!! 私のおまんこの大好物!!」
「しんちゃん好き!!」と腰に足を絡めて、楽しんでいると…

「あー!! ママしんちゃんとエッチしてるの!今日は私もしたかったのに!!」
とあいが仕事から帰ってきてちょっと怒り気味で迫ってきます。
「私もしんちゃんとエッチしたい!!」とかえって早々服を脱ぎ始めました。
突然の親子どんぶりが実現しました。
そんなあいにたじろいているとなっちゃんが潤んだ眼で
「続き…しよ?」と誘ってきます。
そんななっちゃんに負けて腰を振り始めます。
かわいく鳴くなっちゃんがさらに脚を絡めてきます。
「しんちゃん…中に出して////私のおまんこにいっぱい注いで!!」
「いいの?ピルしてないから赤ちゃんできちゃうかもよ?」
「最近しんちゃんとの赤ちゃんほしくなっちゃったの!! 子宮に注いで孕ませて!!」
その言葉を聞いてなっちゃんを孕ませるために腰を振り、なっちゃんの中に思いきり出しました。
逝った後も「しんちゃんのおちんちんで栓してて///」と離してくれません。

やっと離してもらうとあいが迫ってきます。
「私もしんちゃんの赤ちゃん欲しい!!」
となっちゃんおまんこから抜いたばかりの息子をフェラしてきます。
「しんちゃんとママが中出しエッチしてるの見ながらオナニーしてたからもうびちゃびちゃだよ?」
とあいは脚を広げておねだりポーズをしてきます。
そのままあいのおまんこへ挿入します。
「しんちゃんの来た!! すっごく欲しかった////」
となっちゃんに負けずかわいい声で鳴きます。
感じるところも遺伝するのでしょうか、奥に当たるのが好きらしく、自ら腰を振って求めてきます。
「おく…おまんこの奥コンコンされるの好き////」
と腰に脚を絡めて求めてきます。
逝きそうになっているとあいから「いいよ…私も中に出して///赤ちゃん孕ませて///」と誘ってきます。
こうなったら親子で孕ませてやる!! と言わんばかりに腰を振り、あいにも中出しをします。
あいは嬉しそうに「赤ちゃんできるといいなあ!!」と言っていました。

あいとの中出しセックスも終わり、これで終わりかな?と思うとなっちゃんがキスをしてきます。
「もう一回子作りセックスしよ?」と誘惑してきます。
あいとの愛液が混ざった息子をフェラして元気にさせようとしています。
「しんちゃんとあいちゃんの子作りセックス見てたら嫉妬しちゃった。今度は私を孕ませて!!」
といい、騎乗位で跨ってきます。
「4回目なのにまだ大きい?このおちんちん好き///」と上にまたがり、気持ちよさそうに腰を振ります。
なっちゃんが私を求めてきているのがすごくわかります。
その後バックでもなっちゃんを楽しみ、正常位に体位を変えます。
正常位でなっちゃんを楽しんでいると中出ししてほしそうに脚を絡めてきます。
「どこに出してほしい?」と聞くと
「中に出してほしい!! なつみの子宮にいっぱい注いで孕ませて////」
と要求してきたので、なっちゃんには3度目の中出しです。

終わった後になっちゃんとあいでお掃除フェラをしてくれたのは興奮しました!
「エッチな親子だけどこれからもよろしくね!!」
といい、そのあとも3人でイチャイチャしていました。

そしてこの孕ませ親子丼セックスが効いたのか、妊娠しました…なっちゃんが。
続きはまた次回にします。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ: , ,
1 2 3 4 5 6 12
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)