中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)

新着中出し体験談

シンママは弱い立場  いいね!66件
箱ヘルチャレンジ  いいね!94件
海で二人組ナンパ、勢いで3P  いいね!89件
30年前のこと  いいね!80件
まゆみ  いいね!72件
» 中出し体験談一覧へ

いいね!ベスト5

フルーチェ  いいね!4489件
RG500Γ  いいね!3689件
素人人妻みきえ  いいね!3442件
繁殖専用の孕み肉便器  いいね!2926件
まほ3  いいね!2724件
» いいね!一覧へ
投稿No.7582
投稿者 みんなのパパ (45歳 男)
掲載日 2020年1月27日
2人目は派遣の19歳の子。
元ヤンシングルマザーの家庭に育つ。
中卒で夜間の高校出て更生して派遣に。
夢は正社員になって仕送り。
めちゃくちゃ素直で頑張り屋で良い子。

ギャルだったけど、かわいいし小柄でゆきぽよ系の身体付きだった。
顔も童顔で可愛かった。
とにかく、なんでもすぐ信じる子で、よく人に騙されるのが悩みだと言っていた。

馬鹿そうだからすぐヤレそうだなと思ったが、やっぱりすぐヤレた。
会社終わりに仕事を教えると言って、家に上がり込んで流れで押し倒した。
一応いやいやしてたけど「正社員にしてあげる」と言うと大人しく股を開いた。
生挿入したら観念したのか、快楽が勝ったのか、スケベなのかアンアン大声で喘ぎだして、上に乗せたら自ら腰を振り始めたからそのまま中出ししたが、気づかずにイクまで腰をグリグリしてた。
パイパンだったからヤリマンかと思ったが、締まりの良いアソコだったし、エッチは2年ぶりと言っていた。

それからは毎晩、どちらかの家でハメハメした。
歩く肉便器で、呼べばノーパンノーブラですぐ来るし、行けばパンツを脱いで待ってるような素直な子だった。
土日は泊まりでハメハメした。
二カ月くらいしたら生理が来ないと言い出して、流石に焦りだし、こっちも飽きてきたからセックスしなくなった。

一応がんばってくれたお礼に正社員になれるように推薦したら、採用になった。
私としなくなってから、社長からもセックスを迫られて、ハメられまくったらしいが、穴が良かったからだろう。正社員になった。
それから、社長に抱かれる日々を過ごし、程なくして妊娠して辞めさせられた。
タイミング的にまあ、私の子だろうが、社長からたくさん退職金という名の口止め料と手切れ金を貰って実家に帰っていった。
同僚の話によると産んだらしい。

三人目は新人デリヘル嬢体験初日の一発目をラッキーでゲット。
18歳、大学一年生。
仕送りがないからお金の為に挑戦。
本当に真面目な優等生。
顔も身体も乃木坂の生駒里奈そっくりの田舎娘。
男性経験1人、セックスは一回だけしかしたことないほぼ処女。

180分徹底的に全身アナルの中まで舐めまわし、逆に全身アナルまで舐めさせて、散々咥えさせてローション塗りたくって、無許可生挿入。
めちゃくちゃ痛がって、ビックリしてたけど、この仕事はこういうことするんだよ。頑張らなきゃダメだよ。って嘘を教えて、キツキツの穴にズボズボ挿れたり出したりしながら、その様子を見せつけながら、無言中出し。
ゆっくり抜くと、ザーメンが遅れてトロトロ流れ出してきて、「あ、え?中に出しました?」と聞かれ「うん」と返事すると、引きつった笑顔で平静を装いながら「シャワーいいですか?」と聞くや否や、青ざめた顔でシャワーに駆け込む。

達成感と征服感を感じながら、二発目を計画しながら、のんびりと休憩。
なかなか出てこないから、迎えに行くと、ウォシュレットで泣きながら膣内洗浄してた。
「大丈夫だよ。簡単にはできないから」と説き伏せて、再度ベッドに寝かせてクンニ。

精子残ってないか見るねといい、穴を指でいじりながら、奥に残ったザーメンをかき出し、乾いた入り口付近に塗り込み、再度挿れやすくする。
頃合いを見て、再び挿入。
驚く小柄な少女をガッチリ抱きかかえて、動けなくしてからガンガン突く。
ひたすら高速ピストンして、再び無許可中出し。
1回目より沢山出た。
ドピュ、ドピュ、ドピュ、ピュ…ドピュ。
自分でも驚くくらいしつこく膣奥にザーメン中出しした。

2回目はさすがに無言でシャワーに走り、鍵をかけて30分くらい出て来なかった。
ドアを開けるように説得して、話し合った。
お詫びに一万円を払ってアフターピルを処方して貰うことで許して貰えることになった。
となれば、せっかくだからもう一回中出ししなきゃ損だと思い、クンニして濡らしてから再挿入。
3回目はもう無抵抗で目が死んでた。
ゴム人形とヤってるみたいで興味深かった。
もちろん中出し。
出した瞬間、ビクってして、腕で目を覆っていた。
抜いてザーメンが逆流するまで脚を押し広げて観察していた。
飽きて手を離すと、しばらく力なくグッタリしていたが、むくりと起き上がると時計を見て「すみません。もう、無理です。もう帰っていいですか?」と尋ねる。
時間はあと20分くらいあったけど、もう出せないし「いいよ」と答えてシャワーに行かせる。

絶望的な表情をして、のそのそと下着を付けて服を着る。
店に電話するも、迎えに時間がかかるから、まだ出ないでと言われ、絶望的な顔で背中を向けながら部屋の隅にうずくまる。
暇だから後ろからオッパイを揉みしだく。
チョット硬くなってきたから、咥えさせて、軽くイラマチオしたらむせた。

「もう嫌だ…本当に」と言って完全に心を閉ざして、こちらを睨み付けた。
流石にこれはヤバいと思い、後でお金沢山あげるから怒らないで。店終わったらまたこの部屋においで。ATMで下ろしてからお小遣いあげるから。と説き伏せてから返した。

すぐに店から電話が来て「なんかありました?女の子、辞めるって泣いてるんですけど?」と言われ、即日出禁になった。
体験初日、一本目で三発中出しされて店を辞めた生駒ちゃん。

女ってすごいな。って思ったのは、店を辞めてすぐに本当に私の部屋にお金を貰いにきたこと。
大人しい子だから、絶対来ないだろうと思ってた。
だから、お金を用意してなくて、一緒にコンビニに歩いた。
道中、「ごめんね。好きだから付き合いたくて、自分のものにしたくてセックスした」と謝ると、「本当ならお金要らないんで、責任とってください」と真剣な目で言われた。

その強さに惹かれて本当に付き合った。
しばらく同棲して、生でセックスしまくって、学費は全部出してあげて、妊娠したけど話し合ってやっぱり堕した。
堕した帰りに別れを告げられた。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7581
投稿者 みんなのパパ (41歳 男)
掲載日 2020年1月26日
始めに言っておきますが、これは全部実話です。
私は現在進行形で最低最悪の行為をしている。
悪いとはわかっていても辞められないし、こうして書いている今も一人一人思い出して興奮して勃起している。
善悪の判断を読み手に委ねる必要もなく私は悪だし、これからも辞められないと思う。
誰にも言えないから、吐き出しますね。

私はソープがあまり好きでない。
プロっぽい子が多く、ゴム着が多いし、韓デリや中洲のNN店は病気が怖い。
若くて素人が多いデリヘルが好きだ。
十代の学生でバイト感覚で始めて数ヶ月以内の新人が大好物だ。
多分まだ病気もないだろうし、十代の使い込まれていない素人肉穴に生挿入するのは最高に気持ち良い。
大学行ってない子や、男性経験が少ない子ほど流れで生挿入しやすい。
或いは、気弱で断りきれない子を選ぶ。

入る一週間前からオナ禁して、亜鉛やマカ、エビオスなどをオーバードーズして精子をパンパンに貯めて、ストレッチ、スクワットして当日はカマグラを飲んで、狙いすました新人の子をホテルで待つ。
今までに、500人近い女を抱いてきた。
ほとんどが風俗嬢で挿入できなかった子も半分くらいはいる。
中出しを始めてしたのが25歳の頃だが、狂ったように中出しに取り憑かれたのは35歳を過ぎてからだ。
特に十代のいたいけな素人のキツキツ小穴を生肉棒でいたぶって、誰にも中出しされたことのない無垢な膣内に、無慈悲なくらい大量のおじさんザーメンを注ぎ込んで妊娠させる最低最悪の行為にしか興奮出来なくなった。

自分でも最低の行為だと分かっているが、やめられない。
確実に妊娠させた子は十人いる。
全員18~19歳。十代の子の穴は全然違う。
本当に気持ちが良い。
素人2人、デリヘル嬢8人だ。
素人は会社の19歳派遣さんに正社員採用をチラつかせて、ほぼ毎晩ホテルに連れ込み、生でやりまくった。
毎日飽きるまで中出しした。
正社員にしてあげたが、バッチリ妊娠してすぐに辞めてしまった。

あと一人は家出少女を出張先の富山駅前で拾った。
最終の新幹線で東京に戻ろうとしたら、駅前で「お金貸してください」と明らかな未成年に声をかけられて、事情を聞くと17歳で、新潟から家出中。
高校はいじめで中退したという。
東京に逃げたくて誰か探してるが、誰も相手してくれないという。
迷いに迷ったが、性欲が勝り、拾って新幹線に乗せた。
車内では警察に捕まるのではとドキドキして、会話出来なかった。
駅からタクシーでウチに連れ帰ってやっと一安心。大人しく着いてきた。

シャワー浴びさせてる最中にカバンを開けて身元確認した。
原付の免許証と保険証と学生証も入ってた。
全部没収して、質問責めにした。
大人しくて根暗で、手首にはリスカの跡がある、アニオタだったが、ロリロリで顔は、あのちゃんという地下アイドル?に似ててまあ可愛かったし、ガリだけどオッパイがDくらいあった。
色は真っ白。脱がせたらチクビもアソコもピンク。
明後日で18歳になる子だったから、18歳になった瞬間に犯そうとチンポをギンギンにして、1日半手を出さなかった。
ヤられるのは観念していたようだった。

深夜12時になった瞬間、夜這いした。
あ、いや、と抵抗したけど、押さえつけながらチクビとアソコをむしゃぶるようにナメナメしたら、小さく感じだして、最後は大人しく諦めたように股を開いた。
ヌルリと肉棒を生で挿入していく。
根元まで入れた時には脳天に電流が走るくらいの快感と興奮で満ちていた。
使い込まれてない無垢な小穴を征服した快感。
震えながら涙ぐむいたいけな少女を力で蹂躙する興奮。
そして、これから毎日、たっぷりザーメンを中出しして妊娠させることを想像して、肉棒は少女の膣内で一層に膨張した。

少女は目をつぶって、私の変態的なねぶるような腰の動きと、膣内をいたぶる怒張した私の生肉棒の硬さと乱暴な動きにただ耐えていた。
私はその表情を観察しながら、ベロベロにディープキスを執拗にしながら、首筋に吸い付き、キスマークを何個もつけながら、耳元で「中に出すよ~」「中出しするね」と何十回も言い聞かせながら、宣言通りに中出しを繰り返した。
毎日、毎日。朝も昼も夜も関係なく、したくなった時にパンツを脱がせて挿れて中に出す。
終わったらお掃除フェラ。
二週間毎日毎日それを繰り返した。

ストックホルムシンドロームか知らないが、一週間を過ぎた頃から、家出少女は私に懐き、媚びて、自ら跪いて私の肉棒を舐めたり、自らパンツを脱いで四つん這いになって性的奉仕をするようになった。
そうなると、逆につまらなくなって、コスプレもたくさん試したし、アナルも挿れたし、青姦もしたけど、完全に飽きたし、新規で十代の新人デリヘル嬢を見つけて、中出しできたので、家出少女が鬱陶しくなってきて、家に帰るように説得した。

1日3回は中出ししてたから、二週間ちょいで50発くらいは中出しした。
一回千円として、五万円握らせて東京駅まで送った。
別れ際ギリギリまで手を握って離さないから可愛そうになって、駅の多目的トイレで咥えさせてから二回中出ししてやった。
泣きながら新幹線に乗り、窓からずっとこっちを見ていた。
その後は知らないけど妊娠した手応えはあった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:セフレ・愛人
投稿No.7580
投稿者 としお (41歳 男)
掲載日 2020年1月25日
12月の京都旅行で、こうなるのかな、と思っていたから何も後悔なんかしていません。
でも、お酒の力だったとはおっしゃらないでね。心から私を愛し求めていたのだと、ね。この記念すべき日を永遠に忘れません 。2月10日。

これは、妻が結婚以来、初めて12も若い男性教師と性交した夜の件です。
この夜のことは、よく覚えています。
妻が初めて朝帰りしたからです。正確には、朝、3時ですが。
その時は、寝たふりをしていました。建国記念日の夜、夫婦生活を求めました。
行為が高まってきたころを見計らって、昨夜、といっても今朝方ですが、誰と会っていたの?
妻は、野沢君と呑んでいて遅くなっちゃった。
やっただろう。自分でもどぎつい言い方だと思った。
妻は、「そんなこと言わないで、やりたくないからしないしない」
しかし、ボクは、その朝、早くトイレに入ったついでに、洗濯機に放り込んであった妻の下着を検分してしまいました。
妻たちは、避妊具を装着していなかったのだ。
昨夜の証拠品がべっとり付着していました。
見つけてから、何かホットしたというか安心した気持ちになったのはどういう分けだろうか。自分が予想した通りのことが目の前にあったからだろうか。

妻は、小柄でいつも笑顔を絶やさず、話し好きで人を逸らさない、いわゆる男好きのするタイプです。
結婚するときに、それだけが心配の種でもありました。
妻は、小学校の教師で音楽が専科。若い彼は、美術が専科で同じ学校に勤めている。
彼、野沢君が転任してきた日に、妻は、背が高く、低音の声に魅力を感じたと言います。
二人が性交するようになって、すぐ交換日記を付け始めたのです。
タンスの一カ所が開かないので、何かおかしいなと思いました。鍵を探しました。針箱の中に見つけました。
タンスの中に、大学ノートと一緒に、野沢君の写真が沢山挟まっていました。

交換日記には、最初の一週間は、妻と野沢君が交互に書いてありました。
そのあとは、妻だけが書いてあります。あからさまに書いてあるわけではありませんが、これは、性交日記といえるものです。
初めて、これを読んだ時、嫉妬に狂い、怒りもこみ上げてきました。
しかし、不思議です。愛しの妻、誰にも指一本触らせるものか、不倫など以ての外、そう思って約十年。妻が他の男と性交していた!! 自分でも信じられません。激しい興奮に駆られたのです。
いつも見ている妻の秘部に野沢君の一物(あとで、それは、逸物だと分かったが)が入り込んだのだ 。そう思う瞬間には、右手で膨れ上がったペニスをズボンから引きずり出して、激しくしごいていました。(妻は、野沢のチンボウを入れたんだ、本当は、内緒の京都旅行の時もやってもらいたかったんだ)、怒りや嫉妬よりも興奮している自分に呆れていました。

初めてのその夜は、建国記念日の前夜でした。
妻は、朝、3時頃帰ってきましたから、建国記念日になっていたわけです。
今年もあと20日足らずでその日がきます。
その日の交換日記には、前段があります。

 明日、休日(建国記念日)なので、いつも行く居酒屋・いろはへ呑みに。あなたが、きょうは呑んでいいよっていうので、すっかり酔ってしまって……。
 タクシーに乗ったとき、酔いを覚ましたいから休める所へ行って、それだけ言ったら訳がわからなくなっちゃって……。

そして、冒頭部分へ続くわけです。
それから妻たちは、4月初めまでは、ラブホで逢瀬を重ねています。

  早く帰ろうねと言ったのに、またお部屋へ行ってしまい……、でも、わたし、そうして欲しかったから……。
 (終業式の夜)最後の夜でもないのに、乱れて恥ずかしかったです。激情は、心とは関係なしに波のように押し寄せてきて、それを止めようがなかったです。

4月、ささやかながらわが家を建てていて、家移りしました。
妻は、引っ越しの手伝いを野沢君にも頼んでいました。
その少しばかりの祝宴をしました。
妻は、彼に、
「きょうは、1日、お手伝い、お疲れさんでした」
そういいながら、野沢君にビールを勧めていました。
ボクも、若者に杯を勧めて、労をねぎらいました。
ボクは、明日、仕事が早くからあるので、二階の寝室へ、一足早く上がりました。
実は、この時点では、妻と野沢君が深い関係になっていることの確証はありませんでした。
交換日記をタンスに見つけたのは、もっと先のことでした。
確かに二月に朝帰りはしていたのですが、それ以後のことは、交換日記を探し出すまでは、はっきりしませんでした。

後日、交換日記を見つけて驚きました。
借家から引っ越してきたこの夜、ボクが二階へ上がってから、妻と若者は、性交していたのです。

 ビールが利いてしまい、あなたにもたれ掛かってしまいました。二階が気になるからって言うのに、抵抗できませんでした。あなたに、自然に溶け込んでしまいました。(四月三日)

と交換日記にあります。
新築したばかりの家で、妻たちは、ボクより先に性交していたのです。
多分コンドームもはめないで生で中出ししていたに違いないのです。

そして、新学期が始まりました。
若者は、毎日のように新築したばかりの家に遊びに来るようになりました。
ラブホを使うようなことはありません。まるで、わが家がスイートホームになってしまいました。

四月、新学期になって、桜が満開の時期でした。
妻が、
「明日は、生徒たちが遊びに来るから、花見にでも行ってちょうだい」
私たち夫婦には、幼い娘が二人あります。
二人を連れて、近くのお寺へ花見に行きました。

生徒たち八人きたといいます。その引率を野沢君がしたのです。
この日のことは、

 生徒には、二階で遊んでもらい、あなたには、客間で休んでもらいました。

と、あって、妻は生徒たちにお菓子やジュースを出したりしてから客間を覗くと、彼は眠っていたという。

 あなたが眠っていたので私も横へ入りたくなってさ、そうしたら狸寝入りでさ、お布団の中へ引きずり込まれてしまって、タヌキに化かされちゃってさ、そんな夢のようなことを思っていたら、あなたって、もう逃げられないよ、だって。お布団剥いじゃってさ、生徒に開けられたらどうしようって、身を縮めていたのよ。
 昼間は、恥ずかしいけど、また真昼の夢を見させてくださいね。

妻たちのやったであろう、全ての性行為を想像してしまいました。
布団へ引きずり込んで妻の胸を弄ばれ、左右とも吸われ、揉まれたに違いない。チュウチュウ吸われる音まで聞こえてきます。
あとでもって書きますが、野沢の陰茎は、超巨根です。そのことがボクの脳天を打ち砕きます。妻にそんなものが出入りしているのかと。
彼は、その時、布団を払い退けて、真っ裸の妻を犯したのだ。
挿入の前に、超巨根をしゃぶらせたに違いない。
妻は、クンニしない男は、男じゃない、といいます。妻から催促したに違いない。
本行為は、妻の方から、膝を着いて、後ろからせがんだに決まっています。
よく、生徒が教師である妻を呼びに来なかったものだ。
また真昼の夢を見させて下さいか………。

ボクとはどうなっているのかって。
野沢君は、妻へ、旦那とはやるなと、日記に書いています。
正直、妻の不倫を知ってからというもの、遠ざけていました。法律用語で、夫以外の男と性交する妻のことを汚妻(おさい)っていうことを知りました。汚れた妻か、と思いました。
変な話ですが、妻は、彼と性交しても、どうかすると、体がくすぶるというか、不完全燃焼になることがあるようです。
そんなときは、ボクの横へ滑り込んできて、何やらもじもじしています。
妻は、自分のことを、「汚い?」っていいながら擦りよってきます。
妻を爆発させることは、訳はありません。
妻は、クリトリスよりも、膣の入り口のクンニで分けなく絶頂へいきます。ペニスは、おまけ程度です。
妻が彼にもその感どころを教えたかどうかは、分かりません。

ある夜、余りにも頻繁に家に来る彼に、
「もう遅いから、帰った方がいいよ」と促しました。
彼は、キットなってこちらを睨みつけました。
「やべぇことはしてねぇよ」
そういって、居座ったままでした。
ボクは、その日から、妻たちを聞き耳を立てるようになりました。
ボクは、末摘花という川柳の本を好きで読んでいます。

話し声止んだ頃に妻許し

妻許しは、下女許しかも知れない。
うまいこと詠むものだと変に感心しています。妻がどんな目にあっているかも知らないで。
どんな物音をも聞き漏らさないぞとばかりに、耳をそばだてていました。
今、何をしているのだろうか、と思うと気が気ではありません。
まだだろうか、それとももう進んだのだろうか、などと妄想ばかりが過ぎります。
妻は、ペニスが挿入される瞬間には必ず「ウーン」と呻き声を上げます。
野沢君のは巨大ですからより大きい声を上げます。
この瞬間を逃してしまうと、余計に、内緒で性交されているようで辛い気持ちになります。
変ですが、妻たちが、ハッキリ性交しているのが分かると安心できます。
自分の女房が他の男にやられて、安心もない、というでしょうが、本当だから仕方がありません。

妻は、彼と性交を深めていくうちに、「あなたの愛の結晶を欲しい」と彼との間の子供を欲しがるようになりました。
妻は、彼と性交するときにコンドームは、はめないで生で射精させているようでした。
ただ、殺精子剤を入れていました。私との時も使用していました。
性交五分前に膣の奥へ入れて子宮口に泡立たせるものです。
こうすれば、彼に邪魔なものを着けて、お互いの快美感を損なうことはないということです。
但し、妊娠率が二割近くあるそうで万全とは言えない。
妻が殺精子剤を入れたら、五分後には、彼の巨根を挿入するのかと思うと、激しい嫉妬心がムラムラ湧いてきます。
妻たちは、ボクが二人のことを感づいていることを、うすうす知っているようでした。

 夫が私たちのことを感づいているみたいよ。
 それならそれでいいじゃない。付き合わせて下さいと、言ってみたら。なんだったら、オレが言ってやろうか。

ボクは、弱いとつくづく思い知りました。

ある夜、二人は、ガウンを羽織って居間にくつろいでいました。
ボクは、彼が目に余るようになったので、今度こそ、ハッキリ言って、帰ってもらおうと思いました。
「今夜は、もう遅いから、帰ってよ」
野沢君は、睨みつけて、むっとした顔をしていました。
その瞬間彼は、妻を押し倒して抱き寄せてしまったのです。
「淳子はもうオレのものだ」
そう言ったかと思うと、もう何回目だよな、とか、淳子は、オレでなくちゃダメだって、と考えられないようなことをいうのです。
ボクが来るときまで、二人は性交中だったに違いない。ガウンの下は何も着けていませんでしたから。
この時、彼の怖ろしい代物を目にしました。
妻は、止めて止めて、残酷だから………。
そう言いながらも、妻は、彼の首に両腕をしっかり回していました。
ボクは、居間の入り口にへたり込んでわなわなしていました。

彼が帰ってから、
「あなた、ごめんなさい、今までのこと許してください」
妻は、泣きいらんばかりに、あやまりました。
この言葉を聞いた時に、夫婦交際(スワップ)で、やっと奥さんがよそのご夫婦と交際したときに、「あなたごめんなさい」と謝るのを思い浮かべていました。
奥さんは、お相手のご主人と紛れもなく性交してきたわけです。
妻のごめんなさいは、決定的ですから、元へ戻しようがありません。
世の中に、妻のよその男との性交を許す夫は存在するのかと思いました。
たまたま書店で見た交際誌を読んで、驚きました。そして興奮しました。
自分の女房を他人の男に抱かせる人がこんなにもいるのかと驚きました。
そして、あることをきっかけに、妻たちを許すようになりました。
それは、妻が妊娠したと言ってきたのです。野沢君の子なのです。
毎日のように性交してきたわけですから、それに中出しでしたから無理もありません。
「彼に迷惑掛けたくないから、判を押して」
ボクは、内心、自分の種として、生んでくれてもいいと思いました。

このあとは、このサイトに投稿しました「投稿No.7317 妻の退院の日」に続きます。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦,浮気・不倫
タグ:
投稿No.7579
投稿者 (46歳 男)
掲載日 2020年1月24日
投稿No.7521の続き

52歳の専業主婦の話しなんだけど・・・

毎日Lineしていたけど、休みに会えない事が続き、彼女から「久しぶりに会ってHして欲しい」って言ってきたので、1週間後に会う約束をする。
翌日のLineに「会うのが楽しみ」って書いてあったよ。

前と同じスーパーの駐車場で待ち合わせをした。
相変わらず、52歳には見えない美人で巨乳の彼女が外車から降りてきた。
予約した中華料理のお店でお勧めの点心ランチを頼み食事をしてお腹を満たす。
少し歩いたところにラブホが見えたので入った。

お風呂が出来るまでの間、ずーっと彼女とキスをしていたら、彼女が『ふ』の服を脱がして裸にされる。
彼女はカラオケのステージに立って服を脱ぎだし、裸を見せつけてくる。
興奮しながら、手を繋いで一緒に浴室に入り、湯船に設置されたジャグジーを楽しんだり、お互いの体を洗って、彼女のお尻を洗っていたら、お尻を突き出してきたので、早速、息子を挿入する。
子宮が降りているみたいで、息子の先に当たる度に、良い声が聞こえてきたよ。
気持ち良くて、出そうになる。
我慢しきれず、大量の白い液を放出。

お互いに裸のまま浴室からベッドに移動。
「胸を強く噛んで」って言われたので、噛んだり、舐めていたら、喘ぎだし、パイパンの割れ目から液が溢れてくる。
正常位で息子を挿入して、じっくりと割れ目の中を味わう。
一度出しているから、少し長持ちするが、彼女の割れ目の中はとても気持ち良い。
そして、再び、奥に放出。

疲れて少し寝ていたら、掃除フェラしながら「また『ふ』に逝かされちゃった。」って言われた。
彼女に、Hしても、しなくてもいいから、月に一度は会う約束をさせられた。
来月が楽しみになっている。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7578
投稿者 おっさん (55歳 男)
掲載日 2020年1月23日
投稿No.7543で「野外プレー」を投稿しましたが、今回は野外プレーのきっかけを投稿します。
あいかわらず駄文で申し訳ありません。

彼女(M子としておきます)のプロフィールは出会った当時、年齢35歳 T155 B80 W57 H85でブラカップはA75。
いわゆる貧乳で乳首はピンク色の女子高生かと思えるほど小さいが、感度はよかったです。
都合のいいSFとなった後、彼女が40歳を過ぎた頃、週末にホタルを見に行こうということになり、ホタルの名所に見物に行きました。
その頃から隙があれば、いろんなところで痴漢のように触りまくってましたから、M子には当日パンティを脱がし易いヒモパンをはかせ、触り易いようなゆるゆるの膝上10センチの白のノースリーブのワンピースで来てもらい向かう車中でブラを抜き取って、脇の下からすぐに手がはいるようにして、ホタルを見物しに行きました。
見物場所は山中であるにも関わらず渋滞するほど道は混んでおり、ホタルよりも人の方が多いくらいでした。
見物場所ではホタルなんかそっちのけで少しずつM子と密着し、勃起したイチモツをM子のおしりにこすりつけつつ脇の下から手を入れて乳首体を触りはじめました。
人が多すぎてここではこれ以上は無理と判断して人がまばらなポイントに移動し、今度はワンピースの下から手をいれてヒモパンの片方の結び目をほどき直にあそこをいじったら、なんと洪水状態でした。
他の見物人のカップルが15メートルほど離れたところにいましたが、ワンピースの裾をまくりあげ、ズボンから固くなったイチモツを素早く引っ張り出し後ろからそっとあてがい挿入しゆっくり動かします。
再び脇の下から右手を入れてAカップの小さいおっぱいの先っぽをつまみ、マムコのうねりを楽しんでいました。
M子は道路のガードレールに手をついています。
遠目に見ればカップルがくっついているように装いましたが、回りのカップルがこちらをチラチラ見ている感じで感づかれたかなという雰囲気が逆に無茶苦茶に興奮にし、少し動いただけで一番奥の子宮口に噴水のように「ビュクビュク」とザーメンをぶちこみました。
ヒモパンを結び直しそのまま何事もなかったように場所を移動し、ホタルを見るふりをして、事後の痴漢プレーを15分ほど暗いところで楽しみました。
バックから奥に出すとなかなか逆流しないようでマムコからはザーメンが少しづつ逆流しはじめ、パンティはヌルヌルになってきました。
パンティの上から割れ目をなぞってクリを愛撫し、「人に見られながらの中出しは気持ちいいか?」と耳元でささやいたら、声を押し殺してイってました。
その後はザーメンを足首まで垂れ流しながらクルマまで歩いて戻りました。

その日は興奮が収まらず、もう一回注入したくなり人気の無いところへクルマを走らせ、狭い山道の途中で、誰か来たらすぐクルマを出せるようエンジンをかけたままクルマの外に出ました。
すぐにM子のワンピースをまくり上げヒモパンも引きちぎり、ワンピは下から脱がせる途中の万歳状態で止めて、立ったまま手を頭の上でワンピの裾と一緒に紐パンで縛り、茶巾絞りにして、身体中吸い付いてキスマークをつけまくりました。
まるで拉致してレイプしてるような感覚になり、興奮の絶頂に達しました。
そのまま今度は前から立ったままぶちこんで少し動いただけで思いっきり「ビュー」とザーメン注入しました。
そのままマムコからザーメンが逆流してるところを下からあおるようにデジカメ撮影して帰りました。

このことがあってからしばらくは野外プレーにはまりました。
後で聞いた話ですがこの時本当に孕んだみたいで、いつの間にか堕し、その後はリングを入れたようです。
どうせなら本当に危険日だと教えてもらっておけばもっと徹底的に何発も中出したと思います。

その他の野外プレーのバリエーションはいろいろありましたが、機会があったらまた投稿します。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)