中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7662
投稿者 ゆう (23 女)
掲載日 2020年6月25日
性欲満開ガールのゆうと申します。
某SNSで知り合った人に仲介者になってもらってセフレ探しをしてました。

先日仲介者から連絡があって
『3日後の昼に中出し含めた変態プレーしたい人いるけどどう?』
って連絡が来ました。
ピルは飲んでないけど周期も安定してて、安全日なのでO.K.の返事をして、その男性の連絡先をもらいました。
アプリでやりとりした感じは礼儀正しい方だったので細かい待ち合わせの時間と場所を決めて会うことにしました。

約束当日、指定された格好(ノーパン、ノーブラ、ミニスカート)で待ち合わせの場所に到着すると、いたのは30代前半くらいの清潔感のある男性でした。
声をかけて約束していた男性と確認が取れ、移動することに。
その男性(本人は「りょう」と名乗ってました)と交わしたプレーの約束は
・痛いことNG
・汚いことNG
・お尻NG
・人に見つかりそうになったら中断
の4点でした。
それ以外は基本O.K.と言っていたので、りょうさんは
「いっぱいしたいことさせてもらうね」
といってまず私を多目的トイレに連れ込みました。

ここでかぁ、と思っていたらりょうさんは鞄からシェービングクリームとカミソリを取り出して
「まずここでパイパンにさせてもらうね」
とにこやかに言ってきました。
NGに触れてないのでやむを得ず了承、スカートを捲り上げて身を任せることに。

5分もかからずにパイパンにされた私に
「じゃあ次の目的地までこれ入れて移動するよ」
と言って小さめのバイブを見せてきました。
ローションでバイブを濡らした後、しっかり奥まで挿入されスイッチオン、いきなり最強モードでした。
「落ちないように気をつけてね」
と言って、私の手を引いて歩き出しました。

速く歩かれると擦れて感じちゃうし、バイブの音も気になるし、私のもどんどん溢れて太ももを伝ってくるし…
そんなことお構いなしに人通りの多いところを選んで歩かれて、途中で落ちそうになって焦ったりと、恥ずかしくて気持ち良くて、次の目的地に着いたときにはグショグショで内またで太ももを閉じてないと、太ももに垂れてるのがバレちゃうって思うくらいでした。

次に着いたのは漫画喫茶。
「完全個室になってるお店で、覗かれる心配はないよ」
とまたもにこやかに私に伝えてきました。
別々に部屋をとり(と言っても隣同士)でカモフラージュのため一度部屋に入り5分程度経ってから私がりょうさんの部屋に移動しました。
部屋に入るとりょうさんはもう勃起したオチンチンを出していて
「早く入って閉めて」
と私を手招き
「背面騎乗位で入れてね」
と言われるがままにりょうさんに跨がり、バイブを抜いてりょうさんと合体しました。
りょうさんは抜いたバイブを手に取り、電源を止めると
「次のプレーのための仕込みだからね。」
と言って私のお尻を掴んで強引に上下運動させました。
ちょっと乱暴で痛かったんですが、ビチョビチョになっていたせいもあり、あっさりと痛みより快楽が強まってきて喘ぎ声が出始めるとりょうさんは動きを止めて私の口を塞いで
「エッチじゃないんだよ。喘がないで出させることに集中して。」
と言われました。
と、言っても気持ち良いのは止められなくて、りょうさんに口を塞がれたまま上下運動、パンパンと肉がぶつかる音だけが暫く個室に響きました。
そのうちりょうさんの腰も動き出して、口を塞いでいた手が左手だけになり、右手が私の腰に添えられたかと思うと思いっきり腰を打ち付けられ、添えられた右手が私が逃げられないように下に押しつけられ、ドクッ、ドクッと中に射精されました。

一通りりょうさんの射精が終わるとすぐにズルリとりょうさんのオチンチンが引き抜かれて代わりにさっきのバイブを挿入されました。
そしてすかさず振動最強モード。
思わずヒッ、っと小さく悲鳴を上げた私の目の前に出したにも関わらず硬いままのりょうさんのオチンチンが。
先端は出し切れなかった精液が白く糸をひき、全体は私の愛液でテカテカしていました。
「はい、綺麗にしてね」
と言われてお掃除フェラ。
舌を動かして自分の愛液をなめとり、遅刻精液を吸い取りしていると
「上手いね、うん、いいね、もう一回出したくなっちゃった」
とりょうさんが言ってお掃除フェラからお掃除イラマチオに切り替えられちゃいました。
顔をつかまれ、腰を振られ、咽奥まで犯されて、最後は2度目の射精を咽で受け止めることに。
「零さず飲むんだよ」
と言われてしゃぶったまま頑張ってゴックン。
ちょっとむせましたが
「頑張ったね」
ってりょうさんに頭を撫でられてなんか嬉しくなっちゃいました。

その後、すぐに清算して外へ。
現場の私はバイブが落ちないように膣を締め、垂れてくる愛液と精液で太ももを濡らしながら内またで歩くノーパンノーブラの変態女となっていました。
「精液垂らさせながらのデートしてみたかったんだ」
とニコニコしながらりょうさんに告げられましたが垂れてくるのは精液よりも愛液の方が多い気がしてました。

この後は開いていたカフェでお茶休憩、そしてホテルに連れ込まれてになります。

長くなっちゃったので続きはまた後日に。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7142
投稿者 ゆみ (22歳 女)
掲載日 2018年10月19日
出会い系で定期的に中出ししてくれる人を探して、先月初めて会って中出ししてもらいました。

完全個室の漫画喫茶でお互い別々に部屋をとって、私の部屋で待ち合わせします。
鍵をかけずに部屋番号を教えるとすぐに来ました。
ノーブラに授乳用キャミソール、その上に薄手のカーディガンを羽織って、下はパイパンでノーパンにストッキング、ミニのデニムスカートを履いてました。

軽くお話をしているとすぐに手が足をスリスリと撫であげてきました。
そのままスカートの中に手が入りノーパンな事に気付いたようで、嬉しそうにストッキング越しにおまんこを撫で撫でされます。
座椅子に座らされ足を大きく広げられると、おまんこに顔を押し付けて深呼吸をされました。
そのままストッキング越しに唇ではむはむされたり、ベロで下から上に舐め上げられました。
興奮した私は、授乳用キャミソールを捲り上げて、おっぱいちゅぱちゅぱしてください、とオネダリしました。
授乳用キャミソールからおっぱいだけ露出してるのを見て、また嬉しそうにしながらおっぱいを優しく揉みあげて、乳首に唇を押し付けてちゅうちゅうと吸い始めました。
美味しい、と言いながら両乳首を交互にちゅぱちゅぱ、ぺろぺろ、じゅるじゅると味わってもらい、気持ちよくて声が何度も漏れてしまいました。
壁が割と薄いので、我慢しないと隣や通路の人に聞こえてしまいます。

おっぱいをちゅうちゅう吸いながら、おまんこの部分のストッキングをビリっと破いて、ズボンから勃起したおちんぽを取り出してきました。
座椅子を倒して横になり、足を開いておまんこを指で広げると、熱くてガチガチのおちんぽをにゅるにゅると押し付けてきました。
何度もおまんこの割れ目をずりずりと擦りながら乳首をちゅぱちゅぱして、焦らされます。

おちんぽを掴んで、おまんこの入り口に誘導すると、ゆっくりとゴム無しの生おちんぽがにゅぷにゅぷと入ってきます。
胸を突き出しながら、腰を持ち上げて私からおまんこに入れさせます。
根元まで入るように手で腰を掴んでぐっと引き寄せ、もっとおちんぽ奥まで押し込んで、とお願いします。
ぐりぐり押し込むように腰を押し付けられ、足を腰に絡ませて、おちんぽでおまんこがいっぱいになって気持ちよくなっちゃいます。
相手の方には4日オナ禁をしてもらっていたので、動くとすぐイっちゃうから、と言われとにかくゆっくり動かれました。
うずうずして仕方なくて、私から腰を浮かせてずぽずぽ動かしちゃいました。
ダメだよ、もう出るよ、と言われて急に力強くおまんこの奥まで生おちんぽでズンズン突かれました。
ぎゅうと逃げられないように抱きしめられながら、中に出すよ、と腰をググッとおまんこに押し付けて、生おちんぽがドクドク脈打ちながら一番奥でビューッビューッビューッと中出しされました。
全部出しきるまでおちんぽをおまんこに押し込んだまま、ベロを絡ませて気の済むまでキスをしました。

また今月の安全日に映画館でいやらしい事をして、トイレか車で中出ししてもらう予定です。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7089
投稿者 既婚者まーくん (33歳 男)
掲載日 2018年8月28日
お久しぶりです。
人妻Mとの中出しは、本来なら前回(投稿No.7024)で終わるはずでした。
その後、昔と変わらず相性が良いおかげか、頻繁に会うようになりました。(週1、もしくは週2)
平日の限られた時間(3~5時間)でしか会えませんが、2、3回戦はします。
Mが午後から仕事の日にも会うことがあります。
さっきまで俺のムスコを一生懸命舐めたり、ハメられて何度もイッていた人妻M。
妻が他人に抱かれているのも知らずに旦那は仕事やゴルフに行く。
俺とホテルで気持ちよくハメたあとに、仕事に行くMを見送るのもなかなか気持ち良いものです。

本題に入ります。

お互いに体の相性が良いため、どちらがと言うこともなく生ハメを求めてしまいます。
やっぱり人間も野性動物の雄雌と変わらず、生の性器、交尾を求めるんだと感じます。
俺自身は外出しでも構わないですが、Mは生ハメと中出しだと何度も中イキするため生ハメ願望があります。
しかし、人妻ということもあり妊娠を恐れています。
そこで、避妊とMの生理不順を考えピルの服用を勧めました。
お互いに休みの日に産婦人科に行き処方してもらった日の話になります。

会うのは9時からでしたが予約が12時であるため、エッチよりも診察と思いホテルは行きませんでした。
ただ、Mが二人きりになって抱っこをして欲しいと言うので、漫画喫茶に行くことになりました。
エッチはしないつもりでしたが、Mにある指示をしていました。
それは車で漫画喫茶に向かう際、助手席に座ってバイブオナするよう指示しました。
普段はオナをしないMですが、しっかりオナしてくれました。
ただ、バイブではイクことができず悶々としていたと思います。
一応、他のドライバーに見られないようにタオルで隠していましたが、股を大きく開く時もあり見られたのではとヒヤヒヤしたときもありました。

俺自身も我慢ができなくなり、漫画喫茶に着いて個室のカップルルームに入り、すぐさまMを全裸にさせました。
カップルルームはドアがある分、他の個室よりは安心できますが、防音ではないためMのヨガリ声が漏れるのではないかと心配でした。
ソファーに座らせ手マンすると既にグチョグチョで、下着もしっかり濡れていました。
クチュクチュ、グチャグチャと卑猥な音が部屋中に響き渡り、Mの弱いとこを攻めるとすぐさま潮を噴きながらイキました。
ソファーはコップの水をこぼしたかのように濡れてしまいました。

俺「いつも以上に噴いたね」
M「バイブじゃイケなかったからすごく気持ちよかった」
その言葉が余計に嬉しくなり、さらに手マンを続け5連続でイカせました。
M「もうだめ。やめて。おかしくなる」と言うので攻守交代。
ソファーを拭いて座るとMは膝まづき、ムスコに唾を垂らしてねっとりフェラします。
店員が来るかもしれない漫画喫茶で、全裸でいつも通り美味しそうにジュボジュボ音を出して咥える姿が余計にエロく、Mも俺の弱いとこを知っているため、このままだと発射してしまうと思いMをソファーに座らせ、M字開脚させて生で挿入しました。
M「ねぇ?ゴムしないの?」
俺「ちょっとだけ生しようよ」
挿入すると、お互いに生の気持ちよさに理性が負けてしまいゴムハメをやめました。
いつも以上にぬるぬるに濡れ、シャワーも浴びていないため部屋中にMのいやらしい汁の匂いが充満していました。
ゆっくりピストンすればヌチャヌチャ、早くピストンするとクチャクチャという音と、玉が当たるパンパンという音が響き渡ります。
緩急を付けてピストンしていると、Mがイキそうとのことなので早いピストンに切り替えるとあっけなくMはイキました。

ハァハァと息を切らし、漫画喫茶で全裸で悶えるMが一層エロく感じた俺は一旦ムスコを抜き、ドアのところにMを立たせて立ちバックで挿入しました。
Mはこの体位で乳首を攻められるのが非常に弱く、汁を太腿まで垂らしながらすぐにイキます。
ちなみに隣の個室には20代の男性客がいるのを確認していたため、Mは声が漏れたらヤバイと思い、一生懸命声を出さないように我慢していました。
たまにドアの向こうに人影も見え、ドキドキしながらピストンをしているとMはさらにイキました。

診察の時間も迫ってきているため、俺もフィニッシュに向けさらにピストンを続けました。
Mにイクことを伝えると、「いいよ、出して」というのでそのまま5回ほどドクドク波打ちながら発射しました。
ふと我に戻ると生ハメだったことを思いだし慌ててしまいましたが、Mが安全日だからと開き直りながら笑って許してくれました。

ムスコを抜くと床にはMの汁で濡れており、そこにザーメンが落ちる何とも言えない光景でした。
Mの秘部をティッシュで拭いてあげるとMはお掃除フェラをして綺麗にしてくれました。

その後、漫画喫茶はルーム予約し一旦外出して診察に向かいました。
隣の男性客はヘッドホンをしていたため恐らくバレていないとMと話ながら店を出ました。

診察後に、再度漫画喫茶を訪れいつも通り2回戦をして今回はお開きにしました。
Mは漫画喫茶でするのも初めてでしたが、バレるかもしれないというスリルが良かったということで、また機会があれば漫画喫茶でする約束をしました。
MはドMなんだと思います。

現在はピルを服用しているため、生中出しできますがゴムハメや生外もしているのでまた要望があれば続編を載せたいと思います。
俺は漫画喫茶でハメるのが好きみたいです(笑)

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6874
投稿者 既婚者まーくん (32歳 男)
掲載日 2017年12月31日
前回の投稿(投稿No.6492)に多くのいいねをいただきありがとうございます。
妻とは仲良く夜の営みをしています。
今は二人の子供に恵まれてます。
安全日には中出しもしています。
妻も中出しが好きになり求めときます(笑)

話は変わり、今回は私が大学生の時に初めて中出ししたことを書きます。
中出しといっても半中半外になります。

私が22歳の夏。
必要な単位も取り卒論はありましたが暇をもて余していた頃です。
相手は某SNSでメッセージをやりとしていた人妻37歳、Yとします。
身長が170、やせ形、貧乳でしたが俺好みの体格でした。

最初は肉体関係になるとは思わなかった。
SNSに足跡があり、メッセージをやり取りしていたとき、私のバイトの関係でYの最寄り駅に行くことになりました。
Yから良かったら少し会いませんか?というメッセージをもらい会うことになりました。

駅で待ち合わせして、既婚者のためか人目を気にしつつ歩きながらデパートの屋上へ。
少し自己紹介していると何気なくキスされました。
俺がYの好みだったらしく我慢できなかったとのこと。
俺もお返しとばかりにキス。
屋上とはいえ夏場で暑いためか人もおらず人気のないところに行きました。
バイトの時間もあったため、やるのは無理だと思ったけど俺の固くなったムスコを見せつけると最初は恥ずかしがっていたが、Yは咥えました。
人気がない場所とはいえ、ジュボジュボ音を鳴らしてフェラ。
初の人妻。
興奮して口内射精。
あっという間に出されてしまった。

Yは最後まで搾り取り、口から出すことなく飲み込んだ。
Y「いっぱい出たね」
初の人妻、初の人妻フェラ。
その日はバイトもあり別れた。

バイト終わりにまたメッセージして後日会うことになりYの最寄り駅へ。
ですがラブホには行きませんでした。
近くの漫画喫茶でソファールームで軽く談笑。
というわけにも行かず、お互いに唇をむさぼり、俺はYの胸を弄った。
Yは感じ始め息が上がり、手で必死に声を我慢していた。
Sの俺はその手をどかし
俺「我慢せずに声出してごらん」というと
Y「聞こえちゃうからダメ」といいまたもやキス。
俺はYの上着、ズボンと下着を脱がせた。
扉はあるが周りには客がいた。
Y「誰かに見られちゃう。やめて。」
そう言いつつも、膣に触れると濡れており糸を引くほど。
指マンしてやるとクチュクチュ音。
必死に声を我慢するもハァハァ息をして体をビクンとさせた。

息が上がってるが今度はフェラをするように指示。
以前と変わらずのテク。
ただジュボジュボ音をならさないように舐めていた。
Yは舐めながら「恥ずかしいから服着たい」というも無視。
漫画喫茶に行ったことがある人ならわかると思いますが、ドアといっても下は開いている。
だから、覗かれる恐れもある。
ただその漫画喫茶は薄暗い。
だから着させずフェラさせる。

恥ずかしそうにする姿に興奮し、堪らずYをソファーに座らせ股を開かせる。
膣は先程より濡れていた。
ラブホではないし俺もゴムを持っていないから生で膣の入り口に押し当てる。
Y「ゴムは?生ダメだから」と言ったあとにすかさず挿入。
「あっ!」と声を出してまた口に手を当てた。
その手をどかし、悶える顔を見ながら腰を動かす。

Yは二児の母だが、スポーツもしていたのと帝王切開で出産したため締まりがいい。
旦那とも最近は少なくなっていたこともあるだろう。

俺のムスコは15cmくらいで長くはないがカリが大きいらしい。
そのためか抱いた女みんな、出し入れすると擦れて気持ちいいと言っていた。
ズブズブ、グチュグチュと音を出しながらピストンを繰り返した。
途中、対面座位、バックで攻めた。
その間も「生はダメ、外に出して」を繰り返した。
最後はYをソファーに座らせ出し入れが見えるようにピストン。

俺「イクぞ」
Y「ダメ!外に」

といい半中半外で出した。
バレないようにすぐにティッシュで拭いた。
Yにはバレずに無事に終了。
Y「気持ち良かった」と言いながら恥ずかしそうに服を着だした。

時間が来たから漫画喫茶を出で解散。
これが俺の初人妻、初中出しになった。

その後、Yとの後日談もあるが今回はこれにて。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6817
投稿者 匿名 (32歳 男)
掲載日 2017年11月11日
はじめまして。
私はライブチャットにハマってるんですが、ハマるに至った理由があります。

ある日漫喫でエロ動画を見ながら一人でしようと思っていたとき隣から丸められたメモが投げ入れられました。
失礼だな、と思いながら開いてみるとそこには
『溜まってますか?』
の文字。
怪しいと思いながら
『それならどうした?』と返すと
『ちょっと協力してくれませんか。外で話しましょう。』とありました。
とりあえず
『OK』
と書いてブースを開けると隣から30位の女性が出てきました。
その人と一緒にフリー席の方に行くと
チャットガールであること
今月ランキングが低くて困っていること
過激な配信で視聴者を増やしたいから良ければ自分とセックスをしないか
と誘われました。
見た目はそこそこでオッパイも大きかったのでOKを出しましたが条件を付けてみました。
ダメ元で
漫喫でセックスをすること
コンドームは無いから生ですること
配信に協力するんだから中出し出来ること
漫喫での配信が終わったらプライベートでホテルで中出しセックス出来ることを条件に出してみました。
すると五分くらい待ってて下さいと言われ、そのまま待っていると彼女が戻ってきてOKだが、ホテルのセックスも配信させてくれれば、と言われました。
どうせ一度配信しちゃうんだから、とOKを出して彼女のブースへ。
彼女がイヤホンマイクを付けて、視聴者が来るまで待機となりました。

何人かの視聴者が来て、『今日は漫画喫茶です』とか『お隣さんを誘ってエッチしちゃいます』とかの挨拶をしておもむろに彼女が脱ぎ始めました。
そして脱ぐ途中で何回か返事をしてはまた脱いで全裸になったところで、呼ばれました。
彼女は
『今日協力してくれる人です。』と紹介したあと、
『じゃあリクエスト通りはじめまーす』と宣言しました。

私に横になるようにいい、カメラを渡しました。
そして渡したカメラに向かって
『フェラ抜きゴックンから配信しまーす』
といって反論する時間も持たせずフェラをしてきました。
巧かったのもあってあっさり彼女の口に出したのですが、口の中に溜まってるものをカメラに見せつけて、そのまま飲み込みました。

その後彼女はカメラに向かって
『じゃあ、お隣さんが回復したは生中本番イっちゃうねー』
とカメラに宣言。
視聴者のチャットの打ち込みを見ると私への嫉妬の念が見えました。

彼女の手コキを受けて回復したのを騎乗位で生挿入。
口を自分の手で塞ぎながら声を我慢している彼女にカメラを向けてぼんやりと、あー、きもいいー、なんて思って横(パソコンの画面)を見ると視聴者からのリクエストで生合体か確認したい、と有ったのでカメラを結合部に生合体を見せつけながら自分も思いっきり腰をふって中出しめがけて全力疾走。
上に乗ってた彼女が倒れ込んできて思いっきりキス。
カメラを足で動かしてなんとか合体してるところが見えるところへ。
そしてたっぷりと中出ししているところを全国配信させてもらいました。
全部出した後彼女のお尻を掴んで浮かせて、そのまま垂れてくるところを配信して、ついでにお掃除フェラまでさせちゃいました。

そのあと、まだフェラしてる間に
『このあとホテル連れ込んでまた中出しさせてもらってくる』
と書き込んで勝手にログオフ。
フェラの終わった彼女が
「あれ?落とされたかなぁ」
なんて言ってたのがちょっと笑えました。

その後は二人で清算してラブホに直行。
中出しを二回また配信しました。

それ以来、まあチャットガールに会えないかなぁと淡い期待を抱いてかわいい子探してます。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会って即エッチ
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)