中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7842
投稿者 中出し中毒末期患者 (30歳 男)
掲載日 2021年1月31日
これは数年前の話です。
私は普段経験人数を増やしたいこともありフリーで入ることが多く、また同じ人を指名することもありませんでしたが、Hさんだけは別でした。
Hさんは身長150前半のEカップで写真越しにもわかる愛らしい女性でした。一目惚れです。性格も愛嬌があってこんな人と付き合えたらと思ってしまうほど。
初めて指名させてもらった時は3回戦させてもらい大変満足して帰りました。

数か月後。また中出し欲に駆られてお風呂に行こうと思いHさんを再び指名。
お店に行きHさんと対面します。頭一つ小さく愛らしい。街中ですれ違ってもこんなエッチなお仕事をしているとは思えないでしょう。
でも前回私に3回も中出しをされたのです。そのことを思い出すと股間に血流が流れ込むのが分かりました。

「あ、中出し中毒末期患者さん。〇ヵ月ぶり」
「おお~覚えててくれたんだ」
「うん」
数か月前なので忘れられていたと思っていたので純粋に嬉しいです。
「前回は確か3回したんだっけなあ」
「そうそう」
雑談をしつつ部屋に着くと服を脱ぎソファーでフェラをされます。
陰茎をしごかれ、鈴口を吸われ、裏筋を刺激されるたびに気持ちよさで体が反応してしまいます。
私も負けじとドレスに手を突っ込んでEカップの感触を楽しみます。
「乳首は確かここかな?」
「んんっ」
と挟むように乳首をコリコリといじればHさんはビクビクと良い反応。
手を抜きドレスのファスナーを下ろして脱がせます。
次にブラも脱がせばHさんは立ち上がりショーツを脱がしてガーターベルトだけになったHさんをベッドに誘います。

ベッドで横になったHさんとのキスから再開します。ちゅっちゅっと軽い口づけを交わし、徐々に押し付け合うように、最後は貪るように舌で。
目では見えないHさんの口腔の中を味わい尽くすように。ミントの香りが口いっぱいに広がります。
おっぱいは下から持ち上げるように感触を確かめます。
キスをやめツンと硬くなった乳首を見つめます。そしてそれを口に含んで転がします。
「あぁん……んあっ……」
永遠にこの乳首を弄っていられます。

そうして思う存分Hさんのおっぱいを堪能したところで息子を正常位で挿入。
Hさんの膣はおっぱいを愛撫しながら指で弄っておいたのですでに濡れています。
「あんっ! あんっ!」
パンパンと腰を打ち付けます。
抱きしめるように注送をするとHさんは私の体にすっぽりと収まってしまうのではないかというほど小さい。なのにこんなのにもエッチで可愛い。しかも生でしている事実に再度興奮してしまいます。
早くHさんの膣内に出したくてたまらず一突きする度に体の芯に熱がこもります。
熱量が最高潮に達し射精。
びゅっ! びゅくっびゅるびゅるっ!
爆ぜるような勢い。勢いが凄まじく射精のたびに快感で足が思わず痙攣。
最後の一滴も絞り出して膣内へと注ぎます。

「あぁ……はあぁ……」
中でビクビクと暴れ回る愚息と精子を感じてHさんが艶やかな溜息を溢していました。
私と言え膣内に精子を塗りたくるようにまだ硬い息子で奥をぐりぐりと刺激します。
「このまま続けていい?」
「いいよ。もっと出して」
抜かずに注送運動を再開。
気泡がつぶれるような音が結合部からします。
抱き合うように交わると汗ばんだ肌同士が強い密着感。
甲高い喘ぎ声、密着、キス、行為で艶めかしく揺れる女体、石鹸の匂いに混じるHさんの香り。五感全てでHさんとのセックスを感じます。
抜かずの二回はなかなかイキにくい。必死で腰を振ります。
「出そう」
「あん……出して中に出してぇ……」
「あー出る出る出る出るっ!」
びゅっびゅうびゅうと二回目もHさんの中で果てました。
息を整える間もなくHさんとキスをして愚息が萎えるのを待ちます。
引き抜けば二回分の精液が溢れてきました。小柄なHさんの中にこれだけの量が収まっていたのだから驚きです。

ふき取った後、飲み物を飲みながら体を休めます。
そうしてどういった流れだったかお互い横になりながら結婚観の話をしていました。
「結婚かぁ。したくないなぁ」
「私はしたいかなぁ。だって年取った時一人とか辛いもん」
なるほどと思いました。ですが私はソープで女の子に中出ししたいですし、結婚にいい印象を持っていません。
しかし、ものは試しにと思い結婚した姿でも想像します。妻がいて子供がいる。妻の位置に目の前のHさんを当て嵌めます。
悪くありません。妄想が捗ります。仕事を終え一緒に夕飯を食べ、風呂に入り、夜は一緒のベッドに入り子作り。
ふと気が付きます。私がしているのは同じベッドで、ゴムもせずに、Hさんの膣内に精子を注ぎ込む。
これはほぼ子作りではないかと。
急速に息子に血流が流れ込み始めます。
タオルを押し上げ息子がガチガチに勃起。体にも異変があります。
寒くもないのに震え始め、聞こえるくらいに心臓は高鳴り、体温が高まり顔が火照る。初めて童貞を捨てる時に感じた緊張感を連想しました。
視界に写るHさんもこれまでと違って見えました。

女です。ただのソープ嬢とかではなく、セックスの相手ではなく、繁殖相手。
私は生まれて初めて子作りをするためのスイッチが入ったのです。
遺伝子を残せ、目の前の女を孕ませろと獣が唸ります。その言葉に抗う理由はありません。私はHさんを抱き寄せキスを始めました。
テクもなにもない奪うような口づけ。続いて胸を愛撫しつつ覆いかぶさります。
硬くなった乳首を堪能し続けたかったのですが、子作りの欲求に従いHさんの淫裂に亀頭をこすりつけでから正常位で挿入します
奥まで入れた瞬間、睾丸から早く精子が飛び出したいと合唱。抉るようにHさんを突いていきます。
その度に陰茎の根元にうずうずとした快感。先走り汁が無遠慮にHさんの膣内に垂れ流されているのが分かりました。

「あっあっあっ……激しいっ……」
獣染みた交尾はより激しく。自分でも驚くほど普段以上に腰を振っています。
そんな中で私が考えるのは当然Hさんとの赤ちゃんです。そのための壁になるのは低用量ピル。高い確率で妊娠を回避できるそれ。確率はかなり低いですが0ではありません。
私にできることは精子の1匹1匹に孕ませろ受精させろと言い聞かせ、少しでも活きのいい精子をHさんの卵子に届かせることです。

「あん! あぁん! やぁん! あん!」
Hさんの嬌声が獣性に染まった脳内によく響きました。
よがるHさんはきっと私が本気で受精させようとしにきているとは思っていないでしょう。一方的な子作り相手にHさんはあまりにも無防備です。
ますます興奮しました。中出しOKなのに中出しすることがイケナイことな気がして背徳感がこみ上げ、やってはいけないと言われることほどやりたくなるあの好奇心と混ざりあって高揚します。
息子に力が籠り始めます。射精の前兆です。
力を溜めます。限界まで力を籠めていきます弓を引き絞るように。
腰を押し付け、できる限りHさんの奥で中出しの準備。
そうして待望の射精が始まります。尿道を通る感触で、おそらく煮凝りのような濃く粘っこい精液が勢いよく放たれたのが分かりました。
あまりの快感に目の前がチカチカと点滅します。

「あっ……ああ~~…… 」
Hさんは精子の熱さを噛み締めるようにビクビクと体を震わせています。
私と言えばいつの間にか獣性が鳴りを潜め、子作りの余韻に浸っていました。
その後は何事もなかったようにピロートークをして、時間になりお別れとなりました。

その日以来私の中出しの意味が少しだけ変わりました。
Hさんとの子作りごっこ以来、Hさんのことが頭から離れなくなっていました。
また行こうと思い数か月の我慢。

そして数か月後。Hさんはお店を辞めてしまったようで名前が消えていました。
定期的に確認していなかったのでいつ辞めたかすらわかりません。
もしかしてと淡い期待をしましたがおそらく違うでしょう。

私は金で済む関係だからとソープを愛用していましたが、Hさんだけは今でも割り切れない感情があります。
本気で孕ませたかったという想いもありますが、好きになってしまっていたのだと思います。
もう一度、会えるなら会いたいなあ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]

コメント

  1. クワトロ

    中出し中毒末期患者様

    良く解ります・・・
    私もソープでは無いが(デリヘルで)強烈に今でも心に残っています。

    あの時、積極的にアプローチしていたら・・・違った道かと・・・
    その時、その時を・・・ですよね。

  2. ともあき

    わかるなあ
    俺はデリヘルで好きになってしまったけど結婚してたから
    もしも独身だったら結婚したかったなあなんて言った記憶があります

  3. 中出し派

    共感する諸兄は多いのではないでしょうか。。。。

    昔私も箱ヘルや職場の後輩でこの子を孕ませたい、嫁にしたいという本能で夢中になった娘が何人かいました。

    当時マイルーラやネオサンプーンをドラッグストアで大量に買いその子達へ使っていました(^ ^;)

    パイプカットした今は妊娠させる男のロマンこそ味わえませんが、射精の快楽だけ楽しんでいます。

  4. 中出し中毒末期患者

    中出し兄貴方も同じ経験をしていたのですね。
    これ以降も中出しする度に孕ませようと中出しするのですが、それでもHさんを忘れられず子作りしてるって思ってもスイッチが入らないのですよね……。
    でもめげずに新しい店に行きまた本気で孕ませたい姫と出逢いたいと思います。

コメントを残す

  • 管理人による承認制を取らせていただいているため、投稿コメントはリアルタイムで掲載されません。
  • 投稿コメントは管理人の判断で非承認とさせていただく場合があります。
    また、一度承認されたコメントであっても後に非承認とさせていただく場合があります。
  • 風俗体験談では、「店名を教えて!」「どこにあるの?」等、風俗店の特定につながる質問はご遠慮ください。
  • その他注意事項等はこちらをご覧ください。
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)