中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7484
投稿者 龍ぞー (41歳 男)
掲載日 2019年10月11日
登場人物

上司の梨奈さん(仮名 45歳)
投稿No.7462「天狗舞純米大吟醸(後半)」
投稿No.7468「穴子の活〆」
の主人公

龍ぞー(本人)
先天性のヤリチン

いつもありがとうございます。
歩く屈脚位と言われている龍ぞーです。
(なんのこっちゃ)

さて、近所の◯◯川のモミジも色付き始めてきた今日この頃…。

また本日も梨奈さんと一緒に、上林さん(仮名)の鮨屋「天狗舞(仮名)」へ。
美優ちゃんもすっかり若女将。俺と一緒に住んでた頃より、遥かにいい顔してる。

梨奈さんが穴子の次にお気に入りになったのが、上林さんの「アジ」だった。
アジの表面に等間隔に鹿の子の切れ目を入れ、シャリを手に取ったかと思うと刻んだ小ねぎの中にチョンとつけ、アジと合わせたかと思うと二回ほど叩くように握り、生姜醤油を塗って出してくれる。
ゲタに置かれた瞬間、アジの切れ目がパッと花が咲くかのように開く。
なんという芸術。
梨奈さんが大きな声で驚くほどだから、相当なものだろう。
「アジって、旨い魚ですよねー」
「アジより美味しい魚あるのかな」
今日も壇蜜みたいなセクシーボイス。
「梨奈さん、穴子は?」
「あれ、魚だっけ?」
と、天狗舞を片手にニヤニヤしながら俺を見る。
そうだ。前回「俺のアナゴを…」と言い放っているではないか。
くそう、言わされた。負けた気分。

天狗舞のあと、梨奈さんと少し歩いた。
「梨奈さん」
「ん?」
「身体、大丈夫ですか?」
「なんで?」
「ピル、あれから大丈夫なんですか?」
「あー」
梨奈さんは40過ぎてから初ピルを処方してもらった。馴染みの婦人科で、入念に話し合っての事なのはわかっている。
「アンタさぁ」
だから、この入り怖いって(汗)
「心配、してくれてるの?」
「しますよ!大事な人なんだから」
梨奈さんはフッと笑った。
「セフレも本命もいるのに、大事なの?」
「梨奈さんは、梨奈さんですから。梨奈さんは世界に1人ですから」
「アンタほんとにバカだねぇ」
と言いながらバッグで俺を叩いてきた。
「そんなにバカですかねぇ(汗)」
「バカだよ、バカバカ、スーパーバカ!」
どんなバカやねん。
「全然、大丈夫だよ。この通り」
「まあ、酒も飲めてますしね」
「そうだよ。だからアンタは何も心配しないで…」
ん?話が止まった。
すると、視線を横に背けながら少し小さい声で
「何も心配しないで、ワタシを抱いて…」
だから、可愛いすぎるって…。

今日も、梨奈さんといつも行くホテルへ。
「ねぇ、先にお風呂入らない?」
「お、いいですねー」
梨奈さんが言うには、カラダが温まったほうがもっと気持ちよくなれそう、との事。
ローズテイストの泡風呂の素を入れて、お湯を入れてる間に抱き合った。
「龍…」
俺の腕の中で呟くように梨奈さん。
「なんですか?」
「そろそろ、飽きてこない?」
「ん?何に?」
「その…ワタシに」
「は?梨奈さんに?」
「うん」
「永遠に飽きませんって」
「そか」
また「バカ」だのへったくれだの言われると思ったが、素直に受け止めていた。
「梨奈さんこそ、俺で大丈夫ですか?」
「ふふふ…」
まあいいや。
そんなことしてる間に風呂もモコモコに溜まってきてたので、服を脱がせ合い裸になった。
「あ、梨奈さん」
「ん?」
「あの、見せてください。見たい」
「ハダカを?」
「はい」
あまり、裸で立った姿を見たことがない。
身長が170近くあり象牙色に等しい美白肌、Dカップの美しい胸とくびれたウエスト。そこからのお尻と太ももの曲線が美しい。
やっぱり、スレンダーながらふんわりとした、いいカラダしてる。年齢より10以上若く見えるのだ。
「やっぱりキレイ…」
と釘付けになってると…
「ホントにバカだねぇ。ホラ、さっさと行くよお風呂」
と、長い黒髪を髪留めでまとめながら言った。そうか、梨奈さんの「バカ」は照れ隠しか。

泡風呂の中で温まりながら、梨奈さんを背中から抱きしめた。梨奈さんがやたら大人しい。
そのまま梨奈さんのうなじ舐めたり、乳房軽く揉んだり、しばらくそうしていたが、梨奈さんのほうから向きを変え、キスしてきた。しかも、いきなりディープキス。
「ん…」と少し声を漏らしつつ唇を離し、そして見つめあった。今日も美しい。本当に美人だ。ずっと誰かに似てると思ってたのだが、そうか、藤圭子に似てるんだな。
なんて見惚れながらボワーっと思ってると、泡風呂の泡の塊を顔面に塗られた。たまったものではない。

シャワーで泡を落とした後、不意打ちのようにチンポを舐められた。
これが、一瞬の事だったが、やたら気持ちよかった。

カラダを拭くと、裸のまま2人でベッドへ入った。
素肌を合わせると、お、梨奈さんが温まっている。
実はいつも、梨奈さんの身体は冷ためなのだ。だからいつも最初に、温めるようなイメージで抱きしめていた。
ホカホカの梨奈さんに覆い被さり抱きしめた。キスをしても、首筋とか舐めてもいつもと感じが全然違う。素肌の触れ合いも湯上りならではのしっとりさ。身体の感触も、感じ方も全然違う。
髪留めで束ねたままの黒髪。首筋もうなじもあらわになっていて、いつも以上にセクシーだ。梨奈さんの太ももにチンポを押し付けるように抱きしめ、唇を重ね、舌を濃密に絡め合った。最近の梨奈さんのキスのエロさときたら、あの由紀恵さえも文字通り舌を巻くのではなかろうか。
あったかい梨奈さんの身体を、さらにギュッと抱きしめた。俺の背中に両腕をまわしながら梨奈さんが…
「龍…いっぱいしてね…」
などと、またも可愛らしい事を言ってくる。
「大好きだよ。龍…」
更にダメ押し。
言葉だけで溶かされそうだ。
梨奈さんの背中の下まで両腕をまわし、強く強く抱きしめた。
「あんっ…」
梨奈さんの上半身を抱えるかのように抱きしめ、首筋と耳を舐めまわした。
「あっ…きもちいい…」
囁くような声を出す梨奈さん。たまらなく色っぽい。滑らかな美白肌の感触も心地よく、俺の胸にはDカップの美乳がつぶれて張り付いている。
素肌の、しっとりと張り付くような触れ合いも、たまらない。
この抱き心地を味わいながらのディープキスや首筋舐めは、感じさせてるはずの俺が逆にとろけそうになる。
「梨奈…」
頭を撫でるようにしながら見つめ合う。
梨奈さんはもう、口の動きが更にキスをせがんでいる。ゆっくりと唇を押し当てた。
「んん…」
梨奈さんの舌が、まるで刺さるような勢いで俺の口に入ってくる。
目一杯まで伸ばして、俺の口にねじ込んでくるのだ。抱き合い、激しく舌を絡めていると体の奥底から、一気につき上がる熱い想いを感じた。

あ、これは…

「梨奈…」
「うん」
「大好きだよ」
「あ…」

俺にも照れがあるのか、告げた瞬間にキスで唇を塞いだ。だが、まるで返事のように梨奈の細い両腕が、俺の体を強く締めてくる。
しばらく、本当にしばらくこのように抱き合いながら激しいキスをしていた。
ついにキスがほどけると、
「龍…もう一度聞かせて…」
「大好きだよ…梨奈」
「あんっ…」
と言いながら上下を入れ替え、まるで俺に甘えてくるかのようにコロコロと抱きついてきた。また、可愛らしい。
「龍…大好き…」
完全に瞳がとろけている。
そう言うなり俺の首や耳を舐めて徐々に下がり、上目で時々俺を見ながら乳首を舐めまわし、そうして下半身へと移っていった。
すっかり反り返っている俺の男根を握りながら
「今日も元気だね、龍のアナゴ」
とニヤニヤしながら俺を見る。
亀頭の周囲をしばらく舐め、そして先走り汁を親指で滑らせるようにして、亀頭を刺激してくる。
うわ!きもちいい…
その手を休めずサオを舐めあげ、早々に亀頭をペロペロと舐めながら咥えこんでいった。
口の中がいつもより暖かい。亀頭からサオを舐め回すように舌を動かしながら深く深く咥えこんでくる。
梨奈のフェラが、どんどん気持ちいいものになっていく…。
「梨奈、気持ちいい…」
頭を撫でながら言うと、上目で嬉しそうな瞳を俺に向けてきた。フェラ顔美人。
すっかりギンギンになったところで、梨奈のアナゴ舐めは終了した。
すぐに体勢を入れ替えて梨奈の下半身にまたがり、張りのある美乳を揉みまくった。
「龍…」
「ん?なに?」
と、梨奈の顔へ目線を移した。
すると、俺の頭を撫でながら
「そう、この顔…」
「ん?」
「母性本能をくすぐられるのよ」
そうなのか。初めて言われた。
「龍…可愛い」
いやいや、内臓がかゆくなる。
気を取り直して梨奈の美乳をゆっくり揉み、そしてピンクの乳首を舐めまわした。
「ん…」
声を出すのを抑えてるような感じだ。
構わず乳首を吸いまくった。
「んあっ!」
きっと梨奈の中で、童子が悪童に変わってる事だろう。
片方の乳首を吸いながら、右手を梨奈のウエストをなぞるように下げて秘部へと移した。
ワレメの周囲を、中指と薬指を回すように這わせていった。
「ああん…ああん…」
少し可愛い声を出し、腰をよじらせていた。乳首も刺激されているので、それも効いているのだろう。
そしてもう自ら、その二本指にクリを押し付けん勢いで腰を動かしている。
俺もかなり興奮度が上がっていたため、その誘いに乗るが如く中指をクリに当てた。
「あっ…!」
急にピクンと腰を跳ねさせていたが、既に愛液に満たされているマンコが、いつも以上に温かく、しかもいつも以上に盛大に濡れている。めっちゃ感じていたようだ。
俺は、いつも以上のその感触に夢中になってクリを二本指でしばらく回し、そして膣の中へと、滑り込ませるように挿入した。
「ああっ…!くっ…!」
梨奈はシーツを掴みながら快感に耐えていた。かなりの感じっぷり。
膣の中も、温かく指にまとわりつくように中へと引き込まれ、さらに相変わらず上下にクネクネとした特殊構造とイボイボの感触。ああ…、やばい。指を入れているはずなのにチンポ挿れてるみたいだ。
もう、指を伝ってチンポに強烈な信号が送られている。この体温とこのぬめり、この感触…。
ヤバイ、挿れた瞬間イクんでないか?
「龍…もう挿れて…」
と、梨奈からのおねだり。
ヤバイ、ヤバイ…
俺は挿入の体勢をとり、大きく膨らんだ亀頭を梨奈のクリに擦り付けた。
「あんっ…あんっ…」
そして、ピンクの身厚な膣口に当てるともう、吸い込まれるように膣内へと引き込まれていった。

ああっ!あったかい…めっちゃ気持ちいい!!

頭の中で強くそう感じるものの、それが口をつく暇がないほどの快感。
ニュルニュルと、男根を奥まで挿れるとそこにはもう、天国のような快楽が待っていた。
「お、おお…」
「んんっ!!んんっ!!」
梨奈も相当気持ちいいらしく、シーツを掴み叫びながら腰を回してくる。ヤバイ…。
もう2人とも、気持ち良すぎて日本語が話せなくなっている。
グッと膣奥へ男根を押し付けて止めた。
そして梨奈の美乳を揉む。
「あっ……めて」
梨奈が何か言おうとしてる。
「あっ…抱き…しめて」
とろけた瞳で俺を見ながら、何とか口をついていた。揉んでいた梨奈の美乳を俺の胸板で押しつぶすようにギュッと抱きしめた。
そのままグッと膣奥へ男根を押し付けながら抱きしめた。既に襲いかかっている強烈な快感と梨奈の抱き心地に、耳の裏まで熱くなるほどの快楽をおぼえていた。
「ああ…梨奈…」
耳元でかすかに囁くと、俺にしがみついている両腕に、更に力を込めてきた。
「あっ…あっ…」
梨奈が凄まじく感じている。これまでと比較にならない。中もどんどん締まってくる。そんな俺も、尋常じゃない気持ち良さに全く動く事が出来ない。
梨奈の身体を抱きしめたまま、ディープキスをした。
すると舌の感触がチンポにリンクするかのように、膣奥に押し付けている男根の芯から気持ちよくなっていくではないか。
「おおお…」
耳も顔も真っ赤になっているだろう。それくらい強烈だった。
だがそれも数分のことで、ようやくこの強烈な快感に慣れ、少しづついつも通りに動けるようになってきた。
俺の男根が、特殊構造の膣壁に気持ちよく締め上げられている。
男根を引くと、その膣壁とイボイボがカリにとことん引っかかって、お互いに強烈な快感になる。ニュルニュルと挿入すると、この膣壁とイボイボが、亀頭を強烈に刺激しながら、やはりお互いに強烈な快感に。そして奥まで押し込むと亀頭が激しく刺激され、梨奈が
「ああんっ!」
と声を上げながら腰をくねらせる。
その梨奈の膣内をとことん味わい尽くすかのように、ゆっくりと、深々と出し入れを続けた。
梨奈はなんだか、エッチすればするほど気持ちよくなっていく。毎回違う。楽しい。
「あんっ…龍…きもちい」
「梨奈…最高だよ」
「んんっ…バカ」
これだけ感じながらもバカと言ってくる。
そんな梨奈としばらく見つめあった。
もう感じすぎて瞳がウルウルしている。これも見たことがない。
頭を撫でながら
「梨奈、キレイだよ…」
と告げた。すると撫でている手を握ってきた。
「とろけちゃうよ…龍」
お互いの手は一度指をほどき、そして一本一本が指先から絡まるように握り合った。
「あん…恋人感ある…」
と、輪をかけて乙女な事を言ってくる。
しばらく手も握り、身体も抱き合った。
少し挿入を浅くしながら動いているせいか、お互いに余裕がある。ディープキスしたり、梨奈の首筋舐めまわしたりしていた。
やがて手が解けると体を離し、そして男根を膣奥へグッと挿れた。
「ああんっ!」
腰がピクンとなった。
さらに奥へ、奥へのピストンを続けていく。
「ああんっ!きゃあっ!」
めちゃめちゃ感じてる。梨奈の腰も暴れまくりである。
さらに梨奈の子宮口を攻めようと、屈脚位に。このまま梨奈の両脚を肩に乗せ、まっすぐ一気に奥まで突いた。
「きゃん!ああん!」
可愛い声を上げながら感じている。
俺も俺で、こんなにズッポリと梨奈の膣奥へ挿入すると動くたびにどんどん締まり、とてつもない快感である。
さっきまでの強烈な快感がビリビリしている中、この中出しすると極めて気持ちいい体位へ。
ピストンというより、ゆっくり深々挿れて奥にしばらく押し付ける、みたいな動きで攻めていった。梨奈のプニプニした子宮口はすでに亀頭の先に感じていた。
「あっ…ぁ…ぁッ!」
まるで過呼吸を起こしているかのように感じ乱れている梨奈。もう気持ち良すぎて何も言えなくなっている。
というか、子宮が収縮しながらキュウウウと俺の男根を締め上げてくる梨奈の膣。俺にももう、いつでもイッてしまいそうなほどに強烈な快感が襲いかかってくる。
「お…おお…ヤバイ…」
「んっ!ぁッ…!ぁッ…!」
ああっ、ヤバイ!亀頭に快感のエネルギーが凄まじい勢いで蓄積されてくる!
梨奈の子宮口にグリグリ押し付けながら深いピストンを続けていた。
「ダメ…ダメ…すご…いの…」
「ううっ…うっ」
もう限界点なのだが無理やり射精感を抑えていると睾丸が痛くなるほどに気持ちよくなってきた。すごい刺激である。
「あっ…梨奈…!」
「んっ!!きゃああっ!!」
梨奈が腰を大きく震わせながら痙攣してイった。そして膣奥から巻きつくように俺の男根を締め上げる!そして俺の精液のダムも決壊し、梨奈の子宮口に押し付けている亀頭が蓄積された快感を爆発させ、凄まじい快感をまといながら尿道の隅々からドバドバドバッ!と盛大に射精した。
「おおっ…!!ああっ!!」
俺もすごい快感に思わず声を上げながら更に数回ピストンすると、畳み掛けるような強烈な快感とともにドバドバドバッ!ともう一度射精した。めちゃめちゃビクついてる俺の男根を梨奈の子宮に押し付けたまま、梨奈の身体を抱きしめた。
まだピクピクしている。気持ち良すぎる…。
「んっ…んっ…」
梨奈もまだ、腰がカクカクと痙攣している。にも関わらずその両脚を俺の腰に巻きつけてきた。強く絡み合った。
「んんっ…龍…すっごい出てる…」
「めっちゃ気持ちよかったよ、梨奈…」
「もう…もうワタシ…溶けちゃう」
「うん」
「もうワタシ、中出しバカになってる(笑)」
「それ、俺もだから(笑)」
一気に汗が吹き出してきた気がするが、繋がったまま、このまましばらく抱き合っていた。
今日も1発で、何発分も抜き取られたかのような凄い気持ち良さだった。
抜いた瞬間にドロドロと濃いのが逆流してきたが、中指を入れて少し下へさげるとそれ以上にドロドロと逆流してきて、しばらく止まらなかった。すんごい量。こりゃあれだけ気持ちいい訳だわ…。

もう一度シャワーをして、ベッドで梨奈さんを腕枕しながらまったりしていた。
「梨奈さん」
「ん。なに?」
「俺が、本命にしかしない事があるんです」
「ふーん。何?」
「足の裏に、俺の名前をマッキーで書くんです」
梨奈さんは少し「?」な顔をしていたが、
「あ、アンタの事思い出せるってコトね」
「そうです、そうです」
すると梨奈さんは起き上がり、バッグの中からマッキー(しかも赤)を持ってきて、無言で俺に渡した。
「いいんですか?書いちゃって」
「アンタ以外とする予定ないよ」
と、少しニヤけながら言ってくれた。
よしよし。それなら。
カキカキ…。
「やー!くすぐったいって!!」
と、何故か蹴られそうになった(汗)
「動かないで下さいよ、書けないじゃないですか」
「むー」
こちょばしいのを我慢する梨奈さんが可愛い。
そして、赤い字で「I LOVE YOU龍ぞーより」と書かれた足の裏を満足そうに見ている梨奈さん。
「これ寝る前に絶対見れる。あ、ねえコッチにも書いて」
と反対の足を出された。
「えー、何書けばいいですか?」
「じゃあね…『龍のもの』って書いて」
やー、ドキっとする。
そしてマッキーで書かれた両足の裏をくっつけて俺に見せてくれた。
梨奈さんの白い足に赤い字って、なかなか新鮮。
ん?でもこの形、何かに似てる…。
「あら、梨奈さんの足、アレに似てますね」
「え。なに?」
「アジの開き」
「やー!このアナゴ野郎!」

さて、その翌日も上林さんの鮨屋に行ってみると
「いや龍さん、実は付き合いで魚屋から沢山仕入れたんですけど、鮨だけじゃさばききれんので、一夜干し作ったんですよ」
何が出てくるのかと思ったら、アジの開きを出された。
俺と梨奈さんが、それを見て爆笑している姿を、上林さんと美優ちゃんは、とんちんかんなものでも見るような顔で見ていた。

本日はこの辺で…。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:恋人・夫婦
タグ:
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]

コメント

  1. 淫乱女の夫

    龍さん「歩く屈曲位?」ではちょっと聞こえが悪いから「襷がけの龍」で行きませんか??

    ははは、冗談はさて置いてって言っても、ここ全部冗談といやあそうですがね?

    梨奈さんの事は私は「コニー」とでも呼びましょうかね?

    片足に書くのは「龍の一番」と書けば、もう絶対に離されなくなったのに?何て思います、頑張ってね?

    • 龍ぞー

      夫さん

      「襷掛けの龍」いいですね!なんか任侠っぽいですが。
      コニーはアレですかね?白ウサギ的な。梨奈さんは、かなりのツンデレですが、白ウサギかと思うと、そんな感じもなくもないですな。
      コニーウイルスではないですよね?
      「龍の一番」は、次回に書かせて頂きますわー(^^)

  2. のあ

    龍ちゃん

    龍ちゃん。。。。。
    本命にしか!か!!!!
    龍ちゃん、ノアのプレイはまってるやん!!!
    私には、嵌めてくれないのに!!!
    うまいことしてさ!!!
    龍ちゃんだから許すけどさ。。。
    ラブラブでよいな~。。。
    龍ちゃんセフレでなく、彼女と認めたんやな!
    フリートークにも縄関連であったし!!!
    台風休日やからと、燃えたいな~。。。
    ご馳走様でした!

    • 龍ぞー

      のあさん

      ノアのプレイにハマっている者です(笑)
      冗談半分でこの話したら、「これは書かせるしかない」と思ったようです。
      梨奈さん前回に「セフレは嫌だ、本命に近いとこにいたい」って言ってたから、尚更そうなったと思われます。
      それもこれも、のあさんのお陰ですよ。ありがとうございます。
      まあ、出来れば僕ものあさんとハメたいですがねぇ…。

      • のあ

        龍ちゃん

        龍ちゃんとしたら、常におねだりするよ!

        • 龍ぞー

          のあさん

          おねだりされたら、無限射精できるかも(笑)
          記録にチャレンジできそうですよー、1日の最高回数!

  3. たく

    伝説のヤリチン龍が如く!!
    毎回、龍さんの体験談
    楽しく読ませていただいています

    梨奈さんと結ばれてからも順調ですね
    龍の旅はまだまだ続く・・・

    次回作も楽しみにしています
    秘奥義「無限射精」は手に入れましたか(笑)

    • 龍ぞー

      たくさん

      もう今度から「龍が如く 第◯話」みたいにしますかね(笑)
      お陰様で梨奈さんとは順調ですよ。たまにツンデレ加減についていけなくなります(汗)

      無限射精は、まだまだ修行中ですが、先日は3回でノックダウンでした。

      道のりは遠いですなぁ…(遠い目)

  4. ミキプルーン

    梨奈さん大分エッチに慣れてきた感じですね!

    真剣に生きる上林さんに失礼になると、
    今まで心の中に隠していた気持ちを告白します!

    美優ちゃんと上林さんの情事はどうなっていますか!? ^^

  5. 龍ぞー

    ミキプルーンさん

    梨奈さん慣れてきましたわー。
    もう少し照れがなくなると、もっといいなー。なんて。

    美優ちゃんと上林さんは…。
    まあ、ミキプルーンさんなら言っちゃお(笑)

    ノーマルだけど愛情のある、そんなエッチみたいです。上林さんらしいです。
    美優ちゃんに聞きましたが、寿司職人の手って柔らかいんですって。その手で愛撫されたりすると全然違うみたいですよー。

コメントを残す

  • 管理人による承認制を取らせていただいているため、投稿コメントはリアルタイムで掲載されません。
  • 投稿コメントは管理人の判断で非承認とさせていただく場合があります。
    また、一度承認されたコメントであっても後に非承認とさせていただく場合があります。
  • 風俗体験談では、「店名を教えて!」「どこにあるの?」等、風俗店の特定につながる質問はご遠慮ください。
  • その他注意事項等はこちらをご覧ください。
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)