中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7638
投稿者 Peternorth (34歳 男)
掲載日 2020年5月19日
デートクラブで、極上の変態娘を見つけ、異常なほど精力が強く三度の飯よりもメスのアクメ悲鳴が好きな絶倫3人がかり、肉奴隷ソープ嬢のよしかにサポートさせながらゴリゴリに絶叫調教してます。

この娘Mちゃん、とんでもない変態性欲娘・・つい先日〇校卒業したばかりの美少女で割と知られているコスプレイヤーのようですが、JKのときからコミケなどで♂集団にパンチラ(パンモロ?逆さどり?)を晒しては興奮し(時には中にローターを仕込んでたこともあるとのこと)、帰宅後に朝までオナニー絶頂を繰り返すのが趣味で、♂向けのハードコアなエロゲーや調教ゲームが好きという変わった娘です・・
J〇卒業後、一人暮らしを始め、生活費とコスプレ代を稼ぐためにパパ活を始めた、とのことですが、一方でVIP向けの裏プロフで、監〇調教願望ありだとか、精力強い♂に囲まれて輪姦されたいだとか書いており、主催者から紹介されたのです・・
その通りで、ハメると感度抜群なうえに高校時代はテニスもしてただけあって体力あり、2日ぶっつけで激しくハメてやるとメロメロ、、「一日10数回射精できるひと、ほとんとにいると思わなかった~」とアニメ声で甘えたりしてましたが、今後どうするのかと聞くと、決めてない、でもHとコスプレできるだけしたいとのこと、、 乱交にも興味ありとのことで、友人の絶倫2人と、肉奴隷のソープ嬢よしかを加えて乱交楽しんでましたが、失神寸前になっても貪欲に求める真正の変態さを晒し、、しまいには「幸せぇ・・・ね、ねえ、ほんとに監〇調教されたらどうなるのかなぁ」などと本気愛液たらしながらトロンとしたスケベな目つきでオネダリ・・・
それをみた、よしかに痴女の火がついたようで、「Mちゃんも肉奴隷に堕としてあげるわ」と宣告。。♂たちにいつものように強壮剤奉仕し、排卵誘発剤をも加えたドーピングセックスで蹂躙してますが、Mちゃん、かなりもマゾでもあり、エロゲーでみた過激な調教にも興味深々・・ よしかが完全に女王様とかして、苛烈な調教をしてます。。

ピアッシングです。もちろん同意の上ですが、乳首、舌に施してしまいました。
本来、傷がふさがるまで安静にすべきですが、かまわずぶっとおしでハメてます。消毒はしてますが・・

さらには♂の一人のソープオーナー、勤務契約書と肉奴隷契約書を用意。。
「オラァ!この変態レイヤー、両穴えぐりまくってザーメン注いで肉奴隷にしてやる!」
「絶対に堕としてやるからな!お前が希望した監〇調教だ。脳髄にアクメの味しっかり刻んでやる」
とかあおるとアヘ顔さらしながら「アー、アーッツ!!すごい・・幸せぇ」とアニメ越えでアヘります。

徹底的に浣腸攻めしてから両穴蹂躙がすっかりクセになって、常に両穴埋まってないとグズります。
膣奥にぶちまけると、身震いするようなアクメし膣を締め付ける極上名器に、♂も中毒になりそうです・・
150cmちょっとの小柄でFカップ美居乳ながら華奢な体型の娘を、屈強な変態性欲絶倫が、おびただしい量の強壮剤をがぶ飲みしながら両穴ゴリゴリと蹂躙、大量にぶちまけつづけてます。

かたくなに、NS高級ソープは拒んでいたものの、この生活が3日経過した今はすっかり中出しに取りつかれ、中に出されたザーメンを味わうのも気に入り、、NSソープもまんざらではなさそうな様子。
Mちゃん、平日は朝から晩までソープで注がれ、休日はコミケで露出、逆さどりされまくりの生活を検討しだしてます。

肉奴隷よしかは、「ふふふ、、もうすぐ堕ちそうね?Mちゃん?ねえ、肉奴隷になって性欲に蹂躙される生活も悪くないわよ。ね、契約書サインしちゃいなさいよ。堕ちたら、私おすすめのタトゥーショップいきましょ。堕ちた証にタトゥ入れるの。で、コロナおちついたら、海外で〇麻乱交しましょ。すごいわよ。」と、アクメでヘトヘトのMちゃんを洗脳するようにささやきます。。
やはりメスを堕とすときは、堕ちた♀を同伴して、♂をサポートさせながら、ターゲットを諭させるのがベスト、、つい先日までJ〇してた極上娘が堕ちるのも時間の問題です・・

若いエロ娘を蹂躙して堕とすの、オトコ冥利につきます・・
Mちゃんのお気に入りのアカデミアの制服コス、濃厚すぎるザーメンで白濁まみれですが、変態♂3人は争うようにこの変態娘に、アフターピルも効かないかもというほどに種付けを繰り返します。

Mには2つ下の妹もいるとのこと・・・ ここには書けませんが、、Mを堕としたあとは・・・ もちろん・・
Mちゃんもまんざらではなさそうです・・・ あと3日程度で絶対に堕とします。
睡眠は当面最低限の5時間未満です・・

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7637
投稿者 オンドレー (48歳 男)
掲載日 2020年5月18日
投稿No.7629の続き

こんばんは。やっと週末で更新できます。
では続きを。

風俗店を出た一週間後かな。まあそれまでの平日は、仕事→自炊→空いてる時間は普通にテレビ見て、いかにも普通のサラリーマンやっておりました。
この頃は性欲ってのがあまりなく、歳を取る度に段々強くなってるかもです。

まあそれはともかく、花金の朝にさゆりさんから
「今日空いてる?」とメールがありました。
「空いてますよ。」と返事したら、
「私の仕事終わったら付き合って。」
ちなみにこの日は夜8時で終わるとの事。
まあ次の日休みなのでOKの返事。
「じゃあ連絡するから。」で一旦終了。

でまあ8時少し過ぎたらさゆりさんから連絡きて、
「○○駅に9時に来て。」と言われました。

行くと、さゆりさんともう1人仕事仲間がいました。
るみちゃんで23歳でもろギャル系。
でまあ3人でさゆりさんのアパートへ行きました。

ここでまあ読者さんなら3Pを期待でしょうが、何をしたかと言うと2人が料理を開始。
オムレツとサラダとコーンポタージュが出来上がり。
でまあこれ3人で食べた後に、お酒とつまみが出て来ました。
まあ夜御飯後は雑談。
最初はさゆりさんの財布の話しから入って、その後はお店のお客の話しに。
確かハッキリ記憶があるのが、るみちゃんが若いお客の童貞喰ったってのと、さゆりさんもお気に入りのお客が来たって事かな。
ちなみに風俗嬢のお好みは、イケメン(お嬢によって多少好みの違いはあり)とチン○が大きい事らしい。
まあ後は仕事って割り切ってるそうです。

でまあるみちゃんがさゆりさんに
「オンドレーさんのって大きいの?」って聞いて来ました。
「普通位」とハッキリと言いましたが、さゆりさんは何か私の性格が結構気に入ってたそうです。
でまあるみちゃんがチン○見たいって発言。まあ酔ってる勢いって奴かな。
いきなり私のズボンに手が届いてましたが、私はいきなりヤバい状態。
まあるみちゃんの評価も私のチン○の大きさは普通位らしい。

そこからるみちゃんがズボン脱がせてフェラ開始。
ちなみに我慢汁かすぐに出始めました。
でまあさゆりさんも下を脱ぎ、マン○を私の顔に埋めてくれました。
まあるみちゃんが私がもうヤバいのを察してか、
「オンドレーさん多分もう出るよ。」と言って、さゆりさんが私の顔から離れて騎乗位で合体。もちろんゴムはなし。
まあさすがはプロ。数分後にはさゆりさんの中に出てしまいました。
今回も1週間分タマっておりました。
しかし今回はさゆりさんの家ってのもあってか、ボリュームは低かったです。

しかし天国モードはここまで。
実はさゆりさんが半分告白みたいなもんだったかな。
「オンドレーさん独身だったよね? 私、先週もエッチした後ピル飲んでないよ。2人の子供生まれたら結婚しようね!」
まあこれ聞いた瞬間、少しは眠いのありましたが一気に目が覚めました。
とりあえずそうだね、ってまあまあの返事出して翌日に退散。

まあ私の家に来られてなかったのがまだ幸いでした。
メアドはもちろん、その日に携帯ショップ行ってすぐ電番交換手続き始めました。
悪いけど、諸事情あってバツ付いてる女は結婚はする気はなかったです。
女フルのは嫌だったけど、さゆりさんすいませんでした、って今でも思い出す毎にあやってます。

さゆりさん今はどうしてるかなあ。
ちなみに彼女が妊娠したかは私も未だに分かりませんね。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7634
投稿者 ばにら (40歳 女)
掲載日 2020年5月17日
先日の夜酔冷ましのため公園で休んでいた時にベンチの隣に男性が座ってきて、
「一人でこんなところいたら危ないよ?酔い冷ますなら家来なよ」と言われ、無理矢理その人の家に行くことに。

男性の家についたので、部屋に通され、
「シャワーでも浴びたら?」と言われシャワーを借りていたらお風呂場に男性(Aとします。)が入ってきて
「おまんこみせてよ?」と言われいきなりクンニしてきました。
クンニされて気持ちよくなり、潮吹きしてしまい
「クンニされて潮吹きするなんて君かなり淫乱だね?」と言われ、
「お仕置きしてあげる」と言われそのままお風呂場で、バックで犯され、
「淫乱だしこのまま出しちゃうよ?」と言われ膣内射精されました。
「俺のザーメン濃いから奥に出しといてあげるね?」と言われ奥までたっぷり種付されて、腰を激しく振ったままいってしまいました。

「腰振るくらい気持ちよかったんだ? 抜かずにまた濃いの出してあげるよ?」と言われ抜かずにまた奥まで出してもらいました。
「あ~ぁ、ザーメン垂れてこないし見ず知らずの男の子供孕んじゃうかもね?」と言われ、
「もう1発孕ませプレイしてあげる」と言われ、また奥までたっぷり種付されました。

「種付されると興奮するの? 乳首もクリも固くなってるね? そのままベランダに出て、向かいのマンションの人に淫乱マンコ見てもらおうか?」と言われベランダに連れて行かれ、バックで犯されました。
隣のマンションの人が、窓から孕ませ行為を覗いて来たので、Aが、
「淫乱マンコ見られて興奮するだろ? 向かいの人に来てもらおうか?」と言い出しAの部屋に呼び出しました。

隣人Bが、Aの部屋に本当にやってきて
「淫乱マンコ使用していいんですよね?」といいいきなり挿入してきました。
「ザーメン出された後だから犯しやすいな」と言われ、騎乗位で、Bのおちんぽを奥まで自分で入れさせられ、
「おちんぽ生ハメ気持ちいい変態肉便器です」と言わされ
「どうせならケツ穴も使いまわしてやるよ」と言われアナルを舐められて指で広げたあと、
「ケツ穴先だけ入れるから平気そうだったら、ケツ穴奥まで、入れて出すよ?」と言われ、おちんぽの先をアナルに挿入されましたが、
「このままやっぱり、無理やりケツ穴犯すわ」と言われアナルの奥まで挿入されました。
「お尻痛い」と言ったら、Bに、
「汚いケツ穴奥まで掘ってください」と言わされ、痛いのにガンガンに激しくつかれ、アナルにも中出しされました。

AとBとは月に2回くらいあって、孕むまで肉便器奴隷扱いされることになりました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7609
投稿者 絶倫スクワット (47歳 男)
掲載日 2020年4月08日
これは2年前の話です。
もはや、私達夫婦にとっては禁句となった話。
良ければ暇つぶし程度に読んで頂けると幸いです。

ありきたりな結婚生活17年、恋愛期間を含めれば20年の夫婦関係に小さな歪みを感じたのは、何気ない日常の朝の出来事。
朝食の準備をする妻が小声で口ずさむ愉しげなメロディー。
口には出さなかったが驚いた。
私の妻である美雪42歳は大人しく、他人からすればと面白味のない女と捉えられるだろう。
恋愛中からでさえも必要最低限の会話しかなかったから普通で自然だと思っていた。
そんな妻が機嫌良さそうな顔をし歌を口ずさむ、奇妙としか映らない。

朝食は、いつもの和食。
パンとかが嫌いな私に対しての気遣い、いつも感謝はしている。
しかし『いつも』とは違った、おかずが四品、一品多い‥‥‥あさりの佃煮が不信感を醸し出す。

「今日、何かの記念日だった?」
「何もないけど、どうして?」
「いや‥‥おかずが多いなと。」
「売れ残りを安く買えたから。」
「なるほどね。」

納得した素振りをしたが、やっぱり変だ。
妻は値段よりも賞味期限を重要視するタイプだ、売れ残りなんて買うはずはない。
胸の中で渦巻き始めた、おかしな疑問符を伴う違和感を抱えたまま出勤した。
勤務中でも疑念が晴れない。
結婚17年も経てば、愛だの恋だのを口に出す気はないが胸の鼓動が鳴り止まない。
もしかして浮気でもしているのか!?

妻は暗い感じはするが巨乳の部類に入いる。
Fカップ、細身の上に巨乳だから強調されてしまう。
子供がいないからスタイルは崩れていない。
所謂、神ボディというやつだ、後姿はかなりイケている。
顔は地味だが化粧次第では中の上くらいにはなれる。

結局、早退を決めて疑念の解消に動くことにした。

まずは妻がパートで働くスーパーマーケットに行く。
棚に隠れて見ていると黙々と真面目に働く妻がいた。
偶に同僚のおばちゃんとは喋ってもいるが無表情で返す妻に一安心して帰ろうとした時だった。
20代後半くらいだろうか、髪を赤く染めて耳はピアスを幾つもした年齢の割には落ち着きのない若作りの男がバックヤードから出て来た、今風に言えばチャラ男というやつかもしれない。
だが途端に妻の顔が笑顔になった。
2人が親しげに喋っている、それだけでもムカムカしてくるのに、次のチャラ男のした行動に激怒した。
バックヤードに戻ろうとしたチャラ男が妻の尻を客にはわからないように一瞬だけ撫でた。
飛び出して殴ってやろうかと思ったが辞めた。
妻の赤らめた顔を見たからだ。
完全に負けた気になって、その場から逃げ帰った。

その晩の夕食時、妻の口からは相変わらず軽快なメロディが流れている、私の頭は屈辱の真っ最中だった。
箸も進まなかった私に妻が言って来た。

「明日は、前から言っていたパートの人達と懇親会だから遅くなるよ。」
「あっ、そう。」

止めれば良かったかもしれない。
でも尻を撫でられただけ、見方を変えればスキンシップの一環とも考えられる。
気持ちとは裏腹に送り出してしまった。
勿論、当日は会社を早退して惨めに後を着けた。
懇親会は妻の勤務先系列の居酒屋。
普段は掛けない眼鏡で変装して隠れて観ていたが安心した。
見た感じ普通の懇親会のようだ。
一安心して帰ろうとした時だ、チャラ男が妻の隣りに座った。

「◯◯(妻)さんは俺の理想なんすよ。」

ふざけた事をデカい声で喋りながら肩に手を廻し、同僚達からも大笑いされながら茶化されていた。
それだけで殺意を覚える。
だが、その時の妻の顔は悲しいが満更でも無さそうだった。

そして懇親会が終わった。
二次会に向かうのか十数人が離れていき、妻とチャラ男が別方向へと歩き始めた。
妻が帰ると言った時間には余裕がある、私の心臓は余裕もなく鼓動を刻み始めた。
暫く離れて後を着けていると公園に入って行ったのが見えた、最悪な結果が待っていた。
公園には何故かチャラ男がいた。
同僚達に気づかれぬように、わざと別方向に歩いて待ち合わせしていたのか。

「じゃあ行きましょう!」
「本当にするの?」
「当たり前すよ、この日の為に3日も溜めたんすから!」
「今日だけの一回だからね。」

何を溜めたというのだ? いや男なら解り切っている、あれだ。
会話の弾む2人を尻目に離れて後をつける自分が更に惨めになった。
途中でコンビニに立ち寄って、レジ袋を持った二人が二階建てのアパートらしきところに入っていった。
幸いにしてチャラ男の部屋は一階の右端。
裏に廻って窓越しに様子を伺う。

キャキャ、ウフフ!

イチャつく声が聞こえたが、暫くすると‥‥。

あ、あ、あ、あ、ああ~ん、と妻の悩ましい声が。
続けざまにチャラ男の喘ぐ声がガラス戸を突き抜けだ

「いいっす、それ良いすよ! 最高っす!」

何が最高なのか?と思うと同時に苛つきと『どうなっているのか?』とハラハラ感と、部屋の中では淫靡な男女の喘ぎ声が大きくなっていった。
違法行為だが『仕方なく』覗く。
幸いにしてピンク色のカーテンの隙間から覗けたが、不幸も目にした。
妻のFカップでチャラ男にパイズリをしている最中だった。
チャラ男の顔と背筋が仰け反り、妻は挟み込んだナニを圧迫しながら上下させ舌で尿道にチョロチョロと刺激を与えていた。

「凄いっす! ◯◯さん、こんなテクを持ってるって!」
「凄いでしょ、これ旦那も好きなのよ。でも仕込んでくれたのも旦那だけど」
「旦那さん最高っす!」

誇らしいやらムカつくやら、どう思って良いのやら…
私達には子供がいない、どちらかが不妊症なのだろう。
原因を突きとめると、どちらかが傷付くから調べずに諦めた。
でも諦めるまでには、どうしたら出来るのかを追及した時期があった。
人伝てに、性的興奮を得ると出来やすい! なんてのも聞いたからAVを借りて来ては体位や性技を研究しセックスに励んでいた。
おかげでテクニックは上達したが、肝心の子供は出来ず諦めた。
それからは妙に冷めてセックスレスである。
そう思っていたが冷めていたのは私だけ、妻は冷めてはいなかったのかもしれない。

「ああダメっす、これ以上されたら俺‥‥イキそうっす! あっ‥‥イク、イーク!」

妻の大きなオッパイとチャラ男の顔にまで届くほどの精子が放たれて果てた。
チャラ男は1分保たずに妻にイカされてしまった。

「‥‥マジ、凄かったっす!」
「そう良かった。今度は頑張って私を楽しませてね。」

精子に汚れたチャラ男の勢い半分になったナニを気にもせずに妻が頬ばった、寧ろ味わっている! そう思われた。
亀頭外側を唇と吸引で上下させながら幾十も刺激を与える高速技、これも私が仕込んだものだ。

「そ、そ、そんなことされたら俺、ああ~。」

妻の圧倒的な口技にチャラ男のナニは直ぐに臨戦態勢になった。
しかし、その『臨戦態勢』は戦線の構築する間もなく呆気なく崩壊した。

「で、で、出る~!」

あっさりと二度目の射精、妻の喉が『チュ、チュー、チューウ』暫くして『ゴクっ!』と鳴った。

「少しは我慢してよ!」
「ごめんっす。」

どうやらチャラ男のレベルでは妻の相手は不可能のようだ。
よくあるロールプレイング・ゲームに例えると、最初の村を出た直後に檜木の棒で魔王に戦いを挑んでいるみたいなレベルだ。

呆れ顔の妻が呟いた。

「もういいわ、入れて。」
「腰の動きは自信あるんすよ!」

ああ遂に来た、妻が仰向け、正常位の体位になった。
窓ガラスを殴り割って侵入しようかと思った瞬間、先にチャラ男のナニが妻のアソコに侵入してしまった。

「どうすっか? 俺の高速ピストンは?」

チャラ男の腰が勢い良く上下するが単純すぎる。
実際やってみるとわかるが、これは最終的な2人が絶頂を迎えつつある時に使用するものであり、男は気持ちも良いが射精を早くするだけで『楽しむ』という観点からは何の意味もなく、寧ろ不利な状況に自分で追い込んでいるだけだ。
勿論、女性側にとっても十分に準備、すなわち濡れてもいない状況での高速ピストン、痛いだけだ。

「◯◯さん、気持ちいい!」
「痛い、痛い、もっとゆったりと!」
「ああ、ああ、イク!」

これまた、あっさり暴発。
チャラ男の恍惚とした顔と妻の白けた顔が目に入った。

それからはチャラ男は喜びに包まれ、妻はさっさと服を着た。

「また、お願いしていいっすか?」
「もう二度と御免だわ。」

セックスレスからの若さを求めての浮気。
しかし、それは満足出来るものではなく、より不満を溜めただけ。
妻の表情からは、ありありとわかった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7608
投稿者 Peternorth (33歳 男)
掲載日 2020年4月07日
コロナ影響で暇を持て余してデートクラブに登録する極上CAが多くて嬉しいこの頃です。
卒業したばかりの元JK娘を食いまくってましたが、少し熟れた牝を味わいたくなり、懇意にしているデートクラブの担当から極上CA紹介してもらい、乱交仲間の友人♂(元ホストの金融業、風俗経営者、ラブホ経営者)と3泊楽しんできました。
デートクラブでも裏メニューでの性癖調査で、精力強い♂を求めてる娘を4人ピックアップしてもらったのですが、いずれも美人&巨乳&美肌、しかも、乱交や、巨根&精力強い絶倫に興味ありの項目にチェックしてる娘達、年齢は27~31の女ざかりです。
顔もいずれも美人ですが濃いめでいかにもエロそうなCA。
最近のこういう情勢なのでより一層選りすぐりの上玉がそろってたみたいで、たまりません。。

交際メニューでも、即ホテルをにおわせる趣向でも全然OKな回答の娘達、うまい具合に♂4人の好みが分かれ、それぞれ最初は個別に食事に誘いしたが、CA4人vs♂4人合コンしようと変更、軽く食事しましたが、エロトークが大いに盛り上がり、精力の強さやプレイを話し合い、スケベCA達はキャッキャいいながらノリノリ。。ミニスカやタイトスカートの美脚をモジモジすり合わせながら、どの♂も最低10回、調子よければ20回近く連続でできることをうっとりしながら聞いてました。
で、ゴルフ行って、グランピングで有名な〇〇リゾートでバーベキューしようということになりました。
が、さらに乱交を提案。
エェ~ ヤダァ~ とか言いながらもノリノリで、結局OKさせました。

♂4人がピックアップしてゴルフに向かいましたが、♂達はいずれも運転中からパートナーのCAに手マンし、ローターをパンティに仕込み、そのままラウンドするよう命令。
ショットの時にわざと遠隔ローターのスイッチを入れたり悪戯したり、ショット待ちのときに屋外なのにグチョグチョになったパンティの上から愛液しゃぶり、「おおぉ!Kちゃんの愛液、美味いよ!」と大声で言って羞恥攻めしたり、パートナー交換しあって愛液を味見しあったり。。
プレー中も禍々しいいかにもなパッケージの精力ドリンクをカートに積んで、♂は錠剤の精力剤を一緒に次々飲み干し、CA達はパンパンになってる股間をチラ見しながらますます愛液を湧きあがらせてました。

18番ホール回ったころにはCA達はもうハメたくてたまらない状態、さっそく〇〇リゾートへ移動し、乱交開始。
まず、当然ですが、コンドームは使わないよ宣言。
CA達は面食らいながらも、アフターピルを提示されてあっさりOK、持ってこさせたCA制服着せ、肉弾戦開始です。
まずはノーマルに4組見せ合いながらハメますが、当然ですが、4発、5発と抜かずの精子と愛液かきまぜてメレンゲを作る濃厚セックスに移行、、小休止で、オマンコにためたメレンゲをカクテルグラスに移して量を見せ合いっこ。
そこに、強壮剤を加えて混ぜ、♂達は飲み干し、牝のオマンコにも催淫クリームを塗りこみ、お返しにホルモン剤入り強壮クリームを睾丸に塗り込んでもらい、さらに、CA娘たちがびっくりして引くほど強壮剤をがぶ飲み。
そしてパートナー交換してプレイ再開。
再び3時間ほどメレンゲ作り、カクテルグラスに濃厚なミルクと愛液の混合物を溜めて量を比較、また、強壮剤を加えて♂が飲み干す。
それを4回繰替えし、一番相性のいいパートナーを確認。
最初のパートナーとはそれぞれ異なる組み合わせが性器の相性が良く、そこから2時間ほど休憩。バーベキューといっても、大量の牡蠣と白子、貝類メインの食事をして、それぞれのパートナーのCAが、♂にたっぷり食べさせてくれます。
なぜなら、そこから翌朝までで、一番射精回数多かったCAには50万プレゼントの賞金付きなので、、CA達は「ねえ、ナオさん、朝までメチャクチャに愛してミルク頂戴」とか、おねだりしながらしっかりと強壮クリームを睾丸に塗り込み、口移しで強壮剤のませたり競うように濃厚奉仕。。
極上サービスで♂達は文字通り睾丸をビクビクさせ狂ったように欲望ミルク量産・・

朝まで力尽きるまで乱交でハメ狂いましたが、そこで終わらないのが変態♂紳士4人です。。
淫汁まみれの美女たちをシャワーさせてキレイにしてから、ソファーに座らせ、有無をいわせず高級パンティの上から電マで愛液をたっぷりあふれさせ、アクメに悶える美女をそのままにパンティしゃぶり、牡蠣を食し、強壮剤がぶ飲み、またセックスに持ち込み、そのまま夕方まで、時折パートナーを交換しながらグチャグチャに貪りました。

アクメ漬けにすると欲望が開花されるのが生まれながらにいやらしい極上牝で、最初はもう無理、、と抵抗していたのが、、「もう、凄すぎる・・ああ・・殺して。アクメ漬けにしてイキ殺して」「すごい!すごい!ああ、、幸せぇ。。ねえ、もう愛人にしてセックス漬けにしてよ」とおねだりまではじめてしまいました。

夕方までハメて、全員力尽きましたが、そこから6時間ほど爆睡した後、また、淫乱CAに奉仕させながら強壮剤がぶ飲み&回春料理をたいらげ、ふたたび次の昼までハメ狂い。。部屋中、精子まみれのティッシュで埋め尽くし、CA制服もそれぞれ5着もってこさせた高級下着も全部精子まみれでした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル
タグ: , ,
1 2 3 4 5 6 43
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)