中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7898
投稿者 龍ぞー (42歳 男)
掲載日 2021年4月07日
ナンパして初めてやった時はゴム着だった。
ただ、滑らか美肌と柔らかい美乳の抱き心地、愛らしい喘ぎ声に興奮しまくって、ゴム着なのに中出しのような開放感で大量射精した。

そのミチミチに精子が放出されたコンドームを見て、彼女はやたら喜んでいた。
そして彼女のほうから「一週間後にまた会おう…」と、具体的なお誘い。

一週間後、彼女のほうから「ナマでしよう、でも外に出して…」とのお誘い。
俺はこの流れだとほぼ中出し成功していたのだが、彼女は頑なに「ダメ…外に…外で」と首を振った。
射精寸前でモノを抜いて放出すると、その快感から彼女の頭も通り過ぎてベッドの頭に直撃するほどの勢いで射精した。
ドピュドピュと五、六回射精したが、後半は完全に彼女の顔にかかった。
しかし彼女は大喜びで「すごい、すごい!」と、顔の精子を手で拭きながら大喜びしていた。
そんな彼女から「明後日にまた会おう」とのお誘い。その日は俺の都合が悪かったからその翌日に会った。

彼女は初めて会った時から服装がエロかった。
ちょっとロリ入ってる超ミニのワンピースに黒パンスト。
とても美脚というかエロ脚で、特に太もものラインとか、見てるだけでチンポ擦り付けたくなるほどエロかった。
足フェチ太ももフェチでパンスト好きの俺が、ナンパしない訳はなかった。

話を戻します。
約束の日、待ち合わせに現れた彼女は白とピンクの、スレスレまで短いミニワンピに白パンストという、俺にとっては最高にエロい服装で現れた。
あのエロい太ももが丸見えどころか、パンストの境界線まで見えている。
電車の中で注目の的だったらしい。
しかも美容室行って髪型まで変えてきた。
ショートボブでほのかにピンク。透き通るような色白美人の彼女に似合いすぎ。

気持ちが逸りまくっていたが、なんとか平静を装いながらホテルへ。
そして部屋に入るともう、彼女を抱きしめずにはいられなかった。
そして激しくベロチューしながら股間を彼女の下半身に擦り付けた。
彼女は割と身長が高いので、少し屈むとすぐ太ももに股間を当てられる。
彼女も最初から異常な興奮で、柔らかく温かい舌をねじ込みながらエロい吐息を放ちまくっている。
もうたまらん。
彼女をベッドへ押し倒し、太ももの間に片膝を割り入れ、白パンストのムチムチ太ももに俺の股間を存分に押し付けながら、彼女に完全に覆い被さった。
なおもエロくクネクネと抱き合いながら、クチュクチュ音を立てながらベロチューを続けた。
もう、この抱き心地が既にたまらない。太ももに擦り付けてる股間が既に爆発しそうだ。
透き通るように白く、薄い彼女の肌。
その首筋を執拗に舐めまわしながら、胸を揉みしだき、なおも太ももに股間を擦り付けていた。舌先に滑らかな肌の感触。たまらない。
それに、今までにないほどにエロく甲高い声を上げる彼女。なんでこんなに盛っているのだろう。
パンストの上から股間をなぞると、腰を振り乱しながら更に声を上げる。エロい。
そのパンストとパンティの中に手を入れると、グッチュグチュだった。クリも勃起しまくっている。それに、パイパン。
彼女の右脚を股間に挟みながら、じっくりとクリを撫でまわし、指を中へ入れてGを押し回しまくった。
するとあっという間に、腰を痙攣させながらイキ狂っていた。
過去2回、前戯でイッたことはない。今日はどうしたのだろう。

服を脱がせ、ブラも外して白パンストと下着のみに。
彼女はEの美乳。それに、あの美脚。あまりにエロすぎる。
俺も服を脱ぎ、チンポがパンスト太ももの間に入るように跨り、プルプルとした真っ白く柔らかい乳房を押しつぶすように抱きしめた。
エロくキスをせがむ彼女。またクネクネと抱き合いながらベロチューしまくった。お互いの口の周りまでベッタリとなるほどに。
ねっとりとした舌の絡みと化粧品の味が、イイ女を抱いているという強い認識を、俺の脳に刻み込む。
そして胸を愛撫しまくった。この胸の、柔らかい弾力と手に張り付く感触がエロい。若さあふれる瑞々しい肌。
パンストとパンティを一気に脱がし、綺麗なアソコ、縦スジをゆっくり舐め上げた。
身体をヒクつかせる彼女。トリガイのようなクリを吸いながら中指を膣内へ挿入した。
もう音がクチュクチュ鳴っていた。あったかい…それにめちゃめちゃ締まる。
前回の生挿入は気持ち良さのあまり、挿入直後に我慢汁が出そうになった。
クリも膣口も舐めまわし、溢れる甘酸っぱい愛液を吸い尽くし、お尻と内腿を舐め上げた。
どこまでも肌の手入れが行き届いた美肌。いつまでも舐めていられる。
多分、前回ナマだったから今回もナマでいいのかな。彼女はまだ何も言ってこないが、ただただイキ乱れて、だらしない表情になっていた。

そんな彼女をだきしめながら亀頭をアソコへ擦り付けた。
これだけでもヌレヌレと、かなりの刺激である。
すると彼女は右手を俺のチンポへ伸ばし、軽く手コキ。すんごい固いと喜びながら、自分でナマのチンポを膣内へ迎え入れた。
ううっ!刺激がすごい…。亀頭からサオをビクつかせながら膣奥までチンポを沈め、奥に押し付けながら彼女の柔らかい身体を抱きしめた。
ゆっくりゆっくり…彼女の奥を突くと早々にポルチオのプニプニした感触を亀頭上部に確認した。
イキまくってたから子宮が降りるのが早いのか。
とにかく快感である。この挿入感と、この抱き心地が。
ナマ膣壁と亀頭が、滑らかにボコボコ擦れあう感触、身体にあたる柔らかい胸。滑らかな白い肌。気持ち良すぎてチンポがビリビリしている。亀頭に快感のエネルギーが帯電して、自分でもめっちゃ膨らんでるとわかるほど。
抱き合いながらベロチューしていると、腰を突くというよりも、膣奥の感触を楽しみながら腰を回す、という動きになっていた。
するとシビレを切らした彼女が、下から腰を振ってくる。
たまらない上下運動。その度に奥の奥へヌルッと飲み込まれ、とんでもない快感が襲いかかってくる。
もうやばい…。気持ち良すぎてイキそうだと告げると、彼女は嬉しそうに頷いている。
これは何だ?中に出していいのか?
「いっぱい…ほしいの…」
「何がいっぱい欲しい?」
「んん…精子…」
「精子どこに欲しいの?」
「ん…わ、わかるしょ…」
「…いいの?」
「んんんっ…ユリの中にいっぱい、出して…」
ああ、たまらん…。
「気持ちいい…すっごいいっぱい出ちゃうよ?」
「うん、んんっ…この前みたいにビューってほしい…」
前回の外出し射精の勢いに興奮しているのか。
焦らすようにベロチューしながら抱きしめて、耳をグチュグチュ舐め回した。
「あん、ああんっ!」
「ああ…イキそう…」
「あっ…キテ…!!」
彼女は両足で俺の腰をホールドしてきた。
がっしりと二人の身体を密着させながら、深々と、強く、膣奥へとピストンしていった。
ナマで擦れあう膣壁の感触、それがどんどん俺のチンポを締め付けていく。
膣の奥ではグチュグチュとした感触。
「あっ…ああっ!」
彼女の身体を強く抱きしめながら、耳、首筋を舐めまわし、チンポを深々とピストン。
その余りの気持ち良さに、全身がゾワゾワとし始めていた。耳の裏まで血流が逆流するような感じ。
「おおおっ…!い、イク…」
溜め込んでいた快楽の塊が一気に爆発した。
快感を爆発させた亀頭から腰まで一気に突き抜けるような快楽。その快感を帯びながら大量の精液が尿道を走り抜け、彼女の膣奥へ一気にぶっ放した。その後も5度、6度と精液は尿道を走り抜け、合計9回、ドピュドピュっと彼女の奥深くへ大量の精液が放たれた。
そしてイッたばかりで敏感な亀頭を膣壁に擦り付け、また深く押し込んでポルチオの感触を味わった。
彼女も余韻を味わい尽くすように、俺に両脚を絡めたままグリグリ、グリグリと、身体を痙攣させながら腰を動かしていた。
「あっ…とってもアツイ…」
あまりにも大量だったから、既に膣奥には違う暖かさとヌルヌルさが広がっていた。
ああ…まだ気持ちいい…。
彼女は身体も離さないしキスも離さない。
奥にグリグリ押し付けながらクネクネと絡み合っていた。

ようやくキスがほどけると屈脚位にして、先程自分が出した精液を溢れさせ、泡立てながらヌルヌル、ピチュピチュと激しく腰を当てた。
最奥を突くと、彼女は両手両脚を痙攣させながら広げて感じていた。
そして松葉、寝バックになり、ズッポリとした挿入感と真っ白いお尻の柔らかい感触、強烈な快感を感じながら射精寸前へ。
もう二人の股間はビッチョビチョ。
背後から抱きしめるような体勢で、柔らかいお尻に押し付けながら、正常位とは全く違う快感を爆発させてビュー!ビュビュー!ビュー!!と思いきり奥に射精した。
この柔肉に絞められながら、圧迫気味の尿道から放たれる射精も気持ちいいものだ。
身体を離して抜いた時、うつ伏せという体勢もあるのだろうが、中出しした精子が溢れてくるというよりも、それまでの精子がとっちらかってお尻にべったり付いている、という感じだった。
一発目で一度抜けば、多分滝のように逆流する中出しマンコが見れただろう。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:セフレ・愛人
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]

コメント

  1. ともあき

    すごく久しぶりの投稿ですね?
    しかし、体験と良い、文才と良いうらやましい限りです

    • 龍ぞー

      一年ぶりくらいですな。ともあきさん、いつもありがとうございます!

  2. のあ

    龍ちゃん お元気そうでなにより!
    相変わらずエロエロだ!!
    投稿ありがとうm(_ _)m

    • 龍ぞー

      のあさん、お久しぶりです!そちらも元気にヤッてますかな?
      僕はもう、エロいのだけが楽しみなもんで、笑

      • のあ

        相変わらず彼氏大好き
        ですよ!
        エロもだけどメンタルも充電させてもらってます!

        • 龍ぞー

          のあさん
          相変わらず最高の関係ですな(^^)

          • のあ

            お陰様で、ナゼに想いが冷めないのか不思議なんですわ!

  3. 龍ぞーさまの投稿読んでから、自分も投稿始めました。
    いわば龍ぞーさまはお師匠さま!
    とにかく文章がエロい。
    どんな人生送っておられるのでしょうか?
    最近はパリの彼女はどうなっているのでしょう?

    • 龍ぞー

      仁さん、初めまして!
      そう言ってもらえると書いててよかったなーと思いますし、同志みたいで嬉しいですよー。
      近況みたいなの書きますので、よろしくです(^^)

コメントを残す

  • 管理人による承認制を取らせていただいているため、投稿コメントはリアルタイムで掲載されません。
  • 投稿コメントは管理人の判断で非承認とさせていただく場合があります。
    また、一度承認されたコメントであっても後に非承認とさせていただく場合があります。
  • 風俗体験談では、「店名を教えて!」「どこにあるの?」等、風俗店の特定につながる質問はご遠慮ください。
  • その他注意事項等はこちらをご覧ください。
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)