中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.6557
投稿者 サトウ (45歳 男)
掲載日 2016年12月24日
今さらになって事の重大さに気づきました。
ここの体験談は好きで結構読んでいました。
自分もいつかはと思っていましたが、会社に派遣で来た32才の女性で実現しました。
ぽっちゃりめの某アナウンサーに似た気さくな女性です。
元々自分の仕事の手伝いで派遣を雇ったので、話をする機会も多く、二人だけの残業も結構ありました。
あまり遅い時間になると、旦那さんも待っているだろうから先に帰っていいよと言ってましたが、きりがいい所までやりますと頑張ってくれてました。

ある日の事、仕事が終わって純粋に申し訳ないという気持ちから
「遅くまでありがとね。オレ何か食べてくけど一緒に行くかい?」
と軽い気持ちで誘ったら、
「え?いいんですか?奥さんの手料理あるんじゃないんですか?」
「あ、もう寝てるよ(笑)それよりノザキさん(彼女の名字)は?」
「うちも旦那寝てます。(笑)」
という事で食事に行くことになりました。

仕事の話から段々と家庭の話になっていきました。
結婚2年目で子供はいない。
旦那さんもほしいとは言っているけどなかなか出来ない。
そんな話になると酔いの勢いもあってか、
「一応努力というか、Hはしてるの?」
と聞いてしまいましたが、
「そうですね、月に1、2回はデキそうな時期を狙って。」
「そうか。それでデキない?」
「そうなんですよ。」
「うーん、まあタイミングだよね。自分はすぐにデキたよ。」
「えー、いいなあ。」
「苦労知らずだね。(笑)」
「わたしも苦労知らずになりたい。(笑)」
ちょっと間が開いて、思わず、
「オレので実験する?」
「え?」
「いや、オレのだったら苦労知らずだったりして。なんて(笑)」
「あはは、それいいですね!」
そんな話をした後、お会計をして店を出ました。

歩きながらなんとなくモヤっとしてました。
仕事の話をして気分をごまかそうとしてるんですが、なにかモヤモヤしてました。
今まで手伝いとして来てくれた派遣さんとしか見てなかったのに。
でもモヤモヤが止まりません。
もう派遣やめるといわれるのを覚悟で
「あのさ。」
と話しかけたらうっとりとした目でこちらを見てきました。
たまらず素直に、
「ホテル行きたい。」
と言ってしまいましたが、彼女はちょっと微笑んで
「はい。」
と答えてくれました。
胸がキュンとなり、そのままホテルへ。

部屋に入りすぐにキスをしたら、彼女もモヤモヤしてたのか舌を絡めてきました。
そのままお互い服を脱ぎ。
シャワーも浴びず69。
陰毛がびっしょりになるくらい濡れていました。
たまらずすぐに正常位。
そこから騎乗位。
抜かずにバック。
もう時間をかけずに色々な体位を満喫するように急ぎ足で体勢を変えました。
お酒が入っているせいもあってかなかなかイケなかったおかげで彼女のほうは何回もイクッイクッ!と叫んでいました。

自分もそろそろって時に、
「もうイキそう。お腹に出す?」
「どこでもいい。」
「じゃあ口にしてもいい?飲んでくれたらうれしい。」
「口?」
彼女はちょっとためらったので、お腹に出そうとした時、まさかの
「中じゃダメ?」
と彼女から言ってきました。
「え?中で?いいの?」
「中にほしいの。」
「子供は?」
「デキないから大丈夫。」
一気に射精感が上がってきて
「じゃあ中に出すね。」
「うん。きて。中に出して。」
「ん!」
「あぁ!」
高校の頃の初Hくらいの快感が抜けていきました。

射精した後も気持ちよさが止まらず入れたままキスをずっとしていましたらまた勃起。
2回目も中に出しました。

一緒にシャワーを浴びたいと言ってきたので、二人でシャワー。
シャワーを浴びながらキスでやっぱり勃起。
バックから挿入しましたがさすがにもうイケませんでした。

服に着替えながら彼女から、
「お願いがあるんですけど。」
「ん?なんだろう?」
「明日から毎日中出ししてって言ったらイヤですか?」
「?!」
一瞬思考が止まりました。
毎日?中出し?ん???
子供がほしい気持ちは変わりないけど、旦那は淡泊だから可能性が低い。毎日刺激したら妊娠するかも?と。
「毎日はちょっと。正直ホテル代がキツイかな?」
自分もなぜかHする方向で答えてしまいました。

彼女の考えはこうでした。
残業が多いので二人で残っていても怪しまれない。
みんな帰った後に会社ですればいい。
デスクでもいいけど万が一を考えて女子トイレのほうがバレにくいと思う。
時間は取らせない。
口で大きくしてイキそうになったら中に出してくれればいいと。

自分にとって何も悪い条件がないのが不思議で、逆に聞いてしまいました。
「でもそれじゃノザキさんは気持ちよくないんじゃないの?」
彼女の答えは想像できないものでした。
会った時から自分の事が気になってた。
一緒に仕事をしてもっと好きになった。
お互い結婚しているのが悔しかった。
飲みに誘われた今日、絶対結ばれたかった。
でも家庭を壊したくない。
だけど自分とつながっていたい。
今日Hしてわかった事は中に出してもらえた時にイってしまった。
中出しでイったのは初めて。
「じゃあ中出しすれると気持ちいいって事?」
「うん。」
「でも刺激って言っても子供デキたら・・・。」
どっちの子かわからないって言いそうになった時、
「私、サトウさん(自分)の子供がほしい。」
「え?」
「旦那は好きです。でも旦那の子供は愛せない気がします。」
続けて、
「私って悪い女ですよね?嫌いですよね?」
人妻を妊娠させるという背徳感に負けてしまい、彼女を抱きしめて、
「オレの子供を妊娠してくれるの?」
「いいの?」
「明日から早速実行するよ。」
「うん!」
という事で、言葉通り次の日から始まりました。

「お先に失礼します。」
最後の一人が帰って、一応30分くらいは真面目に仕事をします。
とは言えその後に待っている事に期待が膨らみ仕事がおぼつきません。
彼女が立ち上がりました。
「サトウさん。」
と呼んで事務所の扉を出ていきます。
自分も廊下に出ると女子トイレから顔だけ出してこちらを見ています。
「誰もいませんよぉ。」
と言ってトイレの中へ。
追いかけるように自分も女子トイレ。

中に入ると彼女は奥の個室に入りました。
自分も入り扉を閉め、振り返りざまにキス。
「早くほしい。」
彼女はそう言うと自分の股間を触り始めました。
すぐさま勃起した自分のを取り出すと、彼女はひざまずきフェラを始めました。
異様な空間でのHは興奮度を上げ、あっという間にイキそうに。
「ごめん。もうイキそう。」
「うん。出して。」

彼女が後ろ向きになりタイトスカートをまくりあげストッキングとパンティを一気に降ろすとホテルの時と同じようにびっしょり濡れた陰毛。
その真ん中にゆっくり挿入。
情けない事に30秒も持たずに射精。
それでも彼女はイキました。
首元の汗と痙攣具合からみて、演技ではないと思いました。

膣から抜くと精子が垂れてくるので急いでパンティを履かせスカートを戻す。
「お漏らししたみたいね。」
とちょっと笑う彼女がたまらなく可愛く見えました。

その後自分のをお掃除フェラしてくれ、その日は帰りました。

この日からこれが毎日の日課になり、次の日は垂れてきてもいいようにナプキンをあてるようになりました。
異常な場所での刺激にも慣れてきたので、バックでしながらアナルに指を入れてより変態チックな行為に発展しました。
トイレから出て廊下で中出し。
オフィスの椅子で中出し。
机の上で中出し。
入口の自動ドアの前で中出し。(室内が暗いので外からは見えない)
所長室は所長に見られている気がすると彼女が言うのでしなかったですが、ほぼ全部屋で中出ししました。

しばらくしたある日、お酒を飲まないで食事がしたいと彼女からお誘いが。
当たり前というか当然のように彼女から妊娠したとの報告がありました。
自分は旦那に対して罪悪感がありましたが、旦那の子供の可能性もあると自分自身に言い訳をしていましたが、彼女の言葉は残酷でした。
「実は旦那とはしてないの。」と。
「え?じゃあオレの子供間違いないの?」
「ごめんなさい。でもサトウさんに抱かれた後に旦那に抱かれたくなかったの。」
彼女は何度もごめんなさいと私は悪い女を繰り返し泣き始めました。
バツが悪くなったので、その場を出て二人歩いていました。
「してないのに子供って大丈夫なの?旦那さん・・・。」
「昨日しました。日曜日でサトウさんと会えなかったから。」
「でもそれじゃ日程が合わないんじゃ」
「うちの人、そんなのわからないと思います。」
「そうか。」
「サトウさん、私産んでもいいですか?私産みたいです。」
「うん、オレの子供産んでね。」
「はい。」
どういう心境かはわからなかったですが、彼女は泣きながら笑ってそう言い、そっと自分の腕をつかみました。
「サトウさんと早く出会いたかったです。」
誰が見てもわかるくらいに男と女の関係に見えたと思います。
知り合いが見たらすぐに噂になった事だと。
運よく誰にも見られる事はなくその日は帰りました。

しばらくして彼女の派遣終了が決まりました。
噂ではオメデタと。噂ではない事は自分が一番知っています。
派遣最後の日にみんなから拍手をもらい、代表で自分が花を渡しました。
彼女はありがとうございますと言いながら涙を流しました。
たかが派遣が終わるくらいで涙?と他の人は思ったかもしれませんが、自分もちょっと涙が出そうになりました。

その後の彼女からメールが来ます。
今動いたとか。たまに声を聴かせたいとか。
そして今でもたまに会っています。
行為はしていません。育ったお腹を見て、声をかけるだけです。
そしていずれは産まれてきます。自分と彼女の子供が。
彼女は言いました。
仮に何かの時に旦那の子供じゃないとわかったとしても絶対に自分の名前は出さないと。
離婚されたとしても私は幸せです。
自分と愛し合ってできた赤ちゃんを育てられる事が。

事の重大さに今さら気づいた愚か者ですが、できるだけ彼女のフォローをしていきたいと思いました。

駄文すみません。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.6534
投稿者 茶坊主 (50歳 男)
掲載日 2016年11月15日
私は、三十路のパート女性7人の中に1人だけ男の、名ばかり管理職です。
パートさんは皆それぞれに人妻やシングルマザーの色気があって、周囲からは羨ましがられていますが、仕事中は、それどころではありません。
とう言うものの、もちろん私の好みのタイプはいて、それはREIKAさんという、旦那さんが単身赴任中で、週末は子供さんの少年野球をサポートしている女性です。
安室奈美恵さんに似た顔立ちでスタイルも良く、特にすらりとした股下にそそられます。
また、肩を露出させた服を着て屈んだ時の無防備な胸元、横乳の盛り上がりの形に人妻のエロさを感じていました。
或いは、青いブラ紐や後姿のラインから想像されたTバック、偶然ウエストから覗いたパンティの紐もHで、帰宅後のオカズにしていました。

そのような私の視線を知ってか知らずか、ある日の夕方、私の事務スペースとは壁1枚隣の休憩室で、REIKAさんと他のパートさんが話をしているのが耳に入ってきました。
甘える男性を苛める妄想を抱いているとの半ば下ネタで、意外な話の内容に思わず聞き耳を立ててしまい、息子も起ってしまいました。
その日の帰宅後は、そのようなシチュエーションの動画を検索して、オカズにしました。

それから数日が過ぎた帰宅時、駐車場でREIKAさんに、少し話を聞いて欲しい事があると呼び止められました。
私の息子は、REIKAさんが近くに寄っただけでフェロモンを感じ、もうビンビンとなっていました。

再び職場内に戻り、REIKAさんと会議室へ。
もう私とREIKAさんの他には誰もいませんでした。
すると、REIKAさんは甘えた口調で、子供は実家に預けていて今夜はフリーなのだと言い、突然、私の股間を摩り始め、ズボンのジッパーを下ろしました。
内心期待をしていた展開ですが、驚きました。
REIKAさんの服の上から胸を触ると、アへ顔。
でも、場所が場所ですので、万が一の事が頭を横切りました。
それで服は脱がさず、レースの透けパンティをずり下げると、アソコはヌルヌル。
ゆっくり指を入れるとクネクネして温かな内部が呼吸をするかのように何度も締め付けてきました。
「もうだめ、出ちゃう~」
私もREIKAさんの温かな締め付けを息子に早く味わせたいと、急ぎ挿入。
入口は小さめでしたが、すぐにズボッと奥まで。
REIKAさんのアソコからは汁が零れ、なんと言うか、ウネウネしたうな感覚が頭にツーンときて、絞られるようにピュッと。

息子を抜いてからも、REIKAさんはヒクヒクしていました。
そのまま椅子に座ると、グッタリした様子。
その猥らなノーパンの姿をオカズにしたいと言ったら、私の息子の写真を撮らせてくれるならと言われ、お互いに写しあって見せ合い、2人の秘め事となりました。

次の社内異動で私は他所へ行くことになる立場ですが、良い思い出となりそうです。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6398
投稿者 みっちぇる (26歳 女)
掲載日 2016年5月09日
お久しぶりです。
前回の投稿(投稿No.6379)で妊娠発覚を話して、こないだ堕ろして来ました!
コメでやらしい下着履いてけってゆゎれたのでまんこ丸見えの履いて行ったのですが、よくよく考えると先生には下着は見られません(笑)
病院で着替えるからその時に下着も脱ぐので(笑)

妊娠してから2つ変化がありました!

1つ目は私のおっぱいがまた大きくなりました…
Fだったのが、Gになりました…重い…。

2つ目は彼氏(しょうくん)に振られましたー…
まぁ浮気がバレたからなんですけどね(笑)

今日はその振られた日の話をします。
しょうくんは付き合った頃から私に家にいる時と、しょうくんと一緒にいる時は常にノーパンでいるように言っていました。
これはしょうくんがしたくなったらすぐにハメれるようにです。
私が濡れやすいので、ちょっといじればすぐに大洪水になって、いつでもどこでも中出し出来るようにと義務付けられてました。
私もいつでもされたいので受け入れてましたが、しょうくんは毎朝絶対に一回中出ししてから仕事に行く人でした。
どんなに私が急いでようが遅刻しそうだろうが、しょうくんが一回中出しするまで家を出させてくれませんでした。

その日も朝から私が朝食の用意をしてるといきなり後ろから私のまんこを舐めてきて、キッチンで立ったまま後ろから犯され足がガクガクになるほど突かれて、奥に押し込み中出しされてイカされ、私が妊娠してるからって私が仕事行く直前に玄関で犯され、駅弁状態で中出しされ、そのまま下着を履かされて仕事に行きました。

仕事場では朝から先輩にしょうくんのザーメンの臭いでバレて、仕事が始まる前にトイレで咥えさせられて、そのまま“精子掻き出してやる”と言われて、有無をゆわせず、後ろから私のまんこにちんぽを入れてきて、遠慮なく中出しされました。

その先輩には休憩中と帰る前にも出されて、フラフラで帰ると彼氏と同じタイミングで家に帰ってきてしまい、欲情したしょうくんに玄関で襲われて、その時に先輩のザーメンが垂れてきて、浮気がバレてしまいました。
怒ったしょうくんは殴る蹴るの暴行をしてきて、私を縛り犯すだけ犯して出て行きました。

まぁ自業自得なんですけど、顔を殴るのは止めて欲しかったな…

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6307
投稿者 じゃがりこ (45歳 男)
掲載日 2015年11月26日
10年ほど前、同じ会社の女の子に中出しした話です。

社員300人ほどの小さな会社の地方の営業所に中途採用で入社して7年目だった私は、がむしゃらに頑張り所長代理というポジションを任されていました。
所長は親会社から天下ってきたお飾りみたいな上司だったので、わずか7名の営業所だが実質トップとして仕切っていました。

ある日の夜中、得意先の接待を終え自宅に帰ろうとする途中、タクシーで営業所の前を通りがかったところ営業所のフロアの電気が薄らと付いてるのに気付いてタクシーを降りました。
「誰か消し忘れたかな?」
エレベーターで2階に上がると事務所の鍵を開け中に入ると奥の方でガタっと音がした。
「強盗!?」とっさに営業カバンを握りしめ奥の方へ入っていくと経理担当のMちゃんという女子社員が驚いた顔で振り向いた。
Mちゃんは19歳で明るくチャーミングな子で、前の年面接した時にこんな子と一緒に仕事できたらいいなぁなんて考えながら採用した女の子だった。

「こんな時間に何してるんだ?!」
と叫ぶと、Mちゃんは立ち上がり今度は下を向いたまま震えていました。
どうも会社の金を持ち出そうとしていたらしい。
ただ今回が初めてらしくローンの返済に困っての出来心だと言う。

「Mちゃん、君のやろうとしたことは犯罪だ。しかし、入社間もない君に事務所や金庫の鍵を預けていた僕にも責任はある。未遂に終わったことだし、君さえ良ければ今回はなかったことにすることもできるがどうする?」
アルコールが入ってたせいもあるのでしょう。
だんだん私はいけないことを考え始めてました。
妻とは数年前に離婚していて、下の処理はもっぱら風俗のお世話になっている時期でした。

腕を掴み立ち上がらせると、細い腰に手を回し酒臭い口でMちゃんの唇をふさぎました。
「んふっ、うぅっ」「いやっ」
押しのけようとするMちゃんに
「警察にも本社にも報告しないから・・、分かるよね?」
そう耳元でささやくとMちゃんも覚悟を決めたように目を閉じました。
「舌を出して、絡ませて」
今度はおとなしく言われた通りに従います。
ワンピースのボタンを外し、ピンクのブラごしにまだ幼い胸の膨らみを荒々しくもみしごくと
「あっっ」
とビクッと震えていました。

我慢できなくなった私はMちゃんを机に押し伏せると、スカートをまくり上げストッキングとパンティを一気に太ももまでずりおろした。
Mちゃんはすでに観念してるようで、固くなった一物に唾を塗りつけ入口にあてがい押し込もうとした。
「ダメっ、代理、ゴム付けてないっっ」
そう叫ぶMちゃんに
「彼氏とは生でしてるんでしょ?」
そう言ってまだ濡れきってないアソコにさらにグイグイと押し付けると少しづつだが締め付けのきついアソコへ飲み込まれていった。
「あぁ~、Mちゃんのオマ○コ気持ちいいよ~」
「うぅっ、うぅっ~」
Mちゃんはまだ痛いそうな泣きそうな声を出してたが、しばらく腰を振り続けていると、
「あっっ、あふっ、あっっ」
と艶めかしい声に変わってきたようでもあり、その頃にはピストンを繰り返す私のチ○ポはMちゃんのオマ○コから出される愛液まみれになっていて、グチョグチョといやらしい音まで響くようになってた。

「こっちを向いて!」
そう言って無理やり振り向かせると、涙を浮かべながらも何かに耐えるようなMちゃんの表情にさらに興奮も高まり、
「あ~っ、そろそろ出そうだっ」
「待ってっ?中にださないで!」
「だめだっ、出そうっ」
「いやっ、赤ちゃん出来ちゃうっ、いやっ~っ!」

必死に中に出されまいと動くMちゃんの腰をがっちりと掴みしめ、膣のいちばん深いところへチ○ポを突き上げると
「うぉ~っっ」
と吠えながら大量の精液を注ぎ込みました。

しばらくしてMちゃんは会社を休みがちになり、その後退職願を出して会社をやめました。
私は慰留することなくすぐに後任の社員を採用しました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:友達・知人・同僚
投稿No.6214
投稿者 名ばかり店長 (52歳 男)
掲載日 2015年6月01日
こんにちは。
私は、幼い頃から覇気が無いと言われ、実際あまり金銭欲や出世欲もなく、この年齢で今の地位にいます。
性欲だけは人並みにあると思っていたのですが、若い頃だったら我慢できない時は妻に隠れて風俗へ通ったりもしたのに、そのような気力も近頃は失せていました。
呑みに行く付き合きも面倒に感じ、キャバクラなども楽しいとは思わなくなっていました。
が、相手によっては違うのだと分かりました。
と言うのは、新入社員と久し振りにHする事ができたからです。

その新入社員(Aちゃん)は、小顔で中背でスレンダーなのに胸は大きい娘です。
金曜日に独りで残業していた所にAちゃんが「お疲れ様。」と入って来たので、出張土産のシュークリームを「食べる?」と言って渡したのがきっかけでした。
「学生の時よりも、一週間があっという間で…。」
と雑談を始め、彼女は茶道や美術の部活をやっていた事を知りました。
そして、ファザコンである事も。

「お礼に肩をマッサージしますね。」
と私の肩を揉んでくれたのですが、背中に彼女の胸が当たり、我が息子が反応してしまいました。
それに彼女は気付いて
「あ、大きくなった。店長の長~い。」
と、息子にも触り始めました。
ここではマズイからと仮眠室へ彼女を誘ったら、彼女も「やった~」と言って移動。

Aちゃんの未だ子供っぽい下着を脱がしてみると、乳輪が意外と大きく、アソコは敏感。横になってもらいクンニすると、すぐにビショビショ。
指を挿れると締め付けてくるのに感動し、指2本挿れると
「気持ちいい~。」
と喘ぎ声。
攻守交代すると、どこで覚えたのか、彼女は絶妙な舌技でフェラ。
私の息子は、勢いよく上向きに。

「俺もう年だから、精子の量も少ないし元気もないから妊娠の心配ないから。」と言ったら、
「じゃあ、私、上になって入れちゃっていい?」と騎乗位で挿入。
彼女のアソコの熱と締め付けを感じて下から突き上げると、
「あ~、逝きそう。出して~。」
の声に合わせたようなタイミングでの射精でした。

「見かけによらず、激しいんですね。楽しかったです。」と、Aちゃん。
結局、私の息子はAちゃんになら元気になる、ワガママ息子なのでした。
失礼しました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:友達・知人・同僚
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)