中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)

いいね!ベスト5

フルーチェ  いいね!3993件
RG500Γ  いいね!3448件
素人人妻みきえ  いいね!3233件
繁殖専用の孕み肉便器  いいね!2743件
高卒ほやほや18歳のデリヘル嬢...  いいね!2513件
» いいね!一覧へ
投稿No.7251
投稿者 はるよし (72歳 男)
掲載日 2019年2月20日
連続投稿で申し訳ございません、書く意欲がまし駄文連続投稿いたします。

最初は風俗店経由でデリヘルを探していたが、1年足らずでプライベートの間柄になり、約5年近くなるオキニとの体験談です。
遠距離なので1年に出会う回数は、10~18回(株で儲けると回数が増える、10回は最低ラインで年2回の配当金を充当できる)
オキニ嬢も2年前からOLになり、出会い日を決めるのに半月近くかかることも、休日出勤等のローテーションシステムだから。
男はしたくなればデリ探しして、遅くともて翌日に出来るが、俺の場合は半月でも我慢するのはオキニ嬢としたいから、前後ろ中出しができるからです。
他のデリと遊べば軍資金が底をつく、生活費は月12万余りの年金だけ。
出会い日が直ぐの時は良いが、半月も待たされて出会う場合は、オキニにお願いしていることがあるのです。

駅でオキニを乗せラブホに着くまでは、陰茎を握ってもらいホテルインすれば、腹部だけ脱いで即入れさせてもらいます。
勿論風呂の湯をためる用意は先にします。
オキニは『服を汚さないで』といつも言います。
二人の決め事は、衣服は自分で脱いで全裸になることを、最初の出会いで決めましたから。

オキニは陰部丸出しでM字開脚します、俺は陰部を愛撫すると言っても、お愛想程度でクリ弄り、膣に指入れかき回す程度、その後は舐めるのが好きなので、クリからアナルまで丁寧に、吸い付きながら舐めるのです。

陰茎の先から我慢汁がにじみ出ることもあります。
5分程度の愛撫の後、膣に宛がい押し込むと簡単に根元まで入り挿入感を楽しみ、暫くしてからピストンを行います。

今回の場合は腰ふり1分程度で中出ししちゃいました。
運動を止めたのに射精感は止まらず射精したのです。
オキニは不満だったのか、『こんなに早く出すお客は珍しい、リニアモーターカーよりも早いじゃん…』と言われたので(御免)と謝りました。
腰に巻きついた美脚を緩めてもらい二人で風呂に…

この様に膣での即だしの場合も時々あるのに加えて、AFの場合は肛門解しが有ります。
多少の時間を要するが10分程度です。
解れれば肛門と亀頭にローションを塗り、挿入して目一杯押し込んで感触を楽しみ、その後ピストンをして中出し射精が定番なのに、直腸に入れたまま動かないのに、射精感が急にまして陰茎が脈を打つように、中出しをしたこともあります。
オキニは『お尻でピストンされるのは苦手だから、助かっちゃた』と不満は見せませんでしたよ。
記憶では挿入後持続時間の最長は30分程度、大抵10分くらいですし、挿入即出しのようなことも一度二度では有りません(涙)

オキニの日程打ち合わせメールでは、『早く出したくないなら、会う前に扱いて抜いてきてね、リニアカーの様に早く出されると、私お金を頂く関係上、可愛そうに思えるから・・・』と書かれたこともあります。

読んでいただき有難うございます、哀れな早漏短小爺の体験談でした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7250
投稿者 たまぞー (27歳 男)
掲載日 2019年2月19日
投稿No.7216の続き

生理前に会ったみどりはラブホで部屋を選ぶ時からチンポをズボンの上から撫でてきます。
「生理前でムラムラしてるから、早くしたいよー」
「オチンチンも早くいじってほしいって言ってるよ?」

シャワーもそこそこに私は全裸でベッドに寝かされ、赤と黒のセクシーな下着姿のみどりに馬乗りにされます。
「今日はホントにムラムラしてるから。変態なことしちゃうけどごめんね。好きだからしたくなっちゃうの」

みどりからキスをしてきて貪られます。
舌を絡ませるだけでなく舌を口の中に差し込まれて舐め回されます。
同時に乳首を軽くつままれたり、爪で先っぽを引っかかれると頭が甘く痺れて思わず喘ぎ声が漏れます。
「乳首で感じるようになっちゃったね。女の子みたいでかわいい」
何度も体を重ねるなかで乳首を責められ続け、男なのに乳首で感じるようになってしまいました。

みどりは体を入れ換えて逆向きでキスと乳首いじりを続けてきます。
私は情けなく喘ぎ声をあげながらチンポがムクムクと大きくなるのを感じます。
「あはは、たまぞー乳首だけでオチンチン勃っちゃったよ。ほら、たまぞーばっかり気持ちよくなってないでわたしのおっぱいも赤ちゃんみたいにしゃぶって」
みどりはブラをずらすと乳首を押しつけてきます。私は夢中でみどりの乳首をしゃぶります。
「一生懸命しゃぶっててかわいい。わたしのおっぱい美味しいんだ笑」

しばらく乳首に奉仕していると再びみどりは私の上に乗り、足先を顔の上に乗せてきました。
「ねえ、今度はここも舐めて…」
私は変態なプレイに興奮してしまい、みどりの足の指を口に含んで指の間まで丁寧に舐め回します。
「足舐められるの気持ちいいよ。もっとして…」
みどりは足を舐めさせながら私の乳首をいじってきます。
夢中でみどりの足指を舐め回します。

「もうわたしもガマンできないよ。たまぞーのオチンチン食べちゃうよー」
みどりはパンティを横にずらすとゆっくりとチンポを飲み込んでいきます。
お互いろくに性器を愛撫してないにも関わらず、チンポはフル勃起、マンコも洪水状態で簡単に入っていきました。
「あーオチンチン気持ちいい!今日はわたしが満足するまでずっと離さないからね!」
みどりは私の乳首をいじりながらピストン運動でチンポを生膣でしごきあげます。
完全に射精を促す腰の動きで数分で精子が込み上げます。
「ほら、わたしがイクまで出しちゃダメだよ!出したら罰ゲームだからね!」
「む、無理…、もう出そう…」
「ほらほら、ガマンしないと出ちゃうよー」
騎乗位で私に勝ち目はありません。
「みどり、もうイク…!出る!」
「いいよ、おばばのマンコにたまぞーの全部頂戴!」
乳首とチンポに与えられる快楽に抗えぬまま、ザーメンをロリ熟女の膣内に思いきり放出しました。
みどりはチンポの脈動が終わるまで腰を止めず、最後の一滴まで膣で搾り取られます。

射精が終わるとみどりは体を倒して再び舌を絡めてきます。
「たまぞー出ちゃったね。気持ちよかった?」
「みどりにあんなことされたらすぐ出ちゃうよ…」
「たまぞーかわいいんだもん。でも罰ゲームは決定だからね」
「罰ゲームって何?」
「もっと足舐めて。たまぞーのこといじめるのクセになっちゃう…」
みどりは再び騎乗位になると私の口に足先を突っ込みます。
「ほら、私の足美味しい?」
私は足フェチではありませんが、みどりの体であればむしろ足ですら興奮材料になっていました。
中出ししたままつながっているとチンポはまた固さを取り戻していきます。
「おばばの足舐めてオチンチン勃起させちゃうなんて変態さんだねー。ちゃんと金玉空にしとかないと何するか分からないから、責任もって搾り取ってあげるね!」
みどりはまた私の乳首を転がしながらピストン運動で生膣によるチンポしごきを開始します。
「みどり…これ気持ちいいよ…」
「たまぞーの感じてる顔かわいい。私から目を離しちゃダメ。私のこと見ながら出してね」
一定のリズムを刻む腰使いに、チンポは確実に射精に向かって快感を重ねていきます。
「みどり…もう出ちゃう!」
「いいよ、たまぞーの全部おばばの中にちょうだい!」
言いつけ通りにみどりと見つめ合いながら、下から腰を振ってみどりの子宮口にチンポを押し付けて射精しました。
短時間で2度目の射精は腰が抜ける快感です。

「たまぞーかわいい。おばばのこと見ながら中出ししちゃったんだね。もうたまんないよー」
みどりは私に覆い被さって舌を絡めながら、射精したばかりのチンポを器用に膣に擦りつけて腰を震わせます。
「私もイクから…私のこと見てて…!」
見つめ合い、舌を絡ませ、やがて腰を震わせるみどり。
みどりも絶頂を迎えたようです。

「たまぞー好き…好き。もっと欲しい…」
さすがに二度の射精をしたチンポは固いままでしたがまだまだ射精までは遠い感覚でした。
貪欲にチンポを貪るロリ熟女の底無し性欲はまだまだ腰を擦り付けてチンポを欲しがっています。
「たまぞーの赤ちゃん孕んでたまぞーの人生メチャクチャにしたいよぉ。わたしのモノにしたいよぉ…」
トンでもない発言ですがみどりの淫語やS気もセックス中は燃え上がるためのスパイス。
「赤ちゃんできても責任とらないよ?みどりが勝手に孕みたいんでしょ?」
「うん、たまぞーの赤ちゃん生んであげたいよ。だからおばばのマンコにいっぱい出してもらうね!」
お互い腰の動きを合わせて気持ちいい角度を探ながら緩いピストンを続け、お互いに好きと言い合いながら舌を絡めます。
復帰してきたチンポで快楽を貪りますがなかなか射精感は来ません。
角度を探って気持ちよい角度を見つけるとそのまま深々とピストンをしてみどりのマンコを貪ります。
みどりはピストンに合わせてアンアンと可愛くあえぎ声をあげて気分を盛り上げてくれます。
時間はかかりましたがロリ熟女に抜かずの3発を決めたのか、決められたのか…。
さすがにもう出なそうですがみどりはチンポを抜こうとしません。
「イケなくていいから寝るまで入れてようよー」
私たちは繋がったまま眠りに落ちていきました…。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ: ,
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7249
投稿者 巨乳好き (37歳 男)
掲載日 2019年2月17日
僕が30歳、18歳年上の叔母(48歳)との話です。

久しぶりに田舎に帰り、実家には誰も住んでいないので掃除をしていると近所に住んでる叔母がきました。
かなり久しぶりでした。
相変わらず痩せていて年の割には綺麗でした。
叔母は貧乳なので家だとブラジャーをつけないのですがその日もノーブラでした。
掃除をしながら色々と話をしました。

掃除が終わると買ってきたビールをとりお疲れ様!と昼間から乾杯しました。
かなり汗をかいていたので最高にうまかった!
叔母を見ると汗でおっぱいは透けてました。
つい、チラチラと見てしまいました。
徐々に酒が進むにつれ興奮していました。
叔母は、気づいて何?叔母さんのおっぱいなんか気になるの?と僕は叔母さん、ちょっと触って良い?と叔母は触りたいの?叔母さんだよ!と僕は少しだけ!と椅子から立つと叔母の後ろに回りおっぱいを揉んだ。
叔母は本当に!?と笑いながら僕はおっぱいを揉み乳首をいじった。
叔母はちょっと乳首触りすぎ!と僕は叔母の正面に回ると乳首をしゃぶった。
叔母はそんなに!と僕は我慢出来なくなり、そのまま下に叔母のパンティー越しにおまんこを舐めた。
パンティーをずらしおまんこを舐めまくった。
叔母はちょっと!駄目!と僕はクリトリスを舐めながら手マンした!
叔母のおまんこはくちゅくちゅと溢れてきた。
そのまま続けると叔母はあっ!あっん!と声を漏らし僕が激しくするとピチャッピチャッとマン汁を垂らした。

僕は叔母を椅子から下ろし横にするとぐちょぐちょのおまんこにそのままチンコを挿入した!
叔母はアッー!と僕は腰を動かし叔母さん!気持ち良い!と徐々に早くピストンした!
叔母も気持ち良さそうにあっ!あっ!あっ!と感じていた!
僕も気持ち良くイキそうになるとパンパンパンパンと激しく叔母を突いた!
叔母はアッ!良い!気持ち良い!と僕も叔母さん!アッー!イクッー!!叔母さん!と叔母さんのおまんこの奥でドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!あっー!叔母さん!と精子を思いっきり出した!

ゆっくり腰を動かすとドクドク、ドクドク!と精子が溢れ出た!
叔母さんは、叔母さんとこんなことして!中に出して。まったく。と僕は叔母さんとヤッてしまった。と思いながらもチンコが治まらずギンギンなままだったので、そのまままた動きだした!
叔母はエッ!?と僕がピストンすると、まだするの?とアッ!凄い!と僕は叔母を突きまくった!
叔母さん!叔母さん!とパンパンパンパンパンパン!
叔母さんはあっー!もう!アッー!イクッ!!と感じ乱れていた!
僕の精子だらけのおまんこも叔母の汁とぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ音をたて、僕はかなり興奮しながら叔母さん!気持ち良い!またイキそう!とピストンしながら叔母のおまんこにドピュッ!ドピュッ!!
再び中出しした!
叔母さん!また出してるよ!と叔母はもうウン!とただ頷いていた。
チンコを抜くと叔母のおまんこからはドロドロと僕の精子が溢れ垂れ流れ出た!

少し休むと叔母はもうこんなにして(笑)と僕は汗かいたからお風呂入ろうよ!とお風呂でも体を洗いあいながら泡まみれでまた中出しした。
お風呂を上がると部屋でゆっくりとしながらもまたヤッてしまった。
結局次の日も。
叔母とヤリまくりの帰省でした。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:近親相姦
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7248
投稿者 はるよし (72歳 男)
掲載日 2019年2月16日
今回の投稿は最終便に乗り遅れた、欲求不満の奥さんを50km先まで送り届けて、その報酬は何か…

今から十数年前(定年前)の出来事です。
自宅から15kmほど離れた会社に勤務していて、5時の終業後の帰り道5分ほど走ると、バス停で奥さん(60歳前か)が手を振り車を止めているのだけど、前の数台は無視して通過して俺が最後尾だったので止まった。
ガラスを下げて聞くと「最終便のバスに乗り遅れたので、御金を払ますから送ってくれませんか」と勝手なことを言う。
俺も家内が他界したので独り者のために自由がきく、たまには人助けと思い了解して助手席に乗せる。

奥さんは乗るなり大喜びして、世間話や夫婦の話をしてくる、俺は相槌を打つように頷いていたが深刻な話、旦那が入院していて近々に退院見込みだが1年ほど御無沙汰だと笑いながら言う。
俺は家内が他界して約20年近くオナニーしたり、年一回程度風俗で処理していると話したからだろう。自分も過去を丁寧に話すと同情してくれた様子。
「若いのに処理に困ったでしょう…?」
シモネタはだんだんエスカレートしていくが…

奥さんは咄嗟に思い付いた様に、「タクシー代金程度お支払いします」と言ったとき、俺は(営業ではなく人助けだと思ってるんだ)、「そんなことでは私が納得できません、遠いところまで送ってもらうのに…」(暫く沈黙)

考えた挙句俺は口を切って、(奥さんの体で支払ってくれたらどうかな)、返しの言葉は、「こんなバーサンでも良いなら…長らく使っていないので、入るか分からないけど」、(それならOKという事だな。)
奥さんは運賃の事が解決できたと思って、右手でズボンの上から撫でるとムクムクと勃起状態になる、途中バス停があり広くなつている処で停車して、狭いカローラセダンのリクライニングを倒して、スラックスやパンツを膝まで引きおろし、手を伸ばせば白髪の陰部は濡れていた。
話だけで陰茎を受け入れる想像をしていたのか。
R9号線は車も多く事故を心配し、僅かな時間で場所を変えて山道の入り口に移動した。

全国的にも魔の号線と言うだけに、殆どの車がスピード超過で走り抜ける。(京都から山陰海岸沿いに、鳥取・松江・浜田・山口)
本線から10mほど入った広いところは、半死角に当り誰にも見られない良い場所。
先ほどの続きで、今度は運転席のリクライニングを倒し、自分は膝までズボンとパンツを下げると、奥さんは待っていたかの様に勃起したチンポにしゃぶりつき、扱いたり吸い付いたり、金玉を弄ったりして痛いほど勃起させられた。
我慢にも限界が来たので、(奥さん上着は脱がないで良いから、入れさせてほしいよ)と頼んだら、「良いわよ」と言いスラックスとパンツを脱いで、尻の下に置いて伸長位で待つ。

俺は外に出て助手席に回り、足を開かせた中に入りオメコにツバを垂らし、挿入できるまでルームライトを点灯、暗いけど白髪交じりの陰毛や、手探りで膣口を探し鋼鉄のようなチンポを、何とか差し込んだ。
狭いので奥さんの左足は外に投げ出していた。
小型車なので座席も狭く車高も低いので、入れるまでは苦労だったが。
挿入も根元までは入らない、シートが凹になりそこに尻が行くからである。
抜けると再挿入が困難を要すので、ピストンは浅く亀頭を擦る程度で注意深く動いた。
奥さんは「気持ち良いわ、一年ぶりなのに…」とうわごとを言ってた。
肛門膣をを舐めずに入れたのは過去覚えがない。

時間にして5分程度だったと思うが、陰茎を目一杯押し込んだ状態で射精し、陰茎が脈打つように精液が出たのが分かった。
奥さんも「チンチンがピクピクしたのが分かりました」と言った。
高齢であり閉経であるために生入れ中出しは何も心配なし。
身繕いは二人とも外でしてが陰部を拭きはしなかった。
後で射精液は流れ出たであろう。
ポケットティシュは有ったけど。

気を取り直し奥さんの自宅近くまで送る途中の会話、(送りオオカミって今のようなことかな)、「違うわよ、オオカミでなく送りペット(犬)の様ね」と笑った。
俺は愛犬扱いに思われて幸せだった。

自宅前まで乗せて送ると言ったが、自宅を教えたくないのかバス停で降りて、丁寧なお礼を言い地区内に姿が消えた。
その後この奥さんと偶然出会うことができました。

誤字脱字の乱文を読んでいただき感謝します。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー
風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊
アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
教えて!サクラのいない出会い系サイト セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7247
投稿者 美帆子 (19歳 女)
掲載日 2019年2月15日
投稿No.7238の本当の続き(同じ日の話)です。
ナオミがジェフ、キモ、マサヤの3人に攻められている間、リエのアソコにはタクヤのモノが埋まっていました。
タクヤの腰使いにリエはナオミに負けないくらいの嬌声をあげます。
手持無沙汰なあたしはバイブ(あたしたちがこのマンションに来たときにナオミのアナルに突き立てられていたものです)でリエのアナルを弄ってやります。
入口をなぞるように刺激してやると明らかにタクヤの攻めとは違うタイミングで「ひゃんっ!」と声が上がります。
タクヤのピストンでアソコから漏れ出てくる愛液をアナルに塗りたくりゆっくりと挿入してやります。
リエは「あっあっあぁぁ~ん」と声をあげ受け入れます。
これ以上はタクヤの邪魔になるのでバイブのスイッチは入れたまま挿入しっぱなしにします。
リエはアナルへの刺激とタクヤのピストンで狂ったように「ひゃぁぁんっ」「きゃは、ふぁぁぁ~」と声をあげます。
その頃ナオミに「ひゃぁぁぁ~ん」と大声をあげさせ、大量の精液をナオミに注ぎ込んだジェフが愛液と精液にまみれたアレを揺らしながらリエの前に来ました。
リエの顔前にそれを突きだしますがリエは口を閉じ、咥えようとしません。
タクヤがピストンを激しくし、あたしがアナルに刺さったバイブの動きを強にすると「ひゃあっ」と声をあげ、口を大きく開きます。
ジェフはその隙にねじ込みます。
リエは観念したのか舌を這わしているようです。
ジェフのアレは大きさを増し、リエの口がさらに広がります。
キモはナオミに大量の精液を飲ませた後、ナオミにさらに舐めさせ、硬さを取り戻したようです。
キモはくねくねと動き続けているバイブをアナルからスポンと引き抜き、代わりに硬くなった巨根を突き立てます。
リエは口をジェフのモノで塞がれているので声をあげることもできずに白目をむいています。

マサヤがあたしのそばに来て「美帆子ちゃんのアソコの毛も剃らせて」と言ってきます。
あたしは躊躇したのですが、タクヤも「剃ってもらえよ!」って言うし、みんなに乗せられる形でバスルームに連れ込まれました。
マサヤはナオミやリエのアソコも剃りあげた位手慣れたもので、あたしのアソコもツルツルにされてしまいました。

バスルームから出ると、ジェフが既に口の中に出したのか、涎と精液を垂れ流しながら「ひぃぃぃー、いっいっ、いくっいくっ」と絶頂におしあげられています。
そんな横でマサヤはあたしを横たえてツルツルにしたあたしのアソコをぴちゃぴちゃと舐めまわします。
隣ではリエが前後の穴を攻められ、「ひゃんっ、んあっあっ、もっと、ひっ、いっいくっいくっ」と快楽に溺れ、中に出されたのか、「ひゃぁぁぁぁ~いくっぅぅ~」とさらに大きな声をあげました。
タクヤとキモが同時にアレを抜くと、こぼっと音を立て両方の穴から白濁液がこぼれます。
タクヤはあたしの後ろに回り、胸を揉みしだきます。
マサヤの舌技に思わずあたしは脚をマサヤの首に絡めつけます。
そんなあたしの膝をナオミが押さえつけます。
反対側の膝は這うように近づいてきたリエが押さえつけます。
こうなるともうマサヤのなすがままです。
やがてあたしのアソコをぐちょぐちょにしたマサヤはなぜかあたしの右手を押さえつけます。
左手はキモに押さえつけられました。
えっえっっと思っていると股間に近づいてきたのはジェフです。
硬さを取り戻した真っ黒な巨根であたしのアソコをノックします。
(ダメッダメ。入るわけない!)ぐちょぐちょのアソコに先っぽだけ少し入れます。
(やめなさい!やめて!)ジェフは一旦離れます。
再び先っぽをさっきより少しだけ深く入れます。
そのままぐりぐり刺激してまた離れていきます。
そんなことを何回か繰り返し、亀頭を飲み込むようになるとあたしの腰は離れていくジェフのアレを追いかけるようになってしまいました。
頃合いとみたジェフは、ゆっくりと力強くアレを奥まで突き立てました。
あたしの口からは「ひぃぃぃ~」と悲鳴とも嬌声ともつかない声が漏れました。
タクヤは後ろからあたしの上半身を起こし、仰向けになったジェフの上にまたがらせます。
ジェフの巨大な黒棒は完全にあたしの膣内に収まり、奥の奥が突かれます。何度か下から突き上げられているうちにあたしの上半身は前に倒れます。
ジェフの黒い大きな手があたしの胸を揉みしだきます。
目の前にはタクヤのモノが天を向いています。
それは当然のようにあたしの口の中に納まりました。
アソコを圧倒的なイチモツで攻められながらもタクヤのアレをしゃぶります。
無防備になったあたしのアナルをマサヤが弄ります。
普段なら絶対抵抗するのですが、ジェフの攻めで何も考えられなくなったあたしはなされるがままです。
アソコから漏れ出している愛液をたっぷり塗られ、マサヤのモノが入ってきました。
アソコに埋まっているジェフのモノの圧迫感で痛いのか気持ちいいのかわからなくなりました。
下半身の攻めに口がおろそかになったのかタクヤがあたしの頭をつかんで激しく前後にゆさぶります。
あたしは必死になって舌を絡め、口をすぼめます。
タクヤは自らも腰を振ります。
タクヤのモノが口の中ではじけ白濁液が口の中を満たしました。
それを飲み干すと下半身への刺激が激しくなりました。
あたしの口からも「ひゃぁぁぁんっ、ひぅっ、あふっぅ、んんっ、んぁっつ」と凄い声が溢れ出します。
ジェフの突き上げが激しくなりました。
一番奥を突かれた瞬間に胎内がかっと熱いものがひろがりました。
体感的には1分以上続いたような気がします。
ジェフがアレを抜くとアソコから大量の精液が逆流したのが自分でもわかります。
その直後、お腹の中でもう一つの熱い爆発が起きました。
それは今まで経験したことが内容な感触です。
ついにあたしも4Pを経験することになりました。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:アブノーマル
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)