中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7605
投稿者 美帆子 (20歳 女)
掲載日 2020年3月22日
久しぶりにあや父から連絡がありました。
「今、山田さんが長期出張でこっちに来ているんだけど会わない?もちろん、智恵ちゃんも一緒に。」
山田というのは、大きく曲がったアレを持つ男です。(膣壁をこすられるのが最高です。)
智恵を強引に誘って、「XX日だったら大丈夫ですよ。」と返事をします。

翌日あや父から、「その日は山田さんの部下の若い男が短期で滞在するらしいんだ。もう一人女の子誘えないかな?できれば現役のJKが良いな。」
「JK」の条件がなかったらサプライズであやを呼んでやろうかと思いましたが、今後の楽しみがなくなるので母校の文化祭で知り合った、ユミと美佳に声をかけてみました。
いろいろあって二人とも誘いを断れない立場なのですが、美佳は「その日はどうしても駄目。家族で出掛ける約束なの。」と返事があり、ユミは「泊りじゃなければ。」と返事がありました。
早速あや父に「三人で行きます。後輩の子も誘いました。」と返事をしました。
さらに「こっちに来るってことは前みたいに温泉旅館じゃないですよね?6人でラブホは無理じゃないですか?」と聞くと、「山田さんの会社では長期出張の場合、ホテルじゃなくてウィークリーマンションに滞在するから大丈夫。」とのことでした。

当日は土曜日で仕事も休みということなので昼前にあや父と待合せました。
あや父はユミを見てとても気に入ったようでした。(ユミは小柄ですがかわいくて胸も大きいです)
ワンルームだと思っていたウィークリーマンションは2DKでした。
長期滞在の山田以外に入れ替わりで滞在する人がいるので少なくとも2部屋は欲しいとのことです。
山田の部下というのは高橋という20台半ばくらいの男でした。

昼時ってことでいろいろデリバリーを頼みます。
銀のさらの一番高いお寿司を注文してくれました。(美味しかったです。)
お酒も高級そうなお酒です。(飲みやすいようにジュースで割ってくれました。)
お酒が良い感じに進んでくると男性陣は好みの子の横に座りおさわりをしてきます。
まず、一番偉い山田がユミの隣りに座り胸をいじったりスカートの中に手を入れたりします。
次にあや父が智恵を愛撫し(あや父は取引先の高橋に先に選ばせようとしたのですが高橋が遠慮しました)、最後に高橋があたしの胸をもみしだきます。
お酒が効いているのか女性陣はなすがままです。
高橋はあたしの左の乳首をしゃぶりながら右の乳首を巧みな指技で攻めます。
もう一方の手はアソコをショーツの上から攻め、やがて裾に指を這わし、直にいじります。
気が付くと、智恵はすでに全裸に剥かれて、あや父にアソコに舌を這わされ「ひぃぃん」と切なげな声を上げています。
次第にその声が激しくなるとあや父は知恵を両手に抱えどこかに行きます。
しばらくして戻ってきた智恵はアソコがツルツルに剃られていました。
その時、あたしもユミも全裸で甘い声を上げていました。
次に山田がユミのアソコをツルツルにし、最後にあたしもツルツルにされました。
あたしがバスルームから戻ってきたら、智恵もユミも後ろでに縛られ、胸も絞り上げるように縄がかけられていました。
高橋は、濡れ始めたあたしのアソコにバイブをゆっくりと挿入し、それを固定するように縄をかけます。(両手は後ろ手に縛られ、胸にも縄をかけられました。)
智恵もユミもバイブは使われていませんが、男性陣の指技や舌技で「きゃふ~ん」「あんっあんっ」と甘い声を上げます。
あたしの目の前に、高橋の若干小さめのアレが差し出されました。
迷うことなく口に含みます。
舌で刺激しているうちにソレはどんどん大きくなりました。
口の中の形が異様なことが気になり、いったん吐き出すと、すごくカリの高い(1cm位あるように感じました)モノでした。
これでかき回されたらすごいことになるんだろうなと思いながら再び咥えます。
智恵とユミの声が聞こえないなと思って見ると二人とも男性陣にアソコをしゃぶられながらアレを無心にしゃぶっていました。(ユミは山田の大きく曲がったアレに驚いていました。)
山田がユミの口からアレを抜くとぐしょぐしょになったアソコに挿入します。
「ひゃぁぁん!」ユミは歓喜の声を上げます。
山田が腰を振るたびにユミは「はぁぁん!」「きゃひぃん!」と狂ったような声を上げます。
あたしもバイブじゃなくてアレを入れてほしいと思いながら高橋のアレをしゃぶり続けます。
あたしの願望を理解したのか、高橋はあたしの口からアレを抜き去ります。
思わずあたしは「早く!」と言ってしまいました。
高橋は少し離れたところにあるカバンからローターを二つ取り出すとあたしの両胸にテープで張り付け、アソコのバイブもそのままにして、ユミのほうに行き咥えさせます。
お預けを食ったあたしは恨めしそうにユミを見ます。
智恵の口から抜きされたあや父のアレも智恵のアソコではなく、ユミの後ろに収まりました。
代わりに智恵のアソコにはあたしのものよりも太いバイブが挿入されました。
あたしも智恵も後で縛られた両手を椅子やテーブルに固定されバイブとローターに攻められながらユミを見つめます。
口を高橋にふさがれたユミは「ふごっ」と言いながら悶えています。
しばらくして、高橋が「おっ」というとユミの口元から白濁液がこぼれ出ました。
高橋は「ちゃんと飲むんだよ。」と言ってアレを抜きます。
ユミはむせながらも喉を鳴らします。
解放された高橋のものは再びあたしの口に収まりました。
すぐにそれは大きさと硬さを取り戻しました。
椅子への固定から解放され、アソコのバイブも抜かれたあたしを抱え上げ、対面座位の体勢でアレの頭だけがアソコに収まります。
高橋はなかなかそこから先に挿入してくれません。
あたしは身をよじったり腰を動かしたりしますが、なかなか入れてくれません。
高橋は一旦アレが抜けるギリギリまであたしを持ち上げ、一気に落としました。
待っていたものが一気にあたしの中に納まり、あたしは「ひゃぁぁ~ん!!」と叫び声を上げます。
高橋はそのまま動かず、あたしに「腰を振って!」と指示します。
あたしも快楽を得ようと激しく腰を上下に動かします。
アレのカリが膣壁にひっかり中のものがかき出されるような感覚に「ひゃぁぁん」と悲鳴なのか嬌声なのか自分でもわからない声を上げます。
何回か腰を上下するうちにあたしはぐったりしてしまいました。
高橋はバックの体勢になり後ろから激しいピストンで奥を突きます。
高橋のアレはカリが目立っていましたが長さもかなりあり、一番奥まで突かれ、カリでそのまま全部かき出されるような感覚に「きゃはぁぁん!」「ひゃんっ!」を声を絶え間なく上げます。
頭がぼうっとしたころあたしの中のアレが膨らんだかと思うと一気に熱くなり、大量の精液が流し込まれました。
ぐったりとしながら横を見るとユミはいつのまにか前と後ろのモノが入れ替わり山田とあや父に攻められ、「いひゃぁん!」「はぁんっ!」と快楽の中です。
結合部を見るアソコも後ろの穴も白濁液で汚れていて、中に出されたのがわかります。
智恵は相変わらずお預けを食っており、バイブの入った腰をよじらせています。
高橋はそんな智恵のほうに行きアレを咥えさせます。
ソレはすぐに硬さを取り戻し、バックの体勢から智恵のアソコに収まります。
待ちに待ったものに智恵は「ひゃぁぁぁ~ん!」と歓声を上げます。
高橋が腰を振るたびに智恵のアソコから愛液がかき出され、智恵は「あはっん!」「きゃふんっ!」と声を上げます。
隣りでユミが「いひゃぁぁぁぁぁぁぁん!」と大声を上げました。
前か後ろかに流し込まれたようです。あや父が後ろから抜くと「ゴボッ」と音を立てて精液が逆流してきました。
山田と高橋はユミと智恵を並べて競うように腰を振ります。
ほぼ同時に「あはぁぁぁ~んっ」と声をあげ、胎内奥深くに流し込まれたようです。

小休止の間に声を出しすぎて喉が渇いた女性陣にジュースが振舞われました。
一休みの後、あたしとあや父、智恵と山田、ユミと高橋のペアで狂宴は続きます。
なぜか床にはブルーシートが敷かれています。
あたしはあや父のアレをしゃぶって硬くすると正常位で受け入れます。
バック→背面座位と体位を変えると3人とも同じ体位で向かい合う形になりました。
つるつるのアソコに深々と埋まったところを見せ合う形です。
そのまま3人とも下から突き上げれら、「きゃふぅぅん!」「ひゃはぁんっ!」「あひぃぃ~ん!」
そのうち、ユミの様子が変になってきました。
腰をよじらせながら高橋から逃れようとしています。
当然高橋は逃がすはずもなく腰を両胸をしっかり揉みながらさらに腰を動かします。
そんなユミを見た山田とあや父は「ユミちゃんが当たりだったみたいだね。」といいます。
高橋はさらに腰を激しく突き上げるとユミは「きゃぁぁ~」という悲鳴とともに失禁してしまいました。
先ほど飲んだジュースのうち一つに利尿薬が混ぜられていてそれをユミが飲んだみたいです。(後で聞いたところによると山田の持病のために処方されている薬だそうです)
高橋が勢いよく放尿しているユミを左右に振るものだから、あたしと智恵にかかってしまいました。
ユミの放尿が終わっても突き上げは続きます。
あたし、智恵と順に胎内に浴びせられ、最後にユミが胎内に流し込まれると、「ひゃぁぁぁ~んっ!」という絶頂の声とともに再び失禁してしまいました。

結局ユミは約束通り10時位に帰宅し、あたしと智恵はオールナイトでもてあそばれました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7604
投稿者 さつき (42歳 女)
掲載日 2020年3月18日
はじめまして。
先にお伝えするが、昔から敬語もそれほど使わず、不躾で無礼な人間だった。
なので、不愉快な文面になるかもしれない。
それだけはお断りしておく。

ここに来ている時点でわかりきったことだが、私は中出しが大好きだ。中出し、というよりも性行為そのものに依存している。
それは男女サシのものから乱交、レズビアンまでを含む。
つまり私はバイセクシャルだ。
乱交する時は私以外にも女がいないとダメだ。
いつからそうなったのかはわからない。だが10代の頃に体験した、レイプという名の5人プレイに端を発しているかもしれない。

私は女の割には腕力があり、ケンカもかなりしてきた。
だから3人程度の男に押さえ込まれても難なく逃れてきた。
この時は人数にモノを言わせて私を押さえ込み、4人の男に姦通された。何度も何度も、膣奥まで届く射精を受けた。
私はレイプを受けた事よりも、この卑怯な男共を回避できなかった自分を責めた。
後日、この連中は私達の族で報復を果たしたものの、しこりのような気持ちが残り、男を信用できなくなった。

ある日、友人(♀)の宅に呼ばれた時、その彼氏も居た。
酒をあおり、その流れで3人での性行為に及んだ。
友人が私の胸を『大きいし、形もいいし、羨ましい』と言いながら揉んできた。
何故か、悪い感じは全くしなかった。
女子同士のディープキスや互いの性器のクンニリングスさえ拒否なく行えた。
女同士のディープキスは不思議なものだ。性器の愛撫すらも。女同士たる所以か、その感覚は男から受けるそれとは全く異なるもの。
申し訳ないが筆舌にしがたい。経験した者にしかわからないだろう。
彼女は『さっちーならヨシくん(彼氏)貸せるなぁ』と言い、私と彼のSEXが始まった。
彼氏も私の体を存分に愛撫してきた。彼女と彼氏、攻めかたが酷似していた記憶がある。
彼のペニスもフェラチオした。逞しい、黒々とした大きなペニス。私はそれを口に含みながら、コレに貫かれる自分を想像し、体を火照らせていた。
コンドームは不要だと告げた。私は前記のレイプ後に中絶した際、不妊となった。水子は永遠に付き纏う霊だ。その経過はどうであれ、中絶を望んだ己への罰だと受け取っている。
とは申せ、皮肉にもそれにより深く考えずに中出しを受ける事ができるようになったわけだ。

脱線したので話を戻そう。
友人の彼氏は『生でヤルのは初めてだ』と喜んでいた。やはり男は生中出しが好きなのかと、または憧れを抱くものなのかと再認識した。
ヨシくんのペニスを受け入れ、メリメリとした感触とたまらない刺激が体を貫いた。
様々な体位を試されたが、彼が言うには横バックが最高だったようだ。
私は今でも、バック系の体位全般が好きだ。それは、この時のヨシくんの反応と、私にかけてくれた言葉がそうさせているとも思える。
バックと正常位で二度の中出しを受けた。
ヨシくんの逞しいペニスは、激しい律動を伴いながら、呻き声とともに強烈な射精をぶちかましてくれた。女として生まれた悦びを感じずにはいられない。
だが、ヨシくんが満足して体を離すと、友人が「ペニスバンド」をつけて私の性器にそれを挿入してきた。
たった今ヨシくんが出してくれた精液を、まるでかき回すようにソレを動かす友人。
さっきまでのペニスと全く違う感触。確かにバイブなどでの自慰行為は体験していたが、その時に嵌めるバイブのソレとは比較にならぬ快感だった。
女同士、互いの胸を密着しあうようにしながらディープキス。彼女の胸と私の胸が絡み、口の中でも舌が絡み合っていた。
そのような行為に及んでいる私たちを、ヨシくんは喜んで眺めていた。
「みさ、よかったなー。そっちの相棒もできたな」
そう。彼女はバイセクシャルだった。そして、私もそれに目覚める事となった。
性行為のみの関係ではなく、明らかなる恋愛対象となっていたのだ。
この3人は、これで釣り合うカップルプラスαとなっていた。
はたから見れば奇妙な関係だろう。だが、その良し悪しを決めるのは自分たちだ。
恋愛は、自由なのだから。

まとまりのない文章で読み辛い思いをさせたかもしれない。
最後まで読んで頂けたなら幸いである。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7597
投稿者 Peternorth (33歳 男)
掲載日 2020年2月29日
投稿No.7571の極上ソープ嬢3人、元CAの爆乳Hちゃん、高校中退して即ソープに入った美乳Eちゃん、元自分の肉奴隷でソープに堕とした、よしかの3人を、乱交仲間絶倫5人で、Hちゃんのアパートでお籠り乱交合宿開始してます。
コロナの関係で、ソープもお客さん減ってしまってるものの、本物のスキモノのド変態淫乱ソープ嬢のこの3人は我慢できず、僕らを呼びつけたわけです。
前回、脳髄まで白濁漬けにするかの如く犯しまくったのが忘れられないようで、連日ラインと電話で「ねえ、ノースキンでグチャグチャに精子と愛液かきまぜながら、濃厚接触しましょうよぉ」とおねだりされました・・

♂5人がHちゃんの広いアパートに入ると、3人のソープ嬢がCA服で三つ指ついてお出迎え、リビングのテーブルには、白子と牡蠣とあんきもなどをふんだんに使った、なんともプリン体多そうな、しかし精力には相当効きそうな、お手製の回春料理が用意され、ベッドサイドには30種ほどの強壮剤の錠剤の便、テストステロン入りの強壮クリーム、媚薬クリームがずらっと並べられ、各種バイブレーター、ローター、高級パンティが沢山用意され、小さなテーブルの上には射精をためるためのカクテルグラスが♂5人の人数分用意。

淫乱ソープ嬢は「皆さんの逞しい精力と精子で、先月と同様に、いえ、それ以上にグッチャグッチャに卵子レ〇プしながらメレンゲセックス乱交して下さい。。。ああ・・すごい、そんなにどんどん精力剤ガブ飲みして、、ペニスから射精してないのにトロトロとミルクが・・まずは本気愛液ドロドロの、ゲルパンティを味わってください・・」とおねだり、高級下着にグッチャリとしみ込んだゲル愛液を前菜に味あわせてくれ、続いて白子たっぷりの回春料理を食べさせます。
食事の間もペッティングと睾丸マッサージを欠かしません。。

3人とも、「あら?皆さん、前よりも筋肉質になってるのかしら?ウフフ」と驚きましたが、♂5人、今回のためにアスリートなみにジムでトレーニング&激しセックス&大量の精力剤ドーピングを2週間ほどして鍛えまくってきてます。
♂はものすごい気合を入れて今回プレイに臨んでますが、その理由はこの極上ソープ嬢3人もありますが、加えて19歳Eちゃんの後輩の18歳なりたての現役〇K娘2人も明後日から加わることです。。
前回の乱交時に紹介してくれる約束で、この2人はヤリマン〇Kながら極上のルックスと身体なのが写真でもわかり、なおかつ乱交に興味津々というので溜りません。
ちょうどコロナの関係で学校も終業しているが家庭の事情で明後日からです。
世間ではコロナ対策で活動を控えているのに、なんともバチ当たりですが、逆にそれが燃えてしまいます。。

Hちゃん「Jさん(♂)、オチンポの亀頭の下、このゴリゴリ何?それに射精すごい・・キモチイイ!!」
J「お前らとJ〇娘犯すために真珠入れたんだよ。それに射精量増やすためにサプリ飲んでるぜ」
Eちゃん「すごい、これが真珠ペニスかあ。。変態だね・・でも私はナオちゃんのナチュラルペニスが好きかな、あ、でも強壮剤ドーピングしまくってる変態チンポだからナチュラルじゃないか、ああぁん。ドクドクしながらそのままGスポットゴリゴリして、、もうメレンゲみたいになって精子垂れてるよぉ。変態。。」
よしか「ああ、ご主人様、、捨てられちゃったけどやっぱりナオ様のチンコすごいです。。こんなにドクドク・・ねぇ、やっぱり現役女子〇生を輪姦して堕とすのが楽しみなの?いいわ、今回もたっぷり奉仕してサポートしてさしあげますわ、、でも、私たちにもたっぷりアクメ頂戴」

連日、変態の常連に犯され、プライベートでも男優なみのセフレとやりっぱなし、朝から晩までセックス漬けながら極上の美貌と身体の最高のソープ嬢は心地よいアクメの悲鳴を上げながらも、夢中で中出し大量射精を受け止めつつ、♂に大量の強壮剤を飲ませ、愛液ゲルパンティをしゃぶらせ、前立腺を攻め睾丸に強壮クリーム塗り込み奉仕し、欲望ミルクを次々搾り取ります。。
「濃厚接触」が、僕らの中でパスワードです。。

ソープ嬢3人は「あぁぁん!濃厚にドクドク中出ししてぇ!!」
「すっごい、濃厚なメレンゲの精子と愛液、カクテルグラスに入れて。。あぁん、すごっっ、立て続けに顔射??やん、グラスに注いで濃厚に飲ませて」
「どうだ?ノースキン濃厚接触好きだろ?」
「あぁん、好き。好きぃ。。濃厚中出し接触ないと生きていけなぁい」
「この肉奴隷・・いいぜ、濃厚変態接触セックスでアクメ漬けにしてやる。おらぁ!両穴ピストンしてやるからしっかり締め付けろ!」
「あぁー、あーっつっ。。すご、すごいぃぃ。。」
「はぁん、、ナオさん、相変わらず射精すごい、、これ、もうヤ〇ト糊みたいな濃さじゃない。。こんな濃厚なの、なかなか居ないわ・・素敵よ。。ねえ、もっと精力剤のめる?ああ・・そんながぶ飲み。。ああ・・睾丸ビクビクして、ミルクつくってるの?え?また愛液ゲルパンティしゃぶるのぉ?とことん変態絶倫ね。。」
と淫語かわしながら、部屋中を精子まみれティッシュ散乱しながら乱交を楽しんでます。。
今回も7日間です。

コロナ対策はお籠もり乱交ノースキン濃厚接触ですね。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル
タグ: ,
投稿No.7594
投稿者 Peternorth (33歳 男)
掲載日 2020年2月23日
最近はコロナウイルスのせいで旅行者少なく特にLCCは危機的な状況だそうで、CAさんが暇してるのか、デートクラブに応募してくる娘が増えたようです。
知人で変態乱交仲間のデートクラブ運営者から、某お隣りの国のCA娘が登録して来たと紹介され、試しに遊んでみたのですが、これが少し整形はしてるものの極上で相当なエッチ好き、、早速いつものパターンでホテル連れ込み有無を言わせないハードでドロッドロ濃厚なアクメ漬けで丸1日絶頂漬けにしてやると、「あぁあん、もう凄すぎるわよ・・1日ぶっ続けなんてまるでレ〇プよ。。でも良かったわ」とうっとりしつつ、チンポを握りしめ、「ほんとに凄い精力ね。。ねえ、よかったら私の友達も誘って3Pしない?」とお誘い。
聞くと、LCCのCAでは薄給なので良くお小遣い稼ぎしてるとのこと・・
しかし写真見せてもらうと物凄い極上娘達。。さすが美容に厳しいお国だけあります。。色白で、整形あるものの極上の美顔、しっかり胸ありスリムな娘ばかりです。。
せっかくなのでCA尽くしで遊んでみようと思い、その娘と仲良しのCA2人呼ばせ、さらに、変態乱交仲間の♂2人と、それらがセフレ化してるCA娘それぞれ1人を加えて、♂3、♀5でで楽しむことにしました。
ラブホの特別室で自己紹介しあったのちに、♂3人から、札束積んでセックス交渉です。
一人一日10万であっさり陥落、というより結構セックスに飢えていて興奮したようで変態♂の巨根にがっつき、シャワーも浴びずに勝手にハメだす始末。。
感度も良く、締め付けもたまりません。
英語で話していても時々、〇国語で本気絶叫アクメしてトロンと目を潤ませるのも何とも言えずたまらず、僕ら変態♂の欲望に火が付きました。。
3時間ぶっつづけでゴム付でイカセまくった後に、

♂「おい、コンドーム全部出すんだ」
♀「え?なんで?」
♂「決まってるだろ。ナマセックスだよ。ナマで何日もぶっ続けでアクメさせ続けてやるぜ」
♀「ダメよ、ナマなんて・・」
♂「ナマの方が気持ちいいだろ?好きなんだろ?ノースキンセックス。それとももうやめるかい?」
♀「・・・」
♂「お小遣い上乗せするよ?ナマで気持ちよくてお金たっぷりもらえて、いいだろ?どうせ会社は休暇取るようにいってきてるんだろ?」
♀「わかったわ・・」

と、コンドーム全部取り上げ、ゴミ箱へ。。

さらに、スーツケースパンパンにつまった精力剤や淫具おもちゃの類をテーブルにずらーっと並べ、
「精子をローション替わりに中出ししながらぶっ通しアクメさせちゃうから」と宣告。
3時間射精を止めてた♂達は、CA娘5人に挿入してたっぷりの精子を分けながら射精、潤滑油がわりにしてやります。
そんな変態行為にCA娘5人は興奮。。
「なに?この量、、すっごい多いし、、濃い。。」と驚愕。
そこにすかさず怒涛のピストン開始。
手あたり次第に射精しつつもピストンやめずぶっ通し。
時折、精力剤がぶ飲みするとき以外一切休まず10時間ほどオマンコにぶちまけまくったころには、愛液と精子がメレンゲ状になり、♀達はアヘ顔さらしながらも、今まで経験したことない激しいセックスに虜になりつつあり、「す、すっごい・・壊れちゃう・・ううん、、壊してぇ。オマンコ壊してぇ」とオネダリ。。

が、「オマンコだけで済むとおもってるのかよ?」とアナルも開発すること宣告。
最初、浣腸攻めには少し抵抗しましたが、彼女らもAVで興味持っていたようで、痛くしないでね、といいつつOK。
サンドイッチファックしてやると、よだれと鼻水たらしながら阿鼻叫喚の絶頂アクメ。。

息も絶え絶えですが許すはずもありません。。ヘバった娘2人を奉仕係にさせ、強壮剤と強壮クリームでの♂への奉仕をさせながら続行。。
20時間経過したころには、射精したティッシュが床中に散乱し、愛液まみれのシーツ、飲みまくった強壮剤ドリンクの空き瓶がずらっとならび、異様な光景の中、ペニスを抜いてからもしばらく腰をうねらせ、オーガズムを続けるCA娘。。
最初の約束は、夜9時頃までだったので、CA娘達は「凄すぎ。。でも、またしてね、連絡するわ」なんて言います。

♂達「何いってんの?」
♀「?」
♂達「ここからが本番だ。監〇してアクメ漬けで肉奴隷に堕としてやる。ほら、みろよ、ペニスからまた、トロトロと精子あふれてきてるぜ。。お前らのCAコスでまた興奮してきた。しっかり責任とってアクメしやがれ」
♀「ああ・・変態日本人の絶倫、、すごすぎるわ」と言いながら瞳の奥でさらなる肉欲を期待してるのが見え見え。。

初日は徹夜で、翌日からは7時間ほど睡眠は取り、食事はすべて出前、一切ラブホから出ず朝から晩までズコズコハメっ放しました。
やはり、本物CAには何か特別な魔力があるようで、、CAコス着せたりすると射精しまくってヘバっても直ぐに回復して睾丸が精子量産し、また濃いミルクを溢れさせてしまいます。

結局1週間、肉弾戦を満喫しました。。♂も♀も大満足で終わりました、、
が、うち一人のハン・〇ン〇ン似の23歳娘は、お小遣いなしでもいいからもっとしたいというので、マンションに連れて帰り、一対一でさらに4日楽しみました。
どうやら肉欲まみれで犯されているうちに精力に惚れてしまったようです。。
「あぁぁあー ナオさん凄い。。毎日20発くらい射精してる。。こんあスゴイことされたら、、もう、、麻薬みたいだよぉ。ああぁ、まだイグウッゥ」と呻きながらも肉壁はしっかりとペニスを絞り、たまらず子宮口にぶちまけてしまいます。
この娘は特に身体と感度がいいのでたまりません。。
そのうちに、海外の〇麻合法国で、絶倫数人で輪姦してやります。
CA服着せたまま中出しぶちまけまくってると、男でよかったと実感します。。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル
投稿No.7590
投稿者 人間失格 (27歳 男)
掲載日 2020年2月05日
大学時代の夏

「すいません、この辺で革の財布を見ませんでした?」
海の家から出てきた女の子二人組に声を掛けた。
見ていないとのことだったが、一緒に探してくれた。
お礼に昼飯をおごり、また縁があれば!と言ってお別れした。

ホテルに戻ると、廊下で再び彼女たちと会った。
これもまたご縁と、レストランで3人で酒をあおった。
気づけばレストランも閉店時間。
話し足りないので彼女たちの部屋に移動して二次会。

二人とも大学1年生の友達同士で、ナンパされに海に来たというだけあって、二人とも顔も体も文句なし。

Aちゃんはスレンダーでショートボブ、金髪で意外とかわいい系の笑顔が眩しい。
Fちゃんはグラビア体形のロングブラックヘア、でも雰囲気はおっとり。

十二分にアルコールも回り、野球拳を始めた。
ひとつずつ脱いでいき、ついに下着2種だけのAちゃんとパンツとシャツだけのFちゃん、上半身裸でジーパン姿の俺。
最後の一戦、俺とAちゃんが勝った。
ベッドに倒れ込むFちゃん。
Aちゃんと二人でニヤニヤしながらシャツを脱がせる。

ばるん。
まだ10代なだけあって、跳ねるロケットおっぱい。
脱がせる前からわかっていたが、乳首がビンビンに尖っていた。
摘むと、小さくFちゃんが鳴く。
下着の上からワレメをなぞると、布越しにもわかる湿り気。

我慢できずにパンツごとジーパンを脱いだ。
半立ちのムスコを二人に向ける。
A「うわぁ…」
F「おおき…」
思わず心の声が漏れたといった風の二人。
準備万端のFちゃん…ではなく、ジャンケンに勝ったAちゃんの口元に差し出す。
Aちゃんは少し驚いた感じでちらと俺に目線を遣り、そっと亀頭に唇を付けた。

F「えっ…あたしが負けたんだけど…」
物欲しそうな声で尋ねるFちゃん。
AちゃんはFちゃんを意にも介さず、自分の拳二つ分はある肉棒を握り、先っぽをほおばる。
俺「じゃんけんで負けたから、おあずけ」
Fちゃんの寂しそうな顔でさらに一回りムスコが大きくなった。

持参したXLを装着し、Aちゃんを剥いて潤滑油を確認して奥まで挿入。
肉付きが少ないこともあって、ピストンに合わせて下腹部が俺の竿で小さく出っ張っている。
ラブホじゃないから声を出さないように注意したのに、すぐに喘ぐから枕を抱かせた。
正常位のままぱこぱこ突き続けたら、5分ほどでピーンと背を反らせて、Aちゃんの身体から力が抜けた。

まだまだビンビンのちんこをAちゃんから抜き、Fちゃんに向き直る。
俺「このゴムを付けたままか、生か、どっちがいい?」
3秒ほど考えるFちゃん。
F「……な、生がいい///」
指示するまでもなく自らおまんこを広げてオスを乞う。

18歳や19歳は、生物としてはとっくに子供を何人も生んでいても不思議ではないらしい。
実際、嫁のまゆは15で長女を産んだし、今目の前で喘ぐFちゃんも、危険日だったら子供を産んでてもおかしくないんだろうな。
ふとそんな考えに至るとさらにムクムクと膨れて、Fちゃんの奥に大量の子種を撒き散らした。

Fちゃんから離れて中をほじり返すと、思ったよりも出ていた精液が彼女の太腿を汚した。
Aちゃんは途中から見ていたら悪しく、友人の痴態を若干引いた様子で見ていた。
そして2回戦では、またも声が我慢できずに枕に顔をうずめて喘ぐAちゃんの中にたっぷりと注ぎ込んだ。
2回ずつくらい中に出した後、彼女たちのギブアップで夜は終わった。

F「ヤバい…生にハマっちゃいそう…w」
A「もう友達のでは物足りないかも…」

6年前の熱い寄りの思い出でした。

その後フェイスブックを見る限り、Fは大3で彼氏の子ができたので学生結婚をして今は2児の母、Aは風俗に就職したらしく、今はどうしているのかわからない。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
1 2 3 4 5 6 42
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)