中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7183
投稿者 さすらいの人 (40歳 男)
掲載日 2018年12月12日
ちょうど10年位前の話です。
年が明け海外出張へ行きました。

けっこう過酷なスケジュールで毎日疲れ果てていて、滞在中はホテル暮らしでしたがシャワーを浴びて寝るだけ。
生まれて初めて1ヶ月禁欲。Hもオナニーもせずに限界まで溜まっている状態でした。

そしてようやく帰国しました。
帰りの飛行機の中で寝ていて、セックスする夢をみる始末。常にギンギンでした。
やさしく毛布をかけてくれるスチュワーデスさんの笑顔に暴発しそうな勢い。
飛行機のトイレでオナニーしようかと思いましたが、もうすぐ彼女に会えると思い我慢しました。

南方エリアの出張だったので真っ黒に日焼けしました。
久しぶりに彼女に会ったら別人のように感じたそうです。
目がぎらついていて色黒。
怖かったみたい。
欲情し獣のような雰囲気が殺気のように出てしまっていたみたいです。

そして久々会ったと言うのにつまらない喧嘩をしてしまい険悪なムードに。
会話中、私のちょっとした言葉尻になぜか彼女がいらついてケチをつけてきたのです。
普段なら私も流せるはずなんですが、なんかお腹空いていたのと、もう爆発寸前の欲望がイライラを爆発させてしまいました。

食事はずっと静かに黙々と食べる始末。
今日はもうこのままお開きか。せっかく会えたけど。しかたない。
もしかしたらこのままお別れになるのかな?
そんな風に思ってました。

しかし、なけなしの稼ぎで奮発して買ったお土産を渡さずに帰るのもなんだかと思い。
「これ向こうで一番いいアクセサリー買ってきたよ。似合うと思ってさ。なんか久々会ったのにこのままってのもやだし。」
「これよかったら着けてみてよ。ほんとにめちゃくちゃ忙しくてこれ買うのが精一杯でさ。」
とぼそぼそ話すうちに私はなぜか泣いてしまった。

「ちょ、どうしたのよいきなり。今日はもうなんか変よ。わかったわかった。ちょっとまってて。」
彼女は慌ててそのアクセサリーを着けてくれた。

色白くて和風のおとなしめの彼女にはぴったりだった。
久々じっくり顔をみた。綺麗だ。
「良く似合っていて綺麗だよ。まじで。」

やっと笑顔がこぼれた。二人で笑って家に帰った。

シャワーを浴びて、もう耐え切れず獣が犯すように押し倒して襲ってしまった。
今までそんな事はしたことなかった。
彼女はまったく抵抗せずにむしろ服を脱ぎやすい体勢をとってくれた。
お昼の喧嘩が嘘のようだ。

欲望の赴くまま愛し合った。
愛撫もそこそこに、彼女の好きな寝バックに突入した。
もうグチュグチュに濡れていた。
オナニーすらしなかった私の肉棒は限界まで怒張していた。

「ああーすごい。めちゃくちゃ硬い。どうしたのこれ?」
肉ひだが巻きつくように肉棒にからみつく。
ものすごい愛液があふれ、彼女は今まで聞いたことないようなヨガリ声をあげて絶叫する。
「ああーだめだ、今日はもうすぐにいっちゃうよ。」
「出して。いっぱい出して。ああー」

中出しはした事あるが今まで数回程度。
その時よりも激しくお互い感じている。
どくんどくん。物凄い濃い精液が子宮の奥に送り込まれた。
「ああー。中にだしちゃったの?もう。」

私は今まで感じたことの無い絶頂の射精感だった。
信じられないくらいずっとドクドク出ていて止まらなかった。
そして勃起はまったく収まらなかった。

そのまま抜かずにずぼずぼ突いた。
ごぽぉごぽぉ!といやらしい音と白濁液が泡立つ。

「どうしちゃったの?」
「まだ全然いけるんだよ。今日は。」
「なんか今日は会ったときから変よ。獣みたい。」
「そうだ、今日の俺はけだものなんだ!めちゃくちゃに突いちゃうよ。」
「ああーだめだめ。いっちゃうイクイク。ぐはぁ」
今まで聞いた事の無い声で絶叫しながら彼女も果てた。

次の2発はずぽぉ!と引き抜いて一旦お腹にかけた。
勢いありすぎて顔まで一筋、びしゃっと出てきた。
そしてまた膣に入れて残滓を射出。
まだ勃起がとまらない。
さすがの俺も自分でびっくりした。

「だめだ、まだいけるわ。」
「ええー、もう狂ってるんじゃないの?」
「そうだよ、もう今日は狂っちゃったんだよ。」
「変態じゃないの!ああー!」
「変態に犯されているんだよ。今日は。おらおら。」

今までそんな事言ったことも無いセリフだが自然に出てしまった。
お腹は精液でびしゃびしゃ、顔にもかかったまま。
膣からも愛液と精液が大量に溢れ出ていて全身ベトベト状態。

「ああーイクー!もれちゃうもれちゃう。あたしも何か出ちゃう!」
じょわわ。
生まれて初めて、彼女が潮かおしっこかわからないものを漏らしながら気絶するように昇天した。

愛液と違う液体が膣に入りぎゅぽぎゅぽと肉棒にいつもと違った感触を与える。
なんだこれ?
こすれ具合がめちゃくちゃ気持ちいい。
きゅっきゅ!っと肉襞が怒張した肉棒にこすれ、からみついて絞り上げてくる。
元々締まりの良い持ち主だったが一段と締まってくる。
物凄い気持ち良い触感で一気に射精感がこみ上げてくる。

金玉にも暖かい液体が流れてめちゃくちゃ気持ちいい。
この感覚はすごい。
この日はお互い初めてセックスした時より気持ちよい、超絶の快楽感覚を貪った。
この子は、乳首をつまむと膣が収縮するのでむしゃぶりついてみた。
「ああー」と絶叫して案の定、膣が収縮した。

「ああーいくよ!また中に出すよ。」
「出して!いっぱい出して!変態!大好きよ!イクイク、わたしもイクぅ!」
「ああー愛してるよ。いく!」

どくんどくんどくん!
懇親の力で彼女にしがみついて腰を膣奥まで打ち込み、また物凄い沢山の精液を子宮に注ぎ込んだ。

肉棒は子宮口にしっかり押し付けて奥でグリグリ当てながら精液を注ぎ込む。
もう本能にまかせきった完全に理性を失った野獣のようなセックス。
彼女はがっしりと足をカニバサミで挟みこみ、全身でしがみついてお尻をブルブル痙攣しながら逝っていた。
そのまま二人とも起き上がれず合体したまま、いつの間にか寝てしまった。

昔の事だけど、物凄い強烈に想い出に残っている。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
タグ: ,

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7174
投稿者 べるべるくん (30歳 男)
掲載日 2018年12月01日
恋愛関係なら淫行もOKな県での話です。
ほかだとしょっ引かれる可能性があります。

あれは7年前かな、ラインやスマフォが流行り始めたころです。
ひょんなことでJCとその母親と知り合いになり・・
以後JC=T
T側からさり気なくなのか直球なのかよくわからんラインをやり取りし、当時彼女と別れたばかりで、その時は特に意識もせずに、気が向いたときに遊んだりしてました。
容姿は中の上といいますか、かわいいほうの部類だと思います。
身長160cmと2年生にしては結構高く、胸もそこそこにあるかな?
黒髪ロングでおとなしい子でした。

特に手を出す気もなく、友達みたいな感覚で一緒にいました。
なんせ干支が一緒なんですよ・・・
そこが母親からも信頼を得たのか丸投げ状態。
「前の男より全然いい!」だそうです。
シングルマザーで忙しいからってそれでいいのだろうかw
「なんならよければ娘を差し上げます」って・・・えー?

そこからまぁ半年も続け、某アイドルがいいだの、甘いものが大好きだの学校でなにがあっただの、ラインやり始めてからのクラスの絡みが増えただの、処女は前の男にくれてやっただの、Dカップからまだ増えそうだの、世間話から聞いてもないアピール話までw
色々聞かされーの。

ある日彼女の家にお呼ばれし、晩御飯をいただき、ちょっとくつろぎ。
母親はお酒飲んで寝落ち。
0時も回ってしまっているので、そろそろおいとませねばと立ち上がり、もろもろとお方付けをしTの部屋へ。
ノックして顔だけ覗かせて部屋は明かりはついておらず、窓のカーテン越しに街灯の明かりが届く分だけの明るさ。
ベットの上でミニスカでゴロゴロとスマフォを弄っていたTに
『お母さん寝ちゃったから帰るよー?』
・・すると
「なんで帰るの!!!!!!!!!!!!!」
すごい勢いで言われて思わずびっくり。
ちょっと戸惑っていると取り繕うように
「添い寝しましょ?」
そういわれた瞬間、急に喉が渇いてしまい・・
『ん、わかたちょっと待っててね』
「はーい」

え?何今の?
急に女の顔になったけど・・え?
今思えばその時に僕は落ちたんでしょうねw
と思いつつ水分補給し、念のためうがいも。
まぁあとは吸い込まれるようにベットに入り、お話をしながら手を握ったりマッサージしてほしいと言われうつ伏せになってもらい腰の部分に座り込み肩甲骨付近からマッサージしたり、ブラも外してほしいというので外してシャツの上からマッサージしたり、そのままゆっくり下に・・・
「おしりはだめ!!」
『あ、だめなんだ』
「でも足ならいいですよ」
『ほーい』

ふとももに触ると・・
びっくりするほどすべすべ・・・
『え、なに。。この触りごこち』
「ちゃんと綺麗にしてますからね」
と得意げなT。
ちょっと・・理性が・・崩壊しかけましたね。

マッサージも終わり添い寝トークタイムへ。
というよりY談でしたw
やれ寝バックが気持ちいいらしいだの、Eカップになっただの、前の男から8ヶ月やってないだの、キスマの数は勲章と一緒、極めつけは
「私毎日体温測ってるからわかるんですよ」
とアピールアピールの連続攻撃。
お望みどおり絶対にヤってやる!!
でもこのままいくと手のひらで踊らされてる感があるので少し待つことに。

気づけば朝の5時。
6時には母親がおきてきます。
その頃には眠気が限界なのかうつらうつらと意識が朦朧しているT。
・・・今だな
そう思った僕は軽く覆いかぶさり、唇に触れるだけのキスを数回。
まだ朦朧としているようだったので今度は思いっきり口の中に舌を入れて暴れさせてやりました。
途端にビクっと起き上がり覚醒したT。
「え?」とか言ってるけどもはや関係ありません。
そのまま押し倒しもう一度キス。
服をめくり、ノーブラのEカップを堪能。
やっぱりというか、さすがというか肌質がたまりません。
モチモチ感があるというかただのやわらかい肉じゃないんですよね。

んースカートはそのままのほうがいいよなー。
パンツを脱がし、うすーーい陰毛のすじマンを味わいました。
「はずかしー・・・」
顔がりんごのように真っ赤です。

すじマンに指を入れると隙間がまったくないんですよ。
穴に入れてるというより満員電車に突っ込んでるようでした。
ちょっとこれはやばいんじゃないのw

さてそろそろっと
『じゃあTちゃん、チンコ入れちゃうけど…いいよね?』
「うん・・・」
ゴムなんてもってないし、相手に散々誘われていたので避妊なんて絶対しねーーーーー
その時はその時だ!

秘密兵器の18cm巨砲を挿入。
「アアアアアーーー」
っていうか入る?・・・入った!
Tは口をあけて軽く痙攣しています。
『Tちゃん全部入ったよ?』
「ハァハァ、苦しいー」
『大丈夫?でも、全部入っちゃうとかエッチな中学生だね?』
「やだもう・・これくらい大丈夫だよ」
これくらい、といわれて少しムッときましたが仕方ないこと。
Tが僕のサイズがでかいと気づくのはこの半年後ぐらいに某サイトを見るまで知りませんでしたw

それならばと遠慮なしに正常位でズコズコと。
すぐイキそうだったので一回抜いてご希望の寝バックでもズコズコと。
かわいいお尻を堪能しながら可愛がりました。
背中にはキスマークがいくつも。
正常位に戻ってからEカップの胸にもキスマをしっかり。
さすがに限界だったので
『Tちゃん、そろそろ出そうだよ』
「うん・・・」
『中だしていいんだよね?』
「えっ、うん・・大丈夫」
『中だしは初めて?』
「うん」
『じゃあ私の中にいっぱいだしてって言ってごらん?』
「え、恥ずかしいよう」
『これでも簡単なほうだよ』
「私の中に・・・出してください」
極々小さな声で搾り出すように言うT。
まぁ合格かなーw
『じゃあ出しちゃうね、出すよT!T!』
Tにしがみつき、Tの中で思う存分暴れて白濁液を放出!!

「・・・出たの?」
『あぁ、出たよ』
「よくわかんなかった」
『最初はそんなもんかもしれないね』

なんてお話をしながらキスをしたり、アフターケア。
「えへへ」
終始ニヤニヤしながら抱きついてきます。
可愛らしい、一生守っていこう、と思いつつ・・

そんなこんなで朝6時。
母親も起こし、僕も寝ていたという事で一緒に外に出え帰ることに。
Tは・・・というとなにやら部屋から出れない事情があるらしくw
部屋に引きこもっていました
何かが垂れてくるんじゃないですかねw

母親は車で出勤。
それを見送り、僕は歩いて帰宅・・・と見せかけてチャイムをチーンと。
「はい」
『俺だよ開けて』
しばらくしてガチャっとドアが開きTが現れました。
『なんか眠すぎて帰れそうにないからちょっと寝ていってもいいかな?』
「うん・・・いいよ」

そのままベットへ。
寝るわけではなく二回戦の始まりです。
Tの好奇心を満たすHをいっぱいしておりました。
もちろん中出し。

仮眠からの風呂場でも立ちバック中出し。
ご飯を食べに行って送りがてらTの部屋でまた中出し。
散々エッチしたせいかお互いキスマだらけ。
ご満悦なTでした。

思春期といえど大人になる段階なのだから女の顔が見えるのも当たり前ですよね。
半分子供と思っていてもなかなか侮れません。

その後正式にお付き合いをし、高校卒業と同時にプロポーズ。
式はこれからですが、現在一緒に住んでます。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
タグ:

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7172
投稿者 人間失格 (25歳 男)
掲載日 2018年11月29日
自宅に帰ると娘(10)と息子(3)がトテトテと玄関まで来て出迎えてくれる。
「「おとーしゃんおかえり~」」
俺「ただいま~」
子供たちの頭をわしゃわしゃとしながらダイニングに入ると、まゆ(25、本妻)とえり(25、二番さん)が二人で晩ご飯を作っている。
「「お父さんおかえりー」」
俺「ただいまー」

晩ご飯の準備に俺も加わり、5人で晩御飯を食べたら俺は子供たちを風呂に入れる。
8時ごろには息子が、9時ごろに娘が寝始めるので、寝室に連れて行く。

話が逸れるが、まゆもえりもバイだ。
俺のいないところや俺が精力の無い時は2人で大人のおもちゃを使ったりしてムラムラを発散しているらしい。
まゆは元々ストレートだったがえりに触発されてバイに、えりは女子校育ちで女の子にも興味をもって男より先に女の子と関係を持ってバイになった。
えりを初めてまゆと合わせた時、本命と浮気相手という関係なのになぜか終始和やかに会話が進んだのだが、実はまゆはえりに一目惚れのような気持ちになって怒る気になれなかったらしい。
えりの方も、まゆのことを「鳴かせたい声をしてた」らしく、喧嘩を売る気にならなかったらしい。
昔から双子同然に過ごしてきたまゆが俺と女の趣味が合うのはわかるが、俺を放って女の子二人でいちゃつかれると、むしろ俺が寝取られた気持ち……

話を戻して、子供たちが寝静まると大人たちでゲームしたり、ムラムラしていたら俺の部屋でセックスする。
以前はだいたい週3,4で俺がヤッていたが、2人が妊娠してからは週3,4で女同士でヤッている。
おかげでゲームの攻略が今までの桁違いに進む……orz
今回はえりに中出しした日の話をしようと思う。

まだ妊娠してないGWに、えりは地元の友達に会いに行った。
もう結婚している子もちらほらいて、旦那や彼氏のイチモツの話になったらしい。
事前にみんなで相棒の長さを測ってみると、みんな20㎝やそこらのものを持っている。
えりが18.5㎝と発表すると「大事なのは相性やから…」みんなに励まされた。
しかしよくよく話を聞いてみると、みんな玉袋から測ってこの数字と言っていた。

えり「だから俺君もたまたまから測ってみよう!」
そう言ってえりはものさしをもそばに置いてフェラを始めた。
「作業に集中するため」との名目で、我が家で唯一防音加工を施した俺の部屋(2畳、狭い)は喘ぎ声を我慢する必要が無く評判がいい。
3人同時に入ると子供の様子がわからないので3人同時にはできないが、大人が一人部屋の外にいればどんな激しいセックスも遠慮なくできる。

えりは口をめいっぱいに広げ、俺のムスコを咥える。
頭を動かすたびに唾で粘着質の水音が部屋を満たす。

えり「……いひほういあっああいうれえ(イキそうになったら言うてね)」

10分経っても射精感が来ない。
最近はただのフェラだけではいかなくなった。

えり「……あご疲れた…」

しょうがないから半立ちのムスコを手で立たせてものさしで玉袋から測った。

えり「26?!やっぱ俺くんのが一番大きいわ!」

改めてデカいとわかると俺もなんかうれしくなる。
デカい事でデメリットも経験してきたはずなのに、えりが喜ぶと俺もうれしかった。
ついでに正しい測り方で測ると、19.8㎝だった。

チン長を測り終えると、ようやく本番。
えりのリクエストで背面騎乗位で挿入する準備をした。

ピロリン♪

俺 「ん?」
えり「あ、これな、今度自分らのえっちしてるところ録画して見せ合うことになったん」

痴女かよ。
まあ俺もハメ撮りは好きなので、えりがいいなら問題ない。

えりは結合部がよく見えるようにスマホを固定すると、ゆっくりと腰を下ろしてきた。
ムスコの先から蜜に包まれる。
半分ほどゆっくりと挿入したところでえりが膝立ちになった。
一気に拘束感が増し、いきり立つ。

えり「アッ、また大きくなった……」

さらに腰を沈め、ムスコがすべてえりの中に収まった。
えりは呼吸も浅くなり、圧迫感があるのか自分のお腹をさすっていた。
俺はえりの腰を掴み、さらにグッと押し込み、擦り付けた。
えりは声にならない声を上げ、前に倒れ込んだ。
スマホは結合部をドアップに映し、ひくひくと子種を欲する陰唇、血管の浮き出る肉棒、溢れ出る愛液がスマホの画面を占拠していた。

自分たちで見るためではなく他人に見せるためにハメ撮りしていると、この時ようやく気付いた俺は一気に興奮が高まり、えりを抱き寄せた。
結合部だけでなく、ピンと立った乳首や、俺達の顔までカメラに映る。

えり「ちょっと待って!?写っとる写っとる!」

えりの制止も聞き留めず、焦らし気味にピストン運動を始める。
「待って待って」と言っていたえりもいつの間にか録画の存在を忘れたのか、「もっともっと」と恥ずかしげもなくねだって来た。
俺が動きを止めるとえりが腰を動かし、俺が動くと身を委ねてきた。
次第に射精感も最高潮に達し、ビュルッとえりの中に出した。

スマホにはムスコの付け根からドクンッドクンッと力強くえりの中に精液を送っていた様子がしっかりと記録されていた。
俺が息を荒らげながら休んでいると、まだ満足するまでイッてないえりは自分でへこへこと腰を動かす。
腰を浮かせるたびにちらちらと映る俺の肉棒は真っ赤に充血し、さっき中に出した白濁液がムスコ全体に塗りたくったようにテカる。

えり「次は後ろから思いっきりやって」
俺 「いいん?」
えり「うん、壊れそうになるまでやって」

お姫様のご指名通り、バックでえりの尻が赤くなるまで叩き付けた。
俺は一回イッているのでそれでもなかなか射精感が来ず、押しつけバックの体勢に変えた。
押しつけバックは締りがよくなる反面、抜けやすく、激しく動くことはできないが、密着感が圧倒的なので大概の女の子はこれが好きだ。
押しつけバックで息子への圧迫感が増し、俺もイキそうになってきた。
しかしスマホにはシーツをひっかいているえりの足しか映ってないと思ったので、背面座位の体位に変換した。

ようやく自分が映されていることを思い出したえりは声も出ず、耳までを真っ赤にしながら顔を隠した。
無言の許可と受け取った俺はえりの足を抱え、ゆっさゆっさと抜き差しを繰り返す。
えりの喘ぎ声と、ぷちゅっぷちゅっと空気が腟から抜ける音とが録音され、えりの中から一発目のが掻き出され愛液と混ざって俺の玉筋を伝ってシーツを汚す様子が録画される。

抱え上げていたえりの足を下ろし、最後に腰をおさえてポルチオを擦りつけ、えりの中に射精した。
肩で息をしながらえりは、録画を止めるために手を伸ばした。
そのはずみでえりの中から俺が抜け、えりの軽く感じた「んッ」と言う声と同時に精液の塊がぼとっと布団に落ちた。

この後裸のままえりに怒られたが、このムービーは友達の間では評判らしい。
そこらのAVよりも素人感があっておかずに使う子もいると聞いた。
俺もコピーしてPCに入れているが、客観的にAVと見比べてもちんこはそれなりに大きい方だし女は好みだし無修正だしで割と使える。

2人の出産が終わったら3人で見て次の子を作ろうと思う。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
タグ:

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7168
投稿者 あみ (28歳 女)
掲載日 2018年11月24日
こんばんは。
前回のギリギリ避妊(投稿No.7163)で、後ピルを70時間オーバーして飲んだ結果。
見事に妊娠してました。
ちゃんと計算したら、70時間どころか80時間オーバーしてた上に排卵期は常に旦那の精液が入った状態だったので当然の結果ですよね。
なので今私は旦那にお願いして流産セックスしてもらってます。
さすがに今産むのは私が厳しいかったので…。

検査した後すぐに
私「妊娠してました。昔してくれたレイププレイで流産させて下さい。」
土下座しながらお願いしました。
昔されたレイププレイというのは、拘束+子宮ガン突きのことで私は以前これで本気で死ぬかと思うほど激しく突かれ痛みを感じ、1番恐怖したエッチです。

お願いしたと同時に服を破られ下着も引きちぎられました。
もちろん捨ててもいい服と下着です。
その後乱暴に扱われ、手を後ろで縛られて押し倒され前戯をせずに、バックからねじ込まれました。
女はレイプされると防衛本能で、おまんこは濡れるようで最初は涙が出るほど痛かったのですが次第に滑りが良くなり気持ちよくなってきました。

しかし、旦那のおちんちんは私のおまんこには入りきらない大きさで全部入れるとかなり苦しくて、痛いんです。
その苦痛を普段は無いようにしてくれてるんですが今回からは手加減無しで、ガンガン奥まで突き入れられました。
もちろん痛すぎて本気で泣きました。
ですが、私からお願いしてるので文句は言えません。
レイププレイなので言葉でも嫌がるようにしました。

私「やだ!抜いて!!お願い…やめて…。」
泣きながら言う私に
旦那「ほら、生のおちんぽ入ってるぞ?嫌がってるわりには、濡れてるじゃないか?w」
と、ノリノリで私を犯してました。

出される時も
旦那「あー…そろそろ出そうだ。このまま出してやるからなw」
私「やだ!止めて!旦那がいるの!妊娠しちゃうからダメ!お願い外に!」
動けない状態で、足だけジタバタさせて本気泣きしながら言いました。
旦那「無理だな。このまま孕まされろ!」
私の腰を掴んだ人形に入れてるかのように乱暴で激しく突き入れ奥に押し付けて中出ししてきました。
私「痛っっ!!!中はダメえぇぇぇぇ!!!やだぁぁぁ!!」
私「…ひどぃ…中はイヤって言ったのに…」
本気泣きしながら心の中で(もっとして?)と思いながらレイプ被害者になりきりました。
旦那「まだ終わりじゃないぞ?wこのまま孕むまで犯してやる!w」
そのまま抜かずに旦那は続行しました。
私「もうやだぁ…。抜いてよぉ…。中はもうやめて…本当に出来ちゃうから…。」
そのまま朝まで犯され続けました。

部屋の中はいやらしい臭いで充満して、私はおまんこの奥に痛みを感じながら朝の準備をし始めました。
もちろん旦那のおちんぽを綺麗に掃除してから。

夜になるとまた
私「今日も流産セックスお願いします。」
と、子宮の痛みを我慢しながら犯してもらいました。

生理日より9日経過していて、流産エッチ3日目。
今も旦那に犯してもらって旦那の休憩中にこの文章を打ってます。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7167
投稿者 人間失格 (25歳 男)
掲載日 2018年11月20日
12年前の夏の熱帯夜だったと思う。
学校から帰ってきて1,2発まゆに出した。
それでもまだムラムラしていたのでもう一回やろうという話になった。
しかしもう親も帰ってくるような時間だったので俺は家に帰った。

両親も寝静まった夜中2時頃、まゆと示し合わせて神社に集合した。
昼間の喧騒が嘘のような真夜中の境内、当然誰も人はいない。
神主さんもいないような小さな神社なので本殿の裏に行けば誰の人目にもつかない。
そういうときって裸になってみたくなりませんか?
俺たちはなった。

月光の中に照らされるまゆの裸。
まだ下の毛もそんなに生えておらず、胸もほとんど育っていなかった。
女性的な肉付きにはなっていたものの、顔立ちはまだまだ幼かった。
しかし股間からは夕方出した白濁液が足を伝って地面まで滴っていた。
俺も、屋外で全裸という状況に興奮して既にムスコは戦闘状態になっていた。

本殿の縁側に腰かけた俺は、まゆに膝の上に乗るように言った。
膝の上に乗ったまゆに俺はキスをしようとしたが、まゆはさっそく俺を中に導いた。

境内には「くちゅ……くちゅ……」と規則正しく水音が響く。
対面座位でしばらく突き上げながら触れるだけの軽いキスを何度も何度も繰り返す。
誰かが近くにいたら速攻見つかるような状況で、生まれたままの姿で大好きな人と一つになっていた事に俺は興奮していた。
俺たちはほとんど言葉を交わさず、聞こえるのは夜中にも鳴く蝉の声、交わす唇の音、思わず漏れるだけの喘ぎ声、そして結合部の水音と縁側の軋む音

ジーッジーッジーッ
チュックチュッチュッ
ンッ……アッ……
パチュッ……パチュッ……
ギシッ…ギシッ…

何分間つながっていたのか、体感では20分ほどだったが徐々に射精感が高まってきた。
俺は縁側に寝ころんで騎乗位の状態で腰の前後運動のスピードを上げた。
茶臼のばしの体勢でキスをしながら腰を振る。
まゆと一緒に自然に溶け込むような快感が脳を支配し、まゆの中に精いっぱいを吐き出す。
俺はまゆの腰と背中に腕を回し、抱きしめる。
まゆも俺に腰を擦り付け、抱きしめ返してくれる。
互いの心臓の音が聞こえるほど胸を突き合わせ、ドクン、ドクンと子種をまゆの幼い体躯に注ぎ込んだ。

全て終わった後、2人で並んで縁側に座って野外プレイの感想を全裸のまま話し合った。
「誰かに見られてもそれはそれでいいっかって思った」とか、「開放感が最高」とか。

まゆが立ち上がると、そこには水たまりならぬ精液たまりが一つできていた。
今もその神社には精液たまりの跡が、いくつも残っている。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦

1 2 3 4 5 6 80
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)