中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7001
投稿者 黒護摩 (50歳 男)
掲載日 2018年5月08日
半年ほど前(投稿No.6815)、テレクラ全盛期にコテコテのオバハン達とヤリ狂った日々を思い出し、ほんの少しだけ書き込んだ者です。
私のほんの少しだけ、触り程度の拙い文章に「いいね」を押してくれた方々、コメントまでいただいたお二人に御礼申し上げます。
また私の性癖は若い頃からのババア好きの変態(当時の私20台全般、お相手40台後半から50台全般)ですのでそういうモノが嫌いな方はどうぞ完全スルーをお願い致します。

私と同年代くらいの方々はご存知でしょうが黎明期から全盛期前半までのテレクラには援助交際の文字はありません。
とにかくヤりたい男女の社交の場として大繁盛していました。
不治の病となる感染症も海の向こうでの噂みたいのもので罹患しても病院での治療で治るものがほとんどでした。
必然的に男は口八丁手八丁でナマで突っ込もうとしますがある程度若い女性は感染症よりも妊娠を恐れてコンドームを希望します。
しかし熟女、それもオバハンは違います。
テレクラに慣れたオバハンはほぼ100パーセントはナマ、そしてそのうち半分以上は中出しに持ち込めましたね。

慣れたオバハンならお茶や食事など省いて手っ取り早くホテルへ直行します。
(あんな狂った当時でも会うのには一応お茶や食事などの建前が必要でしたw)
パートや買い物の帰りなどで熟女特有の体臭と少し強めの化粧品の入り混じった匂いを嗅いでしまったらもう歯止めは効きません。
部屋に入り次第、熱~いキスを噛まします。
そんな慣れたオバハンなら待ってましたとばかりに向こうからディープなキスを返してくれます。
首筋に舌を這わせながら服とブラジャーをたくし上げ一気に乳首に吸い付きます。
このあたりで大抵はシャワーかお風呂と言い出しますが無視します。
スカートでもパンツやジーンズでも指を突っ込んで濡れているのを確認したら中途半端に脱がした状態で洗っていないオマンコに吸い付きます。

決して美熟女ではない、家に戻れば旦那も子供もいる、普通の熟女が(テレクラに慣れている時点で普通ではありませんがw)旦那に使い込まれ、他のテレクラ男にもヤられまくった黒々とした洗っていないオマンコを真っ昼間から、場合によっては自分の子供より若い初めて会うテレクラ男に吸い付かれてる・・・・・
匂いフェチでもある私はこの瞬間が最高に興奮します。

とにかく一度イクまで舐め続け頃合いを見計らって挿入すればナマでもそう頑強な抵抗はされません。
ここがテレクラ慣れしたオバハンの良いところデスw
以前に申しました様に我が愚息には長さこそありませんが太さと固さ。エラの張り。そして持続力には自信がありますのでとにかく愚息で「こねくり回す」セックスを心掛けてきました。
オバハンを数回イカせ自分イキきたくなりましたら何処に出そうかとは訊かず「イキそうだ、奥さんのオマンコで行くよ!」と宣言します。
生理があがっていたり安全日に自信のあるオバハンなら「きて!」「中で出して!」あたりがかえってきますし無言や「中はダメよ」と言いながらも抱き着いてくる人なら大丈夫でした。

テレクラに慣れたオバハンでもナマ挿入は許してもマジで中出しはダメな方もいます。
こんな私でもそんな方に無理やり中出しをしたことはありません。
私は変態的な性癖の持ち主ですがプレーとしてではなくマジものの無理強いはダメなのです。
第一、愚息に満足してもらえ安全牌として認知してもらえればテレクラに行かずともあちらからお呼びが掛かろうというものです。
当時、大盛況のテレクラは相当強気な料金設定をしていましたので頻繁に通う為の出費は大変だったのです。
携帯電話など庶民には高嶺の花だった当時、テレクラ慣れしたオバハンといえども人妻であればそう簡単に家電はおしえてくれません。
幸いながら超零細ですが独立して自営業、独身で、ある時間帯には事務所にいる当時の私には普通のサラリーマンよりは向こうからの連絡がし易かったと思います。

取り留めのない思い出の書き込みで恐縮です。
当時はデジタルで音声や画像を記録する方法も無く何分昔のことですので一字一句再現しての書き込みは殆どできませんが、長くお付き合いしたオバハン数人のアナログの録音テープや写真、ある程度の当時のメモはありますので(仕事柄、結構メモ魔です)、後日、印象の深かったオバハン達。テレクラ初心者のオバハン達をご紹介させていただけたらと思います。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会い系・SNS
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.6955
投稿者 北の匠 (51歳 男)
掲載日 2018年3月11日
皆さんはテレクラを知っているだろうか?
知っているひとは、私と同世代かな(笑)
かれこれ20年も前にテレクラで出会って、今だにつかず離れずのKという女性がいるのだが、初めて会った時が夏で、豹柄キャミソールの何ともエロい服装だったので、タイトルに書かせてもらったところです。
条件付きで会ったのだが、豹柄キャミソールを胸だけ出した状態での騎乗位で楽しんだ時は凄く興奮したのが昨日のように思い出される。
それから、何か月に1回というペースでセッ◯スを楽しんでいたが、会う度プレイは過激になり、ホテルに向かうまでの車中で運転中のフェ◯、途中の人気のない場所での野外ハ◯、フェ◯撮りにハ◯撮り、口内発◯と、マンネリにならないように、色々チャレンジしている。
が、中◯しはなかなかやれなかった。

今日は遂にの話を書こう。

春先の話である。
いつものパターンで、何日か前に連絡し、当日は午後休を取って、待ち合わせる。
ホテルはいつも郊外のラブホ。
人気のない道に入ると、チャックを下げ、チ◯ポを取り出し、走行中にしゃぶらせる。
対向車が来ても、どうせ中は見えないし、たまにトラックとすれ違う時は見えたとしても、そのままサヨウナラ~だしね~(笑)

ホテルに着くまで咥えさせるのだが、今回は冬季間閉鎖のテニスコートの駐車場に向かう。
誰も来ない山の中のお楽しみのために。

駐車場に着くと、車を降りて後ろに回る。
ミニバンのリヤハッチを開け、荷室に手をつかせ、スカートを捲り上げ、ストッキングを下げ、割れ目を開きク◯ニをする。
「アッ、ダメ、人が来るかも…。」
「この時期に人なんか来る訳ないだろ。」と言いながら、唾液をタップリ出しながら、オ◯◯コを舐め続けると「アッ、イヤッ、ダメ」と言いながらも、オ◯◯コはトロトロに蜜を溢れさせる。
滑りが良くなって来たところで、指を挿入し、中をかき混ぜると、「アァーン、イヤァ~、こんなところで、恥ずかしいぃ」と言いながらも、止めどなく蜜を溢れさせる。

今度はこちらがサービスしてもらう番である。
膝まづかせたKの口にチ◯ポをねじ込み、しゃぶらせる。
Kのフェラは力加減も舐め方も相性が良く、気持ちいい。
いつだったかは堪えきれずに口に出したら、飲んでくれた。
「飲んだのか?」と聞いたら「だって◯をもらってる以上はそれくらいはしてあげたいから!!」と、何とも出来た女性である。

タップリしゃぶらせて、ギンギンになったところで、再度荷室に手をつかせ、またク◯ニを少ししてから、おむもろにチ◯ポをオ◯◯コに打ち込む。もちろん生で。
「えっ、こんなところで!? ダメ、誰か来ちゃうよ…。」と言うのを無視して、ガンガン突きまくると「アッ、ダメェ、ダメェ」と言いながらも、腰を振り始める。
何とも淫乱なヤツと思いながら、服をたくし上げ、Dカップの胸を揉みしだく。
「イャッ、こんなところで…。でも気持ちいい…。」と、つくづく淫乱である。

でも、ここはあくまでも前菜、メインディッシュはホテルで味わうことにして、チ◯ポを抜く。

再び車に乗り、ホテルに向かう。
もちろんホテルまではドラフェラである。
自分の愛液が付いたチ◯ポをしゃぶるのは嫌がったがお構いなし。
「Kのいやらしい匂いがチ◯ポからしてるぞ。」と言うと「イャッ、そんなこと言わないで…。」と言いながらも、美味しそうにチ◯ポをしゃぶるK。

程なくしてホテルに到着し、車庫入れする間もしゃぶらせたまま。
チ◯ポをしまうと下着が汚れるから、出したままで部屋に入る。
Kを先に入れ、後から入りドアを閉めた途端にバックから挿入。
これがまた興奮するのである。

でも、ここも軽く切り上げ、部屋に入ると、Kに風呂にお湯を入れるように指示する。
湯船に手を入れ、湯加減を見ているKの後ろにそっと近づき、スカートを捲り上げ、またバックから挿入。
不意を突かれたKは「アッ、ダメェ、こんなところでぇ~」と言いながらもヨガリまくる。

そしてここも軽く切り上げ、ソファーに戻り、今度はスマホでフェラ顔を撮影しながら一服する。
踏ん反り返りながら一服している俺のチ◯ポを美味しそうにしゃぶるK。
しゃぶりながら「また硬くなってきたよ!!」とチ◯ポに舌を這わせながら、上目遣いで言ってくる。
「硬いチ◯ポ、どうしたいんだ?」
「欲しい」
「欲しいじゃ分からんなぁ」
「入れて欲しい」
「どこに?」
「アソコ」
「アソコ?アソコじゃ分からんなぁ」
「イヤーン、オ◯◯コ」
「誰の?」
「Kの」
「んで、何を入れるんだ?」
「チ◯ポ」
「最初から通して言ってみろ」
「Kのオ◯◯コにT(俺の名前)さんのチ◯ポを入れてください!!」

何とも楽しい言葉責めをしながら、「それじゃ上に乗れよ。」と促すと、騎乗位でまたがり、トロトロに蜜が溢れるオ◯◯◯に自ら導き入れてくる。
オ◯◯コにチ◯ポがすっかり飲み込まれたところで「アァーン、イィ、チ◯ポ、硬いよ!!」とヨガリ始めたので、すかさず下から突き上げると、「アッアッアッ、イィ!イィ!Tさんのチ◯ポ、気持ちイィ!」と絶叫!
そのまま抱きかかえ、駅弁ファッ◯のまま、ベッドになだれ込み、正常位で激しく突きまくる。
それまでに散々、フェラやら挿入やらを繰り返していたけいか、早くも爆発の予感。
今まで中◯しはしたことがなかったが、今日は無性に中◯ししたい欲望に駆られる。
生理が間近というのはアポを取る時に確認していたから、「もう逝きそうだ…。」と伝えると、「中はダメよ…。」というものの、快楽を貪る腰の動きは止まらない。
「じゃあ、抜いてゴム付けるか?」というと「イャッ、抜かないで!!」
「抜かなきゃ中で逝くしかないだろ?」
「中はダメェ!!」
「じゃあ、抜くぞ?」
「抜いちゃイャッ!!」
そんな押し問答を繰り返しているうちに、本当に我慢できなくなり、「もうダメだっ!逝くぞ!!」と言うと、脚で腰をガッチリホールド!
抜かせてくれないなら、仕方ないとばかりに、鬼のように腰を振ると「アッアッアッ!ダメッダメッ、イクゥ~」と絶叫するK。
こっちも我慢できず、ザーメ◯をKのオ◯◯コの奥に注ぎ込んだ。

「中はダメって言ったのに…。」
「お前が抜かせてくれなかったから仕方ないだろ!、でも、中にザーメ◯タップリ出されて気持ちいいだろ?」
「それは…、気持ち良かった」
「じゃあ、良かっただろ、後で綺麗に洗えばいいさ。」
そういいながら、繋がったまま、Kの唇を貪る。

しばらく余韻を楽しみ、その後チ◯ポを抜くと、Kの愛液と混ざりドロドロの大量のザーメ◯が溢れ出る。
それを指ですくってKの口に塗りつける。
まるでフェラをするように指を咥えしゃぶる淫乱K。
オ◯◯コから何度もすくい取り、唇に塗り、舌で舐めさせながら「全部飲むんだぞ」というと、「うん」といいながら飲み込み一言「美味しい」
「美味しいか?次はお前の愛液とザーメ◯にまみれたチ◯ポを、その厭らしい口で綺麗にしろ。」
ドロドロの液まみれのチ◯ポを一心不乱ににしゃぶるKは堪らなくエロくて可愛い。
チ◯ポを綺麗にした後は抱きしめながら休憩。

その後シャワー浴び、オ◯◯コを綺麗にして、湯船にに浸かりながら潜望鏡をさせる。
いつもは復帰に時間がかかるのに、初の中◯しを決めたせいか、早くもKの口の中で大きくなる俺のチ◯ポにKは「また硬くなってきたよ」と、上目遣いに誘ってくる。
それならと、Kを立たせて立ちバックで突きまくる。
繋がったまま、風呂を出て、バスタオルで身体を何とか拭き、ベッドまで突きながら移動し、バックで突きまくる。
そこから寝バックに移り、身体を捻りながら正常位まで対位変化し、そこから身体を抱え上げ騎乗位に移る。
「なんか変、気持ち良くて、腰が勝手に動いちゃう!アッアッアッ、ダメダメ、逝っちゃう!」と絶叫しながら、本日二度目の昇天をするK。
騎乗位のままで逝くのは本意ではないので、身体を起こし、座位から正常位に移り、腰を振ると、また「イャッイャッ、ダメダメッ、また逝っちゃうよぉ~、アァーン、イクッイクッイクゥ~!!」と立て続けの三度目の昇天。

そろそろこちらも込み上げできたので、腰の動きを速め、高速ピストンしながら「俺も逝くぞ!また中に出すぞ!!」と言うと、「ちょうだい!!Tさんのザーメ◯、中にタップリ出して!!」と、絶叫するK
「ダメだっ、イクッ、イクぞ!Kのオ◯◯コにタップリ出すぞ!!」と叫びながら、Kのオ◯◯コの奥に二度目の種付けをしたのであった。

息も絶え絶えにKに覆いかぶさり「どうた?中◯し最高だろ?」耳元で囁くと「うん!ザーメ◯が子宮に当たるのが堪らなくイィ!!」と、これまで中◯しがダメだったのが嘘のような豹変振り。

色々アブノーマルにチャレンジしてきたが、遂にKを征服した満足感で一杯の春の日でした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.6923
投稿者 ムーンヒルズ (47歳 男)
掲載日 2018年2月12日
この冬の寒波襲来で女性の柔肌と生暖かいオマンコが恋しい昨今なので、だいぶ前に体験した極寒の地での熱い想い出を語りたいと思います。

当時熱を上げていたテレクラで出会った25才のMは北陸出身で妹と二人で東京暮らしをしているOLだった。
純朴な少女が都会の生活でアカ抜け大人の女になりかけている感じで、容姿・声・仕草、そして爽やかな色気が企業戦士の私には堪らなかった。
寒さの厳しい雪国の人は脂肪を蓄える力と脂肪を燃焼する力に優れているので抱き心地も最高で床上手も多いのは頷ける。

Mと肉体関係を築いて半年ほど経った頃、海外旅行に誘うことに成功した。
行き先は極寒の地・アラスカ。
目的は別にあったが興味のあったエスキモー体験をすることができた。

凍てつく極寒の中で「一日体験」をした夜のことです。
人間、死への恐怖を察知すると生存本能が研ぎ澄まされるというが、その夜はまさにそうだった。
天然アザラシの特製寝袋に二人で入り(素っ裸)、密着してじっとしていると徐々に血の気が湧いてきて、気付くと夢中で Mに挿入してピストンしていた。
私は生きてる充実感と込み上げてくる性欲の赴くままにセックスに没頭した。
Mのオマンコの中は異常なほどに濡れ肉襞がチンポに吸い付き射精を促してくる。
そして…初めてMの中で果てた。

その時は幸い妊娠には至らなかったものの、帰国してからは会うたびに激しく求め合うようになり、自然の流れで中出しするようになった。
Mも「中出し」の快感に目覚めていたと思う。

それから数ヶ月過ぎたある日、Mから妊娠したと打ち明けられ、今後のことを話し合おうとしていた矢先に突如私の前から姿を消してしまった…。
以来、Mとは音信不通である。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.6882
投稿者 兼続 (52歳 男)
掲載日 2018年1月09日
久々テレクラ訪問しました。
その昔は色々遊べたのですが、ここのところは足も遠のき、、デリ嬢が素人のふりしてかけてくるとかの噂も聞き、昔の素人の奥さんやギャル抱きまくりの時代は終わってる模様。

とくに期待もせず、個室で待つこと一時間、、暇潰し電話を、やりすごし、かかったきたのが42歳の主婦の方。
自己申告では160の58…んー、やれるギリギリのせんかな?とりあえず待ち合わせ。

来ました!、、ヤンママが若干くたびれたような奥さん。
全体にボリュームあるけど、胸の隆起に目を奪われ、ホテルへ(笑)

裸になると、お肉がいやらしくついたグラマー主婦で、生活感にもあふれ、なかなかいい感じ!
旦那とは全くなくなったらしく、たまにテレクラで他人棒を楽しみちょっとのお小遣いをもらうらしく、、シャワー前の即尺も対応いただき、自分のヨダレでべとべとのモノをFカップ垂れ乳で挟んでくれ、、男の人はこれ好きでしょ?と挑発てきな視線をなげかけてきて、超興奮、、そのままシャワー浴びずにおくさんのエロいからだを舐めまくる、、ゴムは?まかせますよ!、、もしかして安全日とか?、、たぶんね(笑)
おー、中だし確定!
むっちりおくさんのあそこにこれでもかと打ち込み、久々他人妻に注入しました!

その後はシャワールームでたちバックでパンパン、、奥さんも純粋に、楽しんでくれて久々すっきりしました!

イヤー当たりました!
たまにはまた足を運ぼうかな(笑)

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会い系・SNS
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.6815
投稿者 黒護摩 (50歳 男)
掲載日 2017年11月09日
テレクラ全盛期、援助交際や治らない病気とかが蔓延する前、今から25年以上の昔。
20代前半の私は当時では数少ない熟女好き、それも今で言う美熟女よりも普通の主婦やコテコテのオバハンを好む変態でした。

自営業で平日が休日でしたので日中にテレクラに行けばヤリたくて電話をしてきたが保留されまくってしまう4~50代のオバハンが必ず二人や三人は必ずいたので、ほぼ毎回空振り無しというババア好きの変態には天国のような日々でした。
若い男にヤられたいような4~50代なんて9割が生OK、そのうち半分位は中出しOKでしたね~。

私の愚息は14×6cmと長さはそれほどではありませんが太さと硬さ、そしてカリのエラの張り具合と持続時間には自信がありました。
極々普通(に見えるw)の主婦やオバハンが初めて会う自分の半分以下の年齢の若い男に生チンポを突っ込まれ悶える姿は今思い出しても興奮します。

Mなババア、Sな熟女、テレクラで知り合ったババア好き仲間との3P4P輪姦プレイ(すべて中出し)などあの5年間は凄まじく私自身の性癖を追及した時間でした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会い系・SNS
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)