中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.6826
投稿者 たくと (43歳 男)
掲載日 2017年11月20日
いつも楽しく拝見させてもらっています。
たまには私の体験談を報告しようと投稿しました。

3年前に高校の担任の先生が定年退職という口実で20年ぶりに同窓会がありました。
その同窓会にて情事がはじまりました。

当時、お付き合いしていたY子とはお互いに童貞・処女で付き合いお互いSEXの快感もわからずに体験しました。
高校卒業と同時に疎遠になり何年かして結婚したという噂を知人経由で聞いていました。
同窓会でいざY子と会うと、やはり、おばさんになっており正直、残念な再会でした。

同窓会を終えて2~3日過ぎた頃にY子からFBからメッセージが届き会いたいとメールが届きました。
子供の進路について相談したいという内容でした。
私は学習塾で働いているので、軽く返事をして会う日にちを約束しY子と密会をしました。

いざ待ち合わせの場所に指定していくとラブホ街近くの喫茶店で何という所に待ち合わせさせるんだと思いました。
Y子と喫茶店で会って進路の話をするかと思っていたのですが、旦那とレスとか私の近頃の性生活など主とは全く異なる内容でした。
私はY子にストレートに
「俺とSEXしたいから今日呼んだの?」と伝えると、Y子は、えっと言う顔をしましが
「あなたがいいなら、私はお付き合いするわ」って言ってきました。
高校生の時はとってもウブで恥ずかしがり屋の娘がビッチ女になったと思いましたが、とりあえず出されたものは食らおうと、すぐさまにラブホへ移動しました。

ホテルについて部屋に入ると昔の思い出を浮かべながら抱き合いキスをすると彼女から激しいディープキス、手は股間へと。
私も応戦してスカートとブラウスを脱がすと凄い下着を着用していました。
通販でしか買えないんじゃないかというスケスケのブラとTバックでした。
しかもパイパンにまでなっていました。

驚きましたが、ここまで来たら最後までするしかないと思いシャワーも浴びていませんがソファーに押し倒し局部へ生で挿入しました。
するとY子は痴女みたいな喘ぎ声で感じています。
昔はそんな女ではなかったのに激しく感じ、自ら腰を上下へと動かします。
射精感がこみ上げてきて抜いて外出しをしようと思いましたが彼女の足でロックされて、そのまま2週間近く貯めた精子を全部ぶちまけました。

やばいと思い抜こうとすると彼女の足はまだロックしたままで
Y子「抜かないで、このまま、このままでいて」
とお願いされるとY子はスローなテンポで再び腰を動かしはじめます。
さきほど逝ったばかりでしたが久しぶりの生SEXとあり、すぐに復活して2ラウンド目がはじまりました。

20~30分くらいでしょうか?
再び射精感がこみあげてきて私はY子に
「中にまた全部出すぞ!いいなぁ」とつぶやくと
Y子は「出して、全部出して中に」と絶叫しながら逝き果てました。

局部から解放されてベツトに横たわるとお掃除フェラをはじめてくれました。
Y子「まだ?元気だね。もう1回しょ」
と微笑みながらフェラを。
私は彼女にどうして?急にSEXしたかったのかと聞くと、旦那とはレスが3年も続いており、おばさんだから誰も相手してくれなくて一人で自慰して我慢していたそうです。
けど見ず知らずの人とSEXするのは怖くて日々、悶々と過ごしていたそうです。
Y子は高校生当時は酒井法子みたいなキャピキャピ女子だったのですが、残念なことに今は、平野ノラのぽっちゃりというビジュアルでした。
Y子は結婚して、すぐに旦那の浮気で離婚、一回りの年上と再婚したのですが子供が生まれてすぐにレスがはじまったと言っていました。

正直、私的にはもっと若くて綺麗な女性相手に中出しを堪能したいのですが、タダで従順な中出し相手が出来たと思い、20年前の思い出を噛みしめながら3ラウンドの中出しに励みました。
それからというもの性に対する概念がY子によって変化していきました。

20年ぶりにY子と身体を交えて、彼女の変貌ぶりに驚きましたが、こちらから中出しをしてまで、もう会わないと言うのも厄介なので彼女から別れを告げてもらえるように作戦を考えました。
やはり、おばさん体系で乳輪もデカく乳首も黒いのが残念でした。
何か変わったプレイをしないと起ちも悪くなりはじめて・・・

Y子の住むマンションへ私は引っ越しをしました。
都合よく隣の部屋が空室でした。
私も6年前に離婚をしていましたので自由がきく身でした。

私の勤務時間は毎日、午後2時からの出勤でしたのでY子に子供と旦那を見送ったら、すぐに私の部屋に来るように命令しました。
Y子は20年で完全ドMに変貌しており私には100%従順していました。
私は毎日、起床するのが10時過ぎでしたので必ず目覚ましフェラで起こす、そしてY子だけに腰を振らせて騎乗位で中出しをしてから起きる日課を命令していました。
それも飽きてきたので、今度はY子の家で旦那との寝室で中出しをしたいと伝えると
Y子は「凄い、それ!興奮して私、壊れちゃうかも」と。

早速、寝室に移動して中出しSEXの開始です。
ここまで来ると野獣ですね。
寝室では飽き足らずリビングでも中出し、キッチンでも立バックでも中出し、そんな性生活も2ケ月くらい過ぎた時に彼女から生理が来ないと言われました。
彼女はピルを服用していると言っていたのですが、私に内緒で服用を止めていたそうです。
正直、心臓が飛び出るほど焦りました。
冷静にとりつくろいそれでもY子の中にありったけの精子をぶちまけて
Y子に「あなたの精子で孕ませて、お願い!」
と言わせながら中出しSEXを続けていました。
さすがに生理が2ケ月遅れていると言ってるので、やむなく産婦人科に同行しました。

予想は的中かと思いましたが、神様のおかげで妊娠しておらず、ただ、このままだと自然妊娠は100%に近いくらい難しいと医師に言われたそうです。まぁ44歳だからね。
と言いながら、私は安心しましたが、産婦人科の帰り道に公園の駐車場でカーSEXをしました。
Y子の家族所有のワンボックス車で
「今度は妊娠出来るように、もっと奥に元気な精子をぶちまけて下さい」
言わせながら中出しをしました。
精子がY子のマンコから逆流してシートにべったりつきシミになっていました(笑)
本当に従順な女と思いました。
もう中出しを終えた後は何も言わなくてもお掃除フェラをする習慣になっており
Y子が言うには精子の味で私の体調管理が出来ると言っていました。
彼女は益々、従順な超ドMになっていきこのままだと私から別れてくれないでのは?と思い不安になり違う作戦を考えました。

Y子とのSEXも正直飽きてきました。
44歳で普段着はやはり、おばさんです。
たまには若い女とSEXを堪能したい願望が日に日に高まりY子に相談しました。
俺が他の女とのSEXをみてオナニーしろと伝えました。
最初は嫌がっていましたが、嫌なら別れるというと彼女は仕方なしに承諾して私のリクエストに応えました。
しかし素人女性とのSEXは感情があるから風俗嬢にしてと言うので、自宅に昼間からデリヘルを呼びました。
18~19歳で年齢を絞りロリータ顔の女性を探して早速電話しました。
1時間近くするとデリ嬢が登場して彼女に事情を説明すると意外にもノリがよく見てるだけならいいと(笑)

Y子を部屋に呼び出してデリ嬢との行為を見せつけます。
Y子には前もってローターを用意させていました。
私がデリ嬢にフェラ、ゴム付きのSEXをしている姿を横で見させてY子はローターのバイブ音をかき消すほど喘ぎ声でよがっています。
やはり若い女の身体はいいですね。艶とハリが違います。
デリ嬢もなぜか?興奮して凄く感じまくっていました。
いざ射精感がこみあげてきたのでゴム付きですが中出しをしました。
ゴムに溜まった精子をY子に一滴残さず飲むように命令するとチューチューすいながら飲み干していました。

デリ嬢に変わったプレイをしたので倍額のチップを払い、冗談で「今度は中出しさせてね」と別れ際に言うと
デリ嬢「今日でもよかったのに」
とロリータ顔が微笑みました。

デリ嬢が帰ってY子のマンコをみると洪水状態で私にどうしても中出しを今すぐして欲しいとお願いしました。
フェラで立たせてY子の局部にぶちこみます。
正直、若いデリ嬢の後に年増のマンコは緩く中々いけませんでしたがそれが功をそうしたのか?いつもの2倍は感じまくっていました。

Y子に中出しを終えて、お掃除フェラをさせている時に
「どうだった?」とY子に聞くとY子は
「途中で泣きたくなってきた、けど泣いたら別れるでしょ?」とおばさんが半泣きで見つめてきました。
この女?従順を通り越して怖くなりました。

翌週に前回呼んだデリ嬢を再び呼び出して今度は生中出しを堪能しました。
若い女のマンコに中出しはやはりいいです!
いつもの倍の精子と躍動感があります。

デリ嬢に中出しを終えるとY子に私の出して精子で溢れているデリ嬢のマンコを綺麗に掃除しろと伝えました。
Y子は嫌がっていましたが、すぐにデリ嬢のマンコを舐めはじめました。
デリ嬢は「うそ?ちょっと!マジ?」
と言いながら抵抗していましたが、私がY子にもっと感じるように舐めろと命令するとデリ嬢も最初は嫌がっていましたが次第に感じて声を出していたので、私はデリ嬢の口にフェラをさせながらY子のマンコを指でかき回してはたから見たらAVのワンシーンみたいな光景でした。

その後に、ご褒美として大きくなったチンコをY子のマンコにぶち込み感じてる姿をデリ嬢に見てもらえと伝えると絶叫みたいな声で感じまくっていました。
当然、最後はありったけの精子をY子のおばさんマンコにぶちまけました。
これが1番と言っていいくらいの中出しでした。

その後、デリ嬢も1時間延長してデリ嬢にも再度、中出しをしてしまいました(事前にバイアグラを服用していて感謝!)

もうここまで来たら別れれないなと諦めて半年が過ぎました。
あいかわらずY子は淫乱で従順です。
こんなにスケベなのに彼女は旦那、子供の前ではよき妻、母をしています。
おばさん相手に何をやっているのかと思っていたのですが結果、彼女にいいように使われているのではないのか?最近、思えてきました。
彼女から別れてもらうために考えたプレイが私の性癖の覚醒になっていたのです。
20年前のY子に出会っていなければ今の私はいなかった。
近頃は感謝してきています。
ここまで来たら妊娠させるまで、とことん中出しをしてやろうと思います。

余談ですがY子が明日、SEXし(中出し)たら500回記念だそうです。
ハートマークいっぱいでlineが届きました。
半年近くで500回って・・・というよりSEXの回数?中出しの回数を数えてるY子に恐怖を感じました。
もう蒸発するしかないですね。
逆におばさん体系の年増女でもこんなに抱ける自分が野獣ですね。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.6775
投稿者 ポン (35歳 男)
掲載日 2017年9月30日
最近、某女性代議士と弁護士の不倫がニュースになっていましたが、逆に人妻弁護士を奴隷化しちゃったつきあい始めのころの話です。

自分(35歳)は独身で彼女も2年前からいません。
仕事は地方都市の弁護士事務所の事務員を10年やっています。
弁護士10名規模の地方ではそこそこの事務所の大きさでしょうか。
ここ10年で弁護士はロースクールを出て、司法試験を受けるパターンの人が増えて、弁護士人口も急増です。
当然、女性の弁護士というのも増え、3年前に事務所に入ったのが今回の話の「ユリ」(38歳)です。

ユリは大学卒業後、自分と同じような弁護士の事務員として働いてたらしく、一念発起してロースクールに通い、弁護士になったようです。
彼女は夫と中学生の息子と三人暮らしなんですが、夫とはロースクールに通い始めた数年前にはすでに夫婦関係もなかったとのこと。

そんなユリですが、事務員の自分からすれば一応は「先生」という上司の立場。
もともとスレンダーな体系で、いつもタイトスカートのスーツ姿。
肩までのストレートロングとふちなしメガネで、クリっとした二重ですから、美人なんとかって部類ですね。
けれど、上司ですし、同じ職場なのでさすがに男女関係は普通はありません。

大体、弁護士という職業はストレスフルなんでしょうね。
性別に関係なくいつもイライラ、休みなく働くような職業です。
そして、弁護士は酒好きな人種も多く、ユリもご多分に漏れず大酒飲み。
よく飲み会と称しては、自分ら事務員も一緒に飲むことが多い。

1年ほど前、とある事件のことでユリが相談したいといって二人で居酒屋に行くことになりました。
ひとしきり事件の話をしながらですが、ユリはジョッキをどんどん空けて、はや23時すぎ。
(ちなみに自分は下戸なので飲めず、いつもウーロン茶)

「なんか今日は気持ちがいいな。ポン(自分です)さんは事件処理早いし、ほんといつもありがと(笑)」
「いえいえ、先生の指示が的確なので、自分もほんと感謝してますよ。」
「そんなぁ(笑)。ポンさんはまだ時間大丈夫かな?」
「大丈夫ですよ。帰っても寝るだけですし。先生は大丈夫なんですか?」
「私は平気!大体帰ってもみんな寝てるし。朝まで大丈夫(笑)生存確認できてればいいのよね。」
「またまた。ご主人も息子さんも心配しますよ、結構飲んでるし(本気で心配)。」
「いいのいいの!弁護士なんか飲まずにやれるかー(笑)」

という具合で、終始笑いながら、結構なジョッキを空けてました。
ユリはいつものダークスーツですが、タイトスカートな上に、なぜか今日は生足。
差しで飲んでいたのが、いつの間にかユリが隣でしなだれかかってる状態。
掘りごたつ式の個室なので、周りからは見えませんが、ユリはなんと生足を自分の足にピッタリとつけ、そして机の下で手を握ってきました。

「先生…あの、随分今日は近いですね…」
「うん?あーやだぁ(笑)あはは」
「いやぁ…なんと言っていいか…」
「ダメなのぉ?(笑)私ね、ポンさん大好きなの(笑)」

こう言われてしまうと、どう返したものか。
と言っても生足をピッタリな上に、握った手をユリは自分のふとももに寄せ、ニコッと笑う。
さすがに少し勃起します(笑)

「(小声で)ねぇ、ポンさん、私このままくっついていたいの。」

と耳打ちしてきました。
自分が「えっ。」っとなってると、なんと握った手を少し捲れ上がったスカートの中に。
当然、ユリは生足をなぞるように持っていき、自分の手の甲がパンティらしき布へ。

「ねぇ…ここどうなってるかわかる?」
「先生…ちょっとまってください、個室でもここじゃマズイですよ。」
「えー(笑)ポンさん私の事嫌い?」
「そうじゃなくて…」

ユリはかなり酔っているとも思ったのですが、股間を開き気味に、今度は自分の手のひらがパンティにあたるように持っていくんです。
正直、布越しに濡れているのがわかる。
しかも、Tバックなのか、陰毛どころか陰唇がわかる状態。

「先生、これって…」
「もう(笑)わかるでしょぉ。ねっ、しよーよー」
「ちょ、ちょっとここはマズイです…」
「えー(笑)」

ユリは突然、トイレに行くといって個室を出てすぐに戻ってきました。

「さっ、会計すましたし、出よ。ねっ(笑)」
と自分は引っ張られるように店をでました。

当然飲んでない自分の車で「(さてどうしたものか…こりゃ不倫になるな…)」と思いながらも、駐車場へ。
手を引っ張りながら前をいくユリは、車を開けると同時になんと、後部座席へ。
ちなみに自分の車は趣味のために使っている10年落ちのハイエース。

「ポンさんもこっちこっち(笑)」

酔ってる上司はめんどくさいと思いながら、仕方なく一緒にスライドドアの奥へ。しかも三列目に。
後部座席はフルスモークで外から見えない上に、ビルの谷間の駐車場なものだから、人気もほぼない。

「ねぇ、ポンさん、みて」
並んで座った途端、ユリはタイトスカートをまくり上げ、M字開脚。
さっき履いていたはずのパンティはそこにはなく、生マンコ。

薄暗いとは言え、濃い目の陰毛が濡れているのがわかる。
しかもおしっこ混じりの独特のメスの匂い。

「ポンさん、触って舐めて欲しいのぉ…もう我慢できない」
「え…う…」

ここまできて何もしないのも、でも上司だし、人妻だし、ユリは酔ってるし…
とグルグルいろんなことが頭を巡りましたが、気がつけばユリの股間に顔を埋めてました。

「先生、すごく濡れてますよ。いつもこんななんですか?」
「いやぁ、ポンさんといるから濡れるのよぉ、ずっとこうしたかったのぉ」

ユリの股間は陰毛が濃く、陰唇が以外に大きく、当然クリは大きくなってました。
匂いフェチの自分にはそれ以上にユリの匂いがたまらず、クリを指で刺激しながら、陰唇を吸い上げ、もっといやらしい汁が出るように舐めあげました。

「うーん…あっあっあっあっあっ…あぁぁ…」
と悶ながら、ユリは自分のスーツの上着を脱ぎ、ブラウス姿に。
「ねぇ、オッパイも触ってぇ」
ユリの言われるままに、マンコを吸い上げながらブラウスの下から手を入れるとノーブラ。

小ぶりですが、乳首は完全に立っていて、指で乳首を弾くと

「あぁぁあああああっ。それ好きなの、乳首もっともっと」

ユリのマゾぶりは後にもっと分かるのですが、いわれるまま乳首を指で押したり弾いたり。

「あああああ…イグゥ…‥‥‥」

ユリがイッてしまいました。

「ポンさぁん、次はわたしが気持ちいいことしたいよぉ」

ユリはブラウスを脱ぎ捨て、タイトスカートのまま自分を押し倒し、自分のズボンを剥ぎ取るように脱がせました。
勃起で痛いぐらいのチンポをゆっくりとしゃぶりはじめます。
ユリは上目遣いに自分を見ながら

「おいひい、ポンさんのおいひい。どゆとこ気持ちいひ??」

と唾液でベチョベチョにしながらしゃぶり続けます。

答える間もなく今度はユリが上のまま69の体勢に。
ユリのマンコは一回イッてるので、何をどうやってもユリはビクビク反応。
69になるとユリの肛門も丸見えになり、うっすらウンチの匂いも。
けれど自分にはさらにたまらない気持ちになり、肛門も舌を入れながら中指をマンコに、親指をクリに当てながらクンニを続行。

「あぁぁぁ、ポンさんしゅごい、しゅごい、またイグぅ…」

とブルブル震えてまたイッてしまった。

さすがに自分もイレたい気持ちになったのだけど、また「あっ人妻…上司…」が巡り一瞬躊躇。
そうしたらユリが69から自分のチンポをまたぐ形でいきなり挿入。

「えっ!」
「あぁぁすごい、ポンさんのチンポすごい。私の気持ちいいとこ知ってる。」

と、ユリは腰をガンガン振りはじめ、車内に汗とメスの匂いとクチュクチュ音。

「お願い、バックで突いてぇ。」

今度はバックを要求。
もちろん、ここまでくれば突きます。
ユリのケツは着衣時にはわからなかったのですが、予想以上に大きく、しかも色白がわかるぐらい白い。
肉付きはアラフォーですが、肛門周りまで陰毛が生え、バックから光景はまんざら悪くない。
むしろゆるめの肉付きでパンパン突けば、揺れ方も音もいやらしい。

「ポンさん、尻叩きながら突いてぇ、ユリ激しいのがいいのぉ」
「先生いいの?叩くのがいいの?」
「先生じゃなくてユリって言って叩いてぇ」

マゾっ気丸出しのユリに流石に驚きつつも、ケツを叩くのは決して嫌いじゃないので、白いユリのケツをピシャっといきました。
「あぁぁイグぅ、あぁぁイグぅ…」
と叩くたびにユリは悶えまたイッてしまいました。

「前からもぎでぇ…」

ハイエースとはいえ、狭い車内ですからユリをシートに寝かし、自分はフロアに膝まづき正常位で再挿入。
メガネをかけたままのユリはよだれを流し、タイトスカートが腰巻きみたいになったまま唸るばかりです。

自分もさすがに気持ちよくなり

「ユリ、出そうだから抜くよ」
「このまま…このままだしでぇ…」

とよくあるカニバサミ状態で腰をロックされました。

「ユリ、中でいいの?大丈夫なの?ほんと?」
「だいじょうぶぅ、中がいいのぉ…」

全く安心感はないまま、絶頂しユリの中へ精液を流し込みました。

「あぁぁポンさんのがドクドクしでるぅ、ユリの中で出でるぅ」

チンポを抜くとユリのマンコから白い液がダラダラ出てくる。
まさか上司の、しかも事務所ではお堅い弁護士で通っているユリがよだれまみれでマンコから自分の精液を垂れ流しているのです。

終わったのは深夜2時ごろまでだったでしょうか。
ユリはとても満足そうな顔でしたが、なんとも自分はどうしていいかわからない状態。
お互いをティッシュで拭き、次第に冷静になると

「ねぇポンさん、私はポンさんが大好きなの。良くないことはわかってるけど…」
と少しウルウルした目で自分を見るユリがなぜか愛おしくなり、自然とキス。
なんとなく返事もないまま、ユリの自宅近くまでユリを送り、自分も帰宅し気がつくと朝でした。

翌日、平日ですから普通に出勤し、ユリもそのうち出勤。
全くいつもの格好に、まるで昨日ののことがなかったかのようにいつも通りに接してきました。
ただ…自分宛の事務書類に付箋が張ってあり

「ポンさん 昨日はありがとう。もう一回昨日の事件の打ち合わせできないかな? ユリ」
と書いてあったのです。

それからユリとの関係が続きますが、これはまた後日。
お粗末さまでした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6707
投稿者 シャアの再来 (44歳 男)
掲載日 2017年7月24日
久々の投稿です。
SNSでたくさんのセフレを手に入れましたが、なにぶん遠い。
一人だけは同じ町でしたが、ほとんどが近くの地方政令都市、そこまでは50㎞も離れているので、なかなかタイミングの合わず、もんもんとした日々を送っていたさなか、学校(子供たちが通う小学校)でひときは目立つ美人の奥様と出会いました。

年は7つ下顔は、水原希子のようなオリエンタル、スタイルも抜群でこれは、俺にも無理かな?って思っていたときでした。
なんと、向こうから近寄ってきたではないですか。
でも近場に手を付けたらまずいと思って、まずはお話から。
話を聞いたら、妻の遠い親戚、これまたまずい、そして旦那とも仲良くしゃべるようになった時でした。
学校の行事の打ち上げで隣に座ってきた。

話を聞いてるうちに家庭の愚痴を…
「今度ゆっくり聞いてあげるね」と。

その日から毎日メールのやり取り。
旦那とは3人目の子供を妊娠した時不景気だったのでおろしてくれと頼まれ、その日から夫婦の溝は広がる一方。
夜の生活もほとんどないとか。
「じゃあ昼間の空き時間にでもあいますか?」と話はとんとん拍子に。

そして、初めての待ち合わせの日、彼女はそこに現れませんでした。
「せっかく来たのにどうした?」
といったら、やはりいろんなことの葛藤で考えすぎていけなかったと。

でも、怒らずまた誘うからねの言葉に、彼女はキュンと来たらしく…
二回目は来てくれました。
そこで軽めのチュ。
三回目でカーセックスに到達。
それから週二回のペースであいびきを重ねました。

そろそろ車では限界を感じ、隣町のラブホへ。
お互い友達と食事といい、待ち合わせ、車の中では全裸ではなかったので初めて理子(仮名)の体を見ました。
おへそにはボディピアス、スレンダーなのにDカップむしゃぶりつきたい腰の括れ、もうたまらん。

一緒にお風呂に入り洗いっこ、理子は口が大きく私の愚息を根元までくわえ、お風呂でまさかの暴発。
毎回カーセックスの時も口でフィニッシュ。
周りが汚れると困るってのもあるけど、毎回ゴックン。
男の喜びを知ってる女だなとつくづく感心。

ベットの上では激しく腰を振り、まんまと二回目の発射、それも中だし!
「大丈夫、今日は安全日だから」
とお掃除フェラをしてくれる。
最高のセフレを手にいてたかに思えた。

その1週間後…

同僚から、俺の遊んでる噂を聞いて、自分との関係もばれたら困るとあっさりと終わり。
半年で終了となりました。

でも今でも近所なのでメールをすれば返信は来る。
子供が手を離れたころ、もう一度アタックしてみよかな?
理子はそれだけもったいない女でした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6660
投稿者 てん (51歳 男)
掲載日 2017年6月07日
投稿No.6637の続き

書き込みが遅くなって申し訳ありません。
仕事の関係でGW明けから他拠点へ1ヶ月弱ほど応援に行っていました。

自分は、りほからの連絡を待っていた。
2週間後ぐらいだっただろうか・・・土曜の深夜りほから電話があった。

「てんさん・・・?りほです・・・遅い時間にごめんなさい」
「平気だよ」
「今からとかって・・・会えたりしますか・・・?」
「いいよ。ちょうど渡したい物もあるし」

深夜に女と待ち合わせ・・・季節は晩秋に近かったと思う。
寒かったと記憶している。
りほから指定された待ち合わせ場所である24時間営業のファミレスでコーヒーを飲んでいると、薄着のりほが周りを気にしながら入って来た。

「てんさん・・・遅い時間にごめんね・・・」
「薄着で寒そうじゃんか」
「今月ちょっと厳しくて・・・」

ずっと出前の仕事が暇らしく、少し前からガソリンスタンドでバイトを始めたという。
それでか・・・ある疑問にやっと納得できた。
ホテルでりほの手に触れた時、手荒れが酷いように見えた。
そんなに高い物ではないが、ハンドクリームを渡そうと思っていた。

「これよかったら使ってよ」
「えっ・・・」
「手荒れ酷そうだからさ・・・二足の草鞋だと大変だろうけど・・・」
「ありがとう・・・」
「ちゃんとケアして指名もらわないとな・・・」
「てんさんだけだよ。あたしを指名してくれるのは・・・」

りほの表情から複雑な事情が垣間見える。
原因は恐らく・・・あれか・・・?

軽く食事して会話が途切れた頃、りほから・・・

「てんさん・・・離婚して何か変わった・・・?」
「清々はしたけど、後味は悪いよね・・・もう結婚は懲り懲り。もうすぐ家の直しは終わるけど、あの忌まわしい記憶は消えないよ・・・」
「無神経でごめんなさい・・・」

これから2時間後に目の前にいるりほを性欲の捌け口にして、自分自身が初体験となる生中出しを経験する事になる。
お恥ずかしい話だが、元嫁とは数えるほどしかありませんでしたし、最初から最後まで100%ゴムの使用を求められていました。
生中出しなど以ての外。
生挿入すらNG・・・何で結婚したのか疑問です。
子供が欲しいと言っても適当な理由で有耶無耶にされ、危険日らしき日にに求めると激しく拒絶された。
その影で年端もいかない独身の若僧と生でズッコンバッコン・・・しかも孕むという破天荒ぶり・・・自分の間抜けっぷりに呆れますね。

ファミレスを出てりほに尋ねた。

「りほちゃん、帰りの足は?」
「家が近くだから徒歩だよ・・・それよりてんさん・・・この前の分・・・」

その時に一番触れたくない部分にりほが触れてきた。

「それなら・・・『ホ』のつく所にでも行こうか・・・」
「うん・・・」

車を走らせ、ラブホに行くふりして、とある場所へ向かう。

「てんさん・・・何もないけど・・・どこ行くの・・・?」
「あった。ここだよ」

少し高い所にあって昼間なら見晴らしがいい。
夜は星が綺麗に見える丘のような場所。

「星が綺麗に見えるんだよ。あっ!もしかしてホテルだと思ってた?俺が言ったのは星空の『ホ』なんだけど・・・」
「てんさん・・・意地悪・・・^^」

笑うりほに自分の上着を羽織らせて暫し星を眺めていた。
お互いの吐く息が白く白くなり、寒さが襲って来た頃、車へ戻った。
ナビに座るお世辞にも綺麗とは言えない太めの女が・・・

「てんさん・・・あたしね・・・てんさんに秘密にしてた事があるんだ・・・」
「なんだろ?」
「あたしね・・・りほって名前じゃないんだ・・・本当の名前は・・・志保です・・・黙っててごめんなさい・・・」
「本名で風俗やってる方が少ないと思うよ。っていうか、いないと思うよ」
「もう・・・風俗嬢は辞めたい・・・お金もらってもやりたくない」
「今まで訊かなかったけど、何か大きな理由があってやってるんだろ・・・?じゃなければ、簡単に大切な身体は売れないよな・・・」
「借金・・・」

やっぱりというか、出前とGSのバイトを掛け持ちしなければならないほど追い詰められてるということか・・・複雑な事情の正体を知った。

「返済の為に大切な身体を売って・・・手荒れが酷くなるほど働いて・・・精神的に追い詰められて・・・」
「バカみたいでしょ・・・」
「そのバカな女を指名してた俺は・・・大バカだな・・・」
「ごめんなさいごめんなさい」

泣きながら強く抱きついてきた志保・・・最低な事に俺は・・・その場で志保の身体を求めてしまう。
狭い車の中で、志保の分厚い唇を奪い、執拗に唾液と舌を絡ませ、大きくて垂れた胸を揉みしだき、淡い色の乳首を転がした。
これほど興奮した自分がいた事すら分からなかった。
俺の雰囲気を悟ったのか、志保は今まで絶対NGだったフェラチオを試みようとしていた。
志保はフェラとバックが絶対にNGだった。
理由はフェラの経験が全くないから上手く出来ないし、気持ちよくしてあげられないって事らしい。
バックは嫌な事でトラウマになり、絶対にダメだと言われていた。

「てんさん・・・お口でしようか・・・」
「無理にしなくてもいいよ・・・」
「初めてだから下手だし気持ちよくしてあげられないけど・・・頑張ってするから・・・」

そう言うと、志保は躊躇いながらも咥え始める・・・ぎごちなく確かに下手だ。
時折、歯が当たって痛い。
ガボガボと咥える・・・ズボズボと上下する・・・ビチャビチャとしゃぶる・・・下手でも一生懸命フェラチオしている志保を見ていると、どんどんガチガチになっていく。

「志保ちゃん・・・もう我慢できねえよ・・・」
「ホテルまで我慢して・・・お願いだから・・・」
「こんなになったら無理だよ・・・」
「てんさん・・・あれ持ってる・・・?」
「無いよ・・・」
「どうしよう・・・」

志保の一番感じる部分に触れてみた。
初めて会った時は殆ど濡れなかった。
数回会って少し濡らしてくれた。
この前の分という理由でプライベートで初めて会ったが、抜群の濡れ具合を見せてくれた。
指に付いた愛液が志保の気持ちの表れか・・・膣を激しく掻き回してしまう・・・

「志保ちゃん・・・やっぱり我慢できねえよ・・・」
「てんさん・・・あたしも我慢できないよ・・・」

人生初の生SEXは狂いそうになるくらいの快感だった。
志保の身体を強く抱きしめ、ただ下から突き上げるだけの対面座位・・・志保と繋がっている部分からクチュクチュと音がして温かいのが垂れている・・・時間にして10分にも満たない短くて激しい官能的な時が終わった・・・俺は志保の中に有りっ丈の精子をぶち撒けていた・・・

「志保ちゃん・・・」
「てんさん・・・」

我に返る志保と俺・・・志保は泣いていた・・・

「てんさん・・・ごめんなさい・・・あたしが妊娠したら・・・てんさんに迷惑が掛かる・・・どうしよう・・・ごめんなさい・・・」
「志保ちゃんが悪いんじゃない!悪いのは俺だ!」

俺は・・・近い将来、この女と結婚するかもしれないと感じた。

つづく

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.6616
投稿者 ○長 (56歳 男)
掲載日 2017年3月28日
投稿No.6601の続き

朝、待ち合わせ場所の大型スーパーの駐車場に車を止めると、建物の蔭からまりが走って来た。
胸が大きく開いたニットのミニスカワンピに薄い黒のストッキングにジャケットを羽織り、紙袋を持っている。
Cカップくらいある谷間が走るとダイナミックに揺れ動き、モロノーブラと分かる感じである。
さすがに家を出る時は、その恰好が出来なかったと見えてこのトイレで着替えた様子だ。

息を切らして助手席に乗るまりに少し厳しく
「ジャケットは違反だろ。それに網タイツと命じたはずだぞ」と言うと、
「ごめんなさい。昨日あなたと長く過ごし過ぎて買いに行けなかったの。だから薄い黒のストッキングで許して。」
「でも、ジャケットはダメだろ。脱ぎなさい」
「ジャケット着ないとノーブラって分かっちゃうから・・・・」
「だからいいんだろ」
私が半ば強引にジャケットを脱がし、まりの乳首をニットのワンピ越しに弄ぶると、
「あっ・・・あっ・あ・あ・・気持ちぃぃ」
と、体をビクビクさせながら、口を半開きにし、苦しげに息を洩らす。
コリコリの乳首を指で摘み、掌で転がし、ニットのワンピを引っ張ると乳首が尖って突き出ているのが露骨に丸分かりだ。
「イヤ、恥ずかしぃ・・・」
そう言って両腕で胸を隠すが、そんな動作には構わず
「下もチェックしないとな」
と両手で胸を抱え込んだため無防備になったミニワンピの裾から手を差し入れる。
「ダメェ」
慌てて私の手を抑えようとするが遅い。
「ん??・・・何だこれは??」
膣から出ている紐を摘まむとまりが顔を赤くした。
「興奮しちゃって・・・エッチなおつゆが止まってくれないから・・・脚に垂れて来ないように、タンポン・・・・」
「ダメだ、ダメ」
タンポンを引き抜こうとするが、紐がヌルヌルで手が滑るし、確かに興奮しているらしくタンポンを膣がきつく咥えこんでるため、引き抜くまでにかなり手古摺った。
まりの目の前に淫蜜をたっぷり吸ったタンポンをぶら下げると重たげに揺れた。
「すごいスケベ汁の量だな。タンポンが重いぞ」
「いやぁ・・・」
首まで赤くしたまりに見えるようにタンポンの一部に口を付け吸う。
「まりのスケベ汁、うまいな」
「ダメェ・・・止めて」
慌ててまりが私の手からタンポンを奪い取ろうとする隙に、左手で服の上から乳首を、右手で直接アソコを弄ぶ。
クリと乳首を微妙なタッチで触られ、まりが体をビクビクさせ、私の股間をまさぐり囁く。
「もう我慢できない・・・これ欲しい・・・ホテル連れてって・・」
「ダメだな。今日は一日、その恰好で外でデートだ。みんなにまりのノーブラ姿見て貰って、どこか野外で嵌め嵌めだな」
「そんな・・・興奮しすぎちゃって脚ガクガクで歩けないょ・・・」
「そうか、まず一度イかせて少し体を楽にしてやるか」
「え??」
「この駐車場で、車の中で嵌めてやるよ」
「え?・・・イヤだ・・車でなんかしたことないょ・・・なんか怖い・・・」
「大丈夫だ。ここは広いし、端に行けば誰にも見られない。車動かすから、これでもおしゃぶりしてなさい」
私はジッパーを下ろし少々苦労しながら勃起しているモノを取りだした。
「まだ少し柔らかいのでガチガチにしてくれ」
コクリと頷いてまりは、亀頭に唾液を垂らすと手で幹に唾液をまぶしながら扱き、続いて口を大きく開け亀頭を呑み顔を上下させ始めた。

この郊外型ショッピングモールのバカでかい駐車場のスーパーに近い所に停めた車を入口からも遠くメインゲートからも遠い場所へ移動させた。
まわりには2,3日ずっと停めているような車がポツリポツリとしか無かった。
まりの濃密なフェラで、私のモノもガチガチになったようだ。
シートを思いっきり倒し、まりの淫蜜でズボンを汚さないよう前を大きく開き、シャツも少し上にあげた。
「上に乗れよ」
フェラを中断させ、まりに命じる。
まりは躊躇いながら周囲を見て、誰もいないことに安心したように、私の上に乗り腰を浮かせ、私のモノを苦労して上に向けノーパンの股間に宛てがおうとしている。
普通私の年齢の男性なら横になるとモノは真っすぐ天を指しているのが普通だが、私のモノは、私の顎を差すように勃起し、まりの唾液と我慢汁にまみれた亀頭が臍の上方に密着し、それを上に向かせるにはかなり力が要るようだ。
まりのソコはすでにドロドロになっていたため、亀頭の部分がニュルンと入り、その瞬間まりはやるせ無いため息を漏らした。
「あああ、気持ちぃぃ・・・」
その後まりが数度体を上下させると、幹が少しずつまりの粘膜に包まれて締め付けられて行くのが分かった。
根元まで全てを膣内に呑み込むと、まりはシートの端に手を付き、腰を廻して膣一杯になったモノの味を確かめている。
外見的にはワンピを着て、ストッキングを付けた女が男の上に跨っているだけだが、女の顔付き、腰付きがあきらかに今やっている女のもので、そのギャップに聊か興奮する。
「あああ、たまんない・・・」
まりがそう言うといきなり激しく体を上下させ始めた。
ノーブラの胸が激しく揺れる。
「あ、あ、あ、あああああ、」
昇りだそうとするまりの腰を抑えて止める。
「こらこら、そんなに動いたら、車が揺れて遠くからでも、車の中でやってるってわかっちゃうぞ」
「え?・・・え、え??・んんん・・・じゃぁどうすればいいの??」
まりは我に返り辺りを見回す。
「ピッタリここを密着させて、静かに小さな円を描くか、前後に少し動かすかしてごらん」
言った通りにまりは動きを小さくするが、全身でイキタイって思いをぶつけるように私を恨みがましく見る。
「うん、大丈夫だ。激しく突き上げることはできないが、これで充分感じるだろ?」
私は下腹に力を込めモノに微妙な律動を与えたが、それが亀頭にあるイボが奥のポルチオ感覚を刺激することを会得していた。
息を荒げて眉根を寄せまりが頷く。
ニットのワンピの粗い目を利用してノーブラの乳首に刺激を与え、漏れて来る淫蜜をクリに塗りつけると、まりは体を捩って口を覆いヨガリ声を我慢している。
我慢しながらもまりは体を微妙に前後に揺らし、片手で口を覆い、片手で自分の乳首を弄っていた。
「まりのくりちゃん、何もしなくても皮剥けててイヤらしいな」
まりの弄っていない方の乳房を揉み、もう一方の手の指腹でクリを下から上へ本当に羽が触る程度に触り続けると、まりはイヤイヤをするように顔を振り、抑えても抑えてもこみ上げるヨガリ声を洩らし続けている。
その状態のまま結構長い時間がたったように思ったその時、急に私のモノが強く締めつけられ、膣が痙攣するような収縮を繰り返すとまりが
「イクッ!!・・・イクイクイク・・・イクッ!!!」
と体を幾度ものけ反らせ、がくっと私の上に覆いかぶさって来た。
激しい息遣いで首筋とか汗を浮かせてグッタリとし、いつものようにキスを求めて来る気力もないようだ。

「はぁ・・はぁはぁ・・・すごく・・・重くイッちゃった・・こんなの初めて・・」
「激しく腰を振り合うのもいいけど、たまにはじっくりもいいだろ?」
まりはコクリと頷き
「いつもの5回分くらいまとめてイッタみたぃ。まだ、痺れてる・・」
「そうか」
そう言いながら、ニット越しに乳首を弄るときつく手を抑えられた。
「ダメッ・・・どこもかしこも凄い敏感になってる・・・」
「じゃあ、しばらく助手席で休んでな。そろそろ出発しよう」
「どこへ?」
「もちろんデートだ。綺麗な湖畔でも見に行こう。そこで後ろから嵌めてやるよ」
ダム湖の周りはメインの道路から外れた道が周回しているのを思い出して私が言うと
「外で本当に嵌めちゃうの・・・ヤダ・・・怖い!・・でも、考えただけで溢れちゃう・・・」
まりは股間に手をやり秘所を弄っているようだ。
「まり、○長さんのせいでどんどんヤラシイ女になっちゃう・・・」
「俺のせいじゃないな。もともとまりはスケベなんだよ。ダム湖に着くまでこれで遊んでな」
私が極太バイブを鞄から取り出すと、スイッチを入れクネクネ動く部分と激しく震える球の部分をまりに見せ手渡した。
まりは躊躇わずバッグからコンドームを取りだし、バイブに被せ
「○長さんの亀さんの方が大きいよ・・咥えるのこっちの方が楽だもん」
とか言いながら先端を唾液で湿らせている。
正直、まりがバッグにゴムを入れている方に驚いたが何気ない調子で聞く。
「ゴム持ってるんだ。でもピル飲んでるんだからゴム要らないだろ?」
「いやぁねぇ・・生を許しているのは○長さんだけに決まってるじゃない」
ほほぅ・・初心だ初心だと思っていたが案外の摺れからっしなのかもしれない。
自分のことを棚にあげ少し冷めたが、それならそれでもっと鬼畜になってもいいんだと興奮する面もある。

まりがバイブを膣口に宛てゆっくり出し入れし始めたのを確認して車をスタートさせた。
まりは窓側の方を向き、右手でバイブの出し入れ、左手で乳首を弄ってヨガリ声を洩らしている。
女性のうちには乳首がいくら敏感でも自分で触ったら全く感じない人もいるが、まりは感じるタイプらしい。
窓側を向かれると面白くないのでこちらにまりの顔を向かせると、虚ろな顔をして、半開きの口から一筋ヨダレが滴り落ちている。
ここまで淫らな行為にまりがのめり込むとは、関係をもつ前には予想できていなかった。

ダム湖近くに着くまで、まりは2度絶頂に達したようだが、達しても達してもまりはバイブオナを止めようとしなかった。
湖畔の人気の無い駐車場に車を止めると、まだバイブを動かし、今度は自分でクリを弄っているまりの手を止めた。
「そろそろ本物が欲しい頃だろ?行くよ」
虚ろな目をしたまま、まりが頷き、ドアを開けようとするのをしばし押しとどめる。
このバイブは、ノーパンプレイに対応していて、ガーターのベルトに固定できるようになっているのだ。
手早くバイブを固定し、まりを外に出るように促す。
私も車の外に出るが、勃起したものがズボンを大きく盛り上げていた。
この格好では、やはり街中は歩けない。
まりのミニワンピの裾から微妙にバイブの根元が見え隠れしているのがエロい。
しっかり私の腕を抱えノーブラの乳房に押しつけながら囁く
「どこ行くの??早く・・・その膨らんだものを嵌めて欲しいの」
「あっちにもっと景色がいい所あるから」
そう言いながら小径を歩きながら、頃合いを見計らってバイブのリモコンのスイッチを入れる。
静かな環境に結構大きめのバイブのクネル音が響く。
ビクンと大きく体を揺らし、腕を強く掴んでまりが小刻みに体を震わせポテッとした唇を半開きにし恨めしそうに私を見る。
「なんだキスして欲しいのか」
そう言い私は舌をまりの口に差し入れ、リモコンを持っていない方の手でまりの形の良いノーブラの胸を弄ぶ。
トドメでバイブのクリを刺激する玉の振動をマックスにすると、ブーンという音も聞こえて来る。
まりは濃厚なキスから逃れるように顔を背けると
「イヤッ・・・あああ・・・イッチャウ・・・イッチャウ」
と体をエビのように捩じりガクガク痙攣させ、径の傍にあった椅子のような岩に座り込んでしまった。
「あ~ぁ、こんなスケベ汁、いく筋も太ももに垂らして・・・昨日もいいだけやりまくったくせに本当にまりは淫乱だな」
しっかり咥えこんでいるバイブを引き抜くとゴボッという音がして白濁した淫汁が岩に滴った。

「ほら使ったバイブ綺麗にしろよ」
私がまりの口にバイブを押しこむと懸命に舌を使ってバイブを浄めている。
「ほらほら、おまんこ、こんなにぱっくり口開けて、全開じゃないか。ご丁寧にまんこからヨダレ垂らし続けて、ホントスケベだな。パイパンだから丸見えだぞ」
そう言うと、指を2本上向きに差し入れ、まりのポイントを刺激する。
まりの絶叫が湖畔に響く。
思わず見回すが、幸い人はいないようだ・・・いや、居たって構わないと思い返した。
「ほらほら、道の上を走るトラックの運ちゃんにまりの潮吹き見せてやりな」
クチュクチュ音がヌチュグチュに変わったかと思うとまりがバイブを咥えたまま幾度も仰け反り大量の潮を吹き岩と径を濡らす。
「もう我慢できない・・・・」
まりははぁはぁ息を切らせながら、わたしのズボンの前を撫でさすり、ジッパーを下ろして苦労してモノを剥き出しにすると、しばしウットリ眺めた後、根元から舌を這わせ濃密なフェラを開始した。
フェラの時の上目遣いのまりはことのほか色っぽい。
まりの舌と喉奥を十分に堪能した後、岩の上でまりの脚を屈曲全開にさせ、真上を向いていきり立つモノを押し下げまりの膣口に押し当て体重をかけていった。
まりはそれを後ろ手を着いた状態で若干腰を浮かせて迎え入れ、深いため息をついた。
「やっぱり・・・ホンモノはい、い・・あああ・・暖かくて気持ちぃぃ」
まりは浮かせた腰を回転させ膣一杯に咥えこんだモノをじっくりと味わっている。
ゆっくり抜き差しを繰り返すだけでまりの性器は激しい収縮を繰り返し、まり自身も屋外で寒いはずなのに首筋に汗を浮かせていた。
「ダメ、興奮し過ぎて・・・もぅイッチャウ・・・あ、イク・・・イクゥゥ」
過呼吸のような激しい息遣いをしてまりは腰を岩に落とした。
そのまりを岩から引き落とすと、岩に手を付かせ、脚を大開させて立ちバックの形で、モノを割れ目に擦り付けると、ズブッと挿入し、激しく突き立てながらノーブラで揺れている乳房をワンピの上から揉みしだいた。
「ああああ・・・気持ち良過ぎて・・・立ってられなぁい・・・○長さんのチンポ凄い・・・凄過ぎる・・・」
そう言いながらまりも腰を振りながらも脚をガクガク震わせている。
イカせないように手加減するが、今日のまりは完全にスイッチオン状態で短時間でどんどんイッテしまう。
「ああああ・・・気持ち良過ぎて頭変になりそう・・・」
まりの両腕を握り嵌めたまま湖側の手すりへとまりを導くが、とにかくすぐへたり込みそうになるまりを立たせておくのが一苦労である。

遠くに2組ばかりカップルが見えるが、こちらを見て固まっているような気がする。
遠目でもやってるのがモロ分かりなのか、まりの嬌声が風に乗って届くのかわからないが、まりの顔をそちらに向けた。
「ほら、まり、お客さんがまりのエロいイキまくり見てるぞ」
「イヤァ・・・見られてるの・・まり・・・嵌められてるの・・見られてるゥゥ・・・ああああ・・・もっともっと犯してぇ・・・」
興奮が域値を超えたのか、ブルブル痙攣しながら淫語を撒き散らし、嵌め潮も吹いているようだ。
こうなるとネットリ粘膜が絡みつき幾度も締めあげて来るので、私の脳も快楽に痺れ限界が近くなった。
「まり・・・イキそうだ・・・あああ・・イクゾ」
「いい・・いい・・あああ・・気持ち良くなってくれて・・うれし・い・・・ああ頂戴・・・ザーメン頂戴・・・あああ」
「イクッ!!」
「あああ・・・ダメ。。。あああ・・・○長さんのザーメン・・熱い・・凄い熱い・・・あああ・・イッチャウ・・・また、イッチャウ」
昨日3度ばかりまりの中に放出したのに、野外という興奮のためか何度も拍動を繰り返し大量のザーメンをまりの中にブチ撒けたようだ。

幸い遠くの何組かのカップルはこちらに気が付かないか、気が付いて避けるように他へ向かうかしているようだ。
本来ならこのまま、汚れたモノを一度まりの口で浄めさせてまた始めるのが○長スタイルだが、まりにとっての初野外プレイはこのあたりで一度締めた方が安全というものだろう。
まだ硬さを保っているモノを苦労してズボンにしまうとまりに聞いた。
「どうする。他の人に顔を会わせたくないなら向こうに行って車に戻ってもいいが?」
まりは薄く笑った。
「もう、こんなプレイして今さら恥ずかしいなんて言ってらんないし・・・それに私、初めて分かったけど、こういうの嫌いじゃないみたい」
そういうとまりはニットのミニワンピを引っ張り、乳房の形と乳首があからさまになるようにして私の腕を取った。
「真っすぐ車に戻りましょ」
そういうまりの新たな面を知り、下半身がさらに硬くなるのを感じた。
それを見てまりは笑った。
「私もかなり恥ずいけど、○長さんもそんなに膨らませて、超恥ずい恰好だょ」
「まりが、頑張ってるなら、おれも頑張らなきゃな」
「でも、初心な子は嫌うだろうけど、男の味覚えた子にしたらその凄い膨らみ唾ゴックンだょ。私なんてそれの味、もう知り尽くしてるから・・・欲しくなっちゃう」
淫らさが滲んだ笑顔でそれこそ咽喉をゴックンさせているようだ。

駐車場に戻ると、私たちに注意を払わない人と、明らかに目を逸らしたり注視したりする人がいる。
まりは我々を注視したり避けたりする方へ方へと向かい、声が聞こえる範囲になると小声の振りをしながらもある範囲には良く通る声で
「もぅ・・何度もイカされ過ぎて膝も脚もガクガクだょ。まだあなたの太いの挟まってるみたい・・・・あ!・・・早く車に戻らないと・・中出しされたザーメン洩れてきそう・・・」
これには私もびっくりしたが、そのカップルの側を通り過ぎると、今度は本当の小声で囁く。
「あの子、○長さんの膨らみに目・・釘づけwww・・・ねぇ、ああいう子、好み??簡単に落とせちゃうょ。あの目つき、絶対欲求不満ょ、あの子。彼氏の方は、私のおっぱいに脚と腰のくびれガン見してるしね・・あの二人、セックスの相性悪いみたぃ・・・ああ、もぅ、野外プレイと露出・・・病みつきになって超はまりそう」
そんなまりの様子に私も今後まりにさせたい色々な妄想が渦巻く。
「まぁ、取りあえずは昼飯にするか・・・」

湖畔にある温泉ホテルのレストランは、マスやトラウト料理で知られていた。
まりと私は向かい合わせの席に座ったが、ランチコースが終わる頃、まりがニーハイストッキングの両脚を伸ばして挟み込むように股間をスリスリして来る。
「まだ、ちょっと硬い・・フフ・・ねぇ・・・さんざんイカせてもらってあれなんだけど、メチャスイッチ入ってて・・・欲求不満って言うか、もぅ全裸でやりまくりたいの・・○長さんの肌感じたいし、どこでも舐めたいし、舐められたいし・・・」
結構大きな声で思わず周りを見るがまりは平気そうである。
怖い女だと思ったが、実は私もやりたくてやりたくてたまらなかった。
その思いが下半身に伝わったのか、まりが喜声を挙げる。
「あ・・硬くなってきた・・あ~ん。。。凄く欲しい・・・これ」
「わかった」
ホールの女の子を呼び、数時間しかいないが泊まりの形でも休憩でもいいけどホテルの部屋が空いているかどうかを確かめた。
フロントから戻って来た女の子は
「空いていますが、洋室はお泊まりのお客様で一杯なのですが、2間続きの和室ならご用意できるとのことです」と告げ・・少し言い淀んで
「寝室に寝具をご用意いたしますか」と尋ねた。
「うん、お願いしようかな。部屋の準備が出来たら呼んで下さい」
「はい、畏まりました」と去ろうとする女の子をまりが呼びとめた。
「ねぇ、彼と二人っきりで温泉入りたいけど貸し切りの露天とかあるの?」
左手の薬指に指輪を嵌めた手を伸ばしてまりが尋ねた。
人妻が彼と露天って不倫丸出しだが、女の子は指輪の手とノーブラが露わな胸から視線を逸らし下を向くとまりの細いストッキングの脚が私の勃起したものを挟み込んで擦っているのが見えて首筋まで赤くした。
「はい、ご用意できます」
かすれた声で女の子が返事すると
「汗を流したいから、2時間後に予約しておいてね」
とあからさまに情事を匂わせた返事に微かに頷くと逃げるように去って行った。

まりの露悪趣味、露出趣味の亢進は全く予想外だったが、いわゆる生活を共にする相手ではなく遊び相手にはそういう女性も嫌いではないので、モノがグッと硬くなった。
まりは脚でそれを感知してふふふと淫靡に笑う
「もう、我慢できなくなっちゃう」

まりを部屋に連れ込んだのはその20分後である。
部屋に案内されるや否や、もつれ合うように唇を貪りあいながらまりが上になって夜具に倒れこんだ。
「動かないで・・私が脱がせてあげる」
そう言いながら片手でベルトを解き、ファスナーが押し下げられてた。
トランクスが下げられると亀頭を咥えられたまま、ズボンとパンツを脱がされる。
「もぅ、ダメ、欲しくてたまらない」
ノーパンのまりは私の上に跨り、体を揺らしながら根元まで嵌めこむとよがり声を洩らしながらシャツのボタンを外し、私の乳首を舌と指で嬲る。
「あああ・・・イッチャウ・・・・」
まずは一度まりをイカせると、私は嵌めたまま体を起こし、シャツを脱ぎ捨てると、まりのワンピを頭から引きむしるように脱がせた。
体を上下させてヨガリ狂っているまりの乳房が上下に揺れている。
私も狂ったように突き上げストッキングだけで全裸のまりを抱きしめた。
野外の交合も格別だが、全裸で抱き合うのも最高だ。
正直この間まで飽きかけていたまりの新しい1面を見出して、まだまだまりを楽しんでみようと思い返していた。

結局、部屋と貸切露天で中出しセックスの痴態を繰り広げた我々がそのホテルを後にしたのは夕方になっていた。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)