中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7997
投稿者 中出し中毒末期患者 (30歳 男)
掲載日 2021年8月19日
こんにちは。皆さん生殖活動していますか?
私の方は昨年の12月のソープ依頼半年近くソープに通うことができず悶々とする日々でした。
皆さんのように中出しセックスできるお相手が身近にいてほしいとも思いますが中々出会いに恵まれません。
そんな出会いナイ、モテナイ私に中出しを許してくれる姫たちには感謝しかありません。

さて、ある日のことです。
コロナと諸事情により最後の中出しセックスから半年以上経ってしまい息子が仕事中も自己主張が激しい。
性欲を解消するために見るAVのキーワードは中出し、子作り、妊娠、ソープ……。性欲解消後は見たAVのようなプレイをしたいと妄想してまた勃起。性欲解消の無限ループに陥ってしまいました。

これは良くありません。
我慢ができなくなりソープの予約をすることにしました。
しかしお店と姫選びで悩みます。
詳細は省きますが年末に行った店でパネマジに遭いまして悲しみを知ってしまったのです。
いつもの店でもいいような気がしているのですが、別の店への冒険心もあります。
結局悩みましたがいつもと別の店に行くことにしました。
理由は単純で好みの女の子が多かったのです。

当日。
軍資金ヨシ。性欲ヨシ。体調ヨシ。
夜の吉原に到着。夜の時間帯に来るのは初めてでしたが昼に比べるとよりセックスしに来た感が強いような気がしました。
コンビニに入るとTE〇GAのエナジーゼリーがあったので購入。
飲み終えると入店しました。
お世話になるのは吉原の有名店。夜に来ることになったのもすでに昼の予約が埋まっているからでした。
おそらくコロナ禍でなければ予約すらできなかったと思うと期待値があがります。

待合室のソファーに座り軍資金を払うと姫の一覧が載ったアルバムを渡されたので眺めます。
お相手となるO嬢。低身長巨乳のトランジスタグラマーな女性。
写真で見た限りでは清楚でエッチなことからは遠そうな印象です。
他の女性も目を通すとどの姫も思わず目移りしてしまうような容姿。店のレベルの高さを改めて知りました。
アルバムを見終えるとテレビではニュースが流れていましたが特に興味もなかったのでスマホ一択。珠玉のエロコレクションで昂らせていきます。

「中出し末期患者様、準備ができました」
お呼びがかかったので待合室から出ます。階段付近まで案内されO嬢と対面です。
心の中でガッツポーズしました。
写真通りの女性がドレスを着てこちらを待ってくれていたのです。
清楚なのに見慣れたドレスを来ているのでやはりセックスできるのだなぁと歓喜します。
主張の激しいそのたわわなおっぱいを眺めていると手を差し出されたので繋ぎます。
階段ではお互い手のひらをくすぐり合いながら部屋へ。

「ベッドへどうぞ」
上着を脱ぎつつベッドに腰掛けます。
「外暑くなかった?」
前日が暑かったのと汗をあまりかかなかったのでそんなに熱くなかったと返しつつ雑談を続け服を脱いでいきます。
タオル一枚となりフェラをされます。
口でしごかれつつもO嬢の胸を愛撫し、ドレスを剥ぎます。
ブラのホックを外した時、O嬢はフェラをやめ乳首を隠しながら私の目の前に大きな胸を差し出します。
手ブラで隠している部分をO嬢は微笑みながら徐々にさらけ出してくれます。
色素は薄めで早速いただこうとしたところで秘部を隠すショーツを脱いでベッドに無防備に誘うように寝転がるO嬢。
俎板の鯉ならぬベッドの上の裸の美女。ならば美味しく頂かねば失礼というもの。
キスから入り待望の乳首に吸い付きました。
おっぱい星人の私がO嬢の胸を愛撫していると股間に血流が集中し、O嬢のおまんこに先端が何度か触れていました。
おもむろにO嬢は私の息子を掴むとその毛におおわれていない柔らかそうな割れ目に誘導してくれます。私は抗うことなく息子を侵入させました。
半年以上振りとなるゴムを使わない性交。私が愛してやまない粘膜接触です。

「本当にナマでいいの?」知っててやってるので儀式的な問いです。
「いいよ」
正常位でO嬢の膣内を突きます。愛液と我慢汁を混ぜ合わせるように回すように突きます。
可愛い女の子を小汚いおっさんが犯している。しかもこのまま中に出せると思うと興奮具合も最高潮に達します。

「あん! あんっ!」
「Oさんすごい気持ちいい!」
「すごい奥まで入って来てる!」
「このまま中に出してもいい?」
「いいよっ、いっぱい出して!」

この流れならあのソープに来たら言いたかったセリフランキング1位を言っても大丈夫だろうと思い口を開きます。

「赤ちゃんできてもいい?」

残念なことにO嬢はくすりと笑うだけでした。
子作りプレイを是非ともしたかったのですが残念に思いつつも竿の根元にくすぐったい感触。

「あ、精子こみ上げてきた」
「いいよ出して。いっぱい出して!」
びゅるるるるると長い射精が始まります。
3日分ため込んだ精液がO嬢の膣内に吐き出されます。
睾丸から脊髄を経て脳へ快楽が流れ込み、足先が快感にぶるぶると震えました。
普段よりも長めに射精した結果、あまりの気持ちよさに思わず「おっ……おぁ~」と情けない声をあげてしまいました。

行為を終えO嬢の唇と乳首にキスをしつつ精液を出しきった陰茎を抜きます。
O嬢はティッシュをダムのようにして流れ出る精液を受け止めました。
O嬢のおまんこから溢れ出る精液はティッシュのダムいっぱいに溜まりました。
想像していた以上の量で出した私が驚くほどでした。

「すげえいっぱい出たなあ」
「えーほんとー? 本当だ」

お清めをしてもらいつつ雑談します。その間もO嬢の豊かな胸を撫でることはやめません。
他愛のない話をしていると互いに口数が減ります。2回戦のお誘いです。
キスをしつつO嬢の魅惑の肢体を隠すタオルを剥いて再度正常位で挿入。

「また奥きてるぅ」
こちらには余裕がありません。コロナでの運動不足が祟ったようです。
頃合いを見て騎乗位に切り替えました。

「あんっ! あんっ!」
O嬢が上下する度にいやらしく肉がぶつかる音がし、普段オナニーをする体勢なこともあってすぐに射精の体勢に入ります。
陰茎に力み。後に何度かの収縮を繰り返しながら2回目の中出しフィニッシュ。

久々の中出しセックスは精力はありあまっているのに体力切れで終わってしまいました。
O譲とのセックスはややスポーツや娯楽のような感覚でした。
私としては子作りのような爽やかさというよりはいやらしい交わりを望んでいるのですが、それでもこれだけの可愛い女の子とのセックスできたので内容としては100点満点です。

しかし本来は指名で何度も入りたい嬢を決めるための入店だったので、後何回か同じ店と別の店で子作りプレイOKな女の子を探すことになりそうです。
後は皆様のエピソードに出てくるような女の子と偶然出会いを得て中出しセックスできることを祈るばかりです。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7981
投稿者 太客 (35歳 男)
掲載日 2021年7月31日
とあるソープ嬢と冗談で交わした約束が現実となりましたので。

北の歓楽街にてとあるソープ嬢とよく遊んでいました。
最初はオキニが引退したので次のオキニ探し、で入った子でしたが顔、スタイルほ私好みで、お口のテクも良く、次のオキニにしようかな、と思って事後の雑談タイムに入っているときに、当時はどういう流れか忘れましたが、100回指名したら生中OKという話になって足繁く通うことに。
その子も私が指名して遊びに行くたび「何回目だねー」とか「生中まであと何回だよー」と笑いながら言ってくれるのでとりあえずその子の引退が100回までは行ってみるか、と思って遊びは必ずその子にしていました。

先日ついに100回目を達成して
「冗談だと思ったけど本当に来てくれたねーw」
と笑いながら出迎えてくれて部屋までご案内。
「100回も来てくれたから流石にね」
といって部屋に入るなり本来はやらない即尺のサービス。
いつもと違う、いつも以上のサービスに興奮して出そうになったことを告げると
「じゃあ横になって」
と言われ従うとそのまま生で合体。
ゴム付きで100回以上(2回戦のときもあったので)味わった腟内も生だとまるで別物。
フェラで限界近くまで上げられていたこともあり、暴発気味に彼女の中に発射してしまうことに。

「すごい出たねーwじゃあ、お風呂入って休憩しよっか」
と言われ服を脱ぎ、身体も洗わずそのまま入浴。
一緒に入って潜望鏡等を味わいお風呂の中でそのまま二度目の合体に。

発射後、ベッドに移動して三回目の発射。

期待していたことも有ったので事前にバイアグラを飲んでいたので3発目のあとも半立ちを維持していたのでゆるゆる腰を動かしていたところで10分前のコールが。
「まだ出せそう?」
と聞かれて難しいかもと応えると手コキ+フェラでなんとか4発目。
しっかりとゴックンまでしてくれました。

「嬢も女の子だからね。100回も来て、スマートに遊んでくれる人ならそりゃ、特別扱いするよ。もう一個サービスでプライベートも一日だけ相手しちゃうね。一週間くらい前に連絡してね。出勤しないでおくから」
と最後にいただいてお別れに。
今週末早速お願いしちゃってます。

冗談とは言え、ルールを守り、女の子の嫌がることをしないで遊んでると良いことはあるものですね。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7974
投稿者 浅野 (39歳 男)
掲載日 2021年7月24日
投稿No.7967の続きです、まだ未読の方は先に投稿No.7967をお読み下さい。

超高級ソープにて生まれて初めて女性の膣内に精液を放出する事を経験した私はあまりの快感と虚脱感のため正常位の体勢でA嬢と結合したまま暫くの間A嬢の胸に顔を埋めグッタリとしていました。
数分後勃起していたおちんちんが萎えてきたので起き上がり嬢の身体から離れようとした時に驚きが待っていました、
?ーーーーー!?ーーーーー抜けない!
ビンビンに勃起している状態ならまだしも既に萎えてきている状態にも関わらず普通の力で抜こうとしても抜けないのです、フェラで吸われているというよりも掃除機で吸われている様な吸着力でした。
この時点の私は殆ど女性経験が無かったのでこれがどれほど凄い事なのか正直わかっていませんでしたが、今現在でもこのA嬢以上の女性器には巡り合っていませんし今後も出合わないのではと思っています。
ある程度強い力で腰を引くと強い摩擦(抵抗)力が私の股間を襲いあまりの感触に思わず腰を動かしてしまうと萎えかけていたおちんちんに再び力がみなぎってきました、もう男としての本能に従い抜かずに2回戦目スタートです。
A嬢は当然私の1回目の射精を認識しているので抜かずにそのまま2回戦目を挑んできた事に驚いていましたが直ぐに受け入れ体勢を整え私の挑戦に答えてくれました。
1回目は足をM字に開いた普通の正常位でしたが射精後の私が再び腰を振り始めると膝を伸ばして180°足を開脚する様な体勢から徐々にV字開脚の体勢に移行してくれました。
その体位の興奮度・エロさは半端無く締まり具合も更に増した様な気がしました。
射精をコントロールする術を知らない私は彼女の膣圧と視覚的な性的刺激に負けまたもや数分で2度目の絶頂を迎えてしまいました。

A嬢の膣内に多量の私の精液がある状態でのセックスそして再びの射精、大きな満足感と虚脱感、凄く長い時が流れた様な錯覚に襲われましたが実はここまで入室してから20分程度しか経過していなかったのです。
恐らく私の人生の中で1番濃密で忘れ難い20分だったと思います。

2回戦終了後はさすがに強力な膣圧から逃げる様に一気に強く引き抜きました。
引き抜いた時に私のおちんちんに薄いゴムが被さっていないのを改めて見て本当に自分は生でA嬢とセックスしたんだ女性の膣内に初めて射精したんだと実感と感激が込み上げてきました。

精液や嬢の体液でベチョベチョになっているおちんちんをティッシュやタオルで拭う事もせずそのままA嬢は自身の口を使ってキレイにしてくれました。
こんな美人にこんな事させるなんてこれだけでも数万円の価値があるんじゃないかと思いました。
遅くなりましたが一応ここでA嬢のスペックを記載しておくと身長159cm・B90・W58・H88で全体的にバランスの良い少し筋肉質な身体です。

その後暫く飲み物を飲みながらA嬢と色々と会話をしました。
今回が2回目のソープでセックスするのも2人目、スキンを使わないセックスは生まれて初めてと全て正直に話しました。
A嬢も「貴方の初めての生セックスの相手になれて良かった」と言ってくれ実年齢や色んなプライベートな事も話してくれました。
「見た目と違ってかなり激しいセックスだったから私も凄い興奮しちゃった」とも言われとても恥ずかしくて赤面してしまいました。
先程のV字開脚の様な正常位が凄いエロくて自分もめっちゃ興奮したと言うと身体の軟らかさには自信があるらしく「じゃあ特別に」と目の前で体操選手がやるようなI字バランスのポーズをやってくれました、
全裸でのI字開脚で私の目の前30cm位の所にA嬢のおまんこが惜し気も無く晒け出され今セックスしたばかりだというのに思わず興奮してしゃぶりついてしまいました。
「そんなに興奮したらまだ全然時間あるのに精子無くなっちゃうよw」とA嬢に言われて我に帰り顔を放しました。

その後洗い場に移動してスケベ椅子に座って身体を洗って貰い女体を駆使したボディ洗いを堪能しました。
そして嬢がマットの準備をしている間1人で湯船につかり歯磨きを済ませます、待っている間に頭をシャッキリさせる用の冷えた濡れタオルなんかも用意してくれ至れり尽くせりです。
マット全体にローションを塗る為に嬢がクルクルとマット上を滑る様子は日常生活では絶対に見る事の出来ない美しいショーの様でした。
この頃になると私の緊張も大分ほぐれ頭で色々考えながらプレイを楽しむ余裕が出てきたのでマットをやって貰いながら心身共にA嬢の柔らかい身体を楽しんで堪能する事が出来ました。
マットでもNSなので途中挿入の為にスキンを着けてプレイが途切れる様な事も無く色々な体勢でA嬢と結合したり離れたりを繰り返し正に夢心地でした。
マットでは本格的にセックスはせずに射精も無くその後は2人でバスタブに入りソープ特有の潜望鏡プレイ等をして貰ってベッドに戻りました、因みにここでも射精は無しでした。

ベッドに戻り最後にもう1回となった時に正直しんどい感じもあったのですが(マットでも浴槽でもビンビンに勃起はしなかったので)、こんな美人とセックス出来るチャンスなんて滅多にある事じゃ無いんだから絶対に最後もう1回ヤりたいと思いました。
嬢も「絶対あと1回私の中で射精させるよ」と意気込んでいました。
ただ私のそんな心配も全くの杞憂でした、激しいディープキスをしながら玉を揉まれたりおちんちんをシゴかれたりしている内に徐々に固く勃起してきました、そして彼女に押し倒される様に騎乗位で合体、いやらしく腰をグラウンドされると相変わらずの凄い締まり具合で1分位で射精しそうになってしまい慌てて嬢に動きを止めて貰いました。
後背位もやっておきたかったのと最後はやっぱり正常位で射精したいとの希望を嬢に伝えバックで性交再開、射精しない様に堪えながら懸命に腰を振り程良い所で正常位に移行、ここからフィニッシュまではもういつ射精しても良いと思い一心不乱に激しく腰をA嬢の股間に打ち付けました。
極上のおまんこを十分に堪能し最後は思いっきり彼女の膣内最奥に思いのたけを残らず吐き出しました。

激しく息を切らせた私は暫くの間嬢と繋がり抱き合ったまま至福の時間を過ごしました。
時間まで飲み物を貰って雑談をしシャワーで洗体して貰った後服を着て最後に入浴料を払い名刺を貰って終了です。
別れ際に舌を絡める濃厚なキスをして部屋を出て階下の待合室に戻りました。

この時以降現在まで何人かの女性との生殖行為を経験しましたがこれ以上の快楽に巡り合う事はありませんでした。
この思い出を本サイトに記録する事が出来て私としても本当に良かったと思っています。

前回から引き続き拙い長文にお付き合い頂きありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7967
投稿者 浅野 (39歳 男)
掲載日 2021年7月17日
昔の話になるのですが一生に一度くらいは吉原の最高級店という物を経験してみたくて清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで超高級店に予約を入れました。
お相手は引き締まったナイスボディのA嬢、HP等では口元を隠した写真でしたがそれでも十分にS級の美女だと判る嬢です。
予約日の前日から緊張と興奮が混ざりあった異様な感覚でA嬢の写真を見て「明日になったらこの美女とセックス出来るんだ」と思いドキドキ感が半端無かったです。
因みに自分にとっては人生で2回目のソープで前回が童貞喪失だったのでいまだ経験人数1人という初心者状態でした。

当日鶯谷駅から店に電話し送迎車に乗って店に到着。(気のせいなんだろうけど送迎車待つ間ってなんか周りの人達の視線が痛い)
さすが最高級店という店内(待合室)でしたがその時は周囲を見る余裕などほとんどなくガチガチに緊張しまくってました。
待合室で待っている間ガチガチな緊張を解く為に「あぁ、もうあと数10分後にはA嬢とセックスするんだ」とエロ心を煽りメッチャ気持ちを高ぶらせました。

そして予約時間を5分ほど過ぎた辺りでご案内、心臓バックバクで店員さんに促され嬢の待つ階段前に、修正無しで見るA嬢は想像以上の美人で身体全体からエロフェロモンが漂っている感じでクラクラしそうでした。
軽く挨拶したのち手を繋いで階上の個室へ、改めて見るA嬢は私なんかが普通に生活してたらまともに話す機会も無いだろうなと思う美女でましてやセックスするなんて夢のまた夢というレベルの女性です、本当にソープのある国に生まれて良かったと思います。

雑談しながら脱衣しタオル1枚の全裸になり次は嬢を脱がします、この時点で女性の服を全て脱がすという経験が1回しか無かったのとA嬢の裸のエロさ美しさも相まって恥ずかしながら緊張で手が震えてました。
高級店なので当然即即、腰のタオルを外されおちんちんの皮を剥かれいきなりフェラチオです、こんな美人に洗ってもいない包茎ちんちんをしゃぶって貰っていると思うと興奮度が半端なくもうビンビンです。
但し当方は経験人数1人の超初心者なので挿入前の暴発だけは絶対回避したいとの思いで程よい所でフェラは止めて貰いちょっと早いけどもうセックスしたいと嬢に伝えます。
嬢が体位はこのまま騎乗位で良いかと聞いてくれたので個人的に1番興奮する正常位にして貰う事にしました。

暫くの間A嬢に覆い被さりキスをしたりおっぱいを揉んだり吸ったりおまんこを開いたり舐めたり完全にサカリのついたオス状態で目の前の極上の女体を貪り続けました。
しかしこの時点まで私はとても大きな事実を知りませんでした、それについて誤った認識を持ったまま疑いもしませんでした。
それは何かというとソープランドでの挿入行為は100%必ずコンドームを使用しなければならない(NSは全ての店で厳禁)と思い込んでいたのです。
後で知ったのですがこのお店はS着とNSの混在店で圧倒的にS着嬢の方が多くたまたま今回知らずに指名したA嬢がNS嬢だったのです。
挿入直前になってオロオロと嬢にコンドームは?と聞くと「え?私NSだよ、着けなくて良いんだよ」と言われ一瞬頭の中が真っ白になりましたが暫くすると喜びの感情が頭を支配しました、当然病気の不安は頭をよぎりましたが目の前の美女とコンドーム無しでセックス出来るという興奮に敵う物ではありませんでした。

そしてついにその瞬間が訪れます、仰向けで開脚したA嬢の股間に身体を被せ初めての感触を待ちわび固く勃起するおちんちんを卑猥に開いた粘膜質のおまんこに挿入しました。

……!!!!★★★☆☆☆!!!!

そこから射精するまでの数分間は我を忘れてまさに獣の様に激しく腰を振りまくりました。
初めての生膣内の感触のあまりの気持ち良さに恥ずかしながら数分間しか男としての威厳を示す事が出来ませんでしたがその間も「あぁ今自分はこんな美女と生でセックスしてるんだ夢じゃないんだ生きてて良かった」と男として生まれた幸せを噛み締めてました。
世に言う名器とはこういう物なのかとも思いました。
そして痺れる様な間違いなく今迄で最高の絶頂感に襲われ可能な限り限界まで深く挿入して溜まりに溜まった精液をたっぷりとA嬢の膣内に注ぎ込みました。
いやマジで最高のセックスだった、今後の人生でもこんなセックスもう2度と経験出来ないんじゃないかと思う位のレベルでした。

だがしかし、A嬢の本当の凄さを思い知るのはこれからなのですが…

長文になりましたので今回はここで切ります、また続き書ければ書きに来たいと思います。
駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
投稿No.7942
投稿者 読売巨チン軍 (40歳 男)
掲載日 2021年6月12日
今年、運命とも思える様な理想的な嬢に巡り合い通っています。

20代前半の若い子。
誰もが振り返って見てしまう様な派手な美人。
スラッと細いのに見とれてしまう様な美しいFカップ、形の良い張りのあるボリューム感のあるお尻。美しい黒髪。(特定されるので書かないですが、さらに過激な特徴があり、刺戟的。)
自分の今までの人生には居なかったタイプ。
一目惚れでした。

見た目とは裏腹にMっぽく、プレイも優しく、こちらを受け入れてくれるので責めがいがあり、膣の動きからして演技ではなく実際にイッてくれている様な気がします。
最中に自分でおもちゃを当てて、気持ちよくなろうとしたり、かわいいです。
挿入中も知らないうちに潮も出ているらしく、何度かタオルにシミを作りました。

その日はいつもの様にシャワーもせずに慾る様に開始。
激しいキスから只管クンニやおもちゃで責めてイカせます。
中イキ、外イキ、両方イケるコで、こちらもこんな自分とは不釣り合いなくらい美しい女が、自分に激しく感じているの見てガチガチになり、大量のカウパーですぐヌルヌルになります。

耐えきれずにお願いしてコンドームを着けて貰いますが、Mだと全然入らない…。
でも嬢は時間かかっても無理矢理何とか装着。
ちょっとパツパツ過ぎて怖い見た目。

嬢がまたがり、私のを鷲掴みして穴に当てがい、ゆっくり咥え込みます。
興奮して余りに硬いので、狭くても余裕でメリメリ入って行きます。
騎乗位でゆっくり楽しんだあと、堪らなくなって来たので、そのまま押し倒して正常位。
いつもならバックしたりして相手をたっぷりイカせてから自分がフィニッシュするのですが、この日は何だか特別気持ちよくて止められません。
我慢しながらなるべく長く出し入れを堪能しましたが、この日は何だか我慢しきれない。
興奮して「〇〇のマ〇コに出すよ、いい?!」「うん、いっぱい出していいよ!」「出すよ出すよ!」「来て!」と叫び合い、ディープキスで吸い合いながら、うめき声を発してフィニッシュ。
10回くらい脈打ち、物凄く気持ちよかったです。

脈打つのが収まり、すごく満足して引き抜こうとすると、何だか様子がおかしい。
私の根本に巻き付く、輪ゴムにヒラヒラした物が…。

そう、完全に破けて居たのです。
そうとは知らず、思いっきり押し付けた状態で膣口から16センチも奥に全部出してしまっていたのです。
生、どおりで気持ちよくて我慢できないはずです。
引き抜くと、私のも完全に自分ので濡れて白くヌラヌラになっていました。

とりあえずお互い少し慌てましたが、どこが破れたんだろうね、と一緒にコンドームをチェックしたりして笑って済みました。
「生だって知ってたらもっと興奮したのに、勿体なかったなあ。」「こら。それ完全にダメな発言でしょ。」みたいな会話をしました。

サイズが合ってない上に、着けるとき手間取っていたので、爪で傷がついたのでしょう。
人生で2回目くらいの珍しい事で、かなりびっくりしました。

なお、その後も通って遊んでいます。
彼女に会うと、最後とても幸せな気持ちになります。
帰るのが辛い。
いつもありがとう。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
1 2 3 4 5 6 15
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)