中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.8075
投稿者 ミヤゲ屋 (36歳 男)
掲載日 2021年11月17日
都内に勤務していた8年前の話です。
会社最寄り駅のI駅は一見若者の街のように見えて裏通りにはホテルや性風俗が立ち並ぶカオスな街でした。
僕はそんな駅周辺をうろついては人間観察をするのが日課になっていました。
ほどなくしてそのI駅には立ちんぼと呼ばれる援助交際の仕組みがあることを知りました。
あからさまに待ち合わせには不向きな場所でスマホを弄っている女性に中年男性が声をかけ、しばらくするとともにホテル街へ歩き出す。
当時はそんな光景が毎日のように繰り広げられていました。
別段イケメンでも何でもない僕が見知らぬ女性に声をかけホテルに連れ込むというのが最高に興奮するんです。
当然そういった話題はネット掲示板でも扱われており、すっかりたちんぼのシステムに夢中になった僕の情報源でもあったのですが、その書き込みの中に黒女という女性の事がある時期掲載されていました。
噂では全身黒の衣服を身にまとう黒髪ロングの女性でS駅にいたりI駅にいたりとあやふやな情報だけでそれ以外の記載は無し。
私自身はその子に会ったことが無かったし、会えたらいいな、程度に思っていました。

ある日、いつものように会社帰りに散策をしていると、道路の向かいにあるレンタルDVDショップの壁際に隠れるように立っている女性がいました。
男性が声をかける様子は無いものの、様子から立ちんぼの可能性は高いと思いました。
そして黒いヒール、黒いニーソックス、黒いミニスカ、黒いレースのトップス、黒いロングのストレートの髪。
スレンダーでどことなくショムニの江角マキコを思わせる様な風貌にネットで見た黒女だと直感しました。
「すみません、誰かと待ち合わせですか?」
「友達待ってるんだけど遅くてー」
立ちんぼと思しき女性がいた場合に声をかけるテンプレートのセリフを告げると彼女から気だるげな声が返ってきました。
右手にはタバコを持ち、左手に持つスマホから目を離さず会話が続きます。
「多分ホテル行ってるから返事も遅いんだよねー」
続く彼女のセリフに目が点になる僕。
いままで立ちんぼに声をかけると大抵は「いいえ、暇です」等の答えが返ってきていました。
友達と待ち合わせ、と言われるときは断られるパターンなので後ろに続いた言葉に驚いてしまいました。
「ほ、ホテル?ってことは友達援交してんの?」
「そうだよー」
友人の援交をあけっぴろげに語る黒女。
「えー、じゃあ君もやるの?」
「やるよー」
「そうなんだ。条件とかある?」
「んー・・・」
少し考える黒女。
「2.5くれるなら何してもいいよ」
はい?今何て言った?
「なんでもって・・・?え、2回・・とか生中・・・とか?」
「なんでもはなんでも」
頭が真っ白でした。
普通この界隈ではゴム有が普通でした。
勿論この掲示板が大好きな私は生の交渉をしてオーケーをもらう事もありましたが2回戦は追加を要求されるし、中出しは誰に聞いてもNGでした。
しかし目の前の黒女は何をしてもいい、と。
「んで?どうすんの?」
返答が遅い事に少しいら立った様子の黒女。
「・・・とりあえず一緒に歩こうか」
周りに僕同様声をかけようとしているサラリーマンたちの気配を感じ、2.5で即決して歩き出しました。
ホテルまでの道中軽く会話をしてみたらなんと18歳!
ホストに入れ込んでいるらしく、立ちんぼで稼いでいるとのこと。
生理が重いという理由でピルを服用しているから中出しもオーケーとのこと。
ホテルに着くころには彼女にどれだけ性欲をぶつけられるだろうかと期待で胸がいっぱいでした。

部屋に入ってすぐ2.5を渡し早速お互い全裸に。
胸のふくらみは無いに等しいモノの太ももから尻にかけてが程よく肉付きがありひと際エロく感じました。
軽くシャワーを浴びて体をふいてベッドに入ると
「好きにしていいよ」
となんでもオーケーの合図がでました。
ぶっちゃけそこからは理性が完全に外れて暴走していました。
両乳首をしゃぶり、乳首ズリをし、クンニをし、フェラをさせ、イマラチオもしてまた乳首ズリ、と普段できないことを思いっきり彼女にぶつけていました。
そしていよいよ生ハメ。
あまり動きたくないらしく、正常位ですることに。
「生で入れるよ」
「いーよ」
「ねぇ、生でおちんちん入れて、って言ってほしい」
「えーマジ?変態じゃん」
嘲笑しながらも
「生でおちんちん入れて」
上目遣いでかわいらしい声で言われて、いったん落ち着いていた理性が吹っ飛びました。
その後はもう彼女への遠慮とかそういうのは一切なしに僕の好きなように腰を振っていたと思います。
時々彼女から聞こえる
「ん・・・あっ・・・」
という喘ぎ声が本能の腰ふりをどんどん早めていました。
もう僕も何もしゃべらなかったし、彼女も何もしゃべりませんでした。
狭いけどぬるぬるの生膣の感触を好きなように堪能し、彼女の事なんてお構いなしに好きなペースで腰を振り続けていました。
そしていよいよ射精感がこみ上げてきたときも
「出そう、中に出してって言って」
「中に出して」
「射精するまで何回も言って!」
「中に出して、中に出して、中に出して、中に出して・・・」
その言葉を聞きながら最後の瞬間を迎えました。
腰を一番奥につきこみ大量の精子を送り込むことに集中するかのように無言で中出しをしました。
今日会ったばかりの、18歳という若さのスレンダーな女性に、無責任な中出し。
人生最高の射精だったと思います。

少しして肉棒を抜き出し、こぼれてきたザーメンを乳首に塗りたくり乳首ズリを楽しみ2回目の射精を乳首に放ちました。
一度ティッシュでふき取っている間、彼女はスマホを確認し、友達がホテルから戻っていることを確認していました。
その間も僕は彼女の胸を揉みしだき、吸い付き、マンコを弄っていました。
「もう一回いいよね」と聞くと。
「んーいいよ。友達待ってるから一回だけね」
とありがたい言葉。
ちなみに流石に一晩は4は欲しいと言われ、断念。

2回目はバックでしたのですが、これが最高に具合がよくあっという間に3回目の射精をしてしまいました。
正常位ではあまり感じられなかった膣内のヒダが全て感じられるような強烈な擦れ感にあっという間に絞り出されてしまいました。
「バックには自信あんだよねー」とは彼女の談。

その後はシャワーを浴びて着替えてホテルを出ました。
待ち合わせ場所にいるであろう援交友達と顔を合わせるのが何となく嫌で、途中で別れました。
なお、その後彼女とは何度か駅周辺で会う機会が増え
「1.5でいいよー」
とありがたい許しをもらい週一で2回の中出しを楽しませてもらっていました。

しかし、ある日2か月ぶりくらいに会った際に話を聞いてみたら何やらI駅周辺で立ちんぼしているのを8〇3に目をつけられたらしく、警告を受けたそう。
I駅周辺に立ちんぼが現れなくなった時期でもあり、裏でその筋の人が動いているというのが実感できてしまったため、彼女とはそれっきりになってしまいました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
タグ:
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]

コメント

  1. k

    劇的な中出しSEXでしたね。そりゃあ理性のタガも外れますよ

コメントを残す

  • 管理人による承認制を取らせていただいているため、投稿コメントはリアルタイムで掲載されません。
  • 投稿コメントは管理人の判断で非承認とさせていただく場合があります。
    また、一度承認されたコメントであっても後に非承認とさせていただく場合があります。
  • 風俗体験談では、「店名を教えて!」「どこにあるの?」等、風俗店の特定につながる質問はご遠慮ください。
  • その他注意事項等はこちらをご覧ください。
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)