中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7332
投稿者 有希乃 (26歳 女)
掲載日 2019年6月05日
先日、バーで隣に居たおじさまに声をかけられてそのままお酒の勢いでホテルにインしたのですが、お相手は50代のロシア系おじさま。
ちょっとお腹が出てるけど服の上からでもわかる大きさw
丸々ボロっと剥けた太めのアレがすごいエッチ。

足を拡げて抑え込まれて、私の大事なところを勢いよく舐めてきて
「待って、あん、あん、あんww」
と、おじさまの舌で感じてしまいました。

腰を突きだして、手でシコシコしながら寄ってきたので、私も無言でパクリ。
セックスって言葉が通じなくても、問題ないですよね笑
破裂したらすごそうな、パンパンの先っぽを舐めると、
「アァ~。。。ン~。。。」
と聞こえて、トロっとしたあったかいお汁が出てきました。

倒されて、股を拡げられて、さっきまで舐めてた先っぽをスリスリされて、徐々に入ってくると
「あん、、すご、、おっきすぎ。。。w」
徐々に腰を動かして奥に奥に入ってきて、なんか「そこダメww」ってところに当たると、今まで出したことない声が出ちゃいました。

覆い被さってきて、腰振りながらチュー。
英語?ロシア語?
何か言ってくるけどわからないし、それどころじゃないくらい気持ちいいし、もうアンアン鳴くだけです笑
するとおじさまが
「あ、、、あぁ、、、あぁぁっ!!」
と声を上げて、ズン!と奥を突いて多分イった笑
奥でビクンビクンスゴイ。。。。
あぁだめ、気持ちいい。。。笑

ズルルル・・・と抜くと、ドプッと音が出そうな感じでおじさまの精液が一緒に漏れてきて、
「ビューティフォー」
と言ってチュッとしてきました。

一緒にシャワールームへ行くと、おじさまが指を入れてさっきだした精液を掻き出してくれました。
けど掻き出しても掻き出してもヌルヌル感が取れず、太い指で掻き出されるとそれすら気持ちよくて声が漏れてしまう。。。
するとおじさまのアソコがムクムクとまた膨らんで英語で「ベッドへ行こう」と笑

ちなみに私はちょっと危険日…
翻訳で「ovulation day」と伝えると
「oh! nice day^^」と言って
私のお腹をナデナデ笑

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7248
投稿者 はるよし (72歳 男)
掲載日 2019年2月16日
今回の投稿は最終便に乗り遅れた、欲求不満の奥さんを50km先まで送り届けて、その報酬は何か…

今から十数年前(定年前)の出来事です。
自宅から15kmほど離れた会社に勤務していて、5時の終業後の帰り道5分ほど走ると、バス停で奥さん(60歳前か)が手を振り車を止めているのだけど、前の数台は無視して通過して俺が最後尾だったので止まった。
ガラスを下げて聞くと「最終便のバスに乗り遅れたので、御金を払ますから送ってくれませんか」と勝手なことを言う。
俺も家内が他界したので独り者のために自由がきく、たまには人助けと思い了解して助手席に乗せる。

奥さんは乗るなり大喜びして、世間話や夫婦の話をしてくる、俺は相槌を打つように頷いていたが深刻な話、旦那が入院していて近々に退院見込みだが1年ほど御無沙汰だと笑いながら言う。
俺は家内が他界して約20年近くオナニーしたり、年一回程度風俗で処理していると話したからだろう。自分も過去を丁寧に話すと同情してくれた様子。
「若いのに処理に困ったでしょう…?」
シモネタはだんだんエスカレートしていくが…

奥さんは咄嗟に思い付いた様に、「タクシー代金程度お支払いします」と言ったとき、俺は(営業ではなく人助けだと思ってるんだ)、「そんなことでは私が納得できません、遠いところまで送ってもらうのに…」(暫く沈黙)

考えた挙句俺は口を切って、(奥さんの体で支払ってくれたらどうかな)、返しの言葉は、「こんなバーサンでも良いなら…長らく使っていないので、入るか分からないけど」、(それならOKという事だな。)
奥さんは運賃の事が解決できたと思って、右手でズボンの上から撫でるとムクムクと勃起状態になる、途中バス停があり広くなつている処で停車して、狭いカローラセダンのリクライニングを倒して、スラックスやパンツを膝まで引きおろし、手を伸ばせば白髪の陰部は濡れていた。
話だけで陰茎を受け入れる想像をしていたのか。
R9号線は車も多く事故を心配し、僅かな時間で場所を変えて山道の入り口に移動した。

全国的にも魔の号線と言うだけに、殆どの車がスピード超過で走り抜ける。(京都から山陰海岸沿いに、鳥取・松江・浜田・山口)
本線から10mほど入った広いところは、半死角に当り誰にも見られない良い場所。
先ほどの続きで、今度は運転席のリクライニングを倒し、自分は膝までズボンとパンツを下げると、奥さんは待っていたかの様に勃起したチンポにしゃぶりつき、扱いたり吸い付いたり、金玉を弄ったりして痛いほど勃起させられた。
我慢にも限界が来たので、(奥さん上着は脱がないで良いから、入れさせてほしいよ)と頼んだら、「良いわよ」と言いスラックスとパンツを脱いで、尻の下に置いて伸長位で待つ。

俺は外に出て助手席に回り、足を開かせた中に入りオメコにツバを垂らし、挿入できるまでルームライトを点灯、暗いけど白髪交じりの陰毛や、手探りで膣口を探し鋼鉄のようなチンポを、何とか差し込んだ。
狭いので奥さんの左足は外に投げ出していた。
小型車なので座席も狭く車高も低いので、入れるまでは苦労だったが。
挿入も根元までは入らない、シートが凹になりそこに尻が行くからである。
抜けると再挿入が困難を要すので、ピストンは浅く亀頭を擦る程度で注意深く動いた。
奥さんは「気持ち良いわ、一年ぶりなのに…」とうわごとを言ってた。
肛門膣をを舐めずに入れたのは過去覚えがない。

時間にして5分程度だったと思うが、陰茎を目一杯押し込んだ状態で射精し、陰茎が脈打つように精液が出たのが分かった。
奥さんも「チンチンがピクピクしたのが分かりました」と言った。
高齢であり閉経であるために生入れ中出しは何も心配なし。
身繕いは二人とも外でしてが陰部を拭きはしなかった。
後で射精液は流れ出たであろう。
ポケットティシュは有ったけど。

気を取り直し奥さんの自宅近くまで送る途中の会話、(送りオオカミって今のようなことかな)、「違うわよ、オオカミでなく送りペット(犬)の様ね」と笑った。
俺は愛犬扱いに思われて幸せだった。

自宅前まで乗せて送ると言ったが、自宅を教えたくないのかバス停で降りて、丁寧なお礼を言い地区内に姿が消えた。
その後この奥さんと偶然出会うことができました。

誤字脱字の乱文を読んでいただき感謝します。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7214
投稿者 KAZY (45歳 男)
掲載日 2019年1月09日
精液奴隷ちなみを日々調教して、他人妻へ絶賛中出し満喫中のKAZYです。
今回は私が20代の頃、まだまだ地方への長期出張の多かった時の事を書かせて頂きます。

鳥取県のとある都市、プロ野球選手なんかがオフトレーニングで訪れる有名なジムもある街へと約1ヶ月の出張に赴いた時の事でした。
季節は秋に差し掛かり夜には北国育ちの私でも少し寒く感じたくらいでした。

昼の仕事を終え、当てもなく街をフラフラしてナンパでもと思いとりあえず駅前にあるロータリーを散策していたところバス停の待合室にスラリとした長身美女を発見!
ダメ元で隣に座り話しかけました。

彼女の名前は直子、年令は当時で21才で仕事帰りで隣の街に住んでいるとの事、見た目の雰囲気は今で言うと女優の小西真奈美みたいなスレンダー美女でした
上着越しでも分かる華奢な腕回りにパンツルックからスラリと伸びた足、なんとかしたくて色々と話を聞いていると、半同棲の彼氏がいると言う事が判明!

ダメ元でカラオケに誘うと意外や意外あっさりとOKを貰えました。
部屋で上着を脱いだ直子は想像通りスレンダーで凄くスタイルが良かった。

しかしその歌声はパワフルでとても上手くて自分が唄うのが少し恥ずかしくなるくらいでした。
彼女のドリカムを堪能しながら合間で話しを聞くと、彼氏とは最近マンネリであまり上手く行ってないとの事、、、

じゃあ俺は彼氏にどう?って聞いたら、
だって仕事終わったら帰っちゃうでしょとの返事。
脈がない事もないなと思い、テーブルに対面で座っていたポジションから隣に座り、少しずつ直子に触れました。
何曲目かを直子が歌い終わる頃には私の腕は彼女の腰にまわり、太ももへのフェザータッチも拒否される事もなくパンツのファスナーを開け直子の下着をずらし彼女の花弁へと、、、

するとびっくりするくらいの滴りで、もしかして直子もしたかった?と聞くと
元々感じやすく濡れやすいとの返事。
一気に唇を奪いスレンダーな身体には不釣り合いな大きめの胸を揉んでみると乳首もカチカチになっていました。
これはイケる!と思った瞬間無情にもフロントから時間のお知らせが、、、

直子に延長をしようと言いましたが最終バスだからと無情にも断られ、また今度ねぇなんて無邪気に笑われましたが、まだ携帯なんてなかった時代です次は無い!と思い会計を済ませた後にカラオケ店の入っていた雑居ビルのエレベーターで勝負に出ました。
熱いキスも間も無くエレベーターは1Fへ、するとそこにバーの横にある個室トイレが目に入りました。
直子の手を引き個室に入るとまた熱いキス、最初は抵抗する素振りを見せた彼女も徐々に熱い吐息で舌を絡めて来ました。

彼女のベルトを緩めパンツを引き下ろし壁に手をつけさせました。
お尻と陰部が丸出しになった姿は服を着てるのに恥ずかしい部分が丸見えでより一層エロい姿でした。
直子の陰部を舐め回すと彼女が私の頭を押さえて、舐められるの苦手と言いました。

クンニもそこそこに一気に直子を貫いてやると彼女の背中が跳ね上がります。
立ちバックの状態でガンガン彼女に腰を打ち付けると直子もまたリズムに合わせて腰を合わせて来ました。
ちょうど正面にあった鏡越しに彼女の顔を確認すると明らかに感じている表情、私も堪らなくなりラストスパート!

しかし問題はどこでフィニッシュするかです。
まぁ男の性なのかより一層直子に腰を打ち付け抱きつくように彼女の奥深くでフィニッシュ!!

しばらくの静寂の後、私のを引き抜くと直子の花弁から精液がボトボトと半脱ぎの下着へと落ちました。
無言のまま二人で身支度を整え彼女をまた出会ったバス待合室へと送りました。

終バスまで時間が少しあったので暖かい飲み物を買い二人で他愛もない話しをしていた時でした、突然彼女があっ!とビックリしたのでどうしたの?と尋ねてみたところ、さっき中出しされた精液が逆流して来た事を小声で教えてくれました。

彼女を見送り、その後約1ヶ月その地に滞在していましたがもう彼女には会う事もありませんでした。
たった1度のほんの少しの時間、俗に言う行きずりですが未だ印象に残っている直子への中出し話でした。

乱筆乱文にお付き合い感謝致します。
KAZY

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会って即エッチ
タグ:
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7210
投稿者 琴那 (21歳 女)
掲載日 2019年1月07日
私は当時19歳。
1人旅が趣味で温泉旅行に来ていた。
ちょっとした好奇心から混浴風呂を選び、誰か入ってこないかなぁ~と待っていた。

浸かり初めて5分後、誰かが入ってくる音がした。
確認すると、30代後半にみえる男性だった。
最初からおちんちんを隠してなくて丸見え。
思わず凝視していたら、「ちんこ好きなの?可愛いね」と言われた。
男性も湯に浸かると私に近づいてきて、「ハグしよっか」と言われた。
ドキドキしながらハグすると男性はすごく嬉しそうにしていた。
私も楽しくなっていたのか、無意識に腰を動かしておまんこを擦り付けていた。
男性もその行動に気付き、激しく擦り合った。

ボーッと意識が遠のきそうになっていた時、ニュルン…という感触があった。
男性の目を見ると今まで以上に優しい目をしていて、「入っちゃったね」と私に言ってきた。
まさか生挿入までは私の脳内に無く、動揺してしまった。
男性はどんどんピストンのスピードを上げ、私はもう喘ぐしかなかった。
されるがままだったので、中出しを拒むことも出来ず「いい?たっぷり出しちゃうね」と言われ、注がれた。

その後はお互いすぐに着替えて、私は急いでチェックアウトした。

帰りのバスを待とうと思い、バス停に行こうとしたら誰かに手を掴まれた。
振り向くと、さっきの男性だった。
そのままバス停近くのコインパーキングまで連れてこられ、男性の車に乗せられた。
抵抗する間もなくキスされて、結局カーセックスになった。
2回程、私は精子を受け取りました。

全てが終わり、私は男性の家に一緒に帰りました。
家に着いて初めて自己紹介をし合って、一緒にお風呂に入りました。
寝る前に1戦し、次の日は専門学校をサボり、1日中男性と過ごしました。
その結果4戦行い、総トータル8戦です。
8戦とも全て中出しでした。

中々ない経験だったので投稿しました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会って即エッチ
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7208
投稿者 初投稿です/// (19歳 女)
掲載日 2019年1月06日
私は当時18歳、某私立女子大に入学したばかりでした。
当時は慣れない環境に毎日がいっぱいいっぱいで、“誰でもいいから私を癒してほしい”と思ってしまう程でした。

ある日、私はいつもの様にバスで通学しようと思ったのですが、バスが臨時運休だったので急遽電車に変更しました。
車内は、朝ラッシュ特有の満員電車だったので勿論座る事も出来ず、テンション低い状態で立っていました。

乗り始めて10分くらい経った頃、履いていたロングスカートに違和感を感じました。
ちらっと後ろを見ると、30代後半ぽい男性が私のお尻を撫でていました。
その瞬間、“これは痴漢だ…!”と私は認識しました。
でも認識できたところで次の行動を起こせず、私は固まってしまいました。

私が固まっている間も男性はどんどん触ってきていて、ロングスカートのウエスト部分から手を突っ込み、パンツに到達していました。
“どうしよ…”と思っていた私は、ここである事に気付きました。
それは、すごく優しい触り方だという事。
歴代彼氏よりも優しいその触り方に気付いてからは、私は硬直ではなくボーッとしてしまいました。
男性も私がそのような状態になっている事に気付き、「感じちゃってるね」と初めて話しかけて来ました。
私は思わず頷いてしまい、恥ずかしくなってると男性はすごく嬉しそうな顔をしていました。
そこから男性は、直接私のお尻を撫で回し、ゆっくりと手を前に持っていきました。
「もっと感じちゃおっか」と私に言うと、おまんこをモニュモニュと触り始めました。
優しくて巧みなその触り方に私は喘ぐのを堪えていました。

大学の最寄り駅に停車すると、男性の手も止まり、こんな事を言われました。
「授業が終わったら、駅ビルの2階にある本屋で待ってて。多分俺の方が遅いから、待ち合わせして一緒に帰ろう。その時は座れると思うから、いっぱい気持ちよくなろっか。」
私はすごくドキドキしました。
こんな経験初めてでどう返事すればいいか分からなくなった私は、また頷いてしまいました。

講義中も昼食中もその事で頭がいっぱいで、いつものように過ごせなかったです。
帰る時間になると、引き寄せられるように本屋に着いてしまいました。
静かに40分程待ってると、肩をポンポンされました。
振り向くと男性が笑顔で立ってました。
「帰ろっか」と私に言うと、手を繋いできてそのまま電車に乗り込みました。

男性の言ってた通り、車内は異様な程にガラガラでした。
男性は4人用の座席に座り、「ここおいで」と自分の膝をポンポンしながら私に言いました。
恥ずかしくなって首を横に振ると、「ここ死角になってるから大丈夫」と言われ、恥ずかしいと思いながらも私は男性の膝上に乗ってしまいました。
男性との距離は今まで以上に近くなり、密着度も高くなりました。
しばらく見つめ合っていて、男性は私の頭を優しく撫でていました。

チュッと軽くキスをされると、凄くドキドキしてきて心が温かくなりました。
私は男性の首に腕を絡ませました。
男性は嬉しそうに「もっとチュッチュしよっか」と言い、キスは深くなっていきました。
男性は舌使いも巧みで、私は何回か吐息を漏らしてしまいました。

キスに夢中になっていると、男性はすでにベルトを緩めていたようで私の手をボクサーパンツへと誘導しました。
「出して触ってほしい」と言われ、私は大きくもっこりしていたボクサーパンツをずらしました。
おちんちんはギンギンになっていて、思わず凝視していると「もう俺ら繋がっちゃおうか」と言われ、私は返事に困りました。
生挿入も中出しも未経験で恐怖心が宿りましたが、男性の目はすごく優しくて、“このまま流されて、癒しをもっと貰いたいなぁ”と強く思ってしまいました。

私は笑顔で頷き、ロングスカートは脱がずにパンツを上手くずらし、男性の目を見ながらゆっくり腰を沈めました。
既に濡れてたので繋がるとニュルニュル感は増し、それだけでイきそうになりました。
対面座位の経験はありましたが、車内という状況なのですごく恥ずかしかったです。
ムギュッと抱き合っていたのでその分深く繋がり、男性も気持ちよさそうにしていました。

あまり激しく動く事は無く、時々キスしながら静かに動いていました。
大人の男性とエッチの経験なんて無かったので、じっくり濃厚な挿入に私はうっとりしていました。
かなりの長い時間、男性と繋がっていました。
静かに動いているからこそ、射精の瞬間はすごく気持ちよかったです。
「たっぷりミルク注いであげるね」と男性が私に言った通り、量が尋常じゃなかったです。
お腹の辺りがタプタプになってしまう程、ドクドク…と注がれました。

射精が終わっても私達は繋がっていました。
その時にはもう恋人同士のような雰囲気になっていて、私の最寄り駅に停車すると同時におちんちんが抜かれました。
すごく寂しかったです。
男性とはそこでお別れし、私は家に帰りました。

結局、名前も年齢も連絡先も何も知らなかったので、それからは会う事もなくまさに【一期一会】でした。
男性が1回もおっぱいを触らなかった事と、私が1回も声を発さなかった事は、“すごく珍しい事だと思うし面白いなぁ”と思ったので、今回投稿させていただきました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会って即エッチ
1 2 3 4 5 6 13
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)