中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7664
投稿者 ゆみ (44歳 女)
掲載日 2020年6月30日
投稿No.7657の続きです。

4月以降、生徒は自宅学習やリモート授業ですが、私たちも初めての仕事が続いて疲れとストレスが溜まっています。
短い時間でしたけど、前回会えて以来ほぼ1か月ぶりに会えました。
ようやく書ける時間もできたので、思い出しながら書きます。

前回会った時にたっぷりしちゃったせいか、思い出すと熱く濡れちゃって、夜眠りにつく前や明け方目が覚めた時に、熟睡してる夫に背を向けてベッドの中で一人でしちゃってました。
それも、週に…じゃなくてほとんど毎日…

先週の初め小田くんからラインがきました。
「お忙しいですか?大丈夫ですか?」
彼も大学はリモート講義でほとんど自宅にいるので、ヤリたくって悶々としてたんだと思います。
でもそれを直接言ってこない所が凄いです。
「遠慮しなくていいよ。したいんでしょ?」
「はい」
「私も」
エッチなやりとりが続きました。
丁度したい時期(女性ならわかるかな?)に入ってて、乳首とクリが疼いてきちゃいました。
「長時間は無理だけど、明日の帰りにちょっとなら会えるかも…」
「ちょっとでも会えるなら…」
「じゃあ帰れる時間が決まったら連絡する」
「わかりました。楽しみにしてます」
「それまでは……ね」
「はい」

仕事が思ったより順調に進み、早く帰れそうでした。
今日は夕飯をレンジでチンすればいい状態に準備してきたので夫も子供たちも大丈夫だし、着替えやタオルも車に積んできました。
「5時ごろ大丈夫?」送ってみました。
「はい大丈夫です」すぐ返信が来ました。
彼の自宅近くの大きなホームセンターの駐車場で会うことにしました。
学校を出る前にトイレに入ると、もう期待しちゃってオマンコから湧き出してましたが、我慢してオシッコだけして学校を出ました。
ちょっと早く駐車場に着くと雨が降り始めて窓が曇って来ました。
コンコン
ドアをノックされました。
彼を乗せてすぐ5分くらい移動して車を止めました。

写真週刊誌で女子アナさんが密会してたと有名になった畑の真ん中の道は、この時間になると人もクルマも全く通りません。
駐車しても大丈夫なくらい幅もありました。
窓も全部曇って外からは見えません。
エンジンを止めて後列に移って抱きつきました。
「良かった…会えて…他の女の子とした?」
唇にむしゃぶりつきます。
「してないですよ…いないですもん…先生会えて…じゃないでしょ…ヤリたいだけでしょ…チンポ欲しいんでしょ…」
昨日ラインで約束したんです。
お互い「先生」「小田くん」って言うこと
お互いどっちがエッチなこと言えるかって…
お約束なんだけど、こういうドSな言葉だけでイキそうになります。
「そうよ…欲しいの…小田くんもヤリたいんでしょ、オマンコに出したいんでしょ…」
そう言いながらガチガチになってるモノをズボンの上から握ると、小田くんも左手で乳首を探り当て、右手をスカートの中に突っ込んで来ました。
「先生、ストッキング履いてないんだ…凄い…もうビチョビチョだよ…」
私がちょっとお尻を持ち上げると、手の平をショーツの中に入れて親指をクリに当ててきました。
自分から腰を前後させて当てにいきました。
「先生エロ過ぎ…すぐイッちゃうでしょ?」
「イかないって…小田くんの方が先に出しちゃうでしょ?」
彼の左手が固く尖った私の乳首をグリグリつねり上げて来ました。
私はかなり無理な体勢で彼のズボンとトランクスを膝まで下げました。
彼の大きなチンポが惚れ惚れするほど反り返って濡れてキラキラ光ってました。
手で持たないで黙ってしゃぶりついて奥の奥まで呑み込みました。
ワザとクチュクチュチュパチュパ音を立てて出し入れすると、パンパンに固く大きくなりました。
「あぁ…凄い凄い…出ちゃうって先生…」
「いいよ…小田くんいっぱい出して…飲ませて…」
「あぁ…先生イクイクイク…」
「小田くん、お口に出す?オマンコに出す?」
「……先生…このまま…イク…出る…」
両手で私の頭を強く押さえて一番奥まで突っ込んだところでパァンと弾けました。
ドクドクドクドクドクドク…1回め
ずっと続いてましたが私は構わず唇をすぼめながら全部こそげとるように動き続けました。
「おぉぉっ…」
カレの腰がブルブル震えてます。
私のオマンコに入れてた右手もいつの間にか抜けてました。

私はチンポをしゃぶったままショーツを脱ぎました。
全部チュウチュウ吸い上げてから口を離して頭を上げて、彼と目線を合わせてからゴックンと飲み込みました。
凄い…濃くてなかなか飲み込めません。
持って来たペットボトルのお茶で流し込んで、タオルで口を拭いてから彼に向き合って唇に吸い付きました。
むしゃぶりつきあいながら彼の上に乗ってスカートをまくり上げてチンポをオマンコに収めて止まりました。
「あぁ…」
全部収まって奥まで届いただけでイキそうでした。
「どお?先生…」
「ダメ…小田くん…イキそう…」
「もう?…先生…入れただけだよ…」
「小田くんの大っきいの…凄いの…」
自分から腰を上下させました。
「先生も凄いよ…締まってる…」
「お願い…小田くん…オッパイもっと強くして…」
ブラウスの上から左右の乳首を思いっきりつねられて気が遠くなりそうになりました。
私もポロシャツの上から彼の乳首を摘んであげたら、チンポがググッと大きくなりました。
「いいよ…イッて…一緒にいこう…」
腰の動きを前後にして、クリを押しつけます。
「いいの?先生のオマンコに出しちゃうよ」
「いいよ…小田くん…メチャクチャにして…」
彼も下からガンガン突き上げて来て、クチャクチャパンパン凄い音が立ってます。
彼の首にしがみついて唇にむしゃぶりついて、もっと激しく動きました。
「あぁぁぁっ……」
ほとんど一緒にイキました…2回め
二人とも震えてるのに腰の動きを止めません。
これが彼とのセックスで一番凄いところです。
「あぁ…小田くん…やめないでやめないで…」
彼が出したのがクチュクチュ音を立ててます。
彼のはガチガチのまんまで、またイケそうな感じになって来ました。
「先生…凄いよ…また締まってる…」
「あぁ…小田くん…またイッちゃうぅ…」
全身震えてきちゃいました。
こんなに凄いのは生まれて初めてでした。

そこから記憶は途切れました。
気付いたら、まだガチガチに固いチンポが入ったまま、小田くんが抱き締めていてくれました。
「先生…大丈夫…?」
耳元でささやかれてドキドキしました。
「大丈夫…でもこんなに凄いの初めて…」
私も耳元でささやき返しました。
「ホント?…嬉しいです…」
可愛くってまたチューしちゃいました。
「もっとしたいでしょ?」
また耳元で言ってギュッと締めてあげます。
「凄い…エッチ過ぎですって先生…」
「いいよ…いっぱいして…いっぱい出して」
「もっとイキたいんでしょ?先生」
「そう、もっと激しくメチャクチャにして」
「イヤって言ってもしちゃいますよ」
「うん、いいよ…」
「じゃ先生…バック…いいですか…」
「いいよ…ちょっとそのままで…」
私はもう1回チューしてから、片足持ち上げてチンポがオマンコに刺さったまま180度回転して、小田くんに背中を向ける格好になりました。
回転してる間は、オマンコの奥をチンポでえぐられるようで凄い刺激でした。
後ろから小田くんの両手が私のオッパイを握り締めてしたから突き上げはじめてくれたので私も動こうとしたけど、足が床についてないので難しかったんです。
「ねぇ小田くん…クリもして…」
私が振り向きながら言うと、黙って唇を合わせてきて、右手がクリを探り当てました。
上半身が前のめりになって四つん這いみたいになって前列の席の間に顔が入ると、両肩が左右のシートに支えられて、ガンガン突かれて、イく寸前でした。
小田くんが動くのを止めたんです。
ガサガサとレジ袋の音がします。
「ねぇ…して…」
振り返りながらお尻を動かして頼みました。
すると…アナルに冷たいものの感触が…
「えっ…?」
指が入ってきました。
「ネットで買っちゃいました」
ローションと指サックを買ったそうです。
指をアナルに出し入れしながらチンポも激しく突いて来ました。
「すごすぎる…イッちゃう…」
背筋がゾクゾクして凄い波が来そうでした。
「先生も凄いよ…俺もいっちゃうよっ」
「来て来て…一緒にイッて…」
「あぁぁぁぁっ…」
二人一緒に大声を上げました。
最後にドンっと突かれた瞬間
ドクドク出てるのがわかりました…3回め
私も腰から下がガクガクしてましけど、小田くんに腰を持ち上げられました。
まだ硬くて大きなのが刺さったままシートに仰向けに寝かされました。
奥に出されてるせいか、出された精液は溢れて来てませんでした。
目が合いました。
「休みますか?」
黙って覆い被さって抱き締められました。
「今度いつ会えるかわからないから…」
私も両手を背中に回して抱き締めました。
「いいよ…小田くんがしたいだけして…」
「先生だってヤリたいんでしょ?」
「……」
また目が合いました。お互い暗黙の了解です。
「先生…もう1回やらせてください…」
抱き締めながら耳元でささやかれました。
「ダメよ…もうやめよう…」
真っ赤な嘘ですがゾクゾクしました。
ボタンも外さずにブラウスの前を乱暴に開かれました。
これだけでイキそうです。
「ダメ…」
「ダメって言いながらマンコ締めて腰振っちゃって…まだ足りないんですか?」
ブラを押し上げて乳首を強く吸われました。
「ココも固くなってますよ…」
もう片方は強くつままれました。
「ほら…乳首するとマンコが締まる…」
抜き差しがより強く激しくなりました。
こういう犯されてるようなのが感じちゃうんです。
「あぁぁぁっ…」
ガクガク震えてまた一緒にいっちゃいました…4回め
「凄いよ先生…キュウキュウ締まってる…」
彼は動きを止めて抱き締めていてくれて、しばらくディープキスを続けてくれました。
このまま朝まで眠りたいくらい気が遠くなりそうでした。
激し過ぎたのか、オマンコがヒリヒリしてきました。
「凄いよ…もう擦り切れそう…(笑)」
「ごめんなさい…」
「いいのよ…気持ちいいんだから…」
頭を撫でてあげました。
起き上がって私の中から抜いた小田くんのチンポは未だ固く反り返っていて、ヌルヌルグチャグチャでした。
急いで自分の股間にシートを当ててショーツを履いてから、まだ固いチンポを握り締めて手を上下させました。
「あぁ先生…そういうのもエロいっす…」
根元をしごきながら先だけ口に含んだり舐めたり、全体をしごきながら目を合わせたり。
「ほら…まだ出るでしょ…イッていいよ」
動画サイトで見たように思いっきり淫らに言ってみました。
凄い…ガチガチに固いのが膨らんできました。
「あぁ…先生…イキそうイキそう…」
「いいよ…このまま…出すとこ見せて」
さらに強く握って動きを速くしました。
「あぁぁぁっ……いっく……」
ビュッビュッビュッ……5回め
10センチ以上吹き上がりましたが、強く握ったまま上下にしごき続けました。
「あぁ…先生…ダメだって…」
手を止めてチュウチュウ吸い取ってたらやっと少し柔らかくなってて、目が合って二人で笑っちゃいました。
周りも全部舐め取ってトランクスを履かせてあげました。

なんか会話したらまたしたくなっちゃいそうなので運転席に戻って黙ってー車を動かし始めました。
「じゃ、先生…またね」
「うん…また連絡して…」
駅のそばで小田くんを下ろすと、彼が出したのが溢れてきました。
人通りの無い道に止めてティッシュで拭きました。
よせばいいのにその匂いを嗅いじゃって、また乳首が固くなっちゃいました。

帰り道にあるコインランドリーに寄って、タオルとか着てたものを全部洗濯にかけてから帰りました。
「コロナ対策」と言って、毎日帰宅したらすぐシャワー浴びてるので、今日も不審には思われません。
洗面スペースで脱いだら垂れちゃうので、お風呂場に入ってからショーツを脱ぎました。
やっぱりツーっと垂れてきました。
中に指を入れて広げて、ぬるいお湯を入れて洗い流しました。
乳首もクリも固くなってましたけど、クリも中もヒリヒリしちゃってました。
次に会う時は準備してから行くつもりです。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7663
投稿者 むら (41歳 男)
掲載日 2020年6月29日
職場の人妻、C子36歳とは仲がよく軽く冗談で下ネタを言える間柄です。
先月は、二人で出張となり帰りの車内は下ネタになりました。
俺が「最近はレスだからC子さんに性処理お願いしたいな」と冗談言うと、「たまってるの?いいよ」と笑ってくれた。
車を人気のない場所に停車させ、「本当に?冗談じゃないよ」って言ってたが、C子は「だって、たまってるんでしょ!」と本気だった。

ドキドキしながら、後部座席に移りペニスを露出した。
C子は手で優しく触りながら、「元気になってる。気持ちいい?」とペニスをしごいてきました。
久しぶりに女性にペニスを触られ興奮。
俺はC子のスカートの中に手を入れパンティーの上からマンコを触った。
すぐパンティーの上からでもC子が濡れているのがわかった。

お互い下半身は衣服を脱ぎ、俺はC子に覆い被さり素股のようにペニスをマンコに擦りつけた。
ペニスでクリを刺激してると、C子が「入れたい?」と言うので「うん、でもコンドーム無いよ」と言うと「無くてもいいよ、たぶん安全な日だから」と生ペニスを挿入させてくれた。
腟内はびしょびしょに濡れていて気持ちいい。
C子も感じながら「気持ちいい、凄く元気だね」とギンギンになってるペニスを堪能している。
俺はイキそうになり、「イキそう、安全日だったら腟内でイッてもいい?」って聞くと「うん」と言ってきた。
俺はそのままC子の腟内で射精しました。
凄く気持ちよかった。

それからC子とは2回関係を持ち、ラブホに行きました。
コンドームは着けず、生挿入ですが、射精は安全日じゃないので外出しです。
次はそろそろ安全日らしいから、腟内射精が楽しみです。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7589
投稿者 nyantama (55歳 男)
掲載日 2020年2月03日
ナオコは以前すこしつきあった。
目鼻立ちがはっきりして、顔立ちはキツいかんじだが、体型は今で言えばポッチャリで、当時で言えば巨乳のグラマーだった。
だが、オレはナオコを大切にするあまり、手を出さなかった。
ちゃんと付き合ってたつもりだったがそれがなおこの不満となり、振られてしまった。

ある日会社の内線からナオコに呼び出された。(オレらは同じ会社の同僚)帰りに駐車場へ。
てっきり復縁の話かと思った。

駐車場に行くと、オレの車をながめるナオコがいた。

買い替えたの?
あのクルマ(スープラ)カッコ良かったから好きだったのに…

釣りとかスキーとかするから、こっち(レガシィ)の方がいいと思って(30年前の話なんで、車は古い)

ふーん、乗せてよ。

車に乗り込みエンジンをかけるが、動かず話をすることに。

昨日、企画のTから告られた!

え!?

どうしようか悩んでる…

復縁の話じゃなかったので、気が抜けて少しいい加減に返答していたらナオコは泣き出してしまった。
余計にオロオロ。
女心をわかってないと言われそうな場面だが、実際わかってない。

ナオコはキッとオレを睨んだ。

あなたのその優しいところ好きだけどwtjajm、、、(意味不明

突然の告白、なら復縁をと思いながら顔を見ると涙を流してる。
なんか急に愛おしくなった。
手でアゴをあげてキス(初めて)
唇を重ねるだけのつもりだった。
でも長く重ねてると、舌を入れたくなる。
ても、最初に入れてきたのはナオコ。

そのままクチャクチャ音がなるまで唾液を交換し、舌を吸い込み、吸われたり、歯茎をなぞったりしてる間、手は巨乳の上。
最初は押すだけだったが、指を動かして揉み出した。
親指で乳首を探り少し硬くなってるそれを摘んだ。
その瞬間、ビクッとした反応があり、口からも ん、、と言う声にならない声を聞いた。
そのままブラウスに手をうごかし、ボタンを外す。
ナオコは首をふってイヤイヤと言うが、再び乳房を鷲掴んで、親指で乳首をなぞると脱力したようにおとなしくなった。
唇を塞いでいるのに、ん、ん、ん、の声が聞こえる。
口を話すと何を言い出すかわからない。
拒絶の言葉だったら、一生立ち直れないだろう。
だから、脱力するのを待っていた。

それが今だ

唇をはなし、目を見る。
涙で濡れた目はトロンとしていた、そして一言

好き、愛してる!

次の瞬間、胸に顔を埋めた。
ブラをずらして乳首を露わにし口にふくむ。
ハムハムしながら、舌でチロチロ舐める。
ナオコはもう ん、ん、を、ん、を、んをを しか言わない。

そして手は下に。でも車の前席ではシフトが邪魔でうまくいかない。
するとナオコから、後ろに行かない?
そうかレガシィの後席は決して広くはないが、スープラよりまし。
後席の窓はスモークだから、覗かれもしないはず。

そそくさとリアシートにうつり、対面すると、会社の制服から片乳を出したままのナオコはエロすぎる。
何も言わずに重なった。
スカートをめくり、黒い地味なストッキングごとパンツをおろす。
モジャっとした陰毛に顔を埋め、舌先でマンコを探し当てる。

ペロペロ、、ションベンくせえ。
けどかえってそれが興奮に。

膝をかかえて、クパァって感じで股が開かれると、濡れたマンコから糸がひいていた。
リアシートいっぱいに寝そべらせ、露わにした乳房を手で揉みながらひたすらマンコを舐める。
次第に、ん、ん、じゃ我慢できなくなったか、あ、あ、とも言い出した。

あ、あ、あ、ああ、あ、あ、ああああ、ん、あ、

車のドアのパワーウィンドウのスイッチに手が触れ窓が開いてしまった。
オレは驚いたがナオコはもう無我夢中。

窓を閉めようとナオコの上に覆いかぶさるが、ナオコは腕を回して抱きついてきた。
スイッチに手が届かない。
もがいていると、下半身が寒くなってきた。
ナオコがズボンを脱がせたのだ。

一物を握りしめてアフアフ言ってる。
もちろんオレもパワー全開。
舐めてもらうつもりで体勢を変えた。
69に。その瞬間窓を閉めた。

いきなり咥える。
首を振ってピストン。
マンコを舌と指で弄り、一物は口の中いっぱい頬張りナオコは、んぐんぐ言い出したので、抜いてまた体勢を戻し濡れたマンコにあてがうとスルッと中に入った。

足を背中に絡めてうーうー唸る。
まるで獣。
でも濡れすぎてるからか、抜けやすくなる。
クッションを腰の下に入れるとフィット感が増した。

もうそのときには、あ、あ、なんていわず、キーとかヒーとか奇声に変わっていた。
いくら夕方の駐車場の片隅でもここまで大きな声だとヤバい。
早く終わらせようと腰の動きを早めた。
声も1オクターブあがる。
レガシィは大揺れだ。

そして、果てた…もちろん中にだ!!

後日、またしたくてなれなれしくナオコに近づくと、やけに塩対応。
しばらく距離を置いていたら企画のTと婚約したらしい。
あの日のことはナオコなりのケジメだったのか…

チェッ!!

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:友達・知人・同僚
投稿No.7559
投稿者 ばかちん (50歳 男)
掲載日 2020年1月06日
かなりヤバイ経験があります。
卒業後、身辺警護専門警備会社の仕事を6年間していた事がありました。
その頃は幸いにも訓練で覚えた事を現場で使うような場面には遭遇する事なく今の仕事に転職したのですが、40歳になったばかりの頃、ヤバイ事がありました。

いつも行くスナックに、新しい22歳の娘が入ってました。
目もとがキリッっとして、ばかちん好みの顔立ちでした。
会話の流れで「今度ゴハンいこうねぇ~」なんて言った覚えがありました。
暫くして、「いつご飯に連れて行ってくれるの?」と怒ってるような仕草で聞かれたのですが、仕事が込み合っていてちゃんとした返事はしないままでした。
その後、とうとう携帯に電話があり、「今日、休みにしました。どこか連れて行って下さい」。
一方的だなぁと思いながら、夕方近くに合流。
セミロングの髪をスチュワーデスみたいにアップにして、パンツルックと白いシルクみたいにツルツルした素材のブラウス。
ロングコート着て…カッコイイ!
定番の焼肉食って、ジャズバー連れて行って、居酒屋で軽く夜食を食って送って行くとき、車の中で、「今日はずっと一緒じゃないの?」と言ってきた。
まぁ、下心は十分にあったけど、先に言われてしまいました。
どうも若くして一年前に離婚し、保育園に通う子供がいるらしい。
俗に言うヤンキーだったそうな。
だから目元がキリッ!なんだぁと勝手に納得してました。
スナックの仕事と言って、近くの母親にいつものように子供を預けて来たようです。

とにかくホテルへ直行です!
車の中でさんざんキスをしたり、服の上からお股を触ったりしたから部屋に入るなり、「あああぁぁ~」と悶えながらしがみついて強烈なディープキスです。
ベッドへ押し倒し、パンツだけ脱がし、パンストを履いたままのお股を口でモムモムしたらすぐに仰け反って、「挿れて~!! すぐ挿れてぇぇ~」と言いながら俺の髪を鷲掴みにして彼女の股に押し付けてきます。
その上太股で顔を挟んでくるから…息出来ない!
パンスト片脚だけ剥いでパンティも足首に引っ掛けたまま大きく脚を開いてマムコをカプッ。
咥えたまま舌でレロレロし続けてやったら腰をグニュグニュ動かして悶えてます。
「ずっと狙ってたんだから~!! あああぁあっ…… うゎあっ」って逝ってしまった。
知らんうちに狙われてたようです。

ブラを剥いでそこそこいい感じのおっぱいを揉んだら授乳経験者だからか柔らかく、あまり張りがない。
でも、綺麗な乳首がビンビンに勃ってます。
しゃぶりつきながら膣口にムスコを擦りつけると少しずつ咥えるようにパクパクとしながら中へ入れていきます。
我慢できず、ニュルッっと入ってしまいました。
でも22歳の割にはユルイ。
彼女は勝手にあんあん言いながら腰を振って悶えてるけど。
出産経験だけじゃない、相当遊んできたのかも。
そう思いながらも気を取り直してこれでもか!どうだぁ!の勢いで奥まで突きながら、中途半端に服を脱がされ横からはみ出た乳房と、半分パンストを脱がされ突き上げるリズムに合わせてぶらんぶらん揺れてる脚と、キツイ目元なのに「ああああぁあ~」とかわいい声で悶えてる姿を見降ろしてると、興奮して更に激しく突っ込み続けました。
「生理終わったばかり….だいじょう..ぶ だからぁぁ!! 中に出してェ~」
それを聞いた途端、もっと欲情しちゃって、それまで正常位だったのにバックから力まかせに全身で突き続け、限界がきたので言われた通り彼女の子宮におもいっきりぶちこんでやりました。
ムスコを抜くとハアハア肩で息をして、マムコと肛門が呼吸に合わせてパクパクしてます。

その後、何度か彼女の部屋に行ったり、子供が眠ったのを見計らって、居間であんあんしたりの日々が続きました。
こっちとしてはセフレ程度の気持ちでいました。
勿論、彼女も結婚なんて考えてなかったと思ってます。

ある日の夜、彼女の子供にお菓子やおもちゃを買って用事ついでに部屋に寄りました。
エッチな事もせずすぐに帰ろうと思っていましたが、キッチンの磨りガラス越しに誰かが何度も歩いている気配が見えました。
嫌な予感がしたので泊まらずに帰る事にし、ドアを開けるときも外を確認して出ました。
エレベーターを使わず外階段を降り始めたとき、後ろから人の気配が近づいて来ました。
つけられているのが分かり、コートを脱げるように準備し、キーホルダーにつけてあった釣り用のミニカッターのサヤをポケットの中で外しました。

1階の玄関を出たとき、「あんた、俺の女に用事あったのか?ヤッタのか?」と後ろから声が聞こえたのでコートを脱ぎながら振り返ると包丁をこっちに向けている24、25歳くらいの男が立っていました。
シンナーの臭いもしてます。元旦那のようでした。
脱いだコートで顔を叩き、コートで包丁を掴んでねじ伏せ、押さえつけて威嚇のために「始末するぞ!」と言った時「何やってるの!!」と彼女の声が。
いつも俺が車に乗り込むまでベランダで見送っているのに、なかなか姿が見えないから、心配して降りてきたそうです。
その後、話を聞くと、離婚してからも未練があり、マンションを遠くから見る事があったらしく、そこへ俺が時々来ているのを見てラリった勢いで脅かそうと思ったらしいです。
離婚経験者同士で心情も分かる部分があり、警察に通報しないと言ったら泣いて謝ったので許しました。

数ヶ月した頃、スナックが終わった時間過ぎに内緒で彼女を迎えに行こうと近くの駐車場に停めた時、離れた所のワンボックスカーに胸騒ぎがしてそっと近付き覗いてみると、見たことあるワンピースのスカートを捲って、横たわってるオヤジの顔にまたがって腰を振って片方のおっぱいを出してる彼女が居ました。
すぐに彼女と目が合いましたが、逝く間近なのかトロンとした目で、こっちを見ながら苦しそうな悶えてる顔で、でもどうしようという表情で腰を動かしてました。
たとえセフレであっても、女が他の男の顔にまたがり、口でイカされそうになって腰を振ってる姿を直に見たら腹立ちと嫉妬が生まれますよねぇ。
まぁいいか…. 同じスナックビルの上の階にある別の店の女の子ともいい感じだから、憂さ晴らしにその子を落としてホテル行こう!と店に入りました。
気持ちの切り替えが早いばかちんです。
途端、携帯のバイブがなり続けたので、電話に出て「もう終わった? 早いね~」と言って電源を切り、お目当ての子を相手に飲みはじめました。
二時間ほどイチャイチャ遊んで、明日のデートの約束をし、午前3時くらいに車に戻ると、彼女がしゃがみこんで車の脇にいました。
だいぶ泣いたのか、またはよがり過ぎたのか、化粧がぐちゃぐちゃです。
言い訳を懸命にしてます。
ドアを開け車の中に放り込み、パンストを剥ぎ取り、パンティの股部分をずらしてそのまま突っ込んでやりました。
「あああぁ~ ありがとう!! ごめんね ごめん ああぁ~。今日は出さないでね 今度いっぱい出していいから 今日は危ないからぁぁぁぁ~」とほざいてます。
男の顔の上で腰を振ってた姿を思い出すと余計に欲情してきます。
今までにない感覚で膣がうにゅうにゅしてきます。
おっぱいを力いっぱい掴んで腰を振ると彼女がキスしようとしたので、それを押さえつけ、マムコを壊してやるくらい強い勢いで突いてやりました。
外に出す気なんて全くない。
「バカ女 あっちこっちでヤッテな」なんて罵ってやると、感じてるみたいで、一層腰を振ってきます。
突きながら他にもヤッタのか聞くと、若い男グループと4Pしたとか白状しながら、それ自身に欲情してるのかすごくよがりながら腰を動かしてます。ヤリマンなんですね。
もう限界になったので子宮の奥めがけてドクドクと中出ししてやりました。
途中、「出さないで~」と言ってましたが関係ありません。
嫉妬心がそうさせたのか、背中に電気が走るような快楽でした。
「出しちゃったの? 凄かった…」「帰ってもう一回しようね」と言う彼女を車からおろし、ほったらかしで帰りました。
携帯が鳴りっぱなしでしたが放置。

それっきり 彼女と会うことはなく、新しく子供が産まれた噂も聞かないです。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:セフレ・愛人
投稿No.7488
投稿者 自己嫌悪 (30歳 男)
掲載日 2019年10月15日
はじめまして。いつも皆さんの体験談を読んで日々自分もこんな経験1度はしてみたいな、と拝見させていただいてます。
今回はそんな夢が叶ったので反省と記録も兼ねて投稿致します。
普段は文を書かないので読みにくかったらごめんなさい。

今から丁度1年ほど前の事。
婚活を頑張って紆余曲折の末、仕切り直しになってしまい疲れ切っていたころの話です。
当時久しぶりに身体だけの関係を求めて数年ぶりに出会い系サイトを開きました。
正直数年前に大ハズレを引いて懲りてから二度と遊ぶまいと決めていたのですが、自棄になっていたので車内でサクッと会える人を探して抜ければラッキーなくらいの気持ちで。

会うと決めたら早いもので仕事帰りの帰路にあるパチンコ屋の駐車場で待ち合わせ時間を少しオーバーして車の窓を叩いたのは同年代の女性(以下Aとします)でした。
Aの外見はギャルっぽさが抜けず、髪は金髪ロングをまとめて帽子に隠し、体型は少しやせていて胸はお椀くらい。足が綺麗な人でした(大当たりでした)。
Aは当時既婚で子供もいましたが旦那さんとはうまくいっておらず、近いうち離婚ようでした。
一方的に旦那に身体を求められることもあり、一応また新しい子が出来たら困るのでピルを飲んでいる話もプレイ前に確認できたので、本当はゴムありで会っていましたが途中から生に、そして交渉の末中出しできました。

このAとはとにかく体の相性が良く、ハスキーな声の喘ぎ声と、ナニを入れると丁度先端に丁度コリコリしたものが当たり、入り口らへんの締め付けもメリハリがあってすごく良かったのが印象的です。
突くたびにAも感じて足を絡めたり背中に爪を立てて夢中で交わりました。(いつもパチンコ店の立体駐車場で車を揺らしていました)
Aも自分の事を気に入ってくれたのか、気が付けば月に1~3回は会って毎回生中出しをしていました。

それから数カ月少し過ぎたころ、Aの離婚と自分の婚活に進展が見られ、暫く会わない期間がありました。
そして今年の初夏にもう一度会いたいと思い連絡を取ると「中に出さないなら」という条件で会えました。
聞いてみると、もう離婚もしてピルも飲んでないのでプレイ自体にも乗り気じゃないようでした。
しかしいざ入れてみるとしっかり濡れているし、いつもよりも反応が凄くいい。

いよいよプレイも終盤。
でもやはり最後は中出ししたいな、と思い「次の生理はいつ?」と聞くと「来週の末くらい(約10日ちょっと後)」と感じながらも途切れ途切れに答えてきます。
正直安全日とは言えないけど・・・すごく気持ちいい。このまま出したい。
断られると思ったけど聞いてみました。
私「中に出してもいい?」
A 「・・・・・・・・良いよ」
私「え、良いの?」
A 「良いよ」
私「ピル飲んでないでしょ?」
A 「うん」
私「ゴムもしてないよ?」
A 「うん」
私「妊娠しても責任は取れないよ?」
A 「・・・・・・・うん」
私「中に出すよ」
A 「・・・うん」

最後の返事を聞いてからしっかり奥に押し付けて ドクッ ドクッ ドクッ
いつもと趣向を変えてすぐには抜かずに5分程栓をして余韻を楽しみつつ、きっとこれが最後の機会だろうな、と予感しつつ色々な身の上話をして、ナニ抜いた後逆流してくる精液をしっかり記憶に焼き付けました。

時は過ぎて先日の事。
あれからどうしているかと気になって連絡を取ってみるともう会えないの一点張り。
会わなかったここ数カ月の間の事を聞いてみると、「大変だった」「あの後とてもお金がかかった」「職場で一緒になった人が結構なお金を払ってくれたりサインをしてくれた。この人が今の大切な人」「もう私の事は忘れて」
明言は避けてはいましたが、メールの文脈からどうやらあのピル無しの一発で妊娠していたようです。
そして努めて冷静なメールにしていたようですが大分恨まれているようです(当然ですね・・・)
自分には全く関係のない第3者に中出しをして、妊娠させる(本当に妊娠したことを知る事はリスクを考慮すると相当難しい事なんだと実感しました)。
振り返ると誰も幸せになっていないし、人生を棒に振るかもしれない経験でした。
ですが自身の根底にある心の欲望が満たされるのが分かりました。

今は婚活もうまくいき、日々幸せを噛みしめています。
次に中出しする相手は嫁で、きっとそれが最後になるでしょう。
それが普通です。もう過ちを繰り返さないと心に決めて。

独白でした。駄文を読んでいただきありがとうございました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
1 2 3 4 5 6 10
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)