中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)

新着中出し体験談

淡い恋の思い出と、男の常識  いいね!53件 
フリン  いいね!85件
年上尽くし(3)  いいね!62件
メキシコ人オヤジとの初体験  いいね!88件
年上尽くし(1)  いいね!116件
» 中出し体験談一覧へ

いいね!ベスト5

フルーチェ  いいね!4431件
RG500Γ  いいね!3678件
素人人妻みきえ  いいね!3407件
繁殖専用の孕み肉便器  いいね!2921件
まほ3  いいね!2689件
» いいね!一覧へ
投稿No.21
投稿者 くま (女)
掲載日 2002年6月02日
彼は3つ年上でお互い結婚してます。
この前は彼との初中出しでした。
というのは、私が最近妊娠したということで、中出しOKになったのです。
それまでは、ナマではしていましたが外出しでした。
会うまでは正直迷っていましたが、彼の優しくて気持ちいいセックスを思うと、彼の精液を一度私の中に入れて欲しいという気持ちが強くなりました。
彼と会った先月、妊娠3ヶ月で旦那ともごぶさただったので、久しぶりのセックスでした。
おまんこも緊張していたようで、まるで処女のようでした。
いつもよりしっかり濡れて、正常位で挿入されると、おまんこからクチュクチュと卑猥な音が出てしまいました。
久しぶりで、しかも彼のオチンチンは特大なのでちょっと痛かったけど、だんだん前の気持ちよい感覚が戻ってきました。
次にバックで。あまりにも気持ちよくて最初は「出しちゃいや…」なんてじらすはずが、思わず無意識に「出して~」って叫んでしまいました。
彼は中出しした後、入れたまま、私にキスをしばらくしてくれました。とてもうれしかったです。

抜いたあと、精液がドクドクと逆流し、おまんこからタラ~っと出てきました。
彼にその様子を見てもらい恥ずかしかったけど、なんだかシアワセでした。
そのあとも、おまんこをたくさん舐め舐めして可愛がってくれたあと、バックでもう1回中出ししました。
「中に出して~」ってこのときも何回か叫んでしまいました。
彼は本当に優しくて、気持ちよくて、中出しっていいなって思いました。
精液が逆流しておまんこから出てくる感覚が癖になりそう。
彼も喜んでくれました。私もうれしかった。
来月も彼と会う約束をしました。
今度は少しおなかが目立つけど、その分興奮してくれるかな。楽しみです。
この前は流れ出た精液をティッシュで拭いてくれたけど、今度は拭かないで、おまんこを精液だらけにしてね♪

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:未分類
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.20
投稿者 deck (男)
掲載日 2002年6月02日
44歳の者です。
彼女は42歳の人妻。
H関係のはじめのころはコンドームをしてました。
たまの安全日に彼女のほうから「中に出して~」って言ってきました。
その日は久々のナマで興奮しました。彼女のほうもカリが中でこすれる感触と精液がドクドクっと奥に当たるのが気持ちいい!って言ってます。
それから程なくして 彼女のほうからピルを飲むようになりました。
それからは毎週1,2回のデートでは中出しが当たり前。
私の体から出た精子は全て彼女の中に入っています。
彼女の中にはいつも元気な私の精子が泳いでいるのです。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:未分類
投稿No.19
投稿者 さのばびっち (男)
掲載日 2002年5月28日
夕刊紙の広告に韓○留学生に生で中出しOKがよくあるよね。
あの中から選んでホテルで待機。
大概は広告の写真より格下か20代後半の奴が来る。
当然ピルを着用しており、外道としては面白みに欠ける。
しかし、その日に呼んだ娘は違った。
21位のスレンダーで小柄なのに胸があり、透けるような白い肌。
こんな娘に生でと思ったら、いつもよりギンギンのカチカチ。
一緒に風呂に入ろうとするが中々入って来ない。
強引に引き寄せると体をくねらせ恥ずかしがる。
風呂から出てくると下着を付け浴衣を着る。
イチイチ面倒だが脱がす楽しみがある人用かなと気にせず、ベットに押し倒すと枕元のコンドームを触り始める。
???生OKだろと思いながらも攻め始めていい具合になると、ゴムの袋を切りながら片言の日本語で『お兄さん、ゴム付けて』と言う。
『なんで、生OKのハズだろ』と気にせず攻めながらいうと
『病気怖いでしょ付けたほうがいい、お客さん皆付ける』
『平気、俺病気ない、それともお姉さん病気』と何故か片言の俺。
『違うよ病気ないよ、でも、でも子供出来るよ』
『ピル飲んでるでしょ』
『今日、仕事しないはず、だから飲んでないよ』
話がわかりにくいので整理すると、彼女は本物の留学生で小遣い稼ぎで今までに5回位しかこの仕事の経験がなく、しかも皆ゴム付けた紳士。
来週(3月末)国に帰るので最後の小遣い稼ぎのつもりらしい。
そうか、そりゃ気の毒だ、ゴム付けてやろうなんて思うか。
握るゴムを強引に奪い取り、遠くへ投げ捨てる。
両腕を片手で押さえつけながら、亀頭を膣の入口をなぞるようにし、
『今から入れるよ、生で入れるよ』と変態的にわざと言う。
腰を捻って抵抗しながら『駄目、子供、駄目』と涙ぐむ。
興奮ものの当方は狙いを定めるとゆっくりと確実に奥まで入れる。
キツイが嫌がっていた割に濡れてきたのでゆっくり動かした。
何か向こうの言葉でいいながら涙ぐむ美人娘を犯していると、早くもピークが来たのでそのまま生で中出しした。
元気なので動きを止めずにいるとチン棒は復活し、久々抜か2。
射精後どいてやると、さめざめと泣きながら風呂に駆け込む。
出てきても泣き通しなので白けるので抱きしめながら言ってやった。
自分が妻と離婚した一番の原因は子供を作れない精子だからと。
だから妊娠しないし、検査もしてきたから病気もなく平気だよと。
安心したのか泣き止み、オプションのマッサージに入る。
だいぶ打ち解けたのか、いろいろ話してきた。
生で中だしされたのは生まれて初めてだったとか、危険日で怖かったとか、お兄さんのH気持ちよかったとか。
それならと、押し倒しまた履いていた下着を剥ぎ取り2回戦(3発目)。
安心感か向こうも濡れ濡れのビックンビックン。
最後はバックからタップリ注いであげました。
あまりに可愛いい娘だった為が、チン棒がまだ行けるというので、その後も3回戦(4発目)をして、正上位でDキスしながら中出し。
国に帰るのでもうあえないが、よかったバイバイと笑顔でお別れ。
2回戦+マッサージのところを3回戦(4発)も出来てお得。
それに子供が出来ない精子の話はもちろん嘘っぱちだから、危険日らしいから妊娠してんじゃないのかな。
鬼畜だが実話だよ。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:未分類
投稿No.18
投稿者 たはは (男)
掲載日 2002年5月27日
24の男です。
先週33のメル友とはじめてあいました。
ドライブして帰ろうとおもいましたら向こうからさそってきました。
海の見えるところで、車内でしました。
ゴムはお互いもっておらず、生でいいということになりました。
そのままなかで出して、しかも車内で2回もだしてしまいました。
彼女のあそこがぐちゅぐちゅのまま服を着せて帰しました。
今週も会う予定です。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:未分類
投稿No.17
投稿者 mairo (男)
掲載日 2002年5月25日
32歳の男です。SFは25歳の人妻で、安全日には毎回必ず中出ししていました。
「していました。」と過去形なのは、現在彼女は妊娠4ヶ月。
という事で、今は会えば必ず中出ししています。

最初から「中出しOK」という訳ではなかったのですが、彼女曰く「ダンナ(その時彼女はまだ結婚していなかったので‘彼氏‘でしたか)より感じた。」そうで、私の従順な肉奴隷と化すのにそう時間はかかりませんでした。
「もう入れてあげない。」なんて言うと
「何でも言う事聞くから入れて。」と哀願してくる始末。
こうなったらこっちのもの、「じゃあ、中出しさせて。」と私。
最初はシブッていか彼女も(後から聞いたところ「中出しは初めて」だった そうな)私とできなくなるのがツライのか、OKしてくれるようになりました。

と、いう事ではや2年と数ヶ月。彼女はいまだ私の顔を見る度求めてきます・・・。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:未分類
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)