中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.8053
投稿者 ロング (47歳 男)
掲載日 2021年10月24日
数年前の話です。
僕はこの頃、お店の雇われ店長をしていました。
彼女とは別れたばかりで新しい彼女が欲しくてたまりませんでした。

でも、そんな機会はすぐに訪れました。
お店に20代後半女性のアルバイトが入り、彼女はフリーターで別のバイトが終わった後の夕方の時間から閉店まで勤務希望でした。
見た目は元気で可愛らしい感じの川本真琴似のショートカットで細身150センチ無い位の小柄な女性で、初めてみた時から気になっていました。
なので自分とシフトが重なるように調整をしていました。

仕事で話す様になると、趣味などの共通点が多く直ぐに仲良くなり、仕事終わりに2人で駐車場で話したり2人で出掛けたりするような関係になって行きました。
いつもと同じ様に帰りに駐車場で話をしている時に意を決して彼女に告白をしました。
答えはNOでした。彼女の中ではとても仲が良い男友達でした。
ですが、その時には彼女の事を大好きになっていて諦められなく、その後も今までと変わらず会っていました。
その後、数ヶ月後に2度目の告白をして断られていました。

そして日が経ち、彼女の誕生日にプレゼントを渡した後に最後の告白をしました。
やっとOKの返事をもらいとても嬉しく、それと同時にこの人と結婚したいと考える様になり、妊娠させようと考える様になっていました。

そんなタイミングはすぐ訪れました。
仕事帰りに彼女から電話があり、友達と飲んでいるから迎えに来てほしいと連絡がありました。
迎えに行くとかなり酔っていて、普段はサバサバしている彼女が車に乗った瞬間から甘えてきてベタベタしてきて「帰りたくない」と言い始めました。

妊娠計画を実行する時が来ました。
酔って帰りたく無いと言っている彼女は何でもOKだと感じて僕は聞きました。
「生理は?」
「エッチ~!終わったばっりだよ」
「じゃーホテル行こうか?」
「うん!行く」
僕は彼女を連れラブホに入りました。
妊娠しやすい時期ならより計画通りです。

入室すると彼女はべったりです。
「お風呂一緒に入ろうか?」
「いや!恥ずかしい」
「じゃー先に入っておいで」
「うん」
彼女がお風呂に入ってる間に念の為にゴムに細工。
彼女がお風呂から出た後、僕もお風呂へ。
でも寝てしまっては困るので大事な所だけ洗って急いで拭いて彼女のいるベットの中へ。

布団の中で横になっている彼女の体を背中側から抱きしめ触りだすと
「んっっんっ」
彼女が感じている声が聞こえます。
触り続けると彼女は我慢できずこちらを向いて僕にDKをしてきます。
僕はそのまま彼女のちいパイを指でいじくりながら舐め回します。
「あっんっつ」
そして手は彼女の股へ。
ビショビショになり始めた彼女の中に指を入れながら口もそこへ近づいて行きます。
クリを口でいじくりながら指は中で動かしていると
「あっ~うっ、ダメ あっっ」
彼女の体がビクッとして、イってしまったようでした。
「初めてかも」
彼女の以前の彼氏を話しを聞いていたので独りよがりのSEXをされていたのは解っていました。
「良かった」
「うん」

次は彼女にフェラしてもらおうかと思いましたが、以前聞いていた彼氏の独りよがりのSEXを思い出し
「入れるよ」
「うん」
そのまま入れる事にしました。
細工ゴムを付けようかと思いましたが生で入れる事にしました。
それは以前に彼女がこんな事を言っていたからでした。
『外に出せば妊娠しないよね』
それを聞いた時はびっくりしましたが、自分が否定しても解ってない様でした。
彼女は世間知らずの頑固さんでした。
なので僕は生で入れました。
「外で出すからね」
「うん」簡単でした。
背の低い彼女の奥には僕の長チンコは奥に当たります。
「うっうっっ」「当たる」
「あっあっあっ」
「だめっ」そして彼女はビクビクっとして2度目の絶頂を迎えました。

僕は少し休憩した後も突き続け限界を迎えました。
そして、彼女の奥に押し込み1度目の射精を中にした後、一気に引き抜きお腹の上に残りをぶちまけました。
彼女は中に出した事は気づいて無い様でした。
彼女のマンコを見ても出てくる様子はありません。
そのまま僕と彼女は寝てしまいました。

翌朝目が覚めると彼女は僕とやった事に酔いが覚めて驚いている様子でしたが、そのままの勢いで朝から生外で1回やって自宅に送りました。
その時は嫌がってはいましたが成り行き任せでやりました。

その後は元のサバサバした状態に戻り数週間が経ち、彼女から電話が。
「生理が来ないの」
「外に出したじゃん」
「そーだよね」
恐らくは計画成功です。

そして数日後、彼女から電話が。
「出来たみたい」
「そっか、いっしょに産婦人科行こう」
「うん」
やはり妊娠していました。
彼女は悩んでいましたが、下ろす事の命の尊さを話し、結婚して産もうと伝え彼女は納得しました。
彼女は納得し産むことに同意してくれました。
僕の計画は完了しました。

そして、5年の月日が経ち、娘は成長し母に似てきました。
彼女は母になり、以前よりサバサバしています。
2人目の子供が欲しいですが妻は浮気している様です。

僕も3年前から関係がある女性がいます。
世間知らずで頑固な妻はアリバイが甘いので証拠を掴んでいます。
でも、妻は僕の浮気を気づいていない様です。
娘と慰謝料をふんだくって離婚する予定です。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦,浮気・不倫
タグ: ,
投稿No.7876
投稿者 アナル好き (44歳 男)
掲載日 2021年3月15日
数年前、JKの頃に援で知り合ったヤり友遊び友みないな関係の看護師やってる女性から飲みに誘われた。
あまり飲まずになんかガチカチになってる彼女。
意を決して話を聞くと
旦那が無精子症で、旦那はそれを知らない。俺は血液型が同じ。そして、激危険日。
って事。
そうなれば話は早い。即ホテルへ向かう。

散々色んなプレイをしてるので、そこに無制限中出しが加わるのを考えたら既にビンビン。
ホテルに入り、『部屋選んでいいよ』とパネルの前に立たせると後ろから胸を揉み、スカートを捲って下着の中に手を入れて見るとすでにヌルヌル、横の紐をほどいてノーパンに。
『なんだよ?濡れてんのか?中出しされんの期待したんのかよ?』
『ひぁ!だっだって、一番大きいから、、』
旦那が小さいのは聞いていたが、単にヤる理由が欲しかっただけかもな。

部屋を選び向かうエレベーターに乗り込むと同時にチンポを出し駅弁の体勢で即挿入!
『はぁぁぁ!奥まで来てるよぉ!』と絶叫。
奥をグリグリ楽しんでいると『チンっ』と開いた扉。
でも違う階、女の子が一人(たぶんデリ)で乗り込んで来ました。
『あっ!えっえっ?待って!』と焦る彼女は激しく締め付けてきたかと思えばイッてしまいました。

入ってきた子はヤってるの気付いたらしく真っ赤な顔でうつむいたまま。
タガがハズレていたのでその子のお尻をなで回すと抵抗しないので『お店どこ?』と言うと慌てて名刺をくれました笑 (入れてるままで)

デリ子は違う階で降りていき自分たちの階に到着。
そのまま歩くと振動で奥がグリグリ、廊下に響く喘ぎ声。
部屋に入り扉を閉めるとバックにして、扉前で立ちバック。
もう脚はガクガクなので腰を抱え上げて強制的に立たせます。
『あああっ!だめだめだめ!奥までは、だ、、らめなのぉぉ、、』と言うので腰を止めると
『いやぁ、止めないでぇ』と腰をクネクネ。
クリを摘まみながら激しく突いてヤるとギューっと締め付けて更に気持ちよく快感が増してきたので、ストローク目一杯使ってラストスパート。
ぶちゅぶちゅぐちゅぐちゃ淫らな音をさせながら肉棒白濁液まみれ。
『アッアッアッアッひぁふっおおおお!』声にならない声、いくぞ!と声を掛けると
『ぃ、いっぱい、、奥に、だっ、だしてぇ!』と更にきつくなります。
もう、我慢の限界、彼女の腰を抱えて奥に固定し狙いを定めて子宮に発射。
『んーーっ!』と痙攣しながらイッた様子。
最近では無いくらいの大量かつ長時間ドクンドクンと彼女の中に流し込みました。

いつもならすぐに抜くのですが、今回は孕ませるのが目的なので、垂れないように入れたまま移動(玄関のままです)。
ベットに乗せて、腰の下に枕を入れて流れ落ちて来ないようにさせてから、お掃除フェラ。
『相変わらず激しいなぁ!』ととろけ眼でいいながら、
『これくらいが好きなんだろ?』と言うと照れ隠しなのか2回戦要求なのか激しくフェラ。
再び立つと『ちゃんと蓋して?』と自分で拡げておねだり。
ちゃんと裸になってDキスしながらゆっくりと2回戦。
結局朝まで寝ないで5回、おかげで無事にヒットして彼女似の女の子が産まれました。

その後も旦那とヤった後日に連絡か来て激しいプレイを求めて来て、2年後には男の子も産んでます。
ネタは色々あるのでそのうち書きたいと思います。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7863
投稿者 優子 (32歳 女)
掲載日 2021年2月26日
私は今年で結婚して13年になります。
嫁いだ場所はそこそこ田舎でが車などが無ければ不便でバスも平日2.3本がいいところです。

そして私は今その田舎の義実家で同居をしています。
義父、義母、夫、私、子供(男の子12歳、女の子11歳)で暮らしています。

嫁いですぐの頃は私もまだ若かったですが今で言うブライダルチェック的なのが凄く厳しい感じでした。
授かりものとはいえ妊娠が出来るかはかなり細かく調べられました。

いくつかの病院で異常はなく若いし体力もまだ大丈夫そうだし、いつ妊娠しても安心だよ。と励まされました。
医師からのお墨付きが貰った途端に義母の行動は早く結婚はそれはもうすぐに決まり、同居も同時に決まりました。
お墨付きが貰ってから婚姻届は次の日に出し、親族や少人数の結婚式というかお披露目もすぐセッティングされ、気づけば全てが終わってるくらいでした(笑)

そして、初夜ですが、これがまた一番驚きました。
まず医師にお墨付きを貰ったとはいえ、まだ安心できない、そしてこの家のしきたりで、新婦は義父と初夜から妊娠するまで夜は共に過ごしてもらいます。
猶予は3年、それまでに義父の子を産みなさい。その後に夫となった○○君(息子をこう呼んでた)の子を産みなさい。それが出来てこそうちの嫁です。
わかったなら、今夜から義父さんに頭下げてお願いしなさいね。

その日から私は義父に種付けをされる日々が始まりました。
夫はまだ妊娠してないお腹を撫でながら、親父の次は俺だよな…早く孕まさせたいよ…と勃起させうっとりしてしいました。
私は夫とセックスしたかったのですが、夫自身が、親父の子が妊娠出産するまで我慢するんだ…おまえの股に親父の精液があると思うとたまらなくなると言っました。

そして、義父との子はすぐに妊娠し家族皆が喜びましたが、赤ちゃんの性別が男の子との事でさらにヒートアップ。
私と義父の相性が良かった!すぐに妊娠+男の子なんて!さすが〇〇家の嫁ね!当然だわ!とお祭り騒ぎでした(笑)

安定期に入ってからも義父は赤ちゃんに精液をかけるような感じで〇〇家の「躾」だと言います。

そんな感じで特に難産にもならなく、長男が産まれました。
そして多分世のママさん達はおっぱいをあげるときに別室やケープなどで隠したりするのかと思いますが、退院してからの母乳は義父にも義母にも見られながらしました。
夫も溢れる母乳に興奮したような目つきで、義父と同様に時々母乳をペロリと舐めたりしてきてはニヤニヤと勃起させていました。

ですが母乳はあげていましたが初孫で男の子、しかも義父の血を継いでる赤ちゃんは義母にほとんどの世話を取られてしまい、離乳食が始まってからはそれこそやることを全て取られてしまいました。
そして義母は次は夫の〇〇くんの赤ちゃん産むんだからね!今はしっかり休みなさい、あぁまた義父さんとの子供でもいいのよ(笑)とずっとご機嫌で、こんな生活ではありますが幸いすぐに妊娠し赤ちゃんも異常なく産まれたので嫁姑問題のような嫌がらせ的なのはありませんでした。

母子検診でも異常なく医師も二人目も欲しいなら大丈夫そうと言われ、夫にそのことを話した夜に即抱かれ、毎晩どころか休みの昼間からでも激しく腰を打ちつけて奥でビュクビュクと注げるだけ注いできました。

昼間のセックス中は義父が見に来て、まんぐり返しにされ精液がたぷたぷに入ってるおまんこを拡げで見ては、この調子ならまたすぐ孕んじまうだろ、この〇〇家に相応しい腹をした女が嫁いできたのは本当によかった。次の出産後は長男共に親戚達にもお披露目だからな。と言い部屋を出て行きました。

義父の言った通りすぐに妊娠し義母はさらに喜び、性別が女の子とわかってからは、男女両方産むなんてさすが〇〇家の嫁ね!と安定期をすぎ出産も無事に終えて、子供二人のお披露目がされました。
やはり義父母の親戚とあって、長男が、義父の血を継いでいるのは疑問にも思われず、義父の子を先に妊娠し男の子まで産むなんてこの家は安泰だな!と言い夫にはいい嫁さん見つけたな!と笑ってさえいました。

そして産まれて間もない長女の母乳時は親戚一同の前で上着を脱ぎ母乳を飲む長女のお披露目でもありました。
親戚のおじさん達は胸や身体を舐めるように見ては、こんないい嫁が来たんじゃチンコの休まる暇もないなぁとあかさらまに勃起させながらニヤニヤとしていました。

田舎特有のであり、すぐに子供の事などは近所に広まりましたし、それに伴い子供がいない家の方が来ては、ウチにも産んでくれないか?ときた方がいましたが、さすがにそれは却下されましたが、実は今ではピルを飲んでいます。
親戚方からまでもウチにも子供をと懇願する連絡がちょこちょこあり、義父母や夫は私に妊娠さえしなければ向こうも諦めるだろうと、言うこともありこっそりピルを飲んでは一部親戚の方に何度か抱かれましたが、もちろん妊娠せず、ピルを飲んでると思ってもいない親戚の方は、やはり〇〇家の嫁なんだな、いくら親戚とはいえ孕ませられないなんてなぁ…とそれきり抱かれてはおりません。

最近では親戚からの連絡もなく平和になり、子供達も手のかからないくらい成長したので、義父と夫が次は順番に精液を注いだらどちらの子が産まれるかの談義をしており、近々また私は妊娠することになりそうです。

ちなみに私の両親は離婚しており両方が疎遠で私が今結婚出産してるとこも知らないでしょう。
このような世間から見たら特殊な家族なのは私も承知ですが、義両親や夫と子供に恵まれて私は女としても、一人の人間としても幸せだと間違いなく思えます。

長々ありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦,近親相姦
投稿No.7592
投稿者 みんなのパパ (41歳 男)
掲載日 2020年2月11日
16歳で元彼に中出しされ、高校退学、出産した18歳の新人元ヤンシンママデリ嬢に当たりました。
全盛期の木下優樹菜に激似ですが、背は小さくて150cmくらいでした。
見た目も話し方も典型的な元ヤンギャルですが、実は一途な恥ずかしがり屋で、プレイ前には「電気消して…」と必ず言うし、付き合った人数もセックスした人数も1人だけという嘘みたいな純情派。
子供の父親とは14歳から付き合い、最初からずーっと中出しで、16でついに孕んで出産。元彼逃走。
生活費に困り16でキャバ嬢、酒は を飲むと育児ができなくなり子どもに悪いから18になるや否やデリ嬢に。まだ体験入店1ヶ月目。
本番は超NGで絶対させてくれない子でした。
子供と元彼に悪いからだとか。

顔可愛いし、身体がチビロリなのにDカップだし、天然パイパンで穴もキレイだし、なかなか好みでした。
ダメと言われると、元彼以外とはしたことないと言われると益々したくなるもので、何回も通い、あの手この手で迫りましたが、ダメ!と言われてしまい、絶対にやらせてくれません。
「これはもう無理か」と諦めかけ、もう無理だから今回で呼ぶの最後にしようと思っていた日、いつものようにセックスをせがみ、案の定断られました。
私は「じゃあ、もう諦めた。もういいよ。もう呼ばないね」と冷たくしました。
すると「え?何?なんで?急に冷たくしないで…」と涙目ですりよってきました。
寂しがりやで、心配性な性格なので、常連が離れることに不安になったのでしょう。
まだ新人で本番NGでテクもないので私ほどの常連もいなくて、売上も厳しいのでしょう。
あと、実はドMなので、どうせヤらせてくれないなら、最後にいじめてやろうと思い、罵倒しました。
チビ、テクなし、わがまま、サービス悪い、生意気、おまえなんか股開くしか能がないんだから、本番しなきゃ売れねぇよ!と言ってやりました。
本当は思ってないんですけど、ついカッとなって。
そしたら、わんわん泣いちゃって可愛そうになりましたが、アソコはギンギンになりました。
もちろん、お互い全裸だし、おっぱいプルプルさせながらベッドで女の子座りしながら泣いてるチビロリに興奮して、押し倒しました。
乱暴に愛撫して、アソコに指を這わすとめちゃくちゃヌレヌレで「おや?」と思いました。
愛撫を続けてると息が荒くなり、泣き声に喘ぎ声が混じりだしました。
これはと思い、言葉責め、愛撫を繰り返し、ついに指でイカせました。
今まで一回もイッたことなかったのに。

なるほど、言葉責めに弱いんだなと理解し、続けました。
頭悪いんだから、何も考えずに股開けよ。フェラもまともにできないんだから、下の穴使って咥えなきゃイケないんだよ。金払ってるんだから、ちょっとはサービスしろよバカ。と罵倒し続け、泣きながら「ごめんなさい、ごめんなさい」と言わせて、股を開かせ指でアソコを広げさせました。
素股するから動くなよと命令し、亀頭をヌルヌルの入り口にゆっくり往復させ、クリを刺激するとビクンビクン感じてる様子。
今日はイケル!一か八か生挿入。
「あ!あ!いや、あん!あーっ!」
奥まで入れて強く抱きしめながら、腰をガンガン振ると特大の喘ぎ声。
使い込まれてない穴、気持ちいい!生最高!!脳天に雷が走るくらいの快感に酔いしれながら、やっと一つになれた愛おしさとが絡み合い、夢中になって猿みたいにズコバコしました。
女も私に力いっぱい抱きつき「好きって言って!愛してるって言って!」と叫んでいます。

母親とは言え所詮は18歳のこどもです。
16歳から1人でずーっと孤独に耐えながら、たった1人で誰にも甘えられずに、必死で生きてきたのでしょう。
タガが外れた今夜はまるで愛を求めて叫ぶ獣でした。
泣きながら、喘ぎながら、愛を求めて必死に私にすがり、好き?愛してる?と私の目を切なく見つめながら叫び続けました。
私はそんな女を本当に愛おしく感じてしまい、うん、うん、好きだよ!愛してるよ!と叫び返しながら抜かずの中出しを繰り返しました。
お互いおかしくなっていたので、許可とかうんぬんなく、当たり前に中出し汁垂れ流したまま、ズブズブ1時間近くハメハメし、ずーっと繋がったままでした。
女が何回目か分からないくらい昇天し「あ…あ…もうダメ…死んじゃう」と朦朧としてきて、私も少し息切れした頃にようやく抜きました。
二人とも完全燃焼で意識を失うように寝落ちしました。

しばらくして、部屋を乱暴にノックする音で目覚め、ドアを開けるとコワモテのデリヘル店の店員が三人なだれ込んできました。
まず一人が私を壁に押し付け、残り二人は女の子を揺り起こして無事を確認しました。
どうやら1時間ほど寝ていたようで、時間をかなりオーバーしていました。
電話もとらず、トラブルと思いケツモチと一緒に来たみたいで散々叱られました。
でも、女の子がずーっと私をかばってくれ、罰金も自分が払うからと言ってくれたので、私は一切ペナルティなしでした。
「もう今日は帰っていいよ」と女の子は店員に叱られ、私も注意されたものの大丈夫でした。
安心して二人で抱き合い、今度はゆーっくり時間を気にせずにたっぷり愛し合いました。

心と股を開いた彼女はもう完全に私に骨抜きベタ惚れで、男性経験もないドMの子どもなので、なんでもいいなりになりました。
私からの愛が欲しくて、すがりついてきました。
捨てられないように必死でした。
私も愛おしくなり、デリヘル辞めさせて付き合うことにしました。
女はスーパーのレジと回転寿司のバイトを始め、私も残業を増やして月に5万円くらいサポートしました。
性行為はそれはもう、至れり尽くせりの高級ソープ顔負けのなんでもアリで、したいことをなんでもしてくれました。
私に捨てられまいと、愛してもらおう、褒めてもらおうと、なんでも私が望むままに応えて、覚えて、頑張ってくれました。

コスプレ、青姦、イラマチオ、アナル舐め、アナルセックス、なんでも一生懸命してくれました。
益々愛おしくなり、半年ほど付き合っていましたが、案の定妊娠しました。
まあ、そうなるわな。と思いながら、少しづつお腹が膨らみ始めてるのを見ながら、妊婦セックスを楽しんだりしてました。
彼女は「名前どーするー?」とか「ベビー服一緒に見に行きたいなー」とベタベタに甘えてくるのですが、私は結婚する気は全くなく、セフレにはしておきたいけど、どうしよう。と悩みながらセックス中出しは臨月まで続けました。
赤ちゃんの顔を見ちゃうと押し切られそうだったので、妊娠9ヶ月目、流石にセックスがしんどそうになった時に、別れ話を切り出しました。
大号泣され、話すどころじゃなくなりました。
あまりに不憫に思い、結婚はしないけど認知するし、ここまで仕込んだ私専用の19歳の御奉仕ロリ肉便器女を捨てるのはもったいない。
こいつを使っていたので、この半年、風俗には一切いかずに、オナニーもせずに済んでました。
いつでも、どこでも、なんでも出来る完全なる生肉オナホです。
しかも若くて可愛いくて、気持ち良くて、暖かい。

セックスはしたい。他の男に渡したくない。離れたくない。認知するし養育費入れるから、このままの関係を続けようと言いました。
「なんで結婚嫌なの?私まだ結婚したことない。ちゃんと結婚したいよ」とすがるようにおねだりされました。
とりあえず可愛かったので、フェラチオさせました。
上目遣いで、泣きそうになりながら、うぐうぐ一生懸命咥える彼女。
頭を押さえつけてイラマチオさせながら、どうするか悩む私。うーん、悩む。
そうこうしてるうちに出産。
出産費用は国から出るのでタダでした。
赤ちゃんには会わずに逃げていました。
彼女は会わせたがっていましたが、実家に預けさせて、ラブホか自分の車でセックスして帰らせる毎日をしばらくは繰り返してましたが、ある日、ヤリたくなり呼んでも「ごめん、今日はママが出掛けてるから行けない」など、育児が忙しくて私の性処理の呼び出しに応じなくなりました。
そうなると途端につまらなくなり、新しい若いデリ嬢開拓に出掛け、彼女に連絡しなくなり、向こうからの連絡も無視するようになりました。
無視し続けていると次第に連絡もなくなり、数年が経ちました。

ふと、ある日「あいつどうしてるんだろ?」と思いインスタを探して見てみると、引き継ぎスーパーでバイトしながら、実家で二人の子供を育てていました。
下の子は私にそっくりな女の子で、その時に初めて顔を見ました。
なんか感じるものはありましたが、私が孕ませた女の子、産ませた女の子、産んだ女の子は数えきれないくらいいます。
全員孕ませた時は大体18か19歳の子ばかり。
普通に生きてれば女子高生、女子大生くらいの子どもに中出しし、子どもを産ませるのは本当に興奮します。
人生を狂わせている罪悪感もありはするんですが、それでも中出しは辞められません。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7469
投稿者 しんぴ (27歳 男)
掲載日 2019年9月26日
投稿No.7461の続きです。

社会人1年目の冬(当時23歳)のことです。
いつまでもなっちゃんと住んでた部屋にいても思い出してしまうので会社の近くに引っ越すことにしました。
引っ越して1ヶ月やっと慣れてきたところで会社の飲み会で三次会までしこたま飲んだ後のことです。
最寄駅について家に歩いていると前にかなりフラフラの女性が歩いていました。
ちょっと心配になってみていると見事に生垣に突入していました笑

さすがにやばいなと思って、「大丈夫ですか??」と話しかけると泥酔状態で生垣の中から「大丈夫~!」と返事が来ました。
全く出てくる気配がないので、起こすと30歳前後戸田恵梨香似のお姉さんでした。
思わぬ美人にラッキーと思いつつ、「こんな酔ってどうしたんですか?」と聞くと「彼氏にフラれてやけ酒してました~」と陽気に答える彼女笑
これはかなり出来上がってるな~と思っていると「お兄さんうちで飲もう!私を慰めてよ~!」とまさかのお誘いが…
そのままお姉さんの家で飲むことになりました。

彼女の名前はまほさん(当時30歳)といい、長年付き合っていた彼氏に突然別れ話をされて、やけくそになっていたところに私と出会ったとのことです。
基本的には彼氏の話が多く、そのほかはお互いのことなんかを話していました。

次の日が休みということもあり、明け方まで飲み明かして、そろそろ帰ろうかという時に、それに気づいたまほさんが「え…?帰るの…?」と寂しそうな顔をしたのがとても可愛いかったです。

そのまままほさんが近づいてきて、キスをゆっくりとします。
「このまま私の身体も慰めて…?」とまさかのお誘いがあり、びっくりしました。
「俺、中出しじゃないとダメだよ?」
「元カレとも中出しエッチだったからピル飲んでるし、大丈夫だよ?」
とまさかの展開でした。

この頃、前回の投稿でみかと子作りをしてからは正直かなりご無沙汰でした。
かなり美人なお姉さんと出来るなんて思ってもみませんでした。

お風呂にも入っていないのに、まほさんを貪るようにキスをして押し倒します。
そのまま少しずつ服を脱がしていって、生まれた姿になりました。
「元カレ以外の男の人に裸見られるのなんて何年ぶりだろ…優しくしてね?」
そんな言葉も聴きつつ、まほさんの裸体を愛撫していきます。
まほさんは乳首とクリが感じやすく、いい反応を見せてくれます。
そんなまほさんにクンニと指での乳首責めを展開します。
「そのコンボ弱いからダメェ…/////」と照れながらもとても感じているまほさんに興奮が止まりません。
まほさんの身体をメロメロさせるためにしばらく攻撃を続けていると「あっ…///イクッ…///ダメッ!あっ///」というとまほさんの身体がビクビクとしてのけ反りました。

「気持ちよすぎていっちゃいました♥」と嬉しそうなまほさんが息子に顔を近づけてきます。
パンツをとおろし、息子を愛おしそうに手コキ&フェラしてきます。
「しんちゃんのおちんちん美味しい!!」としゃぶりまくりのまほさん。

「もう我慢できない!!」とそのまま騎乗位で生挿入です。
ゆっくりと息子を迎えてくれるまほさんのおまんこは少しきつめに迎えてくれました。
「おっきい!! 元カレのよりおっきい!!」と元カレ専用のおまんこに上書きするように息子を奥まで入れてくれます。
騎乗位でそのまま腰を早めていき、溜まっていたこともあり、そのまま中出しをしちゃいました。

少しして抜こうとするとまほさんがしがみついてきて、「ダメ!!抜かずにいっぱい中に出して!!」とそのまま少し腰を振り始めます。
2回目なのに息子は元気になってきて、再びまほさんの中に出しました。

その日はそのまま寝てしまいました。
次の日から土日で休みだったので、いったん家に帰って着替えを持ってきて、二日間中出ししまくりました。

その後も定期的に中出しセックスをする仲となりました。
元カレと復縁した後も「ちんぽの味が忘れられない!!」と中出しエッチをしまくりました。

その後妊娠したとの知らせを受けましたが、彼氏とも中出しエッチが多かったのでどちらの子かなー?とも思いましたが、その後旦那に黙って遺伝子を調べたらしいのですが、私の子だったらしいです。
これが私の3人目の托卵でした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
1 2 3 4 5 6 11
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)