中出し倶楽部は生ハメ・中出し好きな人のためのコミュニティです!

中出し体験談募集中!!
  • 中出し倶楽部では皆さんからのエッチな中出し体験談を募集中です! 中出し体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している中出し体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)

新着中出し体験談

シンママは弱い立場  いいね!66件
箱ヘルチャレンジ  いいね!94件
海で二人組ナンパ、勢いで3P  いいね!89件
30年前のこと  いいね!80件
まゆみ  いいね!72件
» 中出し体験談一覧へ

いいね!ベスト5

フルーチェ  いいね!4489件
RG500Γ  いいね!3689件
素人人妻みきえ  いいね!3442件
繁殖専用の孕み肉便器  いいね!2926件
まほ3  いいね!2724件
» いいね!一覧へ
投稿No.7592
投稿者 みんなのパパ (41歳 男)
掲載日 2020年2月11日
16歳で元彼に中出しされ、高校退学、出産した18歳の新人元ヤンシンママデリ嬢に当たりました。
全盛期の木下優樹菜に激似ですが、背は小さくて150cmくらいでした。
見た目も話し方も典型的な元ヤンギャルですが、実は一途な恥ずかしがり屋で、プレイ前には「電気消して…」と必ず言うし、付き合った人数もセックスした人数も1人だけという嘘みたいな純情派。
子供の父親とは14歳から付き合い、最初からずーっと中出しで、16でついに孕んで出産。元彼逃走。
生活費に困り16でキャバ嬢、酒は を飲むと育児ができなくなり子どもに悪いから18になるや否やデリ嬢に。まだ体験入店1ヶ月目。
本番は超NGで絶対させてくれない子でした。
子供と元彼に悪いからだとか。

顔可愛いし、身体がチビロリなのにDカップだし、天然パイパンで穴もキレイだし、なかなか好みでした。
ダメと言われると、元彼以外とはしたことないと言われると益々したくなるもので、何回も通い、あの手この手で迫りましたが、ダメ!と言われてしまい、絶対にやらせてくれません。
「これはもう無理か」と諦めかけ、もう無理だから今回で呼ぶの最後にしようと思っていた日、いつものようにセックスをせがみ、案の定断られました。
私は「じゃあ、もう諦めた。もういいよ。もう呼ばないね」と冷たくしました。
すると「え?何?なんで?急に冷たくしないで…」と涙目ですりよってきました。
寂しがりやで、心配性な性格なので、常連が離れることに不安になったのでしょう。
まだ新人で本番NGでテクもないので私ほどの常連もいなくて、売上も厳しいのでしょう。
あと、実はドMなので、どうせヤらせてくれないなら、最後にいじめてやろうと思い、罵倒しました。
チビ、テクなし、わがまま、サービス悪い、生意気、おまえなんか股開くしか能がないんだから、本番しなきゃ売れねぇよ!と言ってやりました。
本当は思ってないんですけど、ついカッとなって。
そしたら、わんわん泣いちゃって可愛そうになりましたが、アソコはギンギンになりました。
もちろん、お互い全裸だし、おっぱいプルプルさせながらベッドで女の子座りしながら泣いてるチビロリに興奮して、押し倒しました。
乱暴に愛撫して、アソコに指を這わすとめちゃくちゃヌレヌレで「おや?」と思いました。
愛撫を続けてると息が荒くなり、泣き声に喘ぎ声が混じりだしました。
これはと思い、言葉責め、愛撫を繰り返し、ついに指でイカせました。
今まで一回もイッたことなかったのに。

なるほど、言葉責めに弱いんだなと理解し、続けました。
頭悪いんだから、何も考えずに股開けよ。フェラもまともにできないんだから、下の穴使って咥えなきゃイケないんだよ。金払ってるんだから、ちょっとはサービスしろよバカ。と罵倒し続け、泣きながら「ごめんなさい、ごめんなさい」と言わせて、股を開かせ指でアソコを広げさせました。
素股するから動くなよと命令し、亀頭をヌルヌルの入り口にゆっくり往復させ、クリを刺激するとビクンビクン感じてる様子。
今日はイケル!一か八か生挿入。
「あ!あ!いや、あん!あーっ!」
奥まで入れて強く抱きしめながら、腰をガンガン振ると特大の喘ぎ声。
使い込まれてない穴、気持ちいい!生最高!!脳天に雷が走るくらいの快感に酔いしれながら、やっと一つになれた愛おしさとが絡み合い、夢中になって猿みたいにズコバコしました。
女も私に力いっぱい抱きつき「好きって言って!愛してるって言って!」と叫んでいます。

母親とは言え所詮は18歳のこどもです。
16歳から1人でずーっと孤独に耐えながら、たった1人で誰にも甘えられずに、必死で生きてきたのでしょう。
タガが外れた今夜はまるで愛を求めて叫ぶ獣でした。
泣きながら、喘ぎながら、愛を求めて必死に私にすがり、好き?愛してる?と私の目を切なく見つめながら叫び続けました。
私はそんな女を本当に愛おしく感じてしまい、うん、うん、好きだよ!愛してるよ!と叫び返しながら抜かずの中出しを繰り返しました。
お互いおかしくなっていたので、許可とかうんぬんなく、当たり前に中出し汁垂れ流したまま、ズブズブ1時間近くハメハメし、ずーっと繋がったままでした。
女が何回目か分からないくらい昇天し「あ…あ…もうダメ…死んじゃう」と朦朧としてきて、私も少し息切れした頃にようやく抜きました。
二人とも完全燃焼で意識を失うように寝落ちしました。

しばらくして、部屋を乱暴にノックする音で目覚め、ドアを開けるとコワモテのデリヘル店の店員が三人なだれ込んできました。
まず一人が私を壁に押し付け、残り二人は女の子を揺り起こして無事を確認しました。
どうやら1時間ほど寝ていたようで、時間をかなりオーバーしていました。
電話もとらず、トラブルと思いケツモチと一緒に来たみたいで散々叱られました。
でも、女の子がずーっと私をかばってくれ、罰金も自分が払うからと言ってくれたので、私は一切ペナルティなしでした。
「もう今日は帰っていいよ」と女の子は店員に叱られ、私も注意されたものの大丈夫でした。
安心して二人で抱き合い、今度はゆーっくり時間を気にせずにたっぷり愛し合いました。

心と股を開いた彼女はもう完全に私に骨抜きベタ惚れで、男性経験もないドMの子どもなので、なんでもいいなりになりました。
私からの愛が欲しくて、すがりついてきました。
捨てられないように必死でした。
私も愛おしくなり、デリヘル辞めさせて付き合うことにしました。
女はスーパーのレジと回転寿司のバイトを始め、私も残業を増やして月に5万円くらいサポートしました。
性行為はそれはもう、至れり尽くせりの高級ソープ顔負けのなんでもアリで、したいことをなんでもしてくれました。
私に捨てられまいと、愛してもらおう、褒めてもらおうと、なんでも私が望むままに応えて、覚えて、頑張ってくれました。

コスプレ、青姦、イラマチオ、アナル舐め、アナルセックス、なんでも一生懸命してくれました。
益々愛おしくなり、半年ほど付き合っていましたが、案の定妊娠しました。
まあ、そうなるわな。と思いながら、少しづつお腹が膨らみ始めてるのを見ながら、妊婦セックスを楽しんだりしてました。
彼女は「名前どーするー?」とか「ベビー服一緒に見に行きたいなー」とベタベタに甘えてくるのですが、私は結婚する気は全くなく、セフレにはしておきたいけど、どうしよう。と悩みながらセックス中出しは臨月まで続けました。
赤ちゃんの顔を見ちゃうと押し切られそうだったので、妊娠9ヶ月目、流石にセックスがしんどそうになった時に、別れ話を切り出しました。
大号泣され、話すどころじゃなくなりました。
あまりに不憫に思い、結婚はしないけど認知するし、ここまで仕込んだ私専用の19歳の御奉仕ロリ肉便器女を捨てるのはもったいない。
こいつを使っていたので、この半年、風俗には一切いかずに、オナニーもせずに済んでました。
いつでも、どこでも、なんでも出来る完全なる生肉オナホです。
しかも若くて可愛いくて、気持ち良くて、暖かい。

セックスはしたい。他の男に渡したくない。離れたくない。認知するし養育費入れるから、このままの関係を続けようと言いました。
「なんで結婚嫌なの?私まだ結婚したことない。ちゃんと結婚したいよ」とすがるようにおねだりされました。
とりあえず可愛かったので、フェラチオさせました。
上目遣いで、泣きそうになりながら、うぐうぐ一生懸命咥える彼女。
頭を押さえつけてイラマチオさせながら、どうするか悩む私。うーん、悩む。
そうこうしてるうちに出産。
出産費用は国から出るのでタダでした。
赤ちゃんには会わずに逃げていました。
彼女は会わせたがっていましたが、実家に預けさせて、ラブホか自分の車でセックスして帰らせる毎日をしばらくは繰り返してましたが、ある日、ヤリたくなり呼んでも「ごめん、今日はママが出掛けてるから行けない」など、育児が忙しくて私の性処理の呼び出しに応じなくなりました。
そうなると途端につまらなくなり、新しい若いデリ嬢開拓に出掛け、彼女に連絡しなくなり、向こうからの連絡も無視するようになりました。
無視し続けていると次第に連絡もなくなり、数年が経ちました。

ふと、ある日「あいつどうしてるんだろ?」と思いインスタを探して見てみると、引き継ぎスーパーでバイトしながら、実家で二人の子供を育てていました。
下の子は私にそっくりな女の子で、その時に初めて顔を見ました。
なんか感じるものはありましたが、私が孕ませた女の子、産ませた女の子、産んだ女の子は数えきれないくらいいます。
全員孕ませた時は大体18か19歳の子ばかり。
普通に生きてれば女子高生、女子大生くらいの子どもに中出しし、子どもを産ませるのは本当に興奮します。
人生を狂わせている罪悪感もありはするんですが、それでも中出しは辞められません。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
風俗らいぶらりー 風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載しているユーザー参加型風俗サイト!
アダルトグッズ調査隊 アダルトグッズの安値価格が分かるアダルトグッズ専門の価格比較サイト!
投稿No.7591
投稿者 みんなのパパ (41歳 男)
掲載日 2020年2月08日
素人十代が大好物な私ですが、援交、ナンパ、出会い系は利用しません。
トラブルが多そうだからです。
きちんと第三者に仲介してもらい、規定の金を払って安全に遊びたい派です。
また、十代の素人娘と生セックスがしたいので、ソープではなく、素人が多いデリヘルを利用します。

箱ヘルよりも監視の目がないデリヘルを好みますが、ある地方に騙しなし18歳の素人娘が沢山いる学園系箱ヘルがあります。
ただ、そこは可愛い素人の十代を集める為に女の子に優しい店で、客に対しては本当にルールが厳しいです。
素股はオプションでゴム着のみ、イラマチオ厳禁、指入れNG、挿入は警察に通報などなどです。
何が出来るんだというくらい厳しく、店員もドアの外を巡回し、異常がないか常に聞き耳をたてています。しかも料金も高いです。
そんな厳しい店だけど、女の子にはソフトサービスで稼げると評判が良く、素人十代の可愛い子が沢山入るので、行かざるを得ません。
出禁になりたくないので、私と言えど今まで一度も中出しはおろか、生セックスまで持ち込めたことはありませんでした。
いつも、乳首舐め手コキかディープキス手コキで惨めにフィニッシュです。
可愛い素人十代の子が制服でしてくれるので、案外イケちゃう不思議。

そんな優良店につい先週も行ったのですが、初めて中出しに成功しました。
やっぱり入ったばかりの右も左も分からない18歳の新人でした。
グラビアの篠崎愛に似た体型のムッチリタイプの新人でした。乳首もアソコもキレイで良かったです。
しかし、新人は本当にやりやすいですね。
18歳素人の子はまだ性体験が少なく、最近の若造はクンニを疎かにする責め下手が多く、女子は責められ慣れてないので、クリちゃんをしつこく舐めてやるとすぐにイキます。
プロやヤリマンはそう簡単にはイカないので厄介ですが、素人娘はクリちゃんペロペロですぐに本気でイッてくれます。

何回も何回もイカせて、抵抗する体力と思考力を奪い、さりげなく生挿入しました。
いや、ダメ…と弱々しく抵抗されたので、抜いてまたクンニ。
イカせてまた挿入、抵抗されたらクンニ、また挿入を何度も繰り返すと、ついに挿入した時に「気持ちいい…」と言ってくれました。
後は腰を無心に振り、中出ししました。
スリルと達成感もあり、最高でしたね。

パンパンと腰を打ち付ける音、女の子のデカい喘ぎ声と「あ、あ、奥気持ちいい!!」とか言うので、明らかに外にいる店員にバレたらとドキドキしながらセックスしました。
結局、女の子が嫌がってなかったのでセックスはバレてましたが、店員には何も言われなかったです。
素晴らしい記念中出しになりました。
あんなに本気で感じて貰えるとこちらも燃えますよね。
なんか、お金貯まったらすぐ辞めちゃうみたいなんで、早くまた行きたいです。

余談ですが、後日入ったあと一人の18歳の子はめちゃくちゃ真面目な大学生で、セックスさせてくれませんでしたが、クンニが気持ちよかったみたいで「お店はダメだけどプライベートで何度かデートした後だったらエッチしてもいいよ」と言われました。
エッチは好きみたいなので、是非セフレにしたいです。

箱ヘルは生セックス難易度が高いですが、できた時の感動もひとしおでした。
精子もいつもより沢山出ました。

ついこないだの平凡な体験談ですみません。
可愛い素人十代ロリ娘好きにはたまらない名店です。
早くまた行きたいな。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:風俗・キャバクラ
タグ:
投稿No.7590
投稿者 人間失格 (27歳 男)
掲載日 2020年2月05日
大学時代の夏

「すいません、この辺で革の財布を見ませんでした?」
海の家から出てきた女の子二人組に声を掛けた。
見ていないとのことだったが、一緒に探してくれた。
お礼に昼飯をおごり、また縁があれば!と言ってお別れした。

ホテルに戻ると、廊下で再び彼女たちと会った。
これもまたご縁と、レストランで3人で酒をあおった。
気づけばレストランも閉店時間。
話し足りないので彼女たちの部屋に移動して二次会。

二人とも大学1年生の友達同士で、ナンパされに海に来たというだけあって、二人とも顔も体も文句なし。

Aちゃんはスレンダーでショートボブ、金髪で意外とかわいい系の笑顔が眩しい。
Fちゃんはグラビア体形のロングブラックヘア、でも雰囲気はおっとり。

十二分にアルコールも回り、野球拳を始めた。
ひとつずつ脱いでいき、ついに下着2種だけのAちゃんとパンツとシャツだけのFちゃん、上半身裸でジーパン姿の俺。
最後の一戦、俺とAちゃんが勝った。
ベッドに倒れ込むFちゃん。
Aちゃんと二人でニヤニヤしながらシャツを脱がせる。

ばるん。
まだ10代なだけあって、跳ねるロケットおっぱい。
脱がせる前からわかっていたが、乳首がビンビンに尖っていた。
摘むと、小さくFちゃんが鳴く。
下着の上からワレメをなぞると、布越しにもわかる湿り気。

我慢できずにパンツごとジーパンを脱いだ。
半立ちのムスコを二人に向ける。
A「うわぁ…」
F「おおき…」
思わず心の声が漏れたといった風の二人。
準備万端のFちゃん…ではなく、ジャンケンに勝ったAちゃんの口元に差し出す。
Aちゃんは少し驚いた感じでちらと俺に目線を遣り、そっと亀頭に唇を付けた。

F「えっ…あたしが負けたんだけど…」
物欲しそうな声で尋ねるFちゃん。
AちゃんはFちゃんを意にも介さず、自分の拳二つ分はある肉棒を握り、先っぽをほおばる。
俺「じゃんけんで負けたから、おあずけ」
Fちゃんの寂しそうな顔でさらに一回りムスコが大きくなった。

持参したXLを装着し、Aちゃんを剥いて潤滑油を確認して奥まで挿入。
肉付きが少ないこともあって、ピストンに合わせて下腹部が俺の竿で小さく出っ張っている。
ラブホじゃないから声を出さないように注意したのに、すぐに喘ぐから枕を抱かせた。
正常位のままぱこぱこ突き続けたら、5分ほどでピーンと背を反らせて、Aちゃんの身体から力が抜けた。

まだまだビンビンのちんこをAちゃんから抜き、Fちゃんに向き直る。
俺「このゴムを付けたままか、生か、どっちがいい?」
3秒ほど考えるFちゃん。
F「……な、生がいい///」
指示するまでもなく自らおまんこを広げてオスを乞う。

18歳や19歳は、生物としてはとっくに子供を何人も生んでいても不思議ではないらしい。
実際、嫁のまゆは15で長女を産んだし、今目の前で喘ぐFちゃんも、危険日だったら子供を産んでてもおかしくないんだろうな。
ふとそんな考えに至るとさらにムクムクと膨れて、Fちゃんの奥に大量の子種を撒き散らした。

Fちゃんから離れて中をほじり返すと、思ったよりも出ていた精液が彼女の太腿を汚した。
Aちゃんは途中から見ていたら悪しく、友人の痴態を若干引いた様子で見ていた。
そして2回戦では、またも声が我慢できずに枕に顔をうずめて喘ぐAちゃんの中にたっぷりと注ぎ込んだ。
2回ずつくらい中に出した後、彼女たちのギブアップで夜は終わった。

F「ヤバい…生にハマっちゃいそう…w」
A「もう友達のでは物足りないかも…」

6年前の熱い寄りの思い出でした。

その後フェイスブックを見る限り、Fは大3で彼氏の子ができたので学生結婚をして今は2児の母、Aは風俗に就職したらしく、今はどうしているのかわからない。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
投稿No.7589
投稿者 nyantama (55歳 男)
掲載日 2020年2月03日
ナオコは以前すこしつきあった。
目鼻立ちがはっきりして、顔立ちはキツいかんじだが、体型は今で言えばポッチャリで、当時で言えば巨乳のグラマーだった。
だが、オレはナオコを大切にするあまり、手を出さなかった。
ちゃんと付き合ってたつもりだったがそれがなおこの不満となり、振られてしまった。

ある日会社の内線からナオコに呼び出された。(オレらは同じ会社の同僚)帰りに駐車場へ。
てっきり復縁の話かと思った。

駐車場に行くと、オレの車をながめるナオコがいた。

買い替えたの?
あのクルマ(スープラ)カッコ良かったから好きだったのに…

釣りとかスキーとかするから、こっち(レガシィ)の方がいいと思って(30年前の話なんで、車は古い)

ふーん、乗せてよ。

車に乗り込みエンジンをかけるが、動かず話をすることに。

昨日、企画のTから告られた!

え!?

どうしようか悩んでる…

復縁の話じゃなかったので、気が抜けて少しいい加減に返答していたらナオコは泣き出してしまった。
余計にオロオロ。
女心をわかってないと言われそうな場面だが、実際わかってない。

ナオコはキッとオレを睨んだ。

あなたのその優しいところ好きだけどwtjajm、、、(意味不明

突然の告白、なら復縁をと思いながら顔を見ると涙を流してる。
なんか急に愛おしくなった。
手でアゴをあげてキス(初めて)
唇を重ねるだけのつもりだった。
でも長く重ねてると、舌を入れたくなる。
ても、最初に入れてきたのはナオコ。

そのままクチャクチャ音がなるまで唾液を交換し、舌を吸い込み、吸われたり、歯茎をなぞったりしてる間、手は巨乳の上。
最初は押すだけだったが、指を動かして揉み出した。
親指で乳首を探り少し硬くなってるそれを摘んだ。
その瞬間、ビクッとした反応があり、口からも ん、、と言う声にならない声を聞いた。
そのままブラウスに手をうごかし、ボタンを外す。
ナオコは首をふってイヤイヤと言うが、再び乳房を鷲掴んで、親指で乳首をなぞると脱力したようにおとなしくなった。
唇を塞いでいるのに、ん、ん、ん、の声が聞こえる。
口を話すと何を言い出すかわからない。
拒絶の言葉だったら、一生立ち直れないだろう。
だから、脱力するのを待っていた。

それが今だ

唇をはなし、目を見る。
涙で濡れた目はトロンとしていた、そして一言

好き、愛してる!

次の瞬間、胸に顔を埋めた。
ブラをずらして乳首を露わにし口にふくむ。
ハムハムしながら、舌でチロチロ舐める。
ナオコはもう ん、ん、を、ん、を、んをを しか言わない。

そして手は下に。でも車の前席ではシフトが邪魔でうまくいかない。
するとナオコから、後ろに行かない?
そうかレガシィの後席は決して広くはないが、スープラよりまし。
後席の窓はスモークだから、覗かれもしないはず。

そそくさとリアシートにうつり、対面すると、会社の制服から片乳を出したままのナオコはエロすぎる。
何も言わずに重なった。
スカートをめくり、黒い地味なストッキングごとパンツをおろす。
モジャっとした陰毛に顔を埋め、舌先でマンコを探し当てる。

ペロペロ、、ションベンくせえ。
けどかえってそれが興奮に。

膝をかかえて、クパァって感じで股が開かれると、濡れたマンコから糸がひいていた。
リアシートいっぱいに寝そべらせ、露わにした乳房を手で揉みながらひたすらマンコを舐める。
次第に、ん、ん、じゃ我慢できなくなったか、あ、あ、とも言い出した。

あ、あ、あ、ああ、あ、あ、ああああ、ん、あ、

車のドアのパワーウィンドウのスイッチに手が触れ窓が開いてしまった。
オレは驚いたがナオコはもう無我夢中。

窓を閉めようとナオコの上に覆いかぶさるが、ナオコは腕を回して抱きついてきた。
スイッチに手が届かない。
もがいていると、下半身が寒くなってきた。
ナオコがズボンを脱がせたのだ。

一物を握りしめてアフアフ言ってる。
もちろんオレもパワー全開。
舐めてもらうつもりで体勢を変えた。
69に。その瞬間窓を閉めた。

いきなり咥える。
首を振ってピストン。
マンコを舌と指で弄り、一物は口の中いっぱい頬張りナオコは、んぐんぐ言い出したので、抜いてまた体勢を戻し濡れたマンコにあてがうとスルッと中に入った。

足を背中に絡めてうーうー唸る。
まるで獣。
でも濡れすぎてるからか、抜けやすくなる。
クッションを腰の下に入れるとフィット感が増した。

もうそのときには、あ、あ、なんていわず、キーとかヒーとか奇声に変わっていた。
いくら夕方の駐車場の片隅でもここまで大きな声だとヤバい。
早く終わらせようと腰の動きを早めた。
声も1オクターブあがる。
レガシィは大揺れだ。

そして、果てた…もちろん中にだ!!

後日、またしたくてなれなれしくナオコに近づくと、やけに塩対応。
しばらく距離を置いていたら企画のTと婚約したらしい。
あの日のことはナオコなりのケジメだったのか…

チェッ!!

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
カテゴリー:友達・知人・同僚
投稿No.7588
投稿者 nyantama (55歳 男)
掲載日 2020年2月02日
もう30年も前の話

まゆみは誰が見てもブス、体形もJKのころからおばさん。
でも性格が活発なので、テニスやスキーなどの遊びについてくることが多く、男とも物おじせずに話すから、案外遊びの場にいることが多かった。

ある冬の日。
スキーにいって、食事して酒飲んでカップルはそれぞれ抜けていくが、まゆみは相手がいないのでずっと焼酎を抱えてのみつづける。
俺(彼女エリコは居るんだけど、この場には来なかった)もたまたま一緒に飲み続けていた。
まゆみは焼酎を抱えながら、ときおりつまみに手を伸ばすが酔っているので、動きが緩慢。
ジャージがずれてパンツが丸見えになっても一向に気にしていない。

そこで意地悪な質問。
セックス最後にしたのはいつ?
普通ならセクハラだと騒ぎ出すがまゆみはとろーんとした目を向け、にやにや笑いだした。

なによ、わたしとしたいの?
いいよ、しよ!

50超えた今なら断るのだが(笑)
30年前の俺には断る分別はなかった。

早速脱ぎ始める。
三段とは言わないが、だぶついた腹。
貧乳ではないが、お粗末な乳にデカイ乳首。
まるで昭和初期の主婦。
繰り返し言う
50超えた今なら断るのだが
30年前の俺には断る分別はなかった。

それでも立ちは悪かったので、ゆっくり顔の前にだしてみる。
手でしごいてくれると思ったのだがいきなり咥え始めた。
じゅるじゅる吸いだす。
う、上手だ。
当時の彼女は、歯をたてて痛いのだがそんなことはなく、ハムハムしてくれる。
そして一気に昇天した。
精子を出す瞬間、当時の彼女は、うえーぺっぺ!!と激しく拒絶され、悲しい気持ちになったが、まゆみはなんと精子を吸い出し、飲んでくれた。
まるでヘルス嬢じゃないか。

どこでそんなの覚えた?と聞くがニヤニヤして答えない。
そしてパカッと口を開き、中に残った白濁液を見せつけてからゴクリと飲んだ。
そしてニコッと笑いながら背中を向けた。

後ろからシテ!

四つん這いの全裸になった姿は、昭和の主婦そのままだ。
正直言って、きもい。
でも30年前のおれは違った、、って
彼女がいるのに、だれでもいいのか(苦笑

いいんです(カビラ風)

今から思うともったいないくらいの全力の力をみなぎらせた。
おれの一物はまゆみに挿入した。

ちょおっと、、もっと優しく、ちがっ

といいながら腰をくねくね、尻をおれに押し付けてくる。
ピストンしなくて楽だ。

でそこで気がついた。
ゴムしてない。

まぁいいか…

だってあまりにも良い締まり具合でわずか数分で逝きそうに。
あれ、もしかしてアナル?
んなことはない。
でもいい締まり具合。

あっあっあっあっ
ん、あ、ん、あ、あ、あ、あ、あ、ん、ん、ん

だんだん声も大きくなる。
このままでは別の部屋にいったやつらにバレてしまう。
自然と早く終わらせようと激しく腰をふりだした。

あっあっあー、あ、んー、あ、ああ

いく直前、一物に力が入り少し膨張した。
あと少し。

ん、、あ、あ、ん、ん、ん、ん、ん、んー

まゆみの指の爪が肩に食い込む(血が滲んだ

で、何も言わずに暴発!!

トロンとした目で見つめられるとブスなまゆみが少し可愛く思えた。

まんこから逆流した精子をすくって
チョットこの部屋ナオコも寝るとこなんだからー
と言うが、ナオコは別の部屋でしてるとこだよたぶん。
と言うとウケケっと笑ってそのまま寝てしまった。
しかし本当に22なのに中年の体をしてるとしみじみ思いながら、オレも横で寝た。

翌日、ナオコに怒られた。
アンタ達、したの?(呆れ顔)エリコに言うよー
と冗談めかして言われた。(エリコは当時の彼女)

実はナオコとも続きがあるけど、今日はここまで。

投稿者への励みになるので読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
タグ:
  • 倫理的に相応しくないと思われる体験談も掲載している場合があります。ご利用は各自の責任でお願い致します。
  • 掲載されている体験談にはフィクションも含まれている場合があるとお考えください。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)