中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7481
投稿者 やりすぎ (20歳 男)
掲載日 2019年10月08日
投稿No.7479の続き

金曜日夕方五時頃、ミっちゃん先生が巡回から帰ってきました。
「あら、所長は。」
「まだ帰ってきません。6時すぎになるらしいです。」
「じゃぁ、私先に帰るけど、明日来れないんで言っといてくれる。それから所長帰ってくるまで直君挿れてくれない。」
そう言って事務所でパンティ脱ぎだしました。
「いいですよ」

勃起させて立ちバックで挿れてあげました。
濡れてないのでゆっくりと挿れました。
すぐに濡れてきたのでピストンスピードを上げました。
所長もミっちゃん先生もけっこうおケツ大きいです。
「あーん、気持ちいいいいん。イキたいの。もっと早く突いて。」
高速で突いてあげました。
すぐにミっちゃん先生はイっちゃいました。
僕がまだイってないのでそのまま突きまくり、ミっちゃん先生は潮吹いちゃいました。

すぐに帰っていきましたが、満足してくれたかなぁ。

入れ替えで、レイさんが巡回から帰ってきましたが、そのことを伝えると
「ウフフ、直君独占ね。それより、直君出してないんでしょ。」
即フェラしてくれました。
「直君好きよ」
「今度は私が潮吹かせてあげるね。」
手とマンコと口とアナルで射精しまくり。
チンポ爆発しそうで、とうとう吹かされました。

今、土曜日のお昼前ですが、今度はぼくがレイさんを失神させることを約束したので、このあと楽しみです。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7479
投稿者 やりすぎ (20歳 男)
掲載日 2019年10月06日
投稿No.7472の続き

土曜日は、ミっちゃん先生の帰宅時間がせまってきたので、レイさんと二人で責めまくりました。
背面座位で、下から高速で突き上げてあげました。
レイさんはミっちゃん先生のクリをしげきし、乳首を吸ってあげてました。
ミっちゃん先生は、すぐにイっちゃいました。

そのままバックに体位を変えて爆ピストン。
マンコとチンポは白濁したマン汁で糸引きながら垂れてました。
チンポを抜くとミっちゃん先生は痙攣してました。
しばらく痙攣がおさまらず、快楽にしたってました。

夕方、ミっちゃん先生は帰っていきました。
僕は出さずに我慢してたので、レイさんに流しこもうと立ちバックで、超爆ピストン。
甘い声で、
「直君の精子ほちいのー、」
そう言ってイっちゃいました。
それでも容赦なく突きまくって子宮ストライクゾーンめがけて発射しました。
グチョグチョ音たてながらゆっくりとピストンし余韻をたのしみました。
レイさんはクビスジから体全体赤く保てってました。

もう僕も限界かもです。
そのまま僕たちは朝までねちゃいました。

今水曜日に投稿してます。
1発発射しただけですが、レイさんは少し不満そうです。
あっ、レイさんとかわります。

レイです。
年がいもなく若い子のセックスに溺れてまーす。
若い子のチンチンって最高ね。
もっともっとセックスしようね。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7472
投稿者 やりすぎ (20歳 男)
掲載日 2019年9月29日
高校卒業後、こちらの事務所に入社して2年。
と言っても所長と妹さんと僕の3人の職場です。
事務所の二階が所長の自宅で僕は間借りさせてもらってます。
所長のレイさんに、童貞奪われてからいままで、セックスの日々です。

ちなみにレイさんは、50才。
妹のミっちゃん先生は45才です。

朝起きて、レイさんと1発射精してから一階の事務所でお仕事です。
レイさんは独身で、ミっちゃん先生は結婚してます。
朝以外では月水金土がセックスの日と決めてます。
特に金曜日の夜から土曜日にかけてエンドレスです。
なぜか土曜日にミっちゃん先生が乱入してきて3Pでヤリまくりです。
なので、日曜日は僕はガックリです。
精液を絞りとられて体が動きません。
それでも容赦なく月曜日の朝から、レイさんの体の中に精液を発射させなくてはなりません。

この若さで、勃起薬を最近飲みはじめました。
明日はミっちゃん先生もくるので勃起薬5回くらい飲まないとダメかな。
レイさんはいろんな体位で攻めてくるので今度は僕がバックで射精攻撃します。

今、投稿途中でレイさんがフェラの真最中です。
激しくフェラしてくれてるので、そろそろ3回戦開始します。
結果は明日投稿します。

 
続き…

昨日の夕方からヤリ続けて今日お昼に小休止です。
結局3発発射でゆっくりしてると、来ました来ました。ミっちゃん先生が。
「直ちゃんおまたせー」
そう言って部屋に入って来ました。
レイさんも僕も裸だったので僕のチンポ見るなり
「勃ってないよ~。」
いきなりフェラしてくれました。
「何発出したのー」
僕は「3発です」言ってるあいだにギンギンになってきて
「ミっちゃん、イキそう。」
それでもフェラやめないので口の中に流しこんじゃいました。

「我慢しなさいよ。挿れようと思ったのに」
まだ硬かったので、
「大丈夫です。」
そう言ってミっちゃんのスカート上げて立ちバックでTバックの横からズッポリ挿れました。
「やっぱりモノが違うわ。ああー、いい、いい、」
ミっちゃんも裸になって僕の上に乗り腰爆振りです。
さっき出したばかりでなかなかイカないのでミっちゃんが先にイっちゃいました。

すぐに正常位でハメて高速ピストン。
「あ、あ、あ、あ、またイク、イク。」
ミっちゃんがイってもピストンやめませんでした。
そのままミっちゃんの子宮めがけて精液を流しこんであげました。

昨日の夕方からこれで5発目です。
3時頃からセックス再開予定ですが、ミっちゃんが夕方帰るのでイカせまくろうと思ってます。
ちなみに僕のチンポは、ミっちゃんの旦那よりふた回り太くて長いらしいです。

ミっちゃんはぐったりで、レイさんがチンポを舐めにきました。
しばらくは、レイさんとシックスナインでお互いの性器を刺激し合おうとおもいます。
ミっちゃんをイカせまくった後は、レイさんを失神するまで突きまくってあげようとおもいます。

もちろん、精子を子宮にながしこもうとおもいますが、いくら僕が絶倫でもあと5発は自信ないです。
記録は金土日で12発です。
全てレイさんの子宮とケツの中に注入しました。

※前編、後編の投稿でしたが、1話にまとめて掲載させていただきました。 中出し倶楽部管理人

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7463
投稿者 ちょい白髪 (56歳 男)
掲載日 2019年9月20日
老人介護施設に勤めているKさん(29才)は、私の親にも親切にしてくれるし、町内の清掃活動にも参加してくれる、漁師町出身らしい朗らかな若妻さんです。
正直、スタイルはスリムとは言えませんが、何よりもパッチリとした目が魅力的な美人で、顔を合わせるのが楽しみでした。
彼女も最初に会った時から私とは話が合うと言ってくれて、すぐにLINEして食事に行く仲となりました。

Kさんは、旦那が単身赴任中だから欲求不満なのだのだと、あっけらかんとした感じで話してくれます。
年齢が離れた私相手だから、そのような事を気楽に言えるそうです。
そして、「一人でしちゃった。」とまで口にするようになりました。
どう返したらよいか迷ったのですが、「一緒に温泉でも行きたいな。」と誘いをかけたら、「いつ行く?今からでもいいよ。」とノリノリでOK。
温泉ではありませんが隣県の宿を予約して、直行しました。

Kさんは欲求不満解消が目的ですから、部屋へ入るなりの臨戦態勢でした。
背中に触れただけで、「やばい。もうビショビショになってる。」と言いながら、私のズボンを下ろして「大きい~、Lサイズ?普通のコンドーム入らないよね。」と、すっかり雌になっていました。
上着を脱いだ彼女は、やはりポチャポチャでしたが、肌は白く、美人顔の裸には息子が反応します。
嬉しそうな表情のKさん、「固いの、しゃぶらせて。」と息子を口に含んでフェラ。
そして玉袋の裏から、乳首、耳まで、私の全身を舐め廻して、またフェラ。
発射しそうになると「まだダメ」と寸止めされて、もう限界だと言っても「まだ袋に残っているよ。」。
ほんとうに味わい尽くされそうな感じでした。
お返しにクンニ、舌が膣口に触れただけでピクピクしていたのですが、指を入れた途端に痙攣しだして、ピッと膣内から液が吹き出したかと思うと、彼女はグッタリとしてしまいました。
しばらくして、Kさんは起き上がると「腰がウズウズするよ、合体して。」と、そのまま私の息子をビチョビチョした膣内へ。
M字で私の腰に跨り、「お、お、奥に~、奥に~、」と呟きながら、ゆっくりと腰を上下させる彼女の動きに、私の息子も最後の汁を垂らしました。

帰宅してからの夢の中にもKさんの顔、欲求不満の若妻は実在します。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7351
投稿者 (19歳 女)
掲載日 2019年6月27日
私は容姿に自信がなくて今まで全くモテず、1年前まで男性と手も繋いだことのない処女でした。
自分で言うのもなんですが、不細工でぽっちゃりで、良いところはおっぱいが大きいことくらいです。
それでも性欲だけはやたらと強く、オナニーばかり毎日やるようなほどで、男性への憧れが捨てきれなかったため、どうしても男の人と付き合ってみたくて、1年前にマッチングアプリを始めました。
そこで知り合った45歳の高橋さん。
歳の離れたおじさんで、写真を見たら清潔感はあったけれども小太りでカッコよくもない。
だけれど結構お金持ちで、なによりこんな私の写真を見ても可愛いと褒めてくれて、会話のフィーリングがとても良かった。

トントン拍子で話が進み、まずはデートだけでもということで会ってみたのですが、大人の話術と言いますか、まんまと言いくるめられてしまい、食事だけしてすぐにホテルへ。
とんでもなく緊張していたものの、高橋さんが異様に優しくしてくれたためか、大した痛みもなく血も出ず、とても満足いく初体験を済ませました。
ゴムを着けてと言ったものの、最初だけは生の方が痛みは少ないと高橋さんが勧めたため、生の正常位で挿入してもらい、フィニッシュはバックでお尻にかけてもらいました。
2回戦は正常位からおっぱいにかけてもらいました。

その後、高橋さんとのセックスにハマってしまった私は、週に3回くらいセックスするだけの関係になりました。
お付き合いしたかったはずが、完全にセフレの状態でした。

その後高橋さんと話していくうちに、実は高橋さんが既婚者で子供もいること。
そして、私以外にも体だけの関係の女性がいて、その人との間にも子供がいることを知りました。
それでも私は高橋さんの不思議な魅力の虜になっていて、関係を切ったりすることもできず、ずるずると体の関係を続けていました。
しかも、中出しこそされてなかったものの、いつも生でした。

ある日、いつもどおりセックスしていたところ、バックから激しく突かれてイキまくっていたときに、ふいに高橋さんに「ねえ、中に出していい?綾ちゃんに中出ししたい」と言われました。
私は気持ちよすぎてまともに考えることもできず、「どうしよう・・・気持ちいいから中出しされたいけど・・・」と喘ぎながら息も絶え絶えで伝えました。
怖い気持ちもありつつ、実際にバックから責められてる時に、高橋さんにたっぷりと中出しされることを想像するとついつい興奮して体が反応してしまいました。
そんな私の興奮がバレてしまったようで、高橋さんは「そんなに締めたら出ちゃうよ」と。
私は思わず「中に出されるのを想像したら、興奮しちゃって・・・」と言ってしまいました。
そんな私の言葉に高橋さんが興奮してくれたようで、猛烈にスパートをかけて腰を振ってきて、「出すよ!中に!」
私も「いっぱい出して!」と叫ぶように言いました。
高橋さんのちんちんがドクドクと脈打って、中に出されて満たされていきました。
あんまりハッキリとわからなかったけれど、これが中に出される感覚なんだと感動したのを覚えています。
あと、私の身体は完全に高橋さんのものにされてしまったんだなという感覚にもすごく興奮しました。

この日の中出しがきっかけで、これ以降毎回中出しされるようになりました。
他の愛人さんと同じく、私もそのうち高橋さんに妊娠させられてしまうんだろうなと思います。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)