中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7247
投稿者 美帆子 (19歳 女)
掲載日 2019年2月15日
投稿No.7238の本当の続き(同じ日の話)です。
ナオミがジェフ、キモ、マサヤの3人に攻められている間、リエのアソコにはタクヤのモノが埋まっていました。
タクヤの腰使いにリエはナオミに負けないくらいの嬌声をあげます。
手持無沙汰なあたしはバイブ(あたしたちがこのマンションに来たときにナオミのアナルに突き立てられていたものです)でリエのアナルを弄ってやります。
入口をなぞるように刺激してやると明らかにタクヤの攻めとは違うタイミングで「ひゃんっ!」と声が上がります。
タクヤのピストンでアソコから漏れ出てくる愛液をアナルに塗りたくりゆっくりと挿入してやります。
リエは「あっあっあぁぁ~ん」と声をあげ受け入れます。
これ以上はタクヤの邪魔になるのでバイブのスイッチは入れたまま挿入しっぱなしにします。
リエはアナルへの刺激とタクヤのピストンで狂ったように「ひゃぁぁんっ」「きゃは、ふぁぁぁ~」と声をあげます。
その頃ナオミに「ひゃぁぁぁ~ん」と大声をあげさせ、大量の精液をナオミに注ぎ込んだジェフが愛液と精液にまみれたアレを揺らしながらリエの前に来ました。
リエの顔前にそれを突きだしますがリエは口を閉じ、咥えようとしません。
タクヤがピストンを激しくし、あたしがアナルに刺さったバイブの動きを強にすると「ひゃあっ」と声をあげ、口を大きく開きます。
ジェフはその隙にねじ込みます。
リエは観念したのか舌を這わしているようです。
ジェフのアレは大きさを増し、リエの口がさらに広がります。
キモはナオミに大量の精液を飲ませた後、ナオミにさらに舐めさせ、硬さを取り戻したようです。
キモはくねくねと動き続けているバイブをアナルからスポンと引き抜き、代わりに硬くなった巨根を突き立てます。
リエは口をジェフのモノで塞がれているので声をあげることもできずに白目をむいています。

マサヤがあたしのそばに来て「美帆子ちゃんのアソコの毛も剃らせて」と言ってきます。
あたしは躊躇したのですが、タクヤも「剃ってもらえよ!」って言うし、みんなに乗せられる形でバスルームに連れ込まれました。
マサヤはナオミやリエのアソコも剃りあげた位手慣れたもので、あたしのアソコもツルツルにされてしまいました。

バスルームから出ると、ジェフが既に口の中に出したのか、涎と精液を垂れ流しながら「ひぃぃぃー、いっいっ、いくっいくっ」と絶頂におしあげられています。
そんな横でマサヤはあたしを横たえてツルツルにしたあたしのアソコをぴちゃぴちゃと舐めまわします。
隣ではリエが前後の穴を攻められ、「ひゃんっ、んあっあっ、もっと、ひっ、いっいくっいくっ」と快楽に溺れ、中に出されたのか、「ひゃぁぁぁぁ~いくっぅぅ~」とさらに大きな声をあげました。
タクヤとキモが同時にアレを抜くと、こぼっと音を立て両方の穴から白濁液がこぼれます。
タクヤはあたしの後ろに回り、胸を揉みしだきます。
マサヤの舌技に思わずあたしは脚をマサヤの首に絡めつけます。
そんなあたしの膝をナオミが押さえつけます。
反対側の膝は這うように近づいてきたリエが押さえつけます。
こうなるともうマサヤのなすがままです。
やがてあたしのアソコをぐちょぐちょにしたマサヤはなぜかあたしの右手を押さえつけます。
左手はキモに押さえつけられました。
えっえっっと思っていると股間に近づいてきたのはジェフです。
硬さを取り戻した真っ黒な巨根であたしのアソコをノックします。
(ダメッダメ。入るわけない!)ぐちょぐちょのアソコに先っぽだけ少し入れます。
(やめなさい!やめて!)ジェフは一旦離れます。
再び先っぽをさっきより少しだけ深く入れます。
そのままぐりぐり刺激してまた離れていきます。
そんなことを何回か繰り返し、亀頭を飲み込むようになるとあたしの腰は離れていくジェフのアレを追いかけるようになってしまいました。
頃合いとみたジェフは、ゆっくりと力強くアレを奥まで突き立てました。
あたしの口からは「ひぃぃぃ~」と悲鳴とも嬌声ともつかない声が漏れました。
タクヤは後ろからあたしの上半身を起こし、仰向けになったジェフの上にまたがらせます。
ジェフの巨大な黒棒は完全にあたしの膣内に収まり、奥の奥が突かれます。何度か下から突き上げられているうちにあたしの上半身は前に倒れます。
ジェフの黒い大きな手があたしの胸を揉みしだきます。
目の前にはタクヤのモノが天を向いています。
それは当然のようにあたしの口の中に納まりました。
アソコを圧倒的なイチモツで攻められながらもタクヤのアレをしゃぶります。
無防備になったあたしのアナルをマサヤが弄ります。
普段なら絶対抵抗するのですが、ジェフの攻めで何も考えられなくなったあたしはなされるがままです。
アソコから漏れ出している愛液をたっぷり塗られ、マサヤのモノが入ってきました。
アソコに埋まっているジェフのモノの圧迫感で痛いのか気持ちいいのかわからなくなりました。
下半身の攻めに口がおろそかになったのかタクヤがあたしの頭をつかんで激しく前後にゆさぶります。
あたしは必死になって舌を絡め、口をすぼめます。
タクヤは自らも腰を振ります。
タクヤのモノが口の中ではじけ白濁液が口の中を満たしました。
それを飲み干すと下半身への刺激が激しくなりました。
あたしの口からも「ひゃぁぁぁんっ、ひぅっ、あふっぅ、んんっ、んぁっつ」と凄い声が溢れ出します。
ジェフの突き上げが激しくなりました。
一番奥を突かれた瞬間に胎内がかっと熱いものがひろがりました。
体感的には1分以上続いたような気がします。
ジェフがアレを抜くとアソコから大量の精液が逆流したのが自分でもわかります。
その直後、お腹の中でもう一つの熱い爆発が起きました。
それは今まで経験したことが内容な感触です。
ついにあたしも4Pを経験することになりました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7245
投稿者 ひろみ (34歳 女)
掲載日 2019年2月13日
当時付き合っていた男性と別れ、今の彼氏と付き合うようになってから、最初は彼氏の性癖に付き合うことに・・・

彼氏は他の女性に興味が一切無いらしく、私に他の男性とSEXする姿が見たいと言われ、私も興味があったので快諾しました。
毎回プレイ中は彼氏の撮影で最初は抵抗ありましたが、暫くすると彼氏の前でも何の抵抗もなくプレイに夢中になりました。

数回そんなプレイをしている時に巨根男性にあたり、元々チンポの大きい人が好きでしたが、今までに経験の無い程の巨根でした。
勿論ホテルのゴムなんて亀頭すら入らないんじゃないかと・・
その男性は見たこともない様なサイズのスキンを持参していましたので、一瞬「え?お預け??」と思いましたが安心したのを覚えています。
フェラも亀頭を口に含むのが精一杯なので、私への前戯もして頂きましたがこの巨根が入るのか・・と考えただけでマンコは大洪水でした。

いよいよ挿入の時・・・
あまりの大きさに少々鈍痛がマンコにありまして、男性に「大丈夫ですか?」と聞かれましたが、これを逃したら絶対に巡り合えないと思い、彼氏に確認を取りOKが出た為、
「裂けても良いので奥まで入れて下さい」
そう懇願しました。
「ゆっくり」と言われましたが、一気に挿入して欲しいと言い一気に腰を落として貰い奥まで挿入・・・
一瞬気を失うような痛みが襲いましたが、何とか気を持ち続けた所、「動きますよ?」と言われ、何度か腰を打ちつけられてる内に徐々に何とも言えぬ快感に・・
気持ち良いなんてものじゃありません。
一気に昇り詰めて失禁しながら連続イキでした。

何度イッたかわかりませんが、その内、男性に「そろそろ私もイキますね?」と言われ、途端にピストンが高速になり長さも兼ね備えていたので、子宮口を、というより内臓が押し上げられるかのような感覚で、私は悲鳴のようなヨガリ声をあげて男性はそのまま射精しました。
射精する時には一段と巨根が膨張するのが手に取るようにわかり益々気持ち良さがありました。

見ていた彼氏も唖然としていました。
男性が抜こうとした時、チンポに血が着いていたからなのか抜くのを躊躇していましたが次の瞬間・・・

「ごめんなさい・・スキンが破れてしまってたみたいで、いつからなのかわからないんですが・・・」

そう言われて彼氏は若干焦っていましたが、計算すると今日は大丈夫だと踏んでた私は冷静に
「それなら最初からゴム無しですれば良かった~」
と言いました。
ではどうせなら中出しして抜く所からマンコ写しましょうとなり、既に男性のモノは小さくなっていましたが・・・
通常時のサイズが彼氏の勃起サイズという素晴らしさ。

いよいよ抜きにかかった時、物凄い量の精液は逆流してきました。
抜けた途端、滝のように精液が溢れてきて、それだけでまた軽くイってしまったんです。

その後1時間程、ゆっくり会話等を楽しみ、2回戦目は勿論最初からゴム無しで。
2回目は生と言う事、1回目でマンコも巨根に慣れ、最初から快楽に溺れ、今度は同意の下奥深くにこれまた大量の精液を注入されました。
男性曰く、「多精子症」らしく尋常じゃない量の精液が出るらしいです。

この事があり題名にあるように勿論巨根男性としたのもありますが、この時の中出しは正直私にとって彼氏以外初めての中出しでしたし、恋愛感情のある男性以外にマンコに出された快感が忘れられなくて一昨年の10月以降・・大勢の男性とSEXをし、勿論全て中出しして頂いています。
人数的にも3ケタです。
ちなみに一昨年の年末までに60数人の男性とSEXして全て中出しされました。
それで今まででどれだけの男性に中出しされたのかご想像頂ければと思います。

勿論彼氏公認で、中出しされたいが為だけにピルを服用していますが、仮に避妊が失敗しても良いと思える程です。
その頃と違い彼氏は同伴せず一人で遊んできてます。
全て男性に撮影してもらい彼氏に報告しています。

正直・・・性病も最初は気になりましたが、今はチンポがあたらない事の不安しかなく、性病の事は二の次、三の次です。
こうやって書き込みしてる今もチンポの事しか頭になく、今夜もまた生チンポに突かれて奥深くに精液を注がれたいです。
365日、24時間チンポと精液のことしか頭にありません。
あたらない日は必ず極太のバイブでオナニーをしています。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル
タグ:

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7240
投稿者 清子 (26歳 女)
掲載日 2019年2月07日
投稿No.7219の続き

4回目の投稿をさせていただきます。
旦那様以外の方に中出しされてしまいました。

昨年9月よりお付き合いしている旦那様、彼のことですが、旦那様と最後に性交渉を持ったのは初投稿の前日のことですから12月22日ということになりますが、その後一度お会いしたものの、その時は生理になってしまったこともあり、お口でご奉仕差し上げ、旦那様が放出したものはお口に頂きました。
しばらく性交渉無しの状態が続いているのですが、中出しを知ってしまった今、中に出して欲しくて欲しくてしかたなく、その心を見抜いているのか、友だちが清子に中出ししたいと言っている、清子は中出しサセコだから中出しさせてあげて、清子が他の男に中出しされているのを見たいと言い続けられていました。

そして昨晩、ついに、旦那様以外の方と中出ししてしまったんです。

私はその・・・なんと言いますか、1ヶ月以上ごぶさただったこともあり、やる気満々と言いますか、そんな状態だったのですが、これまで旦那様との性交渉はすべてホテルだったのですが、今回はじめて旦那様のおうちに招かれました。
部屋の中に入ってすぐに旦那様と抱き合いながらキスをしたのですが、旦那様がシャワーを浴びたいとおっしゃるので、まずは先に旦那様がシャワーを浴び、その後に私がシャワーを浴び、今日は目隠ししながらしようと言われ、アイマスクをつけさせられました。
視界が奪われるとまるで全身が性感帯になってしまったようで、どこを触られても感じてしまい、視姦したいと四つん這いにさせられ、割れ目を見られていると思うとゾクゾクと感じてしまい、少し触られるだけで愛液が滴ってくるのが感じられ、旦那様の手つきがいつもより荒々しく感じられ、私の割れ目を開き、舌が差し込まれ、いつになく執拗に舐められて、いつもの旦那様と愛撫の仕方が違うと思ったのだけど、気持ちよくて為されるがままに・・・
そして、肉棒が私の割れ目を割き、侵入してきて、いつもより一段と大きく硬く感じられ、肉棒が抽挿されるたび快感の波となって、何度も何度も打ち寄せてきました。

体勢を変えるために一旦身体を離し、背面騎乗位の姿勢になり、いつもより大きく感じられる男根に手を伸ばし、自ら挿入しかけたところ思わずのけぞってしまってアイマスクが外れ、目の前を見るとそこには旦那様が!
では私の下にいる男は一体誰?
しかし、その誰のか分からない旦那様のより大きな肉棒にあらがえず、身体を離れて逃げようと思えば逃げられたのですが、しかし目の前の旦那様の目を見つめながらそのまま腰を最後まで沈め、挿入しかけた肉棒を最後まで私の膣穴で飲み込みました。
女の襞が生の肉棒を絞めあげ、腰を動かすたびに肉棒が襞を押し広げて快感の波が押し寄せ、薄目を開いて旦那様を見ながらも、自分で腰を動かしてはその快感を貪り、子宮が降りて来ているのか、肉棒の先端が子宮口に到達しているように感じられ、もうだめ~と声を出そうにも声もでず・・・
亀頭部分が膨れ上がるのが感じられ、いよいよ生命の源たちを注がれる・・・・・来て・・・来てぇと思ったのですが、なかなか注がれずにもう限界と思ったら、放出が始まり、子宮内壁に熱い生命の源たちが注がれるのをじかに感じ、目の前の旦那様と見つめながら絶頂に達したかと思うと、次の瞬間、失神してしまったのか、その後の記憶がありません。

そして、次に目が覚めた時には、隣にいたのは旦那様。
旦那様に腕枕をしながらやさしく抱擁されていてました。
ひょっとして夢?
立ち上がると流出してきましたので、さきほど中出しされたのは確かですし、男根の感触は旦那様のものではないし、中出しの瞬間、旦那様と見つめあったのもはっきりと覚えています。

旦那様が「よかった?」ときくので、おもわず旦那様の胸に顔をうずめ、うなずきました。
そしてそのまま旦那様と朝を迎えました。

中出しをするのは将来をともにしたい男性のみと決めていたのにも関わらず、きっかけは何にせよ、途中で引き返さず、自ら腰を動かして、誰か分からない男の中出しを受け入れてしまいましたが、自分でしてしまったことにまだ心の整理がついていないというか、うまく表す言葉が見つかりません。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7238
投稿者 美帆子 (19歳 女)
掲載日 2019年2月05日
投稿No.7164の続きです。

今回もリエとナオミの話です。
タクヤの話では前回ナオミのバージンを散らし、リエにも処女喪失と同時に4Pをしたマサヤはリエとナオミ両方にをとっかえひっかえやっているそうです。
優しくバージンを散らされたナオミになつかれ、そのことに嫉妬したリエからも積極的に言い寄られたそうです。
ナオミは性格的には最高なのですが、容姿が今一つ(でも胸は大きいです!)でリエは美人だけど高飛車で性格に問題ありです。
そんな感じだからマサヤもそろそろどうにかしたいと思っているそうです。

そんなマサヤから連絡がありました。
今度、ナオミを呼び出したので、そこにキモとリエを連れてきてくれとのことです。
タクヤにも声をかけていてマサヤの友人を一人連れてくるとのことでした。
前回、ナオミにはやらなかった4Pを経験させようって事みたいです。
リエはナオミの事を憎々しく思っているので大賛成でついてきました。

当日ナオミはあたし達が来ることを知らずにマサヤのマンションに行っています。
リエとキモとでタクヤを待っているとタクヤがマサヤの友人を連れてきました。
その友人というのはジェフという黒人でした。
高校時代の留学生マイケルを思い出し、凄いことになるんだろうなぁって想像してしまいます。
ちなみにマイケルも真っ黒だと思っていたのですが、ジェフはさらに黒い感じです。
幸い日本語は少しアクセントがおかしいけれど普通にしゃべれました。

マサヤのマンションについたら、チャイムは鳴らさずに携帯に電話することになっていたので電話しました。
マサヤは音をたてないようにドアを開けてあたし達を招き入れます。
既にナオミは裸に剥かれ、目隠しをされたうえ、後ろの穴にバイブを突き立てられ、ジーコジーコとくねらせていました。
マサヤの趣味か、つるつるに剃られた前の穴からは白濁した液体が流れ出ています。
テレビでは二人で楽しんだのか、無修正モノのAVが流れています。
マサヤはナオミの耳元で、「そのまましゃぶって」と囁きます。
ナオミの口元に差し出されたのはマサヤではなくキモのイチモツです。
マサヤと二人でいると思っているナオミは何の躊躇もなく咥えつきます。(大きさの違いに気付かないのかな~)
そんな二人を尻目にリエがマサヤにしなだれかかり、アレにしゃぶりつきます。
多少の音や嬌声はビデオの音にまぎれたのかナオミは気づかずマサヤとの(実際はキモとの)二人の世界です。
あたしは、マサヤのアレを咥えたままのリエを全裸に剥いてやります。
リエのアソコもツルツルに剃られていました。
調子に乗ったあたしはリエにも目隠しをします。
目隠しをされるとナオミのように別の男のモノを咥えさせられると思ったのか、リエは抵抗します。
「そのまま口から離さなければいいじゃん」と耳元でささやきながら目隠しをし、後ろ手に両手を縛ります。
マサヤはリエをからかうように腰を引き、口から抜こうとします。
リエは絶対離さないようについていきます。

そのうちあたしもタクヤも、ジェフも全裸になり、あたしのアソコにはバックからタクヤのモノを飲み込みます。
ジェフのアレはまだ勃っていないのにやはり巨大です。
興味をもったあたしがそれを口に含むとやがて口いっぱいの大きさになりました。(これはあたしのアソコには入らないな。)
キモがナオミの口から臨戦態勢になったアレを引き抜くと対面座位の体勢でツルツルに剃られたアソコに一気に挿入します。
「あぁ~ん」という声に目隠しをされたリエにもわかったようで、物欲しそうな顔をします。
そうなるとタクヤも難なくリエの口からアレを引き抜きます。
そのままナオミと同じように対面座位でアソコに挿入したのはジェフでした。
リエも「ひぃ~ん」と嬌声をあげます。
つるつるに剃られた真っ白いアソコに真っ黒なジェフのイチモツが挿入されたところは圧巻です。
キモもジェフも腰を揺らすとナオミもリエも「あっあっあん!」とか「やっくっくっふぁ」とか絶頂に押し上げられていきます。
あたしを後ろから突くタクヤの腰使いにあたしの口からも凄い声が漏れます。

ここでマサヤが二人の目隠しを取り去ります。
しばらくはまぶしくて何も見えなかったようですが、やがて二人とも自分に挿入されているのがマサヤでないことに気付き必死に抜こうと腰を動かします。
キモもジェフもそれを許すはずがなく、ナオミとリエの腰をしっかり押さえつけます。
そのまま腰を激しく振ると、ナオミもリエも観念したのか「ふぁっあっんっく~ん」だとか「ひっひっひゃ~ん」と快楽をむさぼります。
ひと際大きなリエの「あぁっあぁ~~~ん」という声と共にジェフは大量の精液をリエの膣中に注ぎ込みました。

キモはバックの体勢でナオミの膣奥を突きリエの前まで来ます。
マサヤが「リエのアソコを舐めて綺麗にしたら俺が挿入してやるよ」と囁くとおずおずとリエのアソコに舌を這わせます。
ジェフはリエから抜いたままの(まだ巨大なままです)をリエの口腔に差し入れます。
キモの腰の動きが激しくなり、リエのアソコを舐めるナオミの舌使いが緩慢になり、「あんっあんっひんっ」嬌声も大きくなり、最後に「きゃふ~ん」という声と共にキモの精を胎内に受け入れたようです。
その声に触発され、タクヤの腰の動きが激しくなりあたしの口からも「あんっあんっ」と声があふれ、胎内に熱い精を受けた瞬間「あぁあぁ~~っん」と大きな声が漏れました。

ナオミは休む間もなく、リエによって綺麗にされ、再びカチカチになったイチモツを誇示しながら仰向けになったジェフにまたがらされます。
脚も腰も立たないナオミは自らジェフの黒棒をつるつるのアソコに受け入れます。
そのまま前倒しになると目の前にあるのはキモのイチモツです。
ナオミは躊躇するのですが、キモが腰を左右に振り、アレでナオミの頬を張ります。
観念したナオミは大きな口をあけるとキモがそこにイチモツを差し込みます。
前倒しなのでアナルはがら空きです。
マサヤがいきり立ったモノをあてがうとゆっくりと腰を進めます。
既にアナルの経験はあるのか、すんなり受け入れます。
つるつるのアソコに黒い棒が出し入れされ、これ以上開かないくらいに開いた口にアレを突き刺したキモも腰を前後に動かします。
マサヤはジェフとリズムを合わせるようにアナルでピストンをします。
ジェフがキモに一旦口を解放するように言います。
その途端、ナオミは「ひっひひぐ~」とか「きゃふ~ん」と堰を切ったように喘ぎ声をあげす。
ジェフの腰使いがさらに激しくなり、ナオミの喘ぎ声も激しくなります。
ナオミの「ひゃぁぁぁ~ん」という大声と共に結合部から白い液があふれ出てきました。
やがてマサヤが直腸に熱い精を流し込み、再び口を犯したキモが爆発し、ナオミは大量の精液を呑まされました。

狂宴はオールナイトで続きました。
この後、リエも3か所を攻められ、ついにあたしも、、、この話はまた今度します。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル,外国人

風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7232
投稿者 巨乳好き (37歳 男)
掲載日 2019年1月30日
投稿No.7218の続き

ジムで仲良くなったHカップのゆうきの姉Jカップ彰子と付き合うことになり、半年たった。
最近はお互いに仕事が忙しく1ヶ月くらい会えず僕はムラムラしていた。
電話がきて今から会えることになったので彰子の家に向かった。
家に着くとちょうど彰子も着いたみたいだった。

二人で家に入ると誰もいなく、部屋に入ると僕は彰子にキスをし、そのまま脱がせると久々の大きなおっぱいに貪りついた。
両手で揉みまくり乳首を舐め、吸いついた。
彰子はアッ!気持ち良い!と僕はそのまま彰子をベッドに横にすると彰子の股に顔を突っ込むと舐めまくった。
彰子のHな汁の味、匂いたまらなくチンコはギンギンだった。
僕は彰子我慢出来ないよ!とチンコでおまんこを撫でると入れるよ!と挿入した。
ヌルッと奥まで入れると二人してああっ!目が合い気持ち良い!とキスをし、腰を動かした。
ゆっくりとピストンし徐々に激しくした。
彰子はアッ!良い!と僕も久々で彰子ヤバい!気持ち良すぎ!と腰を動かすといきなりイキそうになった。
彰子!駄目我慢出来ない!と早々にアッ!イクッ!!ドピュッ!!!彰子!と彰子はあっ!出てる!とあまりの早さに笑いながら溜まりすぎ(笑)とでも、気持ち良い!とチュッっとキスしてくれた。

お風呂でも入ろう!と二人でお風呂に向かうとお風呂に誰か入ってた。
脱衣場には大きなブラジャーとジャージ。
ゆうきだ。
彰子は一緒に入っちゃおう!とドアを開けるとゆうきはエッ!?お姉ちゃん!?と僕も入るとエッ!?ちょっと!と彰子が一緒に入れて!とゆうきは何で!?とそれでも彰子は良いじゃん!!と姉の方が強かった!僕は狭いお風呂に彰子とゆうき、こんなに爆乳な姉妹と一緒にいることが幸せすぎた。
久々にゆうきの裸を見れたのもかなり興奮した。
目の前にあるゆうきのおっぱいに触りたい!と思っていると彰子がほら!どっちのおっぱいが好き?と二人が並ぶと僕は凄い!と生唾を飲んだ。
彰子はほら!どっちが柔らかいか触ってみて!とゆうきはエッ!?ちょっと。と彰子は前にHもしてるんだし、良いじゃん!!僕は彰子とゆうきのおっぱいに手をあてると二人同時に揉んだ。
いや!彰子の方が柔らかいけどゆうきのおっぱいもたまらない!と彰子はゆうきのおっぱい両手で触って!僕はゆうきのおっぱいを両手で揉んだ。
彰子は乳首も触って、舐めないと!僕はゆうきの乳首に吸い付いた。
舌先で乳首を転がし、吸ったり堪能した。
ゆうきはアッ!ンッ!とたまに漏らした。
彰子は私もゆうきのおっぱい揉んじゃお!と揉むと下も触ってあげないと!僕はゆうきのおまんこを舐め、クリトリスを刺激した。
さっきの彰子とはまた違う味と匂いに興奮しながらおまんこを手マンした。
ゆうきはアッ、駄目!と腰をくねくねさせるとアッ!イヤ、出ちゃう!とビチャビチャと潮を吹いた!

彰子はゆうき!気持ち良い?と僕にもっと、気持ち良くさせないと!とゆうきを後ろ向きにすると僕もゆうきとしたくてたまらなかったのでそのままゆうきのおまんこに挿入した!
ゆうきはアッ!と僕はゆうき!気持ち良いよ!と腰を掴みパンパンとピストンした。
僕も久々のゆうきにたまらなく、激しくピストンした!
ゆうきはアッ!ンッ!んんっ!と僕もゆうき!凄い!気持ち良い!とゆうきは駄目!アッ!とまた、おまんこからジュプジュプとハメ潮まで吹いた!
僕はさらに興奮しパンパンパンパン!ゆうきを突きまくった!
ゆうき!気持ち良い!イキそう!とゆうきは駄目!なかっ!外に出して!と僕はそのままピストンし、中に出したかったがゆうき!外に出すよ!と彰子が僕の後ろから腰を掴みまだ!ほら!もっと!と腰をピストンの動きに合わせながら押した!
僕は彰子!出ちゃうよ!と彰子はほら!もう少しだけ!とゆうきに押し付けた!
おまんこの奥まで挿さると同時に僕はゆうき!
イクッ!アッー!!!おまんこの奥でドピュッー!!!ドピュッ!!ドピュッ!勢いよく精子を放った!
ゆうきはアッ!出てる!
僕もさっき彰子に出したとはいえ、溜まっていたのでどく!どく!かなりの精子が出た!
彰子はゆうきの中に出しちゃって!と僕はチンコを抜くとドロドロとゆっくりと精子が垂れてきた。

彰子はゆうきのおまんこから垂れ出る精子にエロい!止まらない、凄い量!と二人して気持ち良くなって!私もしたくなっちゃった。と3人でお風呂を出ると彰子の部屋に行き、僕はベッドに横になると二人にチンコを握られるとそのまま二人フェラ!
僕はこんなことがあるなんて!と思いながらもあっー!気持ち良い!と二人は交互にフェラしたり更にはぱいずりフェラまで交互にした。
僕は二人の刺激にビンビンにチンコが立った!
彰子は入れちゃお!と騎乗位で挿入した!
すぐにグラインドするとアッ!気持ち良い!良い!と感じているといきなり抜いた。
僕はエッ?と彰子はゆうき!ほら!と今度はゆうきが挿入!
僕はアッ!彰子はどう?気持ち良い?と僕はヤバい!どうにかなりそう!とゆうきのグラインドも気持ち良くて!するとまた抜かれた!
僕を起こすと二人は横になり、彰子は入れて!と正常位で挿入!
両手でおっぱいを挟みピストン!
ぶるんぶるん揺れるおっぱいに彰子気持ち良い!彰子は気持ち良い!と言いながらも僕を手で押すとゆうきに入れて!と今度はゆうきに挿入した。
おまんこの具合がやっぱり違い刺激的だった。
ゆうき!気持ち良い!とゆうきも良い!凄い!と僕がピストンを早めると彰子は駄目!まだ!と抜くと彰子はゆうきの上に股がった。
彰子は入れて!と僕はバックで彰子に入れるとパンパン!パンパン!
激しくすると彰子は良い!あっー!イクッ!!と感じてイッた!

僕はチンコを抜き、そのまま正常位のゆうきに挿入!
僕はゆうきを激しく突いた!ゆうきは良い!もう!あっー!とカラダをビクビクッ!ゆうきもイッた!
彰子は入れて!と僕はまた挿入すると彰子はヤバい!もう!気持ち良すぎておかしくなる!と僕は激しくピストンし、彰子はアッー!!!アッ、ンッ!とまたイクと僕はゆうきのおまんこに挿入!
ゆうきも良い!またイクッ!!と僕もピークが近づいてきた!
ゆうき!イキそう!と言うと彰子は駄目!!彰子に出して!と僕は慌ててゆうきのおまんこからチンコを抜くと彰子に挿入!
入れた瞬間!!ドピュッ!!ドピュッ!!
おまんこに精子を出した!
彰子は精子出てる!嬉しい!とイキきっていた。

彰子は抜いて!ゆうきにも出して!と僕はチンコを抜くと彰子のおまんこからドプッと精子が溢れた。
たらぁーっと垂れるとちょうどゆうきのおまんこの筋に垂れた。
僕はその彰子から溢れ出た精子をゆうきのおまんこに入れるように挿入しゆっくりと動くとゆうきのおまんこにも精子がドピュッ!ドクッ!ドクッ!とチンコから残りの精子が出てきた!
チンコもさすがに小さくなりゆうきから抜くととろっーと精子が垂れた。
彰子とゆうきの二人のおまんこから僕の精子が垂れ流れている光景はたまらなく最高の瞬間でした。

二人とも横に寝転び僕も間に入り横になった。
まさか二人と一緒にこんなことになるなんて思ってもいなかったが巨乳好きな僕にとっては最高に幸せな時間だった。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!

1 2 3 4 5 6 30
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)