中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7248
投稿者 はるよし (72歳 男)
掲載日 2019年2月16日
今回の投稿は最終便に乗り遅れた、欲求不満の奥さんを50km先まで送り届けて、その報酬は何か…

今から十数年前(定年前)の出来事です。
自宅から15kmほど離れた会社に勤務していて、5時の終業後の帰り道5分ほど走ると、バス停で奥さん(60歳前か)が手を振り車を止めているのだけど、前の数台は無視して通過して俺が最後尾だったので止まった。
ガラスを下げて聞くと「最終便のバスに乗り遅れたので、御金を払ますから送ってくれませんか」と勝手なことを言う。
俺も家内が他界したので独り者のために自由がきく、たまには人助けと思い了解して助手席に乗せる。

奥さんは乗るなり大喜びして、世間話や夫婦の話をしてくる、俺は相槌を打つように頷いていたが深刻な話、旦那が入院していて近々に退院見込みだが1年ほど御無沙汰だと笑いながら言う。
俺は家内が他界して約20年近くオナニーしたり、年一回程度風俗で処理していると話したからだろう。自分も過去を丁寧に話すと同情してくれた様子。
「若いのに処理に困ったでしょう…?」
シモネタはだんだんエスカレートしていくが…

奥さんは咄嗟に思い付いた様に、「タクシー代金程度お支払いします」と言ったとき、俺は(営業ではなく人助けだと思ってるんだ)、「そんなことでは私が納得できません、遠いところまで送ってもらうのに…」(暫く沈黙)

考えた挙句俺は口を切って、(奥さんの体で支払ってくれたらどうかな)、返しの言葉は、「こんなバーサンでも良いなら…長らく使っていないので、入るか分からないけど」、(それならOKという事だな。)
奥さんは運賃の事が解決できたと思って、右手でズボンの上から撫でるとムクムクと勃起状態になる、途中バス停があり広くなつている処で停車して、狭いカローラセダンのリクライニングを倒して、スラックスやパンツを膝まで引きおろし、手を伸ばせば白髪の陰部は濡れていた。
話だけで陰茎を受け入れる想像をしていたのか。
R9号線は車も多く事故を心配し、僅かな時間で場所を変えて山道の入り口に移動した。

全国的にも魔の号線と言うだけに、殆どの車がスピード超過で走り抜ける。(京都から山陰海岸沿いに、鳥取・松江・浜田・山口)
本線から10mほど入った広いところは、半死角に当り誰にも見られない良い場所。
先ほどの続きで、今度は運転席のリクライニングを倒し、自分は膝までズボンとパンツを下げると、奥さんは待っていたかの様に勃起したチンポにしゃぶりつき、扱いたり吸い付いたり、金玉を弄ったりして痛いほど勃起させられた。
我慢にも限界が来たので、(奥さん上着は脱がないで良いから、入れさせてほしいよ)と頼んだら、「良いわよ」と言いスラックスとパンツを脱いで、尻の下に置いて伸長位で待つ。

俺は外に出て助手席に回り、足を開かせた中に入りオメコにツバを垂らし、挿入できるまでルームライトを点灯、暗いけど白髪交じりの陰毛や、手探りで膣口を探し鋼鉄のようなチンポを、何とか差し込んだ。
狭いので奥さんの左足は外に投げ出していた。
小型車なので座席も狭く車高も低いので、入れるまでは苦労だったが。
挿入も根元までは入らない、シートが凹になりそこに尻が行くからである。
抜けると再挿入が困難を要すので、ピストンは浅く亀頭を擦る程度で注意深く動いた。
奥さんは「気持ち良いわ、一年ぶりなのに…」とうわごとを言ってた。
肛門膣をを舐めずに入れたのは過去覚えがない。

時間にして5分程度だったと思うが、陰茎を目一杯押し込んだ状態で射精し、陰茎が脈打つように精液が出たのが分かった。
奥さんも「チンチンがピクピクしたのが分かりました」と言った。
高齢であり閉経であるために生入れ中出しは何も心配なし。
身繕いは二人とも外でしてが陰部を拭きはしなかった。
後で射精液は流れ出たであろう。
ポケットティシュは有ったけど。

気を取り直し奥さんの自宅近くまで送る途中の会話、(送りオオカミって今のようなことかな)、「違うわよ、オオカミでなく送りペット(犬)の様ね」と笑った。
俺は愛犬扱いに思われて幸せだった。

自宅前まで乗せて送ると言ったが、自宅を教えたくないのかバス停で降りて、丁寧なお礼を言い地区内に姿が消えた。
その後この奥さんと偶然出会うことができました。

誤字脱字の乱文を読んでいただき感謝します。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7229
投稿者 人間失格 (25歳 男)
掲載日 2019年1月22日
今、5歳年下の現役女子大生と生セックスをしている。
寝バックで手足をおさえてずっと突いている。
頭も抑え、くぐもった荒い息が聞こえる。
20分以上このまま突き続けている。
中に出していいか聞いたら何度もうなづいたので、この後中に出す。
何回やるかはわからんが、もし明日早く起きれたならこの続きを書く。

女の子が寝た、続きを書く。
俺も眠いから短くなると思うがすまない。

今日の女の子は黒髪で長く、いわゆる清楚ビッチってタイプの女の子だ。
年始にまゆとえりとヤったが、やはり遠慮なしのセックスがしたくなったので会議懇親会が終わってセフレを呼んだらいい子がいるといわれて初めて会った。
彼氏のおちんちん(笑)が小さく、今までのセフレ以下なので太いのを体験してみたいと紹介された。
身長は俺の胸くらいで、圧迫プレイをしようとこの時決めた。

フレンチに行き、ワインと食事で心を許したあたりでさっそくホテル。
初めての子なので雰囲気重視のホテルに来た。
部屋に入って抱きしめながらイチモツを押し付けると自分からさすってきて驚いていた。

シャワーを浴び、口で奉仕させるが亀頭だけを舐め回す中学生のようなフェラ。
タマも触らない、あまり奥まで咥えようともしない。
しびれを切らしてクンニをしようとすると恥ずかしがって嫌がる。
しょうがないから指だけで前戯をするとそれだけで一度達した。
どんだけ無知でへたくそな男しか知らないんだ。

なんとか双方準備ができたが既に予定は4時間押しの12時過ぎ。
さっさと遠慮のしないセックスをしたかったのでバックで入れ、そのまま体重をかけて寝バックに移行した。
女の子は驚いていたが、そのまま為す術もなく突かれるがまま快感に浸っていた。
両足でこの子の足をおさえ、腕と頭は左腕でのしかかった。
最初は抵抗があったが、徐々に反発がなくなってきて、逆に潤滑液と喘ぎ声は増えた。
20分間突き続けて「中に出していい?」と聞くと何度もうなずいていた。
空いた右手で冒頭の実況を書き込み、寝バックのまま女の子の奥に直接出した。
胸元で涙を流しながら荒い息をしてる女の子がなんかかわいかったので、そのままさらに抜かずの3連戦をした。
女の子は4回目が終わると、疲れたのかシャワーも浴びずに股をびちゃびちゃにしながらそのまま寝落ちた。

彼氏くんはきっとガバガバになった彼女ですべてを察するだろうな笑
他のセフレ君たちも急に感度の悪くなったこの子を見て怪しむかもしれない。
この子もたぶんもう平均的な凡チンでは満足できない体になってしまったに違いない(経験則)

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7221
投稿者 Taco (30歳 男)
掲載日 2019年1月15日
26歳・神戸在住のMとは友達作り系のSNSがきっかけで繋がり、11月頃から頻繁にLINEをしていた。
アイコンを見る限り、美人とは言い切れないが切れ目で細身、結構俺の好みのタイプだ。
夏に彼女と別れてからは年後半を半ばヤケで遊んで過ごしていた俺は、他愛ないやり取りをしているうちに、何とかしてMともやりたい、という邪な欲望を抱くようになっていった。
Mはお酒、特に日本酒が好きらしいのだが、周囲にあまり飲む人がいないため楽しく飲める機会が少ないとこぼしていた。
俺は飲み好きでそこそこ酒には強いため、話しているうちに盛り上がり、トントン拍子で飲みの約束を取り付けることに成功。
タイミングよく年末年始。俺は東京在住だがちょうど実家のある大阪に帰省する予定だったので、1月3日に梅田で会うことにした。
「せっかくの休日だから贅沢に昼ビールから始めよう」と提案すると、Mはノリノリで承諾し、15時から会うことになった。
しかしその背景には、その日中に落とすなら時間はたっぷりあった方が有利、という俺の思惑があった。

当日、つつがなく15時に待ち合わせ場所である阪急百貨店前に着いた。
ちょうどその日から初売りとかですごい人混みだったが、Mの顔は写真で知っていたので難なく見つけることができた。
Mは案外積極的な子で、12月のある夜にいきなり俺に電話を掛けてきたのを皮切りに何度か通話していたので、居酒屋が乱立する東梅田へ歩く間も、お互い緊張感はなくすぐに打ち解けることができた。
電話口のおっとりした話し方からすると少し天然ぽいと感じていたが、見た目も中身もほぼそのイメージ通りだ。
特に店の予約はしていなかったが、通りがかりに東北の幸と地酒を売りにした純和風居酒屋が目に留まり、俺とMは即座に意気投合してその店に入ることにした。
ビールを2杯ずつあおり、いぶりがっこやなめろうをツマミに東北の美味しい酒を堪能した。
飲みながら、仕事、家族、元彼、恋愛観など、Mのいろいろな話を聞いた。
少し天然でおっちょこちょいなところがあるが、仕事や恋愛については案外冷静でしっかりした考え方を持っている子だとわかった。
それからはひたすらに飲んだ。
基本的にどこも2時間制なので、17時に2軒目に移りまた日本酒、19時に3軒目で今度は趣向を変えようということでワイン。
適宜Mの酔い具合を確認したが、俺は元々日本酒だけは弱くワインもちゃんぽんしたせいかこっちの方が酔ってるし、頭痛まで発する始末だった。
酔いつつも、このまま酒を入れても埒が明かないと判断し、3軒目はボトル1本を空にしたところで退出。
その頃には自然に手を繋ぐようになっていたので脈アリと思いつつも、さてこの後どうしたものかと歩きながら思案していた。
すると目の前にカラオケが現れたので、2人きりになるにはちょうどいいと咄嗟に思い、入ってみた。
Mは「私カラオケ歌わないよ」と言ったがおかまいなしだ。
俺も歌うつもりなど毛頭ない。

部屋に通されると、口直しのドリンクだけ汲んできて部屋を暗くする。
情けないことに酔いで気の利いた話やムード作りに専念する余裕がなかったため、半ば賭けだったが、Mの隣に座り何も言わずにキスをしてみた。
するとMはすんなり受け入れるどころか、積極的に舌を絡めてくる。
辛くも勝利を確信した俺は「行こうか」とだけ言い、ものの10分も経たない内に2人でカラオケを後にした。

東梅田はラブホテルには困らない。
はやる気持ちに駆られ、早速手近なホテルを見つけ部屋に入る。
それまで手を繋いで大人しく付いてきたMは、丁寧に俺と自身のコートをハンガーに掛け、ベッドに腰掛けた。
俺もその隣に座り、抱き合ってさっきよりも激しいキスでお互いを貪り合った。
そのうちに2人ともベッドに倒れ込む。
俺は気を遣って一度顔を離し「シャワーする?」と聞いたが、Mが黙って顔を横に振る。
その瞬間俺は一層Mが愛おしくなり、再び唇を重ねた。
頬や耳、首筋と上から少しずつ責め、ブラウスを脱がす。
やがて黒のランジェリーと肩紐の無い赤いブラを剥ぎ取ると、乳房が露わになった。
推定Bカップで控えめだが、淡い乳輪やツンと上を向いた乳首は一気に俺の性欲をそそった。
最初は乳首に触れぬよう、優しく全体を揉み上げると同時に舌を這わせていく。
ひとしきりそうした後、指先で軽く乳首を摘んでみると、途端にビクッとして仰け反るM。
そこからは遠慮なく両の乳首をしゃぶり、舌でこねくり回す。
Mはアンッと声を出して喘ぎ、舌の中で乳首が硬くなってくるのがわかる。

乳を責めつつ片手を下に伸ばすと、真っ赤なショーツは既にしっとり濡れている。
俺自身も服を脱ぎながら、ショーツの上から鼻を押しつけ洗ってないメスの匂いを嗅ぎ、同時に口でクリを刺激する。
あまり濡らすと替えがないため可哀想なので、ある程度楽しんだところで脱がしてやる。
祭りは準備が楽しいと言うが、セックスでは女の脚を上げてショーツを脱がすこの瞬間が正にそれに当たると思う。
俺はあえてショーツを一気に脱がさず、膝付近で止めてM字開脚させるのがたまらなく好きだ。
女性が膣とアナルを晒し、無防備な格好でじっくり男に見られる瞬間が最も恥ずかしいに決まってるからだ。

Mの恥部を見てみると、前面は普通に陰毛が生えているが、クリから下、いわゆるIOゾーンはツルツルだった。
聞くとエステではなく天然だという。
パイパン・クンニ好きの俺にはたまらなくそそる獲物だ。
しかしそこで焦らず、乳首同様、いきなり局部ではなくまずは太腿を撫でたり舐めたりして焦らす。
相手の欲求が高まってきたところで、舌でクリを強く押さえたり、指を膣口に這わせたりする。
やがて指を1本、2本と膣内に挿入し、第一関節を立ててGスポットを刺激する。
手マンは人によって感じ方が千差万別なため加減には注意が必要だが、Mは痛みを感じるどころか気持ち良さそうに喘いでおり、かなり強めに指をガシガシと出し入れしても大丈夫だった。
すると次第に指先に水分を感じるようになったかと思うと、堰を切ったように潮が膣内から溢れ出した。
それはみるみるシーツを浸し、気づけばキングサイズのベッドの腰のラインがほとんど濡れて冷たくなっていた。
俺自身こんなに潮を吹く女は人生で2人目だったが、M自身も「潮なんて出るの初めて…」と息も絶え絶えに漏らしていた。

Mに火がついたところで攻守交代。
Mは俺のボクサーパンツに手をかけると、丁寧に脱がしていった。
年末から4日間溜め込んでいた俺のペニスは既に怒張しており、Mも途端に興奮して我慢できなかったのかいきなり先端を咥え始めた。
激しいストロークだが、うまく歯が当たらないよう刺激を与えており、相応の男性経験を感じさせた。
酒が入っているといつ萎えてしまうかわからないので、早々に決着をつけるのが望ましい。

俺はMにフェラを中断させ、備付のゴムを装着して正常位で挿入した。
はじめは痛くないよう様子見で亀頭だけ出し入れするが、しっかり濡れて来たのを確認し、徐々に根元まで押し込んでいく。
俺のペニスは17センチあるので、十分子宮に直で届く。
Mの膣内は思いのほか狭く、突く度に喘いで力が入り押し出されそうになる。
経験上、筋肉による膣の締めは入口だけと思っていたが、Mは膣内全体が締まる体質のようだ。
酔いで萎えないように激しく突いていたが、そのきつい膣に対して予想より早く限界を迎えてしまい、ゴムの中に射精した。
引き抜いたゴムの中に残る精子の量を見てMは満足そうな表情を浮かべ、処理してくれた。

夜も遅く疲れたのでいつしか2人とも眠りに落ちたが、夜中3時頃に再び目が覚め、気づくと勃起していたため、俺は何も考えず隣でスヤスヤ眠るMを強引に襲った。
前戯もそこそこにゴムを着けるが、ナマ好きの俺は装着と同時に萎えてしまうことが多々あり、この時もあえなく萎んでしまった。
するとMはおもむろに俺のペニスからゴムを外すと、得意のフェラで見事に復活させ、なんとそのまま騎乗位で挿入したのだ。
さすがに妊娠はまずいので気になったが、本人が自ら好きでナマ挿入してるんだからいいか、とすぐに快感に流されてしまい、気づけば下から腰を打ち付けてる自分がいた。

Mの妖艶なグラインドをしばらく楽しんだ後、攻守交代してバックへと体位を変え、さらに俺の好きな寝バックへ移行。
Mも密着感や後ろから直に子宮を犯されていることに興奮してか、一層激しく喘いでいる。
一発目とは全く違うナマセックスの快感の波に襲われ、グイグイと射精感が込み上げてくる。
「イキそうだ。このまま出していい?」
拒否されることを予想して(というより期待して)尋ねるが、Mは喘ぐばかりで俺の問いに答えない。
もうどうにでもなれと思い、ラストスパートをかけ、亀頭をMの子宮口に押し付けると同時に一気に射精した。
ドクドクドクッという音が2人の身体を貫く。

10秒ほど経っただろうか、全ての精子を吐き出したのを確認し、そっと膣からペニスを抜く。
俺の精子は水気が多くすぐ垂れるはずだが、子宮にほとんど飲み込まれてしまったのか全く逆流してこなかった。
Mはそんなことは気にも留めず事後のキスを求めてくる。
喉が渇いたので、口移しでMにも水を飲ませてやり、激しいキスで応えた。
やはり中出しは格別だ。

その後も興奮は収まるところを知らず、さらに3発の中出しを決め朝を迎えた。
Mからは交際を求められるかと思ったが、予想とは裏腹にそうしたアプローチはなかった。
セフレがいそうなタイプにも見えないのだが、やはりドライなところがあるのだろうか。
駅で別れる際も、こんな可愛い子がたっぷりの俺の子種で子宮を満たして歩いているのかと思うと、さんざん射精してすっかり枯れてるくせにまた勃起しそうになった。

さておき、気に入られたのかその後もMとは連絡を続けており、今度は神戸で飲もうという話をしている。
当然、飲んだ後はMの家に泊めてもらうつもりだ。
月一程度で大阪出張があるので、しばらくは楽しい出張ライフが満喫できるだろう。

余談だが、Mに後でナマ挿入について聞いてみると、特にピルは服用しておらず前回の生理は2週間前とのこと。
妊娠の可能性がある状況での中出しが一番興奮するスパイスであるのは間違いないが、今は若干の不安を抱えて過ごしている。
やはりこれからは気をつけねば…。

2018年は5人の女への中出しに成功したが、うち2人は無防備だったことを考えても、そろそろ的中してもおかしくはない。
ちなみに1人はMからわずか4日前の12/30、年末最後の中出しだったが、この話はまた別の機会に書かせていただこうと思う。
2019年は三が日から最高の中出しでスタートを切ることができた。
自分にとっても他の中出し好きのみんなにとっても、最高の1年になることを願う。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ:

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7214
投稿者 KAZY (45歳 男)
掲載日 2019年1月09日
精液奴隷ちなみを日々調教して、他人妻へ絶賛中出し満喫中のKAZYです。
今回は私が20代の頃、まだまだ地方への長期出張の多かった時の事を書かせて頂きます。

鳥取県のとある都市、プロ野球選手なんかがオフトレーニングで訪れる有名なジムもある街へと約1ヶ月の出張に赴いた時の事でした。
季節は秋に差し掛かり夜には北国育ちの私でも少し寒く感じたくらいでした。

昼の仕事を終え、当てもなく街をフラフラしてナンパでもと思いとりあえず駅前にあるロータリーを散策していたところバス停の待合室にスラリとした長身美女を発見!
ダメ元で隣に座り話しかけました。

彼女の名前は直子、年令は当時で21才で仕事帰りで隣の街に住んでいるとの事、見た目の雰囲気は今で言うと女優の小西真奈美みたいなスレンダー美女でした
上着越しでも分かる華奢な腕回りにパンツルックからスラリと伸びた足、なんとかしたくて色々と話を聞いていると、半同棲の彼氏がいると言う事が判明!

ダメ元でカラオケに誘うと意外や意外あっさりとOKを貰えました。
部屋で上着を脱いだ直子は想像通りスレンダーで凄くスタイルが良かった。

しかしその歌声はパワフルでとても上手くて自分が唄うのが少し恥ずかしくなるくらいでした。
彼女のドリカムを堪能しながら合間で話しを聞くと、彼氏とは最近マンネリであまり上手く行ってないとの事、、、

じゃあ俺は彼氏にどう?って聞いたら、
だって仕事終わったら帰っちゃうでしょとの返事。
脈がない事もないなと思い、テーブルに対面で座っていたポジションから隣に座り、少しずつ直子に触れました。
何曲目かを直子が歌い終わる頃には私の腕は彼女の腰にまわり、太ももへのフェザータッチも拒否される事もなくパンツのファスナーを開け直子の下着をずらし彼女の花弁へと、、、

するとびっくりするくらいの滴りで、もしかして直子もしたかった?と聞くと
元々感じやすく濡れやすいとの返事。
一気に唇を奪いスレンダーな身体には不釣り合いな大きめの胸を揉んでみると乳首もカチカチになっていました。
これはイケる!と思った瞬間無情にもフロントから時間のお知らせが、、、

直子に延長をしようと言いましたが最終バスだからと無情にも断られ、また今度ねぇなんて無邪気に笑われましたが、まだ携帯なんてなかった時代です次は無い!と思い会計を済ませた後にカラオケ店の入っていた雑居ビルのエレベーターで勝負に出ました。
熱いキスも間も無くエレベーターは1Fへ、するとそこにバーの横にある個室トイレが目に入りました。
直子の手を引き個室に入るとまた熱いキス、最初は抵抗する素振りを見せた彼女も徐々に熱い吐息で舌を絡めて来ました。

彼女のベルトを緩めパンツを引き下ろし壁に手をつけさせました。
お尻と陰部が丸出しになった姿は服を着てるのに恥ずかしい部分が丸見えでより一層エロい姿でした。
直子の陰部を舐め回すと彼女が私の頭を押さえて、舐められるの苦手と言いました。

クンニもそこそこに一気に直子を貫いてやると彼女の背中が跳ね上がります。
立ちバックの状態でガンガン彼女に腰を打ち付けると直子もまたリズムに合わせて腰を合わせて来ました。
ちょうど正面にあった鏡越しに彼女の顔を確認すると明らかに感じている表情、私も堪らなくなりラストスパート!

しかし問題はどこでフィニッシュするかです。
まぁ男の性なのかより一層直子に腰を打ち付け抱きつくように彼女の奥深くでフィニッシュ!!

しばらくの静寂の後、私のを引き抜くと直子の花弁から精液がボトボトと半脱ぎの下着へと落ちました。
無言のまま二人で身支度を整え彼女をまた出会ったバス待合室へと送りました。

終バスまで時間が少しあったので暖かい飲み物を買い二人で他愛もない話しをしていた時でした、突然彼女があっ!とビックリしたのでどうしたの?と尋ねてみたところ、さっき中出しされた精液が逆流して来た事を小声で教えてくれました。

彼女を見送り、その後約1ヶ月その地に滞在していましたがもう彼女には会う事もありませんでした。
たった1度のほんの少しの時間、俗に言う行きずりですが未だ印象に残っている直子への中出し話でした。

乱筆乱文にお付き合い感謝致します。
KAZY

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会って即エッチ
タグ:

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7211
投稿者 激務OLのカオル (24歳 女)
掲載日 2019年1月08日
23歳の頃、職場の先輩に勧められたBARに行った。
そこでは、女性が必ず目隠しをしなければならないというルールがあった。
視界が遮られ困っていると、ある男性が優しくエスコートしてくれた。
全く見えないのでその男性に身を委ねるしかなかった。

男性は、お酒を注文してくれたり、積極的に話しかけてくれたりした。
名前はKさん。39歳。
元々、大人な男性に魅力を感じていたので嬉しかった。

お酒が来ると、Kさんが口移しで飲ませてくれた。
お酒に弱い私はすぐ酔ってしまった。
私は酔うと全裸になってしまう癖があり、Kさんの前で全裸になってしまった。
“やらかした…”と心の中で反省しながらも、Kさんがすごく喜んでいたので私も楽しくなってしまった。

それからは普通にエッチが始まった。
正常位で2回、バックで1回、対面座位で1回。
計4回イってしまった。
Kさんもほろ酔いだったみたいで、「お酒のせいにしちゃう?」と言ってきてそのまま中出しされた。
見えていなくても相当濃厚な精子という事はなんとなく分かった。
ドロッとした感触に私も興奮した。

あのBARが、いやらしいBARで本当に良かった。
Kさんとは今でも良い関係を築けている。(2019年になった瞬間、生で繋がっていた笑)

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会って即エッチ

1 2 3 4 5 6 43
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)