中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)
投稿No.7721
投稿者 康之 (39歳 男)
掲載日 2020年9月14日
投稿No.7628の投稿の続き。

浩子と同じく、5年ほど前からの同じ遊び仲間である佑子(37歳)。
ずっと独身だが、結婚や出産への願望は強い。
お互いに男女を意識することもないためか、年に数回だが2人きりで近隣に遊びに出かけることもある間柄。

今年5月末のこと、駅でばったりスーツ姿の佑子と遭遇。
聞けば新型コロナの影響もあって転職を決め、今から新しい会社の面接に向かうということだったが、これまで度の強い眼鏡とジーンズ姿しか見たことがなかった佑子が、
「面接なんで、こんな格好をしているんですよ」と、コンタクトの奥から無邪気に笑いかける笑顔を見た時、「こんなに可愛いかったのか」と脳に電流が流れたような衝撃が走り、
「ビックリした。と、とりあえず頑張って」と思わず肩をつかんでいた。

それなりの倍率だったようだが、結果は見事に採用が決まり、連絡を貰ったこともあって、6月半ばにお祝いのケーキを買い、佑子のアパートへと向かった。
一人暮らしをしているのは佑子だけなので、仲間と集まる時はよく佑子の部屋を利用しているのだ。
ただ、自分1人だけで訪問するのは初めてだったのと、遊び仲間とはいえ女性の一人暮らしなので玄関先でケーキだけ渡して帰るつもりで、ドアから顔を出した佑子にケーキを差し出し、しばらく立ち話していると、
「せっかくだからコーヒーでも」と言われ、
「これでも自分は男だから、玄関は開けておくよ。長居しないから」と告げて、遠慮しながらも上がり込んだ。
ふと気づけば2時間近くも話し込んでしまい、「そろそろ帰る」と玄関で靴を履き、
「じゃあ」と佑子を見ると、佑子はにこやかな表情で自分をずっと見つめている。
なんとなく、2人でしばし見つめ合う格好になったが、佑子が眼をそらず素振りがなく、吸い込まれるような視線に、つい佑子の手を握り、
「慣れるまで大変だろうけど、しっかり頑張って」
「うん。ちゃんと見守っててくださいね」と答えるが、握ったままの手は緩めない。

「なんか恥ずかしいね」と言いながらも、思わず佑子を抱きしめてしまい、
「ごめん」と体を離そうとするが、佑子は自分の背中に手を回したまま、胸に顔をうずめている。
思考が停止しながらも、後ろ手に玄関のドアを閉め、佑子の目を見ながら黙ってキスをすると、佑子も目を閉じて少し舌を絡ませてきた。
「いいの?」
「うん」

再び部屋に上がって抱きしめながら今度は長めのキス。
「どう言っていいのか分からないけど、とりあえずシャワー借りる」と告げて浴室へ。
色々な妄想をしつつ、体を洗って浴室から出ると、タオルが置いてあり、部屋は暗くなっていた。
「私も」と入れ替わりに佑子が浴室へ。
ベッドで待っていると、シャワーを終えた佑子も隣に座る。
少し気恥ずかしい思いもあり、「なんか不思議な感じだね」と抱き寄せて横になる。
首筋、胸へ、そして下半身へと舌を這わせ、ソープと女性の香りが入り混じったような香りを味わうと、喘ぎながらも「恥ずかしい」と佑子。
たっぷりと時間をかけて愛撫し、ゴムなどないのでそのまま佑子の生膣へ。
華奢な身体というのもあるが、恥骨が当たるのか、狭いという感覚とも違う、なんとも言えないような感触の気持ち良さ。
暗闇の中で苦悶の表情を浮かべ、アパートということで声を押し殺している佑子に「大丈夫?」と聞くと、黙ってうなずく。
やがて下半身の感覚が限界に達し、我慢できず佑子の奥深くにそのまま発射。
しまったと思い、「ごめん」と体を離そうとしても、佑子は抱きついた腕を離さない。
「凄くよかったから間に合わなかった」
「こんな感じなんだ。なんかちょっと温かいかも」
「中に出すのは初めて?」
「実は初めて」
「まあ、普通は出す方も覚悟がいるからね」
「うううん。するのが初めて」
「えっ?」と驚いて体を離そうとするが、佑子は抱きついたまま。

深く事情を聞く話ではなかったが、皮膚が弱くアレルギーを持っていた佑子は、人前で体を晒すのにずっと抵抗があった。
長年にわたるスキンケアでようやく肌が落ち着いてきた時には30半ばになっていて、この歳で経験がないとなると、焦る以上に恥ずかしさが先に立ったそうだ。
それでも初めての時は優しくして貰いたいなと思っているうちに、今の年齢になってしまったという。
「自分なんかでよかったの?」
「うん。靖之なら絶対に優しくしてくれると思った」
「痛くなかった?」
「最初はなんか変な感じがしたけど、痛くなかったし、今も何か入っているみたい」

佑子の話に驚きながらも、身体は正直なもので愚息は大きくなってきたので再び一つに。
2回目とはいえ、激しい動きは控えて腰を振り続けると、先ほどよりは佑子の喘ぎ声も少し大きくなる。
今日は安全日なんだろうかと頭をよぎるが、欲望には勝てず、「佑子―っ」と叫んで、再び奥に発射。
いくら経験がなかったとはいえ、中出しがどういうことかくらい分かるはずだが、佑子は何も言わなかった。

こういう関係になって2ヶ月以上が経過し、ほぼ週イチのペースで仕事帰りに佑子のアパートに寄り、手料理を食べてベッドを共にする仲に。
経験のなかったフェラチオも、まだぎこちないが少しづつ仕込んだおかげで、最近では飲み干してくれるまでに成長。
最初が中出しだったこともあるのか、今でも行為はいつも中出し。
同時に付き合っている浩子には、堂々と中出しができないので佑子の存在は貴重だ。
2度目の生理があったからまだ妊娠の兆候はないが、佑子自身で管理しているのか、そこは深く追求していない。
ただ、子供が欲しいという話を以前からしていることは頭の片隅にはあり、間もなく38歳になる佑子の本心をそろそろ確かめねばと思いつつも、生膣と中出しの誘惑にはやはり勝てない。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ:
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]

コメント

  1. ともあき

    結婚は考えているのですか?

    • 靖之

      自分には家庭があるので不安があるんです。

  2. 奈緒子

    38歳だとたぶんに女性的にはラストチャンス狙いかもしれないですよー。
    妊娠できるカラダじゃないのならいいのかも知れないけどふつうに生理あるんだったら
    ラストチャンス狙いかもしれませんね、想像ですけど。

    • 靖之

      そうなんですよね。
      欲望に任せてはいけないとは分かっているのですが、やはり誘惑に勝てず、連休中もついそのまま出してしまいました。

  3. 浮浪雲

    分かる気もします、生は本当に良いから。

  4. 浮浪雲

    チン毛と、マン毛のこすれあいがまた良いんだ

    • 靖之

      今日こそは外にって思ってても、射精感が高まってくるとどうでもよくなり、出した後に後悔って繰り返しです。

  5. toshi

    処女からの調教的な行為、羨ましい限り。
    家庭があるのを承知での関係なら、佑子さんが孕んでも一人で何とかするのでは?

    • 靖之

      さすがにそれは怖いものがあります。
      中出し自体が無責任であるのは分かってても、欲望との葛藤ですかね。

  6. 中出し小僧

    中出しももちろんですが、僕は飲んでもらうのも大好き。
    特に苦しそうな表情で嫌々ながら、それでも飲み干した時の表情が好きです。

  7. 靖之

    初めて口内に出した時は、さすがにウッとなって動きも止まりました。
    2回目はそのまま飲んで貰ったものの、苦い表情に申し訳ない気持ちの方が先に立ち、でもそれ以上の快感が得られたのも事実です。

コメントを残す

  • 管理人による承認制を取らせていただいているため、投稿コメントはリアルタイムで掲載されません。
  • 投稿コメントは管理人の判断で非承認とさせていただく場合があります。
    また、一度承認されたコメントであっても後に非承認とさせていただく場合があります。
  • 風俗体験談では、「店名を教えて!」「どこにあるの?」等、風俗店の特定につながる質問はご遠慮ください。
  • その他注意事項等はこちらをご覧ください。
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)