中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.8648
投稿者 なつめ (19歳 女)
掲載日 2024年6月11日
ネットとか掲示板で良く結構エグい内容で募集とかかけてる人居て、そういうの見てるとかなりドキドキするくらいドMです。
昔からM気強くてそんな事ばっかり見たりしてたからそういう募集とかに連絡してみる事があります。

私自身がかなりの低身長童顔ロリ体型で145cmのDとかでちょっと胸はあるって感じ。
つるつるのパイパンだし正直中学生って言っても通るしほぼ間違えられるような見た目してますけど大学生です笑

で、結構凄いこと書いてる人とやり取りして実際に会ってきちゃいました。
募集内容は『好きに犯させてくれる奴。性奴隷として奉仕させる、中出しする』みたいな感じで詳しく書くともっと過激なこと書いてたけど大雑把にはこんな感じ。
ちなみに私の見た目のことは伝えてあるから結構かロリコンさん疑惑あります笑

その人(以降Aさん)と顔合わせで会ったのは普通に駅で待ち合わせて車で迎えに来てくれてました。
ナンバー教えてもらってて「この車に居るから来て」って感じで。
車乗ったら結構信じられないって感じな顔されて「なつめちゃん?ほんとは何歳?」って2回くらい聞かれました笑

Aさんは30代の人で細身でも肥満でもない普通の感じでした。
雰囲気は普通の社会人って感じだけだひとしきり「未成年じゃないよね?」って確認されまくってからは「ならここでしゃぶって。バレないようにね」って早速言われちゃいました。
まだお昼過ぎで駅の駐車場だから人通りとかもあったけど「おっけー。じゃあするね」って感じでそのままAさんのおちんぽ出してぱくっ、っていただきました。
わりと大きめのおちんぽだけど正直私から見ると普通でも大きく見えるから分からないかも。
頭上から手置かれながら3分くらいずっと口でしゃぶらされてたかな。

Aさんが「やべ!出そう…!」って腰浮かせ始めたから面白くて「えー?口に出しちゃう?中じゃなくて?」って聞いたら「中に決まってんだろ…!」って中出ししたいみたい。
流石に車でしたら丸見えだから自分の家まで行くって言って車走らせ始めたんだけど、その間もずーっとおちんぽ咥えてしゃぶってて「んっ、んむ、早く帰らないと出ちゃう?中で出す分のざーめん出ちゃうよ?」ってからかってたらなんとも言えない声出してた笑
イライラしてたのかムラムラしてたのかって感じだけど多分両方かな?笑

家まで連れ帰られたら即玄関で下着向かれて廊下の壁に手着いたまま立ちバックで即挿入。
した人には言われるけど中狭いしキツいらしくて結構強く捩じ込むみたいに挿入してきたから私もかなり感じちゃったり。
Aさんも容赦なく奥までおちんぽ突っ込んでから気持ちよさそうに「あー…!あーやば…!きっつ、ロリまん…出すぞ中!」ってかなり早く出そうになってた。
さすがに我慢させすぎたかもで、でも面白くて「あっ、んっ!もうっ、早くない?早漏じゃないよね?」って言ったら思いっきりピストンされました笑
バンッバンッって音するくらい激しくてそのまま奥まで押し込んで中出しされちゃいました。
ほんとに腰ぐりぐり押し込みながら「出るっ…!あっ、あ…!」って気持ちよさそうに出してて私も奥弱いからイっちゃいながら、中でざーめん出てるのとかおちんぽ跳ねてるの感じてて。

「出てる出てるっ…!うわ、最低だ、ほんとに中出してきた…っ」って言ったらAさんも「自分から来たくせに…!」って言いながら玄関で押し倒されてそのまま正常位で連戦開始。
やっぱこういう募集する人って絶倫多いのかなって思いました。
普通に2回連続してきましたしざーめんの量もたっぷり。
ピストン中にぐっぽ、ぐっぽ、って中のざーめん掻き混ぜる音とか凄かったしほぼ真上からの種付けプレスみたいになってて奥とか子宮のあたりとかどちゅどちゅ突かれまくってて私も何回もイっちゃってました。

頭掴まれて口に舌とか入れられたし胸もかなりしつこく揉んだり乳首弄られたりとかで意外と器用な感じだったし、でもあんな募集してる人らしく乱暴に犯してきてて、二発目の中出しも「ロリまん締めろなつめ…!孕みたいだろ…?」って言ってきたから「んっ、んっ、やですよー。ロリコンのざーめんで孕むなんてありえないっ」っていったらまた激しくなって笑
「黙って孕んどけ!出る出る出る!」ってそのままざーめん中にぶちまけられました。
気持ちいいけど奥にざーめんぶりぶり入ってくる感覚は結構ぞわぞわ。
息切らせなからおちんぽ抜いて、私もかなり息荒かったけどそこからちょっとだけ休憩して、それで3回目はソファでフェラから始めて騎乗位でした。

結局この日だけで7回中出しされてました。
終わった頃には中たぷたぷ笑
体も洗わせてもらえないで「そのまま帰れよ。あと中のザーメンは明日の夜まで溜めとけ」って言われたから中にざーめんたぷたぷのまま大学行きました笑
バレなかった笑

今回の人はプレイで割り切ってる部分もあったけどほんとにヤバい人ってまじでやってくるから実はそういうのも期待しちゃってます笑
Aさんはからかっても大丈夫そうだったけど流石に人は選んでますし、こういう募集で「c.k希望」みたいなアウトなこと書いてる人もいるからそういう所に年齢隠して行ったりとかも笑
もっとやばい募集とかも行ってきます、痛い目見るまで!笑

気に入ったらコメントとか欲しいです。折角だからお話してみたいし笑
なつめは145cm 83.54.78で茶髪ボブの童顔なので割とほんとに中学生に見られます笑

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.8646
投稿者 幸せ者 (35歳 男)
掲載日 2024年6月09日
当時出会い系やテレホンセックスなどにはまってた体験です。
トークをみてたんですがサクラ無しの出会い系で、たまに何人かから『ピル飲んでるから中出しして下さい。』『不妊症なんですが妊娠願望有ります。中出しして下さい。』『妊娠したい。5回中出しして下さい。』などのトークが有るんです。
駄目元で妊娠願望の28歳の女性に決めたんです。
『自分で育てます。今が排卵日なんです。妊娠させてください。』と返事がきました。
私は独身だし結婚願望有るし子供好きだし待ち合わせしました。

来ないだろうと思ってたら来たんです。
素敵なプロポーション、余計妊娠させたくなりました。

ゆっくりセックスしたかったから私の部屋に招待しました。
ベッドは大きめサイズだし早速服を脱いでふくよかなおっぱいを揉んで乳首をしゃぶって「アーン、アウアアン、いいもっとしゃぶって」
凄く感じてくれて俺のむすこもびんびんになる。
ディープキスをして舌と舌が絡み合い、しびれるような快感。
パンティの中に手を突っ込み、あそこをさわりクチュクチュいわせて濡れさせました。

パンティを脱がせマンコに舌をペロペロ、クリトリスもチュパ。
「アアン、もっと~感じる、アハン、アアア」

ぐっしょり濡れてきたからチンチンを咥えさせました。
オオ最高、準備万端。
「まゆみさん入れるよ」
「お願い妊娠させて、硬いチンチン入れて!」
正常位から挿入、まゆみの中は暖かい。
腰を振り付けて「アンアンアン、アアン、アハ、いいわ排卵日だからいっぱい中にちょうだい!膣奥に出して赤ちゃん欲しい!! 何回も出せるだけ出していいからね、全部まゆみの中にちょうだい!!」
正常位でチンチンを奥に挿入したままドピュドピュドッピュン、大量にだしました。

いっとき繋がったままキスをしながら
「熱い子種がわたしの中に…アアン、幸せ。まだ出来る?」
チンチンを抜いたら少し膣に吸収されたのか、少したって精子がドピュって膣から垂れました。

チンチンを舐めてもらいバックで挿入。
パンパン、チンチンをスライド「アハ、アアン」
騎乗位になってズポズポ。
「射精しそう…」
「来て!奥に中出しして!!」
ドッピュン ドクドク、出しきるまでたっぷり出しました。
チンチン抜いたら精子垂れてきました。

休憩して風呂に入りました。
確実に妊娠したいらしくて「今日排卵日だしチャンス逃したくないの。復活して時間有るしゆっくりしましょう。性欲の有る食事作るわ。」
そしてバイアグラも飲みました。
時間も過ぎて結構ご無沙汰だったし2回中出ししたけどまだ精力止まりません。
やはり体つきグラマーだから興奮しますね。

又ベッドに移動。
今度は精子が奥に届くように腰辺りなどにクッションを敷きました。
膣が上向きになり挿入しやすいし子種を子宮に届くようにまんこを舐めてチンチン舐めてもらいローションをチンチンに塗りたくって膣に挿入。
思った以上に奥に届く。
「妊娠させるぞ!」
クチュクチュジュポジュポ嫌らしい音を立てて彼女の液がびっしょり。
正常位が最高。
「出すよ!中出しして赤ちゃん産んでくれ!!」
「産むわ、貴方の赤ちゃん産むわ!!」
子種発射!!奥に届け!!
ドピュドピュドッピュン!!
彼女の腰が浮き上がり絶頂期、チンチンが膣奥に。頭が真っ白に。
凄い快楽に2人とも繋がったままぐったり。
チンチンを抜いておまんこを眺めてました。

中出し写真は3回戦とも撮りました。
「本当に気持ちよかったわ、ありがとう」
バックでも中出ししました。

 
その後どうなったか…
なんと無事妊娠したんです。
あんだけすればね。
それでどうしたかというとプロポーズしたんです。
「1人で育てます」って言ってたけど美人だしセックスの相性がめちゃくちゃ良くて子供好きだったし。
戸惑ってたけど
「私でいいの?」
「勿論幸せにするよ」って言ってOK貰えたよ。

子供も2歳になったし2人目を考えてます。
30代で独身だったしこの出会いは最高だった。めちゃくちゃ幸せ。
今もセックスしてるよ。
2人目欲しくなったら又中出ししほうだいだね。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ: ,
投稿No.8639
投稿者 マニア (27歳 男)
掲載日 2024年6月02日
中坊の時から性欲強いしオナニーとかしてても一回でその時から5回6回は普通に抜いてたくらいだった。
高校行くともっと酷くて一回オナニー始めると回数2桁出す日も普通にあったし毎日してたからそこでセックスまで知ったらセックスしまくりたいって感じになる。

この歳になっても酷くなる一方だったし掲示板とかで相手探してハメるとか繰り返してた。
こんな掲示板載せてるくらいだから中出しは大好物、自分の種が女の中に入って孕ませるって意味の行為がマジで好き。だから基本中出しばっかりしてる。

ドM女が特に好きで自分の肉便器とか性奴隷って事でハメ潰すのが一番好きなんだけど何度か掲示板で会った女もあんまり耐えられない奴が続いてた。
あんま他の男と比べたこと無いけどちんこデカいらしい。たまに「苦しく感じる」って言う女も居たし書いたみたいに一晩とかで2桁回数だすから耐えられないっていうのは一番言われた。
そういうのだと流石に加減しないといけないからそれがストレスだった。

あんまり一番奥が気持ち良く感じる女って少くて2年くらいそんな手探りで掲示板で会って探してを繰り返してたんだけど2月に会った奴がめちゃくちゃ良い女でマジでそれ以上出会った事ないレベル。
名前はゆえ、20歳の大学生。まずドMで自分の事性処理の奴隷扱いとか肉便器扱いは興奮するって言ってる奴でこの時点でかなりポイント高かった。あとは中出しOKってこと。
肉便器扱いとかって言ってたしピル飲んでて、後で話したらゴムは嫌いらしい。

取り敢えず連絡とってまずは会ってみるだけ会う事にした。
幸い数駅程度しか離れてなかったし適当なカフェでまず顔合わせしたけど見た目とかは正直どストライク、というか完全に反則みたいな女だった。
背は162、3cmはある、俺が176だからそれより低いけど十分高身長で顔は美人というか可愛いよりでもある感じ。何よりも体がヤバかった。
典型的なグラドルみたいな胸と尻にしっかり肉がある感じの体で後で聞いたらスリーサイズがB94 W59 H91のHカップとかとんでも無いスタイルしてた。
取り敢えず普通に話してみたけど普通に良い子だし少し大人しめで眼鏡かけてる子、大人しめの雰囲気なのに体はマジでエロいし話してても楽しい。
どうしても欲しくなって「御主人様やらせてくれない?」って聞いてみたら「うん」って恥ずかしそうに頷いてた。

次に俺のも含めて希望とか好きなプレイとか諸々打合せてみた。
俺は書いた通りの内容。「中出しは当たり前。ちんこ大きめっぽいからそれでも良くて回数は2桁はヤるから受け入れられる?」って感じ。
向こうは「思い切って初めて会ってみたけど、性奴隷、肉便器っていう扱われ方が好き。好き放題中出しされるのも興奮するから言葉とかでもそう扱って欲しい」って感じ。
ほぼお互いに希望マッチしてたから「試しにホテル行かない?」って誘ったら「お願いします」って返事貰ってそのままホテルへ。

部屋入って早速脱いでベッド待機。
ゆえが全裸になってベッド乗ってきたけど体がマジで暴力的で乳も張ってて乳輪は小さめで乳首は赤みがかってる。
括れがかなりはっきりしてて大きめの尻と相まってめちゃくちゃ目立つし、しっかり処理してるパイパン。
この時点でガチガチにちんこおっ勃ててた。

「すごい体してるな。なんか運動とかしてる?」
「一応、ジムとか…泳ぐのは好きだしプールは行きます」
「いいじゃん。夏に海とか行こうか。じゃあそろそろしゃぶれ、ゆえ」
「っ……は、はいっ」

緊張してそうだけどそれ以上に興奮してるの見え見えだしそこからは完全に御主人様として性奴隷を肉便器に使うように命令した。
ゆえもそれ分かってまずはフェラから。
ベッドで体だけ起こした状態でゆえがちんこに顔近付けて手で触りながら「わ……」って言ってたから「どう?デカい?」って聞いたらこくこく頷きまくってた。
勃ったら20cmちょっと超えるかもってくらい。
まだぎこちないけど結構しっかり舐めたり咥えたりしてて、後で聞いたらそこまで経験無いらしいけど気持ち良かったし上目遣いで気持ち良いのか表情覗き込んでくるのがめちゃくちゃ嗜虐心くすぐられる。

適当にフェラも切り上げさせて

「ケツ向けな。ゆえの穴使わせてもらうから」
「は、はいっ。ご主人樣…お願いしますっ」
「性奴隷でしょ?おねだりとかしてみて」
「おねだり、ですか?」
「そうそう。俺はゆえの体使ってあげる訳だし中出ししてあげる訳だからさ」
「っ…はい。ゆえの、肉便器の私にご主人樣の…おちんぽください。中で沢山…ザーメン欲しいです」

言うのも恥ずかしそうで所々つっかえながらだけど言い切ったゆえを四つん這いにさせて、カウパーとゆえの唾液でぬるぬるのちんこをゆえのまんこにそのまま押し込む。
いきなり慣れてないのに奥まで突っ込むと圧迫感強いらしいのは聞いたから取り敢えず真ん中までで、そこから時間かけて奥まで押し込んだ。かなり感じてたから行けるかと思って、一番奥を抉る感じで。
そうしたらゆえが体が仰け反らせて

「イっ……!……っ!!」

ってぶるぶる震え初めてめちゃくちゃ深イキし始めた。この時めちゃくちゃ嬉しかった。
殆ど苦しそうとか気持いいだけじゃない反応見てたから好きに奥まで突いてイクほど感じてるゆえの姿はマジで興奮。
エンジンかかってきて「ご主人樣より先にイったの? 駄目だろ、性奴隷なら」ってそのままガンガンピストン開始。
奥までとにかくどちゅどちゅ突きまくったら

「イってますっ……い、イっ……ごめんなさっ……ぅぅぅ~…っっ!」

って感じ。

多分性感帯だったんだろうけどそこまで届いた事が無かったらしくてかなり深くイっててそのまま突きまくったら可愛く喘ぎまくってて。
俺も興奮してて一発目はあんま長持ちしないし後ろから耳元で「中で、だすぞ!ほら、おねだりどうしたっ?」って言ったら喘ぎながら可愛く「くださいっ、中出し、ご主人樣のザーメン…っ…中に…っ!」って。セリフはバッチリだったのは妄想ばっかりしてたかららしい笑

で、そのまま一番奥でがっつり中出し。

どくっどくっどくっ、っと遠慮なく思いっきりぶっ放してゆえの奥にザーメンぶちまけた。精通した時以来かってくらい思いっきり。
ゆえも腰かくかく震えさせてて「ふーっ、ふーっ」って息してたからめちゃイってたらしい。
出す量も多いみたいだし結構ゼラチンみたいなの出るし、それを全部ゆえの中にぶちまけた。

しばらく余韻に浸っててちんこ引き抜いたらかなりどぼっ、と溢れてきたし支配感とか優越感が半端じゃなかった。
こんな極上ボディの美人女子大生を肉便器にして中出しおねだりさせてから遠慮なくザーメン中出し。
あふれるまんこ見ながら尻揉んでたらちんこなんて収まらなくて引き抜いた直後にはもう突っ込んでた。

「あんっ!ご、ご主人樣っ? 今出したんじゃ…」
「終わるわけ無いだろ。言っといたろ、10回はヤれるって。ハメ潰すから覚悟しろよゆえ。肉便器だろ?」
「は、はいっ…!」

で、そこからはひたすらゆえの事をハメまくった。
出すのは全部中出し。フェラとかもさせたし乳デカいからパイズリとかもやらせてみたけど出そうになったら即挿入でとにかくハメた。

5発目のあたりでゆえが意識ちょっとトんだから休憩。
1時間くらいで起きたからそこからまた肉便器ゆえの体を堪能して犯しまくる。
ぎこちなく言ってた「ご主人樣」もこのあたりから慣れてきたみたいというか、ナチュラルに言い始めてきたから俺もエンジンかかってきてもっと激しく犯しては中出し。
ピルなきゃ絶対孕ませてるくらいには奥でザーメン出しまくった。

休憩とかも含めて朝までヤりまくったけど13発出して、その間ゆえは3回意識トんでた。
ピストンする度にHカップの爆乳弾みまくるしでずっと興奮しっぱなし。

朝シャワー浴びてホテルの部屋出る時にゆえから恥ずかしそうにスマホ出してきて
「ご主人様の連絡先、いいですか?…マニアさんの性奴隷が良くて…肉便器でいいから、私のこと…」
って恥ずかしがりながら思い切って言ってきてくれたし「勿論。俺からも言おうと思ったし。良かった?」って聞いたら「凄かったです…想像より、何倍も…」って感じ。
「なら俺の専属ってことでいい? 俺もゆえ以外の女使わないし、でもムラついたら呼び出してハメる、いい? 性奴隷ならね」
「そ、それでいいですっ。よ、よろしくお願いします!」
ってことで契約完了。

その後も数日おきに呼び出したり待ち合わせて夜通し肉便器にしてハメまくったりしてて今までのクソみたいな女探し何だったのかってくらいの生活送れてる。
ピル代は出してるし向こうの大学の予定とかは優先させてるけどそれ以外は好きに呼んでハメ倒してるし、逆にゆえの部屋に行って肉便器にしたりとかも良くやるようになった。

何回もしてるし好評なら色々ヤリまくってるから書くわ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ: ,
投稿No.8637
投稿者 マイ (18歳 女)
掲載日 2024年5月31日
私は周りの人や身内にも言っていないことがあります。
それは、某有名ノーブラで街ブラする人みたいな動画や、公園の誰も来ないような場所でのマンコ露出や野外オナニー、家族がいない時間帯で自分の部屋でガチイキオナニーをXで投稿、某音声掲示板で失神する前から録音し、淫語を連発しながらオホ声オナニーしている所を投稿するなど、自分の性欲をこれでもかとネットなどに投稿しています。
そして、XのDMや出会い系サイト等で男の人に性欲強さエピソードやセックスの時にどんなことをするのかのアピールポイントなどを言ってもらい、いちばん強そうな方を選んでいました。
そしてこの投稿の1週間ほど前にお気に入りの方が決まり、昨日ホテルでセックスしてきました。

相手は20代前半の男性。
お互い待ちきれなかったのか、朝8時にホテルにチェックイン。
部屋に入るなり壁へ押し倒しドロドロの糸が引くまで舌を絡ませたキス、我慢ができずその場で生ハメバックから始まりました。
今日はお互い失神するまでヤろうという話だったのでこちらも発情期モード。
私のマンコに入れたばかりの肉棒をフェラ、「このおちんぽで犯されるんだ」と想像しながらベッドへ。

お互い激しめが好きなので激しく脱がされてもいいような服で来ました。
お互い下着姿まで脱ぎ合い、またベッドで舌を絡ませたキス。
この時点で相手のペニスと私の膣内はヌルヌル、私の方はローションを入れたんじゃないかくらいの愛液が出てました。
彼はすぐさま私の中に指を入れ、いやらしい音を立てながら掻き回してきました。
私がイっても止めず、身体が大きく震える程の痙攣をするまで手マンしてきました。
私も負けじとフェラし続け、彼が我慢ができないくらいまでし続けました。
そこからのこと、夜の7時まで休み無しぶっ続け。
彼は私と連絡をし始めてから2ヶ月はオナ禁、そんだけ溜めていたので、フェラしていた時に臭ったオスの匂いに私も更に興奮、ゴムは用意していたそうですがそんなのお構い無し、私からナマ中出しセックスを懇願、今後この日を思い出すためにハメ撮りもお願いしてもらい準備万端、そして彼の目はオスの目へ、肉棒を最大にまで勃起した巨根を強引に奥まで押し付けるように激しく突く。
私はあまりの押し付けられた感覚でメス顔に、記憶が無くなるまでセックスをしたので、どうなっていたか見返したところ、ひたすら種付け懇願、彼はこれでもかというほど激しくペニスを子宮へガン突き、中だしの時も根元まで突いて妊娠させるレベルの射精量、私は激しく痙攣しているのがバッチリ収まっていました。
私はそのままカバンに入っていた彼の好きなスク水、布面積の少ない下着、マイクロビキニを取り出し、1つづつ満足のいくまでプレイをしました。

半日ぶっ続けで数え切れないほど中にだされ、子宮に精子が溜まっているのを感じながら帰宅、中で温かいのを感じてバレないようにトイレで確認したところ、パンツは染みていて、力を入れると大量の精子がトイレの中に、自分で、掻き出せるまで精子を外に出した後、何事もなく用事を済ませ、家族が寝静まった夜にイヤホンで今日のハメ撮りを流しながらオナニーを満足するまでしました。
今度妊娠検査薬で妊娠してるか確認します。

男性の皆さん、出会い系の女の子をセックスする際は、中出しOKな子としましょう。
私と同じ女性の方、性欲と、発情は強ければ強いほど幸せになれます。
妊娠のリスクは怖いかもしれませんが、中出しセックスに勝るものはありません。
無責任な子だと思う方がいるかもしれませんが、中出しというこの上ない幸せを選んで後悔はなかったと断言します。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.8604
投稿者 たく (47歳 男)
掲載日 2024年3月19日
さえと出会ったのは、2ヶ月ほど前。
深夜にいつもの出会いサイトで物色していると、車で40分ぐらいのところに住む「さえ」とつながった。
さえは20歳のフリーター。隣の県から友達のところに遊びに来ていたが、友達が彼氏と会うとのことで家を追い出されたらしく、サイトで募集をしたところ、俺に捕まったということだった。

待ち合わせは、さえの友達の家の近くのブックオフの駐車場。大通り沿いだが深夜なので、かなり暗い駐車場だった。
とりあえず車を停めて待っていると、大通りの方からダウンにミニスカート、生足の金髪の女の子が歩いてきた。
細身ではなく、肉付きがよく抱き心地の良さそうな体つきで、胸もそこそこありそうな俺好みの女だった。
車に近づいてきて、助手席の窓を叩いてくる。
車の鍵を開けると、乗り込んできた。

さえ「こんばんは!はじめまして!」
  「ほんまいてるし笑 ウケる~」

ギャルにありがちな少し低めの声で、いきなり発した言葉が「うける~」て言うのはびっくりしたが、顔はそれなりに整っており、目元の優しさが印象的な女の子だった。

俺「ギャルやなぁ。ほんまに来たんや」
 「ウケるぅ笑」

そうやって返すと、

さえ「真似してる!かわいい笑」

そう言いながら、着ていたダウンを後ろの座席に置いて、助手席に乗り込んできた。
ミニスカートは相当短く、助手席に座ると、白い太ももがかなりの範囲で露わになる。
肌は白くてきめ細やか、足は細すぎない、いい感じの太さ。ダウンの下は、思いのほか薄着で、胸元の大きく開いたTシャツのみという、割と露出多めの服装だった。
こういう服装をしてる女は、大体短い時間で体を許してくる。そんな直感の中ドライブをすることにした。

車を走らせながら、さえから話を聞いてると、
 ・近々、デリヘルを始めようと思ってた。
 ・彼にそういう話をしたら振られた。
 ・彼と同棲していたため、追い出された。
 ・今は友達の家に転がり込んでいる。
と、失恋して若干自暴自棄になってそうな雰囲気だった。
正直、彼氏が別れたくなる理由はよくわかったのだが、とりあえず話を合わせて「そんなんで別れる?」とか「ひどい奴だね?」とか適当に返していると、さえの警戒心が薄らいでいった。
その間、さえは足を組んだり、太ももを掻いたりするので、ついつい目線がそちらに行ってしまう。
すると、ある時、

さえ「俺君さぁ、チラチラさえの足見てるっしょ?」
  「超エロい目で見てくるんやけど。ヤバっ笑」
俺「そりゃそうやん。見えそうやし。」
 「美味しそうやから、目が行くって!」

軽く笑いながらそう返し、おもむろにミニスカの中に手を入れ、パンティーの隙間からマンコに指を入れた。

さえ「あぁぁん、絶対触ると思った。」
  「でも、いきなり直接って変態やん」
  「俺君、スケベやな笑」

そう言ってるものの、さえのマンコはトロトロになってくる。
俺の指に合わせて、可愛く喘ぐようにもなっていったので、そのまま近くのホテルに直行した。

ホテルの駐車場に着くと、まずはさえの唇を奪い、首元にキスマークをつける。
さえは「見えるとこやん」と、少し焦っていたが、何も言わずにキスマークを受け入れた。
そして部屋に入るなり、さやのTシャツを捲り上げ、豊満なおっぱいを揉みしだく。
思いのほか、大きなおっぱいで、いわゆるマシュマロおっぱい。

俺「さえ、めっちゃでかいやん。何カップ?」
さえ「あん、自慢やねん。Fだよ」
俺「俺好みや。今日から俺のやしな。」

そう言うと、さえは気丈な声で、

さえ「いきなり、俺のってどういうこと?笑」
  「証拠ないし、あんたのちゃうで!」

そんなことを言ってくるので、乳首の近くに4カ所ほどキスマークをつけてやった。
さえのおっぱいは、今までにない位マシュマロ感が強く、胸を揉みながらおっぱいを吸うとすごく授乳感がある。こんなおっぱいは初めてだった。
そんなこともあり、我慢できなくなってきたので、ミニスカートをめくると、思いの外子供っぽい白いパンティーが。
ミニスカなのに、JKのようなパンティのギャップが妙にエロく、しかも割れ目のところは透けるぐらい湿っていた。
パンティーをずらすと、案の定糸を引いており、そこから綺麗なオマンコとご対面。
普段ならクンニなどもするのだが、それまでの事で興奮していたため、間髪入れずにチンポをさえのオマンコに突き立てた。

さえ「えぇぇ、あんっ!やだ。いきなり深いって!」

そう言いながらも、すっぽりと受け入れる。
その瞬間、チンポ全体を包み込む暖かい感触。若い子ならではの、ぬるぬるでも、しっかりと締まりのあるまんこだった。

俺「そんなこと言いながら、ちゃんと咥えてるやん。」
さえ「だって入れるんやもん。受け入れるしかないやん。」
  「すっかり征服されてるんやけど。。」

メスの顔になったさえを見ながら、竿全体でマンコの感触を感じながら腰を振ってみると、さえもどんどん奥のほうに誘ってくる。
キスをしながら、マシュマロおっぱいを鷲掴みにして、さえのポルチオを攻め続けた。
眉間にしわを寄せながら、しっかりと感じ続けるさえ。体は正直で、吸い取るような動作を続けてくるので、俺も盛り上がってきた。

俺「なぁ、さえ、どこで出す?」
さえ「えー、どうしよっかなぁ笑」
  「どこがいい??」

さえは、トロンとした目をしながら、イタズラっぽく返してくる。

俺「それは中やろ」
さえ「ん?なんてー?どこがいい?笑」
俺「さえの中やって。マンコの中!」

そう言うと、またまたさえはトロンとして、ちょっと色っぽい声で

さえ「へへっ、いいよぉ。中で」
俺「マジで?ピル飲んでるんか?」
さえ「飲んでない。さっきルナルナで見たら安全日やった」

そう言って、首に抱きついてきた。
ここまできたら、さえの中にしっかり出さないと。俺の子種を注いでやる。。。その想いでいっぱいになった。

俺「じゃ、名実ともに俺のにしてやるよ!」

そう言って、さえの膣奥まで差し込み子作りピストンを開始する。
さえはさっきのピストンでポルチオで感じることがわかっていたので、グリグリしてると頬を真っ赤にしながら、「んっんっんっ」と可愛く喘いでくる。
その声と、チンポを絞ってくるさえのマンコに耐えきれなくなった俺は、右手でさえのおっぱいを握り、左手でさえの頭を押さえながらディープキス。
そのまま、さえの奥の奥で、溜まりに溜まった精子を爆発させた。

さえ「あぁぁぁぁぁ・・・・、ハァァぁぁ。」

そんなさえのため息とも言える喘ぎ声を聞きながら、さえの中に流し込むポンプのように脈動する。
キンタマから精子が出ていく感触と頭の中が真っ白になる快感に浸りながら、さえの中に全てを吐き出した。
いつまで経っても、脚の脱力感と、頭の真っ白が消えないが、そっと唇を離すと、

さえ「遠慮なく中に出したんや。普通初対面に出す?」
  「俺君、オスになっててウケる~」

お馴染みとなった「ウケる~」と言いながらの笑顔のあと、さえからまたキスをしてきた。
一通りキスしたあと、さえの口にチンポを抜くと、さえのマンコからブピッぶちゅっという音と共に、精子が出てくる。
その精子は、指で再度マンコの中に返し、チンポはお掃除フェラ。
「ちょっと苦い」とか言ってたが、きちんと吸わせて残り汁までしっかり処理をさせた。

さえ「俺君、さえ孕ませる気マンマンやん。」
  「出てきた精子を中に擦りつけるって変態やな」
俺「もったいないしな。種付け用やし笑」
 「どこで出すって聞いたけど、中しか考えてなかった笑」
さえ「ヤバっ!いつか孕まされそう笑」
  「でも、俺君やしオッケーしたんやしな」

そんな可愛いことを言うさえと話していると、友達から連絡があり、この日はこの1回で終わった。
拾った場所まで送るとさえから「LINE交換しようよ」と言われ、友達になると、俺の住んでる所の、近くの住所が送られてきた。
俺が怪訝な顔をしてると、

さえ「来週、そこに引っ越すねんか!お祝い来てなー!」

と嬉しいお誘いが。
もちろん一人暮らしとのことだったので、翌週アパートに行くと

さえ「ホンマに来たんや。ウケるー」
  「俺君、さえを精液便所にする気やろー笑」

と、いつものさえワールドを展開。
どうやらデリ嬢になるのはやめたらしく、近くの工場で働くとのことだったが。さえの扱いは、精液便所とは言わないものの多少雑な扱いだと思う。
ただ、少しMっ気のあるさえは、まんざらではなさそう。
それ以降、会社帰りにさえの家に行っては、さえのマシュマロおっぱいとご飯を交互に食べては、さえの中に精子を流し込む生活を続けている。

さえは結婚とかは考えてないと言ってたが、いつ孕むことやら。
顔は好みではないが、あのマシュマロは捨てがたい・・・。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
1 2 3 4 5 6 82
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)