中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7393
投稿者 マミ (48歳 女)
掲載日 2019年7月31日
昔の彼オミさんに再会し、月に2回程抱かれ熱いほとばしりを子宮に受け堕ちていく私。
主人に罪悪感を持てば持つほど身体は彼の固く大きなペニスと精液を求め熱く疼きます。
もうすぐやがて生理も止まり、女の務めも終る私の身体が狂い咲いているのかもしれません。

生理周期も予定より早かったり、遅かったり。
でも今回はちょっと遅すぎです。
ひょっとしたら妊娠しているかもしれません。
今日検査薬で調べるつもりです。

実は私とオミさんだけの秘密があります。
それは主人にも絶対話てないことです。
それは、オミさんの子を3度?妊娠し、堕胎していると言うことです。

一度目は25歳彼と付き合い始めて半年でした。
彼に抱かれた後、腕枕の中で生理が遅れていることを告げると、「俺の知り合いの医者にすぐ診てもらおう。」とすぐに産婦人科に連れていかれました。

診察時間はもう終わっていたのですが、知り合いと言うことで特別に診察してもらいました。
初めての産婦人科、そして妊娠しているかもしれない不安。
最終生理日、過去の妊娠歴などの問診の後、「聴診器を当てますので、胸を出して下さい。」と言われ、ワンピースを着ていた私はそれを脱ぎ、ショーツとブラだけに。
「胸を出して下さい。」
後で考えれば、ブラをずらせば、よかっただけなに、ホックを外しブラを全部取ってショーツ一枚の姿で丸椅子で診察を受けていました。

先生の前とは言え、明るい所てとても恥ずかしい思いです。
さらに、胸にはオミさんに付けられたキスマーク。
「下着を脱いで診察台の上に上がって下さい。」
ショーツ一枚で冷たい診察台にあがり、両足を台の上に乗せます。
ベルトで足を固定され足が開かれます。

キレイに剃られたヘアーも先生に見られています。
「性交しましたか?さっき。」「ハイ。」
「精液が大量にあるので洗浄しますよ。」
冷たい液があそこにそそがれます。

先生の指が中で動きます。
普通カーテンがお腹の所にあると聞いていたのですが、それもありませんでした。

はっと気がつくとオミさんがその様子を見ていました。
その瞬間、恥ずかしさで頭が痺れ、なんとも言えない感覚が頭を遅いました。

「妊娠3ケ月です。」

産むことも許されず、初めての堕胎でした。
結果の後、堕胎手術は明日に決まりました。

しばらくはsex出来ないとその足でアパートに戻り、オミさんに何度も射精されました。
医者の診察を見てもの凄く興奮したようです。
私も実は。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7388
投稿者 マミ (48歳 女)
掲載日 2019年7月27日
一昨日(水)のオミさんとのことを書きます。
昨日もそうだったのですが、まだ一昨日の火照りが身体に残り、少し思い出しただけであそこから、嫌らしいお汁が溢れてきます。
でもオナニーは禁じられています。

朝早く、オミさんから「裸のマミの画像を送りなさい。」とメールが来ました。
全裸になり、自撮り。無残にも私の胸には、多くのキスマークが付いています。
ベッドに座り、あそこを撮ります。
指をVの字にあそこを拡げると皮から出て硬く尖ったクリトリス、オミさんの大きなぺニスで何度も何度も突き拡げられた、マンコが赤く充血し、嫌らしいお汁が光って見えます。
自分の嫌らしい画像だけで、オミさんに抱かれたくなります。

メッセージの返信にも少し書きましたが、一昨日のことを。

朝10時、地元大型ショッピングセンターの立体駐車場でオミさんと待ち合わせ。
時間に遅れるから行くまでは社内でオナニーをして待つように。ただし逝ってはいけないと。

10時半遅れてオミさん到着。
オミさんの車の助手席に乗り移る。

「マミ、オナニーをしていたのか?」「ハイ。」
「ネタは?」「この前、オミさんに抱かれた時のことです。」
「パンツを脱いで、俺に渡せ。」「えっ?ここで?」
「当たり前だ。早くしろ。」

スカートの中に手を入れ、ショーツを足から抜いて渡します。
丸まった、白のショーツを手に取り裏返し拡げています。

「ここはビショビショじゃないか。」「止めて、恥ずかしいから。」
「こんなにしてるのはマミじゃないか。」「ごめんなさい。オミさんに早く抱かれたくて我慢できないの。これを、これを入れて欲しくて。」

私は夢中で、ベルトを外しトランスの中に手を入れて、ぺニスを出します。
まだ柔らかでもピンボン玉のような頭です。
それを口に入れ舌でねぶると、すぐに硬くなります。
竿もすぐに膨張し、筋が立っています。

「オミさん凄い。」
「マミがもう離れられなくなるように、さっき薬を飲んできたからな。今日はたっぷり可愛がってやるからな。浣腸はしてきたか?」「ハイ。」
「何をされるか分かっているだろうな? いきなりは、無理だろうがアナルも使えるようにするからな。いいか。」「ハイ。」
「なんだ、もう目が潤んでいるじゃないか。」

オミさんは私の頭を撫で、グッと頭を引き寄せます。ぺニスが喉奥を塞ぎます。
息が止まり、意識が遠退きます。
一回外し、また。
でも私は幸せです。
あーいい。もっと。

知らないうちに、ブラウスのボタンが外され、ブラをずらされ、乳房を揉まれていました。
向こうに人が。

「ビショビショパンツじゃ気持ち悪いだろうから、下で洋服と一緒に買ってから行こう。」
「でも、でも一度入れて、我慢できないの。」「しょうがないな。後ろに移れ。」

後部座席に二人で移ります。
座ったオミさんに跨がり、オミさんの硬くなったぺニスをあそこにあてがい、グッと腰を落とします。
あーこれ、これが欲しかったの。
下からオミさんが突き上げてきます。
私はオミさんの首に抱きつき、クリトリスを押し付けながら、腰を振ります。
「いい、ねぇ、いいの、もっともっと。」
肩からブラウスの腕が抜かれブラのホックも外されています。

私は夢中でオミさんの口を吸い、舌を絡ませます。
オミさんの唾液が私の口に注ぎ込まれます。
「あーいい。もっと強く。」
大きな乳首を摘まんきます。
されたくて、我慢してきた私は限界でした。

「お願い、逝っていい。逝かせてお願い。」「よし、逝っていいぞ。俺も貯めてたからな。」

車は大きく揺れていたでしょう。
子宮口が下がり、ピンポイントで当たります。
「逝くー。来てる、来てる逝くー。」
オミさんの精子が後から後から出てきます。

しばらくし、ショッピングセンターの服売り場に。
歩きながら、太腿を精液がったっていました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7384
投稿者 マミ (48歳 女)
掲載日 2019年7月25日
先週の水曜日、また私は昔の年上不倫彼氏オミさん(60歳)に抱かれてきました。
偶発会ったオミさんに、ドライブに誘われただけで簡単に抱かれてしまうなんて、有り得ないと思った方もいらっしゃると思います。
その当時毎日の様に、少し離れたラブホテルで抱かれていたのですが、金銭的負担が大きいこと、少しでも一緒にいる時間が欲しいと言うことで、二人の愛の巣であるアパートを彼が借りてくれました。
そこで、毎日大人のsexをオミさんに、教えてもらっていました。

ドライブの途中そのアパートの前に、オミさんが車を止め、「マミ覚えているかい?」
最初は何のことか、思い出せなかったのですが、「あのやり部屋で毎日マミはよがり狂っていたよな。思い出してごらん。」
脳裏にあの頃の激しく、快感を求めていた自分の姿が過りました。

「一年もしない内に、マミはどんどんスケベになって車に乗るとすぐに、『オミさんのチンポが欲しがったの』と言いながらここに着くまでずっとこれをマンコビショビショにしながらシャブリ続けていたよな。」

オミさんは、ベルトを外し固く勃起したペニスを出し私の手をそこに。
頭が白くなり、私はそのペニスにむしゃぶり付いていました。
「旦那と比べてどうだ?欲しいか?なんだ、マンコグショグショじゃないか。」と言われ、我を忘れて「早く抱いて、たくさん私の中に精子を出して下さい。」と叫んでいました。

それから、先週の水曜日まで7回抱かれました。
オミさんとsexするまでは、オナニーも旦那とのsexも禁じられています。

水曜日は私の一番好きなバックで奥を突かれている時に旦那から電話がありました。
出るつもりはなかったのですが、オミさんに出ろと言われ「あなたどうしたの?だ、大丈夫だから、」
オミさんは奥を突きまくります。
もうダメ。
「どうした?」その声を聞きながら、オミさんの精子を子宮口にドクドク注がれて逝き果てた私です。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7373
投稿者 マミ (48歳 女)
掲載日 2019年7月18日
一人で田舎に住む母も高齢になり何かと世話をしなくてはならなくなりました。
月に一回、主人と車で3時間かけて実家に行きます。
主人は先に一人で高速バスで家に戻り、私は金曜日まで残り母の世話をすると言う生活が続いています。

私は48歳主人は46歳。
私が27歳の時に結婚をして、子供も手がかからなくなりました。
実家に月一度帰るようになって早半年が経ちます。

それは2月の事でした。
故郷のショッピングセンターで偶然に声を掛けられました。
「マミ、マミじゃないか?」「あれっ?オミさん?」
「そうだよ。すっかりじいさんになったけど。」
姿は確かに変わったけど、声は変わりません。
「時間があれば、お茶でも飲まないか?」「ごめんなさい。今日は時間がないの。」
「それじゃ、今度。時間が出来たら、ここへ電話してよ。」名刺を渡されました。

オミさんは私より一回り上で、私が24歳から結婚するまで3年間付き合っていました。
彼には妻子もあり、いわゆる不倫でした。

3月になり、躊躇いながらも懐かしさで、彼に電話を入れました。
そして、毎日待ち合わせた喫茶店で会ってしまいました。

昔のようなトキメキが。
少しドライブしないかと誘われ、そのままホテルに連れていかれて、しまいました。
心ではいけないと思いつつ、オミさんに抱かれてしまいました。

主人のぺニスに比べ大きなモノで、奥を突かれ何度も何度も逝かされました。
まだ生理があるので、妊娠が心配ですが、「中に出さないで。」と言いながら無理矢理大量の精子を子宮口に掛けられる快感には、勝てません。
もう止めなければと思うほど、身体が火照り彼に抱かれに行ってしまいます。
あなた、こんな淫らな妻でごめんなさい。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:浮気・不倫
タグ: ,
投稿No.6192
投稿者 あやこ (24歳 女)
掲載日 2015年4月27日
22歳で出来婚して約2年。
実は旦那さん以外の人ともエッチをしちゃってます♪

その人は私よりも5つ年上で高校時代の彼氏です。
別れてからも度々エッチしてて、結婚が決まり少し距離をとってました。
そして、最近になって久しぶりに遊び、飲みにいきました。

「浮気とかしてない?昔はよくしてたじゃん?」
飲みながらその人に聞かれて、エッチ関係のお話をしてて、結婚してからナンパされてエッチしたことを話すと興味を持ってさらに色々聞かれました。
旦那との頻度
旦那の気持ちよさ
他のえっち・・・などなど

「ちょっと俺とやろうよ」
話してるうちに誘われて、でも、そのままだと泊まりになるから後日にってなりました。
ちなみにその日は帰ってから旦那としましたw

そして後日、昼間からその元彼とホテルに入りました。
少しの間、距離をとってた割りに特に違和感なくエッチできました。
恋人みたいにいっぱいキスして、あそこもグチャグチャになるまで触ってもらい、おっぱいも「大きくなった?」と揉まれて・・・チンチンを入れられました。
その時はもう私は気持ちよくて、生で入れられるのも許してて、バックであえいで中だしされました。
旦那と違って一発だっしても終わらずにそのまま2回目・・・今度は元カレに言われて騎乗位で中だし。

その日はそれで終わりだったけど、またする約束をしてさよならしました。
さらに後日にも生エッチ、今回は旦那にもしないお掃除も口でしたりしました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)