中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

    

このトピックには27 返信件の返信があります。6月前にとしおさんが最後の返信をしました。

表示中の投稿 16 (合計 28 中)
  • 体験談を書くときに
  • #21338

    人間失格さん、こんにちは。
    僕が体験談書くときに気をつけてるのは脚色が主体になって真実から大きく離れないようにする事です。
    よくフェイクというか盛ったりアレンジしたりしてるのは、その時の女性のファッションの描写が多いです。
    やはり露出度の高いほうがイメージしてて興奮すると、自分では思ってるので、例えば「ダメージジーンズの下に網タイツ」が真実だとすると、もう少し描写に色気が欲しいので「短いデニムのホットパンツに黒い網タイツ」みたいに変えたりしてます。
    細かいし、そんなことどーでもええやん!みたいなところにこだわったりしちゃいます。
    会話も、確かにそうですよね。最近の事ならまだしも、何年も前の事だとニュアンスさえ覚えてれば、真実に近い話が書けるものの、それすらも覚えてなかったら、そのシーンだけは創作せざるを得ないかと。
    あとは、あまり出会いの過程とか長い話だと、適当に割愛して短くまとめたりしてます。
    やっぱりSEXの最中と、中出しの瞬間の描写に、命かけて描いております。

    #21341

    先に書いた「妻を民宿の手伝いに行かせた」と言う話で3割くらいは脚色と書きましたが、まあそれは頂いた金額の事とか男の数であって、実際に行われた事実は殆どそのままです、民宿のご主人ももう亡くなられていますから、時効の話しです。

    話はそれますが、

    まだ通販は勿論、ど田舎に大人の玩具やなど無かった頃、出張で関西等へ行くたびに、私は自分の趣味で薄っぺらで透け透けで、オメコの所にフリルが付いて股が開くパンティーなど何枚も買いましたしそれを履かせて写真やビデオを撮ったり、あらゆる大人の玩具を買っては使い写真もビデオも撮りましたが、中でもかなりしっかりした造りの、網タイツで股の部分は全く無いものだけを掃かせ、上はTシャツだけで公園の
    中でセックスしていて、夜中でしたが車が通りかかりライトで照らされ、結合部までしっかり見られたこと等々

    又その公園にあった長椅子ですが、ベンチと言うより背もたれの無いスタジアムシートと言う様な物でしょうか
    (これは屋外でセックスするのに凄く使い良いですよ、妻を寝せて開いた股のオメコの中にチンポを突っ込み、両足を開き椅子ごと妻を抱きかかえ、自分の両足で地面にしっかりと踏ん張れて腰を使いオメコの中のチンポを上下左右勿論前後にも自由に動かせ突っ込める事に凄く都合が良い椅子で!)その格好、方法で夜中セックスをしていれば、もう夢中になっている妻は車のライトで照らされ
    しっかりと結合部まで見られた事などお構い無しだったんでしょう、

    それと私は普段から妻に兎に角スカートを履かせたかったのですが、妻はスカートが好きではなく殆どデニムと言うのでしょうか運動をするときに履くスウェットと言うような物を履き上もすっぽりとかぶるスウェットを着る事がほとんどで、
    たまに、夜中に屋外で助平な写真を撮ろうと言い、何であれ私の言う事を聞けばその後セックスして貰えると判っている妻は言う事を聞きスカートで出かける事は有りました、でもそのくらいのものです。

    そして、本題の、民宿のお手伝いに行かせた時にも、私の気持ちとしては本当は股の開いたパンティーを履かせ、スカートででも履いて行かせたかったのですが
    さすがにそんな事を言えば下心が明らかにばれるので言いもしませんでしたが、当然のように妻が着て行ったのは上下ともいつもバレーの練習等に着て行きました
    上下灰色のスウェット、下着は極普通の木綿のブラジャーにおばさんパンツだけ、食事や酒の相手では汚れたらと言う思いでそれを着ていったんでしょうが、

    酒に弱い妻がふらふらになっている所に、酔った男達に掛かればそれはいとも簡単にそんなスウェットの何処からでも手を突っ込む事はたやすく、乳房にもオメコにも手を入れ触りまくるのに都合の良い服であった事は言うまでもありません、そしてそれの好きな妻が左程の抵抗などする訳が無いなんて思っていた私でしたし、

    私は車で15分ばかりのそこへ妻を送り届け、また迎えに行っただけで、そこでおきた事は見てもいませんが主人の話を聞くと殆ど想像は付きました
    迎えに行った時に妻は上下のスウェットは着てはいましたが、多分主人と奥さんが素っ裸にされてザーメンまみれの妻に私が来たのであわてて履かせたのだと思います、それでも精液のにおいはぷんぷんしていましたし、顔も髪の毛の中にも精液は着いていましたし、無かったパンツとブラジャーは彼等が持って行ったに違いありません、

    私の前だけでこれを履けこれを着ろ!と言うとどんなに助平な服でも着ますが、外へ出たり、他人と絡む時にそんな格好をしろと言っても聞きませんが、
    スウェットと言う物はHな事をする時に実に便利な物かはその時知ったようで、その後そこへ行く時はいつもそんな物を着て行きました

    それと灰色のスウェットは汗を掻くと黒く見えるんですがバレーとか町内の運動を終えた後、町内の皆が見ている前を汗で濡れて股間が黒く見えている上にしっかりとそのスウェットを上に引き上げているから股間の筋から盛り上がったところ、挙句にクリまでくっきりと見えているのに、。上からしか見えない妻にとってはしっかりと引き上げる事の方が人に見えないとでも思っているかのようでその格好で堂々と人に挨拶しながら帰って来るのを、私も楽しみながら見ていました。

    #21440

    我妻を他人に抱かせるとは、爺には理解不能。
    それを見て興奮する貴殿は何者だろうかと疑う、3Pなら理解できるのだが…

    #21441

    うーんむう~、はるよしさん、・・?今更そんな話しですか・・・??   スワップ、3Pなら理解出来るって言われてもね???

    私はホームダイヤモンドなる夫婦交際誌なんてものが出来る前から妻、いや彼女のあられもない写真を撮り、友人に見せていて、その流れからその友人の奥さんの写真も、スワップへの移行もあったんであって、・・理解出来ない物は理解出来ないとしか言いようが無いですね、

    まあ簡単に言うと、世の中の結婚とか言う物は世の仕来たりの様な物であって、何処かの宗教じゃああるまいし「死が二人を分かち合うまで愛し合う、」何てそんな馬鹿な!?、私なんかだったら相手がオードリーヘップバーンであったとしても、三日で飽きますよ?

    それともう一つ、かなり前から流行っている「寝取られ」とか言う言葉!、そしてその考え方!、?私は千パーセントだいっ嫌いです!
    妻を人に抱かせている私が言うのがおかしいですか??、ぜんぜんおかしくなんか有りませんよ、

    私は私の宝物の中のまあその中の一つの「妻」?、それを人に見せたり、人にも味合わせて「どうだ!良いだろう!お前の母ちゃんより良かろう、羨ましいか!?」っと思うだけで、人に取られるなんて欠片も思った事は有りません、そもそも物欲の薄い私ですから
    もし、「どうしても妻が欲しい!」と言う人がいて妻もその方が良い、と言ったのならば「ああそうか、どうぞどうぞ」と差し出すだけです。

    離婚して私と一緒になってと言う人が現れた時も私は妻に対し、「お前が嫌いになんかなった訳じゃあないがそんなんで、離婚してくれるか?」と言ったら、絶対に離婚等しないと言い、その後も変らず尽くしてくれて、現在のように、もういつ死んでもおかしくない歳になった今でも私の身を気遣ってくれる妻です、

    散々、私の助平なと言うのを通り越した事に付き合ってもくれ、時には私が思うより凄い事(女は男より助平ですからね)をしてくれた妻です、

    ???、もしかしてはるよしさんは、「妻」と言うのは純潔でなければ?とでも思っていらっしゃるのでしょうか?それにしては奥さんは処女ではなかったようですが??

    何度も、そして色々言いますが、世の中で、事、男女の関係、そしてセックスに関する事は、物差しが全く有りません!
    夫婦とか結婚とか親子関係において、法律は一応ありますが、絶対ではありませんし揉めても親告罪でしかありません。

    愛してるとまでは言わなくても(と言っても、山、谷を超え金婚式も過ぎた妻を)割れ鍋に綴じ蓋、腐れ縁の一組の伴侶です、
    最ももう一人伴侶はいました、その事も含め、私は幸せだったと思います。

    #21601

    淫乱女の夫様へ

    もう一人の伴侶がいらっしゃった、というのは、愛する奥様にもう一人夫同様の性交相手がいらっしゃったということですね。
    実は、わが家がそうですので、ちょっとホットしています。

    #21621

    >>淫乱女の夫 殿
     貴殿に弁解するのではないけど、SWも一度しか経験していません。
     何故SWになったのかと言えば、小生の後輩の奥さんが綺麗で魅力にひかれ、逆には後輩は我妻を抱きたいとのことで話しがまとまったのです。
     結果は後輩の奥様を満足させることが出来ず嫌われてしまいました、あいぶや早漏での不満のために。

     3Pに興味があるというのは妻以外の女性を、2人の男性が同時に2本挿入してみたい願望の事です。

    #21631

    「としお」様、ちょっと状況は違い、妻と共にスワップ相手の男性とのセックスに妻はのめり込み、
    私はそのスワップ相手の奥さんにはあまり興味が少なく、
    何よりも、妻とその相手の男性との様々な行為を写真ビデオで写し記録を残す事が私の気持ちは一番で、
    それを数十年続けた事と、
    私の浮気相手の一人が本気になり、結婚を迫った事に対し私の妻が、それを認めた上で離婚せず、それまでと同様な
    スワップ、3P等含めた夫婦生活を続ける、というような形、・・二所帯持ったのはあくまでも私のほうです。

    それから。「はるよし」様、私は誰か相手の女性とセックスがしたいだけ!と思う心は持っていません、(ただの遊びは別です。)
    スワップと言う物は、「妻が、私より優れた性器、精力を持った男性に抱かれ私とするセックス以上の喜びを味わって欲しい」
    私にとっては、これだけがすべてです、
    そしてその結果は、やはり『心と体は違う』!のですね、最初こそ嫌々ながら私は言うから仕方なしにと言っていた妻は
    その私とのセックス以上のオルガスムスにのめり込み溺れて行ったんですから。(勿論心は私にありましたよ!)

    妻以外の女性とのセックスを含めた付き合い、知らぬ他人から見れば夫婦生活そのものをしていた事は、妻には悪いとは思っていますが、
    それでも良いと言ったのも妻です。
    勿論経済的な事、対外的な世間へ対しての批評、子供の事も勿論、何もかも合わせた上で、妻の座と言う物の上に立つ事を選び
    そして今があるんです、
    私は有り難い事だと思っています、
    (はっきり言って、妻の方が離婚などしなくて良かった、と思っているんじゃあないかと思っていますが?。)

    #21791

    淫乱女の夫様へ

    そういうご夫婦があるのですね。淫乱妻とおっしゃるのはオーバーでしょうか。女の方が強いのは事実ですね。妻の若男を許しています。ありがとうございます!

    #21800

    としおさん、私は古希も過ぎた男です・・が?歌とかカラオケ等で最近好きな曲は「歌うたいのバラッド」です

    たまに妻や子と一緒にカラオケに行ってこの歌を歌います、

    (内心妻に愛してるなんて言葉、過去一度も有りませんが、そんな私の気持ちと言うのか??)

    「照れくさくて言えなかった言葉がある、短いから聞いておくれ”愛している”」ってね、あはは、

    奥さんに若い男との関係を許していると言うあなたにも「そう言う貴方を愛してる!」とでも言いましょうか

    幸せって、何処にどんな形であるのか?判るのはずっと後の事です、お幸せに、と言いましょう。

    #21875

    淫乱女の夫様

    あなたの文章に刺激されて、つい、妻に若男のことをポロッと漏らしてしまいました。許すようになってからというもの、家に遊びに来るようになってしまいました。二人の会話が途切れると、耳がダンボになってしまいます。

    #21876

    としおさん、貴方の奥さんはその男の事を貴方は知らないと思っていたと言う事でしょうか?
    はっきり言って、空けらかざまに夫婦生活を続けられる事を、お勧めします、私等古希を超えるような歳になり、
    私の相手も、妻の相手も鬼籍に入りました、
    茶飲み話のほんの端に、ぽろっとそんな事に関係する話しが出ても、妻もけろっとした顔で嘘も隠す事も無く
    応対してくれて、聞いた私の方がどぎまぎする??
    やはり女の方が強いですね、
    夫婦生活だけはしっかりと足場を固めておきましょう。

    #21971

    こう言う投稿サイトで話す事には多少の脚色、そして隠し事があるのはしょうがないでしょう、
    当たりままに書けば、自分が何処の誰かってばれちゃいますからね、

    でももう私の様に老人になり、セックス関係は勿論、それ以外の友人知人が亡くなって行く現在の私?

    何もかも、ありのままに話して置きたい、私の、そして私と関係を持った人達の事を、何て思っています。
    でもさすがに、それらの人の個人的に特定出来る事だけは書かないつもりです、

    そしてその上で、人に言って「そんな馬鹿な!」と思われるような事で本当な事、一つ一つ書いておこうかなと思っています。

    例えば、私の二人妻となった女性、あまりにも性生活に対し無知すぎた女性ですが、

    その人は結婚後、一部屋に兄弟、姉妹が一緒にいる部屋で新婚生活を始めた!と言う事です、信じられますか?
    さすがに徐々に兄弟達は、結婚したり就職でその部屋からいなくなったと言う事ですが、

    だから、私と出会った時に、セックスとは「唐竹割り」しか知らずそれがセックスと言うものだと思い込んでいたんです、

    まだ昭和40年代でしたが、幾らなんでもそこまでセックスに無知な人がいるとは思いませんでしたし!!大体その旦那!
    かなり優秀な知識を持ち、私にとっては恩師のような人だったんですがね?

    事セックスに対しては、無知と言うか興味が少ないない人だったんですね?

    まあおかげでまっさらの様な未亡人を私に残してくれたんですがね、

    そして私がセックスと言うものはこうだああだと教えて行けば、近所のおばさん連中相手に茶飲み話から、「ねえねえ、セックスって足を開いてするのが本当だと知っている!」と私のいる前で言ったんです???

    さすがにそれに対しておかしな反応するおばさんはいませんでしたが私を見る目はさげすんでいましたね?
    でもまあ、私が妻子もある男で、単なる浮気相手であると言うことは知られずに済みましたがね、

    最近の投稿等読み、中学生で妊娠したなどと言う話を聞くたび、  彼女は20代で結婚し性生活を始めた時に
    一体何を知って結婚したのか?謎でしたが、

    後で聞いた話しでは結婚生活と言う物には「さしすせそ」と言う物にしか興味はなく、それだけに一生懸命に
    なっていたんだそうです?

    #22852

    エロさを増すために隠語を使うと書かれた方があります。
    自分の場合には、その卑語、隠語でさえ、当事者が、実際に使った卑語を書くようにしています。
    前記のかたが想像して創作するぶんには全く自由です。

    妻に卑語を使わせるようにしたものです。

表示中の投稿 16 (合計 28 中)

トピックに返信するにはログインしてください。