中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7871
投稿者 黒田 (30歳 男)
掲載日 2021年3月10日
外国人女性の膣に生のペニスを挿入し、本能のまま中出しをしたいと思った事はないだろうか。
私はある。
今日はそんな私が巡り会った外国人女性との中出し体験について話そうと思う。

当時20代前半だった私は性欲を持て余していた。
しかし、その性欲はソープや日本人が在籍するデリヘルでは満たされなかった。
何故なら当たり前のようにお客様として扱われるからだ。

セックスの生々しさが感じられない。

その為私はネット中を探し回り、とある東南アジア系出張マッサージを見つけ出した。
表向きはメンズエステだが、プロフィール画像は加工されたグラビア写真ばかりで実質指名など出来ない状態であった。実に胡散臭い。
コースは「特別」なマッサージが出来るVIPコースが2万5千円との事。胡散臭さは確信に変わる。
電話をするとガラガラ声の女性がカタコトの日本語で対応してくれたため私は簡潔にホテル名とコースを告げ電話を切った。
さて、どんな女性が来るのか。
私は期待に胸と股間を膨らませた。

しかし、待てど暮らせど女性は来ない。不安を感じ始めたその矢先に知らないPHSの番号から着信。
出ると先程対応してくれた女性からであった。
何故か息を切らしている。話を聞くとホテルに到着したが部屋に入れないとの事であった。

「お前が来るんかい」

私の股間はみるみる萎んだ。
しかしホテルのドアを開けてみるとそこには

年齢 25歳前後
髪型 金髪ロングヘア
身長 170センチ位
体型 細身だが引き締まった感じ
服装 白いワンピースにヒール
濃いメイクで色黒

の女性が申し訳なさそうな顔で立っていた。
電話の声からは想像もつかない綺麗な見た目に私と私の股間は硬直した。
イメージ出来ない方は「タイ ゴーゴーバー」と検索してみて欲しい。

「ゴメンネー。ホテル間違え遅れた。」
と謝る彼女からは電話した際の事務的な雰囲気は消えていた。
外国人でも同じ人なんだよな、と思うと何故か親近感が湧き、同時にこれから目の前の女性と性行為をする事に対して現実感が持てなくなった。

その後は二人でお茶を飲みながらカタコトの日本語で他愛無い話をして別々にシャワーへ入る。
そして私は説明された通り股間の上にのみタオルを被せた状態でベッドに横たわったのだが、マッサージとはなんだったのか女性は迷う事なく私のペニスを指先で握った。
「いいの?」と半ば形式的に尋ねる私に彼女は「VIPコース」と告げニヤニヤと笑みを浮かべていた。
性欲が異常に強いタイプの女性だと私は確信した。

その後亀頭や睾丸周辺(鼠蹊部)を念入りにマッサージされた私のペニスは痛いほど勃起し、彼女がペニスを口に含もうとした時はカウパーでベタベタに湿っていた。

ジュボジュボジュボ

強めのフェラチオが気持ちいい。時々歯が当たると私のペニスはビクンと跳ねた。
気づけば私のペニスにはいつの間にかコンドームが装着されており彼女は有無を言わさず私の上に跨りパイパンの女性器にペニスを挿入。
見上げる私の目には彼女の割れた腹筋とへそピアスが見えた。

それにしてもスタイルが良い。
細身で日本人と比べて尻も小さいが筋肉質で、それでいて乳房は綺麗なお椀型であった。
左手で乳首をつまむと「あっ」と掠れた声を発した。
そのまま彼女はしゃがみ込むような姿勢で乱暴に尻を私の腰に打ち付け「アー!アー!」と叫び続ける。
私が彼女の両掌に指を絡め突き上げると掌を中心に彼女の身体が熱を帯びていくのが分かった。

びゅびゅー!

コンドーム越しの射精。
私の射精に合わせて彼女の膣が締まり、結合部を中心に彼女は小刻みに痙攣し始めた。

まだ勃起が治らない。

私は乱暴に彼女を押し倒し、二つ目のコンドームを精液まみれのペニスに雑に装着した。
隙間から精液が漏れていたが気にならなかった。
そして痙攣している彼女に覆い被さり、髪の毛や首筋の匂いを嗅ぐと煙草とお香と香辛料が混ざったような独特の匂いがした。
彼女の肌は汗で湿り体臭が強い。日本人と比べると肌艶が良く弾力もあり、どこを触っても気持ちが良い。
マングリ返しの姿勢を取らせ無毛の性器とピンクでシワの少ないアナルを舐めると私のペニスは一層硬さを増した。
「どっちに挿れても気持ちよさそうだな」と思いつつマングリ返しのまま真下に向けてペニスを性器に挿入。
ブブ!っと空気の漏れる音がした。
そのまま腰を打ちつけるように何度もペニスを膣壁で擦るが一度射精しているためなかなか射精しない。

プルルルル!

ホテルの電話が鳴った。
終わりが近いようだ。
すると彼女はハッと我に返ったようで少し考える仕草をした後結合部に手を伸ばす。
パチンっ
私のペニスに装着されていたゴムを取ったらしく、ペニスにヌルヌルっという膣壁の感触と暖かさが伝わる。
セックス中にコンドームを外されたのは初めてで私が驚いていると尻の穴に違和感。
前立腺マッサージのように彼女が私の尻穴に指を挿入しグリグリと動かし始めたのだ。
不思議と痛みは無く寧ろ気持ちが良かったのだが妙な気持ちになった。胸がモヤモヤする。
そのまま私は生のペニスを彼女の膣の奥にある硬いところに擦り付け、彼女は私の尻穴をほじくり回すという状態が暫く続いたところ

ビュー!

私は膣内で射精した。
ホースの口を指で潰した時のような妙な射精の仕方だった。
子宮口に水鉄砲で直接精子を入れているようであった。

二人とも汗だくで息が切れている。疲労感が気持ちが良い。
私は彼女の性器に精液まみれのペニスを挿入したまま覆い被さりキスをした。
チロチロと舌先を擦り付け合いお互いに微笑み合うと何故か非常に満たされた気持ちになった。
このままあわよくば妊娠して欲しいとペニスを膣内でグリグリ動かしペニスが萎えるまで精液をかき混ぜる。
彼女は「お兄さんエッチねー」と微笑みながら下腹部を撫でていた。

その後、彼女は時間をオーバーしてしまっていたらしく電話で店に謝っていたり、私は尻に入ったコンドームが出てこなかったり、尻の違和感から真っ直ぐ歩けなくなったりトラブルはあったが、10年近く経った今でも思い出すと笑顔になる。良い経験が出来た。

外国人女性の膣に生のペニスを挿入し、本能のまま中出しをしたいと思った事はないだろうか。
私はある。
次は貴方の番だ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.5786
投稿者 タダラフィル (56歳 男)
掲載日 2013年12月10日
今から、10年以上前の話ですが・・

同僚)「昨日、初めて中国の何とか・・と言う高級マッサージに行ったんだよね」
 私)「あっそう それで?」
同僚)「裸なってシャワー浴びてから、始めは1人でマッサージで、それから2人で全身をマッサージ」
 私)「料金は?」
同僚)「12000円で1時間ミッチリされて本当に楽になったよ」
 私)「サウナでも5~6千円はするしね」「少し高いけど、1時間ならアリなんだろうね」
同僚)「本当は、ちょっとエッチな店かと思い期待して入ったんだけどね(照れ笑い)」
同僚)「だってさ、シャワー浴びて体を温めて下さい・・・って言うし全裸だもん勘違いするでしょう」
同僚)「でもアクロバットみたいな事もされて、体中の骨がボキボキしたけど本当に効果はあった」

このバカな同僚がこんな経験を話したのが全ての発端でした。

当時は、仕事が忙しく毎日16時間労働は当たり前で、休みも月に3回平均でした。
おまけに立場上残業手当も出ませんし労働基準法にも守られていませんんでした。
それを2年もしていたので体が悲鳴を上げ全身がボロボロでした。
自宅は駅近くで駅の反対側は繁華街で風俗や危ない店も多いしラブホも乱立しています。
その為に自宅近くに出来た「中国高級宮廷マッサージ店」は、絶対に風俗だと思っていたんですよね。
しかもその店から200メートルに小学校もあるから風俗では無いのかなぁ・・とも。

久々の休みに、どうしても全身マッサージをしてもらいたい、楽になりたいで・・
駅近くのサウナ(自宅から300m)に行ってサウナで汗を流し筋肉をほぐしてからマッサージをして貰いビールでも飲んでゆっくりしようと歩いていたら・・
「中国高級宮廷マッサージ店」が眼の前に・・ですが、そこは地元民です。
男の本能で「ここは風俗店だ、行っちゃ駄目だ」と本能が危険信号を出しています。
ですが、店の看板には「男性14800円、女性9800円」の看板もあります。
「風俗なら女性は、来ないしなぁ~」「以前、同僚も本格的なマッサージも有ると言っていたしなぁ」
でも本能が危険信号を出し続けていますが・・・サウナまで歩くの面倒だ・・
それで看板に書いてある店の電話番号に携帯から確認電話をします。

 私)「もしもし」「今から行きたいのだけど、本当に純粋なマッサージだよね」
女性)「マッサージですよ」「高級ですがマッサージです」
 私)「違う違う」「純粋なマッサージか風俗か聞いているんだけどね」
女性)「マッサージしかしていません」
 私)「それなら今から行くから」

店に入るとファッションヘルスとは違うようですが・・待合室の灯りは薄いピンクです。
受付で、15000円を払い200円のお釣りを受け取ります。
未だ怪しんでいるので、耳をダンボにして他の部屋の声を聞いていると、直ぐ隣の部屋からは客と女性の声も漏れて来ますが・・普通の会話で笑い声も聞こえます。
客は「腰の上に乗られると・・グググッ・・そこが効くよなぁ」とも言っているのも微かに聞こえます。

なぁ~んだ普通のマッサージじゃないか安心した。

マッサージの女性が来て、挨拶をされてから1人でシャワー室に行くように言われます。
一応チンチンも良く洗い、マッサージ効果が有るように筋肉をほぐし易いようにシャワーで体を温めます。
その後、バスタオルを腰に巻いて部屋に戻りました。

部屋に戻ると若い女性にマッサージ用のベットに「うつむせ」になるように言われます。
「おいおい全裸だよ」「しかも若い女性の前だ・・チンチンが大きくなったら恥ずかしいな」「もしかしたらエッチ系かな」「エッチ系なら怒るぞ」と思いながら指示に従います。
女性も必要以上は話さないしやっぱり普通のマッサージなんだろうなぁ・・
それに客の背中に乗って足で揉まれるのは、タイ式で経験も有るしなぁ~

「うつむせ」になるとスチームした熱い大きめなバスタオルを首から下の全身に掛けられます。
それも次々と3枚も・・しばらくすると全身が温まりスチームサウナの中にいる感じがします。

体が温まったの確認してから、女性は無言で足からハンドマッサージ機で揉み始めました。
「なぁ~んだ普通のマッサージじゃないか」「だけど・・機械かよ」と思いながら任せていると次は、天上に張られた金属棒に掴まりながら背中に乗り足で揉みほぐしてきます。

 私)「うッぐ」「あぁ~そこそこ」「腰を重点的にお願いね」

女性は無言でしばらく続けています。
エッチ系と疑った事を反省していると、逆に全裸が気になり、恥ずかしくなりました。

若い女性が背中のマッサージから降りると・・

女性)「疲れた・・」「ワタシ、ツカレタよ」(おいおい未だ10分しかしてないだろ。怒)
女性)「エッチな事も出来る・・する?」とゴムを見せて来ました。
 私)(寝たままの姿勢で)「ふざけるな続けろ」
女性)「ワタシ・・エッチできます」
 私)「いいから続けろよ」
女性)「エッチは、タノシイよ」(女性は無言だったので無く日本語が上手く話せないだけでした)
 私)「良いから、出来る奴と交代しろ」「君は出て行きなさい」
女性)「エッチ・・が」と言いながら出て行きました。

経営者が来たら文句を言うつもりで部屋で寝たままの姿勢で待ちます。

女性経営者)「ゴメンなさい」「チガウ子とヨビます」
 私)「早くしなさいよ」「話が違うだろ」

違う子が来ました。
さっきの子より若くて可愛いです・・が 関係ないです。
ここは、マッサージをする店ですから歳や顔は関係ないんですよ。
本当に疲れているんですから・・

この子も無言でスチームのバスタオルを持って来ました。
私を仰向けにすると・・温かいバスタオルを横にして胸と下半身に掛けました。
「オッ 今度は本物だな」「チンチン見られて恥ずかしいな」
次に太ももからのリンパマッサージです。
「まぁ リンパマッサージも有るからな・・」と思いながら眼をつむり楽にしています。

そしたら・・下のバスタオルを軽く剥がし、チンチンを咥えて来ました・・
「エッ・・違うだろ」と文句を言おうとすると目を開けると彼女は、服を脱いでスッポンポンで咥えています・・
「マジで文句を言おうとすると・・・上手い・・」
亀頭を口の中で転がして来ました。
強弱を付けながら頭を動かしています・・が、違うんですよね(怒)
文句を言おうと再度、眼を開け、起き上がると 顔にお尻が当りました。
「エッ・・・」「眼の前にマンコが全開です」
体位を変えられて「69」の体勢になっているんだから起き上がれません。
仕方なく放置させていると、また体位を変えてマンコにチンチンを入れて来ました。

「えっ」「生か?」「この野郎ぉ~・・」でも・・気持ちいい(汗)
「ズ・・ズ」根元まで入れられ腰を動かして来ます。
「あッ気持ちいい・・」

本当は、文句を言いたいのですが・・今回は我慢してあげよう・・ウッウッ・・

出そうになるけど このまま出して良いのかなぁ?
本意ではないが、仕方なく、本当に仕方なく♪ 上になり・・腰を振っていると

女性)「ナカでイイよ」「ナカでイイよ」「あぁ~」「うッ・ウッ」
 私)「本当にいいんだね?」「出すよ」「出すよ」

そのまま若くて少し可愛い子のマンコの中に「ぴゅぴゅッ」「ドクんドクん」
「あぁ~あ」「本意でないのに・・中に出しちゃったよ」
女の子は、自分の中から出てくる物を拭きながら、チンチンに温かいタオルを掛け拭いてくれます。

その後、シャワーを浴びて出て来ると中国人の女性経営者が
「あの子は、子供だからゴムしか使わナイ」「ゴム使わないのは、今回だけデス」
私は、えッ? 全然意味が解らないので困惑していると・・
どうやら「ゴム」を出したので怒られた・・「交代しろ!」・・・「生なら許してもらえる・・」
と、みんなで勘違いして、生理が近い子が代わりに相手してくれたみたいでした・・

思わず、彼女に悪いと思い、部屋に帰ってから女の子に1枚をチップで渡しました。
女の子は、初めて笑顔になりましたが・・お互い言葉が通じないと大変ですよね。

因みに下町の繁華街と言う事で、昔は、駅前で目を瞑って石を10個投げれば、必ず1個は893に当ると言わるくらいでしたから、本番が出来る店なのに文句を言われたので、その筋の人間と勘違いして、経営者が気を使ったのかも知れませんが・・
私としては、悪かったような良かったような。。変な日でした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)