中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.8079
投稿者 圭介 (57歳 男)
掲載日 2021年11月25日
まだLINEが無かった頃。
掲示板への書き込みからメールのやり取りが始まったのは40代後半という同世代の既婚者だと言う。
メールでのやりとりを数回続けた結果「割り切り」で会おうということになった。

土曜日の昼前に百貨店の1階入口で待ち合わせた。
事前に見た写真の通り、スタイル抜群でもない。
エロそうな雰囲気も醸し出していない普通のおばちゃんがワンピース着て立っていた。
目はクリっとしてて原日出子を地味にしたおとなしそうな感じで笑うと可愛かった。
「こんにちは」
普通に笑顔で挨拶を交わした後、彼女がメールで書いてた希望通りに進んでいく。
エレベーターで人が少ない紳士服のフロアに上がって、奥の男性トイレの個室に一緒に入った。
無言のまま背後から抱き締めて両胸を握った。
キスもせず、ワンピースの上から大きく固くなった乳首を探り当ててひねり潰した。
「はぁ…」
熱い息を吐いたので、右手を裾から股間に進ませると、パンストではなく、ショーツに直接触れた。
「もうグチョグチョじゃないですか…」
お漏らししたように濡れていた。
傍から人差し指と中指を突っ込んで親指でクリを探り当てた。
「あぁ…」
切ない声を上げて腰をくねらせるので左手で胸を、右手で股間をグイッと引き寄せた。
無言のまま左手で乳首をひねり潰しながら右手を激しく動かすと1-2分で腰が震えはじめた。
「あぁ…イックぅう…」
押し殺した声を上げながらトクトクと股間から溢れるものが増え、中がキュウっと締まってイッたのがわかった。
そのまましゃがみ込んだので俺の両手は離れた。
しゃがんだまま振り返った彼女は俺の股間に手を伸ばしてファスナーを下ろした。
既にガチガチになっていたモノを引き出すと、握ってしごくこともなく、そのまま喉の奥まで呑み込んだ。
俺は両手で彼女の頭を掴んで腰を前後させて深く浅くモノを出し入れした。
…とここまでは前日までに彼女がメールしてきた希望通りだった。
希望だとそのまま発射する予定だったが、そのまま引き抜いて彼女を立ち上がらせて、自分のモノを仕舞ってからまた彼女の股間に手を伸ばした。
「これ入れて」
無線リモコンのローターの1つをオマンコの中に、もう1つをクリに当ててショーツを引き上げた。
そしてもう1組を渡して自分でブラの中に入れさせた。
これは昨日までに立てたプランには無かった。
そのままトイレを出て夫婦のように売場を歩いた。
「何かお探しですか」
彼女ひとりでワイシャツ売場で商品を見させていると、若いイケメン店員が近づいて来たので4-5m離れたところでスイッチを入れた。
「あっ…大丈夫です…ありがとうございます」
彼女はそう言って俺に近づいて来た。
「音凄いよ…気がつかれちゃうって…」
ネクタイ売場に進むと30-40代くらいの女性店員がいた。
二人でネクタイを品定めするフリをしてると近づいて来た。
「いらっしゃいませ」
彼女がネクタイを手に取ると店員が話しかけてきた。
「ご主人さまがお召しですか?」
彼女と店員の目が合ったところでスイッチを入れた。
ブーンと携帯電話のような音が立った。
何の音だろう?といった店員の目が俺と合ったので俺は軽くうなづいた。
すると店員は顔から耳まで真っ赤になった。
そのまま二人とも黙って売場を離れてスイッチを切った。

そのまま店を出てコンビニに寄ってからホテルに入った。
部屋に入ると日出子の方から抱きついて来て、舌を絡めて激しくむしゃぶりついてきた。
「ここでする?」
「ベッド行こう…」
自分からベッドに仰向けに寝て、ショーツを脱いで股間と胸のローターを外して傍らに置いた。
「ねぇ…入れて」
仰向けで薄手のワンピースを着たまま両脚をM字に立てて広げて言う。
「ダメ…自分でするとこ見せて…イったら入れてやるよ」
不満そうな表情も見せず、左手で自分の胸を握り締めて右手を股間に進めた。
親指をクリに当てて人差し指と中指を濡れて光ってる裂け目に突っ込んだ。
「あぁ…ねぇ、オッパイして…」
イクまで一人でするところを見たかったけど協力することにして、ブラとワンピースの上からでもわかるくらい大きく固くなってる乳首を左右同時に思いっきり強くつまんだ。
「あぁ…いい…もっと…」
左手は下に降りてクリを擦り、右手を激しく出し入れし始めて1分も経ってなかった。
「あぁ…イクイクイクいくぅ…あっ…」
腰が一回突き上げられてからガクッと落ちて、小刻みに震えてた。
裂け目からはピュッという感じではなく、湧水のようにトクトクと溢れ出しているモノがあった。
俺は裸になって、その股間にむしゃぶりついた。
「あぁ…ダメだって…またイっちゃう…」
クリを吸いながら指を2本突っ込むと、物凄く熱かった。
「ねぇ…チンポ入れて…」
見た目からは言いそうもないエロい言葉も無視して指を激しく出し入れした。
「あぁぁっ…」
また腰を持ち上げてイった。
俺の指がギュッと締め付けられて、また汁が湧き出した。
間髪を容れずに両手で尻を持ち上げて、大きくM字に両脚を広げた人妻に一気にブチ込んだ。
「あぁ…大っきい…」
決して緩くはなく全体をふんわり握られるようで気持ち良くて、ゆっくり出し入れする。
「凄い凄い…奥まで来てる」
下からしがみついてきて、自分で発する言葉でも盛り上がってる。
「いいよ…好きに動いて…」
「うん…あなたも…メチャクチャにして…」
そう言われたら応えてあげよう。
スピードを上げてガンガン突いた。
「あぁぁっ…ダメぇ…いっくぅ…」
ギュッとさらに強くしがみついてきて、オマンコも強く締まって腰がプルプル震えてた。
俺は腰の動きを止めずにディープキスした。
背中をポンポン叩かれたので唇を離した。
「ストップストップ…激し過ぎだよ…」
「イケた?」
「うん」
上下入れ替わって彼女が上半身を起こした。
「ねぇ…一緒にいこう…いっぱい出して…」
若い子やケバいおばさんに言われるよりこういう普通の奥さんに言われる方が興奮する。
自分から腰を上下前後に振り始めた。
ワンピースの上から乳首を強くつねる。
「あぁ…凄い…それ…」
上半身を倒して抱きついて来て腰を振り続ける。
「あぁ…またイキそう…一緒に…」
クリを押し付けてくるので俺も下から突き上げる。
またギューッと締まり始めた。
「イキそう…中に出すよ…」
「あぁ…ダメ…中は…」
そう言いながら激しく腰を打ち付ける。
「あぁ…イックぅ…」
俺がドクドク発射したのと同時にしがみついてきて腰がブルブルして暖かい液が浸み出してきた。

しばらく抱き合ってディープキスを続けてからシャワーに行った。
胸は垂れるほど大きくないが、エロそうな黒い乳首で、お腹周りも思ったほど肉は無かった。
「結構激しいね」
「だって…ここに来るまでにあんなこと…」
「盛り上がってたね」
「うん…」
そう言いながら股間にシャワーを当てて、俺が出した汁を掻き出すように洗い流してた。
「すごいよ、コレ」
しゃがんで仁王立ちになってた俺のモノにしゃぶりつくので、頭を持って奥まで突いてみた。
「いい…もっとして…」
かなり速く奥まで突いても苦しがらない。
「いい?このまま出す?」
すると立ち上がって壁に両手をついて振り返った。
「して…」
尻の肉を左右に開いてオマンコとアナルを舐めまくって真っ赤になるまで尻を叩き、ご希望通りに立ちバックで2-3回イカせてから2発目を発射した。
ベッドに戻って四つん這いバックと屈曲位で3発目を発射して、この日は解散となった。

こちらから連絡はしなかったが、翌々日には次のお誘いが来た。
(つづく)

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.8059
投稿者 サンドイッチン (47歳 女)
掲載日 2021年10月30日
投稿No.8058の続き

前回3週間ぶりのSEXをして、次もかなり先になるかと思っていた。
しかし次の機会は直ぐに訪れた。

土日に連休が取れる事が3日前に解った。
エリコに連絡すると予定はあったが開けてくれると言ってくれた。
無理はしなくても良いと話したが、空けてくれた。

当日はエリコが行きたかった所への遠出をし泊まって遊んでくる事になった。
急に決まった小旅行は楽しみだったが、紅葉シーズンも重なって予算に合った旅館やホテルの空きは見つからなかった。
エリコに場所の変更をお願いしたが断られた。どうしても行きたいようだった。

予算オーバーだったが旅館のグレードを上げ部屋風呂付きの旅館が見つかった。
エリコに話すと割り勘でも良いから泊まりたいと言ったので予約した。

当日は朝早くアパートを出てエリコを迎えに行き目的地へ向かった。
ちなみに俺は県中部に住んでいてエリコは県西部に住んでいる。車で1時間30分かかる距離だ。

観光地で紅葉と景色を楽しみ旅館へ向かった。
旅館は観光地にあるお洒落な旅館だった。
夕食を食べ部屋に戻り、部屋露天風呂に誘うと一緒に入るのは、やはり嫌がったがお願いして何とかOKしてもらった。
だが脱衣所から2人は恥ずかしいと言われ、湯船に浸かったら呼んでくれとお願いした。
エリコが先に入りしばらく経つと恥ずかしそうな小さな声で『いいよ』と聞こえた。

俺も裸になり風呂場に入るとエリコはこちらに背を向け湯船につかっていた。
急いで体を洗い湯船に入った。

エリコは黙って夜空を見ていた。
俺は用意していたダイヤのネックレスを首にかけた。
エリコから婚約指輪は要らないと言われていたので、ささやかな婚約のプレゼントだった。

エリコは驚いた表情でこちらを見ていた。
「エリコ改めてプロポーズさせてほしい」

エリコは黙って頷いた。

「エリコ好きだよ愛してる、俺と結婚してほしい」

エリコは涙を浮かべながら言った。
『嬉しい私も好き。よろしくお願いします』

本気でプロポーズしたいと心から思っていた。やっと心から繋がった気がした。

そのまま俺たちは20代のカップルかの様にお風呂でイチャイチャした後に部屋に戻り、激しく求め合った。
エリコからは挿入前に『今日は危険日だよ』と言われた。
処女を奪ってから基礎体温等を確認している様だった。
エリコは初中イキもしたようだった。
俺もエリコも最高に激しく求め合いSEXし中に出した。
本当に妊娠すると思えた。

次の日は朝から前日の余韻があってか起きてからも布団でイチャイチャして遅めのチェックアウト時間だったので、朝食後また露天風呂に一緒に入りあんなに嫌がっていたのに露天風呂で明るい朝日の中で声を殺しながらした。
初めてのフェラも自分からしたいと言ってくれた。

その後も布団でイチャついていて雰囲気が高まりそのまま、この旅行3回目の中出しをした。
精子はエリコの中から溢れ出ていた。
チェックアウト、ギリギリまでゆっくりしてさすがにお互いに疲れ果てたので、そのまま帰路についた。
色んな意味で最高の旅行になった。

帰り途中のエリコに両親に会って欲しいとお願いした。
エリコは嬉しそうに『はい』『気に入ってもらえるかな』と言った。
エリコも両親に話すねと言った。でもまるで初めて話すような口ぶりだった。
俺は気になったので彼氏がいる事は知っているのか?と聞くと
『知らないよ』と言った。
「じゃー今回の旅行やウチに泊まりに来ていたのは何て言ってたの?」
『女友達の家に泊まりに行くって言ってきた』
えっ?何と言って良いか解らなくなった。
「なんで?彼氏と出かけるって言わないの?」
『お母さんがダメって言う感じがして』
中高校生の女子から、その辺りも成長していないんだと感じた。

その時はエリコの言葉をそこまで大きく感じていなかった。
でも、後日思い知らされる事になった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
投稿No.8058
投稿者 サンドイッチン (47歳 女)
掲載日 2021年10月29日
投稿No.8055の続き

前回、俺に処女を奪われてエリコは少しずつ変わり始めてきた。
今までより連絡が頻繁になり、少しの時間でも会いに行くと以前はそっけなかったのに、照れながら嬉しそうな表情を浮かべる様になってきていた。

俺は不定休でエリコは土日休みなので、なかなかゆっくり会う事が出来ない。
処女を奪ってから何も無い3週間が経とうとしていた。
そんな中、次の休みを伝えるとエリコがすぐに有給を取ってくれて会うために調整してくれた。
以前は俺が合わせているだけだったから、これも変わってきた事だった。

エリコに休みの前日に一緒に飲みに行って、ウチに泊まって次の日はデートしないか?と伝えるとOKだった。

当日は駅で待ち合わせをした。
駅で待っていると少し遅れて小走りでエリコが現れた。
薄い水色の半袖の程よくタイトなワンピース姿だった。
エリコのスカート姿を初めて見た。
胸にもサポーターは付けていなく、いつも隠していた巨乳が強調されて綺麗で色っぽかった。
「ワンピース似合ってて可愛いよ」
『えっ嬉しいありがとう』
「そんな服持ったたんだね?」
『妹に借りてきた』
「似合ってて綺麗だよ」
『良かった。こんな服久しぶりだったから心配だった』『帰って急いで着替えてきたの』
「俺のためかな?だったら嬉しいな」
『うん』
エリコは笑顔で俺を見ていた。
「じゃーお店予約してあるから行こうか」
『うん』
さっと左手を出すとエリコは当たり前の様に握ってきた。
お店に移動している間はすれ違う男性が皆エリコのワンピース姿で強調された巨乳を見ているような気がした。

その後、お店に入り食事とお酒を楽しんで時間もまだ早かったのでバーで軽く飲んでから帰る事にした。
バーに移動すると酒のおかげもあってか距離が近く、軽いボディータッチをしても受け入れられた。
軽く飲んで帰る途中もお酒が入って無防備になったエリコはさらに近く巨乳が腕に当たる。
いつもと違うエリコがいやらしくてたまらなかった。

俺のアパートに着き部屋に入るとすぐに抱きしめてキスをした。
エリコも酔っているせいか、ぎこちないが舌を絡めてくる。
「今日のエリコとてもセクシーで綺麗だよ」
『ほんと?』
そのまま服の上から触り始めると
『シャワー浴びさせて』
「このまま、しよう」
『お願い』
「解ったよ行ってきな」
1日働いて汗もかいているから気になるんだろうと思いシャワーに行かせた。

エリコは前回と同様に先程まで着ていた服のまま戻ってきた。
でも今回のワンピースはもっと見たかったし、脱がせたかったので俺は何も言わなかった。
俺もシャワーを浴びて、少しお酒を飲みながら話をした。
でも、ワンピース姿が良すぎてじっと見ていたら
『なに見てるの?エッチ』と言われ
「やっぱり良いな、素敵だよ」
そう言ってキスをした。
そのままベットに移動してエリコを押し倒した。
『待って、ワンピースがシワになっちゃうから先に脱がせて。借り物だし』
「じゃー俺が脱がせていい?」
『えっいや!恥ずかしい』
じゃー、と覆い被さると
『解った。脱がせ』
「うん」
ワンピースの背中のチャックを下ろしていくと、キャミソールと下着だけの姿になった。
キャミソールも脱がせ、ベットに寝かせてキスをすると、エリコは慣れないながら舌を重ねて来る。
首筋を愛撫し始めると、お酒のせいか前回より声を出して感じている。
手はエリコの巨乳へ。
人より大きな俺の手にも収まりきらない、白く弾力がある胸をブラジャーの上から揉み、そのまま乳首を愛撫しようと思ったが、エリコの良い所を探したくなり攻め方を変える事にした。
エリコを横向きにさせ、うなじから愛撫して行くとエリコは悶え始めた。
『うっあぁっっ』
俺の舌は背骨にそって下がっていく。
『あっっんっんっっ』
エリコは更に声をあげる。
「背中気持ちいい?」
エリコは悶えながらコクンと頷いた。
俺の舌は腰まで来たところで上にもどる。
エリコの声が良く出た所で止まり激しく舐める。
『あっっっっうっんっ』
そのままブラジャーのホックを外し、仰向けに寝かせて白く大きな胸にしゃぶりついた。
小さめなピンクの乳首を唾液いっぱいで舐め回す。
エリコの悶えは止まらない。
俺の右手はエリコのマンコをパンティーの上から触る、すでに濡れている。
パンティーの上から刺激する。
『んっーあっっ』
俺の舌も股間へ。
パンティーの上から舐め始めるとエリコはもっといやらしい声をあげる。
『はっーあっんっっっ』
パンティーを脱がせると前回よりもしっとりと濡れている。
2回目とお酒のおかげか?それとも俺の丁寧な前戯のせいか?
俺の舌はマンコの周りから中に向かっていく。入り口に舌を突っ込むとエリコの悶えは大きくなった。
俺は攻めをやめない。
今度は小さなクリに吸い付きながら刺激する。
今回は指も入れてみようと思った。
「指入れるよ」
エリコから返事は無い。
きついマンコに中指を入れて行く。
スポットを見つけ刺激しながらクリを舐め回すとエリコの声は更に激しさを増し全身で悶えはじめた。
『ダメ!止めて!やめて!ダメ、いや!おかしくなっちゃう・・』
エリコが初めてイキそうなのが解った。だから俺はやめやい。
「大丈夫だよ。もっと気持ち良くなるだけだから安心して」
『イヤーダメ~』
ビクン、ビクンとエリコの身体が震えた。イッたようだった。
エリコの顔を見るとボーっとこちらを見ている。
「イッたね。気持ち良かったでしょ?」
『うん。おかしくなっちゃうかと思った』

エリコもう既にグショグショだ。前回と比べ物にならないくらい濡れている。
エリコの受け入れ態勢は整ったが、俺は自分のモノも触って欲しいと思いエリコの手を取り俺のモノに誘導した。
「触って」
『どうしたら良い?』
「握って上下に動かして」
「そー良いよ。気持ちいい」
「これがエリコの中に全部入っちゃうんだよ」
『そーなの?恥ずかしい』
そろそろと思いエリコに言った。
「入れるよ」
『うん』
エリコにしごかれギンギンになっている俺のモノをエリコの中にゆっくり挿入する。もちろん生だ。
やっぱりキツい。
でも、今回はよく濡れているせいもありスムーズに入って行く。
「痛くない?」
『大丈夫』
「動かすよ」
『うん』
ゆっくり動かし始めるとエリコも合わせて声をあげる。
『うっうんっあっあっ』
「大丈夫痛くない?」
『少し痛いけど、んっ気持ちいい』
俺は両手は巨乳を揉み口で乳首を舐めながら正常位で突き続けた。
突くたびにエリコから良い声がもれた。
俺は中に入っている所を見せたくなり、エリコの身体を起こし対面座位にした。
「チンコがマンコに入ってるの見える?」
『もーいや』
そしてそのまま身体を引き上げ俺の上に乗せた。
『どうすればいい?』
「腰を前後に動かして、自分の気持ち良い所に当てて」
エリコはぎこちなく動き始めた。
ぎこちなさが可愛くて笑ってしまった。
『もー』と軽く叩かれた。
最後は正常位に戻し密着しながら突き始めた。
「いきそう」
『うん』
「中に出してって言って」
『??』『中に出して』
「いく!」
エリコの奥に押し込んで精子を放出した。

『ドクドクしてる』
「うん、いっぱい出てる。気持ち良かったよ」
『わたしも』『何で中に出してって言わせたの?』
「その方がエロくて良いから」
『えっ、もー』
「初めてイったね」
『壊れちゃうかと思った』
「気持ち良かったでしょ?」
エリコは照れながら言った『うん』
エリコは少しずつ快楽に目覚めてきた。

翌朝、ノーブラTシャツ姿で寝ているエリコを見てムラムラが止まらなくもう一度中出しをした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
タグ: , ,
投稿No.8055
投稿者 サンドイッチン (47歳 男)
掲載日 2021年10月26日
45歳の頃、結婚願望が強くなり結婚相談所に登録をした。
そこで当時41歳のエリコを紹介されお見合いをした。
エリコは身体160cm位で普通体型、見た目も普通で少し地味めでな印象でだった。
そんな普通っぽさに妙に惹かれ交際がスタートし、とんとん拍子で結婚を前提としたお付き合いまで発展して行った。
その頃、俺はエリコの事を良い女性とは思っていたが恋愛感情は無く、ただ良い結婚相手としてしか思っていなかった、恐らくエリコもそうだっただろう。
普通に付き合うならここらで身体の関係も持ち始める時期だが結婚相談所では禁止されていた。
でも手を繋いでキス位はしたいと思いデート中にエリコの手を握ると、驚いた様子で手を離してきた。
「えっダメ?」
『驚いちゃって、うっうんいいよ』
もう一度、手を握るとエリコは凄く緊張しているようだった。
デートの帰りエリコを自宅近くまで送り、車の中で少し話した後にキスをしようと顔を近づけるとプイっと横を向かれて拒否されてしまった。
「ダメかな?」
『遊んでこなかったから、慣れてなくて』
以前から怪しいとは思っていましたが、ここで確信した。処女だと。
仕方なくハグをして別れたがハグしても直ぐに離され、まるで欧米人の挨拶のようだった。

その後も、そんな状態の交際は続き、なんとかキスをしたが軽くチュッのみ。
これからどーなるんだろーと先行きの不安を抱えながら、僕達の結婚話しだけ先に進んで行った。
とりあえず成婚して相談所を退会しようと考えエリコにプロポーズをした。
結果はOKだった。

後日、相談所へ成婚退会の手続きに行く事となり、その日はうちに泊まっていかないか?と聞くと行きたいと言ってくれた。
普通ならその日は覚悟して来てくれるんだろうが、エリコの場合は違う。
男兄弟がいるせいもあってか、うぶなのに変に男なれしている所があって、何か有るとは思っていない。
念のために言っておいた。
「うちに泊まるって事は、そうゆう事だからね」
エリコはよく分からない様でキョトンとしている。
少し経った後、気が付いたのか顔を赤くしながら下を向いてコクンと頷いた。

当日になりエリコと待ち合わせ場所で会うと緊張している様、手続きでは無くその後にだろう。
無事に手続きも終わり祝福されながら相談所を後にして、夕飯の買い物をして俺のアパートに着いた。
エリコは緊張しっぱなしだったが、俺が作った夕食とお酒で落ち着いてきた様子だった。
お酒を飲みながら話しをしていると良い雰囲気になってきたのでキスをして身体を触り出すと、エリコはシャワーを浴びさせてほしいと言ってきた。
緊張のせいもあって汗をかいているようだった。
タオルを渡すとシャワーに行った、待っていると先程と同じ服で出てきた。
「着替え持って来てないの?」
『あるけど・・・後で着替える』
「そっか、じゃー俺もシャワー浴びて来るね」

シャワーを浴びて出るとエリコは1人お酒を飲みながらテレビを見ていた。
後ろから抱きつきキスをした。
「ベット行こうか」
エリコはコクンと頷いて言った。
『初めてなの』
「そうだと思ってたよ。優しくするね」
『うん』
部屋を薄暗くして、エリコにキスをすると強張っていた。
ディープキスをした事が無い様なので少しずつ舌を入れていくと、エリコも少しづつ絡めてきた。
「ディープキスは初めて?」
『うん』
「もうちょっと口を開けて舌を出してこらん」
エリコの出した舌に舌を絡めながらキスをした。
そして耳を舐め始めるとエリコは声を殺して悶え始める。
「声出していいんだよ」
そのまま首筋へ。
『んっん~んっ』
エリコの服を脱がし始めるとシャツの下にキツメのサポーターの様な服を着ていた。
恥ずかしそうにしているエリコを見ながら、その服も脱がすと大きい胸が溢れ出て来た。
DカップかFカップは有るだろう。
コンプレックスなのか?隠していたのだろう。
「オッパイ綺麗だね」
『そんな事無いよ、恥ずかしいあんまり見ないで』
俺は片手でブラジャーの上から乳を揉みながら口てブラジャー上から乳房を舐め出す。
『んっあっっ』
エリコやっと声を出して感じ始めた。
ブラを脱がすとたわわな胸が溢れてきた。白い肌に小さめの乳首、形もきれいだ。
誰にも触られた事が無い胸を揉みながら乳首をたっぷりの唾液を含んで舐め続けるとエリコは手で口を押さえなが悶えている。
エリコのズボンに手をやると少し抵抗されたが、そっと脱がせた。
もしや下も何か履いているのではと思ったが、パンティ1枚だった。
口は胸をいじりながら手を下へ持っていくとエリコは俺の手を押さえる。
そっと手をどかして尻から股を触って行くと、更に恥ずかしそうになるエリコ。
身体は小刻みに悶えながら口を押さえたままの小さな声が漏れている。
『んっんっっー』
パンティの中に手を入れると、きっと処理をしていないだろう、毛が多めだ。
そのまま股を触るとしっとりと濡れていた。
「濡れてるよ」
『恥ずかしい』
「みんなこうなるから大丈夫だよ」「触るね」
エリコは初めて男にクリを触られビクっとし『あっっ』っと声をだした。
そして舐めながら下へ進んでいくと、より悶えるエリコ。
そして股に顔を埋めようとした時
『ダメ、汚いよ』
「大丈夫だよ、気持ちいいから。力抜いて」
そして股に顔をうずめると綺麗なピンク色のマンコが見えた。
周りからだんだんと中へ、そして小さなクリに吸い付きながら舐めまわす。
『うっあっっはっ~』
エリコは悶える。
でも処女だけあってなかなか濡れない。
念のためとローションも用意していたが、何とか挿入できる位は濡れたので
「そろそろ入れるよ」
『うっうん』
エリコの緊張が高まっているのが解る。
そのまま生で入れようとするとエリコが言う
『ゴムは?』
「俺達、結婚して子供作るんでしょ?」
『うん』
「なら、大丈夫だよね」
『うっうん』
少し強引だったが、そして誰のモノも入った事のない中へ少しずつ入れて行く。
中はやっぱりかなりキツい。
「力ぬいて」
『痛い・・・うっいたっ』
俺のモノがエリコの中に全て入った。
エリコはシーツをギュッと掴んで痛みを堪えている。
「動くよ」
『うん』
ゆっくりと動き始めると
『うっいっ痛い』
「大丈夫?やめる?」
『大丈夫我慢できる』
「じゃー動くよ」
エリコの中はキツいが少しずつ液が分泌されているようで滑らかになってきた。
『うっいたっあっあっ』
エリコは痛さと別の声をあげるようになってきた。
俺はエリコに大丈夫か確認しながらゆっくり腰を振った。
「どう?痛い?」
『痛いけど、気持ちいい感じも少しある。変な感じ』
エリコのキツさも有り、射精感が増して来た。
「いきそう、少し早く動いても大丈夫?」
『うん』
エリコを正常位の状態で抱きしめながら動かした。
エリコは俺を強く抱きしめ痛さを堪えてるようだった。
『うっぐっいたっあっあっ』
「いくっ」
エリコの奥に俺のモノを押し込み、溜まった精液を全て放出した。
『ドクドクいってる』
「解る?ぬくね」
エリコのマンコから抜くと血は少しだけ出ていた。
中に放出した精子は出てこなかった。
そしてエリコを抱きしめキスをした。
エリコは恥ずかしそうにしていた。

「シャワー浴びる?」
『うん』
シャワーから出たエリコはTシャツ短パンに着替えていた。
Tシャツ姿の巨乳はそそられた。
俺もシャワーを浴びてセミダブルのベットに2人並んで横になった。
「どうだった?」
『痛かったけどチョットだけ良かった』
「そっか、少しずつ気持ち良くなってくるよ」
『中で出した?赤ちゃん出来ちゃうね』
「俺達の40代だよ。そんな簡単に出来ないよ」
『そうなの??』
「そーだよ。赤ちゃん作る為にはもっと日を考えて、いっぱいしないとだね」
『うっうん。恥ずかしい』
「エリコ胸大きかったんだね」
『コンプレックスで隠してた』
「隠す事無いのに、綺麗だよ」
『えっ、恥ずかしい。でもありがとう』
「今度俺と会う時はサポーター禁止ね」
『えっむり~』

ただの結婚相手としか考えていなかったエリコの事が少し愛おしく感じた。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
タグ: , , ,
投稿No.8040
投稿者 靖之 (40歳 男)
掲載日 2021年10月08日
投稿No.7958の投稿の続き。

今年の3月に初めて関係を持ってからというもの、素直にというわけでもないが中出しできる遊び仲間で、人妻の莉奈さん(45歳)。
下半身は少し緩めだが、年齢を考えても避妊にそれほど注意を払う必要もない便利な存在。
莉奈さん本人は中出しには納得しておらず、外に出すように言われるが、いつも無許可で中に出しているので、自分の中では何となく中出しが当たり前になっている。
もちろん、毎回のように出した後は怒られるのだが。
莉奈さんはとにかく下半身を舐められるのが好きで、しかも騎乗位で挿入してぐいぐい押し当てているだけでイってくれるため、長持ちしない自分にとっても都合がいい存在。

莉奈さんは色々なことに興味を持っているようなので、これまでお風呂で身体を洗いながら、何度かアナルに指を入れようとしたものの、いつも指先を入れるだけで
「いや~ん、そっちはダメ。入らないし無理」と拒絶されていた。
先月のこと、お互いにソープをつけて身体を洗いながら、左手でクリちゃんを刺激し、右手の人差し指でアナルを攻めていたら、指がスルっと入ってしまったではないか。
「あっ、いや、ダメっ」という声を無視して、せっかくのチャンスと思い、アナルに指を出し入れしていると、最初は嫌がっていた莉奈さんの様子がおかしい。
腰をくねらせながら抵抗していた力がだんだんと弱まり、
「あっ、あーっ、あーーーーっ」と喘ぎ声を上げ始め、ついには
「ダメ、い、イクーーーーっ」の絶叫とともにガクッと風呂場でしゃがみ込んでしまった。
これは初めてではないなと思って問い詰めてみると、実は前に付き合っていた男性に仕込まれ、指だけは許したとのこと。
中が感じるのは自分でも分かったそうで、指は気持ちいいものの、イチモツは大きくて痛いから入らないと言っていた。
これまでアナルも舐めていたが、入口部分はあまり感じないということで、反応を示さなかったことにも納得。

そして先週、再びお風呂でアナルを指で攻めてみると、やはり1~2分ですぐにイってしまった。
しゃがみ込んだ莉奈さんをもう一度立たせて、バスタブに両手をつかせ、バックから今度はアナルに当てがってイチモツをグイっと挿入。
「あっ、い、いや、いやーっ」の声とは裏腹に、イチモツはすんなりとアナルにおさまった。
そのままバックから突き上げると、莉奈さんの喘ぎ声は大きくなり、わずか30秒ほどで、
「い、いっ、イクーーーーっ」と絶頂に達してしまったではないか。
莉奈さんは「まさか入ると思わなかった」と言ったが、痛がる様子もなく、絶対にこれは経験者だと悟った。

ベッドに移動して、いつものごとく、クンニでたっぷりイってもらい、莉奈さんの絶妙なフェラをゆっくり堪能してから、前の穴にそのまま挿入。
しっかり感じながらも、
「今日は危ないから絶対に外に出して」と懇願。
危ないのならば、なおさら中に出したくなったものの、あまり締まり具合が良くない莉奈さん。
先ほどのアナルはよく締まって気持ち良かったため、風呂場からこっそり持ってきたローションを後ろの穴に塗り、マングリ返しの状態でアナルに挿入。
「えっ、いやーっ、やめて。あ、あっ、あっー」と言いながらも、徐々に喘ぎ声が高まる。
そして程なく絶頂を迎えた声とともに、自分もアナルの奥で果てた。

行為が終わって聞くと、やはり前に付き合っていた男性から仕込まれていたのだが、恥ずかしくて内緒にしていたらしい。
これまで旦那以外には、3年ほど前に付き合った男性しか経験がないとも言っていたが、それもどこまでが本当なのか怪しくなってきた。
とはいえ、久しぶりのアナルは気持ち良く、危険日でも妊娠の心配はしなくていいので、これからはさらに重宝しそうだ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
1 2 3 4 5 6 60
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)