中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7856
投稿者 聡史 (26歳 男)
掲載日 2021年2月19日
投稿No.7812の続編

由香さんの会社の顧問税理士からの要望も聞いてプログラムを改良してから問題がないか確認するため、土曜日の10時頃会社を訪問すると、三人が話合っていた。
真由美さんや税理士から今のところ問題が発生していないので大丈夫だとの回答を頂き安堵した。
昼食に出前の上握り寿司を頂き、税理士の方も帰られたので、「僕もこれで失礼します」と言うと由香さんが「開発費用を受けとっていただけないので、温泉付きの会社の寮で夕食をご馳走したいのだが、時間の方は大丈夫ですか」「そんな事しなくて良いですよ」「聡史さん、由香さんの気持ちだから受けてあげて、私も一緒に行きますので」と真由美さんがぼくに話かけると「真由美さんと相談して決めてたんだけど駄目かな」「そこまで計画されていたのなら行きます」
由香さんが「それでは寮に向かいましょう」
言われ車で1時間半位で温泉街の離れの小高い丘に佇む寮に到着した。

寮は社員や家族で週末に良く利用してるとの事だった。
浴室は6人位が同時に利用出来る大きさで驚いた。
「聡史さん、浴室は、これまで男湯、女湯、家族風呂とその時の利用状況で使用しましたが、混浴は有りません」と意味深な事を由香さんが話すので「寮のお風呂で混浴は出来ないでしょう」と僕が答えると「男女で来ても何時も別々だから無いよ」と真由美さん答えてくれた。
由香さんが「これから湯船に温泉水を入れるので暫く待っててね」
15分位で十分な湯量になり「聡史さん、お風呂に入って下さい、5時過ぎに食事が来ますのでゆっくりどうぞ」「有難うござい。時間が有りますので温泉を満喫させて頂きます」「どうぞ、私達はテーブルの準備をしてますので」と由香さんが言った。
洗髪を終えて湯船に入っていると、ドアー越しに、由香さんが「聡史さん、背中を洗いましょうか」「自分で洗いますので大丈夫です」「遠慮しないで下さい」「大丈夫ですので」「分からました」
暫くして、真由美さんが「聡史さん、私達も入るけど良い」「え・・・・」と声をだすと同時にドアー開き、前も隠さず二人が入って来た。
僕のシンボルは湯船の中で即応態勢になってしまい、湯船から出る事が出来なくなり、当惑してると、由香さんが「正常な男性なら恥ずかしくないから、湯船から出なさい」
湯船から出ると、真由美さんが「こんな大きい亀頭部を見た事がないわ」
すると、由香さんが「私も、経験人数は少ないがこんなに大きいのは初めてだわ」
この時二人共、お互いに僕に挿入された事を知らなかった様だ。
「二人共、大きいバストなのでビックリしました。サイズはどれ位なの」「由香は100Hだけど」「私は100Gです」「冗談ですが、お二人のマンコに入れてみたいです」
真由美さんが「私は人妻だから無理だよ、由香さんはご主人を亡くされているからどうなの」「時々、したいと思う時も有るが行動はしてないよ、でも、真由美さんはご主人とレスだと言ってけどどうなの」「そうなんだけど、無理よ」「経験人数は何人位」
二人共、お互いの顔を見合い「由香は亡くなった主人を含めて5人、真由美さんは」「私は独身の時今の主人を含めて6人だけど、結婚後はゼロよ」「二人共、無理な様なので、拒否されると思うが、バックから2~3回位ピストンさせて欲しいよ」
暫く考え込んで、由香さんが「真由美さんどうする、混浴で挑発したのは私達だから、バックからの3回位のピストンなら、私は我慢しても良いよ」「由香さんがそこまで思っているなら、誰にも言わないと約束して頂けるなら、私も我慢するよ」「聡史さん、秘密に出来るね」「はい、約束します」「お風呂に入って綺麗に洗ってからにしてね」と言って由香さんが湯船に入ると、真由美さんも後に続いた。僕が身体を洗い終わると、二人が湯船から上がり二人共壁に手を着き「由香から挿入して」由香さんのマンコ挿入して3回ピストンして抜くと「何だか物足りない、聡史さんはどうなの」「物足りないよ、でも約束だから、今度は真由美さんに挿入するよ」「はい、お願いします」
1回目をゆっくり根元まで挿入すると「太いのが子宮口に当たるのが分かる、強く突いて」
突く度に「気持ち良い」と言い抜くと放心状態だった。
由香さんが「真由美さん大丈夫」「もっと突いて欲しいの」
僕が「後は風呂から出てから相談しよう」と声をかけて浴室を出た。

風呂から出て来た真由美さんはバスタオルを巻いたまま「このまま挿入して欲しいの」
由香さんが脱衣場から「聡史さん、真由美さんのお願いを聞いてあげて」「分かりました、前戯も無しで良いの」「直ぐ挿入して下さい」
正常位で挿入する事になり「ゴムが無いが生で挿入しても良いの」「はい、生挿入で良いです」「最後は外に出せば良いの、それとも精飲する」「どちらでも良いです、中出ししたいのならそのまま射精して下さい」「生中出ししても良いのなら、遠慮なく子宮口にかけるよ」「分かりました、そのまま射精して下さい」
挿入してピストンを開始すると直ぐに大きな喘ぎ声を出し「気持ち良い、強く奥まで突いて」
気が付くと横で由香さんが見てて「真由美さん、気持ち良い」「由香さんに悪いが、とても気持ちが良いの」「それはよかった」「でも、こんな恥ずかし姿を見られるの嫌だけど、私逝きそう」「真夜美さん遠慮なく逝って良いよ」「私だけこんなに気持ち良くなって」「真由美さん、もう限界だよ、発射しそうだよ」「良いよ出して」と言って足を腰に固定して「真由美さん、膣内射精されても良いの」「由香さん、良いの、生中出しされても」「出すよ」「出して真由美のオマンコに沢山出して」
射精が始まると「トクドク出てる、聡史さんの分身が私のあそこに」

暫くして抜いても逆流して来ないので「真由美さん、本当に出されたの」「沢山射精されたよ」と言って立ち上がり、自分で膣内に指を入れてかき出して「こんなに沢山出されたよ」とポタポタと床に白濁液が落ちた。
シンボルが回復後、由香さんをバックから挿入する事になり「私も生中出しで良いので、遠慮なく出して」
すると、真由美さんが「由香さん、私が中出しされたからと言って無理しないで」「安全日だと思うし、OCを服用してるから大丈夫だよ」
由香さんに挿入しピストンを始めると「気持ち良いです、久し振りの男根ですので、私、逝きそうです」「僕はもう少し大丈夫だよ」「気持ち良い、中に出して」
膣の締まりが直なり「由香さん、膣の締まりが強くなって来たよ」「もう駄目、沢山出して」「逝くよ、中に出すよ」「はい、来て」
射精が始まると由香さんは身震いをしていた。

暫くして抜くと大量の白濁液が床に落ちた。
それを見た真由美さんが「私の時と同じ位出たみた、私もう一度中出しして欲しい」と言われ、寮で一泊して翌朝、由香さんはは正常位で、真由美さんはバックから中出しをした。
二人から安全日に中出しで抱いて欲しい懇願され了解した。
パイパンが好きだと話したので多分次回はパイパンで来ると思う。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7820
投稿者 武雄 (58歳 男)
掲載日 2021年1月01日
カラオケ大好きでいくつかのカラオケサークルに入っています。
その中のひとりの女性とお互いに好意を持つようになりました。
といってもその女性は私よりだいぶ年上の60代半ばか後半くらいです。
旦那が亡くなって一人暮らしだと聞いてますますますます思いが強くなりました。

二人だけでカラオケハウスに行くようになりました。
感情をこめてデュエットをしてキスをするようになりました。

ついにラブホテルに行くのを承諾しました。
もう年だから体を見られるのが恥ずかしいと行って別々にシャワーしました。
ベッドの上で愛撫しながら裸にすると結構張りのあるむっちりした体でした。
しなびかけた乳房も愛撫していると膨らんでくるようで乳首も吸うと硬くなりました。
あそこに指を入れて動かしていると中がどんどん濡れて来ます。
息を弾ませてあえいできます。

私の堅くなったものを脇腹に押し当てるとそれをつかんでしごいてくれます。
両足をだんだん開いて入れてほしいと要求してきます。
挿入すると声を上げてのけぞりました。
腰を動かすと下から応えて動き私を抱きしめます。
我慢できなくなって、中に出していいかと聞くと出していいという。
そのままクライマックスに達したら彼女も痙攣して逝きました。

しばらく息を整えてビールを飲みながら話をしました。
旦那が亡くなってから4年ぶりのセックスだそうです。

しばらく飲んでからまた興奮した私は彼女の股間に口をつけてクリトリスをなめたり、吸ったりしました。
彼女は声を上げて下腹を波打たせました。
2回目を挿入すると、あんあんと声を上げました。
この年で妻とは月に2回くらいしかしないのに、一晩に続けて2回も挿入したのです。
さすがに2回目はなかなか射精に至らず、長いこと動きながら彼女の体を愛撫していました。
彼女がだんだん逝きそうになり声を上げ続けました。
射精したら彼女は両足を突っ張って私にしがみついてからガクガクと痙攣しました。
その後、しばらく死んだように動かなくなりました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ: ,
投稿No.7647
投稿者 聡史 (26歳 男)
掲載日 2020年6月03日
投稿No.7569、7595、7599の別編です。

土曜日に自宅で仕事関連の作業をしていると、母に「隣の理恵さんがパソコンが作動しないので調べて欲しいと玄関先に来てると」言われ玄関に行くと「メーカーのサービスに電話をしているが、1時間待っても繋がらないので、聡史さんにお願い出来ないかと思って」
「今、している作業が10時半頃終わるので終わり次第、お宅に伺います」
「宜しくお願いします。友達が遊びに来てるけど良いですか」
「構いませんよ」

10時半過ぎにお隣に行き、理恵さんから状況を聞き、直ぐに判断出来、修復に15分位掛かり
「理恵さん、大丈夫だと思いますので起動してみて」
「はい、起動できました。有難うございます」
起動時の見て「Windows7のサポートは終了してるよ」
「分かっていますが、何もしてないの」
「Windows10にアップデートしよか」
「費用はどれ位掛かるの」
「無償で出来るよ」
「お願いしても良いですか」
「構いませんが、時間が掛かるけれど大丈夫ですか」
「お願いします」
「アップデートを始めるね」

インストールを開始したので「一度、家に帰つてからまたお邪魔します」
すると、友達が「私には構いませんので、このまま続けて下さい」
「聡史さん、由香さんとお子さんの真衣ちゃんです」と紹介してくれた。
「真衣ちゃんおばさんと一緒に買い物に行ってくれない」
「お母さん、行っても良い」
「良いけど、おねだりしては駄目だよ」
「分かってる」
「お寿司屋さんに寄ってから帰るので12時半過ぎになると思うので由香さん、聡史さんのお相手を宜しく」
「はい」
「聡史さん、お昼は一緒に食べて」
「良いですか」
「お母さんその方が良いよね」
「私も歓迎だよ」
「聡史さん、決まりでね」
と言って買い物に出かけた。

理恵さんが淹れてくれたコーヒーを飲みながらテーブルの対面に居る由香さんが呼吸する度に動く大きなバストを見ていると、息子が硬直して来た。
由香さんが「何か変ですか」と聞くので
「バストの揺れが気になります」
「そうなんだ」
「はい、アップデートはまだまだ時間が掛かりますので、こんなに近くで見ると困ります」
「彼女は居ないの」
「女友達なら居ますが」
「どうしたいの」
「服の上から触ってみたいです」
「駄目だよ」
「そうだよね」
「良いわよ、軽く触るのなら」
「有難う」
と答えて由香さんの左隣に移り軽くバストに触った。
拒否されと思いながらバストを揉むと抵抗もなく許してくれた。
Tシャツの中に手を入れ、ブレのホックを外し、直接揉むと少し呼吸が荒くなり、喘ぎ声を我慢してる様だった。
構わず一気にGパンのボタンを外し、ファスナーを下ろしショーツの中に手を入れると洪水状態だった。
「由香さん、大丈夫ですか」
「久し振りで感じてしまい恥ずかしいです」
「変な事をして、御免なさい」
時計を見ると12時前だった。
「暫くすると、帰ってくるけど、聡史さんは入れたいみたいね」
「そんな事無いです」
「入れたいと顔に書いて有るよ」
「でも」
「私で良いのなら・・・」
「お言葉に甘えてお願いします」
「コンドームは有るの」
「持っていません」
「外に出せる」
「出来るよ」と答えると全裸になり「正常位で入れて」と言ってM字開脚になり、僕も直ぐ全裸になり、挿入してピストン運動を始めると
「私、直ぐに逝くかも」
「僕も溜まっているので」
と答え10分位で由香さんは両手を首に巻き、両足は腰に絡み
「深く突いて、もっと強く突いて」
「気持ち良いです、膣の締まりが強くなってよ」
「私、逝きそう」
「僕も逝きそうですが、これでは外に出せません」
「良いのよ、このまま強く突いて、突いて」
「もう我慢出来ません」
「一番奥に出して」
「中に出しして良いの」
「由香のオマンコに出して」
「逝きます」
と言って射精が始まると
「ビクビクして出てるのが分かる」

終わって抜くと暫く間逆流して来ないので「濃厚な精液を出されたからだわ」
12時20分頃に逆流が始まりトイレに走って行き処理をして帰ってきたが「まだ中に残っているが二人が帰ってくるので、ティッシュを当てておくわ」と言って服を着た。
僕も服を着てパソコンの前に座った。
「理恵さんには内緒にしてね」
「僕の方こそ」

暫くすると二人に帰り、お昼をご馳走になり、アップデート王少し時間が掛かるので一度帰宅して再度訪問した。
アップデートの確認をしタスクバーの説明をしEdgeとExpiorer11の両方が使用出来る事も説明し、お気に入りはEdgeは新たに登録が必要な事も話、両方のお気に入りに暈し無しの〇見×奈のアダルトを理恵シアター登録した。

21時過ぎにビックリするのが登録されており二人で驚いていますLINEが有った。
母に「理恵さんがパソコンをもう一度見て欲しとの事なので」
「こんな時間に行くと変に見られるよ」
「友達が泊りに来てるので大丈夫よ、変な事なんかしないよ」
「それなら行って見てあげて」

お隣に行くと二人は興奮気味で真衣ちゃんは既に寝ていた。
理恵さんが「時間も時間だから、由香さん暫くしてないなら私も協力するから、聡史さんにお願いしたら」
「でも」
「ご主人が亡くなってからした」
「もう5年以上してないよ」
話を聞くと昨年、癌でご主人が亡くなり闘病中も含めてセックスはして無いとの事だった。
年齢は36歳で172cm、100のHカップだと教えてくれた。
「あまり遅いと母に怪しまれるので」
「分かった、今夜は前戯無しで即挿入でお願いしたらどうかな、由香さん」
「でも、私・・・」
「聡史さん、理恵にバックから挿入して」
由香さんが驚いて「理恵さん、何を言ってるの」
「そうすれば、由香さんもやりやすいよね」
「有難う」
「これで決まりだ、理恵シアターのお陰だ」
と言ってスカートとショーツを脱ぎ下半身を露出させると
「理恵さん、パイパンにしたの」
「浮気防止に剃毛したにだが、由香さん為に一肌脱ぐよ」
「御免ね、変な事を聞いて」
テーブルに手を着いて「良いの、聡史さんにお願い」
「入れるよ」
と言ってピストンを始めると理恵さんも腰を振り
「気持ち良いです、聡史さんそのまま中に出して良いよ」
「生中出しで良いの」
「良いよ」
10分位で理恵さんに膣内射精した。

息子が回復しので
「由香さん、ぼくは大丈夫よ」
「私は、騎乗位でお願いしても良い」
「良いよ」
由香さんは全裸になり僕に跨り、男根を握り自分で膣に当てて一気に根元までの見込み上下、前後運動と激しく動き、その間僕は乳首を愛撫した。
「気持ち良い、太くて硬いの子宮口に当たり、私狂いそう」
「何時でも逝って下さい」

15分位経過した時
「由香、もう逝きそうです」
「僕も気持ち良いですよ」
膣の締まりが強くなり
「駄目、もう逝きそう」
「どこに出すの」
「このまま中に出して下さい」
「大丈夫なの」
「安全日だから遠慮なしに出して」
「生で出すよ」
「由香のオマンコに沢山出して」と言われ射精すると
「ドクドク出てる」と言ってくれた。

由香さんが立つと腹部に精液後落ちて
「こんなに沢山出たんだ、また機会が有ったらお願いしようかな」
と言われ帰り際にLINEの交換をした。

帰宅すると由香さんから「今日は二度も中出しされて久し振りに満足しました、安全日には又中出しして下さい」
理恵さんから「無理なお願いをして御免、でも由香が満足したと言っているので嬉しいです。次回は剃毛してから中出しよ」
理恵、薫、由香の三人の中では由香さんの膣の締まりが一番だね。今後が楽しみだ!

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7354
投稿者 ジロン (48歳 男)
掲載日 2019年6月29日
投稿No.7353の続き

初めての中出しセックス以来、いつもドラックストアの閉店後に待ち合わせて、由佳の車の中で話しを聞いて、それから必ずセックスをした。
最初の頃、「まだ生理あるし妊娠怖いからゴム付けて」と由佳はいつも言った。
俺は生で挿れるのも中出しも愛情の印だと押し通した。
由佳もそれを強く拒否しなかった。
ほぼ毎日、膣奥で精子を吐き出した。

一月もしないうちに、中に来て!とか中に出して!とか言うようになった。
由佳は旦那の残した大きなバンを売り、座席がフルフラットになる軽ミニバンを買った。
カーセックスを想定してのことだ。

生理の日はフェラで口内射精し飲ませた。
由佳のフェラは絶品だった。
少し後に出会った智江(職場の人妻に不倫中出し)も上手かったが、テクニックと情熱ともに俺の知っている60人余の女の中で由佳がナンバーワンだ。
チロチロと亀頭を適度な強弱をつけ舐め回す舌と、竿を強めにしごく唇。
竿の根元を押さえ軽く上下する左手に玉を優しく揉む右手。
そしてドリルの様に回転させ上下する。
亀頭を喉奥まで咥えてバキュームフェラ…射精後は一滴もこぼさず精子を飲み込んだ。

精子を飲むと肌が若くなるの、と喜んで話していた。
だから由佳が飲みたい時は中出しせずフェラをさせた。
精飲が由佳の若さの秘密なのかもしれないな…と今も思っている。

2ヶ月が過ぎたころ、いつものようにパート終わりのカーセックスで由佳に手マンをしていた。
ふと、指先に紐のような物が触れた。
ん?なんだ?タンポンか?

俺 「由佳?何か入れてる?」
由佳「え?…もうわかったの?すごいね…」と照れ顔の由佳。
俺 「もしかして避妊具入れた?」
由佳「この前〇〇市の病院行ってきた時、ついでに産婦人科にも寄って避妊リング入れてきたの…もう子ども作らないからって言えばすぐ着けてもらえるんだよ。そんなに高くないし。〇〇くんのために着けたの。うふふ」
俺 「ホントに?嬉しいな」
由佳「ふふ。わたしって最高の彼女でしょ?笑」
俺 「うん!すごく最高の女だね、奧さんにするなら由佳みたいな人かいいね!」
由佳「そうでしょ?うふふ。これでこれから先ずっと好きなだけ中に出せるでしょ?うふふ。きて…」
そう言って白い太ももを自ら開き、生のチンポを誘い入れた。
ズボズボズボっと、がむしゃらに腰を振って思いっきり中出しした。
「出すぞ!由佳ぁっ!!」
どぴゅっどぴゅっどぴゅ!
「きてぇっ!ああっ!!」
由佳は全身でしがみついてきた。
由佳の足指はグッと折り畳まれて、それを横目で確認した。本気で感じている証拠だ。
ズルリとチンポを抜いたマンコからドロっと精液が新品のシートに垂れる。
征服感。至福の時。

それから別れるまでの1年間、この女で中出しをほぼ毎日愉しんだ。
平日休みの日がある由佳は、パート終わりに俺の部屋に泊まり、夜は最低2回の中出しノルマをこなした。
そして朝立ちチンポを寝起きの由佳にぶち込んで高速ピストンで自分勝手に膣内射精をした。
半裸の由佳を布団の中に放置したまま出勤。

夜帰ってくると部屋が片付けられていて、いつも、「お疲れ様。おかえりなさい。また来るね♡」と小さな置き手紙が残されていた。
中出しもフェラも良かったが、その小さな優しさが嬉しかった。

未亡人に中出し三昧の1年間は忘れ得ぬ良い思い出だ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
投稿No.7353
投稿者 ジロン (48歳 男)
掲載日 2019年6月28日
7年前の話です。
ドラッグストアーでパート勤めをしていた由佳は、30代後半に見えた。
身長は155㎝くらい。
肩までの髪は軽く茶色で薄化粧。
スレンダーな体に、白衣越しにたぷっと突き出た胸にムラっとした。
抱きごごちの良さそうな女だが、左手薬指に結婚指輪が嵌められていた。
いつも22時閉店まで働いていて主婦のパートにしては違和感があった。
次のターゲットはこの人妻だな…と直感で思った。

夜遅く仕事帰りに店に来る俺の顔を覚えた頃合いをみはからってレジで声を掛けた。
他愛のない挨拶を数回繰り返した一ヶ月後、勤務終わりを待って御飯に誘った。
由佳は、え?っとびっくりしたようだが、まんざらでもなかったらしく、微笑んで俺の名刺を受け取った。
良かったら後でメールして下さい、と丁寧に言い残し、その場はすぐに去った。

その晩遅くに、「こんばんは〇〇由佳です。云々~」とメールが着信。
よし!来た!!と胸が踊る。
そして何度かメールのやり取りして休みにランチデートの約束を取り付けた。
よし…この人妻と中出しセックスだ…そう決めるとチンポがピクンと反応した。

国道脇の大きな駐車場で待ち合わせて、由佳は自分の車から俺の車に乗り換えた。
明るい湖畔沿いの道をドライブ。由佳はデートにウキウキした様子。
話の中で、由佳の家庭のことを聞き出した。
俺 「由佳さんは結婚してるんだよね?」
由佳「うん…でも1人なんだよね」
俺 「ふうん…?別居してるの?」
由佳「ううん。」
俺 「へぇ…??どういうこと?」
由佳「うん…」少しの沈黙の後「実は2年前に病気で…亡くなったの…」
俺 「あぁ…そうなんだ…嫌な事聞いてごめんね…」
由佳「ううん全然…」と微笑んで話してくれた。

2年前に進行性のガンで夫を急に亡くしたこと。
子供は姉弟2人。
上の子は今年音大を卒業、下の子は理系の大学2年生。
2人の学費は生命保険でなんとか賄えている。
由佳は俺より5歳上の45歳。
子供は手が離れたし、一人で家に居ても寂しいしお金も必要だから働き出ている。
でも時間に融通がきくからいつも閉店まで働くシフト頼まれちゃって…ちょっと疲れちゃう。
今は一軒家に一人暮らし。
最近ようやく寂しさに慣れて生活も前向きにならなきゃと思っていた…と。

そんな時に、歳下の俺に声をかけられて嬉しかったそうだ。
俺も由佳から実年齢より5歳ほど若く見られていたが、その由佳の見た目はその俺より年下に見えた。

俺は、そうなんだ、大変だったね。。寂しい時は俺とご飯でも食べに行こうよ!俺も時間融通きくから、お酒飲めるなら夜も付き合うよ!などと元気付けた。
でも本心は「…この女、家族も居ないし好きな時にヤリ放題じゃん。未亡人は初めてだし見た目も若いし当たりだ!」と胸が高鳴っていた。

湖畔の明るい林の駐車場に車を停めて、ありったけの優しさと落ち着いた大人の会話で由佳を楽しませた。
笑顔が出てきてリラックスしたところで、自然な流れでサッと軽くキスをした。
由佳はびっくりした様な、期待していた様な複雑な反応をした。

二度目のキスも拒否はしなかった。
舌をねじ込むと吸い返してきた。
すかさず服の上から胸を揉みしだく。
長いディープキスの後、由佳を覗きこむと目が潤んでいる。
落ちたな。そう確信して上着の裾から手を差し込んで直接バストをまさぐった。
ブラ越しでもわかる母乳を与えた乳房だけが持つ柔軟な手触りを愉しんだ。
乳首を摘むと「んああっ」と敏感に声をあげる。

ブラのホックを外そうとした時、由佳が「ねぇお願ぃ…ここじゃイヤなのぉ…」と甘い声で見つめ返してきた。
俺は「うん。大丈夫、静かなとこ行こうか」と優しく言い、下調べしておいたラブホに車を走らせた。

ラブホで由佳の服を脱がすと ベージュに黒いトラ柄のぴちっとした下着だった。
胸がドキッと高鳴った。
ラムちゃんじゃん!

興奮して下着の未亡人をベッドに押し倒した。
ブラを乱暴に剥ぎ取り、おっぱいにむしゃぶりつき、揉みしだいた。
母乳を与えた乳房だけが持つ柔軟さをたっぷりと堪能した。
乳首を舐め回し、甘噛みするたびに、
「んあああっっ!」と喜声をあげる。

ぴちっとしたパンティに手を突っ込むとアソコはすでに濡れ濡れだった。
よし…このまま最初の中出しだな…と決めた。

太ももを両脇に抱えて股を乱暴に開くと「いやあっ」と小さく悲鳴を上げた。
トラ柄パンティを横にずらしてマンコをむき出しにした。濃い肌色の割れ目から濡れたピンクのヒダがはみ出ている。
勃起した亀頭をその割れ目に当てがうと、「ダメ!生はやめて!」と腰をよじった。
俺 「なんで?俺のこと嫌い?」
由佳「私…まだ妊娠しちゃうから」

そんなことはどうでもいい。さっさと挿れさせろ。中出しだ。
由佳の言葉を聞いても頭にはそれしか浮かばなかった。
由佳の脚をM字開脚にして押さえつけ、俺は素早くチンポを割れ目に押し付け、無言で一気に奥まで突っ込んだ。
ズヌズヌっ!とした感触で膣に滑り込むチンポに、由佳は「んああぁっ!」と悲鳴をあげた。
目をつぶり眉間に皺を寄せて屈辱に耐えている。

M字開脚の由佳を見下ろしながらそのまま無言で腰を叩きつける。
パンっパンっパンっパンっ!
「んっ!んっんっんっんんっ!」と目をつぶったまま声が漏れた。
由佳の膣は2人産んでいるし締まりは緩かったが、よく濡れて入口がきゅっと締まって、ヌポヌポヌポっとした感触で悪くない。

2ヶ月セックスしてなかった俺はすぐにいきそうになった。
俺は我慢せずそのまま最後のピストンを由佳に浴びせた。
ググっと亀頭が怒張し限界が来たところで「ほらっ由佳!出すぞ!…オラッ!!」
びゅるっびゅるっびゅっ…!未亡人の膣に精液を勢いよく放出した…
「んんんっ…!」
由佳は苦悶の表情で目をつぶって耐えていた。

チンポを差し込んだまま抱きしめた。
中に出したよ…と、さっきまでの乱暴さとは裏腹に優しくとささやいた。
由佳は無言で目を閉じている。
俺 「中出し嫌だった?」
由佳は目を開けて「うん…今さら子どもできても困るし…」
俺 「気持ち良くかなった?」
由佳「ううん…気持ちよかった…」
そう言って俺の胸に顔を埋めた。
ヌポっとチンポを引き抜くと、「あっ!」と小さく悲鳴をあげた。
マンコから精液が流れ出したんだろう。

それにしても由佳の表情が晴れない。
2人して上半身を起こしベッドのヘッドボードにもたれて、「どうしたの?嫌だった?」と優しく問いかけた。
由佳は、ううん…嫌じゃないよ。
でも旦那のこと好きだったし、1人になって誰かに愛されたい、寂しくて心に空いた穴を埋めて欲しい。そう思うけど、自分だけ気持ち良くなるのは悪い気がして心から喜べない…うつむきながらそう言った。

俺は、気持ち良くなっていいんだよ。
今の由佳を旦那さんが見て喜んでるはずだよ。
若くして残した妻が可哀想で自分の代わりに俺と出逢わせてくれたんだよきっと。
だから旦那は由佳のこと絶対に怒ってなんか無い!そう言い切って励ました。

由佳はみるみる目が赤くなり、ウゥッウッウッ、うわぁああァァ~んっうわぁ~、ああ~っああ~、と手を顔に当てがって子どもみたいに泣きじゃくった。
由佳の華奢な肩を抱き寄せて優しく抱きしめると、俺の胸に顔を埋めておんおんと泣いた。

ひとしきり泣かせた後、腕枕をした。
体を小さく折り曲げて身を任せてくる由佳の頭を撫でながら2人で眠った。

1時間ほどで目覚めると、まるで夫婦のように自然にセックス始めた。
今度は正常位で抱いた。
当然のように生で挿れて中に射精した。
由佳はもう中出しを嫌がらなかった。
そしてそのまま抱き合い至福の時を過ごした。

夕方になり、由佳が洗面所でパンティだけで化粧直しをしていた。
由佳の後ろ姿をベッドから眺めていた俺は、ラムちゃんパンティのぷりっとした尻に欲情した。
髪を手直ししている由佳の後ろから近づいて抱きついた。
おっぱいをわしづかみして後ろからキスした。
「んんんっ!〇〇くんどうしたの」
「由佳…もう一回したい」
「ええ?まだするの?笑」
勃起したチンポをパンティのケツにこすりつけた。
もう…せっかく髪なおしたのにぃ…と可愛く文句言いながらベッドに押し倒されるままの由佳。
うつ伏せにしてパンティをずり下げて挿入した。
前戯は必要ない膣の中はトロトロのままだ。
ガツガツと尻に向けて腰を打ちつける。
ううっウゥっああっとうわずって顔をベッドに埋める由佳。
由佳!出すよ!と宣言して潰れ後背位から膣内に三発目をぶちまけた。
俺は由佳の背中に重なって中出しの余韻に浸った。
由佳は挿れられたまま荒い息を整えている。
残精を吐き出す腰の突き上げに、んんっ!ああんっ!と由佳はうめいた。

四十路の美未亡人を征服した事に満足し、明日から中出ししまくれる女が出来たことに胸が踊った。
その日、未亡人は心も体も俺に落ち、女になった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)