中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.6146
投稿者 ○長 (51歳 男)
掲載日 2015年2月21日
ある人を通じて、旦那さんの入院費・治療費に困っているから助けてあげられないかということで1年前に会ったのがみきえだった。
困っているという金額は200万円。
当時、馬券と一口馬主が珍しく好調で私的にはそれくらいの金額には不自由していなかった。

仲介の人に義理があって断れない話だったので初めは適当に利息を取って、分割でというつもりだったが、みきえに会って考えが変わった。
みきえは飛びきり美人というわけでは無いが、私好みの細身の体付きをしており、清楚な雰囲気なのにどこか崩れたエロさを感じさせて、会話をしながらも私の下でヨガリ狂う様が妄想され下半身を硬くしてしまっていた。
みきえは膝下くらいのフレアスカートに大人しいブラウス姿だったが、薄く透けているブラの線が妙なエロさを醸している。
子供がいないせいか38歳という年齢の割には若く見える。

心配していたお金が借りられそうだということでみきえは笑顔になっていた。
借用書にボールペンで綺麗な文字で名前を書くみきえの細い指に私の巨根を握らせる妄想が走った。
「それで、返済のことなんですが・・・・もし可能なら月に4万くらいにして頂ければありがたいのですが・・・」
印を捺しながらそう切り出すみきえの顔に少し疲れが見えた。
5年以上になる療養生活の夫を女手一つで支えているのだ、無理もないと思いながら
「でも、月4万は大変でしょ」
と答えると
「貸して頂いたんですから頑張ります」
と健気に笑顔になる彼女に、つい口が勝手に動いてしまった。
「週1回2万円の利息込みで125回の大人のお付き合いはいかがです?2年半で完済できますよ」
下を向いたまま固まる彼女に
(しまった・・・もっと時間を掛けて落とすべきだった)
と後悔したが言ってしまった言葉は元に戻らない。
黙ってお茶を飲みながら、下を向く彼女に目を向けると耳の付け根が赤く染まっていた。

わたしにとって重苦しい長い時間が過ぎて行ったが、長い沈黙の後、みきえが聞き取れないほど小さな声で答えた。
「でも・・・私、経験がほとんど無いので○長さんを満足させてあげる自信がありません・・・」
落ちた!
「いえ、貴女のような素敵な女性と大人のお付き合いができるだけで男というものは満足なんですよ」
私は借用書を鞄にしまうと、用意していた帯封付き100万円の束を二つ机に置いた。
とにかくこの金を彼女に受け取らせてしまえば私の勝ちである。
みきえがかなり躊躇いがちにバックに札束を仕舞うのを見届けると、さも当然のように立ち上がった。
ここは気合の勝負である。
「さ、行きましょうか。今日が返済の1回目です」
そう聞いたみきえは目を瞠った。
「え!!・・・・で、で、でも、今日はそんなつもりで用意して来ていませんし・・・お願い・・今日は許して下さい。気持ちの準備が・・・」
そう哀願するみきえに
「そういう約束のお金を貴女はすでに受け取ってしまいましたよね。それで、ご主人も救われるのでしょ?なら、次には私を安心させて下さい。お金だけ取られて逃げられたことがあるんですよ・・」
話の最後に嘘を混じえると、立ちあがってみきえを促した。
みきえは観念したように頷き、言い訳のように
「でも、本当に私にガッカリしないで下さいね・・・」
と私の車のある駐車場へ足を向けた。

ラブホはみきえの気持ちが変わらないよう比較的近場でかつ豪華を売りにしている所を選んだ。
ラブホに着くと、高めの部屋を選び、エレベータに乗る。
みきえはちょっとオドオドした様子で付いて来た。
普通、私は部屋に入るとすぐ、風呂も入らず女体をと味わい尽くすのだが今日は我慢をした。
シャワーを浴びたいというみきえに満面の笑顔で頷き、みきえと入れ替わりに私もシャワーを浴びた。

部屋に戻ると、殆ど暗くした部屋でみきえはすでにベッドに入っていた。
私が全裸のまま横に滑り込み、バスタオルを巻いただけの姿のみきえにキスをしようとしたら、みきえは顔を私の逆に向け、軽く避けた。
(キスは許さないってか・・)
私は内心で苦笑した。
バスタオルの上からみきえの乳首を探り、人差し指で軽く刺激を加える。
しばらく無言だったが、長い愛撫に耐えかねたように
「ん、ん、ん」
みきえが声を洩らす。
私はみきえのバスタオルを剥ぎ、すでに硬く尖った乳首を口に含む。
「ん・・ああぁ・・・」
我慢しても声が漏れる様子だ。
手を下半身に滑らし秘所を探ろうとすると脚に力を入れて閉じている。
それをゆっくり抉じ開けて割れ目を探ると既に洪水のようにぐっしょり潤っていた。
無理もない・・・5年の夫の闘病生活の間、夫婦生活はきっと無かったに違いない。
みきえ自身の気持ちは私への拒否感に溢れているが体は私を歓迎してくれているようである(笑)。
私は淫水を指に纏わりつかせて、クリを優しく撫でながら
「ここをたっぷり舐めさせてもらいましょう」
そういうと指は乳首を弄びながら頭をみきえの脚の間に差し込んだ。
「そんな、だめ、汚いから止めて下さい!」
みきえが叫ぶが構うこと無くみきえの性器へむしゃぶりついた。
激しい抵抗を予想したが、意外と股の力は緩められたままだった。
剥き出しの性器からむっと淫らな雌の匂いが立ち込めている。
わざと音を立てながら、ゆっくり陰唇を舐め回し、膣に舌を挿し入れる。
ウオッと声にならない声を挙げ、みきえが私の頭を掴むが、もちろん動きは止まらない。
何度も上下に舌を往復させ、滴る淫水を啜りあげるとさっきまで堪えていた声がついに堪え切れなくなってみきえの声のトーンが上がる。
「あああああ・・・気持ちいぃ・・・」
両手で乳首を弄りながらピクピクと震える蕾を舌先が捉えると
「アウゥゥ」
とみきえの腰が跳ね体を反りかえらせる。
私は舌で淫水を掬いあげては蕾を嬲る。
「ダメ、ダメ、ダメ、あ、イク、アアア、イクゥぅう・・・」
久々だから時間が掛かるかと思ったが、あっけなくみきえはアクメに達した。
意外と敏感な体なようだ。

口を離し膣口をみるとパックリと開いて、淫水を流している。
私は体勢を戻し、淫水塗れの唇で乳首を咥え、人差し指を膣にゆっくり入れて感触を確かめると、続いて中指を挿れた。
みきえの中は思ったよりキツイがとめどなく溢れる淫水のおかげで楽に指が入る。
全体にネットリした感じで指を締めつけて来るし、上側にイボイボが密集したザラツキ感があり、生で挿れるとかなり楽しめそうな道具である。
さらに指を擦りながらクリの下あたりを探るとGスポットが簡単に分かった。
「ほら、ここにあったよ」
そう言いながらその部分を強く擦ると、グッタリしていたみきえが電気仕掛けのように体を弾ませ、びっくりすような大きな声を漏らす。
「あぁぁ、気持ちぃぃいいぃぃ」
その声を聞いて私はほくそ笑んだ。
女の中には一度イクと擽ったがって2度目が長い時間空けないとダメのタイプもいる。
こういう女性とは遊んでも面白くない。
しかし、みきえが何度もイケる体質であると分かったら下半身がさらに大きく膨らむのを感じた。
「ほら、ほら、我慢しないで出したいもの出してしまいなさい」
そう言いながら、手慣れた感じでGスポットを刺激し続けていると眉間にしわを寄せて声を漏らしていたみきえがいきなり
「あ、いや、何これ・・・ああ、ああ変、変、変になっちゃう」
といいながらそんなに多くないものの潮を吹きながらまた果てたようだ。
明らかにイッタことは全身濡れたように汗を掻いていることでよくわかる。
かなり日を置いて聞いたところによると、潮吹きなんてAVビデオの絵空事と思っていたのに自分が潮を吹いたことに心底驚き、また掛け布団を汚してしまったことが恥ずかしくもあり口も利けなかったとのことである。

グッタリしたみきえの脚元に私は膝で立ち、みきえを見下ろしながら激しくそそり立ったモノを手でしごいた。
みきえは一度眼を向けたが、焦点が定まらないトロンとした目を閉じ、はぁはぁと肩で息をしている。
ここは息を呑んで
「大きい・・」とか「すごい!」とか言って欲しかったが何も見えて無いようである。
仕方が無いので私は天井向いてそそり立つモノを手で抑えつけてクリに亀頭を擦り付けた。
クリに亀頭が当たる度にみきえは小さい声をあげる。
2度イッタがまだまだ体は反応してくれるようだ。
私はそれを確かめると、膣口にいきり立ったモノを宛がい少しずつ力を加えて行った。
ドロドロに近い膣だが、入り口が特に狭くて良く締まるので中々入らない。
私のモノが軋みながら少しずつめり込んで行き根元までやっと入った。
みきえが眉根を寄せ、
「気持ちいい・・・」
とつぶやくのがわかった。
次にゆっくり入口まで引き抜き、少し早く根元まで深く挿れる動きを一定のリズムを続けると、少しずつみきえの呼吸が荒くなり、
「ダメ。。あ、ああ」
みきえの手がしっかり私の背中に回っていた。
最速で動くと
「ひーっ。。。!」
みきえが獣のように悲鳴に似た声を挙げ顔を歪めていたが、
「いや、だめ、許して」
と、はあはあ言いながら哀願する。
「ん?何を許してって言うの?抜いちゃった方がいいの?」
分からない風を装い動きを止めると、
「イヤ。。抜かないで・・・あぁぁ気持ちぃぃぃ」
そう言いながらいまや自然にみきえも私の動きを受け止めるように腰を振っている。
私は張り出したカリの味を教え込むように円を描きながらじっくり前後に腰を振る。
「ダメ、ダメ、あああああ、いっちゃうぅぅ」
と叫ぶとガクガクと体を揺らしながらギュギュっと幾度も幾度もモノを締めつけ痙攣をする。
幾度かの痙攣が治まるとはあはあと肩で息をしながら汗びっしょりでグッタリとしている。
みきえはまたイッテしまったようだ。

最初の日ではあるが、みきえの感度が予想以上にいいので私は色々な体位を試すことにした。
みきえを抱き起こして座位の形に持ち込むと虚ろな瞳でただ腰だけは貪欲に快楽を求めて前後に振り続けていた。
私自身の持続力にはまだまだ自信があった。
頭の後ろに手をやり、キスを求めると今や何の抵抗も無しにみきえから口を半開きにして舌を濃厚に絡めてくる。
唾液をみきえに流し込むと無抵抗に全てを受け入れる。
みきえの歯茎の裏の感触まで楽しむと、今度はみきえを持ち上げ背面座位に移行し、次いでバックへと体勢を変える。
後ろから乳房とクリを弄りながら、強く奥まで打ち付ける。
「あぁぁ、そこぉ、そこぉ、当たってるぅぅぅ。。ぎ。。ぼ、、じぃ。。。。いぃ。。。いぃ」
じっくりとゆっくりした動きで今度は長い時間をかけてみきえを4度目のアクメに導く。
もう、みきえの中はドロドロである。
「もう、何度イッタんだ?」
そういいながらバックから私が横になりみきえが背中を私の胸とお腹に密着させた体位に導き、私が下から突き上げる。
ん。。。んん。みきえ、たまらん」
「す・ごぃぃ、これ、感じるぅぅぅ。口からおちんちん出そう・・・」
後ろから抱きかかえるようなその体勢で乳首とクリを弄りながら突いているとみきえの膣から止めどなく愛液が滴ってくるのを感じる。
「ああああ、ご、ご、めん、な、さい、また、イッチャウゥゥゥゥ・・・・」
みきえの体が弓なりになりガクガクまた震えた。

みきえの呼吸が収まるのを待ち、モノを引き抜き正常位の体勢で押し倒し唇を貪るとみきえも私の舌を吸い込み、今度は唾液を私に送りこんできた。
キスをしながらみきえの淫液塗れのモノをまた膣口に宛がった。
「ま、た、するの?わたしばっかり良くなって、○長さん、イッテ無いでしょ・・」
そう尋ねる気だるいみきえの声はモノを受け入れた途端獣じみたヨガリ声に変わる。
「たまらんな、みきえのまんこ。いくらでもできる」
そう言ってもみきえは完全に自分の世界にのめり込んだままだ。
そろそろ、私にも我慢の限界が来たようだ。
「ああ、いっちゃいそうだ。。。気持ちいい。。。。」
と言うとみきえは訳も分からずに
「イッチャウよぉ。イッチャウよぉ。また、イッチャいそぉ」
とやっぱり自分の世界である。
もっとも今日は中出しと決めていたのでみきえの意向を確かめることもなく、ええいままよと呪縛を解き放った。
思った以上に大量の精子の放出を感じたが、みきえも獣のように吠えて悶絶した。

みきえが自分を取り戻すまでかなりの時間が必要だった。
私としてはみきえが我に返り次第、このまま浴室でまたみきえの体を弄び、好きなだけ嵌め、さらに寝室でゆっくりとセックスを楽しむつもりだったが、自分を取り戻したはずのみきえが放心状態なのだ。
風呂に入ろうと促しても首を振るだけである。
中に出されたことは自覚しているようだが洗う気力もないようだ。
「こ、腰が抜けたみたぃ」
小さくそう言うのがやっとである。
(ちょっとやり過ぎたか。。。)

1人で浴室で体を洗い出て来ると、まだ、みきえは全裸のまま床にへたり込んで呆然としている。
「今日は大丈夫な日か?」
みきえに聞くと、みきえは小さく頷いて
「多分・・・」
ともっと小さな声。
素人同然の女にはちょっと悪戯が過ぎたかと思ったが後に引く気は無い。
みきえがこれ今日は続行不能と判断すると、私は服を着て、
「帰りましょう」
とみきえを促した。
みきえは緩慢な動作でブラを付け、タオルで局所を拭うとパンティを履き、足元をふらつかせながら服を着た。
私は財布から1万円を出し、今日の帰りに産婦人科に行きアフターピルを貰うことと、今後、私自身に避妊をするつもりが全く無いことを伝え、行った産婦人科で相談し次の生理からピルを飲むことを命じた。
「みきえのおまんこの絶妙な味は生でないと楽しめないからな」
初めてみきえを呼び捨てにしたが、みきえは咎めもせず少し笑顔になって
「気に入って頂けたのならうれしいです」

帰りの車内で、まだ虚ろな様子でポツリポツリと話すみきえの話を総合すると、生理が近いから今日は大丈夫だと思うけど、私の指示どおりに産婦人科に行き、ピルを飲むことを誓った。
「だって、これからは○長さんが私の御主人様なんですものね・・・・それに、今日・・・」
と言いながら顔を真っ赤に染めたみきえの手を取り、まだ硬いままの私のモノに導いた。
「生理が終わったら連絡下さい。次はもっと長い時間、みきえの体を楽しみたい」
みきえはおずおず手に力を込め、小さく頷いた。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ: ,
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]

コメント

  1. マラオ

    たぶん、回数無制限の熟れた女に成りそうですね。そのご立派なマラの虜に成ってる。ラブホで有る必要も無くなりそう(^_^;)

    • 匿名

      読んで頂いてありがとうございます。確かに今では仰る通りの女になってくれましたが、色々な紆余曲折がありました。その辺りのことを2、3回に分けて書いてみたいと思っています。よろしくお願いしますね。

  2. エロチン

    私も今経験中です。女はチンポに惚れますからね。

    • ○長

      どうもありがとうございます。

      そうですね。チンポというよりいかに自分を気持ち良くしてくれるかが大きな要因のような気がします。みきえ、一年後の今ではめちゃエロくなってます。

  3. せかつよ!

    下手な官能小説を読むより、興奮させて頂きました。
    人妻に中出しセックス・・・羨ましい限りです!

    • ○長

      褒めて頂いて恐縮です。
      せかつよ!様もきっと、近いうちにそのようなチャンスに巡り会えますよ。
      本当にこればかりはタイミングときっかけになるちょっとした勇気だけだと思います。

  4. よたろう

    ん~!!
    いいですね人妻憧れています。

    しかし、もタイミングがいいと思います。
    この先の展開を期待しております。

  5. ○長

    ありがとうございます。
    今、その3をチビチビ書いてます。
    気が向けば読んでやって下さい。

  6. えいきち

    1,2と読ませて頂きました。みきえさんの変化に興奮してます。続編期待してます。

    • ○長

      読んで頂いてありがとうございます。
      みきえの変化を感じて貰えたらとても嬉しいです。

  7. タダラフィル

    中々現実感が伝わり、良いですね。。。

    ただ・・・2は、安くない??

  8. ○長さん

    どうも感想ありがとうございます。
    確かにケチくさいですね(笑)
    でも、正直なところ2で100って頭にすぐ浮かんだんですよね(苦笑)

  9. 武富勇

    私は貴女の仲だしされた他人のざーめんを舐めさせられ願面騎乗して頂き御奉仕します

  10. しんかん

    どうせなら、アナルセックスと膣フィスト調教してしまいましょうよ ノーパン・ノーブラで生活させて 脇が広いポンチョTシャツとミニスカートで局部を露見させたり 街中でもスカートやシャツに手を入れて遊んだり 野外露出させたついでにセックスして中出し精子が垂れ出たまま歩かせたりして楽しんで見ては? 私がセフレにさせたりヤってる事ですけどね つど撮影もしてますがねw

コメントを残す

  • 誹謗中傷や投稿者の投稿意欲をそぐコメントはご遠慮ください。
  • 風俗体験談では、「店名を教えて!」「どこにあるの?」等、風俗店の特定につながる質問はご遠慮ください。
  • 管理人による承認制を取らせていただいているため、コメントを投稿してもリアルタイムでは掲載されません。
  • 管理人が不適切と判断したコメントは掲載されません。
    また、一度掲載されたコメントでも削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
  • その他注意事項等はこちらをご覧ください。
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)