中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.5731
投稿者 マル長 (47歳 男)
掲載日 2013年10月24日
投稿No.5442の続き

和子との性の主導権争いは初めて寝てから数回会うまで続いたが、かなり辛い思いをしながら意地で私は生で挿入しても逝かなかった反面、和子は弱点とも言うべき性感帯を次々私に発見され、身体を蹂躙され、何度も何度も逝かされ続けるうちに、和子の高飛車な態度はなりを潜め、急速にM化していた。
この日も前日、バックで連続で逝きまくる和子にミニスカにノーパンで出勤することを命じていた。
私は自分のデスクに座わり和子の様子を観察する。
仄かなピンクのブラウスに同系色のブラが淡く透けていた。
和子の掌に収まりそうな胸の膨らみに、くびれた腰、大きく張った臀部等、和子をものにする前は淫らな妄想を掻き立てていた和子の全てが今や手のうちに入った優越感を感じていた。
和子の形の良い唇は求めればいつでも私のモノを嬉々として咥え、ひたすら奉仕するだろうし、透けて見えるブラのホックは私がいつ外しても和子は無抵抗のはずである。
和子の肢体を見ながらそんなことを考えていたが、ふと本当に和子が今日ノーパンで来たかどうか確かめてみようと思った。
「○○君、例の書類はどうなったかい?もう出来たかい?」
そう言うと和子の「はい」という返事あり、打ち出したばかりの書類の束を持って来て私の横に立った。
「ほぉ、ちゃんと出来ているじゃない」
そう言いながら右手で書類をゆっくりめくりながら、私の左手を和子のミニスカートの中に差し込んだ。
和子は驚いた顔をしたが、周りに私の手の動きが察知されないか気にしただけで、心持ち脚を拡げて私の手が動きやすいようにしてくれた。
ノーパンでもパンストは付けていると思っていたが、スカートに潜った手がパンストでは無くガーターで吊ったストッキングであることがわかり、さらに和子がノーパンで且つ性器を剥き出しにしていることを確かめた。
性器を曝している自分に人知れず興奮しているのか和子の性器全体的にトロトロしており、私も興奮してきた。
私は人差し指に湿り纏わりつかせそのままクリを優しく嬲りはじめた。
ビクッと身体を震わせたが和子は無言で唇を噛みしめ耐えているが、目の端に捉える和子の顔はこの状況に興奮し喜んでいる様子も窺えた。
「此処の部分、昨年の実績のデータを入れた方がいいな」
口ではもっともらしいことを言いながら執拗に和子の突起を弄ぶ。
声を我慢する替わりに淫液が湧きでてきているようだ。
「は・・い」そう言いながら和子は私の指示を覗き込むように屈むと、極めて小さな声で「た・ま・ん・な・い。ああ」。
私は「ここも段落変えて、この間の売り上げのグラフを入れるように」といいながらクリを弄んでいた指をトロトロの膣に挿入し、和子のポイントを擦り上げた。
和子は肩を小刻みに震わせて漏れる声を必死に耐えているが、それが余計興奮を誘うのか指を入れた手の平に和子の淫液が次から次に溢れて来ていた。
「此処は、こう直すか」
私は左手の人差し指に中指を添えて挿入し抜き差しをしながら右手でペンを握り
「スケベなまんこだ、ドロドロだな。しかしノーパンで来たことは褒めてやろう。褒美に今日は俺の精液をこの中に注ぎ込んでやろう。6時に××で待て」と書きなぐると、トロンとした目で字面を追っていた和子が褒美にの文を読んで、精液を注ぐという箇所に反応しビクビクと膣内を痙攣させ軽くアクメに達したようだ。
私は濡れた左手をそっと抜くと
「じゃ、明日までに直しておくように」と和子に命じた。
「はい」和子は軽く頭を下げ、股をぴちっと閉じて少しよろけながら自席に戻って行った。
脚を閉じて無いと内股に伝わる淫液の流れを見咎められてしまいうというわけだ(笑)

終業後、和子を伝えた場所で拾い、いつものラブホに向かった。
部屋に入るなり和子を壁に手をつかせ脚を思いっきり開かせた。
いつもは舌と手で和子をいいだけ弄び焦らすのだが、今日は即ハメしてみようと思っていた。
ベルトをカチャカチャと外す音に和子が待ちきれないように溜息をつき腰を淫らに振立てている。
手で確かめるとアソコはヌルヌルを通り越してドロドロになっている。
これなら前戯の必要もないだろう。
和子のタイトスカートを少し捲りあげ、カリが大きく張り出した亀頭を生でノーパンの膣口にあてがい体重をかけると軋みながらもいつもよりは楽に入っていく。
「あ、あ、あ、硬くて、大きくてたまんない・・・」
和子の腰が自然とカリを味わうように卑猥な動きをする。
絶妙な和子の膣もかなり慣れて来て、楽に蠢きと締め付けを楽しめるようになっていた。
しかし、和子にとっては他の男のように暴発することなく幾度も幾度も和子を逝かせる私にしだいに畏怖の念を抱くようになっていたし、私には簡単に逝かされるという思いが何度も簡単に逝けるようになってきていた。
その実、私自身は脂汗を流す思いでギリギリで耐えているのだが、このことは和子に悟らせないように細心の注意を払っていた。
必死で耐えながらも
「ほら、もう逝ったのか・・もう少しは俺を楽しませろよ。ここも感じるだろ、ほら」
とか蔑むような物言いをしていたが、それも和子のM的感性にハマったようだ。
今も立ちバックで2度3度と逝かされ、
「立ってられなぃ・・・」
と和子は床に他愛もなく崩れ落ちた。

その和子を引き起こし、お互いに舌を貪り合うデロデロのDキスしながら、今度はベッドに倒れこむ。
当たり前のように生で正常位で挿入し、和子のブラウスとブラを剥いでいく。
和子の手は、私の頭、肩、背中を這い回り、しだいに大きく仰け反っていく。
私は懸命に快感に耐えながら、和子の乳首を舐め回しながら小刻みなストロークを続け、たまに最奥へカウンターを叩き込む。
和子は噎び泣くようなヨガリ声を挙げ、しだいに声が高くなり
「あ、また逝っちゃうぅぅぅぅぅぅ」
とガクガクと全身を痙攣させて硬直した。
私は休むことなく和子を責める。
和子は私の背中を揉みしだきながら
「たまんなぃ、どうかなりそぅ。。。。。凄い硬ぃぃ」
と腰の動きがまた早くなってくる。
以前は逝く間隔が長かったが最近は簡単に「また、逝っちゃいそぅ」と言うとブルブル体を震わせた。
はあはあ息をしながら、思いっきり甘えた声で和子が囁く
「もぅ、和子を虐めてばかりじゃなく、そろそろご主人様のご褒美下さい・・・」
「ん?」
「お約束の・・・ご主人様のザーメン、和子の中に・・・」
「中に?」
「いえ、和子のスケベなまんこに・・です」
私自身、和子の中にやっと出せるという思いにはげしく興奮していた。
和子の膣の粘膜が激しく収縮するのに合わせ腰を振っていくと、和子が痙攣しながら仰け反り、子宮口に亀頭が包まれる感覚に我慢に我慢を重ねていた欲求爆発した。
これまでの射精感の何十倍ものめくるめく放出感・・10度近い爆発を繰り返していた。
和子は「熱いぃぃ・・」と、叫び完全に喪心したようだ。

私がようやく呼吸を整えた時に和子も意識を取り戻した。
「・・毎回、こんな凄いの初めてって思うけど・・もぅ、こんなの知ったら・・」
「知ったら?」
「・・和子は、もぅあなたの奴隷・・」
まだ、硬く和子の膣に収まっていた私のモノを「あん」と抜き、しみじみと私のモノを熟視し
「あんな、熱いザーメンいっぱい和子にくれたのにこんなに硬くて大きいままなんて凄すぎる」
と濃厚なお掃除フェラを始めた。
いつまでもフェラを止めようとしない和子の顎を持ち上げ和子の舌を吸う。
キスをしながらの会話が続く。
「あんなに出したのに流れてこないな」
和子も私の舌をなぞり唾液を吸いつくす。
「だって。。ご主人様のって凄いから、全部子宮の中にだと思う。だからなかなか出てこないょ」
「じゃあ、呼んでみるか」
私がキスしながら指を2本挿れ、Gスポ辺りを擦ると、和子が泣きそうな顔をしながら
「あん、ダメ・・・また欲しくなっちゃう」
とモノに指を巻きつけ扱き出す。
しばらくよがり声を低くあげていたが
「我慢できない」和子はそういうといきなり私の膝の上に乗り、立ち膝になり扱いているモノをクリと膣に擦りつけながら、体を沈めてくる。
「ほんと、スケベだな和子」
そう言いながら腰を突き上げると、和子は無心に前後に腰を振り始める。
「ああ、気持ち、いいぃぃ・・・」
とよがり声を漏らす形のいい和子の唇を見ながら、2度目の放出は和子の口に出そうと決めた。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ: ,
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]

コメントを残す

  • 管理人による承認制を取らせていただいているため、投稿コメントはリアルタイムで掲載されません。
  • 投稿コメントは管理人の判断で非承認とさせていただく場合があります。
    また、一度承認されたコメントであっても後に非承認とさせていただく場合があります。
  • 風俗体験談では、「店名を教えて!」「どこにあるの?」等、風俗店の特定につながる質問はご遠慮ください。
  • その他注意事項等はこちらをご覧ください。
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)