中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7453
投稿者 古井戸 (52歳 男)
掲載日 2019年9月08日
今はもう五十代ですが、二十代にしたひどい話です。

短大を卒業し、公務員になりました。
卒業した高校の後輩の女が聞きつけて、「公務員の優良物件」だったので、保険を勧められました。
保険の勧誘をファミレスでセールスレディの奢りで聞き、ファミレスのボックス席で横に座らせ脚とかを触りながら下心丸出しで聞き、契約内容を歳不相応な高めの内容で進めました。
「これから結婚、家族が増えるから」と言われた内容よりも厚めの保証設計です。
セールスレディも大変なのは皆さんが知ってのとおりです。
営業での飲食、手土産は全てセールスレディ持ちです。
エロいテレカも自分で買って顧客に配るらしいです。
エロテレカも何種類もあって見せていただきました。
持ち歩くのも嫌と言っていましたが「こういうのも好きです」と正直に伝えると、「契約したら一とおり渡すよ」と言っていただきました。
「それよりも、」と脚を触ると「寝技は使わないの」と言って来ました。
スカートの上から脚を触っても嫌がらないし、スカートを少したくし上げて膝や膝上を触っても嫌がりません。
それどころか、腰を少し浮かせてスカートを引っ張りやすくまでしてくれます。
契約は詳しい設計書(見積書)を作って再度説明する事となり、日を改めてまた会うことになりました。

一週間後同じファミレスでセールスレディさんと会いお話を聞きました。
設計書を彼女の先輩と一緒に作ってきたので「優良物件なので離すな」と念を押されているとか。しめしめ、思うツボだぜ。
前回同様ボックス席で身体を触りながら話を聞きます。
「暑くない?」当然暑いです。
話を聞き、次回会う時に契約する事となりました。
「ここでおちあうけど契約は別の所で書くから、いい下着つけて来て欲しい」と直球を投げると、「ハイ」とど真ん中で受けてくれます。
次回もここで落ち合い、体調を聞き「応じられる」返事を聞き別れました。
今回の飲食代は「自腹はきついでしょと言い、今回はワシが持ちました。
次回、ここに来て次に移るとの約束を取り付けました。

で、ファミレスで落ち合います。
出かけて置いてきぼりを食らうのは嫌なので、クルマに乗せて目指すホテルに行きます。
飛行場の近くの普通のホテルです。
「ツインひとつ」を取ります。
ホテルの方の「ああ、営業ね」みたいな訳知り顔が少し嫌だった。

部屋に行き、シャワーを促します。
ルームサービスで冷たいものを取ります。ビール飲みたいのを我慢して。
シャワーを上がるとバスタオルで来ます。
「ルームサービスを取ったから、もう一度服を着ると良い」と促します。
着衣が目的です。なんのためのスーツだ。
ルームサービスを受け取り、ワシがシャワーを浴びます。
大事な所だけささっと洗うだけで、とっとと上がります。
バスタオルだけでベッドに座り、こちらにおいでと促します。
まだ二十歳を少し回っただけの小柄な身体。とりあえず、彼氏がいたら悪いので恋愛の有無を確認します。
少し前まで彼氏がいたけど、別れた話とか、営業で寝技の使い方を上司から聞かされた事とか、寝技の得意な先輩がいて、寝技が必要な時はその時だけ代わってもらうこともあるとか、団体の大口が取れそうな時は本社から「特攻隊」がやって来て結構エロいとかの話を聞かせてもらいました。
営業所は今なら「セクハラ、パワハラ」な社風で、「女の園ではない」との事。
それはそれとして、ゆっくり手から、脚から攻めて行きます。
先に言われました。「まさか、処女とは思うなよ」。少し聞くと高校時代に後輩と学校祭の盛り上がりでとの事。
それから相応の彼氏はいたけど、長く続かない、結婚の憧れはあるけどまだ若いし、実家暮らしなので夜遊び出来ない(携帯の無い時代です)、中出しはまだしたことない、との前戯代わりに聞きます。
脚を開かせ、クリトリスを摘むとビクビクします。
経験は少なそうです。
フェラチオはさせません。かわいそうです。営業なので。でも、キスは疑似恋愛なので、良いようです。

で、だいぶ潤ってきたので脚を広げ間に入ります。スーツのスカートは少しきついな。
「先輩、ゴム」高校の後輩なのでそう呼ばせています。
気にスンナ。
ここまでの好条件。ゴムは使いません。
タイトスカートをたくし上げ、脚を広げ膝を押し上げ正常位でソロソロと入れます。
「先輩、ゴムゥ」涙目です。
潤うのは股だけにしてね。
根元まで入れてソロソロと動かします。
ワシの癖で一回一回抜き挿しします。
そんなコトした男は今までいなかったらしく、膣口への刺激が良いらしい。それでも脚で腰を抱えて来ます。

で、ペースを変えて密着型で腰を動かします。
「中だよ」
一瞬目を丸くしましたが、乳首を指でコネると声を出して来ます。
腰をグイグイ押し付けると、ウンウンとうなづきます。
ヤター。まあ了解得なくても中ですけど。
他に形かえる?
「営業なので、早く終わらせて下さい」正直ね。
で、ペースを上げて手をバンザイさせて手を繋いで首に顔押し付けて
「ごめん!」と叫んで毒出しです。
スカートにこぼすなよと、乱暴に言い、ティッシュを持たせます。
合図して抜きます。
慌ててティッシュで押さえる可愛さが何とも言えません。

ベッドからお姫様ダッコで持ち上げ、ソファに移動します。
膝の上に座らせ、小声でお話しながらチュッチュします。
恋人みたい。
立たせて、脱がせて、シャワーに促します。
一緒に入ります。
シャワーヘッドを手で外し、ホースだけにして、膣を洗います。

※膣内の水洗いは避妊にはなりません。膣内の菌バランスを壊すので洗ってはいけません。

着替えも無いのでせめて出てくるのは水だけにしてあげたくて。

で、シャワーから出てきてベッドサイドテーブルでラジオを聴きながら、ペンと印鑑と貯金通帳を出します。もう一枚の紙も。
で、ペンを持って、書類を用意させます。全裸で。
コーヒーテーブルに向い合せに座り、契約の話です。
マッパで乳出して営業の話です。
最終説明を聞き、サインをする直前に
「ここまで来て悪いけど、(持病)があって、契約出来ないよ。」と鬼の告白。
診断書も見せる(今は保障が細かく分かれているので悪い部所は保障外として引き受けてくれます)と、セールスレディは鬼の形相になる。髪の毛まで逆立った気がする。
テーブルをよけてこっちに来て拳でポカポカ殴る。女の子の攻撃なので痛くない。
隙を見て股間を撫で上げる。一瞬腰を引くがなおも殴って来る。
「返せ!」
何を?出したモノ戻らないよ。
で、二人で無言で服を着てロビーで甘いものを食べさせて帰りました。

それ以降あった事はありませんが、保険のセールスレディを見たり、タイトスカートを見ると思い出して欲情します。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:友達・知人・同僚
投稿No.7389
投稿者 ジロン (48歳 男)
掲載日 2019年7月27日
3年前の話です。

元々の知人、さおりはスレンダーで150センチくらい。
化粧は殆どしなくても美形の童顔で年齢より10歳は若く見えたが3歳年上だ。

さおりは出産一年後に生命保険の外交員に就いた。
旦那が働かなかったからだ。
慣れない仕事でなかなかノルマがこなせず苦労していた。

そんな生保レディの人妻に保険案内の説明を聞く事にして俺と会う事になった。
保険の話を聞いたその足で、おれの車に乗せてラブホに連れ込んだ。

さおりは、え?どこ行くの?と少し抵抗したが、結局は俺の後について部屋に入った。
生活も仕事も辛く弱っていたさおりは俺に流された。

緊張してるさおりに、俺は膝枕して欲しいと言った。
膝枕でスーツの太ももをまさぐる。
意外と肉感的で気持ち良い。
さおり着痩せするんだな…と思った。

母性本能をくすぐり、緊張を解き、そのままベッドに押し倒した。
スーツをはだけさせて、ブラをずり上げる。
乳首に吸い付くとまだ母乳が出た。
母乳は甘い。

スーツのスカートを剥ぎ取る。
ウエストのくびれ、腰の膨らみからの太ももの曲線はエロかった。
意外と肉付きが良い下半身だ。
ストッキングと地味なクリーム色のパンティをずり下ろす。
薄めのヘアーも実年齢より若く感じさせた。
性格は大人しいさおりだが、乳首やあそこを刺激すると跳ねるように感じていた。

濡れたマンコに生で挿れた。
子どもを妊娠した後はセックスレスだったそうで、チンポを入れたのは2年ぶりか。
俺は当然中出しするつもりで腰を動かした。
半分服を着させて挿れたその姿がエロかった。
生保レディを犯すのもたまらなかった。

さおり、出る!と言うと、喘ぎで上ずりながらも、「中はダメ。。」とかすれた声で言った。
それを無視してさおりの肩を押さえつけてそのまま膣内射精した。

俺  「さおり!おらぁっ!!」
さおり「ああっ!!」

正常位のまま中出しの余韻に浸る。
人妻を征服した。
無許可で中出しをした征服感。

チンポを抜くと、はだけた服に付かないように股をティッシュで押さていた。

さおりは腕枕に甘えてきた。
旦那との生活、生命保険の仕事、どれもつらく誰かに話しを聞いて欲しかった。と。

後ピルを持っていたので、これ飲みな、と渡したが、母乳あげてるから薬は飲みたくないの、といった。

また話しを聞いてやって、2回目のセックスを始めた。
さおりは、もう中に出さないでね。といってきたが、そんなことは無視した。
チンポがムズムズするまで自分勝手に腰を振った。
さおりをイカせるつもりはない。
俺が中出しするためだけのセックスだ。

おっぱいを揉みしだき、母乳を思う存分むさぼった。
さおりの白い太ももと尻に腰をぶつけるようにピストンした。
よく濡れるマンコに亀頭が擦れて気持ちいい。ヌルヌルだ。

俺  「中に出すぞ!」
さおり「中はダメっお願いいっ!」
俺  「もうお前は俺の女なんだから!」
さおり「ああっいやー!」
俺  「いくぞ!おらっ!」

さおりは、「んああっ!」と体をよじりながら逃げようとしたが、上から覆い被さり腰を深くぶち込んで子宮口に射精した。

ううう。と横を向くさおり。
さおりの、また中に出された、、という後悔顔がたまらない。

落ち着いてから聞くと、「中出しは妊娠怖いから嫌だけど、、エッチは気持ち良かった」と言った。

そろそろ会社に戻らなきゃと身支度をして、また地味なスーツ姿に戻った。
だがその膣内には俺の精液が入っている。
そのまま息子に母乳を与えるのか、と思うと征服感が増した。
その前に俺がたっぷり飲んでやったがな、と優越感。

そのご、俺は小さな定期保険二口入り、親族に保険を紹介して入らせた。
自動車任意保険も移って契約してやった。
さおりは喜んでいた。

中出し二回のご褒美だ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6789
投稿者 タンタカタン (51歳 男)
掲載日 2017年10月14日
初めての投稿、乱筆乱文ご容赦下さい。
今から30年ほど前、20代だった私は当時付き合っていた彼女が居ました。
丁度その頃に、勤務先の会社に良く来る生命保険の保険レディーが気になりました。
付き合っていた彼女は4歳年下、保険レディー(真知子)は4歳年上で奔放で明るい雰囲気が彼女には無い魅力で人妻独特の色気もあり、デートに誘う機会を伺っていた時、保険会社主催のイベントに参加するチャンスがやって来ました。
夜のホテルで開催されるパーティ形式のイベントは、所謂募集活動の一環でしたが真知子と距離を縮めるには良い機会でした。

その後生命保険の契約を結ぶ時に、
「今度また、飲みに行きませんか?二人だけで」と言うと
「昼間のドライブならOKよ」と言われ、早速1週間後の平日の昼間、お互い営業マンなので近くのスーパーの駐車場で待ち合わせて、郊外へ出発。
丘陵地帯の景色の良いカフェでランチを食べ、運転していない真知子はビールも飲んでほろ酔いに。

その後ドライブを再開したが、ビールが効いたらしく助手席でウトウトする始末。
「近くで休んで行こうか?」
と聞くと曖昧な返事しか返って来ないのを良い事に、そのままラブホの駐車場にイン。
駐車場に止めた瞬間に、ダダをこねていたが、横になるだけだからと言うと大人しくなって部屋に。

部屋に入って立ったままで、キス。
「ダメだよ、旦那が居るのに」と真知子。
そんな事は御構い無しにワンピースの背中のジッパーを下ろし、ブラのホックを外すと観念したようでそのままベッドに倒れ込み、小さめな胸を揉んだり舌先で転がして、左手をパンティにかけるとアソコはもうヌルヌル…
そのまま生チンポを入れても、ただただ喘ぐのみの真知子。
その日は2回共外出し。

ただその後は、週1のドライブが当たり前になって、3回目のエッチの時、真知子から
「今日は、中に頂戴」
と言われて人生初めての中出し…
子供を2人産んでいるが、帝王切開だと言う事で、なにせマンコの締まりが凄くて入り口が万力のように締まるのでチンポが痛いほど(^^;
当然彼女とのエッチは減り、真知子の万力マンコに中出しするsexに溺れる始末。

一番思い出になったのは、真知子と私の友人含め10人くらいで別荘を1泊で借りるため、夜下見に行った時に2階の硝子張りのロフトで中出しした事。
二人共全裸で、向かいの家までは8m道路しか無く誰に見られてもおかしくないのに、真知子はアンアン喘ぎまくって「中にいっぱい頂戴」と言われ私は頭が真っ白になり、子宮の奥にドピュドピュと注いでました。
真知子とのエッチが、私が中出し好きにさせたきっかけです。

その後、ほどなくして真知子は旦那と離婚して私とは全く連絡は取れていません。
真知子との中出しの味を覚え、キスも真知子から舌使いを教えて貰って以来、お相手には必ず中出し、ハメ潮を決められるようになって
「タカさんってエッチ上手いんですね」
と言われています…

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6094
投稿者 なると (49歳 男)
掲載日 2014年12月01日
投稿No.6089の続き

真穂を見かける事なくなって10カ月がたったころ、同じ某大手の生保レディを見かけるようになりました。
名前は悠里でした、凄くスタイルが良く(胸はD以上)どうやら真穂の後任らしいです。
何も知らない様子でしたので同じように夕方会う約束しました。

車に誘い乗せましたが何も言って無いのに「ここじぁ嫌」と自分から言って来ました。
どうやらヤリマンの様です。
車で普通にディープなキスをして速攻ラブホです👫

ホテルに入ると自分から上着を脱ぎ俺のズボンを脱がしにかかります。
よほど飢えているみたいなので、そのままシャワーも浴びずに残りのブラウス、スカートも速攻脱がしブラ&パン状態です。
もうやるしか無いと思いベッドに押し倒しブラの上から乳首舐めました(意外と布ごしは感じるみたい)

悠里が
「お願いもう入れて」と言ってきたので
「じゃあ着けて入れるね」と言い、勿論生で入れてしまいました。
悠里は
「明日休みなので朝迄一杯してね♪」
と嬉しそうに言いました。
結局朝迄4回中だししましたが、何となくヤバく思って朝一悠里を置き去りホテルをでました。

あー某大手生保レディは好き者ダラケ?

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:未分類
投稿No.6089
投稿者 なると (49歳 男)
掲載日 2014年11月25日
自営業で色々な所に仕事行ってます。
今年3月に某大手で真穂と言う生保レディに声をかけられました。
何も聞いて無いのに自分から今年26才で母子家庭で有ること(営業トーク?)をペラペラ喋り、同情を駆って保険加入を狙っているようです。
話しだけでも聞いて欲しいとの事なので、会社近くのコンビニで夕方会う約束しました。

仕事を早目に終わらせ行って見ると寒そうにコンビニ前で待ってました。
僕はその近くに車置いてあるので車に誘います。
一瞬ためらう様子でしたが車に乗り込みます。

話しを上の空で聞きながら身体チェックです。
結構寒い日なのにタイトスカートで生足です。
触ってみると当然手を払われ抵抗します⤵
もう一度触って耳元で「保険入るから」と言ってみました!
すると抵抗を止め「絶対に」と確認してきます。
それから諦めた様に足も胸も触り放題です。
興奮して来たのでシートをいきなり倒し上に乗りました!
さすがにそこまでされると思って無かったみたいでチョー抵抗です。
声を止めるためキスで口を塞ぎパンツを脱がしにかかります。
抵抗してるのにあそこはしっかり塗れ濡れです。
タイトスカート脱がすの難しく、パンツのみ脱がし真穂を上に乗せ挿入です。(勿論生)
入れてしまうと目がとろんとして自分から腰をグリグリしだしました。
一応出す事言ってみましたが返事が有りませんので、自己解釈で大量に出しました。
脱がしたパンツを履かせて、車から下ろすとふらふらしながら帰って行きました。

あれから半年経ちますが見かける事は有りません。
ごめんね保険入らず中に出して、妊娠してない事祈ります。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:未分類
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)