中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7240
投稿者 清子 (26歳 女)
掲載日 2019年2月07日
投稿No.7219の続き

4回目の投稿をさせていただきます。
旦那様以外の方に中出しされてしまいました。

昨年9月よりお付き合いしている旦那様、彼のことですが、旦那様と最後に性交渉を持ったのは初投稿の前日のことですから12月22日ということになりますが、その後一度お会いしたものの、その時は生理になってしまったこともあり、お口でご奉仕差し上げ、旦那様が放出したものはお口に頂きました。
しばらく性交渉無しの状態が続いているのですが、中出しを知ってしまった今、中に出して欲しくて欲しくてしかたなく、その心を見抜いているのか、友だちが清子に中出ししたいと言っている、清子は中出しサセコだから中出しさせてあげて、清子が他の男に中出しされているのを見たいと言い続けられていました。

そして昨晩、ついに、旦那様以外の方と中出ししてしまったんです。

私はその・・・なんと言いますか、1ヶ月以上ごぶさただったこともあり、やる気満々と言いますか、そんな状態だったのですが、これまで旦那様との性交渉はすべてホテルだったのですが、今回はじめて旦那様のおうちに招かれました。
部屋の中に入ってすぐに旦那様と抱き合いながらキスをしたのですが、旦那様がシャワーを浴びたいとおっしゃるので、まずは先に旦那様がシャワーを浴び、その後に私がシャワーを浴び、今日は目隠ししながらしようと言われ、アイマスクをつけさせられました。
視界が奪われるとまるで全身が性感帯になってしまったようで、どこを触られても感じてしまい、視姦したいと四つん這いにさせられ、割れ目を見られていると思うとゾクゾクと感じてしまい、少し触られるだけで愛液が滴ってくるのが感じられ、旦那様の手つきがいつもより荒々しく感じられ、私の割れ目を開き、舌が差し込まれ、いつになく執拗に舐められて、いつもの旦那様と愛撫の仕方が違うと思ったのだけど、気持ちよくて為されるがままに・・・
そして、肉棒が私の割れ目を割き、侵入してきて、いつもより一段と大きく硬く感じられ、肉棒が抽挿されるたび快感の波となって、何度も何度も打ち寄せてきました。

体勢を変えるために一旦身体を離し、背面騎乗位の姿勢になり、いつもより大きく感じられる男根に手を伸ばし、自ら挿入しかけたところ思わずのけぞってしまってアイマスクが外れ、目の前を見るとそこには旦那様が!
では私の下にいる男は一体誰?
しかし、その誰のか分からない旦那様のより大きな肉棒にあらがえず、身体を離れて逃げようと思えば逃げられたのですが、しかし目の前の旦那様の目を見つめながらそのまま腰を最後まで沈め、挿入しかけた肉棒を最後まで私の膣穴で飲み込みました。
女の襞が生の肉棒を絞めあげ、腰を動かすたびに肉棒が襞を押し広げて快感の波が押し寄せ、薄目を開いて旦那様を見ながらも、自分で腰を動かしてはその快感を貪り、子宮が降りて来ているのか、肉棒の先端が子宮口に到達しているように感じられ、もうだめ~と声を出そうにも声もでず・・・
亀頭部分が膨れ上がるのが感じられ、いよいよ生命の源たちを注がれる・・・・・来て・・・来てぇと思ったのですが、なかなか注がれずにもう限界と思ったら、放出が始まり、子宮内壁に熱い生命の源たちが注がれるのをじかに感じ、目の前の旦那様と見つめながら絶頂に達したかと思うと、次の瞬間、失神してしまったのか、その後の記憶がありません。

そして、次に目が覚めた時には、隣にいたのは旦那様。
旦那様に腕枕をしながらやさしく抱擁されていてました。
ひょっとして夢?
立ち上がると流出してきましたので、さきほど中出しされたのは確かですし、男根の感触は旦那様のものではないし、中出しの瞬間、旦那様と見つめあったのもはっきりと覚えています。

旦那様が「よかった?」ときくので、おもわず旦那様の胸に顔をうずめ、うなずきました。
そしてそのまま旦那様と朝を迎えました。

中出しをするのは将来をともにしたい男性のみと決めていたのにも関わらず、きっかけは何にせよ、途中で引き返さず、自ら腰を動かして、誰か分からない男の中出しを受け入れてしまいましたが、自分でしてしまったことにまだ心の整理がついていないというか、うまく表す言葉が見つかりません。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7232
投稿者 巨乳好き (37歳 男)
掲載日 2019年1月30日
投稿No.7218の続き

ジムで仲良くなったHカップのゆうきの姉Jカップ彰子と付き合うことになり、半年たった。
最近はお互いに仕事が忙しく1ヶ月くらい会えず僕はムラムラしていた。
電話がきて今から会えることになったので彰子の家に向かった。
家に着くとちょうど彰子も着いたみたいだった。

二人で家に入ると誰もいなく、部屋に入ると僕は彰子にキスをし、そのまま脱がせると久々の大きなおっぱいに貪りついた。
両手で揉みまくり乳首を舐め、吸いついた。
彰子はアッ!気持ち良い!と僕はそのまま彰子をベッドに横にすると彰子の股に顔を突っ込むと舐めまくった。
彰子のHな汁の味、匂いたまらなくチンコはギンギンだった。
僕は彰子我慢出来ないよ!とチンコでおまんこを撫でると入れるよ!と挿入した。
ヌルッと奥まで入れると二人してああっ!目が合い気持ち良い!とキスをし、腰を動かした。
ゆっくりとピストンし徐々に激しくした。
彰子はアッ!良い!と僕も久々で彰子ヤバい!気持ち良すぎ!と腰を動かすといきなりイキそうになった。
彰子!駄目我慢出来ない!と早々にアッ!イクッ!!ドピュッ!!!彰子!と彰子はあっ!出てる!とあまりの早さに笑いながら溜まりすぎ(笑)とでも、気持ち良い!とチュッっとキスしてくれた。

お風呂でも入ろう!と二人でお風呂に向かうとお風呂に誰か入ってた。
脱衣場には大きなブラジャーとジャージ。
ゆうきだ。
彰子は一緒に入っちゃおう!とドアを開けるとゆうきはエッ!?お姉ちゃん!?と僕も入るとエッ!?ちょっと!と彰子が一緒に入れて!とゆうきは何で!?とそれでも彰子は良いじゃん!!と姉の方が強かった!僕は狭いお風呂に彰子とゆうき、こんなに爆乳な姉妹と一緒にいることが幸せすぎた。
久々にゆうきの裸を見れたのもかなり興奮した。
目の前にあるゆうきのおっぱいに触りたい!と思っていると彰子がほら!どっちのおっぱいが好き?と二人が並ぶと僕は凄い!と生唾を飲んだ。
彰子はほら!どっちが柔らかいか触ってみて!とゆうきはエッ!?ちょっと。と彰子は前にHもしてるんだし、良いじゃん!!僕は彰子とゆうきのおっぱいに手をあてると二人同時に揉んだ。
いや!彰子の方が柔らかいけどゆうきのおっぱいもたまらない!と彰子はゆうきのおっぱい両手で触って!僕はゆうきのおっぱいを両手で揉んだ。
彰子は乳首も触って、舐めないと!僕はゆうきの乳首に吸い付いた。
舌先で乳首を転がし、吸ったり堪能した。
ゆうきはアッ!ンッ!とたまに漏らした。
彰子は私もゆうきのおっぱい揉んじゃお!と揉むと下も触ってあげないと!僕はゆうきのおまんこを舐め、クリトリスを刺激した。
さっきの彰子とはまた違う味と匂いに興奮しながらおまんこを手マンした。
ゆうきはアッ、駄目!と腰をくねくねさせるとアッ!イヤ、出ちゃう!とビチャビチャと潮を吹いた!

彰子はゆうき!気持ち良い?と僕にもっと、気持ち良くさせないと!とゆうきを後ろ向きにすると僕もゆうきとしたくてたまらなかったのでそのままゆうきのおまんこに挿入した!
ゆうきはアッ!と僕はゆうき!気持ち良いよ!と腰を掴みパンパンとピストンした。
僕も久々のゆうきにたまらなく、激しくピストンした!
ゆうきはアッ!ンッ!んんっ!と僕もゆうき!凄い!気持ち良い!とゆうきは駄目!アッ!とまた、おまんこからジュプジュプとハメ潮まで吹いた!
僕はさらに興奮しパンパンパンパン!ゆうきを突きまくった!
ゆうき!気持ち良い!イキそう!とゆうきは駄目!なかっ!外に出して!と僕はそのままピストンし、中に出したかったがゆうき!外に出すよ!と彰子が僕の後ろから腰を掴みまだ!ほら!もっと!と腰をピストンの動きに合わせながら押した!
僕は彰子!出ちゃうよ!と彰子はほら!もう少しだけ!とゆうきに押し付けた!
おまんこの奥まで挿さると同時に僕はゆうき!
イクッ!アッー!!!おまんこの奥でドピュッー!!!ドピュッ!!ドピュッ!勢いよく精子を放った!
ゆうきはアッ!出てる!
僕もさっき彰子に出したとはいえ、溜まっていたのでどく!どく!かなりの精子が出た!
彰子はゆうきの中に出しちゃって!と僕はチンコを抜くとドロドロとゆっくりと精子が垂れてきた。

彰子はゆうきのおまんこから垂れ出る精子にエロい!止まらない、凄い量!と二人して気持ち良くなって!私もしたくなっちゃった。と3人でお風呂を出ると彰子の部屋に行き、僕はベッドに横になると二人にチンコを握られるとそのまま二人フェラ!
僕はこんなことがあるなんて!と思いながらもあっー!気持ち良い!と二人は交互にフェラしたり更にはぱいずりフェラまで交互にした。
僕は二人の刺激にビンビンにチンコが立った!
彰子は入れちゃお!と騎乗位で挿入した!
すぐにグラインドするとアッ!気持ち良い!良い!と感じているといきなり抜いた。
僕はエッ?と彰子はゆうき!ほら!と今度はゆうきが挿入!
僕はアッ!彰子はどう?気持ち良い?と僕はヤバい!どうにかなりそう!とゆうきのグラインドも気持ち良くて!するとまた抜かれた!
僕を起こすと二人は横になり、彰子は入れて!と正常位で挿入!
両手でおっぱいを挟みピストン!
ぶるんぶるん揺れるおっぱいに彰子気持ち良い!彰子は気持ち良い!と言いながらも僕を手で押すとゆうきに入れて!と今度はゆうきに挿入した。
おまんこの具合がやっぱり違い刺激的だった。
ゆうき!気持ち良い!とゆうきも良い!凄い!と僕がピストンを早めると彰子は駄目!まだ!と抜くと彰子はゆうきの上に股がった。
彰子は入れて!と僕はバックで彰子に入れるとパンパン!パンパン!
激しくすると彰子は良い!あっー!イクッ!!と感じてイッた!

僕はチンコを抜き、そのまま正常位のゆうきに挿入!
僕はゆうきを激しく突いた!ゆうきは良い!もう!あっー!とカラダをビクビクッ!ゆうきもイッた!
彰子は入れて!と僕はまた挿入すると彰子はヤバい!もう!気持ち良すぎておかしくなる!と僕は激しくピストンし、彰子はアッー!!!アッ、ンッ!とまたイクと僕はゆうきのおまんこに挿入!
ゆうきも良い!またイクッ!!と僕もピークが近づいてきた!
ゆうき!イキそう!と言うと彰子は駄目!!彰子に出して!と僕は慌ててゆうきのおまんこからチンコを抜くと彰子に挿入!
入れた瞬間!!ドピュッ!!ドピュッ!!
おまんこに精子を出した!
彰子は精子出てる!嬉しい!とイキきっていた。

彰子は抜いて!ゆうきにも出して!と僕はチンコを抜くと彰子のおまんこからドプッと精子が溢れた。
たらぁーっと垂れるとちょうどゆうきのおまんこの筋に垂れた。
僕はその彰子から溢れ出た精子をゆうきのおまんこに入れるように挿入しゆっくりと動くとゆうきのおまんこにも精子がドピュッ!ドクッ!ドクッ!とチンコから残りの精子が出てきた!
チンコもさすがに小さくなりゆうきから抜くととろっーと精子が垂れた。
彰子とゆうきの二人のおまんこから僕の精子が垂れ流れている光景はたまらなく最高の瞬間でした。

二人とも横に寝転び僕も間に入り横になった。
まさか二人と一緒にこんなことになるなんて思ってもいなかったが巨乳好きな僕にとっては最高に幸せな時間だった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7220
投稿者 モヒカン (50歳 男)
掲載日 2019年1月14日
投稿No.7196のその後

嫁の出産後はまあ忙しく動いてました。
それでも三人目ともなるとある程度は慣れもあるのか上手く手抜きをしながら家庭を回してます。
それでも夜泣きやら授乳やらで夜は大変みたいですがなんとかやってるみたいです。

現状では上の子供達は子供部屋。
嫁と赤ちゃんは寝室。
私はリビング横の和室。
バラバラに寝てる感じです。
中古マンションを買ってて良かったと思いました。
年式は古いですが壁も厚いし間取りも理想的でたぶん近所迷惑にはなってないかな。

嫁はとにかく最初の離婚で懲りた。。これはかなりの回数を聞かされた。
妊娠中の浮気から出産後のセックスレス、ある意味で嫁のこだわりは浮気とセックスレスだけなのかもです。
そう言う経験からくるこだわりだからか妊娠中でも嫁は性欲処理だけは手抜き無しでこなしてくれてた。
出産後にはどうなるものかと思ってはいたが、なんだかんだで一週間は入院してたし。
結局はたいした変わりもなく帰宅2日目からはいつもの様に性欲処理をこなしてました。

そんな生活で1ヶ月半くら過ぎたころ。
夜中に一人で寝ていると。。何かが聞こえて目が覚めた。

「おーい!パパ!おーい!起きて!」

嫁が小声で叫んでいて。。。目が覚めた。

『なに?何かあった?』
「パパ、寝室に行こうよ」
『???』

嫁に連れられて寝室に入るのだが、赤ちゃんが起きない様に常夜灯のみの明るさしかない寝室。

「パパ!とりあえず一回やっとこう」
「一回やらないときっかけが無くなるからさ」
「前の旦那は待ってたらそのままレスになったからさ」
『あ、そう言う事ね』
「このパパは自分から行った方が楽だからさ」
「パパ、服脱いで」

寝室の扉の横で二人して全裸になった。。嫁に言わせると時短らしいが。

常夜灯だけの明るさも雰囲気としてはなかなか良いかな。
立ったまま嫁を抱きしめながらキス。
久しぶりにゆっくりとキス出来た感じで舌を絡めながら嫁のエロ顔を見る事が出来た。

『大丈夫なの?』
「大丈夫だよ、ずっと口と手で時短ばっかりだったからさ」
「ぼちぼち頑張れると思うよ」

妊娠前の嫁は年齢相応のスレンダーグラマーでとりあえずはオッパイもお尻もギリギリで重力に勝っているくらいだった。
出産まもない嫁はまだまだ体型は元には戻ってない。。オッパイが大きいくらいで腰回りはまだまだかな。

そんな嫁に言われるままにベッドに腰掛けると嫁は床に座ってフェラを始めた。
嫁は舌で徹底的に亀頭周辺をひとしきり舐め回すと一旦停止した。

『ん?どうした?』
「あ。。久しぶりにやるんだな。。て。。思ったのよ」

嫁は再びフェラを開始した、今度はきっちり竿まで咥えながら気持ち良くしてくれる。

『サキちゃん。。それ以上されると出るけど。。どうする?』
「あ!。。もったいないよね」
「わたしが上になるね。」

それだけ言って嫁はチンポをマンコに導いて入れていった。

「パパ、静かにね。。赤ちゃんが起きるから」

なんだかんだでベッド横のベビーベッドが一番見える位置での騎乗位になってる。
騎乗位のままなのかなと思ったが嫁はそのまま抱き付いてきた。

「パパ。。ゆっくりだよ。。あんまり声は出したくないから」

挿入感ですが。。正直、違いがわからない。
嫁ペースの騎乗位なので嫁に任せようと思い、その方が声も調整可能だと思ったし。
嫁はゆっくりと小刻みに腰を前後させながら私にへばり付いている。

『どうですか。。久しぶりにやってみて』
「ちょっと安心した。。やっぱり気持ちいい」
「離婚した後に久しぶりに入れたのパパだったし」
「色々と緊張してたからね。。その時くらいの緊張」

嫁は腰を動かしながら声を押し殺しているのはハッキリとわかるので枕を嫁の顔の下に入れてあげた。
今のペースではこちらの発射も不可能なので苦肉の策。
おかげで一番好きな聴覚からの刺激はうめき声だけになってしまったのたのだが。。。

ここで少しいじめ心が芽生えてしまいました。
マンコからチンポを抜いて嫁にはそのままと指示を出した。
ベッドの縁には嫁のお尻が突き出した格好になっているので嫁はバックだと思ったらしい。
突き出されたお尻からクリまでを一通り舐めてあげる。
嫁は小休止くらいの油断状態。
指二本をマンコへ!一気に加速。
嫁は声を出したくないのだろう。。枕に顔を埋めて両手でベッドシーツを握りしめながらお尻を振っている。
全てが久しぶりだとこんなものなのか?
なかなかに面白い。。。

さすがにGスポットを集中すると太股から床までひたひたに潮が沸きだしてくる。
その間に何回か気持ち良くなったみたいだ。
声も出せない嫁の横で話しかけてみた。

『気持ち良かったですか?』
「。。。。。。。」

ぼーっとした顔の嫁が添い寝をしている私に抱き付きながらキスしてきた。

「気持ち良かったよ」
『そりゃあね。。潮の垂れ流しだしね』

それにしても小声の会話は疲れます。

嫁はチンポを握りしめてシコリ始めた。
嫁のオッパイを揉みながら母乳を飲んでみるがやはり美味しくない!

『サキちゃん!。。後ろで最後でいくよ』
「うん、いいよ。お願い」

ベッドの縁に突き出したお尻、マンコにバックで挿入。
腰回りは早く細くなって欲しいとつくづく思う。
滑りも良くチンポはマンコをすいすい出入りする。
嫁は相変わらず枕に顔を埋めてうめき声をあげてる。
ほぼサイレントセックス。
チンポとマンコのヌチャ音と打ち付けられるお尻の音だけ。
レイプ感があって良いと言えば良いかも。

それにしても聴覚刺激が少ないのでなかなか最後まで行かないのだが。。。かなり頑張って無言のまま、産後初中出し。
やはり中出しは気持ちいい。

中出しで放心状態でぼーっとしてると嫁のうめき声も止まってた。
ティッシュを数枚取り出してマンコに当てる。
嫁は片手でティッシュを押さえながらもお掃除フェラをしてくれる。

『サキちゃん。。少しは満足した?』
「満足した。。気持ち良かった。。」
「安心した。。出来るだけ早くしたかったから」
『あとは徐々に。。』
「徐々にもう一人いってもいいけど?。。」
『家族計画は考える。。マジで』
「ふーん。。。。。まあ、いいかな。。。セックスレスにならないなら」

世間一般は赤ちゃんの夜泣き時期のセックスはどうしてるのかな?
寝てる間に別の部屋が理想的なのだが。
気になって仕方ないので。。しばらくはサイレントかな?

現在、家族計画を悩み中です。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7219
投稿者 清子 (26歳 女)
掲載日 2019年1月13日
投稿No.7200の続き

3回目の投稿をさせていただきます。

自分のことについて少し書こうと思うのですけど、これまでお付き合いした男性たちからはお嬢様育ちと思われていて、決して裕福な家庭ではありませんが、厳しい家庭で、母は常に父に従順で、世の中は男女平等とか、女性活躍社会とか言われていますけど、家庭環境は男尊女卑で、それを当たり前のこと受け入れてたので、今までお付き合いした3人の男性に対しても、女である私は一歩引き下がり、男の人の身の回りのお世話をしたりして男の人が喜ぶと、私自身も嬉しく思うのでした。
25歳になるまで貞操だけは守り続けてたのですが、その訳は身体の関係は将来をともにする男性とだけと決めていたからで、初体験も3人目にお付き合いした男性と1年以上の交際を続けてからのことで、しかし、どうにも性交渉というものが好きになれず、このままでいいのだろうかと不安になったこともありお別れしたのは初回の投稿どおりです。

そして、今の旦那様、現在お付き合いしている彼のことで旦那様と呼ばせていただきますが、その旦那様との初めての性交渉で中出しをして以降、性交渉において初めて快感というものを得られ、また男性を喜ばせるもできることに目覚めてしまいました。
旦那様に身体を許したのは、もちろん求められたこともありますが、まだ旦那様にははっきりとは伝えておりませんが、女の直感としてこの人と将来をともにしたいと感じたから、別の言い方をすれば、私の子宮がそう感じたからだと思っています。

お会いする時は、旦那様を喜ぶことは何でもしてあげようと思うようになり、前の彼の時は一度もしたことがなった、たとえばシースルーのセクシーな下着を身につけたり、また、旦那様の前にひざまずいてはズボンと下着を脱がして差し上げ口淫などもしたりするようになり、生理になってしまった時は、お口で受け止めることもしました。
前の彼の時は、男性から溢れ出るその匂いが好きではありませんでしたが、中出しを経験した今では、生命の源として大変愛おしくて感じられようになり、お口に出していただく時はごっくんし、また、中出しされて旦那様の身体が離れた際には、ペニスに残ったそれもきれいに吸い取ってさしあげています。

しかし、普段は紳士的な旦那様が性交渉の際には私に向かってこんな話をするようになったんです。
旦那様のお友達は2~3人お会いしたことがあるのですが、私のことを「中出しサセコとして紹介した」とか、「彼らが清子に中出ししたいって言ってる」とか、「清子が他の男に中出しされてるところを想像してしまう」とか・・・・
「中出しサセコ」ってひどい呼び方だと思うのですが、初回のデートでいきなり中出しをしたことについて旦那様は罪悪感を感じていて、二度目は避妊具を装着しようとしたのに私が拒んだこと、そしてその後にお会いする度に私から中出しを求め続けたことで、旦那様に自分から中出しをさせる女と思わせてしまったのかもしれません。
旦那様には旦那様が2人目の男性であることや私の貞操感は伝えてありますので、そのことを理解していただいていると思うのですが、「中出しサセコちゃん」と私のことを呼ぶ時の旦那様の顔が実に嬉しそうで、旦那様特有の愛情表現なんだろうと思い、また、男の人を喜ばせたいと思う私は否定することもしていません。

そういうこともあってか、旦那様には決して言いませんが、中出しサセコになって他の男性に中出しされる自分を想像しては、濡れてしまっているのを感じる時があります。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7218
投稿者 巨乳好き (37歳 男)
掲載日 2019年1月13日
投稿No.7217の続き

ジムで仲良くなった巨乳のゆうきのお姉さん彰子さんに中出しして以来、お姉さんの彰子とまたヤリたくてしょうがなかった。
ジムでゆうきと汗を流してゆうきの家でご飯食べようとゆうきを誘った。
家に行くと誰もいなかった。

ゆうきの部屋に入り、僕はゆうきにキスをした。
そのままゆうきの大きなおっぱいを揉んだ。
ジム帰りだったのでブラもスポーツブラだったので柔らかくそのまま脱がせ、おっぱいにシャブリついた。
ゆうきは汗臭いから!と僕は汗ばんだおっぱいがまたたまらなかった。
そのまま下も脱がせ、おまんこを舐めるとゆうきは汗が。
恥ずかしい!と僕は汗の臭いとおまんこから溢れ出るHな液に興奮し、裸になりゆうきにフェラをしてもらった。
僕のチンコも汗の臭いがしただろうがゆうきは夢中でシャブリついた。
チンコもカチカチになると僕はゆうき、入れるね!とゆうきはまたコンドームを手に取りチンコに装着した。
僕はゆうきのおまんこに入れ、またおっぱいを堪能しながらHした。

ちょうどHも終わりゆっくりしていると誰か帰ってきた。
お姉さんの彰子だった。
ゆうきはお姉ちゃん帰ってきたから私お風呂入ってその後入って!とお風呂に入り、僕にどうぞ!私、髪とかやったらご飯の支度するからゆっくり入って!と僕はお風呂に入った。
体を洗い湯船に浸かってのんびりした。
すると、お風呂の扉が開いた。
お姉さんの彰子さんだ。
裸で入って来たので、僕はエッ!!と彰子さんはあれ!?入ってたの?と僕はまたお姉さんの裸を見れてラッキー!と思いながらもゆうきいるしマズイよなと思った。
お姉さんは大丈夫でしょ(笑)とお風呂に入り体を洗いだした。
ゆうきより大きなおっぱいを洗う姿は堪らなく興奮した。
柔らかく洗う度に小刻みに揺れ変形するし、僕は完全にチンコが勃起した。

お姉さんは洗い終わると湯船に入ってきて目の前に彰子の大きなおっぱいが!浮いてるし、近すぎて色んなところは当たるし。
彰子は、また触りたい?と僕は生唾を飲むと顔を挟まれた!
そのままチンコを握られると彰子はもうこんなにしてるじゃん!!と立ち上がると僕の顔におまんこを近づけ、舐めて!と僕は彰子の温かく柔らかくなったおまんこを舐めた。
すぐにヌルヌルになった。

彰子も気持ち良さそうにして、バックになりチンコを握ると入れて!と僕は彰子のおまんこに挿入した。
僕はヤリたくてしょうがなかったので、アッー!彰子!とゆっくりピストンすると本当に気持ち良かった!
後ろからピストンしながら大きなおっぱいを鷲掴みにした。
垂れ下がった彰子のおっぱいはかなり大きくてヤバかった!
たまらず、彰子!気持ち良いよ!と激しく突いた!
彰子も良い!気持ち良い!と僕は更に振り続けると彰子もイキそう!あっ!んん!と僕も彰子そろそろ!と彰子はイイよ!そのまま出して!奥に!と僕はさっきゆうきとはコンドームだったので、中出し出来る!!と彰子!中に出すよ!彰子のおまんこに精子出すよ!とピストンするとドピュッ!!ドピュッ!と彰子のおまんこの奥で精液を出した!
彰子もあっー!どくどく出てる。気持ち良い!と僕は彰子のその言葉がまたたまらなくたまってる精子がどくどく溢れでた。

チンコを抜くとおまんこから精液がたらっーっと流れ出てきた。
僕は彰子にキスをし、彰子たまらなくて最高!と抱きしめた。
すると、脱衣場からゆうきの声が!
タオル置いておくね!と僕は心臓が止まりそうになった。
僕ももう上がるから!とお姉さんの彰子は湯船のふたに隠れていた。
ドアを開けられなかったのでホッとしたが僕はそそくさとお風呂を出た。

着替えも終わるとリビングに行き、ゆうき!お風呂気持ち良かったよ!ありがとう!とゆうきも良かった!とバレてなかった。
ご飯が出来たのでゆうきとお姉さん彰子と一緒にご飯を食べた。
彰子は僕を見るとニヤニヤしていた。
食べ終わるとリビングでテレビを見ながらゆっくりした。
ゆうきは疲れていたのか寝てしまった。
僕もウトウトして落ちそうになっていた。
すると、なんだか気持ち良い!僕は目を開けるとお姉さん彰子がチンコをしゃぶっている!
僕はエッ!!と思い目が覚めた!
彰子!マズイよ!とソファーでゆうきが昼寝してるのにチンコを咥えて僕を見ている!
僕の反応を見ながら笑ってた。
僕は駄目でしょ!と思いながらも気持ち良さに負け、床で彰子にチンコをしゃぶられ、ギンギンにしていた!
さすがにそこでヤる勇気はないので彰子!部屋でしよ!と彰子に手を引かれ部屋まで行った。

部屋に入ると彰子のおまんこを舐め、手マンしクチャクチャにした。
そのまま彰子に挿入した。
まださっきの精子が残ってるような感じだった。
僕は彰子のおまんこの中で僕の精子がかき混ぜられてると思うとたまらなく興奮した!
さっき出したのでかなり余裕もあり、突きまくった!彰子も凄い!気持ち良い!良い!と僕もかなり激しくしたので彰子はアッー!!イクッ!良い!とビクビクと体を震わせ、もう駄目!とイッていた!
彰子は一度イクと声も我慢出来なくなり、喘ぎ声が大きくなっていた。
僕もイッている彰子がたまらなく更に突き続けた!
僕もかなり気持ち良く彰子!気持ち良いよ!そろそろイキそうだよ。とその時!!!ドアが開いた!
彰子と僕はドアの方を見るとゆうきだった!
マズイ!と思ったがもう止まらない!
ゆうきは唖然とした顔をしたが小走りに何してるの?えっ!お姉ちゃん!?何で?と混乱していた!
僕はバレた!!でも、彰子は気持ち良い!◯◯!来て!出して!彰子のおまんこに出して!と僕も彰子!イクッ!アッー!出るっ!!と二人で抱き合うとドピュッ!!ドピュッ!!
アッー!!彰子!!とイッた!
彰子もまた◯◯の精子出てる!たくさん出てる!とゆうきもいたが欲に勝てず、そのまま最後までヤリきった!

ゆうきもいたが、僕ももうバレたし!と開きなおってしまい、ゆうきの目の前でお姉さんの彰子に中出しするなんてたまらなく気持ち良かった!興奮が冷めずチンコもおさまらなかった。
そのまま僕はまた彰子を突きだした。
彰子のおまんこはぐちゅぐちゅとイヤらしい音をたて僕はゆうきに見せつけるかの様にピストンした!
彰子も見られてるせいかさっきより感度良さそうに気持ち良くなっていた。
二人ともたまらずまたイキそうになると、彰子!!出すよ!イクッ!と彰子もたくさんちょうだい!もう全部出して!と僕はアッ!イクッ!!同時にドピュッ!!
どくどくと精子を彰子のおまんこに出した!
ゆうきに止めてよ!と止められながら、見られながら彰子に中出しするなんて最高に気持ち良かった!

ゆうきとはその後は連絡も取らなくなったが、お姉さんとは付き合うことになった。
お姉さんの彰子も見られながらのHは堪らなく気持ち良かったみたいで家にゆうきがいると呼ばれゆうきに聞こえるようにHしたり、僕も彰子に夢中だったので1日中Hしまくったりとして二人ではまっていた。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ: ,

1 2 3 4 5 6 82
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)