中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7403
投稿者 ジロン (48歳 男)
掲載日 2019年8月06日
今から13年前の35~36歳の時の女です。
名前は美恵子。3歳年上の長身の女だった。
美恵子はマクロビ料理に心酔していて、俺はバカな女だなと思っていた。
美恵子とは当時流行りのmixiオフ会で出会った。

俺は特に何とも思ってなかったけど、美恵子は俺のこと一目惚れだったそう。
その日はみんなで楽しく三次回まで飲んで過ごした。
その後、美恵子と直接メッセージでやりとりする仲になった。
もちろん美恵子の俺に対する前のめりな気持ちはわかっていた。
俺はほかに女もいたけど、美恵子の気持ちを利用してヤルつもりだった。

離れた所に住んでいたので、俺の住む街の観光しにくることになった。
「俺のアパートに泊まればいいよ」と言えるだけのやり取りをしていた。
美恵子は俺の甘言に惑わされていた。

当日、観光したあと、俺の部屋で晩御飯を作ってくれた。
普通程度のうまさのハンバーグを、「すごい美味しいよ」と褒めて食べ終わると俺は美恵子に膝枕を頼んで耳かきをお願いした。
美恵子は耳かきしながら「〇〇くんずるい…」と言った。
俺「え?何で?」
美恵子「だってこんなことされたら私…」
俺「うん…どうしたの?」
美恵子「ずるい!」

俺はほんとによくわかってなかった。
美恵子は感度のいい女だったのだ。
膝枕で俺が太ももに頬ずりしたり、女の恥骨に近いところで息をしている様子だけで、アソコは濡れ濡れになっていたのだ。
それをまだ知らない俺は美恵子の方に顔を向けて股間近くで頬ずりしながら手をお尻に回してなでなでとまさぐった。
美恵子はムズムズするのを必死で我慢しているが、脚が微妙に動く。

耳かきが終わり、ふうと息をした美恵子は俺の頭に上半身をかぶせて抱きついてきた。
「もう!そんなことされたら…」と言ってきた。
それを聞いて、そうか!美恵子は感じてたのか、と気がつき、そのまま押し倒した。

服の上からなかなかの大きさのおっぱいを揉みしだく。
スカートの中に手を入れて股間を探る。
パンティの上からマンコを触るとニチョ、ピトッとした感触が。
もうパンツまで濡れ濡れじゃないか。
なるほど、ずるいの意味を全て納得した。

好きでもない女なので、美恵子を逝かせることもせずに俺はすぐ裸になって、美恵子のパンティを剥ぎ取って生で挿入した!
ヌルンっとした感触。締まりは普通かゆるいくらい。
まあいいや、どうせやり捨ての女だし。そう思いスカートを履いたままの女を犯し始めた。
腰を打ち付けるたびにニチャニチャピチャと音がする。濡れのいい女はセックスが楽だ。
恥ずかしいのか、はあはあと荒い息をするだけであまり声は出さない。
俺は美恵子の中に出すつもりだったが、最近ほかの女を3人、妊娠堕胎(サインに署名し、手術代金も俺が払っている、一応それぞれ彼女と思わせて付き合っていた。二股三俣はバレていない)させたばかりだったので、この女まで彼女と思って付き合わせるのは面倒だった。
だから、アナルに入れる事にした。
正常位からバックに体位をかえさせてケツを高く上げさせた。
濡れたマンコから愛液が垂れ肛門にも付いている。俺のちんぽも愛液でぬらぬらだ。
俺は黙って美恵子の肛門にちんぽをあてがった。
抵抗するかなと思ったが美恵子は俺のなすがまま。
アナルに挿入する時もズルリっと入って痛がりもしなかった。
美恵子は顔を床にうつ伏せで耐えている。

お!なかなかの締まり!マンコより良い。
尻を掴みピストンを繰り返すと、美恵子はうっうっうっと声を漏らした。
出すぞ!と宣言してそのまま肛門に射精した。
ちんぽの根元まで突き刺しドピュっドピュっとアナルへ精子を出した。
そのままじっとして余韻に浸った。
美恵子は俺のやる事に素直に従っている。これは都合のいい女になるな、と服を着たまま尻だけはだけた美恵子を見下ろしながら思った。

ちんぽを抜くとドロっと少し黄色くなった精子が出てきた。
腸内洗浄などしないからうんこの色がつくのだろう。
とりあえず、ちんぽを洗いにシャワーを浴びに行く。美恵子は置き去りだ。

シャワーから上がり、腕枕してやる。
美恵子は俺にしがみついてきた。目は潤んでる。
身も心も捧げた女の顔だった。
優しく抱きしめて、俺はまた美恵子を抱き寄せキスして女の身体をむさぼりはじめた。

2回目は服を脱がせて裸にした後、初めはマンコにニュルリと入れ、俺がイキそうになったところでうつ伏せにして、つぶれバックでアナルに挿入!
うぐっうっうっと声を絞り出す美恵子にちんぽを激しく打ち付けそのままアナル中出しをした。
ドリュドリュっと出すときに美恵子は肛門を締め上げた。
ケツにグッと力が入りちんぽを締め上げるアナルは最高だった。

美恵子は遠い街にいたのでほかの女のことはバレずにすんだ。
一月に一回程度のセックスだった。
あった時に生理の時もセックスを求めた。生理の時は膣内射精した。

何回目かのセックスの時、いつものようにマンコからアナルに入れ変えるかと思ったとき、美恵子は「あのね、お尻、、もう怖いの」と言い出した。
俺「どうしたの?痛いの?」
美恵子「ううん違うの。〇〇くんとした後、お尻から〇〇くんの出てくる事あるの。パンツとかスカートとかシミになる事あって…」
俺「そうなんだ、どうしようか?」
美恵子「うん、だからってわけじゃないんだけど、ほら、私、生理重いでしょ?だから…病院からピルもらってきたの。」
俺「え??」
美恵子少し顔を赤らめてる。
そうなんだ、それじゃ遠慮なく!
俺はマンコに入れたちんぽをそのままにして腰を早く動かした!
あっあっあっ!と声を出す美恵子に、俺は「よし!出すぞ!中に!」
美恵子は「ああーーっ!」と叫んで抱きついてきた。

「オラーーッ」どぴゅっどぴゅっ!とマンコに中出しした。
ゆるいマンコからは俺の精液が漏れてきた。
ヌポっと抜くと一気にドローっと出てきた。

それを見て俺は冷めた。
緩マンはもういいな、飽きたわ。そう見下ろした。
生理以外では初めての中出し。
でもアナルの方が気持ちよかったし、他の女もいるし、もうフェイドアウトしよう。

美恵子はついに生理以外で中に受け入れた満足感背徳感で余韻に浸っている。
俺にしがみついてくる美恵子がうっとおしかったが、優しく抱きしめてやった。

そしてその後、会うことは無かった。やり捨ててやった。
しばらくして美恵子のmixiを覗くと一人で傷心旅行に行ったようだった。

寺院の石柱にもたれかかる美恵子の尻と腰付きを見ながら、お前のアナルはなかなか良かったよ、と、心の中で褒めてやった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7370
投稿者 はるよし (73歳 男)
掲載日 2019年7月17日
小生の住む市の近くには風俗店はないので隣の市まで時間車で走る。
HPで探すと10店舗あるが8店舗は都会からの出張型である。
地元に店を構えていても出勤は数人、まずはHPで検索して店に電話を入れて、翌日嬢の指名予約、勿論日時待ち合わせ場所とプレー時間や、基本の無料オプションの確認が必要。

パネモでは顔はボカシ、年齢は20歳、155・84・58・88新人とだけ書いてあり、本日入店に魅力を感じた。
客の相手は明日からと言い、10時半に駅で出会うことに。

翌日指定の場所で待っていると、若い子がウロウロしていたが爺の携帯が鳴る、手を挙げると近づき車に乗せる。
名前を聞きプレー内容と金額を確認後、ラブホまで数分は沈黙。
ラブホに着くと部屋を選び鍵を受け取る。
入室後お金渡す前に、違法的な交渉「ゴム付きなら良いだろう?」、『はい、お店には内緒よ…』
暫くしてから再度聞き直し、「ピル飲んでるだろうから、生はダメかな、別にお金5千円増やすから?」、『嬉しいは大丈夫です』
店の料金に上乗せして2.5ユキチを渡してお風呂に入る用意。

デリ嬢は若いだけあり肌の白さに陰毛の濃いさ、美乳で美尻だが顔は今一と言っても標準並み、薬を飲んでいるので古希爺でも勃起、『お客さんお歳なのに元気ですねー』と驚いていた。

ベットに行きデリのバスタオルを取ると、『この仕事は今日が初日で何もわからないから言ってください、何でもしますから…』
間違いなくど素人だ、フェラを言いつけると咥えてくれたが歯が当たる、いろいろと注文を付けたり指示したのは初めてだった。
爺が初めての客かと聞くと『9時から60代のお客さんを済ませました』
「生で入れさせたのかな?」、『コンドーム付けました…』

下手な愛撫をされていても陰茎はマックス、暫く69で膣を舐める。
陰茎はバキュームフェラされて出そうな寸前。

正常位になり淫水焼けしていない小陰唇を左右に分け、てズルズルの膣に亀頭を5回ほどこすり付けて、穴に宛がい一気に突っ込むと根元まで入った。
『あ~-…』と声を出したが気にせずに、美乳を咥え垂れていない固いピラミットが綺麗で最高だ。

ピストンは超スローで少し動くだけ、出そうなのであまり動かないで会話を重視、何故この業界に足を入れたのか、『とにかくお金が欲しい、手っ取り早くお金が稼げる』、ほしい訳を聞いたが言わないので…

膣に入れて5分近く持続できた頃、少し動くと射精感が有り止めて圧迫していたが、チョビチョビと射精してしまった。
抜くと直ぐに亀頭をお掃除フェラさせた。
M字開脚の膣から肛門にかけて、薄い射精液が肛門まで下がり落ちた。
未経験のデリヘルは初めてだが、ベテランの方が良いと思えた。

暫く休んで入浴後2回戦ではAF、フェラされて亀頭もかたくなり、肛門解しは痛がったが我慢できる程度というので、解すのも適当にローションを塗りM字開脚させてベットの端に、爺は下りて中腰で立、入ると腰を激しく振る、痛い痛いと言っていたが無視、数分で肛門中だしで2射目をおえる。
のこり時間も少なくシャワーしてラブホを出る。

帰路の車の中でデリヘルを止める様注意した、偶然にも若い子だったので。
20歳と1ヶ月と言ったし、男性経験も数えるほどだと言っていた。
彼女の将来を心配しての事だった。

出会い場所でデリと別れたが、爺には最年少の女性でした。
前後ろ中出し出来てホ代込で3枚は満足出来た。

一週間後店のHPから彼女は消えた、除籍、辞めたのだろう。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7358
投稿者 ジロン (48歳 男)
掲載日 2019年7月03日
今から22年前。
社会に出て数年、大学で同郷の同級生、佳世が突然連絡してきた。
佳世は俺の住んでる自然豊かな田舎街に来たがった。
車で200kmある俺の貸家まで来るということになった。

週末の土日、当時大ヒットしたレガシーツーリングワゴンをドロドロと鳴り響かせ佳世は俺の家に到着した。
やっぱり顔は好みじゃない。でも、おっぱいは前に突き出ていて魅力的だった。

山に行ったり、川に行ったり、公園で散歩したり、家で日本酒を飲んだり、学生時代のようにざっくばらんに過ごした。
寝る時、佳世には広い客間に布団を敷いてやった。

…佳世はどうやら失恋したようだった。
仕事関係の年上の男で、詳しくは言わないが家庭のある男と感じた。
辛かったのだろう。

そんな、月に1-2度の週末が三ヶ月くらい続いたある夜、隣の客間で寝ていた佳世が俺の部屋のドアを開けた。
カチャ…暗闇に佳世のシルエットが浮んだ。
「〇〇くん起きてる?」
「ん?…起きてるよ」
正直、真っ暗な部屋での会話は怖かった。

何を話したかもう定かではない、ただ最後に佳世は、一緒に寝ていい?…そう言って俺の布団に入ってきた。
20代の男女が一緒に寝たらそれはもう朝までセックスすることになる。
気がついたら窓の外が白んでいた。
薄明るい部屋で裸の佳世のアソコを弄んだ。
好みじゃない顔も何度も抱いて慣れると愛嬌あるように感じた。
何回も射精したが、たぶんその日は全て膣外射精だったはずだ。
一晩抱いてわかったことがある。
佳世は根っからのマゾ気質だった。
布団の中では俺のやる事になんでも従った。

その日から俺の家にレガシーが来る頻度は2倍になった。
佳世が晩御飯に自慢のスパイシーカレーを作ってくれた日がある。
既に夕方までに何度か佳世を抱いていた。
佳世が家に着くとすぐに布団に引きずり込んでセックスした。
そんな強引なセックスでも素直に従った。

夕方になり、佳世は「美味しいカレーを作ってあげるね。自慢なの。〇〇くん辛いの好きでしょう。ふふ」と言って、パンティにTシャツで台所に立った。
佳世の後ろ姿を見て俺は欲情した。
ぷりっとしたお尻を見て…よし…次はアナルだ…。そう決めた。

ソファから立ち上がり、台所の佳世に近づいた。
佳世「ふふ、なに?」
俺 「美味しそうだね」
佳世「そう?生姜をおろして煮込むと本場のインドカレーっぽくなるの。」
佳世を後ろから抱いた。
「…危ないよ…」そう大人しく言う佳世の手から鍋を離させた。そしてガスを止めた。
「カレーは後で作ればいい」
こっちを向かせディープキスした。
そして手を引いてアナルの野望を果たす布団部屋に連れて行った。

布団に倒す。そのまま佳世のTシャツをたくし上げ巨乳にむしゃぶりついた。
「あうっううっ」
膣に中指を入れる。
そして薬指をアナルに添わした。
佳世は、はっ!?と俺を見た。
第1関節をムリっと差し込む。
びくっと腰を浮かせる佳世「あっっ!」

膣の中の中指とお尻の穴に差し込まれた薬指に佳世は混乱している。
薬指にアナルからトクントクンと血管の鼓動を感じた。
第2関節まで入れる。
「はぁあっ!」体を硬直させて苦悶の表情をする。

ゆっくり中指と薬指を動かす。
目を瞑り、ううううっとうめく佳世。
その姿に嗜虐心がむくりと俺の中でもたげた。
何分もアナルの拡張を続けた。
ぐったりと脚を広げて耐えている佳世。
もうギンギンになったチンポも入るだろ。やってみよう。
足首を持って大股開きにした佳世の尻穴に亀頭を当てがった。
だが先ずは膣に入れてチンポを濡らした。
天井を見上げて観念した感じの佳世。
アナルにぬらぬらとした亀頭を無理にねじ込んだ。
「んああっっ!」と苦痛の声を上げ眉をしかめた。
ギギュギュとチンポを締め上げるアナルに俺は、おおお、やったアナルセックスだ!
恍惚として佳世の苦しそうな顔を無視して根元までぐいっと挿れた。
「ううっ!ううぅぅ」と顔を歪ませた。

興奮した俺はそんな佳世を顧みずチンポをヌポヌポと動かした。
うああああっ、声を上げ尻を犯される佳世。
俺はオラっ!オラっ!オラっ!と腰を突き上げた。
そしてそのまま尻の中に射精した。
「オラーッ出すぞ!!」どびゅっどびゅっどびゅっ。。。
佳世は「うぁああ…」と苦しそうにうめいた。

初めてのアナル中出しに高満足した。
チンポは衰えて居ない。
尻に差し込んだまま俺は「この女、今度からアナルで虐めてやる…」そう思った。
佳世は横を向いて戸惑って居た。
まさかお尻の穴に挿れられると思わなかったのか、感じた自分が恥ずかしかったのか、俺の顔を見れない感じだった。

夜になり、佳世はまた同じ格好でカレーを作っていた。
俺は再び後ろから抱きしめた。
尻をまさぐり、「佳世のアナルは俺が貰った。」と耳元で囁く。
俺も佳世もアナルセックスは初めてだった。
振り返り首にきつく抱きつく佳世。
もう離さないんだから!と言う佳世の気持ちが伝わった。

カレーのスパイシーな香りが漂っている。もうできたようだ。
でも俺は晩飯よりもアナルにもう一度挿れることを優先した。
佳世の手を引いた。佳世は俺に従って薄暗い寝室に入ってきた。

2度目のアナルは後ろから入れた。
チンポを尻に叩きつけてつぶれ後背位からドクドクと精液を肛門に流し込んだ。

俺  「佳世、痛くなかった?」
佳世は「平気だから〇〇くんの好きにして…!」と抱きつく。正にM女の本性だろう。

それからは佳世とのセックスは半分がアナル中出しだった。

一年後、他に好きな女ができて捨てるように別れるまで佳世とのアナルセックスは続いた。
佳世を最後に抱いた時も、後背位からのアナル中出しだった。
その頃は乱暴なピストンにも耐えるような尻穴になって居た。

あれから22年、今、俺の手作りトマトカレーには生姜のすりおろしが入っている。
佳世とのアナル中出しの想い出はこんなところに現れているのか…としみじみ思う。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:友達・知人・同僚
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7342
投稿者 みちお (47歳 男)
掲載日 2019年6月18日
当時、私は37歳、人妻のまゆみは47歳。
地元のラブホの責任者だった私と経理と受付担当していたまゆみは職場でいろんな相談をしあってる間柄だった。
家族の事や下ネタの話しも出来る、あこがれ的なまゆみでした。
まゆみは、男性経験が豊富で19歳でアナルセックスを体験し、旦那、知り合いの男性、私の4人がまゆみのアナルセックスの相手でした。

私とは、仕事の話しをすると旦那に告げ、セックスだけの付き合いに。
最初はゴム付きのセックスがほとんどでしたが、まゆみに生入れ中出しをお願いしたらアナルなら良いと返事を貰い、私の初アナルセックスになりました。
まゆみにバスタイムにフェラをして貰い、ベッドでお互いに69で舐め合い、まずはオマンコに息子を入れたけど、経産婦で緩い。
いざ、アナルをローションで責めアナルに息子を挿入すると締め付けが最高。
ゆっくり腰を動かしてアナルに生挿入、生出しをしました。

10年たっても、まだ、アナルセックスを旦那と交互にしています。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7324
投稿者 ばかちん (50歳 男)
掲載日 2019年5月31日
東南アジアへの出張等が多かったせいか、国内でもそっちの国の女性とはすぐに親しくなれる機会が多いです。
接客でカラオケに行く事が度々ありますが、結構な確率で偶然に顔を合わせる女性がいます。
以前も、受付けロビーで取引先の友人を待っていた時、彼女も友人を待っているらしく、暇つぶしの会話をした事があり、昨日またトイレの前で会いました。
「オォ! マタ アッタネ!」彼女が先に気付いて声を掛けてきました。
今日も友達グループが揃って来たそうです。
外人さんはカラオケパーティー好きです。
なんか元気無いから聞き出したら、今日のメンバーはつまらないから帰ろうとしているらしいです。
「ヒマ? ドッカ イコウ?」。
俺は精算済まして帰ろうとしていたので、車に乗せました。
ホットパンツに膝まである白いピンヒールのロングブーツ、Tシャツを着て、薄い白のパンスト。
37才と言ったけど、それまで30才前後と思ってました。
ご多分にもれず、フィリピンパブ時代に客だった今70才代の日本人の旦那がいるらしい。

居酒屋行って彼女がほろ酔いになってきて、「俺、ノンアルコールだとつまらないから、近くのホテル行って飲み直そう」と誘ったら、「チガウデショウ? ヤリタイ! デショウ?」だって。
「デモ、キョウハ ダメ。サケノム ダケ。ヤクソク デキル?」と言う事で、ラブホ直行。

ふらつく足元で俺に寄り掛かってくるからエレベーターでキスしようとしたら叱られた。
部屋で早速ビールでカンパイ!
話しをしていても、スタイルのいい脚にパンストはセクシーすぎる。
ブーツ脱ぐときケツが半分くらい見えたから欲情しないワケがない。
旦那のグチや勤めてる工場のグチ聞きながらチャンスを狙ってた。

彼女がティッシュを取りにベッドに片膝ついたとき、背後から抱きついた。
「ダメ! ダメダヨ!」マジで言ってる。
じゃなんでラブホと分かっていて一緒に入ったの?とムカついて言いながら押し倒して強引にキスをした。
最初は抵抗してたけど、唇を離したら、「ヤリタイノ? オクサン イルデショウ?」。
独り身だと説明したら、「ジュース ナカニダスノハ ダメ。コンドーム シテ」だって。

早速キスの再開。
「ン~ アハッ!!」言いながら俺の首に手を廻してディープキス。さっきと大違い。
パンスト履いたままの尻を両手でモミモミしながら、右手を段々と前に移動、マ○コを擦って見た。
「アハ~ッ」と言って、尻を後ろに引いて、また前に突いてを繰り返しながら、舌ベロベロ出して俺の顔中をナメてる。
ヤりたかったのはお前じゃんと思った。

ベッドに寝かせ、手荒くブラを取ったらおっぱいが現れ、乳首が勃ってた。
大きさも、張りもちょうど良い感じです。
今度は裏返しにしてホットパンツの隙間からマ○コ周辺をコリコリしてたら、尻を持ち上げたのでホットパンツを脱がせた。
腰と尻の間にカラフルな蝶のタトゥーがあった。
現地では持帰りOKの店にいたかぁ?
パンストの中で紫のTバックがいやらしい。
仰向けにし、両脚を開かせてマ○コを口でモムモムしたら、マ○コがちっちゃいパンティーからはみ出てきた。
歯をたてて、甘噛みしたら強烈に悶てる。
ハァハァ言いながら、「シャワー サセテ」と言ってきたので、その前にひざまずかせて息子しゃぶれと言ったら素直にしゃぶった。
手を使わないで顔だけ動かして、喉の奥まで入れてる。
俺を見上げるような姿勢で、片手でおっぱいを揉み片手で彼女の頭を前後させてる。

我慢できなくなって、パンストを片脚だけ脱がせ、パンティーも片脚だけ脱がせて挿入しようとしたら、「ホント オネガイ、コンドームシテ!」と両手でマ○コを隠してる。
強引に手を払い、彼女が見えるようにゆっくり挿入して、先っちょからあとは一気に突っ込んでやった。
「グワッ!」と変な声出してのけぞったあと、下唇噛みながら俺を睨みつけて耐えてる。
ちょっと目がうるうるしてるみたい。
一層エキサイトしちゃうっしょ。
ドンドン突いてると段々と両脚を上に突き上げてきた。
でも、睨んでる???
つま先がジャンケンのグーをしてるみたいになった時、急に膣がキュゥと締り、「グッ、ワァ~~!」って枯れた声で叫んで、腰を激しく上下させて逝った。
すぐにバックから突っ込んだらずっと叫んだり唸ったりして、マ○コを息子にぶつけるように激しくピストンしながら押し付けてくる。
ケツの穴にコンドームを被せた小指を入れたら肛門を開いて、"もっと入れてぇ"とねだってるようにする。(とりあえずコンドームを使用した事になるかな?)
指を挿れながら突いて突きまくた。
腰を大きくグラインドし始めた時、俺も逝きそうになってきて、二人同時にフィニッシュ。
でも、マ○コにかけるだけにした。
抱き合って俺の顔の汗を拭いてくれてる。
「スゴカッタ、ジュース ナカニ イレナカッタネ。ガマン シタ?」
俺が頷くと胸に顔をひっつけてきました。
旦那は勃起しないからいつも舐めてもらうだけと言ってた。

そして今朝、息子をモグモグされながら目覚めました。
お泊りしちゃいました。と言っても、カラオケ遅くなるから友達ん家泊まると、部屋のカラオケをデカく鳴らして電話してたようです。
モグモグされたままTV見てると自分からまたがり、息子をマ○コに擦り付け、息子とマ○コを見てふんふん言ってます。
「アハッ」とため息を漏らしながら、ゆっくりと息子を彼女自身のマ○コの中に挿れていきました。
腰を前後させ喘いでだり、唸ったり。
その気になってるから既に子宮が下って、先っちょにあたります。
前後や回転させてきて、息子の周辺は彼女のジュースでべちょべちょです。
俺の顔の上に跨るようにさせ、プクプクになってるマ○コに吸い付いてやりました。
叫ぶような声でヨガって逝きそうになったら中断、また吸い付きヨガらせてを繰り返しました。
コンドームを彼女の口で装着させ、バックからケツの穴にいきなり突っ込んだら、「ウヮァァ~ イタイヨ~」叫びながらも尻をヒクヒクさせてヨガり始めました。
膣と違う肉癖が圧迫してきます。
コンドームを残したまま息子を抜き、マ○コに突っ込んでやりました。
彼女の尻がグラインドする度、コンドームがユラユラ。
もう我慢できなくなってきたとき、「ジュース イレテ イイヨ?! イレテ~」と言ってきました。
ガンガン突いて思いっきり出しました。
彼女は大きく尻を突き出したままうつ伏せになってじっとしてました。
マ○コからじんわり流れてくるジュースを見ながら満足していました。

まだ、彼女は横でちょっかいを出しながら、書き込みの邪魔をしてきます。
もう昼近くなっています。
このままもう一泊して、連続で生出ししようと言ってます。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:外国人,浮気・不倫
1 2 3 4 5 6 13
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)