中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7688
投稿者 巨乳好き (38歳 男)
掲載日 2020年8月12日
35歳頃、田舎の実家に帰って、親を買い物に連れて行くと、偶然見た顔が!久しぶり!と、声をかけると中学の同級生の美紀がいた。
本当に久しぶりで中学生ぶりだった。
中学の頃は仲も良かったので少し話をすると久しぶりだし夜、飲みに行くことになった。
中学の頃は学校内でも一番の巨乳だったが、少しぽっちゃりはしたが更に色っぽく胸は爆乳になっていた。

夜になり居酒屋に行くと美紀はお店の前で待ってた。
胸元が大きく開いてピタッとした服装にドキッとした。
店に入ると乾杯して、色々と話しをした。
中学の時は僕のことが好きだったと初めて知った。
僕も一時的には好きだったので話しも盛り上がって、酒も進むと、美紀は25歳で結婚したが旦那とは7、8年してなく、旦那は毎晩飲みに行って帰りも遅く、今日も飲みに出掛けてると不満はかなり溜まっていた。
美紀もお酒をかなりハイペースに飲んでた。
2、3時間飲むと二人とも久しぶりで楽しかったからか、けっこう酔っていた。
美紀はまだ帰りたくないとよろけながら抱きついてきた。
今日は久しぶりに友達が帰ってきたから友達のとこに泊まると話してあるからと、僕はタクシーを拾うとラブホテルに向かった。
僕は美紀入ろ!と手を繋ぎ入った。

部屋に入ると僕は美紀を抱きしめキスをした。
美紀も、んんっと舌を絡ませてきた。
そのまま手で美紀の爆乳を揉んだ。
手にはおさまらないほどの大きさで美紀何カップあるの?と聞くとH!と僕は巨乳大好きなのでめちゃくちゃ興奮した。
服を脱がせると谷間が!ブラジャーも大きい!見てるだけでもたまらなかった。
すぐにブラジャーも剥ぎ取ると大きな大きなおっぱいが!僕は下から揉み上げて乳首に吸い付いた!舌先で乳首を転がしたり吸ったり。
美紀は気持ちいい!とくねくねしだした。

僕はそのままベッドに横にさせるとスカートを脱がせパンティーも美紀は恥ずかしい!と、僕はオマンコに顔を突っ込んだ!
美紀のクリトリスにオマンコにべろべろと舐めた。
指もオマンコにゆっくり入れ手マンした!
くちゅくちゅくちゅくちゅと直ぐに洪水状態だった。

僕はズボンを脱ぐとチンコはすでにカチカチだった。
美紀は起き上がりいきなりチンコを咥えた。
もうカチカチだね!とジュポジュポとフェラした。
僕を見つめながら美味しい!ともう可愛くてたまらなかった。

僕は「美紀!そんなにしたら出ちゃうよ!」と口から引き抜き、「美紀!入れるよ!」とゆっくりオマンコに挿入した!
美紀と抱きしめあいながら腰を動かした!
キスしながら気持ちいいねと2人で見つめあいながら大きなおっぱいも揉み乳首も舐めたりした。
徐々に腰が止まらなくなり、パンパンパンパンパンパンパンパン!美紀のオマンコを思いきり突いた!
パンパン!パンパン!美紀は気持ちいい!気持ちいい!と大声で叫んだ!
イイ!イクッ、イクッ!!と僕は奥までささるように突きまくった!
パンパンパンパンパンパン!美紀はイクッーー!!体をビクビクッとさせイイ、イイッ!と僕がピストンを続けるとビジョビジョビジョ!オマンコから潮を吹き出した!
僕はさらに興奮して一気にイキそうになった!
美紀!美紀!とパンパンパンパン!
イクよ!とチンコを抜くと美紀の顔にドピュッ!!ドピュッ!!と精子を出した!
美紀はンンッ!ンン!と顔を歪めながらま口の周りの精子を手で集めると口に運び、美味しい!久しぶり!と嬉しそうにすごい出たね(笑)とチンコ舐めさせて!と僕のチンコを舐めるとジュポジュポとフェラした!

僕のチンコが徐々に固くなってくると美紀はもうカチカチだね(笑)と僕を見ながら股がると騎乗位で挿入し、アッー!!気持ちいい(笑)と上下に動きだした!
おっぱいもゆっさゆっさ揺れ僕は思わずおっぱいに手をやり揉んだ!
美紀!気持ちいいよ!と僕は起き上がりおっぱいに顔を埋め、たまらないよ!と美紀も嬉しそうにいっぱい触って!と、どんどん激しく腰を振った!
僕は美紀出ちゃいそう!と、美紀は私もイキそう!と腰をグイグイと動かし俺は美紀!もう!美紀はアッー!イクッ!!出して!!!中に出して!!!僕は美紀!!イクッ!!
ドピュッ!!ドピュッ!!
オマンコの中に精子が勢いよく出た!
美紀は出てる!と僕に抱きついた。

しばらく抱きついたままで、キスしながらおっぱいも揉んだ。
ゆっくりチンコを抜くとどろどろと精子が溢れでてきた。
すごい溢れてる!と美紀はチンコをまたしゃぶった。
僕も気持ちよくてまたカチカチになると美紀はもう一回して!と僕は正常位で挿入すると腰を振った!
美紀とお互いに抱きあいキスをしながら楽しんだ!
最後はラストスパートし、思いきり突きまくった!
パンパンパンパンパンパンパンパン!
美紀も気持ちいい!イイ!気持ちいい!出して!!中に全部出して!!!
僕も美紀!イクよ!出すよ!!アッーー!!
ドピュッドピュッ!!ドピュッ!!!
美紀のオマンコの奥にありったけの精子を注いだ!!
めちゃくちゃ気持ち良かった!

しばらく二人でイチャイチャし、楽しんだ!
その後一緒に寝て朝からまたお昼までエッチしてはしゃぶられ、三回も中出しした!!
お互いに都合をつけ、その翌週も田舎に帰って美紀を抱いた!
二人ともハマってしまって、ほぼ毎週ヤりまくった!

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7683
投稿者 Peternorth (34歳 男)
掲載日 2020年8月01日
投稿No.7671で書いているのの続きです・・・

極上外国人セフレCAのIZARAと狂った超絶濃厚ドロドロ貪りあいをぶっ通しで続けてます、、20日間の予定で、、一切手抜きなしに、強壮剤、精力剤、排卵誘発剤など乱用して牡蠣と白子、ビタミン材、プロテイン、アミノ酸等、おびただしい量でドーピングして、昼夜を問わず、精子と愛液を膣内でかきまぜメレンゲにしながらグチャグチャ濃厚セックス、、
もうセックスというより、嬲り合いといったほうがいいかもしれません。。IZARAは、僕の盛大な射精を膣で受け止め、溢れ出るのを見るたびに「オトコらしくって素敵ぃ。。ね、ね、え、もっとオマンコとお口にのませてぇ。今日は20発くれるんでしょお」とオネダリ。

僕は何度か本気で体調悪くなったりしながらも、時折は休憩をはさみ、回復しては、わずかづつですが1回あたりの射精量を増やしてます。
IZARAは射精が増えたのを知ると本気で喜び、感激して精子まみれの舌と唇をからませディープキス。。

当初2人きりの予定が、食事や奉仕のサポート役が欲しいのと、より濃厚に楽しみたいため、肉奴隷よしかと、変態絶倫ソープオーナー♂を呼び、プレイに加えてます。
よしかは、牡蠣と白子のいろいろな変態回春料理を作り、♂2人の睾丸や前立腺をなぶり精力剤付け、ホルモン剤を睾丸に塗り込み、大量の強壮剤、サプリを飲ませます。。ソープオーナーは不倫遊びセレブ若妻、現役美〇女〇Kを呼びつけ、プレイに加わらせ、電マ責め、電気サンダーやドリルバイブで容赦なく美女と美少女をアクメ漬けにし潮噴かせまくり、現役〇Kにも容赦なく連続中出し種付けプレス・・・
J〇娘も、不倫若妻も、濃厚で激しすぎるプレイでのアクメにとっくに中毒状態、時間の許す限り居て、絶頂をむさぼっては、僕らが与えた高級下着においしい本気愛液をしみこませ、最高の催淫剤になる、本気ゲル愛液パンティをつくります。。

狂った絶倫♂2人は20種類ほどの国産、海外産の精力剤をがぶ飲み、プロテインも補充し、肉奴隷よしかが容易した大量の、新鮮な生牡蠣にレモン汁と、淫乱娘たちの潮噴きをかけたものを、味わい、ゲルパンティのゲル愛液を味わい、J〇のエロアクメ声を聴くと、脳髄がしびれるように底なしの精力とリビドーが沸き上がり狂ってしまいそうで、射精しなくてもトロトロと精液あふれます、、、不倫若妻はソープオーナー♂が、強壮剤をがぶ飲みしつつ興奮してウッとうっかり射精してしまい、しゃぶっていたJ〇のパンティにミルクをかけてしまったものを愛おしそうにしゃぶり、さらにアソコ洪水状態、という無限ループ状態。。

僕もJ〇美少女のオマンコにしゃぶりつき、ゲルパンティをしゃぶり、IZARAに睾丸に強壮剤塗り込んでもらうと睾丸が狂ってヨーグルトかカ〇ピスの原液のような濃さのミルクを次々量産してるのがわかります・・・ 
制服着せた極上J〇はやはりたまらず、自分の半分ほどの年の娘だとわすれて無茶無茶に貪り巨根でゴリゴリにGスポットとポルチオでぶっ続けアクメでガチ失神させたり、、しているとIZARAのジェラシーが激しく、、僕がJ〇を種付けプレスしてるところから、ぺ二バンで僕のアナルを犯し、トコロテン責めしてきたりします・・・

でも、僕がそれで絶叫しながら凄まじい濃さと勢いの射精をJ〇の中に出し、引き抜いて顔射、舌上射精すると、IZARAは愛おしそうにザーメンなめとり、舌の上のザーメンに排卵誘発剤をからめて、僕にザーメンキスし、「すごい射精、、ステキ。。ねえ、こんどは私に飲ませてぇ」と甘えてきます。
そんなIZARAはドSですがなんだか愛おしい感じがして、この瞬間、間違いなく肉欲から生まれた愛をお互い感じてます。
体ボロボロになってますが、肉欲をむさぼり合いどこまでも堕ちていきます。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル,外国人
投稿No.7499
投稿者 なおこ (28歳 女)
掲載日 2019年10月29日
今回の投稿は遥馬のアカウントのブックマークにあるのを偶然に見つけ投稿しました。

いまから6年ほど前のことです。
私は同級生の隼人とつきあっていました。
よく言えばボーイッシュ、悪く言えば男みたいな女です。
見た目は中の下といったところです(男性から見るともっと下かもしれません)。
趣味はバイクです、隼人とはツーリングサークルで知り合いました。
当然エッチもしていました。
隼人は今思うと自分本位のエッチをする人でした。
フェラで口に出したのを飲むことは当然といった態度、鼻の穴に向けて顔射をされたこともありました。
しかしクンニはしてくれませんでした。
私のあそこが濡れている、いないに関係なく入れたくなったら入れてきます。
濡れていないと痛いのでフェラをしながらオナニーをしていました。
AVも見せられて真似をさせられました、AVを見たときは気持ち悪くなってしまいました。
小学生のころから「おとこおんな」といわれて男子から女の子としてみてもらえない、そんな私でも付き合ってくれているという気持ちがありました。

そんなある日のことです。
私は女友達と居酒屋に行きました。
少し離れたところに隼人も男友達と飲んでいてかなり盛り上がっていました。
私は特に声をかけることはしませんでした。
隼人は「無茶なプレイもやらせてくれるセフレがいる、○○ではできないこともOK、妊娠したらヤバイからコンドームだけはつけているけど、今度ピルを飲ませるように計画中」といって自慢していました。
何人かの友達に二股をかけれているといわれていましたが、ショックでした。
隼人からエッチがしたいと連絡が来ましたが無視を続けました、いわゆる既読スルーです。
あまりにもしつこかったので自分も女友達と居酒屋にいて話し声が漏れ聞こえてきたと送るとそれっきり連絡はありませんでした。

捨てる神あれば…、とはいったもので私に好意を持っている人が勤務先にいました、遥馬です。
遥馬はいつも私に話しかけてきていました。
悪い人ではないけれど8歳年上だったので恋愛対象としては感じられませんでした。
私の会社の忘年会の席は当日会場でくじを引いて決めるようになっていました。
運命のいたずらなのか私と遥馬は隣同士の席になりました。
お酒が入っているため遥馬はいつも以上に積極的に来ました。
年が離れていてもスキと言われて悪い気はしません。
私も別れてフリーだったので友達からということでOKしました。
一緒にいると隼人よりも楽しい時間が持てました。
気が付いたら半年たっていました。
しかし遥馬はエッチを要求してきませんでした。
付き合ってすぐに要求されるのも嫌ですが、半年たっても要求されないと逆に不安です。
やはり自分は女として見られていないのではないかと。
そこで思い切って聞いてみました。
要約すると童貞で経験がないため自分だけ気持ちよくなって終わり、で嫌われたくない。だけどエッチしたい。デートの後はいつもオナニーで処理している。
取り越し苦労でした。
すぐに遥馬とホテルへいきました。

私がリードをとって性教育の実技?をすすめていきました。
遥馬にフェラをしていると「出ちゃいそう」といっていましたが、そのまま続けました。
隼人から気持ちよくさせるフェラと、射精させるフェラを仕込まれていました。
気持ちよくさせるフェラをしていましたが遥馬は口の中に出してしまいました、時に気にすることもなく飲んでいました。
しかし遥馬は違っていました。
ごめんなさい、ごめんなさいしか言わず、さらに飲んだことを知ったら泣き出してしまいました。
何とか落ち着かせて、射精しそうだったのにやめなかったこと、精子を飲むことは抵抗がないこと、怒っていないこと、続きをしようと伝えました。
遥馬はありがとう、ありがとうと言ってキスをいっぱいしてきました。これにはちょっとびっくり。
隼人は口に出したとは口をすすがないでキスをすることは絶対にNGでした。
そして無事?遥馬の童貞をいただいちゃいました。
後日分かったことですが、フェラをする→口に射精する→私の手のひらに精子を出す→遥馬が手のひらに出した精子を口に含む→キスをしながら私の口に精子を流し込む→私が飲む、が好きなようです。
私も出されたのを事務的に飲むよりもずっとエッチで興奮します。
ただ顔射は絶対いや、ありえない、あんなことをするのは頭がおかしい、とのこと。男の人の性癖はよくわかりません。
それからデートのシメ?にエッチをして、高度な性教育実技?を遥馬に指導した結果お互い満足できるようになり、私がリードをとるときは騎乗位、遥馬がリードをとるときは正常位、リードする側がコンドームをつける、1回交代という暗黙のルールができていました。
騎乗位の時は下から突き上げることは許可しません。
騎乗位で下から突き上げたいときは遥馬に正常位を諦めさせました。

そんなこんなで充実した交際を続けていると、遥馬から結婚したいという話が出てきました。
私も結婚してもいいと思っていたのでエッチの後でOKの返事をしようと考えていました。
しかし、運命のいたずらなのか生理、時間差でお互いがインフルエンザに罹患してしまいました。
最後のエッチから1か月が開いてしまいました。
今回は私がリードする当番であり騎乗位です。
一緒に気持ちよくなって騎乗位でつながるときですがコンドームをつけないでつながりました。
つけてないことがばれないように1か月ぶりだから気持ちがいいと言い続けコンドームがないことを考えさえないようにしました。
しかしさすがに射精したときに違和感を感じたようです。
コンドームがあると射精する時に抵抗感があるそうです、よくわかりませんが…。
私が腰を上げるとあそこから精子が垂れてきました。
遥馬は「えっ、破れた、ごめんなさい、ごめんなさい」てんぱっていました。
今日は大丈夫な日だから最初からつけていないことを告げると、「どうして、どうして」といっています。
「つけないでするひとはどんな関係?」、「危ない日につけないでするとどうなる?」、「逆にあえて危ない日にするのはどんな人?」と聞いても「????」です。
「遥馬鈍い、この前の話OKだよ、苗字変えてもいいよ」ここまで言って理解してもらえました。
遥馬は「ありがとう、ありがとう」と言ってキス攻めをされ、正常位でたっぷり中に出されました。
今回は私がリードする番だから正常位は禁止のはずですが流れでしちゃいました。

それからは生理周期に合わせて大丈夫な日は中で出すエッチをしました。
結婚式や新婚旅行の話を進めていると兄からピルで生理周期を調整したほうがいいとアドバイスをもらいました。
兄夫婦は式、二次会、翌日新婚旅行出発となっていましたが義姉が運悪く生理と重なってしまったそうです。
そのことを遥馬に話すと、「どうせ調整するのなら旅行中に排卵日になるようにして旅行中は毎日中で出したい」と変な方向に。
ピルを処方してくれた婦人科の先生も苦笑いでした。
そして旅行中は毎日中で出されました、出された量は初日が一番多くだんだん減っていきました。
毎日中で出し続けたことがよかったかはわかりませんが無事に授かることができ、今は安定期に入ったところです。

おわり

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
投稿No.7480
投稿者 不倫ぱぱ (40歳 男)
掲載日 2019年10月07日
妻の友人のまりさん
バツイチ、36歳、身長158cm、体重55kg、Dカップ、色白、細身、髪型はセミロングの黒。
いつもお洒落で、清楚なお嬢様風。
二人の子持ち30歳で離婚。
それ以来、男性とのセックスはご無沙汰。

妻の友人まりさんをハメ倒してしまいました。
妻と子供たちは、1週間旅行でいません。
妻の友人まりさんが、妻に頼まれたものを届けに家へやってきました。
”奥さんに頼まれたものもってきました!”
濃い茶色のタンクトップ姿でその上に薄い白の長袖のカーディガン。
膝上長さの黒のスカート姿です。
落ち着いた香りの香水の匂いの中にシャワーを浴びた後なのかなんとなくシャンプーの香りも残っているような気がした。
玄関で荷物を受け取る時、何気なく彼女の白くて細い指に触れる。
女性の綺麗な指です。
私がお礼を言うと彼女は、少し物足りなさそうだったが、玄関を出て行った。

5分くらいして、玄関のチャイムが鳴り、ドアを開けるとまりさんが立っていた。
”すいません。トイレお借りしてもいいですか?”
家に招き入れると、慣れた様子でトイレへ向かって行った。
何度も家へも来ているので、勝手は分かっています。
”トイレットペーパーがないのですが、何処になるのですかね。?”
呼ぶ声が聞こえてきた。
仕方なくトイレへ行ってみるとトイレットペーパーは、まだ、あります。
まりさんが、いません。
いや、洗面台の鏡越しに反対側の壁に背をもたれて立ったまま、ほほ笑みながら私を見ていました。
うちのトイレは、バスルームも一緒なので広いです。

”ダマしたね?”と私が言うとほほ笑みながら彼女はうなずきました。
彼女は、私に近寄ってくると私の手を取りDカップの胸を触らせた。
そして、私の耳元で”今日は安全日なのよ。”と言ってきた。
”この服装覚えているでしょ?” そして、”この前みたいにメチャメチャにして。”と言ってきた。
彼女の目はランランと輝いており、セックスしたいメスと化していた。

思い出せば、去年の同じ時期の夏のことである。
彼女の家で彼女をハメ倒してしまったのです。
彼女の子供達は、実家へ帰省しており、私は、嫁に頼まれ荷物を届けに彼女の家へ行った。
私の嫁と子供たちは、お友達の家へお泊り会で今晩は帰ってこない。
直ぐに帰る予定だったが、”お茶でもどうですか?”と誘われ、彼女の家に上がらせてもらいお茶を頂いた。
嫁から彼女にショートメールが来た。
彼女は、”無事に届けてもらいました。旦那さんは、買い物があると言って帰りましたよ。”と打っていた。
私がその内容を見てしまったに気が付いた彼女は、”内緒で今晩飲みません?”と言ってきた。
お酒も進み、彼女も酔っていた。
エッチな話も出てきた。
まりさんは、離婚依頼セックスなしなので、やりたかったのです。
”内緒にするかから入れて。”
その言葉で私は、興奮していました。
さらに彼女は、私のズボンの上から私の股間を撫でてきた。
さすがにそこまでされると、フルボッキ状態。
さらに細い指でシコシコしてきます。
”ゴムないし”と言うと、”緊急用のピル飲むから気にしないで”と言う彼女。
すでにズボンのチャックはあけられ、フルボッキちんこを外に出すと彼女は両方のてでシゴキ上げてきた。
”すごいコチコチ!””エラもすごく張ってるし、長さは15cmくらい?”
首を傾げニコニコしている彼女は可愛い。
”先走り液もすごいわね。”と言うと漏れ出してきた先走り液を指で亀頭全体に塗り付けさらにマッサージを続けます。

私は、彼女をお嬢様抱っこすると、彼女の寝室のベツトへ運びベツト放り投げた。
”キャ!”と小さな声を上げた彼女だが上半身を少し起こすと少し恥ずかしそうにまくれ上がったスカートを下まで下げ肩から少しズレたタンクトップを直した。
恥ずかしそうに私を見上げた。
彼女の両足を強引に開くとスカートがまくれ上がり黒のお洒落なパンティーが現れた。
クロッチ部分はドロドロに濡れ光っていた。
先走り液ドロドロのちんこを濡れたパンテーのクロッチ越しにグイグイと押し付けた。
挿入するかのごとく腰を突き立てた。彼女の両手くびを押さえつけキスをした。
舌を彼女の口の中に入れると彼女も舌を絡めてきた。
”友人の旦那さんを誘惑するとは悪い子だな。”というと、何かかのじょは言おうとしていたが、ディープキッスで口を塞いだ。
腰を引きチンコを引き抜くと、パンティ~のクロッチ部分は膣の入り口に入っていた。
クロッチをずらすと、一気にペニスを根元まで突き刺した。
濡れに濡れていたマンコなので、すんなりと膣奥まで入った。
膣奥に亀頭が当たっているのが分かった。
一気にペニスを彼女のマンコへ突き立てた時、彼女は、”ウッ”と小さな声を上げると同時に大きく両目を見開き目を閉じた。
驚いたのだろう。
彼女の両手首をガッチリと抑えながら何度をペニスを膣奥へ叩きつけた。
膣入り口付近まで戻すと一気に膣奥へ突き立てた。
彼女は声を押し殺していた、たまに子猫の鳴くような声が漏れた。

彼女の膣はキツかった。
何度かギュギュと締め付けてくるのが分かった。
タンクトップをお腹からめくりあげるとおそろいの色の黒のお洒落ブラジャーが現れた。
ブラジャーも上にまくると、Dカップの白い胸があらわれ、激しくペニスを突き立てるたびにブルブルと揺れた。
ピンク色の小さな乳首がピンと立っていた。
10分くらい私のペニスを生膣でシゴキ上げてもらった。

そろそろ限界に近い。
膣内では先走り液はドクドクと亀頭から流れ出ている。
膣奥のに何度も当たり、先走り液は、膣奥にまで達している。
”中はまずいぜ”と言うとペニスを引き抜きまくれ上がっていた黒のスカトーを少し下げるとその上にドクドクと精液を吐き出した。
そしてまんこ土手にも精液をドクドクとかけてやった。
嫁さんとは2週間やってなかったので溜まっていた。
射精が治まっても未だコチコチである。
私は嫁の友人に興奮していた。
彼女は、ぐったりとしていた。

黒のスカートには私の精液がどっぷりと溜まっており、マンコ土手周辺にも精液が大量に飛び散っており、独特の精液臭が辺りに立ち込めていた。
ペニスの先にスカートへ出した精液を付けると彼女の口へ持っていきしゃぶらせた。
口を閉じて拒んだが、亀頭を口びるへ押し付けるとすんなりと口を開けしゃぶった。
両手で彼女の頭を掴むと口マンコした。
おマンコにペニスを突き立てる様に腰を何度も振った。
セミロングの髪が突き立てるたびに揺れていた。
ペニスを口から引き抜くと口を少し開けたまま息を荒げていた。苦しかったのだろう。
しばらくグッタリとしていた彼女は、身を起こし、まくれ上がっているブラとタンクトップを戻し、精液の付着しているスカートをティッシュで拭いていた。
その姿には、すごくソソルものがあった。
いかにも、やりました。という感じがすごく興奮させた。

彼女の手をとり、ボッキの治まらないペニスを握らせ手でシゴかせた。
”まだ、中でいかせてもらってないぜ!”少し驚いた様子の彼女だったが、そのまま、また押し倒しペニスをクロッチの横から突き立てた。
彼女は”え、ま、まだできるの?す、すごい。。”と言ったが、その声はまたすぐに、喘ぎ声に変った。
先程と同じようにペニスを何度を膣奥に突き立ててやった。
”マンコをもっと締め付けな。”と言うとあえぎながら締め付けてきた。すごい締めつけだった。
彼女もいってしまった様だった。
ぐったりとして、膣がピクピクとペニスをしめつけてきた。
俺も限界がきた。
”タップリと精液を注ぎ込んでやるぜ!”と言ってから、ペニスを膣奥へ突き立て、射精した。
ドクドクと精液を膣奥へは吐き出した。
その間、目を細め中を眺めている彼女にキスをした。
精液をい出し終わったがペニスはまだコチコチ。
引き抜くことなくしばらく繋がったままでいた。
”おマンコ締め付けて精液を搾り取りな。”と言うと力を入れて膣を何度も締め付けてきた。

キスをしてからペニスを引き抜くと膣穴がポッカリと口を開けていた。
彼女は、恥ずかしそうに足を閉じスカートを下げると、”いっぱい、犯されちゃった!”とほほ笑みながら言った。
彼女は、今まで何度も私に犯されることを想像しながらオナニーしていたんだそうです。

数日後、お互いの家族で会う機会がありました。
私も彼女もいつもと同じです。
彼女が、私の耳元で、”昨日、ドバっと精液出て大変だった。”とささやいて、ニコッとほほ笑んだ。
それ以来、何も関係はありませんでした。

あれから、一年。また、私は彼女にスイッチを入れられてしまった。
”前のこと思い出しながらオナニーしてたんだからね。”と彼女は告白。
私は、”悪い子だな。お仕置きをしないとな。”と言うと彼女をお姫様抱っこをし、リビングのソファーへ押し倒した。
ナマペニスを膣へ突き刺し、3週間溜まった精液を思いっきり顔へぶちまけてやった。
嫁の友人の顔を汚してやったことに興奮が治まらない私は、彼女をトイレへ連れて行き便座に座る私の上に股がらせた。
”おマンコにタップリと精液を注ぎこんでやるぜ!”
彼女に腰を振らせながら膣内へありったけの精液をぶちまけてやった。
お仕置きセックスで、顔射。そして排出するはずのトイレで逆に精液を注ぎ込んでやった。

来年の夏は、どこで犯そうかな。このままでは、毎年一回の大人の行事です。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7286
投稿者 さや (34歳 女)
掲載日 2019年4月15日
前に仲良くなったアダルトショップの店員のおばちゃんとはちょくちょく会って、仕事の愚痴とかおばちゃんの体験談とかを聞かせて頂いたり、夕飯をご一緒させて頂いてました。
そうして仲良くなって行く内におばちゃんからの指示がたまに届くようになり、最初はNPNBでとか仕事中にクリキャップやローターを付けたままって軽い感じだったのが段々とエスカレートして来て、残業で帰りが遅くなった時なんかは、ずっと消さずに書き足してる落書きだらけの裸で社員証のクリップをクリに挟んだ格好で、会社の女子トイレから非常階段に出て屋上や、一番下まで降りて会社裏の駐車場を抜けた先にある小さな公園まで行って、シャッターの降りた公衆トイレの前や外灯の真下で潮吹き出来るまでオナニーさせられたりする様に…。

そして今日はお昼前に、適当な男ザーメンを恵んで貰って、最低でも顔に一発以上、口とマンコに3人分以上は溜めたまま裸に服一枚でお店へ来るようにと指示されて、急にだったので私を妊娠させてくれた方達にお願いして見ると、2人は用事で遅れるものの7人全員からOKのお返事を頂き、体の落書きが隠せる踝丈のロングワンピ一枚にサンダルの格好で待ち合わせ場所の駅まで行きました。

駅で合流してから、週末にも関わらず客足が疎らなゲーセンの男子トイレで犯して貰ってると入って来た男の子が、男子トイレで裸にされて犯されてる私の姿を見たまま、漫画みたいに入り口で固まっちゃってました。(笑)
それに気付いた男性達に、秘密に出来るならと促されるまま近付いて来た男の子が男性達と色々話してると、どうやらお友達と遊びに来てたみたいで、せっかくだからとお友達も呼びに行かせて、その子も入れた4人の中学生達も加わる事に…。

既に中だしや顔射でドロドロなままでは嫌かと思ってゴムを買って来るように促しましたが、4人とも生でしていいなら構わないとの事で、興味津々に私の身体中に書かれた落書きや、11週と少し過ぎたお腹を見て触ったり胸を揉んだりしながら、そのまま全員に一回ずつ生で中だしされてると後の2人も合流して、全員から2~4回分の精子を顔やオマンコを中心に全身へぶっかけられ、最後にそのまま周りを囲んで貰いながらプリクラの中まで移動して、鼻や耳からも精子を垂らして全身ドロドロな姿で数人ずつ撮影した、私の顔に目線だけを入れたプリクラ(データの方は渡さずシールの方)を渡して男の子達とはそこで別れました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)