中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7927
投稿者 たく (44歳 男)
掲載日 2021年5月25日
深夜出会いアプリで20歳のゆいと盛り上がり、「なんか遊びに出たい」との事なのでドライブをすることになった。
待ち合わせ場所は、車で30分程先の小学校の前。
とりあえず車を走らせて待ち合わせ場所に到着した。

正直、こっちはヤル気満々で、ドキドキしながら待ってると、程よい肉付きの女の子がジャージ&パーカーで、フードを被りながら歩いてきた。ゆいだ!
とりあえず助手席に乗せたあと、
俺 「車の中やから、フードを取ろうよ。」
ゆい「僕、昔柔道もやってたしデブスやから恥ずい」
そう言いながら、恥ずかしそうにフードを取った。
見てみると、黒髪のセミロングの中村静香っぽい可愛らしい顔立ちの子で、なぜ自信がない理由がよくわからない感じの子だった。
俺 「ちょっと自分に厳しすぎるやろ笑」
ゆい「俺さん、頭おかしいよ笑」
といいながら、恥ずかしそうにまたパーカーを被ってしまった。
とりあえず、そこには触れず、たわいもない話をしながら車を走らせる。
走らせながら身体を見ると、決して細い部類ではないが普通体形の中、若さゆえの綺麗な唇となかなかタワワな胸を確認する事ができた。

深夜のため人通りが少ない道を5分ほど走らせ、信号で止まった際に、顔を覗きこみつつ、
俺 「ほら、かわいい顔見えないやん」
って言いながら、キスし舌を入れてみると、ゆいは驚いたようになりながらも、舌を絡めてきた。
一通り舌を味わった後、唇を離すとすっかりメスの顔をしながら
ゆい「はぁはぁ、俺さんどうしたんですか~。。。」
と可愛く聞いてきた。
俺 「可愛いから、俺のにしたくてね」
といいながら、今度は胸を触りながらまたキス。
ゆいは、「おかしいんちゃう?デブスやのに」「柔道してた僕っ子のどこに魅力あんのさ」など、何気に萌える言葉で言い返してきた。
なので、とりあえず黙らせる事に。
俺 「僕っ子は、どう思ってるの?」
と言いながら、ジャージの中に手を突っ込んでみると、そこはもうパンティの布越しにもわかるくらいびしょびしょ。
俺 「出会って5分の奴にキスされて、胸触られて、割れ目触られてんのに、受け入れる気満々やん笑」
ゆい「はぁ、んな事ないよ。俺さんの、はぁはぁ気のせいやから…」
もうその頃には、ゆいはされるがまま。
ずっとゆいの身体を触り続け、信号の度にキス。
ホテルに着く頃には、車が止まる度に、ゆいからキスをしてくるようにもなりました。

ずっと、触っていたためか、ホテルに着いてゆいのジャージを見てみると、お漏らししたような染みが。
それが恥ずかしいのか、僕っ子のくせにずっと、しがみついています。
部屋に入るとすぐにディープキス。
もうキスだけでフラフラになってます。
俺も我慢できなかったので、ベットに腰掛け、
俺 「ご奉仕しろよ。」
と促すと、ゆいは大人しく「はぁい」と言って、床に正座をしてシャブリ始めました。
女を征服した感がある、最高の眺めです。
頭を撫でてると一向にやめる気配もないので、
俺 「おいで、いっぱい抱いてやる」
よくよく見ると、確かに細くはないけど可愛い女の子です。
脚は若い子特有のズングリ感はあるものの、毛の薄い股間、形のいい柔らかいEカップの胸にピンクの乳首、白く綺麗な肌。
出会い系なので、一夜のことかも知れないので、満喫する事にしました。

キスしながらの胸揉み、乳首を吸いながらのクリ弄り、69、いろんな場所へのキスマーク、とにかく愛撫する度にゆいがビクンとするのが可愛いくて、しばらくゆいを虐めてました。
すると
ゆい「入れないの?やっぱデブスやし?」
俺 「僕っ子はメスやって自覚してもらわなあかんしな」
ゆい「もう自覚してるよ。俺さんの前では。」
俺 「すっかり俺のやな笑」
そう言われて、俺も限界だったので、チンポの先で割れ目を何度かコスった後、ゆっくり挿入。
ゆい「き…気持ちいいよ。僕おかしくなるよ。。」
ちょっとキツイ感じだったが、マン汁のおかげでスムースに入った。
奥まで入れて、腰を押しつけぎらしばらく停止。
俺 「ゆいの中、俺の形に馴染ませてやるよ」
そこからゆっくりグラインド開始した。
ゆいは、なかなかの名器で吸い付いてくる感じが気持ちいい。
ただ、しばらくすると案の定潮を噴いたみたいみたいで、俺の腰回りはビショビショになった。

俺 「潮吹いてるやん。お漏らし僕っ子やな」
ゆい「ごめんなさい。恥ずかしいよ。」
俺 「ええよ。ゆいの弱み握ったし笑」
ゆい「そんなだけじゃ、僕は堕ちないよ…あ。。。」
生意気な事を言ったので、ポルチオ責めに変更。
ゆいは「やぁぁぁ~!変になるよ」とかなり取り乱し始めた。
こうなると、女の膣はどんどん絞り出そうと吸い付いてくる。
俺もだいぶ気持ちよくなったので、
俺 「ゆい、お前の奥に子種出すからな」と言うと
ゆい「中に出さないなら、ゴムつけろって」とのこと。
子宮口に押し当てながら、溜まりに溜まったものを流し込みました。
それに気づいたのかゆいマンコも絞り出そうとしてきます。

腰を押しつけたまま余韻に浸ってると、放心状態のゆいが
ゆい「僕に種付けしちゃったね」
の甘い顔をしながらキスしてきました。

結局、次の日の夜までホテルに滞在し、目が覚める度に中出しエッチするという、部活エッチを満喫。
すっかり、ゆいを女の身体に仕上げて返しました。

話を聞くと、過去は経験は1回だけで、ゆいは僕っ子だから彼氏は作らない主義とのことで、
ゆい「基本僕っ子やから、ゆいは俺さん専用」
とのことらしい。
よくわからんけど、いいセフレができました笑

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7919
投稿者 k (36歳 男)
掲載日 2021年5月11日
日曜も仕事の私は疲れを癒すべく銭湯へ。
閉店間際に行き女将さんに「いつも遅くにすいません」と言うと女将さんが「気にしなくていいのよ、ゆっくりしていってね!」と、笑顔で言ってくれた。
そして「でも掃除しないといけないから、ちょっとガサガサするけど遠慮しないでね。」と…。
体洗ってる横で床掃除されては何とも落ち着かなかったが(苦笑)

急ぎ身体洗い湯船に浸かろうとすると、女将さんが私の身体(下半身)を明らかに見てる…そして目が合い…何か言いたそうだったので、「どうしたんですか?」と敢えて聞いてみた。
女将さん少し笑いながら「お兄ちゃん、あの奥さんとエッチしてるだってねぇ~!奥さんから聞いたわよ!」と…。
私は「え?(汗)」と焦る。
女将さん曰く前から「番台で私と喋ってるのに目線はお兄ちゃんの方イッてたもの!まぁココはお爺さんばかりだから、お兄ちゃんみたいの子居れば目立つけどね(笑)」と言われた。
男もそうだけど女の人もやっぱり若い方が良いのかな(笑)

入浴後即メールしたら即返事が返ってきた。
「え?女将さん…内緒って言ったのに!」と、明らかに焦ってる。
イタズラに「今からヤれない?」とメールすると「今日は旦那居てるから無理」と。
私は「仕方ないね、ムラムラして我慢できんから女将さんにお願いしよっかな(¬_¬)」と送ると、すぐにやってきた(笑)

申し訳なさそうに来たの(しかも急遽来た)にも関わらず、下着は透け透けのセクシーなモノを…乳首もオメコの毛も丸見え(笑)用意周到(笑)
そのやる気マンマンに応えいつも以上に激しくピストン。
大声で「ああん!!すごいっ!!ああん!ああん!あー!!ダメっイクーー!!」と潮吹き逝く。と同時に膣の一番奥で射精。
閉経してるけど妊娠しろ!!と言わんばかり撃ち込んだ。

またこの事女将さんに言うのかな?(笑)

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:セフレ・愛人
投稿No.7916
投稿者 k (36歳 男)
掲載日 2021年5月08日
私は家に風呂はあるけど、趣味で会社帰りに色んな銭湯に通っている。
数年前からお気に入りの銭湯に通い週末にリフレッシュしてる。
いつも同じ時間帯に行くので、一人の女性といつも同時ぐらいに入る。
私の方が少し早く脱ぎ始める頃にその女性が来て、何回か番台から目が合っていた。(もちろん裸は見られている)
帰りにその女性と同時になった時、声を掛けてきた。
気さくな人何度か話してる間に仲良くなり、私が「汚い裸見せてしまってすいません」と言うと、「私こそごめんね…でもお兄さんの見てちょっと興奮したりして笑」と…
熟女好きな私は思いきって、「お姉さんのも見てみたいなぁ」と冗談風に言うと、「えーこんなおばさんの裸見ても興奮しないでしょ!」と言う。
私が「全然お綺麗ですよ!スタイルも良いし!胸おっきいし綺麗ですよね!」と、とにかく褒めまくったら、彼女もその気になり、何度か食事行った後遂にホテルへ。

歳を聞くと56歳(40代と思ってた)今までの熟女セフレでも最高齢(笑)
エロ漫画に出てくるような巨乳に巨尻。私のモロ好み(笑)
おっぱいはやはりかなり垂れてて(汗)乳輪もバカデカく恥ずかしがってたけど、熟女らしい垂れ乳に興奮。
ご主人とは10年以上レスらしく、「久しぶりのエッチで…しかもこんな若い人と…嬉しい」と言う。
愛撫しオメコに手をやると既に大洪水(笑)
わざとじらすと「早く欲しい」とおねだり。
本当に挿れていいかと聞くと、私の裸を思い出してずっとオナニーしてたらしく(50過ぎたおばさんでもオナニーするんだ)ずっと欲しかったみたい(笑)
挿れるとびしょ濡れながらも中々の締まり具合!(嫁より良いオメコ)悲鳴に思える程の喘ぎ声。
私も興奮し絶頂、閉経してるので遠慮なく中に撃ちこんだ。
久しぶりに一晩で3回撃った。

正直今他の熟女さんのセフレ居てるけど、この熟女さんはスタイルもオメコも最高。
彼女も気に入ってくれたので、長い付き合いになりそう?かな。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:セフレ・愛人
投稿No.7909
投稿者 進一 (30歳 男)
掲載日 2021年4月27日
大学時代の話。

バイト先の食品工場のパートおばちゃんに誘惑されて正直あんまし乗り気じゃない状態でそのままバイト終わりにおばちゃんの車でラブホ行ったんだけど、おばちゃんのくせに脱いだらめちゃ濡れててそれみて興奮してフル勃起。
「今日、いいよ、今日、大丈夫だから」と言われ、中、熱くて締まり良くて根元から竿、亀頭まで肉に包まれてる感じ。
奥を突くと「んあw、んあぁww」と喘いでキュッキュッ膣の締まりが増す。
とんでもない名器。。。
そんな魔物の肉壺にかなうわけもなく
『あっ、、あ、イク、イク!』とおばちゃんの膣内に思いっきり種付け。
するとまだ搾り取るかのようにおばちゃんのマンコが動く。
敏感な俺のチンポを更に刺激してイった後も挿しっぱなしで動けず。

しばらくしておばちゃんとカラダが離れるとドロリと種付けした精子が漏れておばちゃん、それを指ですくって
「あぁん、、ん~、、気持ちいいぃ。。。」と余韻に浸る。

工場ではパート同士の派閥みたいなもんがあって元々俺はそのおばちゃんとは違うラインで仕事してたんだけどその一件以降、俺は完全におばちゃんの傘下に入って内通者として協力してました笑
月に1~2度、「この後、ご飯いこうよ」が合図で仕事終わり、汗臭いままおばちゃんの車でラブホ行ってました笑

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7843
投稿者 ゆうな (18歳 女)
掲載日 2021年2月01日
18歳の誕生日はおじさんとラブホでセックスしてた。
家出の時にお世話になったおじさんがお祝いしてくれるってなって、一緒にご飯食べてドライブして、豪華なラブホでジャグジー入って、カラオケして一緒にAV見て勉強してから朝までエッチした。

おじさんとは出会い系で出会った。
おじさんには妻子がいる。
私はただのセフレ?パパ活?みたいな感じ。
お金は貰わないけど、ご飯奢ってもらったり、家が無いとき泊めて貰ったり、色々助けてくれたからお礼にエッチしてる感じの友達。
私はおじさんのことを「おいちゃん」と呼んで、おいちゃんは私のことを「ニャンちゃん」と呼ぶ。私は猫に似てるらしい。

私はおいちゃんの前に座り、後ろからハグされた格好でAVを何本も見てた。
次第においちゃんがムラムラしてきてバスローブの隙間から手を差し込んできて、私のおっぱいを優しく下から支えるように持ち上げながら揉みしだき始めた。
指先がわざとかたまたまか、微かに私の小さな乳首に触れるたびに身体がビクってして「んっ…! あっ…!」と声が出た。

両手の親指と人差し指で優しく摘まれたり、コリコリされたりして弄ばれた私はたまらなくなり、乳首でイッてしまった。
「イッちゃった…」と振り返っておいちゃんに言うと、優しくキスされて片手はおっぱいをモミモミ、右手はするするとお腹を這って太ももをさわさわした後、アソコに下りる。
筋をなぞられながらほぐされ、ヌレヌレの愛液を指先につけながらクリをいやらしくヌルヌルといじられる。
指先から指の腹までゆーっくり何往復も嬲られながら私はまた絶頂に達した。
腰がガクガクして背中に電気が走るような快感。

左手は休まずに乳首を優しく摘み、右手は私のクリを指先でツンツンしたり、優しく指で転がしたり、いやらしく弄んだ。
私はその快感に抗えず、大きな声で「あっ!あっ!ダメダメダメ!もうイク!イッちゃう!ああっ!!…」と叫び、おじさんの腕を爪を立てて握りしめながら果てた。

ピクピク痙攣が止まらない。イキ過ぎて乳首の先っちょとクリがジンジンする。もうダメ。動けない…おじさんは満足げに私を見下ろし、ニヤニヤしてた。
「今度は舐めてあげる…」と言うと私の股の間に顔を埋め、最初はゆっくり、段々リズムをつけてクリを中心に穴の入り口を丁寧に舐めてくれた。
お尻の穴とアソコにも指を入れられて恥ずかしめられながら、クリを激しく舐められた。
すごく気持ちいい。
「あっ、あん!あん!ダメダメ、またイク!!…あっっ…!!」
涙とよだれを垂らしながら私は連続でイカされた。
イッてもイッてもおじさんは許してくれない。

もう、本当に失神しそうで意識が朦朧とするくらい限界までイカされて身体に力が入らない。
ぐったりした私の脚を抱えて大きく股を拡げて、おいちゃんは生のおちんちんをゆっくり私の中に挿入した。
もう、何をされても抵抗できない。
されるがままにおちんちんを出し入れされる。
ぬっちゃ、ぬっちゃ、グジュグジュ、パンパンパン…おいちゃんと私の生の性器がいやらしく絡み合って、色んな卑猥な音が部屋中に響き渡る。
私はもう目と口半開きでヨダレを垂らしながら、奥を肉棒で突かれる度に「あっ、あ、あ、あ、あんっ!」と声が自然に出る肉人形みたいになっていた。
もう気持ち良過ぎて、このまま死んでも良いって思えた。

おいちゃんの腰の動きが激しくなる。
パンパンパンパンパンパン!
「ゆうなイク!イク!中に出すよ!いいよね!?中出しするよ!ゆうな愛してる!!出すよ!!」
おいちゃんが叫ぶ。中出しダメだけど、もう争う力も理性もない。
「あ。ヤバい…あ、またイク、イク!イク!おいちゃん、一緒にイキたい!あ、あ!あん!あっ…!!おいちゃ…あっ!!」

正常位で強く抱きしめられ、一番奥まで突っ込まれた瞬間に私は完全にイッた。
おいちゃんも我慢できずに私がイッた直後にビュッ!ビュッ!ってすごい量の熱いザーメンを私の膣奥に出した。
「おいちゃん好きぃ…」
もうメロメロにされて、わたしからキスをせがんだ。
しばらく挿れたまま抱き合って舌を絡ませながらキスをした。

わたしはずっとこのままが良かったのに、10分くらいしたらおいちゃんがオシッコしたくなって、おちんちんをゆっくり抜いてトイレに行った。
アソコからは無限に精子が溢れ出てきて、ビックリした。
おいちゃんがトイレから戻ってきてもまだ止まらないくらいトロトロ出てくる。
わたしが「赤ちゃんできちゃうよぉ…」と困り顔で言うと、おいちゃんのおちんちんがまだギンギンになって、2回戦が始まった…今度は四つん這いで後ろから最初から激しく突かれまくった。

思う存分にセックスして、愛し合って、身体を洗いっこして朝ごはん食べてからバイバイした。
歩く度にまだ垂れてくる精子が風に当たって冷たい。
帰りの電車で痴漢にアソコを散々弄ばれてパンツがお漏らししたみたいにびしょ濡れになって気持ち悪かった。
駅のトイレでパンツを捨ててノーパンで電車を乗り換えたら、また別の痴漢に指で性器を犯された。
歩けないくらいイカされたから、最寄り駅のベンチでボーっとしばらく休憩してから部屋に帰った。
濃厚な18歳の始まりだった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:セフレ・愛人
1 2 3 4 5 6 12
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)