中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7931
投稿者 DORAGON三郎太 (43歳 男)
掲載日 2021年5月29日
僕には三つ下の妹がいます。
その妹の体に興味を持ち、そして中出しに至るまでの経緯を書かせて頂きます。
何分、長文、乱文ではございますが、よろしくお願いします。

家族構成は父、母、妹、そして僕。家は昔から裕福とは言えず、部屋数の少ない賃貸で暮らしていました。
なので、小さい時から妹とは同じ部屋、しかも同じ布団に寝ていました。

僕が小学4年の時、偶然テレビドラマで濡れ場を見ました。綺麗な女優さんに俳優さんがキスしながら覆い被さり、下半身を絡めていて当時の僕には強烈でした。
愚息が強烈にボッキして、収める術を知らない僕は、股間を隠しながら過ごしました。

それが忘れられずに、妹の大きなぬいぐるみを抱きしめて腰をヘコヘコしたりしていました(濡れ場の再現)。
いわゆる床オナニーみたいなもんだと思います。ですが当時はまだ小4ですので、射精どころかイク感触も味わえませんでした。

また後日のテレビで「ランバダ(男の股間に超ミニスカートの女の太ももを擦り付けながら踊るダンス)」を見てしまい、たまらずトイレへ行きました。
誰に教わるともなく本能的に愚息をしごいていると気持ちよくなり、やがて経験したことのない快感が全身をめぐりました。
稲妻のようでした。
亀頭の先に、ちょびっと何か出てました。

オナニーの快楽を覚えてしまった僕は、誰もいない時に、ぬいぐるみ使ったり、隠れてどっかで愚息をしごきながらオナニーしまくりました。

小学5年になると、ついに白い液体が滲み出るようになりました。
僕は異変に驚き、しかも変な匂いに更に驚きました。
あの時はたしか、オナニーやりすぎてこれから死ぬと思いました(笑)

さて、こうなってくると次第に女に乗ってみたくなるわけです。
ターゲットになるのは当然、毎日同じ布団で寝ている妹です。

中1になり、ついに悪事に走り出しました。
小4になった妹は、まだまだ子供ですが僕には十分でした。
ですが、当時まだSEXの具体的な事は全く知らずに、妹のパジャマのズボンを脱がせて太ももに愚息を擦り付けながら抱きしめてました。
初めて見たドラマの濡れ場は強烈だったので、僕には正常位しかありません。
それにランバダの衝撃も強く、女の太ももに愚息を擦り付けるのが最高に気持ちいいと思ってました。
とはいえ生の愚息を擦り付ける発想はなく、パジャマのまま覆い被さって太ももオナニーしていました。
起きるんじゃないかとドキドキしながらやったせいか、やたらと興奮して自分のパンツの中に思い切り射精してしまいました。
なのでベチャベチャなまま寝ました(笑)
ですが、めちゃめちゃ興奮して気持ち良かったので、定期的に続けました。

しかも、妹が起きたことは一度もなかったんです。

中2になると、具体的なSEXの話題が男子の中で出るようになりました。
しかもアダルトビデオの貸し借りまで始まりました。

自分が見た初めてのAVは、いきなり無修正で、しかもラストは局部アップで中出し。
とんでもない衝撃でした。
デカチンをビクビクさせながら「お…お…」とか呻いて、抜いたらマンコから信じられないくらいの精子がドロドロ出てきてました。
思わずトイレに駆け込むと、触れただけで過去最高量の射精となりました。

その晩、僕は寝ている妹のマンコに入れてみようと思いました。
小5になり、最近胸が膨らみ始めてきたとはおもってました。いつものように覆い被さって抱きしめてると、まだ小粒だけど「胸がある」という感触が出てきてたんです。
僕はその胸を揉み揉みしながら、布団をすこし外すと、妹はTシャツとパンツのみでした。
比較的色白で、少し肉感的にもなってきてたんで、不覚にも鼻血出そうなほど興奮しました。
そのパンツをゆっくり下げると、初めて目の前に女性器が。
妹のものとはいえ、マンコはマンコです。無毛の初めてのワレメに興奮しないはずがない。
しかしながら、なんも知識のない僕は、ギンギンになってる愚息をいきなりマンコに押し当てました。
ドキドキして息が荒く、手も震えてうまくいかないものの、明らかに入口にあたりました。
その瞬間、亀頭に電流のような快感が走ったんです。
「あ、や、ヤバイ!!」
僕は焦って体を離し、脱ぎかけにしていたパンツを履いた瞬間にドクドクドク!と、止まらない勢いで射精が始まってしまいました。
めちゃめちゃ気持ちよかったのですが、焦りました。
しかも妹がもぞもぞと寝返りしながら
「い…たい…」
と呟いたのです。膜までいってたのかもしれません。

さて、異変に気付かれたのか、僕に対する妹の態度が変わり始めました。
『ニイニイ』とか呼びながら懐っこい子なのですが、少し黙り気味になってしまったんです。
流石に気まずいので、相変わらず一緒の布団には寝ますが、しばらく何もしませんでした。

1週間ほどして、急に大人しくなった妹に「なにかあったのか?」と聞くと「ニイニイには関係ない!」と、バッサリ切られました。
僕には関係ない、ということは、あの晩の事も関係ないらしい(?)

この件からすっかり妹の体に触れなくなりました。触りたいし前みたいにしたいのに、ちょっと手が出なくなったんです。

月日は流れて僕は中3、妹は小6となりました。
バスケットボールをやってるおかげで妹の背丈もすっかり伸びて、僕が170に対して既に155センチとなってました。
十分に成人女性並みの身長です。
色白で透明感ありますが、いつも黒縁のメガネに黒髪の一本縛りなので、ちょっと地味な妹です。
学校では見た目の通り清楚で大人しいようですが、僕の前では快活でたまに破天荒です。ギャップがすごいです。

僕との関係がギクシャクしていた理由は、どうやら生理が始まったから、だったようです。 

そんなこんなでまた、妹と仲良く遊ぶようになり、相変わらず同じ部屋で寝ていました。
とはいえ、さすがに布団は別々になりました。

一年近く触れていない妹の体。ある晩ついに我慢できなくなりました。
妹の布団に潜りこむと、相変わらずTシャツとパンツだけで寝ていました。生脚の感触…これまでになかった、肌のモチモチ感と柔らかく肉感的な感触がありました。
僕は理性が飛び、久しぶりに妹の体を抱きしめました。モチモチと柔らかい太ももに愚息を押し付けながら抱きしめていると、ふんわりとした抱き心地をかんじました。
こ、これは。
胸がめっちゃ膨らんでいる!
あの頃はでかく感じましたが、今考えるとCカップだと思います。
思わず夢中になって揉みまくりました。
その手にだんだん力が入り、乳首をいじると、それが固くなってきました。
妹はノーブラでした。僕は妹の胸が見たくなり、Tシャツをずり上げるとプルンとお椀みたいな胸が見えました。
かなり感動しました。生の乳に手を這わせて、柔らかい感触を脳に刻み込むように触りました。やわらかい…やわらかい!そして乳首がプニプニしている!
しかし、その感触が愚息とリンクしてしまい、妹の太ももに擦り付けながら射精してしまいました。
しかしそれでも乳いじりは止まりません。
が…

「んっ…あっ!ニイニイ?」

なんと妹が起きました。僕は絶好調に妹の胸を揉みまくり、おまけにパンツの中は射精したてのベチョベチョ。逃げ場はありません。
流石に言葉を失いましたが、まずは謝ろうと思いました。
「ご、ごめん…」
妹はTシャツを直しながら、なぜか僕にニコッとしてまた寝ました。
あーあ、ついにやっちまったか…
大きくなってきたし、色々敏感なんでしょうな。

その後の妹、まるで何事もなかったかのように振る舞ってくれてました。
しかしそれから数日後。

「ねえ、ニイニイ」
寝る布団を敷きながら妹が話しかけてくる。
「今日も遅くまで勉強するの?」
「んー。今日は疲れたから、もういっかな」
「したらさ、ニイニイと一緒に寝たいな」
おおっと!
まさか妹からこんなこと言うとは。
一体どういう考えなのか。
「えー、なんで?どうしたの」
嬉しいくせに質問を叩き込む。
「ニイニイさ、私の胸もんでたじゃん」
やっぱり覚えていたぁ!!
「うん…まあ…」
「だからニイニイのペニス触らせて。あと見せて」
おいおいおい。しかもペニスって、絶対に保健体育で習ったばかりだろう!
断る理由もないので、久しぶりに妹と同じ布団に入りました。

妹は相変わらずTシャツとパンツのみで布団に入ってきました。その姿が僕の性欲を掻き立てているとは、はたして気づいていたのか。
一緒に布団に入った時点で、愚息は当然ビンビンです。それを妹は何の躊躇もなく握ってきました。
他人に握られるなんて当然初めてです。パジャマ越しとはいえ、妹の手に握られることで自己の支配下にない圧迫と刺激がありました。
「ニイニイ、すっごいカタイ…こういうもんなの?」
「こ、興奮すると固くなる…」
「ふうん。妹でも興奮するの?」
意地悪な顔で聞いてくる。明らかにニヤニヤしている。
「だから胸さわっちゃったんだろ」
開き直ってみる。
「…さわりたい?」
「そ、そりゃ…」
面と向かって聞かれると吃る。
しかも、この状況で胸触ったらイってしまうかもしれない。それほどに興奮していました。それだけは…恥ずかしい!
「みゆのお姉ちゃんがね」
みゆは妹の大親友。
「ペニスを舐めると男の人が喜ぶって言ってたよ」
ぶふっ!!
さすがに驚きました。
「お姉ちゃん…何歳なの?」
「高3だよー」
妹は愚息を撫でる手を休めません。
きっと『みゆのお姉ちゃん』は既にSEXをしていたんでしょう。
しっかし、それを小学生に言いますかね普通…。
「えっ!?俺の舐めてみたいん…?」
咄嗟に出た素朴な疑問。
妹は静かに頷きながら
「ダメ…?」
と可愛く聞いてくるのです。
さすがに恥ずかしいし全力で断りましたが、初めて「フェラチオ」という別の発想が生まれた瞬間でした。

散々に愚息を握られ触られ、興奮している僕は妹の胸に手を伸ばしました。
「あっ!まだいいよって言ってないのにー」
相変わらずノーブラで柔らかい感触。乳首のプニプニした感触まで伝わってきます。
すっかり心臓がドキドキして鼻息が荒くなってしまい、妹を抱き寄せて両脚の間に片膝を割り込ませました。
「あっ!ちょっ!?ニイニイ!?」
妹が驚くのもお構いなしに、胸を揉みながら太ももに愚息を押し付け、擦り付けました。
「えっ!?えっ!!どうしたの!?」
そして、いつもしているように妹の体を抱きしめながら腰を動かしました。
妹は驚きながら体をモゾモゾ。今までにないその動きが、僕を更に興奮させました。
妹の柔らかい抱き心地を感じながら、一気に絶頂を迎えてしまい、
「うっ…ううっ!!」
またしても、パンツの中に大量射精…。

そして正気に還ると「あっ、ヤバイ!」と思いました。
妹が泣いている…。
僕は大興奮の余韻に浸る間もなく、妹をなだめる事に。
「ううっ…ううっ…、だって…グスン…ニイニイなんか怖かったよぉ…」
最も恥ずかしい本能的な行動を見せた上に、妹を泣かせてしまうとは…。
抱きしめてなだめてると、母が仕事から帰ってきた音が聞こえました。

翌日、妹は口も聞いてくれず、寝る時も布団を離して向こうを向いてる始末。
またしばらく妹に触れないなぁーなどと反省ゼロな事を考えてました。
すると、
「…ニイニイ、起きてる?」
なんと、話しかけてくれました。
いやいや、何を言われるのか…
「起きてるよ」
少しソフトに答えました。
しばらく何も言いませんでしたが、急に静かに笑い始めました。
そして僕の方を向いて
「ねえねえ、昨日ペニスから何出てたの?オシッコじゃないよね?」
ぶふっ!!
なんと昨夜は僕の方が先に寝たらしく、僕のパンツに手を突っ込んで愚息を触りまくっていたようです。
「すっごいヌルヌルしてて、手ベッタリになってビックリした!」
恥の上塗りじゃあ!
さすがに僕は何も言えなくなりました。
「もしかして…あれが精子?」
「ま、まあ…」
「ねえねえ、精子出る時ってどんな感じなの?どういう時に出るの?」
「えっ…?き、気持ちよく…」
少しフェイドアウトしてしまった。
「き、も、ち、いいの?」
「そう…」
すると妹は僕の布団に入ってきました。
今日もTシャツとパンツだけ。
僕は驚いて後退りしそうになりましたが、今日は妹のほうから抱きついてきました。
「みゆのお姉ちゃんにね、昨日のこと話したの」
げげぇ!!
な、なんてことするんじゃい…。
「そしたらね、『お兄ちゃん興奮したんだねー』だって」
ぐふうっ!恥の上塗り…いや、恥のトリプル…。
「『お兄ちゃんはドーテーなの?』って言ってたけど、ドーテーって何?」
おいおいおい!!
「あ、あとね、『SEXするなら、コンドームつけたほうがいいよ』って言われたけど、コンドームって何?」
いやいやいやいやいや!!
そこまで言われたなら教えてもらえよ!!
「『お兄ちゃんに聞いたらわかるよ』だって」
ぎゃふん。
「あ、それでね、『3個だけだよ』って言ってコレくれたの」
と言いながら布団から飛び出し、バックの中から小さい四角いの3個…。
コンドームじゃん!
「こっ!?母さんに見つかったらなんて…」
「見つからないよー。大丈夫大丈夫」
根拠のない自信。
「ニイニイ、それでね…」
今度はなんだ。
「昨日のニイニイのでベッタリになった手で、ココ触ってたら気持ちよくて…」
と言いながら自分の股間に手を当てる…。
げげぇ!オナニーしたんかい!
女もするとは当時知らなかったから、さすがに驚きました。しかも精子まみれの手で!
そして、いつの間にか僕の愚息も絶好調…。

「ねえ、ニイニイ。舐めていい?」
もう断れない…。
僕のパンツをずらして愚息がニョキッと出ると妹は手を叩く勢いで喜び、興味津々で眺めてつついて握って、
「カッターい!でっかーい!血管すげー!!」
なんと、電気をつけられました。
「えー!もじゃもじゃー!」
恥ずかしいけど、もうどうでもいいや。
そして徐にコンドームを被せてきました。
今思えば不思議な話ですが、当時はそんなものなのかなー程度にしか感じませんでした。
どっちが表でどっちが裏などと知るはずもありません。適当に被せてきましたが、はじめてのコンドームの感触は不思議でした。
「ふふふ…」
と楽しそうに僕の愚息を舐め始めました。
舌がレロッと裏筋に当たるとビクッとなりました。気持ち良すぎて。
未だかつてない刺激に、愚息はすっかりビクビク痙攣のようになっていました。
コンドームしてなかったら、これで発射してたかも。
友達のお姉ちゃんに教えてもらったのか、亀頭をベロベロ舐めてくるのです。たまらん刺激に一気にヤバくなり
「うっううっ!ううっ!!」
コンドームに射精しました。
妹は、舐めていて急に白いものが発射された事に驚いてましたが、直後には大喜びしてました。
「あっスゴイ!精子だ精子だー!!」
どんな小学生だよ!

コンドームを上手く外せずにドロドロと流れてしまい、僕の愚息も陰毛もデロデロになりました。
精子まみれの愚息を妹はすかさず握り、ベッタリと手に纏わせると、なんとその手を自分のパンツの中に入れたんです。
げげぇ!昨夜こんなことしてたのか…。
そんな姿に僕はまたしても理性を失い、下半身丸出しで妹に襲いかかりました。
「ああん!ベッタリしてるー」
射精したての愚息を太ももに擦り付けました。この時初めてナマで擦り付けたわけです。太ももと肌の柔らかさで結構な刺激でしたが、射精直後のせいか平気でした。
「もー、ニイニイ!」
昨日のようには驚き嫌がらない妹。このまま片手を妹のパンツの中へ突っ込みました。
すると股間がめちゃめちゃヌルヌルでした。僕の精子でこうなってるのかと思いましたが、ワレメから絶え間なく温かい粘液が出ているのを感じました。
あっ!愚息が信じられないくらいに固くなり、僕は夢中で妹のパンツを脱がせました。
「えっ!?ちょっ…!!」
2回目の妹のマンコ。しかも明るい部屋です。ワレメの存在も、透明な粘液も、ピンクの内側もハッキリ見えます。
おおお…あまりの興奮に縦筋をヌルヌルといじってると妹は大声を出してました。
それにもお構いなしに、ただただ夢中で愚息をワレメに押し付けました。
あっ!め、めっちゃ気持ちいい…。
そのままググッと進むと
「いいい、痛い痛い!!」
妹が体をよじらせましたが、それに構わずズンズン押し進めました。
「う!ううん!きゃああ!!」
掠れ声を上げる妹。でも僕の興奮はもはやリミッターカットになっていて、ただただ快楽を求めるオスの本能のままに動いてました。
とんでもない刺激です。ヌルヌルの温かい感触に包まれながら狭い膣内を押し進み、真ん中まで行ったあたりで
「うっ、あううううっ!!」
腰も背筋も突き抜けるような強烈な快感が急激に襲いかかり、妹の膣の中へ思い切り射精しました。
もう、これまでで最高の快感でした。

一度中出しした膣の中は一気に愚息が進むようになり、さらに快感を貪るように腰を動かしながら妹を抱きしめました。
夢中すぎて、妹が泣いているのにも気づかずに、先ほどよりももっと奥の方で再び射精しました。
「うっ、ううあ…」
気持ち良すぎて妹をギュッと抱きしめましたが、妹は涙を流しながら息も絶え絶えに、まるで意識がないかのように脱力していました。
「あっ、す、すまない…」
謝ったところで何もならないでしょうが、変に焦っている僕は妹から体を離して、愚息も抜きました。
妹のワレメからはドロドロと精子が、少し血に染まったような色で出てきました。
声にならんような声で泣きながら肩を震わせる妹に対する申し訳なさと、白い脚をだらしなく開いて精子垂れ流してる姿への興奮が脳内でぶつかり合ってました。

「ニイニイ…」
ようやく絞り出すような声で妹が、
「痛かったし…赤ちゃんできちゃうし…」
どうやら泣き止んだようだ。
「ごめんな。大丈夫か?」
「大丈夫じゃないよ!!」
だよねー。汗
でも妹は、初めて中出しされたであろう自分のワレメを触りながら
「ニイニイの精子、出ちゃったの?」
「うん、出しちゃった…」
「気持ちくなっちゃったの?」
「気持ちよかった…」
すると、妹は流れる精子を自分の中に戻すように指を入れながら
「なら、よかった」
と急に笑顔で言ってくれたんです。
その愛しさに、思わず抱きしめてしまいました。

その時、母が仕事から帰ってきた音がしました。
「あ!母ちゃん帰ってきた!」
「ヤバヤバ!ニイニイ!ティッシュとってよ!!」
二人で慌てて片付けて、なんとか事なきをえました。
妹の処女喪失の出血が、極めて少なかったのがよかったのかと…。

長くなりましたが、続きはまた後日!
読んで下さり、ありがとうございます!

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:近親相姦
投稿No.7920
投稿者 k (36歳 男)
掲載日 2021年5月13日
私が若い頃一人暮らししてた時の話。

私には一回り上の姉がいる。
その姉が話があると私のアパートに訪ねて来た。
聞くと、離婚する事になったから少しの期間で良いから泊めて欲しいと…
元々姉は、その旦那さんと結婚する時両親から大反対され、半ば駆け落ちで一緒になった。
両親からも「アイツ(姉)とは絶縁だ!」と聞いていた。

親の元には帰れぬのは分かってたし、困り果ててる姉を放っておけず泊める事にした。
私も彼女にフラれ独り身だったし。
姉は歳が離れてる事もあり、私が子供の頃本当に良くしてくれた。
ただちょっとお節介というか、ヤキモチ焼きというか…彼女ができた時も見に来たり…と。
私の事を好いてくれてるのは充分に分かっていた。でも私も姉の事は好きだった。

そんな姉との共同生活が始まり、最初は元気が無かったけど徐々に笑うようにもなった。
一緒に酒も飲むようになり、半年程過ぎた頃にはいつもの元気な姉が居た。

ある日、実家で暮らしていた時の話で盛り上がる。
姉は元来積極的でいたずらっ子、私が風呂に入ってる時に覗きに来たり、「オチンチン毛生えた?」等聞いてきたりしてた。正直小学生時分の私には恥ずかしかった。
その時の事を話すと「だって気になってたから~」と笑う。
私も思春期の頃は姉の裸が気になり、着替えを覗いた事がある。その事を話すと「え~、全部見たの?」と聞かれ、「いや下着付けてたよ」と…そして少し酔ってたのもあり「本当は全裸も見たかったけどね!」と言ってしまった。
ちょっと気まずくなったかな?と思ったが、その後も普通に会話して終わった。

その日以降、姉に変化が…服が以前より色気あるものになる。
胸の空いたシャツや、ピチピチのジャージのズボン、しかも白なのでパンティがモロに透けてる…。
姉でしかもかなり歳上、普通考えられないが、気がつけば勃起していた。
日に日に姉の体が気になっていた。

そしてある日曜日、私が買物から帰ると姉が部屋の掃除を…掃除する格好と思えぬ服…シャツは胸元がだらっと開いたシャツ。下はタイトのミニスカート…まるでAVの様な格好していた。
シャツからはブラジャー丸見えの巨乳が見えた。
そして極め付けは床掃除。屈んでるとパンティ丸見え…しかも透け透けの物で、陰毛までハッキリ見えた。
四つん這いになると後ろからも丸見えで…(AVでよくあるパターン)これは完全に誘ってると判断。
思わず後ろから抱きつくと「何するの?離しなさい!」と言いつつも巨乳を揉む私の手を振り払おうとしない。
「ダメよ!やめて!」と言うもブラジャーを外す時も全く抵抗しなかった。
ずっと見たかった姉の巨乳。大きな乳輪と乳首吸うと「あん…あぁん…」と喘ぎ、股に手をやると既にびしょ濡れ。
乳を吸いながら手マンすると大声で喘いだ。
パンティを脱がし念願の姉のオメコ…薄い陰毛で具は丸見え。クンニし続けると愛液が止まらない。
そして「今度は私の番よ!」とパンツ降ろされ…「立派になったね!すごく堅いね!」と言いしゃぶりついた…竿から玉、そしてアナルまで舐めてきて私はイク寸前…

いよいよ挿入の時ゴムが無い事に気付き、「姉ちゃんごめん、ゴム無いからできない…」と言うと、「私不妊だから大丈夫よ!早く挿れて…それに姉ちゃんはやめて!名前で呼んで!」と…
実は私は経験が前彼女の一人のみ…しかも生で挿れた事無かった。
興奮と緊張交差する中、「N美…挿れるよ!」びしょ濡れのオメコはスルっと入り、私は初めて生で膣内を感じた。
かわいい喘ぎ声、波打つ巨乳、そして生オメコにすぐに絶頂…「あぁん来て~!」と同時に「N美!」と叫び中に射精…間違いなく今までで一番の絶頂、そしていつもより断然多くの精子が出たのがわかった。
抜くとオメコから大量の精子が流れ出る。初めての光景に興奮が冷めなかった。

「すぐイッてごめん…」に姉は「ううん、すっごく硬くて太くて気持ちよかったよ!」と笑顔で応えてくれた。
「私ね、ずっとkとエッチしたかったんだ~」とその笑顔が可愛くキスしてる間にまた復活!
2回戦は騎乗位。垂れたおっぱいがぶるんぶるん揺れる。貧乳の前彼女では味わえなかった光景。
バックでは巨尻とアナルに興奮。姉はバックが好きなようで、悲鳴にも近い喘ぎ声で2回イッてしまう。
姉が「もうダメ…死んじゃう~」と言うのでそのままバックで激しく突き2回目の射精。
オメコが波打つようにビクンビクンするのを感じた。
最高のSEXの一日だった。

人生初の生挿れ中出し…その相手が姉とは…誰にも言えない秘密。
当時姉は35歳。今思えば全然若いが、私の歳上好き、熟女好きが開花したきっかけ。
数年後に私が結婚(もちろん姉は大反対)し、またその後に姉も再婚したので関係は無くなってしまった。
でも他の熟女さんと楽しみながらも、またいつか姉とSEXするタイミングを伺っている。姉もしたいと言ってるし。(他のセフレ熟女さん達が居るのは内緒 笑)

長々と長文失礼しました。
読んで頂けたら幸いです。
また姉とSEXしたら投稿したいと思います。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:近親相姦
タグ: ,
投稿No.7863
投稿者 優子 (32歳 女)
掲載日 2021年2月26日
私は今年で結婚して13年になります。
嫁いだ場所はそこそこ田舎でが車などが無ければ不便でバスも平日2.3本がいいところです。

そして私は今その田舎の義実家で同居をしています。
義父、義母、夫、私、子供(男の子12歳、女の子11歳)で暮らしています。

嫁いですぐの頃は私もまだ若かったですが今で言うブライダルチェック的なのが凄く厳しい感じでした。
授かりものとはいえ妊娠が出来るかはかなり細かく調べられました。

いくつかの病院で異常はなく若いし体力もまだ大丈夫そうだし、いつ妊娠しても安心だよ。と励まされました。
医師からのお墨付きが貰った途端に義母の行動は早く結婚はそれはもうすぐに決まり、同居も同時に決まりました。
お墨付きが貰ってから婚姻届は次の日に出し、親族や少人数の結婚式というかお披露目もすぐセッティングされ、気づけば全てが終わってるくらいでした(笑)

そして、初夜ですが、これがまた一番驚きました。
まず医師にお墨付きを貰ったとはいえ、まだ安心できない、そしてこの家のしきたりで、新婦は義父と初夜から妊娠するまで夜は共に過ごしてもらいます。
猶予は3年、それまでに義父の子を産みなさい。その後に夫となった○○君(息子をこう呼んでた)の子を産みなさい。それが出来てこそうちの嫁です。
わかったなら、今夜から義父さんに頭下げてお願いしなさいね。

その日から私は義父に種付けをされる日々が始まりました。
夫はまだ妊娠してないお腹を撫でながら、親父の次は俺だよな…早く孕まさせたいよ…と勃起させうっとりしてしいました。
私は夫とセックスしたかったのですが、夫自身が、親父の子が妊娠出産するまで我慢するんだ…おまえの股に親父の精液があると思うとたまらなくなると言っました。

そして、義父との子はすぐに妊娠し家族皆が喜びましたが、赤ちゃんの性別が男の子との事でさらにヒートアップ。
私と義父の相性が良かった!すぐに妊娠+男の子なんて!さすが〇〇家の嫁ね!当然だわ!とお祭り騒ぎでした(笑)

安定期に入ってからも義父は赤ちゃんに精液をかけるような感じで〇〇家の「躾」だと言います。

そんな感じで特に難産にもならなく、長男が産まれました。
そして多分世のママさん達はおっぱいをあげるときに別室やケープなどで隠したりするのかと思いますが、退院してからの母乳は義父にも義母にも見られながらしました。
夫も溢れる母乳に興奮したような目つきで、義父と同様に時々母乳をペロリと舐めたりしてきてはニヤニヤと勃起させていました。

ですが母乳はあげていましたが初孫で男の子、しかも義父の血を継いでる赤ちゃんは義母にほとんどの世話を取られてしまい、離乳食が始まってからはそれこそやることを全て取られてしまいました。
そして義母は次は夫の〇〇くんの赤ちゃん産むんだからね!今はしっかり休みなさい、あぁまた義父さんとの子供でもいいのよ(笑)とずっとご機嫌で、こんな生活ではありますが幸いすぐに妊娠し赤ちゃんも異常なく産まれたので嫁姑問題のような嫌がらせ的なのはありませんでした。

母子検診でも異常なく医師も二人目も欲しいなら大丈夫そうと言われ、夫にそのことを話した夜に即抱かれ、毎晩どころか休みの昼間からでも激しく腰を打ちつけて奥でビュクビュクと注げるだけ注いできました。

昼間のセックス中は義父が見に来て、まんぐり返しにされ精液がたぷたぷに入ってるおまんこを拡げで見ては、この調子ならまたすぐ孕んじまうだろ、この〇〇家に相応しい腹をした女が嫁いできたのは本当によかった。次の出産後は長男共に親戚達にもお披露目だからな。と言い部屋を出て行きました。

義父の言った通りすぐに妊娠し義母はさらに喜び、性別が女の子とわかってからは、男女両方産むなんてさすが〇〇家の嫁ね!と安定期をすぎ出産も無事に終えて、子供二人のお披露目がされました。
やはり義父母の親戚とあって、長男が、義父の血を継いでいるのは疑問にも思われず、義父の子を先に妊娠し男の子まで産むなんてこの家は安泰だな!と言い夫にはいい嫁さん見つけたな!と笑ってさえいました。

そして産まれて間もない長女の母乳時は親戚一同の前で上着を脱ぎ母乳を飲む長女のお披露目でもありました。
親戚のおじさん達は胸や身体を舐めるように見ては、こんないい嫁が来たんじゃチンコの休まる暇もないなぁとあかさらまに勃起させながらニヤニヤとしていました。

田舎特有のであり、すぐに子供の事などは近所に広まりましたし、それに伴い子供がいない家の方が来ては、ウチにも産んでくれないか?ときた方がいましたが、さすがにそれは却下されましたが、実は今ではピルを飲んでいます。
親戚方からまでもウチにも子供をと懇願する連絡がちょこちょこあり、義父母や夫は私に妊娠さえしなければ向こうも諦めるだろうと、言うこともありこっそりピルを飲んでは一部親戚の方に何度か抱かれましたが、もちろん妊娠せず、ピルを飲んでると思ってもいない親戚の方は、やはり〇〇家の嫁なんだな、いくら親戚とはいえ孕ませられないなんてなぁ…とそれきり抱かれてはおりません。

最近では親戚からの連絡もなく平和になり、子供達も手のかからないくらい成長したので、義父と夫が次は順番に精液を注いだらどちらの子が産まれるかの談義をしており、近々また私は妊娠することになりそうです。

ちなみに私の両親は離婚しており両方が疎遠で私が今結婚出産してるとこも知らないでしょう。
このような世間から見たら特殊な家族なのは私も承知ですが、義両親や夫と子供に恵まれて私は女としても、一人の人間としても幸せだと間違いなく思えます。

長々ありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦,近親相姦
投稿No.7852
投稿者 直紀 (36歳 男)
掲載日 2021年2月13日
(嬉しいことに)嫁さんの妹・Rちゃんから好かれていて止めればいいのにLINE来ると返信しちゃったりしてたんですがサシ飲みなんかは危ないので避けてました。
酔った勢いで、っていうのもあり得るんで^^;
けどそれも遂に。

昨年の11月、有難いことにこんな状況ながら仕事は忙しく家からも離れたところでの仕事だったので会社が負担してくれて平日だけホテル暮らしだったんです。
そしたらRちゃんからLINEがよく来るようになって僕も色々溜まってて、、
ホテルに呼んじゃったんです^^;
まぁ建前は軽く愚痴りながら飲みましょ、だったんですけど何本か飲んだら(多分飲まなくても?)下半身が熱くなってきてしっかり分かるくらいもっこり膨らんでしまい結局、「二人だけの秘密」という甘い誘惑に負けてRちゃんは僕のパンツを下ろしてペロリ。
恥ずかしいくらいビンビンの先っぽからはだらしなく我慢汁も出てそれも舌で舐めとってくれました^^;

もう僕の脳ミソは機能停止。何も考えてない。
実際、“行為中”の事ははっきりと鮮明に覚えてない^^;
ただ本能で、自然と腰が動く。
下半身が熱い。
Rちゃんの中の熱さが竿を伝ってカラダに流れてくるよう。
そんなに経験豊富でもないので腰振りが上手いわけじゃないのに腰振りが止まらない。
気付くとRちゃんの足を抱えてお互いのアソコ同士がピタッと密着したまま僕の竿がビクッビクッビクッと脈打つ。
すると返事をするようにRちゃんの肉襞が締めるように動く。
そのまま動けず、Rちゃんにゆっくり倒れる。
しっかり覚えているのはこの絶頂シーン。

どうやらそのまま1~2時間寝てしまい起きると当然、萎んで抜けてしまっていてRちゃんのアソコからはしっかりと僕の精液で湿っていました。
若干白っぽさが残る液体ながらばっちりイカ臭い。

お風呂場へ連れて行き指で掻き出してあげると多分精液であろうヌルヌルがなかなか取れず。。。
それどころか、指が気持ちいいみたいで「ん、、ん、、あんっ」と声が出始め、また僕の竿が堅くなり始めました^^;

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:近親相姦
タグ:
投稿No.7684
投稿者 普通が1番 (56歳 男)
掲載日 2020年8月04日
異性との生殖行為。
男の目線で言えば生中出し行為だ。
この行為に関しては記憶に残る物や忘却の彼方に消え去る物など様々であろう。
妻とのセックスは中出しがほとんどであったが数百回・・
いや恐らく30年と言う月日では1千回を超えているのではないだろうか・・・自宅の寝室が最も多い回数とは思うが行為自体が記憶に全くない。
子供も2人産まれているのだから間違えなく中出しを行っているハズなのだが・・・・。

妻とのセックスはさて置き、各人忘れられない中出し行為が存在するのではないだろうか?
今回は私が初めて中出ししたセックス体験を投稿してみようと思う。
それは今でも鮮明に覚えている40年前の夏の日の出来事であった。
当時、高校2年生だった私が、夏休みに母の姉であるいわゆる「叔母」の家に遊びに行った日の記憶である。

叔母の家には一人娘の静香がいた。
年齢は当時22歳。高校卒業後、金融機関に勤めているOLである。
母親同士が姉妹である静香とは幼い頃から旅行や食事など家族ぐるみでの付き合いがあった。
そんな静香を幼少時は「シズカおねえちゃん」小学校くらいからは「シズカねえ~」中学以降は「静姉~(しずねえ)」と呼称していた。
身長は160cmくらいと当時の女性の中では普通より少し高いくらいか・・・。
高校からいきなり身長が伸びた私はいつの間にか静姉を追い越していた。
体つきに関しては正直、憶えていない。
私のHN普通と同じに「普通」だったとおもう。
胸はむんずと鷲掴み出来た記憶があるのでそれなりの大きさだったのではないだろうか・・・。
本人曰く「D]だそうだが・・・・。

それは蝉しぐれが煩い夏真っ盛りの日の事だった。
幼い頃から交流があった縁で月1程度で叔母の家には遊びに行く事があった。
電車の駅で4駅。高校生の私にはチャリンコ・・当時はドロップハンドルのランドナータイプがステータスで多分に漏れず健脚を活かし、およそ20分で到着できる距離であった。
叔母の家に行く目的・・・静姉に中出しをする・・・。
当然当時はそんなこと1mmも考えておらず1977年に発売になったテレビゲーム15(CTG-15)をプレイする事が主眼であった。
ファミコンの原型となった任天堂のゲーム機である。
私は高価すぎて買ってもらえず、静姉が持つそのゲーム機を静姉の休みになる週末楽しみに足蹴く通ったのであった。
ゲーム機は静姉の個室に設置されており主不在時は従弟と言えど入室は拒まれた。

この日も午後からゲームに興じ(対戦型なので2人で行う)夕飯で一旦、中止し食事後再戦・・・。
40年前でも静姉の部屋には「クーラー」が設置されており夏の蒸し暑さも快適に過ごせるのだがゲームでの熱戦?のあまり、かなり汗をかいた記憶がある。
彼女は流石にシャワーを浴びてくるとゲームを終わらせた私は1人モードで遊んでいたが彼女が戻ってくると「フッちゃんもお風呂入ったら?」と声を掛けて来た。(普通が一番♪なので最初の1文字目のあとチャン付け)
私は帰ろうかと思い進言したが、明日が休みなので徹夜で遊ぼうと彼女から提言があった・・・様に記憶している。
叔母も母に泊まっていくことを伝えているみたいで外泊の許可が出たみたいだ。

風呂から戻ると先に彼女はビールで喉を潤していた・・。
「飲む??」
???未成年に酒を進めてどうする!?
しかも私も興味本位で過去にビールを2,3口飲んだことがあるが苦いだけで飲めたものでは無かった記憶がある。
「そんな苦いもんよく飲めるな・・」
「じゃあコーラにする!?」と部屋にある小型の冷蔵庫から缶コーラを取りだした。
やっぱり風呂上がりのコーラは格別~なんて思っていると
「一口頂戴♪」と私の手からコーラを奪い、そのまま飲み口に口を着けゴクリと飲んだ。
今でこそビールとコーラのカクテルで「ディーゼル」なるものがあるが当時は全く無名で彼女なりに美味しい飲み方として発明?したのだった。
因みにジンジャエールと混ぜると「シャンディガフ」である。
そんなことはさて置き・・(笑)

「ビールとコーラって相性良いのよ♪飲む?」(また未成年に酒を進める・・・)
「いや!いらんから!コーラだけの方が美味いよ」
と返した記憶がある。
ここからは鮮明に覚えているのだが・・・
「コーラもう一口頂戴~♪」
「どぞ」
「ふふ~ん間接キスしちゃったね♪」と悪そうな顔をして彼女が下から見上げるような仕草をした。
「べ、別に・・・キャンプとかで水筒回し飲みしてんじゃん」
「あ~~それとはちょっとちがうよ~~♪」
(どう違うんだ??)
更に静姉は「カノジョとキスしたことあるの?」
いきなり直球を投げて来た・・・。
「カノジョなんていないから」当時本当にいなかった。
「そなんだ!!じゃ女の子と手つないだことは?」
「フォークダンスで・・マイムマイムだっけ?」
静姉は苦笑しながら「あのね~~体育じゃないんだから」
「それなら静姉と白根登った時、手つないだよね」
昨夏日光白根に一緒に登った時最後のがれ場で私が静姉を引っ張り上げたのだが・・・。
彼女は大笑いして
「確かに手をつないだけど命がけだったよねwwwww」
ツボにハマったのか少しの間ケラケラと笑っていた。

「wwwじゃさあキスしたことも無いの??w」
「ああ、チャンス無いからね・・」
「そか~wwwじゃあたしとしてみる?Www」
「はあ~!?何言ってんの?」呆れ・・・。
「フッちゃん童貞でしょ?Www」
「ん?そりゃそうでしょカノジョ居ないんだから・・・」
「wwカノジョ居なくたって出来るじゃんwww」
「いやいや・・・相手いないっしょ・・・」
「じゃさじゃさww今してみようよwwww」
(何言ってんだコイツ・・・チョイ酔っ払いかあ)
「訳わかんない事言ってんな・・・・よ」
いきなり飛びついて来てキスされた・・・・ビックリ・・。

当時の青少年のバイブル週刊プレイボーイやGOROなど読み耽って多少の脳内イメージは出来ていたが、いざ実践となると経験値0何をどうして良いやら・・・押し倒される感じで静姉のベッドへと倒れ込んだ。
(オイオイ・・・)唇を吸われるままに、これがキスなのかなどと妙に他人事のようで冷静に観察した様な気がした。
彼女が厚手のTシャツを脱いだ・・・下着を付けておらず眼の前に上半身裸体の女の身体が浮かんでいる。
そこからは舞い上がって(緊張して)どう彼女を取り扱ったかイマイチ思い出せないが乳房を揉んだ記憶はある。
柔らかく乳首がピンク色・・いや桜色でピンと立っていた。
スエットを脱ぐとそこには黒々とした茂みが現れ・・・・。
こうなる状況を推察していたかのようにパンティを着けていなかったのだった。
ベッドに体育座りをしM字に開脚・・・・割れ目を見え易いように腰を前に突き出す形を取ってくれていた。
初めて眼にした女体の秘部・・・自分の身体が硬直したのを覚えている。
もちろん私のイチモツも硬直していて私の履いていたズボンを引き下げ「恋人同士ならこうするんだよw」と言って硬直したイチモツを咥えたのだった。
当時の私はビックリする経験だらけだったが、この時はビックリボルテージMax・・・・彼女の口から引き抜き
「何してんの・・・・・?」と言うのがやっとだった。
「えっwww恋人ならお互いのを舐め合ったりするんだよ」
「静姉したことあるのかよ・・・?」
「まあね~www」
ほんとかどうか判らなかったがクスっと笑った顔が印象に今でも残っている。

「ねえねえwwそれここに入れるんだよww」
自らの秘部を指さしニヤニヤとしている・・・・。
「入れても良いのか・・よ・・・」
「いいよ~www」
「コンドーム持ってないよ」
避妊具の知識は流石に持っていたので言ってみた・・・・ところ。
「・・・・うんwいいよ・・・・♪」
と上半身を起こしたままV字開脚で私を誘っている。
私も言われるまま彼女がイチモツに手を添え導く通りに彼女の股間に進んで・・・やがて彼女の奥底へ我がイチモツは沈んで行った。
その時は膣の感触や彼女の表情などつぶさに観察できる訳も無く・・・。
ただどのくらい時間が経ったのだろうか、マスターベーションとは明らかに違った射精感が込み上げてきた。
経験の無さから膣奥に射精してしまった・・・・。

「あ!!出たかも・・」私は思わず声を出してしまった。
「ああ~えっ!?ダメじゃん」トーンが下がった声で彼女が答えた。
引き抜くと白い液体が割れ目をつたわって流れ出てくるのが見えた・・・・・自らの精子が目前にあるのを初めて見て、しばらくの間眺めていた。
彼女が半身を起こしティッシュで拭き取っていた。

その後、何を会話したのか憶えていないが罪悪感に苛まれ寝静まった深夜の街をランドナーを飛ばして帰った。

静姉とはこの行為の後は私が遊びに行くたびにセックスをするという間柄になったのだが彼女はスキンを必ず用意していたのであった。
幾度となく彼女と身体を重ね、女の取り扱いもレクチャーしてもらい、その後の私のセックスライフの師匠とも言うべき存在となった。

静姉に生挿入膣内射精を行ったのは後にも先にも、あの日の1回限りである。
まさに”真夏の世の夢”

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:近親相姦
タグ:
1 2 3 4 5 6 18
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)