中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.8074
投稿者 アナル好き (45歳 男)
掲載日 2021年11月16日
今から20年以上前、就職してから2年目辺りのオレ。
当時はスマホもなく、携帯がようやくi-modeやEZwebが始まってきた頃の話。
出会い系はゆるゆるの無法地帯、だから色んなサイトで漁っていました。

そんな時期の初期の童貞だった時、あるサイトで見付けたのが15歳上の人妻。
旦那は自衛隊で長めの出張が度々あり、子供も早くに結婚して上は中学生、下は小学3年。たまに夜も友達と遊び歩いてるとの事。

そんなある日、友達が(こちらも既婚者の為、不倫相手である)彼氏にフラれたので慰めにカラオケ中だから来ない?とのメール。
歩いて行ける所なのと翌日は休みだったので行けると即答。
写真のやり取りすら無かった時代、
実質初対面の人妻がいるボックスの部屋に突入。

そこには170cm近い超ミニスカにピッチリミニシャツのスタイル良いエロオーラ溢れた女性と、140cm台の小柄なふんわり系の可愛らしい女性。
『Aさん?(ハンドルネーム)』聞くとエロの方が『はい、オレ君?』と聞いてきたので『そうです、呼んでくれてありがとうございます』と軽い挨拶しながら、丸見えの三角地帯と身体のラインに釘付け。
でも、落ち込み中の友達が居るため、アゲル曲を歌いまくっていっぱい飲んで、あっと言う間の3時間。
2時を回ったところでお開きになり、酔って若干フラフラな自分と少し元気になったBさんをAさんが送ってくれることに。

先にBさんを下ろした時にBさんが『ちゃんと送ってもらうんだよ?』とニヤニヤしながら言ってバイバイしました。(後から聞いた話では送る=食べる だそうです)
そこから数分で付くのですが、車は逆方向に。
A『大丈夫?かなり飲んだでしょ?』
オレ『あんなに飲んだこと無かったからキツイです』
A『じゃあ少し休んでから帰ろうね』
と言ってガレージタイプのラブホの中へ。
部屋に入る階段の前で、自分の理性は吹っ飛び、抱き付いて短いスカートを捲って撫で回すと紐のTバックのため直でお尻。
『焦らないの♪いっぱい楽しませてね』股間を撫でながらキスで制されました。

部屋に入りベットに押し倒そうとすると、クルリと回されて押し倒された体勢、しかも馬乗りにされてます。
『フフフッ♪もう可愛いわねぇ、いっぱい食べちゃうから覚悟してよ♪』
Dキスしながらスボンの中に手を入れて直で触ってきました。
『カチカチだよぉ、どうしてかなぁ?』と耳元で囁いてきます。
『だって、エッチな格好してるから、、、』
『ずぅっと見てたもんねぇ、オレ君がこんなに可愛いなんて♪』とジーンズのボタンとチャックだけ開けて、チン○を出すと『おっきいねぇ』と言ってジュルジュル言わせながらしゃぶり出しました。
『あっ!スゴいです!アッ!アッ!ダメ、出ちゃうよぉ』
喉奥まで咥え込んでのバキュームフェラ。
『ダメっ!我慢しなさい!』
『初めてなんです、許してぇ、、、』
『えっ?そうなの?』と何かを企んだ顔のAさん。
顔を近付けてきてキスをしながら『そっかぁ、初めてなのかぁ、じゃぁ、、、』
ニュルンとしたかと思ったら、一気に温かいモノに包まれた感覚。
『えっ?!』とビックリしてると『やっぱりおっきいねぇ。オレ君のでいっぱいになってる』
『えっ?着けてないよ?大丈夫なの?』軽いパニックのオレ。
『気持ちいいでしょ?好きにしていいんだよ。最高の初体験にさせてあげる。』と言ってゆっくり腰を上下させて来ました。
ヌルヌルで程好い締め付け。
フェラの強烈さがなくなり危機的な感じではなくなって、余裕が出来たので、頭を上げて見てみると上は着たままでスカートが捲れてはいたけど、Tバックは履いたままずらしただけで、キレイなパイパンにチン○が出たり入ったり。
プチュックチュッといやらしい音と共に『ンッアッ!フゥ~アンッ!』と感じてくれてるAサン。
ゆっくりに焦れったくなったので、下手くそながらに下から突き上げて見た。
『イヤンッ、お姉さんに任せなさい!アッ!アンッ!』
超敏感らしく、責められるとダメらしい。
下から力強くドンッ!ドンッ!ドンッ!と突き上げると、『ンアッ!ダッダメなのぉ、奥ダメなんだってぇンンッ!』と倒れ込んで来ました。
『ダメなんだよぉ私がアンッしてンッアッ!あげないとンンッ♪』
下から強く抱き締めながら激しいキスと突き上げをしていると『ハァハァあぁ~っアッアッアッ!あぁぁぁぁ~あ"あ"あ"あ"』
ギューッと中が締め付けられてきて、押し出されそうなくらいの締まり、それが一気に込み上げてくる射精感、無理矢理捩じ込む様にぶちこんでると『イクッいくっ!イカされちゃうぅ~♪』とビクンビクンする腰、その動きにたまらず一番奥で『ブシャッ!』と激しい発射、脱力したAに何回も何回もブシャッブシャッって勢いの精子を流し込んだ。

ふぅ~と思っていたら、Aの中はウネウネと出された精子を飲み込もうとするように奥に奥に吸い付いて来ます。
それどころか全然収まらないオレのナニ。脱力して失神?しているのか動けないA。
抱えながら正常位の形になり、ズボンとパンツを脱いでゆっくりと抜き差し。
Aのシャツをまくり上げて初めてのオッパイに吸い付いて舐め回すと、ようやく意識を取り戻したのか『くぅ~ん、ん~ん。』と甘い鳴き声。
『もっといいんだよ、激しくしてよぉ』と既に立場は逆転のようです。
力任せのピストンを始めると、『スゴいよぉ、イグイグイグゥ~!』と絶叫しっぱなしの痙攣状態。
よだれを垂らして乱れ激しく締め付けてくるAは本能的なのか大好きホールドしてくる。
キツイ締め付けに我慢できなくなり連発の奥で発射!
1回目と変わらないくらいのブシャッ!という発射、あまりの気持ち良さにオレもAも痙攣して意識を失いそうになってしまった。

数分そのままでいると『もぅ、中にいっぱい出しちゃったでしょ?悪い子だね♪』と軽く頭をコツンとされた。
『相性いいのかなぁ?こんなになったの初めてだよ、クセになっちゃうじゃん。』といい、まだ萎えていないナニを抜いて、白濁して泡立ったモノが真っ白にこびりついてるチン○をパクリとしてお掃除フェラ。
出した後だから敏感になってる上に、バキュームのイマラフェラ。
1分持たずに口の中にまたまた発射。
さすがにそこまでは出なかったが口から溢れる量が出た。
『まだ固いじゃん、若いねぇ』と飲んでくれた。

ここでようやく2人とも裸になって抱き合った。
このあと生で3回出したので6回発射で中に5回出した卒業だった。

家も近くだったのでセフレ状態で色んなことさせてもらった。
朝7時からやってみたり、カーセックス、青姦、公園のトイレ、アナル、Bとの3P、Bとの生中セックス、10年後に偶然再会して即ホテル行ったり等々。後々書きたいと思います。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.8054
投稿者 めい (25歳 女)
掲載日 2021年10月25日
高校生の頃の話です。
当時付き合っていた同級生の彼氏Aくんと、学校帰りにプリクラを撮ることになりました。

1回目、普通にラブラブなプリクラを撮って、落書きコーナーに入ると、Aくんは他の人の目がないことをいいことに、胸やお尻を触ってきました。
私もやめてよーと言いつつ、結構ノリノリでしたw

当時は何枚もプリクラを撮るのが当たり前だったので、2回目を撮るためにブースに入ると、今度はエロプリを撮り始めました。
制服のシャツをたくし上げて胸を露出した状態で撮ったり、立ちバックのようなポーズで撮ったり、パンツを見せて撮る…みたいなポーズです。

2回目の落書きコーナーに入ったころには、Aくんのモノはギンギンでした。
私も面白がって、ズボンの上からAくんのモノを触ったり、キスしたり、もう2人だけの世界でした。
そんな状態で終われる訳もなく。

私の地元のプリクラコーナーはわりと広かったのですが、田舎なのでそれほど混むことはありません。
加えて、ひとつだけ、とんでもなく古い機種がありました。
それはスペースの一番端っこの離れたところにポツンとあって、古いタイプで写りも悪いので誰かが使っているのを見たことすらありませんでした。

Aくんがあそこで撮ろうよと言い出したので、えー写り悪いし嫌だーと言ったのですが、いいからいいから、と、無理やり引っ張られました。
古い機種だけあって、一回300円と少しお安めですw

お金を入れてブースに入った途端、Aくんにキスされ胸を揉まれ、下を触られました。
私もエロプリを撮った時点でスイッチは入っていたので、Aくんのモノを下着ごしに必死に触っていると、Aくんが下着を少し下げました。
完全にエロモードになった私が我慢出来ず舐めている間も、パシャパシャ撮影されています。
「撮られてるよ、えっちだね」
と言われると、余計興奮してしまいました。

と、ここで撮影終了。
落書きブースに移動となりました。

もちろん、落書きしてる余裕なんてありません。
そのプリクラは、のれん?が私の膝ぐらいまであったのですが、さすがにしゃがんでフェラをしているとバレそうだったので、私は立ちながらAくんのモノを手でしごき、Aくんは私の中に指を入れていてお互いを愛撫しあっていました。
その間も、私の制服ははだけたままです。

こんな前戯のようなことをして、性欲の強いAくんが終われるはずもありませんでした。
私たちは一旦服を整えもう一度300円を入れて撮影ブースに入ると、Aくんは立ちバックで挿入してきました。
ゴムは持っていなかったので生でした。
プリクラの撮影時間って結構短いので、ぱぱっと終わらせなければなりません。

Aくんは私の腰を持ちながらガンガン動かして、早くイこうと必死でした。
私も急がなきゃ、という思いでわざと締めたりしましたw
と、そこでAくんの動きが止まって、ドクンドクンと、注がれる感覚がありました。

ギリギリ撮影時間内に終えられたのですが、引き抜いたときにAくんの出したものがポタンと垂れました。
撮影ブースに精液が残っているのを見届けて、落書きブースへ移動しました。
周りに人がいないのを確認して少しだけお掃除フェラをして、逃げるように私たちはそこから退散しましたw

合計600円で中出し。若気の至りですね。
帰りの電車の中で残っていた精子が垂れてきて焦ったのも懐かしい思い出です。

ちなみにAくんと中出しするのはこれが初めてではなく、後に妊娠もするのですがそれはまた機会があれば書こうと思います。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.8052
投稿者 ツイッタラー (26歳 男)
掲載日 2021年10月20日
SNSで募集していた大人のパーティに参加してみました。
主催の方に連絡をとって、示された時間より少し前に合流の場所へ。
そこから某ホテルに案内され部屋までたどり着くとそこにはすでに下着姿になった女性が10人いました。

男の方は私を含めて6人で女性が余る状態。
主催者(女性)と思しき方(連絡の段階で写メ入手済み)がこちらに来て
「ようこそ。開始までにシャワーを浴びてこちらでくつろいでいて下さい」
と言われ、シャワーを浴び、他の男性にならい、バスタオル一枚で部屋で寛ぎながら待機。
開始まで女性陣や他の男性参加と話し、情報を入手して最初のお相手を見繕うことに。

そうこうしているうちに、女性11名、男性8名となり、主催者が本日のパーティの開始を宣言。
要領は、男性、女性どちらからでも気になるお相手に声をかけて、同意があれば会場内どこでもセックス可能だが、男性はバスタオルに、女性はパンティにセックスの後、相手にバッチをつけてもらってセックスの回数がわかるようにする。
3回以下の相手からのお誘いを断ることはNG。
生かゴムかは女性側が選択、発射場所は男性が選択(生での場合は中出しに合意した合図、中出し不可は必ずゴム有りとなる)
でした。

スタートダッシュに出遅れてこの子と思っていた子は他の男性に取られてしまい、他の子と思ってたところに声をかけられました。
愛(仮称)「出遅れた?私としましょ」
美人だがちょっとキツめの顔立ちでSっ気が強そう、と言うことで候補から外していた愛に声をかけられ、お互いバッチ0のため断れず、テーブルに置いてあるバッチをお互いに一枚ずつもって移動。
ベッドは既に埋まっていたため、元の部屋に戻りソファーでスルことに。

愛「責めるのと責められるのどっちが好き?」
と聞かれ、責めるの、と答えると
愛「じゃあ、気持ち良くしてね」
と言われ、リードさせてもらうことに。
胸、尻を撫で、揉み、ゆっくりと割れ目に近づいていき、指でなぞるとしっとりと濡れていた。
ゆっくりと指を挿入し、クチュクチュと音を立ててやると
愛「やだ、恥ずかしい」
と顔をそらす。
その眼前にジュニアを持っていくと
愛「フェラ?」
と上目遣いで聞かれたので頷くと何も言わずに奥まで咥え込んでくれました。
しばらく指マンしながらフェラを堪能すると
愛「ね、入れて」
とフェラを中断しおねだりしてくれました。
近くのゴムに手を伸ばすと
愛「無くてもいいよ」
と伸ばしたてを遮るように取り言ってくれたので遠慮なく正常位で生挿入。

入り口は狭く、中は程よい感じの締め付けで少し腰を動かすだけでグジュグジュといい音がなる。
愛「あ、あ、いい。いいよ、もっと激しくして。好きに出して。」
俺「良いの?オナホみたいに扱っちゃうよ」
愛「いいよ、今は貴方のオナホだから。遠慮しないで」
と言われラストスパートに移行。
限界となり、生なので最後に大きく付きこんで中出し。
最後の一付にあぅ、と声を出した後、射精に併せてビクッ、ビクッと痙攣し、出し切った瞬間
愛「あ、ヤバイヤバイ、あっ、あっ、イク、はぅぅん」
と大きく仰け反りながら抱きついてきました。
膣もギューと締め付けで来たのでおそらくガチ中イキ。
ジュニアを抜き、愛の口元に持っていきお掃除フェラをさせきれいになったところで
ありがと、とお礼。
愛「あー、気持ちよかった。じゃあバッチつけるね」
と脱ぎ捨てたバスタオルにバッチをつけてくれたので私も愛のパンティにバッチをつけて一度お別れ。

次の子、と思って探すと男性不足で待機しながらオナってる凛(仮称)を発見。
ジュニアも立ったままなので
俺「自分の指じゃなくこれ生で入れてみない?」
と声をかける。
バッチは一つなのでセックス自体は行けるが生は果たして、と思っていたら
凛「待ってたよー、生チンポ早くー」
と足を持ち上げて入れやすくしてくれたのでそのまま生合体。
愛と比べて肉付きのいい凛の膣はきつくは無いがふわっと優しく包み込んでくれるかのような感じだった。

一回出してることと、ある程度緩いことから最初からそこそこのペースでついても大丈夫。
凛は
凛「ん、ん、あ、ん」
とピストンに合わせて短い喘ぎ声を上げている状態。
キスしても良い?
と訪ねOKが出たのでディープキス。
キスをしながら徐々にペースをあげそのまま中出し。
出した後も暫く凛とキスをしながら余韻を楽しむ。
柔くなってきたジュニアが萎えきらないようにユルユルとピストンしながらまだキスを続けていると
凛「んぅー」
とキスをしながら凛が震えて抱きついてきた。
凛の力が弱まったところでキスをやめてジュニアを抜くとボンヤリとした表情。
気持ちよかったよと言って凛のパンティにバッチをつけ、バスタオルにつけてもらう。

3人目を探していると
菜々(仮称)「オニーサン、ウチラとどう?」
と声をかけられた。
まさしくギャルといった風体の菜々と真奈(仮称)がいた。
3P?
と質問すると
真奈「そうそう、だって女の方が多くてあまるんだもん。」
菜々「凛ちゃんとの見てたけどオニーサン鬼畜っぽいからね。ウチラ用事あってそろそろ帰るから遠慮なく中出しかんこーできる人さがしてんの。」
真奈「ウチラその日の最後の人だけ3Pで中出しって決めてんだー」
と、言われたので承諾。
ベッドルームへ行き、とりあえず横になり菜々と騎乗位で合体、真奈は顔面騎乗位で感度を高めることに。
5分でタイマーをセットしてタイマーがなったら入れ替え。

その後仰向けに寝た菜々の上に真奈を乗せ(イメージは菜々が女で真奈が男の正常位)交互に二人の膣に挿入したりしばらく菜々の中を楽しんで真奈を焦らしたり、その逆をしたりと楽しんだ。
先に真奈が良い感じになってきたので、菜々をお預け、真奈に挿入して徹底的に責める。
菜々に真奈の胸板を責めるように指示してラストスパート。
真奈「ヤバいって、それヤバイヤバイ、菜々それだめ、ヤダー」
と体を仰け反らせて震える真奈。
一瞬ギュっと締まってフッと緩くなる、というより脱力、失禁していた。
足を伝う尿の生暖かさを感じながら真奈に中出し。
真奈「ヤダ、もう、漏らしちゃったよ」
と半泣きの真奈。

クスクスと笑う菜々をうつ伏せにして腰を持ち上げバックから挿入。
ちょっと萎えかけてるが刺激を与えて復活を目指す。
真奈に菜々をいじめてやれよ、と言って結合部の下に顔を持ってこさせ、クリトリスを舐めさせる。
菜々「ちょっと、ヘンタイ、ソレダメだって」
と菜々の力が抜けてへたり込みそうになるが、腰をしっかり掴み動けないようにする。
真奈は復讐のつもりか少し激しめに菜々のクリトリスを舐めている。
菜々「いく、イク、イク」
と菜々が一度イッた、がピストンは止めないし、真奈もクリ責めを止めない。
菜々「休ませて、もう、イッたから、やだ、また」
とアッサリ二度目、三度目を迎え四回目を迎える瞬間、ケツに違和感。
ピストンで腰をひいたときに何かが入ってきた。
真奈がコンドームをつけて指を入れてきた。
そしてクイっ、と動かされた瞬間、菜々が四回目の絶頂を迎えた直後、所謂前立腺マッサージで四回目の射精と思えないほどの量を出さされてしまった。
真奈の指に合わせてビュクビュクと射精し腰が抜けるように菜々に覆いかぶさる。
菜々は膣から精液を垂れ流し、俺はケツからコンドームがプラーンと垂れ下がった状態であった。

息が落ち着いた菜々はバッチをつけてくれて、こっそりと連絡先をくれた。
菜々「セフレね。オニーサンしたくなったら呼び出して」
と言ってくれた。
真奈も連絡先をくれて
真奈「今度は一対一ね。ヤバー、オニーサンヤバいわー」
と言って、二人でシャワーを浴びに行った。

その後、休憩を挟んでもう一度愛さん、今度は責めて貰って都合5回中出しして初参加は終了というか、5回目のあと仮眠取らせてもらったらパーティは終わっていた。
楽しめたのでまた行きたいな、と思いながら菜々と真奈をゲットしたのでそっちで良いかなぁ、とも思ってしまう。
イきやすい菜々の方が好みなので菜々ばかり呼び出しているのはバレたら不味いかも。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.8045
投稿者 A子 (29歳 女)
掲載日 2021年10月13日
投稿No.8041の続き

一度解散をした後、次の開始時間をメールしてまずお風呂に。
お風呂で体を洗っているといつまでも垂れ続ける精液に、他の人にバレないか不安になりながら入浴。
と言ってもコロナ禍で他にほとんどいなかったんですがね。

ご飯を食べて部屋に戻り再び乱交準備。
男性陣には事前に別のところに集合してからまとまって来てもらうようお願いをしてあります。
F男に予備鍵も渡して、女三人、全裸になってオナニータイム。
感度を上げて、濡らして到着を待ってました。

しばらくすると部屋に人が入ってくる気配。
後発の三人(G男、H男、I男)もちゃんと合流できたみたいです。
F男「じゃあ、最初はまだ、な方々で」
と言いながらF男は服を脱ぎ、先を後発組に譲りました。
F男はB子の顔の前にチン○を差出し
F男「しゃぶってね」
といってフェラをさせ始めました。
先発組はもう慣れたのかD男にもE男も服を脱ぎD男はC子に、Eは私にフェラをさせ始めました。
E男「中出し限定だから俺たちイきそうなったら入れちゃうよ。今なら好み、早いものがちだよ」
と後発組を促します。
その言葉に慌てたのかG男はさっと服を脱ぎ、B子に挿入、H男は私に、I男はC子に挿入して9Pの大乱交の開始です。

一番先に限界が来たのはC子に入れたI男でしっかりとC子に中出し。I男がチン○を抜いた直後にD男が直ぐに挿入しました。
しばらくするとH男が
H男「あ、出る出る」
と言ってラストスパート。
私の中に、ビュルビュルと射精しました。
余韻に浸るH男にE男が
E男「ほら退いて。俺も出すわ」
と言ってフェラを中断させ私に挿入。
最初からラストスパートのような腰使いも、ちゃんと弱点を責めてくる徹底っぷりにEがイク直前に
私「あ、ダメダメイクゥ」
と体を仰け反らせてイッてしまいました。
ほぼ同時に中に出されて女の幸せを噛み締めて、気が付かないままにE男の腰に足を絡めていました。
E男「A子ちゃん離してくれないからこのまま二発目連続良いですかね?」
と後ろで順番待ちしてたI男に聞き、I男が承諾。
E男との抜かずの連戦で3度イカされて二度目の中出しをしてもらいました。

その後は男たちで順番が確立されて、A子マン○→B子口→B子マン○→C子口→C子マン○→A子口
と他の子の愛液と精液でベトベトのチン○をキレイにして入れてもらって中に出してもらっての繰り返しとなりました。
その間誤射の口内射精をB子はされちゃいましたが概ね男性は2周してくれました。
文字通り精(液)が尽きた男性陣をもり立てようと私がC子の、B子が私の、C子がB子のマン○をクンニしながら垂れてくる精液を味わうという変態な光景も見せたんですがそれでいきり立てたのはI男の一人で、トリプルフェラでご奉仕すると敢え無く撃チン。
発射直前にB子が跨ってなんとか1回プラスするのが限界でした。

この後死屍累々の男性陣を部屋に放置。
女三人でお風呂に行って、部屋に戻り予め買っておいたバイアグラをカバンに仕舞い、私はF男を、B子はE男、C子はI男を確保してそれぞれの男性が取った部屋で二次会と洒落込むことに。
ちなみに、私達がお風呂から戻った時点で男性陣は部屋で雑魚寝状態でした。
気に入った相手を叩き起こして相手の部屋へ連行。
私はF男に口移しでバイアグラを飲ませて彼の部屋で更に2発、騎乗位で搾り取りました。
F男に責められるのも良かったけど、彼に跨って下から突き上げられる感覚もまた最高でした。
最後にお礼と言うことでしっかりお掃除フェラで口の中に出してもらったはずですが、空打ちのようにすこーししか出なかったのが残念。

ちなみにB子もにたような感じでE男も限界だったみたいです。
I男は後発でまだ多少余裕があったみたいでC子はたっぷり責めてもらえたよう。

夕食後編はここまで。
2日目は観光に行ってる間に男性陣は体力(精力?)の回復に努めて貰って、夜のお別れ会に備えてもらってます。

お別れ会編はまた今度。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.8038
投稿者 空き男 (42歳 男)
掲載日 2021年10月02日
最近、新しく出逢ったセフレと緊急事態宣言明けにラブホでお泊まりエッチを体験。

みこ(仮)は同い年のごく普通の人妻。
普段は薄化粧でオシャレもしていないようだが、私に会うために美熟女となって現れた。
外見的にはかなりいいオンナだと思う。

こっちが気後れしているので、さり気なく腕を組んでくれて二人でホテルに向かった。
道中の話からして常識ある大人な女性で、どちらかといえば控え目、おそらくオシャレをしていなければご近所の美人な奥さんというところだろう。

チェックインしてから世間話を聞いていると、どうやら離婚話が進んでいるらしい。
原因は『セックスレス』で、ここ10年は年1回あるかどうかでDVや浮気ではないという。
みこは紛れもなく『欲求不満妻』だった。

会話中もボディタッチが多く、入室後すぐにバスタブにお湯を溜めてくれていたので、お風呂に入ってからゆっくりと思っていたが当てが外れた。
手淫で隆起したチンポをみこが舐めたいというのでソファでフェラチオ開始。
「男らしいわ」と呟きながら、頬擦りしたり吐息を吹きかけたかと思えば、一気に喉奥まで咥え込み舌を巧みに駆使したエロ顔のディープスロートが目の前で展開している。
我慢汁が溢れてきたら口先で吸い上げたり舌先で転がされたり、10分ともたずに限界に達してしまい、みこを見ると上目遣いで「我慢しないで出して」の言葉と同時に、みこの頭を引き寄せて熱いザーメンを発射。
私が出し切るの待ってからゴックンすると、まだ隆起しているチンポの隅々まできれいにお掃除フェラする徹底ぶりだった。

バスルームでは、ベロチューしまくり黒い茂みに指を侵入させ、熱く濡れているオマンコを慰めるように犯しまくった。
高揚したみこが「欲しい」とチンポを触るので、たっぷりしゃぶらせてから立ちバックで挿入。
入り口は小さめだが吸い込まれるように根元までズッポリ。
ヌルヌルの肉ヒダが徐々に締めつけてくる感じが気持ちいい。
バスマットがあったので騎乗位でもハメて正面と後ろから卑猥な結合部を眺めると、淫汁を滴らせて切な気な鳴き声をあげて感じているようだった。
中出しOKだったがここでは堪えてベッドに移動した。

みこが「我慢しないで出してね」と言うので、射精量が多いので回数は抑えてると話したら「じゃ、これからたくさん感じて熱いのをいっぱい出してね」とキスされた。
少しの間、恋人気分で寝そべってエロビデオを観ていたが、我慢できなくなったみこが半勃ちのチンポをしゃぶり始めた。
つられて私もみこのオマンコを舐め回していた。
みこは腰のくびれもあるし、丸みのある桃尻はまさに美尻といえる。
こんな美人でエロい奥さんとセックスレスになる旦那の気持ちが私には測り知れなかった。

私は、今ここにいる淫乱な一夜妻を自由にできるという征服欲に満たされていた。
お互いにいつまでセフレでいられるかは分からないが、今はこの瞬間に集中してセックスを楽しもうと思った。
それからはみこの性感帯を探るように様々な体位を試しながら肉欲を貪りあい、みこの絶叫とともに熱いオマンコの奥にザーメンを注ぎ込んだ。

朝目覚めると勃起していた。
隣りには一夜妻が寝ている。
チンポを握らせると目覚めたみこが舐め始めた。
あと数時間後には、いずれ別れるであろう旦那のもとへ帰っていく妻に、もう一度男の匂いと味を植え付けるようにセックスをした。
結局3発、離婚前の人妻に発射したが、フェラチオも中出しも大満足のお泊まりエッチだった。 

みこのセックス偏差値はかなり高いので、次回は更に濃厚な時間を過ごせそうだ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
1 2 3 4 5 6 54
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)