中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

投稿No.7177
投稿者 陽炎 (32歳 女)
掲載日 2018年12月06日
事務所からお休みをいただいたので土曜日から2泊3日の一人旅です。
今日で終わりですが、これを書いている今、私は電車に揺られ、冬めいた景色を楽しみながら今朝までのことを思い出しています。

ひとりで旅行するのは学生の時以来です。
その時は250ccのバイクだったので電車の一人旅は今回が初めてでした。
選んだのはあまり有名じゃなくて、観光客で賑わってないところ。
混浴の露天風呂がある旅館でした。
2泊して二人の男性と身体の関係を持ちました。
旅館に着いた初日、想像より小ぢんまりした2階建ての古い旅館です。
普段着姿で迎えてくれたのは年配のご主人、私を見てサッと上から下まで舐めるように視線を這わせたあと「遠いところありがとうございます」って。
部屋に案内してもらい荷物を置き、浴衣に着替えると温泉に来たって感じがして楽しくなりました。
早速露天風呂に浸かろうと思い案内板の通りに向かいますが、うまくたどり着けません。
フロントに戻ってご主人に言うと案内してくれました。
わかりにくいので迷うお客さんがたくさんいるそうです。
脱衣場は男女別れてはいますが入口は一緒で、ひとつの部屋を衝立で分けている感じです。
その日は私の他に一組のご夫婦しか宿泊されていないので、今は露天風呂が誰もいないからゆっくりして下さいと言うご主人ですが男性用の脱衣場で何か片付けを始め、なかなか出て行きません。
でも私はそういうのを楽しみに来ているので衝立から時々ご主人が顔を出す前で全裸になりました。
最初はチラチラという感じでしたが、目が合って私が微笑むとご主人もニコッとされて照れくさそうに「すみません、見とれてしまって」と。
ヘアを剃っているからでしょうか、ご主人がずっとそこを見つめるんです。
モデルをする時や踊っている時に見つめられるのもドキドキしますが、こんなシチュエーションで見られるのはもっとドキドキします。
すごく恥ずかしいんですよ、でももっと見てほしくなるんです。
タオルを取ろうとご主人に背中を向けてゆっくりと前屈みになります。
踊っている時みたいに身体をくねらせながら、お尻が広がってお尻の穴に冷たい空気を感じると、ご主人がどんな顔で見ているのかなと想像して声が洩れてしまいました。
近づいくる気配に息苦しくなるような疼き、アソコの奥から溢れてくる愛液が外に漏れて腰を動かす度に静かな脱衣場に湿った音が響くようです。
私、そのままご主人にお願いするつもりでした。
身体もすっかり準備できていたんです。
でも、突然携帯の着信音がして行為が中断されたんです。
ご主人が電話に出て、会話から戻らなければならなくなった事が伝わってきました。
私、電話しているご主人の傍に立ってご主人の空いている方の手をとり裸の胸に当てて、耳許で私は長風呂ですから、それだけ告げて露天風呂に向かいました。
でも内心はそんな余裕という感じではなくて、欲しくてたまらなかったから電話を恨み、少し涙が出ちゃったんです。

露天風呂はそんなに広くはありませんが、川沿いに造られていてとても雰囲気の良いロケーションでした。
後ろは山、川の向こうは崖になっていて、崖の上は道路です。
疎らですが時折車が通り、そんなに離れていないので乗っている人が男性か女性かくらいはわかる距離でした。
少し熱い湯に浸かって脚を伸ばすととてもリラックスできて、さっきまでの疼きが少し治まりましたが、あのままご主人と…そう思うと自然に指がアソコに伸びてしまいます。
すぐ軽い絶頂に達しそうになるのを我慢して、自分で自分を虐めるようなオナニーをしながら通り過ぎる車を眺めていたんです。
すると1台の車が止まって男性が二人降りてきました。
すぐに私に気づいて笑いながらこっちを見て何か話していました。
スマホを取り出して写真を撮りながら、しきりに湯船から出てとジェスチャーを繰り返していました。
最初は気づかないフリをしていましたが、突然「股広げてまんこ見せろや!」と怒鳴られたんです。
すごく驚きました。
今も耳に残っています。
たぶんその声が聞こえたんだと思いますが、ご主人と女将さんが来て二人に注意し、バスタオルを渡してくれました。
後で聞いたのですが、こういう事がたまにあるそうです。
普段は年配の方しか来ないけど、たまに若い女性が来るとこういう事があると教えてくれました。
以前警察から目隠しをした方がいいと言われたそうで、設置したこともあるけど雪で壊れてしまったり、お風呂に浸かって景色が見れなくなることも手伝って今は設置していないそうです。
その時にご主人と女将さんがご夫婦と知ってしまったので、すごく後ろめたい気持ちになりました。
女将さんが私のことをとても心配してくれて、そんな女将さんのご夫婦と…そう思うと本当に申し訳なくなったんです。

美味しい夕御飯をいただいて、内風呂でゆっくりしたあとなんだか手持ちぶさたになり、何より身体のスイッチが入ったままだったんです。
パンフレットを見ていたらマッサージを見つけ、早速フロントに電話。
30分ほどで来てもらえることになったので、私は準備を始めました。
浴衣も下着も脱いで全裸になり、バスタオルを身につけました。
お布団の下に愛用のディルドとお尻に使うビーズを見えるように置き、テーブルにローションとオイル、それと何気ない感じでポラロイドカメラとフィルムを置いてマッサージ師さんを待ちました。
緊張しちゃって何度も鏡の前で髪を直したりお化粧チェック、そしたら時間より少し早くマッサージ師さんが到着しました。
背が小さくてまるっこいおじさんです。
焦って入口まで行って戸を開けたのでバスタオルがちょっと乱れてて、合わせ目が緩んだところを押さえましたがかなりピンチ、それにホテルなんかにあるバスタオルより小さくて少しアソコが見えちゃうんです。
嬉しそうな顔をするマッサージ師さんによろしくお願いしますって言って、部屋に案内してすぐにお布団にうつ伏せになりました。
肩から背中のあたりをマッサージしてもらいながら地元の事やお土産なら◯◯◯っていうお店がいいとか、いろいろ教えてもらっているうちにバスタオルはだんだん乱れてきます。
それにお布団から見えてるディルドとビーズも気になっていたみたいで、いいの持ってるねって言われました。
背中を指圧しながらバスタオルを少しずつ剥がされて、マッサージ師さんが腰を揉み始めた時にすこし腰を浮かせました。
待っていたようにバスタオルをとられて全裸にされました。
会話もなくなって、おじさんの息づかいと私の洩らす声だけになり、マッサージというより前戯に近い感じです。
両手でお尻をわしづかみして広げるように揉まれていると、時折おじさんの指がお尻の穴に触れます。
そこからだんだん奥にも指が差し込まれて直接アソコにまで…
濡れているのでおじさんの親指があっさり中に入ってきます。
身体のマッサージなのにアソコのマッサージですね。
それまで私の両足を跨いでいたおじさんがいったん離れて太ももに手をかけ、脚を開く方に力を入れました。
おじさんの身体が入るくらいまで脚を開かされ、間におじさんが割り込みます。
すぐにアソコを広げておじさんが吸い付いてきました。
クリトリスからお尻の穴をおじさんの舌が何度も往復し、膣とお尻の穴に舌が入ってきたり花びらを口に含んで吸われました。
声を抑えられなくて愛撫に合わせて喘ぐしかありません。
腰を抱え上げるおじさんに応えてお尻を高く突き出し、背中を反らせ思い切り脚を開きました。
お布団の下のディルドがアソコに入れられて激しく、少し痛いくらい動かされましたが私は身体の全てを弄ばれる感じが好きなんです。
ディルドが引き抜かれると代わりにおじさんのおちんちんが私の中に。
「生で入れたけどいいだんべ」だったかな(汗)
たぶん方言でしょうね。
「はい」
「妊娠しないんか?」
「するかも…です」
「いいんか?」
「…はい」
「よーしわかった!旅の土産持たせてやっから」
ピル使ってるので妊娠は大丈夫だと思っていますが、見ず知らずのお世辞にもカッコいいとは言えないおじさんに妊娠させられてしまう、そんな自分に成りきることで狂っちゃうんです。
それに男性もそういう方が興奮してくれるかなって…
腰を強く引かれて深く挿入されると同時にピクピクってして、少し遅れておじさんの射精が始まりました。
若い男性のような子宮を叩く感じではありませんが、温かい精液が中に広がる感じが大好きです。
お礼のつもりで少し締めるとすごい喜んでくれました。
「いいおまんこしてるな、種が漏れねぇようにちんぽで蓋しておくべ(笑)」
なんかすごいいやらしい感じの方言なんですよね。
「いいケツして、これなら安産間違いねぇな(笑)」
しばらくアソコでおちんちんをおもてなししました。
おじさんはお尻の穴にビーズを入れて遊びながら時折指を深く入れ、抜いた指を舐めるんです。
「味がする」とか「お前のなら食ってもいい」とか…
事務所の女の子にそっち系のプレイをする人もいますが私は専門外、浣腸までは大丈夫ですがそこから先はちょっと…
「なぁ、出して見せてくれや。いいだんべ」
何度も言われて断りきれず一緒にトイレに行きました。
あまり見かけなくなった和式の水洗トイレです。
そこにしゃがんだ私の後ろからお尻の穴を弄って、早くして見せろと言われますがそんなに急には無理です。
焦れったくなったおじさんにいったんトイレから出るよう言われ、部屋に戻ると旅館に着いて私が飲んだ飲料の空き瓶に水を入れお尻に突き刺し浣腸をしました。
アソコにディルドを入れられ抜けないようにしっかり締め付けろと言い、空いた手で胸を乱暴に揉みくちゃにします。
浣腸器ではないのでなかなかうまくできませんが、時間をかけて三本分を浣腸されました。
「まだ我慢しろ…こっちもいいだんべ?アヌスも」
固くなったおちんちんを入れようとするけど最初はうまくいかなくてアソコに何度も挿入されましたが、ディルドを入れて広げたりローションを使ってようやくでした。
「あったけぇな、おい(笑)」
もう完全におじさんの玩具でした。
撮影会の時、たくさんの男性の前で浣腸されて排泄するまでを録られるのも恥ずかしいけど、モデルだからって割りきれるんです。
でも、こんなシチュエーションは本当に恥ずかしいんですよね。

おじさんが帰ったのは0時近かったので三時間以上一緒にいたことになります。
トイレを汚してしまったので掃除してからもう一度お風呂に入り、身体を洗うとさっきまでのおじさんとのことを思い出してしまいます。
満足したと思っていてもダメなんです。
自然に指を使ってしまう。
お布団に入ってもシーツが湿ったところからおじさんの精液の匂いがすると、そこを触った指をアソコに入れたり舐めちゃったり…
そして私をこんなにした犯人はS君なのにって、最後はいつもそうなるんです。

書き始めてから電車を乗り継いだりいろんなことしてたら結局日付が変わってしまいました。
二日目もあるんだけど、終わらなくなっちゃうので今度にします。
S君と過ごした約三年間にもいろいろありましたし、辞めることになった学校でのこと、デリ嬢のことや事務所に入ってからのこと、友達のことも含めてバレない程度に投稿してみたいことがたくさんあります。
今月は忘年会のコンパニオン、コンパニオンというより私はストリッパーなんですが、宴会場に出る予定が二回あります。
また気の向くままに投稿しますので、よかったら目を通してください。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:出会って即エッチ
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]

コメント

  1. 生殖難民

    ↑お土産持たせてあげたいので,ぜひウチにもお立ち寄りください(*´ω`*)。

  2. mmstar

    陽炎さま
    いつも楽しく拝読させて頂いております。
    S君以上の相手っていたんですか?
    他の話も楽しみにしてます。

  3. 名無し

    陽炎さま

    あまり有名じゃなくて 観光客で賑わっていないところ
    混浴露天風呂のある旅館 って どちら方面でしょう?

    そんなところで 待ち合わせ ご一緒したいです
    よろしくお願いします

    • 陽炎

      紅葉の季節は観光客もたくさんみえるようです。
      電車だと行くのが大変で、バスに乗り換えてからが遠かったです。温泉街というより湯治場という感じの場所でした。

      • 名無し

        私もかつて少々教壇に立ったことがありまして 
        陽炎様の色々なことが 知りたくて知りたくて

  4. 浮浪雲

    単刀直入に、SEXしようよ

  5. けんた

    よくAVにありますが旅館のマッサージ師さん,
    女性ひとりが呼んで,そのままやっちゃうことなんてあるんでしょうか?

コメントを残す

  • 誹謗中傷や投稿者の投稿意欲をそぐコメントはご遠慮ください。
  • 風俗体験談では、「店名を教えて!」「どこにあるの?」等、風俗店の特定につながる質問はご遠慮ください。
  • 管理人による承認制を取らせていただいているため、コメントを投稿してもリアルタイムでは掲載されません。
  • 管理人が不適切と判断したコメントは掲載されません。
    また、一度掲載されたコメントでも削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
  • その他注意事項等はこちらをご覧ください。
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)